5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第24章

1 :名無し三等兵:04/05/11 17:59 ID:???
ハイテク兵器 vs 剣と魔法 とかいうやつ。しかし、何でもありでは有りません。
縛りはスレタイを見て下さい。
出したい兵器が存在するなら、スレ住人の納得出来る理屈と共に。
熱意と知識で捏ねましょう。

・sage厳守。行くべき所が有りません。軍板の温情に感謝致します。
・書きこむ前にリロードを。マナーとして。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。分断防止のため。
・SS投下中の発言は控えてください。
・支援は15レスに1回。
・嵐、煽り、気に食わないコテは徹底放置。自然現象として脳内あぼーんしましょう。
・品性に欠けるレスはなるべく付けませんよう。
・気に食わないレスを気に食わないコテハンのものと根拠無く認定するなかれ。
 そんなことより鮫の(ry
・以上を守らないものはぬるぽと見做し、鉄槌制裁( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)されます。

前スレhttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1083332026/

保存庫
ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/

分家
http://jbbs.shitaraba.com/movie/4152/fjieitai.html

2 :猫侍 ◆fj8rUSB2rc :04/05/11 18:00 ID:???
Aじゃぐおっっらあああああ

3 :名無し三等兵:04/05/11 18:00 ID:???
暫定ガイドライン

0.現代科学であれ男塾理論であれ異次元科学であれ議論であれ、第一に置くべきははスレ住人が楽しいこと。
1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
  核・正規空母・旧東側諸国製兵器・巨大人型兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
3.総じて知識不足によるミスは、指摘するならイヤミにならない程度に。
  指摘されたほうもムキにならず、あくまで謙虚に受け止めること。後付けのこじつけや訂正は恥ではない。
4.軍事力の背景となる社会構造にも注意を払う。板違いでない程度に、SSを阻害しない程度に。
  議論は建設的な方向で進めること。空想科学読本よりすごい科学で守りますの路線で。
5.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法・無敵キャラまんせー」な話にならぬよう気をつける。
  また、オーバーテクノロジーの扱いは慎重に。
6.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。
  自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
7.政治・戦略・作戦・戦術・戦闘としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
8.萌え・色気はあくまで表現手段であり、目的ではない。
  安易に狙ったり、しつこく要求するのは本来板違いであり、自粛すべき。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。勿論、感想を書かれた作家も。
  作品が気に食わないなら透明あぼーんで。 それでも気になるなら、このスレのルールが届かぬ場所で。

4 :名無し三等兵:04/05/11 18:01 ID:???
過去スレ
22 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1082564788/
21 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1081338122/
20 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1080118526/
19 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1079351585/
18 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1078588258/
17 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1077724125/
16 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1077128299/
15 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1076745722/
14 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1076157892/
13 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1075795046/
12 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1075381959/
11 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1075041908/
10 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1074781379/

これより古いスレは>>1の保存庫で。

5 :名無し三等兵:04/05/11 18:01 ID:???
参考資料

自衛隊公式サイト
http://www.jda.go.jp/
戦略、戦術について
ttp://www.d1.dion.ne.jp/~r_dom/lans_index.htm
ttp://bezkrilo.hp.infoseek.co.jp/beskrylyi/mil.htm
自衛隊に装備について
ttp://www.military-powers.com/

戦術の世界史
ttp://www31.ocn.ne.jp/~tactic/

京大RPG研究会
ttp://www.ku-rpg.org/
ttp://www.ku-rpg.org/trpg/population.html 中世の人口

Dragon's Lair by Water Dragon
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/esse.htm 中世とF世界の食事
ttp://wdragon.fc2web.com/fg/index.html 中世ヨーロッパの装い(下着含む)

ファンタジー辞書
ttp://www.asahi-net.or.jp/~QI3M-OONK/tosyokan/fantasy/aafanindex.htm

Wiki
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?%BB%F1%CE%C1 資料

6 :名無し三等兵:04/05/11 18:02 ID:???
■今までこのスレで討議された議題

・ファンタジー世界の市場規模についての考察
・食料輸入を経たれた日本は自活できるか
・麻薬による世界支配は許されるか
・江戸時代とファンタジー世界の類似性について
・大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
・マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか
・F世界での日本経済再生と交易について
・ドラゴン・・・契約方法と空軍戦力としての有効性を考える
・自衛隊的ダンジョン攻略法
・対人地雷と魔法の罠。
・資源・エネルギー問題。在日外国人の処置について。
・外交方針について。
・F世界における神の影響力について。
・堆肥の作り方。
・etc.

参考までに。

7 :名無し三等兵:04/05/11 18:14 ID:???
>>1
乙です

8 :名無し三等兵:04/05/11 19:52 ID:???
>>1
楽に休め。

9 :名無し三等兵:04/05/11 20:27 ID:???
PAMPAM!!

10 :名無し三等兵:04/05/11 20:41 ID:???
突然にゴメンなさい。
保存庫 ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/ に載せてありました、
10・13 ◆YlfFTVBogg って方の書いてたレンジャー隊員山川というキャラとダークエルフの女の人のお話、
続きはどこかのアップローダに載せるような事が過去ログに書いてあったのですけど、
今でも読めますでしょうか?何方かよろしく御教授お願いします。

11 :名無し三等兵:04/05/11 22:27 ID:???
>1
   | \
   |∀`) ア スレタテオツカレサマデス
   |⊂
   |


12 :名無し三等兵:04/05/11 23:17 ID:???
誰もいないな。

13 :名無し三等兵:04/05/11 23:21 ID:???
今妙に重いからな。

14 :名無し三等兵:04/05/11 23:50 ID:???
最近、鯖?が調子悪いんか?

15 :名無し三等兵:04/05/12 00:02 ID:???
>>14
ttp://ch2.ath.cx/load/

16 :名無し三等兵:04/05/12 00:06 ID:???
田代ほうか?
韓国から。

17 :名無し三等兵:04/05/12 01:10 ID:???
航空相撲殺

18 :名無し三等兵:04/05/12 01:20 ID:???
上エルフの間に伝わる伝統武芸「航空相撲」。
飛行の魔術と密林での機動性をを応用した高度な航空技は
古来より、人間たちから「魔の森」と呼ばれる秘境の奥深くに存在する
エルフの都を守ってきた。当然、航空力士たちはみな「まわし」を着用。

今、「魔の森」で特殊活動をする陸自レンジャー隊員と航空力士の間で
壮絶なバトルが繰り広げられる!

19 :名無し三等兵:04/05/12 01:40 ID:???
砂漠エルフ必殺技

『褌締めれて一人前』と言われるエルフ伝統の演舞「亜負癌」
その中でも一流を極められた者にしか出来ないとされる必殺の決まり手。

右手をそっと相手の顎に添え、嘗めかましい視線を会場に送りながら、「今日も一日疲れたわぁ」と呟く。
相手が狼狽えて、「お仕置きは勘弁して下さい」と表面上は落ち着き払った風体で話したところを抱え上げる。
あとは簡単。投げっぱなしジャーマン。

※「」内は呪文の詠唱部分です。
「今日も一日疲れたわぁ」は時間を操り、自身の素早さを向上させる呪文。
「お仕置きは勘弁して下さい」は動態視力を向上させる呪文。

20 :名無し三等兵:04/05/12 11:17 ID:???
前スレにSSが投下されてる…使い切るって事でいいのかな

21 :名無し三等兵:04/05/12 12:47 ID:???
構わんだろ。前例もあるし。

22 :名無し三等兵:04/05/12 13:08 ID:???
むしろ埋め立てにはSSが好ましい。

23 :名無し三等兵:04/05/12 21:35 ID:???
書き込みなさ過ぎ。

24 :名無し三等兵:04/05/12 21:41 ID:???
その分、分家が……

25 :名無し三等兵:04/05/12 22:10 ID:???
まあ放っておこう。

26 :愚者0 ◆YXzbg2XOTI :04/05/12 22:14 ID:???
いい加減小官も小官信者も、言ってる事がどんなに正しくてもやってることが間違っていれば、そして自分で言ったことを自分で守れていなければ痛い厨房でしかない事を自覚してもらいたいものです。
人格攻撃? 反論できないレスをつけるとすぐそれですか。
ご自分でも少しは痛いところを疲れているご自覚があるようですね。
あえてそれを行なった?
それ以前にスレ違いであり読むものによっては不愉快な気分いさせる荒し行為であり、そして「あえて」わざわざそれを行なう必要性が見出せませんが何か。
低脳に認められる低脳? 厨房を啓蒙? 叩いて煽って奮起?
阿呆ですか。 低脳と同じレベルに落ちて最低な事をやって何の説得力があります。
厨房を啓蒙しようとするその思想は立派なものですが、厨房からすれば大きなお世話です。 「興味ないね」で終わりです。 あとしつこい。
叩いて奮起させ、奮起もしないような落第者は捨て置く…まあ、正しいでしょう。 ふるいにかけて選別した精鋭を育てるのは。
ですが根本的な間違いは厨房は既にふるいをかけられて落伍した者達の成れの果てだということです。
同じふるいにかけてどうしますか。 結果は同じです。
叩かれ煽られれば切れて釣られて荒らすのが厨房です。 はっきり言ってやり方が間違っています。
軍隊方式など、軍隊がそういう場所であることを示し叩き込み憶えこませる以上の意味はありません。
そこから脱落した人間など、もう一度同じことを繰り返しても結果は同じなのは目に見えているでしょうに。
ご自分の狭い世界と狭い経験だけがすべて何処でも通用するわけでは無いといういい例ですね。
今回の分家の例を見ても分かるように、小官は所詮口先だけ偉そうなことを言って、啓蒙とか言いながら自分の考えを押し付け強要するような厨房に過ぎません。
結局彼は自分がどんなに知識と見識が広くて尊敬に値すべきかを誇示したいだけに過ぎません。 見識が広いことがなんの役に立ちますか。 政治家でもこのスレから育てるつもりですか。
そして反論には屁理屈、時には無為な精神論、さらに人の話しをちゃんと聞かない、反論できないと人格攻撃だとわめく、そして余計なおせっかい。
知識はこのスレに役に立ちますが本人の言動は害悪しか生まない厨房です。
いい加減辟易している方も多いんじゃないですか?

27 :名無し三等兵:04/05/12 22:22 ID:???
>愚者
全てお前にも当て嵌るな。
農業の博識さで見直したのに残念だ。
知識や経験は人格とは別物だと言う事を、このレスで嫌と言うほど感じた。

これで俺の中の愚者に対するスタンスが決まったよ。

28 :名無し三等兵:04/05/12 22:23 ID:???
どこを立て読みするの?

29 :名無し三等兵:04/05/12 22:24 ID:???
鮫だッ!鮫!鮫持って来いッ!

30 :名無し三等兵:04/05/12 22:28 ID:???
どうせやるなら前スレでやれ。

んじゃ鮫のAA探してくる。

31 :名無し三等兵:04/05/12 22:29 ID:???
鮫もいいんだが、相手も分かってるしなあ。
これからは立て読みだろうか・・・

32 :愚者0 ◆YXzbg2XOTI :04/05/12 22:37 ID:???
さて、自分が厨房をやめたのは別に小官に啓蒙されたからでも反省したからでもありません。

飽きたからです。

リアルの生活ではわめき散らしたり感情的になったりする事はできません。 社会人なんですから。
だからネット上で厨房になって荒らしやら煽りやらネタ雑談やら萌え妄想やらしてるんですが?
ネット人口の殆どがリアルとネットを区別して、ネットでのストレスを様々なかたちで発散していると思いますが。
ある人は荒しになり、またある人は良作SSを書いて小説か気分に浸る。
大体そういうものでしょう。 小官殿自身もリアルでの自分とは違うとか言っておられましたが。
はっきり言って小官殿がわめきちらしていた様々な事は、別に改めて言われるほどの事じゃありません。
余計なお世話です。 自分は厨房になりたくて厨房をやってるんです。
わざわざ言い訳つけて言動を正当化してまで厨官やってる貴方と違って「あえて演技」する必要も無いんです。
まあそんなわけで、飽きました。 自分は厨房やめても、自分に厨房を卒業しろとか成長しろとかのたまった貴方が成長して無いんですから。
どうぞお好きなように屁理屈こねてご自分のやっている事を正当化なさい。
スレ違いも荒し行為も人を不愉快になせる内容もお好きなように正当化なさい。
誰のためにやっているのかわからないような「あえて」もお好きになさい。
自分はそろそろ厨房になって厨房を相手にするのは飽きましたから。
正当化がお好きな貴方の事ですから、この先あなたがご自分の間違いを認める事など無いでしょうけど、もし間違いを認める気があるのなら、せめて
「魔法など精神力で」に対する「それはそういう設定の時だけであります」の反論に対し「精神力で(ry」の答えになっていない答え、
「問題点を解決すれば名銃と呼ばれる可能性も」に対する「機構が複雑なそれを採用した銃のどこが名銃〜」の人の話を聞いていないに等しい反論、
これに対する答えを戴きたいものですね。

33 :名無し三等兵:04/05/12 22:39 ID:???
面倒臭い。

34 :名無し三等兵:04/05/12 22:40 ID:???
前スレは誘導のために埋め立てない方が良いかと。
やっぱりhobby5は板詰め込みすぎ。

ところで 愚者0、小官はアク禁らしいから分家でやってはどうか。

35 :愚者0 ◆YXzbg2XOTI :04/05/12 22:43 ID:???
ネットでのストレスを様々→リアルでのストレスを様々

36 :名無し三等兵:04/05/12 22:44 ID:???
>32
君の意見のままでいいよ。
認めるよ。

37 :愚者0 ◆YXzbg2XOTI :04/05/12 22:45 ID:???
>34
分家はもうどうでもいいですし。
あと厨房もやめたのでどうせならコテもやめましょう。
しばらく収穫とかで忙しいですから2ちゃん自体来れなさそうです。

38 :名無し三等兵:04/05/12 22:46 ID:???
鮫のAA探してたんですがイカのAAしか見つからなかったけど張っておきますね。

  /⌒ヽ、
 く_.| ♯ |._ゝ
  │、,│    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | ゚Д゚| ノ < 
  .ルリルリヽ   \_______

39 :名無し三等兵:04/05/12 22:49 ID:???
  /⌒ヽ、
 く_.| ♯ |._ゝ
  │、,│    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | ゚Д゚| ノ < ダイオキシンたっぷり。おいしいホウレン草はイカが?
  .ルリルリヽ   \_______

40 :愚者0 ◆YXzbg2XOTI :04/05/12 22:52 ID:???
ま、小官と狂信的小官信者が分家に篭るなら本スレも平和になるでしょう。
じゃあ、そういうことで自分も以降はあまり此処に来なくなるでしょう。 以上。

41 :<:ミ:04/05/12 22:53 ID:???
         /\
        ∠    >      
      /\   .|       
    ∠    >  |イカ グッジョブ  
   /\   |∀・∩ミ    
 ∠    > .|    ⊃     
  |   |∀・)~(_)  
  |   | ⊂=⊃   
  (∩・∀・)(_)   
  │   ⊂=⊃
(((_ノ⌒(_)


42 :名無し三等兵:04/05/12 22:54 ID:???
愚者クン、誰も着て欲しいと頼んでないが?


43 :名無し三等兵:04/05/12 22:56 ID:???
  /⌒ヽ、
 く_.| ♯ |._ゝ
  │、,│    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | ゚Д゚| ノ < ラノベ厨のレッテルに異常に反応する割に、勝手に狂信的信者のレッテルを貼る愚者に萌え。
  .ルリルリヽ   \_______

44 :名無し三等兵:04/05/12 22:57 ID:???
      ▲
      ■
(・∀・)つ川 イカー

45 :名無し三等兵:04/05/12 22:57 ID:???
  /⌒ヽ、
 .(_.| ♯ |._)
  │、,│    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | ゚Д゚| ノ < >>37 やらなイカ?
  .ルリルリヽ   \_______


46 :名無し三等兵:04/05/12 22:59 ID:???
        ノ\
       ヾ   ゝ
       /   ヽ
         ゝ(,,゚Д゚) < こりゃイカん!
       //i i ゚゚ i|
        (ノ ! ! ! ! !b
        U"U



47 :名無し三等兵:04/05/12 23:00 ID:???
                    _
                    ノ \               ま ぞ
                   /   \              い ん
                  /      \            ら ぶ
                //        \          れ ん
               / /          \         い に
              / /            \        。
            @ \ / /\ーーー-__      \
             |\__/         \      \
             \___ X/\  |\ /  | \______/
               (/\i \|i/\|  |    |
                ーーー   ーーー | |    |
                |…     …U |/     |
                |\  ▽    /     |
               /   ーーー-ー        |
               /                |
               | |_________        /   |
               | / ____  \/   /    |
               \| / \ |______/     |
               /|    |   \       |
               | |  ___/     |       |
               / \______/  \____________|
              |O |   \____     | O |   \
            /__/|___X___/、___\


48 :名無し三等兵:04/05/12 23:00 ID:???
まあ良くある光景です。
愚者さんはもっと素直に「天才のこの俺が何故ぇ!!」「俺の名を言ってみろ!!」
と叫びましょう。

49 :名無し三等兵:04/05/12 23:01 ID:???
                    ∧           /
                   / └─────Θ/=============
                 <             ◇---------------
                   \ ┌─────Θ\=============
                    ∨           ヽ-----------
       ∋----------┬----------                ∋-----------┬---------
   ∧           /                    ∧             /
  / └─────Θ/=============          / └──────Θ/=============
<             ◇---------------       <             ◇---------------
  \ ┌─────Θ\=============          \ ┌──────Θ\=============
   ∨           ヽ-----------           ∨             ヽ-----------
                        ∋----------┬----------
                    ∧           /
                   / └─────Θ/=============
                 <             ◇---------------
                   \ ┌─────Θ\=============
                    ∨           ヽ-----------



50 :名無し三等兵:04/05/12 23:02 ID:???
>>48
愚者って天才なの?

51 :名無し三等兵:04/05/12 23:05 ID:???
イカ臭いスレになってきたな。

52 :名無し三等兵:04/05/12 23:05 ID:???
>>50
>>48の元ネタは、いわゆる誇大妄想傾向と客体的な自己認識の欠如が合わさった
人格障害を煩った漫画キャラの台詞ネタです。北斗の拳のアミバといいます。

53 :名無し三等兵:04/05/12 23:06 ID:???
うわらば

54 :名無し三等兵:04/05/12 23:09 ID:???
それと後ろの台詞は、根拠の薄弱な優越感及び自己肯定と、それを裏切る現実との
狭間で他人に当たることでそのストレスを解釈していた、これまた人格障害の漫画
キャラの台詞です。同じく北斗の拳のジャギです。

55 :名無し三等兵:04/05/12 23:20 ID:???
やっと鮫のAA見つかったよ。

        ┼─┐〃                   `゙''‐、_\ | / /
        │  │、、             ─────‐‐‐‐ゝ;。←>>26
        │  |  ノ ツ ツ ッ ッ      .,'´ ̄`ヘ、   // | \
                          __{_从 ノ}ノ/ / ./  |  \
                    ..__/}ノ  `ノく゚((/  ./   |
        /,  -‐===≡==‐-`つ/ ,.イ  ̄ ̄// ))  /   ;∵|:・.
     _,,,...//〃ー,_/(.      / /ミノ__  /´('´   /   .∴・|∵’
  ,,イ';;^;;;;;;;:::::""""'''''''' ::"〃,,__∠_/ ,∠∠_/゙〈ミ、、
/;;::◎'''::; );_____       @巛 く{ヾミヲ' ゙Y} ゙
≧_ノ  __ノ))三=    _..、'、"^^^     \ !  }'
  ~''''ー< ___、-~\(          ,'  /

        ↑
      これって鮫ですよね?

56 :名無し三等兵:04/05/12 23:21 ID:???
>>43
分家萌えSSスレのはむきになって小官肯定してる気が。
反論がそっくりそのまま返せる辺り何が何でも小官が正しいといわんばかりだ。
そういうのを狂信的という。

57 :名無し三等兵:04/05/12 23:22 ID:???
>>55
冷凍マグロだろ。……釣られた?

58 :名無し三等兵:04/05/12 23:22 ID:???
>55
いや、それは多分マグロ。それも冷凍物

59 :名無し三等兵:04/05/12 23:24 ID:???
>56
そのレスは俺だが、あんたの意見を否定している訳ではないぞ。
小官の敵は多い。が、あんたの敵はもっと多い。それだけだ。

60 :名無し三等兵:04/05/12 23:24 ID:???
>>55
鰤じゃないか?

確かめようとしてぐーぐるでイメージ検索したら別の「鰤」ばっかり引っかかって欝だ。

61 :名無し三等兵:04/05/12 23:26 ID:???
>>56=愚者

62 :名無し三等兵:04/05/12 23:26 ID:???
985 名前:名無し三等兵 メェル:sage 投稿日:04/05/12 23:15 ID:???
シタタカにイケって散々言ったのに、なんで正面から逝くんだろう・・・

名前を伏せて、相手の厨房振りを目立たせて、スレを荒らしているところを諌める。
これを何回も繰り返せば、簡単にひっくり返せるだろうに。
突けば突っかかってくるキャラなのは分かりきってんだから、そう言うところに罠張らなきゃ。

前スレのこれも俺の意見。
期待してただけに・・・

63 :名無し三等兵:04/05/12 23:27 ID:???
>>60
世の中そんなもんだ。皆ショタなのさw

64 :名無し三等兵:04/05/12 23:29 ID:???
前スレ埋まりました。
政府広報課氏はまたしても1000getならず。

65 :名無し三等兵:04/05/12 23:33 ID:???
  /⌒ヽ、
 く_.| ♯ |._ゝ
  │、,│    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | TДT| ノ < 何もそんな事を本スレで晒さなくてもいいじゃなイカ〜〜
  .ルリルリヽ   \_______

66 :名無し三等兵:04/05/12 23:34 ID:???
小官も愚者もどうでも良い漏れから言わせてもらうと
おまえらもうちょっと大人になりなさいってこった。

嫌な奴がいてもいちいち相手してたら日が暮れちまうだろうが
小管や愚者の書いた物を読みたくないのなら透明あぼーんすればいいだろう
なぜそれだけの事が出来ないんだお前らは

あと、こういう創作系のスレではどうしても書き手>>>>読み手という立場になってしまうので
言いたい事があるなら、愚者もSSを書いてそれに思いを乗せれ
前にちょこっとだけ書いてた獣人の話、俺的には結構良かったと思ってるぞ

67 :名無し三等兵:04/05/12 23:35 ID:???
T-72神様の支援射撃によりこの度1000をGetすることができました。
皆様もT-72神様を信じれば、1000の一つや二つ簡単にGet可能です。
さぁ、スレの繁栄を神に祈りましょう。

オブイェークト

68 :名無し三等兵:04/05/12 23:36 ID:???
俺、T-72のプラモ持ってる。
かっこいいよな。

69 :名無し三等兵:04/05/12 23:36 ID:???
>>66

70 :名無し三等兵:04/05/12 23:44 ID:???
>66
半分遊んでるんだけどな。最近、スレに伸びがないし。
ほとんど小官か愚者のレスで火が付くだろ?

でも、マンネリなんだよな。小官のキャラも愚者も。
SSの質も片寄りだしてるし。
最近、ギャグ系のSSが少なすぎるよ。


71 :名無し三等兵:04/05/12 23:48 ID:t2groqX2
>>最近、ギャグ系のSSが少なすぎるよ

藻前が書け。

72 :名無し三等兵:04/05/12 23:52 ID:???
>>70
キミが書けば?
「絶対誰にも文句のつけようの無い詳細で論理的に考察された非の打ち所の無いSS」
って奴を(w

73 :名無し三等兵:04/05/12 23:53 ID:???
>>最近、ギャグ系のSSが少なすぎるよ
それに文句を付けるのが軍板住人。

74 :名無し三等兵:04/05/12 23:54 ID:???
以前はあったっけ?>ギャグ系SS

75 :名無し三等兵:04/05/12 23:54 ID:???
>>71 お約束だが、sageれ。
          ガッ
( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)

76 :名無し三等兵:04/05/12 23:55 ID:???
>>74
褌とか眉毛とかのことじゃね?

77 :名無し三等兵:04/05/12 23:56 ID:???
>>最近、ギャグ系のSSが少なすぎるよ
それをマンセーするのがラノベ厨。

78 :名無し三等兵:04/05/12 23:56 ID:???
>>72
は? ギャグ系SSの話でしょ? 何言ってんの。

79 :名無し三等兵:04/05/13 00:02 ID:???
>>78=70
だからキミが
「絶対誰にも文句のつけようの無い詳細で論理的に考察された非の打ち所の無いギャグ系SS」
を書けばいいじゃん。

80 :名無し三等兵:04/05/13 00:03 ID:???
>>62
諌めたところでまた何か理論展開するから無駄。
悪くすると人格攻撃扱い。

81 :名無し三等兵:04/05/13 00:06 ID:???
>79
自分で何言ってるかわかってんの?
あと何か勘違いしてない?

82 :名無し三等兵:04/05/13 00:49 ID:???
スプーンおばさんが小さくなってるときの質量はどうなってんだ?とか突っ込むタイプなんだろ。

83 :55:04/05/13 01:29 ID:???
        ┼─┐〃                   `゙''‐、_\ | / /
        │  │、、             ─────‐‐‐‐ゝ;。←>>26
        │  |  ノ ツ ツ ッ ッ      .,'´ ̄`ヘ、   // | \
                          __{_从 ノ}ノ/ / ./  |  \
                    ..__/}ノ  `ノく゚((/  ./   |
        /,  -‐===≡==‐-`つ/ ,.イ  ̄ ̄// ))  /   ;∵|:・.
   ,,,, _,,,.....//〃ー,_/(.      / /ミノ__  /´('´   /   .∴・|∵’
〆ー◎';;^;;;;;;:::::""""'''''''' ::"〃,,__∠_/ ,∠∠_/゙〈ミ、、
Vvv ̄ '''::; );_____       @巛 く{ヾミヲ' ゙Y} ゙
AA^^ノ __ノ))三=    _..、'、"^^^     \ !  }'
~''''~""=-ー<____、-~\(          ,'  /

        ↑
    これで少しは鮫らしくなりましたよね?


84 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/13 03:38 ID:???
 は!?何時の間に、千鳥合戦が・・・・><
そろそろ千鳥始まるな〜って注意してみてたのに!
今スレこそ、千とりまつ!

85 :名無し三等兵:04/05/13 07:25 ID:???
>>82 まあ、こんなとこだろう。ネタとして少々古いが・・・

○月×日 NHK臨時速報
 日本政府は今日、G国内に無断渡航した邦人3人がG国のテロリストグループと見られる
魔術師集団に拉致された可能性が高いと発表しました。政府の発表によりますと、日本と
同盟関係にあるF国政府に対し、同テログループに所属する魔術師の眷族と思われる鷹を
通じて一本のビデオテープが送られて来たため、これを解析した結果、G国の制式魔術を
用いる「聖魔術師旅団」を名乗るグループが、儀式により人質3人のうち二人を魔法により
蛙にする様子が映され、その後に羊皮紙に書かれた犯行声明文で、G国東部のL地方を
占領統治している自衛隊の撤退を求めているとのことです。なお、このビデオは人質のうち
一人が所持していたビデオカメラによって撮影されたものだろうと推測しています。
 (中略)
 なお、魔術に詳しいF国王立魔術師学連の専門家によりますと、ビデオに映されている
儀式は、変化後の蛙の体色が変化前に人質が着用していた衣服の模様と一致すること
から、G国制式魔術にも含まれる「蛙化の呪文」に間違いないとのことですが、この呪文は
各国において軽い精神懲罰として魔術師の間で一般的に使われているものでもあるとの
ことです。しかしインタビューに応じた同魔術師によると、蛙化された人間は基本的に無力
であるため、予断は許されないとのことです。
 一方、基本的に聖職者との間に確執のある魔術師が「聖魔術師旅団」を名乗っている点や
犯行声明文に西暦が使われている点など、不審な点も多く、実際にG国の魔術師が関与
しているのかどうか慎重に見極めるべきとの声も政府関係者の間では上がっています。

↑こう言う文章について
・なんで身体的には外的要素である筈の被服の色が蛙の身体的要素である体色に反映されるのか?
・体格の変化による質量はどうなったのか?ひょっとして人間大の蛙?
なんつー野暮なツッコミを返すタイプ。

いや、個人的に迷彩色の蛙もいいかなーと思っただけなんだけどねw

86 :名無し三等兵:04/05/13 12:44 ID:???
>>82
む、自分としては気になるが。

87 :名無し三等兵:04/05/13 13:28 ID:???
スプーンおばさんが

・小型化したときの質量はどうなってるんだ?
・何でいっしょに服まで小型化してるんだ?
・細胞レベルや原子レベルではどうなってるんだ?

なんてことを考えながら見てるのは柳田理科雄。

そして上記の疑問に答えるのが>>90の役目。

88 :名無し三等兵:04/05/13 14:09 ID:???
>>90は大変だな

89 :名無し三等兵:04/05/13 15:33 ID:???
ギリギリセーフ?

90 :名無し三等兵:04/05/13 15:34 ID:???
90に期待しつつ
スレが荒れると何で鮫の話をしようとするの?
と素朴な疑問をぶつけてみる。

91 :名無し三等兵:04/05/13 15:47 ID:???
>90
答えろよ。
質問してないで。

92 :名無し三等兵:04/05/13 15:48 ID:???
>>90
前々スレを嫁。
あと、質問に(ry

93 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 16:13 ID:???
 …体力練成の前に、アク禁解けた様なので書き込む。何かこう…小官、恨まれてるのか? 
それとも、愛されてるのか? 彼に? また激怒されて解り易い文体の名無しで来るな…。
こう言う事書くと。恥じる事は無い。小官も行った。癖は一朝一夕で直らんし、隠せん。
 小官がコテ名乗って偉っそうに発言しているのが気に食わないなら、専ブラ遣い
ならアボーンすればいいだろうになぁ…。言っとくが小官のコテはその為だぞ?
9スレでそう言ったはずなのだが…新規住人が増えたのか? それとも意図的に無視か?
 まあ良い。約束は又もや破られた。残念だな。まあ、最初に悪乗りした小官も、小官だがね。
ドワーフに例えるとは言い得て妙だな? マイスター、職人こそが小官の理想像だ。

 己の代用品が、誰も居ない人間だ。組織の一員である小官には望めん事だよ。…羨ましい。

94 :名無し三等兵:04/05/13 16:37 ID:???
小官殿おひさしぶりです
まあ、奴の事なんて放っておきましょう

>>90
回答マダー(AA略

95 :名無し三等兵:04/05/13 17:00 ID:???
分家に置いてあったSS・・・あれ、本スレには貼れません。負けました。あと、回答は・・・怖いです

96 :95:04/05/13 17:09 ID:???
回答=ミスターの分家の発言のことでっす。

97 :名無し三等兵:04/05/13 17:54 ID:???
水曜どうでしょうを連想してしまった。

98 :名無し三等兵:04/05/13 18:10 ID:???
>>97は無類のどうバカ

99 :名無し三等兵:04/05/13 18:15 ID:???
これから小官の事を『ミスター』と呼ぶ事にしよう。

そして愚者は『ミセス』

100 :名無し三等兵:04/05/13 18:28 ID:???
元1だおー氏は『マスター』

101 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/13 18:33 ID:???
新しいの立ってたんですね・・・気付かなかった。
SSの質が偏っている、というのは確かにそうですね。
でも自分はギャグが書けないっ!

召喚魔導士vs自衛隊の人

「我が魔力に応え、来たれ、地獄の番犬ケルベロスよ!」
「グルルルル・・・・」
「なあ、その犬鎖で繋がれてるぞ?」
「ああっ!地獄の『番犬』だからか!?」
「人の物を使おうとするなよ!」

「くそー!だが今度はっ!現れろ!地獄の犬!」
「シャーッ!」
「なんだこの白いのは?イタチか何かか?なかなか可愛らしいじゃないか」
「予想外の物が出てしまった・・・この動物は何なんだ?」

「ならば最大最後の秘奥義!出よ地獄の大魔王!」
「グハハァ!太古の契約に基づき、地上の腐った国を滅ぼす!」
「なあ、あっちお前の国の方じゃないのか?」
「ああっ!や、やめろー!」
「あーあ、盛大なキノコ雲。これじゃ国残っててもボロボロだろうなあ」
「あのー、そちらで雇っていただく訳には」
「お前のような無能などいらん!帰れ!吊されろ!」

こんなんでよろしいか?>ギャグSS

102 :名無し三等兵:04/05/13 18:57 ID:???
>>93

分家より
>それとも本スレに冗談と前書きしていかにも頭悪そうな文章の萌え電波ギャルゲ、エロゲーもどきSSでも書いてにぎわわせてもいいとでも言うのか糞が。

↑これ書き込んだ後ずっと考えていたんですけど、今なんとなく小官殿が今まで言われていた事が理解できました!
「スレのため」「あえて」とつけて正当化すればつまりはどんな事をしても正しくなるのですね!
「こういうキャラだ、理解しろ」と言えば厨房行為をしても免罪符にして許容してもらえるのですね!!
わかりました、これからは反省して小官殿の言うとおりにします! 自分は小官殿を手本にします!
これからはスレ住人の知識と見識と分別を身につけさせるために自ら反面教師となって荒し・煽り・厨房行為を繰り返します!
例えば画像掲示板、「萌え」と分類されているそれにグロ画像が貼られればグロ流しの為に次々画像が貼り付けられ事があるが、それは不愉快な画像を流すためであって掲示板住人の雰囲気が楽しくなってるわけじゃないですけどね!
小官殿の事は大好きですよ! そりゃもう自分自身と同じくらい!
自分自身をどのくらい愛しているかというと、もう自分の手足を筋肉繊維・腱・血管・骨の一つ一つにいたるまで解体して胴体を火あぶりにしたいと思ってるくらいですから!!
小官殿にも同じ事したいです!! 愛してます!! つーか氏ね。

103 :名無し三等兵:04/05/13 19:00 ID:???
>>102
愚者乙
テメエが氏ね
カス!

104 :名無し三等兵:04/05/13 19:02 ID:???
さて、厨行為の後は久しぶりに少しばかり、正しくない科学知識に基づく考察でも入れてみますか。

>>87
自分の服ごと原子分解、サイズを縮小して再構成、復元。
余分な質量は生体情報とともに仮想空間に保持。

まあ、分解・再構成・復元を繰り返した後の術者が本人と全く同じ存在であるかどうかの保証は無いのだけれど。

105 :名無し三等兵:04/05/13 19:02 ID:???
ミセスが帰宅した。

106 :名無し三等兵:04/05/13 19:03 ID:???
>>102
こいつキモイ

107 :名無し三等兵:04/05/13 19:11 ID:???
次スレのテンプレに
>・故に、汝ら妄りに魔術師1(愚者)とACEと380(三位一体説在り)の名を呼ぶなかれ。
>そんな事より鮫の話しようぜ。
を追加キボン

108 :名無し三等兵:04/05/13 19:36 ID:???
>>102
>筋肉繊維・腱・血管・骨
皮膚は剥がないの?

109 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 19:58 ID:???
 …そして一匹の野獣が街に放たれた、か…。自省心と自制心の無い奴に何を問うても無駄、だな。
それは小官にも云える事だが、コイツは物騒だ。もう何も見えては居まい。聴こえてもいまい。
狂信者現る。その欲望は…南米のピサロかコルテスと肩を並べるだろう。『黄金』でも喰らへ。以上。

110 :名無し三等兵:04/05/13 20:06 ID:???
>>109
あんたもいい加減にしろ
ここまで煽ったのは誰だと思ってる

111 :名無し三等兵:04/05/13 20:08 ID:???
ぐちゃ

112 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:09 ID:???
 もう何て云うかな…言葉の節々に…『僕ちゃんって凄いんだぜ! もっと褒めてよぉっ! 』的なあざとさが
見え隠れするレスがもんの凄く、『鼻に付く』。それが味に昇華すれば許容範囲だと思うが…如何せん我田引水
我儘放題抜かして村八分された奴の遠吠えにしか聴こえんと云うのが、な? その姿、憐れみと冷笑すら誘う。

…必死だな? と云うより、あえて言おう! 宣言だ。『お前はもう、死んでいる』


113 :名無し三等兵:04/05/13 20:12 ID:???
うわらば

114 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/13 20:13 ID:???
ひでぶっ!

115 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:14 ID:???
う〜ん、まあ、大人に為りきれん奴等が面白がってるって事で一つ。
『踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損』てなモンだ。
スレの名物、恒例行事の一例だな。まあ、小官に責任全ておっ被せるには、
まだ甘いな? わっはっは。 …とまあ、三点を与える。百点満点厨のな?

116 :名無し三等兵:04/05/13 20:15 ID:???
>それとも本スレに冗談と前書きしていかにも頭悪そうな文章の萌え電波ギャルゲ、エロゲーもどきSSでも書いてにぎわわせてもいいとでも言うのか糞が。
まだこれに答えてもらってないのだが。

117 :名無し三等兵:04/05/13 20:19 ID:???
108 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 04/05/13 19:36 ID:???
>>102
>筋肉繊維・腱・血管・骨
皮膚は剥がないの?

まだこれに答えてもらってないのだが。

118 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:21 ID:???
 ん? あらら、ソー言う貴方こそ、自分の巣で好き勝手喚いてりゃいい物を、って…。
応えるべき事かね? フム。自分のサンクチュアリを汚されたのがそんなに頭に来たのなら、
ちゃんと顔出しなさい。挑発行為だよ。釣るためのな? もう解るだろう? 今の己は何をしている?

119 :名無し三等兵:04/05/13 20:23 ID:???
おまいらいい加減にしないと俺の股間より噴出す93式APFSDS直撃ですよ?

120 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:23 ID:???
 まあ立派な教師や大人達に、見ず知らずの相手を『糞野郎』呼ばわりするように、と教育され、学習した奴には
その程度の答えで充分と判断。以上。

121 :名無し三等兵:04/05/13 20:23 ID:???
こうすると四角の角と角の間に黒い点が見えます。これが目の錯覚です。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


122 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:24 ID:???
そいつは怖い…! 止めよう。 …そいつはイカ臭く無い…よな?

123 :名無し三等兵:04/05/13 20:25 ID:???
 〜〜 〜〜   〜〜〜  〜  〜〜  〜〜  〜  〜〜  〜
  〜〜     〜〜  /|     〜〜        〜〜〜    〜
〜 〜〜   〜〜    ̄~~~~   〜   〜〜    〜〜〜〜


124 :名無し三等兵:04/05/13 20:30 ID:???
>いかにも頭悪そうな文章の萌え電波ギャルゲ、エロゲーもどきSSでも
書いてにぎわわせてもいいとでも言うのか糞が。

にぎわせられない人が嫉妬でつか? …カッコ悪いでつ。書けない人が言いまつか?

125 :名無し三等兵:04/05/13 20:31 ID:???
どんな立派なことを口で言おうと結局荒し行為を行なう人のいう事など聞く気も見る気もありません、と。
先生には「自分でそう思うことなら自分がそれに違反してはならない」と教えてもらいましたよ。
とりあえず自分は守る気ありませんがね。 とっくに守れやしないと悟りましたから。
ですが自分で守れて居ないくせに他人に強要する奴は嫌いです、と。

糞野郎は糞野郎で充分です。

126 :名無し三等兵:04/05/13 20:33 ID:???
いいから>>108に答えてやれ。

127 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:34 ID:???
 それを言うな。言ったら終わりだろうに? 楽しめぬでは無いか!
って、イカ。ウム。烏賊。液晶。乱獲。刺身にするならアオリイカ。以上。

128 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:38 ID:???
>126
もう鰐さんに皮や鱗まで剥かれた可愛そうな丸裸なウサギさん状態なのさ。
今は毛皮の代わりに為る蒲の穂で転げまわってる状態なのさ。蒲の穂って?
擁護レスの事だよ。出展は日本神話の稲葉の白兎さ。
 鰐と云うより、鮫に襲われ過ぎて、な? ここは笑う所だ。思いっきり。

129 :名無し三等兵:04/05/13 20:41 ID:???
 
    |                    \
    |  ('A`)            ギシギシ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄       アン…アッ/

 
    |                    \
    |  ('A`)        ギシギシギシギシ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄     タッ,タスケテ!…/

 
    |     ヒメイ!?           \
    |  (;'A`)     ギシギシギシギシギシ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄            /

 
    |      ……           \
    |  (;'A`)            ……
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄         ……/

 
    |    ガクガクブルブル        \
    | (((;゚Д゚)))      ビイィーンガリガリガリ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄            /


130 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:41 ID:???
オットお! 稲葉だと! 突っ込みどころダァ! で、因幡だったかな? 諸君?
ってやっぱりイナバだ! 100人乗っても、Die、Job! …寒いな。止めだ。 

131 :名無し三等兵:04/05/13 20:45 ID:???
とりあえず貴方が「あえて」とか言い訳付けて自分の行為を正当化する以上自分も厨房から進展する気もありません。
本当に人を厨房から卒業させたいなら自分こそ厨房になるのやめろや。
挑発行為? 釣る? その結果が>>26>>125か? これまでの過去スレか? 状況は何も変わらないどころか悪くなる一方ですが?

ま、自分は厨房ですから煽られた分荒らすだけですがね。

132 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:48 ID:???
ふーん、頑張ってね。名無しに戻っても読みにくいレス、書かないでね?
『無駄に』長いの、読むの苦痛だから。論理組み立て為ってないし。
棚上げだしぃ〜、アタマ悪そうだしぃ〜? って、メル欄じゃないな…コレ。
スマン。まあ、頑張ってくれ。芸の無い嫌がらせをな。保守代わりに丁度良い。

133 :名無し三等兵:04/05/13 20:49 ID:???
てめえの嫌がらせが芸があるとでも?

134 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:50 ID:???
ま、有るな。保守がてらに読み物投下だ。芸の無い手前賛美味噌よりゃマシだ。

135 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:51 ID:???
余り喚くな。育ちが知れるぞ? 親の顔が見たいなどと小官に…ってもう書いてるか。

136 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:53 ID:???
長い、長いぞ! どうした? 急病か? イカ臭いぞ? 掻き過ぎか?

137 :手前賛美味噌:04/05/13 20:53 ID:???
>と、抽象的だ云々と返されるだろうから解り易くだ。
>ココで残酷に遣って置けば、他作家の萌え作品がそれだけ栄える。
>そう言う、狙いだよ。
>『貴方達は殺す。でもそれは何故? ただ生きているだけなのに…』
>それを被殺戮者に、言わせるつもりだったのさ。狩る者が、狩られる者へ。
>そして、その中で生まれる異世界人? との想いの交感と、バディとの対決…。
>それを描く『予定』だったのだよ

138 :名無し三等兵:04/05/13 20:55 ID:???
+ >挑発行為だよ。釣るためのな?

はい、荒らしを行なっておきながらどこまでも自己正当化。


139 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:56 ID:???
おお、既知外の論理! って小官のレス得意げにコピペされてもね…。芸が無いな?
己の言葉で語れぬ者は? それで自分が浮かばれたつもりかね? 可哀相だな。

140 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 20:58 ID:???
飽きたとか言っといて、噛み付く気満マンでは無いか? 枯れるにはまだ早すぎるな?

141 :名無し三等兵:04/05/13 20:59 ID:???
飽きたと思っていたのに新しい意欲を与えてくれるなど飽きさせてくれないものでね。

142 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 21:00 ID:???
おお! 情熱を取り戻して呉れたと! 

143 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 21:03 ID:???
後はコテ復活だけだ。専ブラ遣いのためにな? お互い嫌われ者だし、な?

144 :名無し三等兵:04/05/13 21:03 ID:???
で、結局俺らの口げんかにあきれ果ててそろそろみんな鮫すら居なくなっている気配だが?
此処まで付き合ってくれてどうもありがとう。 同レベルに落ちて低レベルなスレ汚しの片棒担いでいただいて。
スルーしときゃあいいものを。 所詮あんたの本性なんてこんなものよ。

ま、厨房同士これからも仲良くしましょう?

145 :名無し三等兵:04/05/13 21:04 ID:???
>それを描く『予定』だったのだよ

書かなくてもいいよ。 何か気に入らないことがあるたびに止める止めないと大騒ぎする香具師なんぞ
イラネ。

146 :名無し三等兵:04/05/13 21:04 ID:???
とりあえず魔術師はコテハンに戻れよ。


そのほうが透明アボーンしやすいんだからさ。

147 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 21:05 ID:???
スレ主復活まで…多分、あと…早くても…12月だ。営内で落ち着くまでな?
スレ主には恩が有る。だから、釣られるワケにはイカンのだ。解ってくれ。

148 :名無し三等兵:04/05/13 21:11 ID:???
>>146 ヘタレなんだから今更コテハンに戻れんよw


149 :名無し三等兵:04/05/13 21:12 ID:???
愚者及び愚者支持者、お前等ウザイ
氏ね!

150 :名無し三等兵:04/05/13 21:13 ID:???
ところで>>102は通報せんでもいいの?

151 :名無し三等兵:04/05/13 21:13 ID:???
小官及び小官支持者、お前等ウザイ
氏ね!

152 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 21:14 ID:???
小官の目的はスレ存続。その為にレスを付ける。荒らしだった小官を善導して呉れた者の場所、
皆の情熱をぶつけ合う場所を、守らねばならぬ。日和見だろうが傲慢だろうが、言うが良い。
 
 小官は飽くまで己の目的を完遂するまでだ。己の中の義に従ってな? 

 邪魔なら邪魔で良い。そのための、コテだ。それは最初に、言っておいた。

153 :名無し三等兵:04/05/13 21:15 ID:???
つーか愚者に支持者が居るとは思えないのだが。

154 :名無し三等兵:04/05/13 21:15 ID:???
>>151
愚者乙( ´,_ゝ`)プッ

155 :名無し三等兵:04/05/13 21:16 ID:???
>>153=愚者
テメエはもう来るな!

156 :名無し三等兵:04/05/13 21:19 ID:???
SSが投下されない……

157 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 21:19 ID:???
 だから、コテを復活させてくれ。暴論なのは解っている。ムシの良い事だとも、な。
名無しの皆の意志によって、スレは始めて成り立つのだ。一人で語っていても
始まらん。不快に思うものがスルー出来る環境を作って初めて、栄えるのだよ。

158 :名無し三等兵:04/05/13 21:19 ID:???
やはり魔術師1=愚者=380=ACEか…

159 :名無し三等兵:04/05/13 21:20 ID:???
国連停戦監視団もお手上げだなー

160 :名無し三等兵:04/05/13 21:20 ID:???
自分の目的はスレが軍板住人とラノベ・ファンタジー派両方が仲良く共存できる事。 今は過去形。
皆が楽しく空想妄想議論考察できる場所を、軍事だけにあるいは否定派に偏らせてはならない。 荒らしだろうが厨房だろうが言うが良い。 今はどうでもいいけど。

自分はあくまで自分が正しいと思うことを提案するのみ。 ああ、そんな時期もあったね。

邪魔なら邪魔でいい。 何時までも粘着しつづけてやる。 攻撃しやすくするためのコテだ。 なんか時々めんどくさくなるけどね

161 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 21:21 ID:???
遊びは終わりだ。…そろそろ諸氏のSS投下の時間帯だ。終息に向かっている事を願いつつ、黙る。

162 :名無し三等兵:04/05/13 21:21 ID:???
380は自分じゃないけどね。 まだ約束履行中の時期だったし。

163 :名無し三等兵:04/05/13 21:22 ID:???
>>162
┐(´ー`)┌

164 :名無し三等兵:04/05/13 21:24 ID:???
ここに居るラノベ厨は責任を持って愚者を何とかしてね

165 :名無し三等兵:04/05/13 21:25 ID:???
>荒らしだった小官を善導して呉れた者

軍事素人だった自分を善導してくれた人たちには凄く申し訳ないと思ってるよ。
終息に向かっているようなので、黙る。

166 :名無し三等兵:04/05/13 21:30 ID:???
>>158
>162追加
ああ、ACEも自分じゃないよ!!
つーか作風も芸風も違うじゃないか…ってそういうのはどうでも良いのか。 厨房だし。

167 :名無し三等兵:04/05/13 21:33 ID:???
いいからこの場は両方とも黙れ。

168 :名無し三等兵:04/05/13 21:35 ID:???
数時間の間に何があったんだ?
まあ、猛烈にスルーしたが。

169 :名無し三等兵:04/05/13 21:35 ID:???
スルーすべき事があったのさ。

170 :名無し三等兵:04/05/13 21:36 ID:???
スレが落ち着くまで
俺は戦車不要スレに行ってくる

171 :名無し三等兵:04/05/13 21:37 ID:???
>101
GJ!こういうのを増やして欲しい。
短編でサラッと読める奴。

172 :名無し三等兵:04/05/13 21:44 ID:???
次スレよりテンプレに
・ニトロ使用は禁止されています
も追加キボン

173 :名無し三等兵:04/05/13 21:57 ID:???
       _
┌――─┴┴─――┐
│ セルフサービス .│
└―――┬┬─――┘
        ││   ./   
      ゛゛'゛'゛ /   
         /
     | \/
     \ \
      \ノ

とりあえずここに鉄槌置いておきますね。

174 :あなたの後ろに督戦隊が…:04/05/13 22:05 ID:???
 

175 :名無し三等兵:04/05/13 22:13 ID:???
小官殿SSマダー??

176 :名無し三等兵:04/05/13 22:18 ID:???
>>93
>何かこう…小官、恨まれてるのか?  それとも、愛されてるのか? 彼に? 
少なくとも並々ならぬ関心を持たれていることは確かであると考えられます。


177 :名無し三等兵:04/05/13 22:23 ID:???
>>125
じゃあ透明あぼーんすればいいだろうが。

178 :名無し三等兵:04/05/13 22:24 ID:???
>>128
ウサギには鱗は無いわけだが。

179 :名無し三等兵:04/05/13 22:31 ID:???
怪生物だろ? 鶏のハートにいかにもいじめてな兎の外見に、そしておまけに理論武装の鱗もったの

180 :名無し三等兵:04/05/13 22:32 ID:???
>>179
悪いが鶏しか同意できない。

181 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 22:46 ID:???
まあ、何だな。分家を覗いて来た。まあ酷い文章呼ばわりされるなら、
赤ペン先生よろしく添削指導して貰えば良いし、『俺ならこう演るね』と
書いてもらっても結構だ。始末に終えん書き手を黙らせるには、それしかない。

で、『精神力で魔法を防げる! 』と云う小官の主張だが、軍事的に深読みする
奴が誰も居なかったので、残念だが、書く。…士気の低下こそ避けねばならん。
コレだけ書けば、軍板住人ならば、理解してくれる筈だ。臆病に為った味方は、
敵よりも始末が悪い。これで『督戦隊』ネタのSSでも書いてくれる者が現れる
のを心待ちにしていたのだが、な。

182 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 22:49 ID:???
 上手いだの下手だの、言うのは簡単だ。己が経験して、始めて解る事があるのが世の常だ!
若人よ、恐れずSS参入だ! 鉄は熱いうちに打たれろ。まだ、柔軟なときにな?
 足りたと思えば、進歩はそこで停まる。人生、日々これ勉強だ。

183 :名無し三等兵:04/05/13 22:55 ID:???
なんというか、いつの間に『精神力で魔法が(RY』の主張が小官のデフォになったんだ?
別に激しく主張してる様にも見えないンだが・・・

184 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 22:59 ID:???
 ん? まあな? 中国や韓国が何時まで経ってもニッポンを敵として居なければならんのと同じ理屈だ。
敵が居なければ存在出来んのなら、敵を演じてやらねばな。それが小官の信ずる『漢道』と云うものだよ。

185 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:01 ID:???
何よりも小官、住民を噛み付きから守らねばならんのが至上命題でな。

186 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:05 ID:???
 まあ、小官が噛み付いてリャ世話が無さ過ぎるのだが、ね。SS投下、心待ち。
誰かに文章酷いと言われたからには、ナイーヴな小官的にはちょっと鬱なのよね。
 言ってくれた誰かよ、怒らないから名乗って書いてくれ。存分にそのネタ使って
書く。それが小官の出来る最大限の侮蔑行為だ。こんな哀しい事を2度と書かせるな。 以上。


187 :名無し三等兵:04/05/13 23:06 ID:???
批判だけしかせずにSSも書かないんじゃ、説得力も糞も無いよな。
せめて同等の質のSSを量産するぐらいの行動力を見せてくれないと。
口だけじゃ、誰も味方してくれないだろ。

以前居たはずの味方すら、今じゃ消えてしまったものな。
ていうか、あの味方も自演だったのか?

188 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:08 ID:???
それとリクエスト有れば、書くぞ? 風味も指定して、な? 小官の『訓練』だ。 

189 :名無し三等兵:04/05/13 23:09 ID:???
久し振りにエルフカレーネタを見たいなあ。
小官ならではの自衛隊カレーの実体を絡めながら。

190 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:11 ID:???
よし、しばし待て。風味はギャグか? シリアスか? 萌えは練習中で、801はペケだ。

191 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:22 ID:???
…よし、ギャグだ。決定。いくぞ!

 競技会。自衛隊の練度を測るバロメーターである。中隊ごとにその能力を競わせ、
優勝した中隊へは『○○競技会優秀中隊』との『看板』が与えられる。各種職能の
大規模な競技会開催の中…それは行われた。中隊の調理能力を競う、競技会である。
 品目は、カレー。決められた時間内に、決められた分量を調理する。一挙にその数、
各々の中隊分と、審査員分。この競技会には…尉官や佐官の出る幕は、無かった。

 「番号、始め! 」

 森の開けた広場の中、3中隊がその威信を懸けて、カレー調理を担当する。各中隊、
10名の人数で、何十名分ものメシを用意しなければ為らない。ミスは許されない。
失敗すれば…当然メシ抜きだ。居並ぶ中隊の連中の無言の圧力が、彼らの肩に圧し掛かる。

192 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:37 ID:???

「只今付与された番号は各人の固有番号! 以後の行動は番号を以て示す! 
 右ェ、倣えィ! 1番、前! 5番、もう少し後退、よし! 直れィ! 」

 中隊でも古参の一曹、曹長クラスが気合を入れた声で整列させる。大隊長の
指示を以て、競技は開始される。整列終了後、式次第が述べられる。さあ、競技
の幕が、上がろうとしていた。

 「大隊長臨場、部隊気を付け」
 「本部管理中隊(第一中隊)(第二中隊)、気を付けィ!」
 「大隊長に敬礼」
 「頭ァ、右(中)(左)!」
 
 大隊長が答礼を返す。各中隊を見渡してから、直る。

 「直れィ! 」

 (その後こまごました号令が続くが、割愛)もう、各中隊選抜人員が焦れている
のが肌で解る大隊長は、ニヤリと笑う。我が大隊、士気軒高なり。…ただ、皆、
ハラが減っているだけだとは、露ほども彼は知らなかった。そして、口を開く。

 「各中隊、始め! 」

 S1の若手3尉がストップウオッチを押した。時間は1時間半。審査員全部のルーから
メシから盛り付けまでその時間内に全て完了しなければ為らない。中隊の分も同時に作る
が、配布は後からだ。見守る視線が…熱い。中でも本管中隊にはその『面子』が懸っていた。

193 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:46 ID:???
 本部管理中隊。云わば後方支援のエキスパートだ。実際、演習では彼らの中から
糧食班が選抜され、各NO中隊から人数を若干差し出させる、と云うのが昔のやり方だ。
 いまは、各中隊が同等の能力を持つように、と指導が入り、人員練成中である。
器材はあっても、人が居なければ話に為らない。各NO中隊は、本部管理中隊との人事
移動で来た人材を、この競技に投入していた。後方支援の本家は、負ける事を許されない。

 「どんな料理が出されるのか…楽しみです。ああ、各種香料の入り混じった香りが…」

 この広場を貸与してくれた『長老』が言う。しかし、永遠の若者たる彼らにとってその
称号は奇異どころかはっきり云って相応しく無い。大隊長は隣でムゥ、と唸る。御付の者が
見とれていたのだから。しかし、不満を顔には出せないのが、上に立つ者の辛い所だ。

194 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/13 23:56 ID:???

 「裁断班、作業完了! これより材料投入! 」
 「馬鹿! 手前! こら! そこ! 火加減! ああ、焦げるだろ! 」

 テッパチに迷彩服姿に、白マスクと使い捨てプラ製手袋は余り似合わない。
しかし、これは飽くまで調理なのだ。皆、大真面目だ。与えられた材料は、
同じ。これにどう、アレンジを加えるか? ルーは業務用カレーフレーク。
水加減と、野菜の分量、加熱時間が、勝敗を分ける。だが、一番大事なのは…?

 「3、2、1、今! それ、攪拌! …閉じろ! 」

 米飯だ。釜で炊くが、これも方法が指定される。カレーのキモであるメシが
焚けないと…中隊に配布されるのはカレールーのみだ。…予備など無い。
 失敗したが最後…他の中隊にアタマを下げて、貰いに行くしか道は無いのだ。
必死だな、と冷笑した奴がその場で袋叩きにされかね無い程、緊張感が張り詰めていた。

195 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/14 00:07 ID:???
で、各中隊が完成品を審査員の前に並べ終わったのが、5分前キッカリで有る。
品目は、野菜サラダ、カレーライス、福神漬け。各中隊の個性がもろに出る瞬間だ。
 本管中隊。サラダの野菜もカレーライスも盛り付けの形は良い。全体的に細やかだ。
第一中隊は戦闘部隊の気質を残した荒々しい出来で有る。野菜もぶつ切り、ごろごろ大きい。
見た目は『?』だが、食欲をそそる匂いだ。第二中隊。…同じ戦闘部隊なのだが…ちょっと
上品だ。なんと米が良い。立っている。他の中隊が焦げ目が有るのに対し、ふっくら美味しそう
に長けている。大隊長の心中は…サラダは本管中隊、ルーは第一中隊、米飯は第二中隊だった。
しかし長たる者、我儘は云ってはいけなかった。可愛い部下が心を込めて作ったのだから。

 「ああ、済みません、そちらのサラダとそちらの汁、それとそちらの穀物を頂けますか? 」

 長老が、明るく云った。…何の屈託も無く。大隊長はその日、一日中何故か不機嫌だったと言う。

                               END

196 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/14 00:09 ID:???
即興なので、見苦しくてスマヌ。オチは…許せ。エルフ分が少ないが、以上。

197 :名無し三等兵:04/05/14 00:12 ID:???
乙です。

このスレはソマリアですか?

198 :名無し三等兵:04/05/14 00:15 ID:???
次スレテンプレ追加案
・専門知識を持つコテハンほど煽り耐性が低い傾向にあります、彼らが荒らしに変貌したら
理性を取り戻し、建設的な書き込みを再開するまで笑顔で放置しましょう。

まあつまり、こんなスレ。

199 :名無し三等兵:04/05/14 00:20 ID:???
>>199


200 :名無し三等兵:04/05/14 00:22 ID:???
>>198
・専門知識を持たない哀れなコテハンは煽り耐性が低い傾向にあります。彼が荒らし行為をしたら
海産物の話でもしてマターリと放置しましょう。

201 :名無し三等兵:04/05/14 00:23 ID:???
>196
最初、落ちが分からなかったが、咀嚼してたらワラタ。

そりゃ大隊長起源悪くなるワナ。

202 :名無し三等兵:04/05/14 00:24 ID:???
>>196
乙です。


ところで某所よりコピペ

183 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:04/05/13 00:30 ID:cRTRN9PZ
それで思い出したんだが、「幻想世界の住人たち II」に記載されてる
「ブルー・マン」というモンスター(菊池某氏とは関係ありません
幽霊船に乗っていて、人間の船を襲い船員は皆殺し荷物は奪うという
極悪非道な魔物なんだが。
襲うまえに、いかにして犠牲者を血祭りに上げるか、てな状況を延々と唄う。
対抗する歌を唄い返さないと襲ってくる。歌をとちったり歌が作れなかったり
すると速攻で襲ってきて死闘が始まる。という、二重の意味でイヤンな
魔物。
これを発展させて何か作れないかなあ。

203 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/14 00:25 ID:???
>200
彼にも、立派な専門分野があるでは無いですか。

農業に関しては、このスレの誰も敵わないと思います。

204 :名無し三等兵:04/05/14 00:31 ID:???
>>203
>農業に関しては、このスレの誰も敵わないと思います。
それに関しては禿同
このまま良コテになると思ったんだがなぁ…

あと、名無し屯田兵氏の知識も凄いですね

205 :名無し三等兵:04/05/14 00:33 ID:???
>202
海上カラオケ大会。
名前を忘れたが、歌を聞くと沈没する奴に対抗して大音量のカラオケをする。
歌力が低いと沈没。拮抗すると沈んだり浮かんだりする。

で、海上自衛隊や海上保安部隊では歌自慢が多くなるとか?

206 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/14 00:42 ID:???
>205
セイレーン(歌で船乗りを誘惑する人魚or鳥人)ですか?
ギリシャ神話の中では皆で耳栓して、一人だけ耳栓なしでマストに括り付け。
耳栓無しの人が暴れなくなったら耳栓を外す、といった対応だったような。

>202のモンスターは、例えば
「お前らぶちのめして皮を剥いで〜♪」と歌ってくるのに対して、
こちらがどう抗戦するかを、歌にして返さなければならないのでは無いかと。

207 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/14 01:02 ID:???
とまあ、今日の総括に自己批判を兼ねて。

 今スレの荒れの元凶は、ひとえに小官の「小さな親切大きなお世話」に有る。
レスが進んで無い様だったので、投下したモノが801ネタだった。それはまだ、
我慢して警告した。にも関わらず、小官、第二弾を投下したのだ。それも、S・F殿の
SSのキャラを故意に弄った様な内容だ。小官は飽くまでそのつもりは無いのだが、
正義感の強い彼はもう、見過ごす事が出来なかった。男だよ。彼は。
 しかし、小官ちとカチンと来た。そんなつもりも無いのに、故意呼ばわりだ。
生き方や美学に反するレッテルを貼られるわけにはイカン。卑劣漢には為りたくない。
そこで喧々諤々の何時もの奴をやらかした。冷静に為れば、分家の要らん心配をした、
小官が悪い。内政不干渉とはどうしても思えなかった。…済まなかったよ。謝罪しよう。

 と、置いておく。この謝罪をどう解釈しようと自由だが。

208 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/14 01:06 ID:???
 面倒見など頼まれても居ないのにやってしまうのが自衛官のデフォだ。
小官も例外では無い。…許せとは云わん。小官も男で、成人だ。
己の遣った事の重みは理解している。さあ、堂々と語り合おう。何時ものように。
では、お休み、諸君。迷惑を掛けた。

209 :名無し三等兵:04/05/14 01:09 ID:???
小官殿
もう奴の事は放っておきましょう
それよりも鮫の…(ry

210 :名無し三等兵:04/05/14 01:15 ID:???
なんつーか、ペンCなんだよな? 鮫の話は?

211 :名無し三等兵:04/05/14 01:30 ID:???
なんつーかさぁ、『穴』ネタ途中なんだよな? ミスター? それで勘違いされてんじゃねえの?

212 :名無し三等兵:04/05/14 01:32 ID:???
お前らの事を今日よりなんつーかブラザースと呼ぶ事決定。

213 :名無し三等兵:04/05/14 01:33 ID:???
ミスターブラザーズ

214 :名無し三等兵:04/05/14 01:36 ID:???
・・・禿しくお断りだぞ、そんな称号・・・

215 :名無し三等兵:04/05/14 02:10 ID:???
>>214
よぉブラザー!ひょっとしてシスターだったら勘弁な。



最近は反殺伐傾向でギャグ&ほんわかムードが求められてるみたいだけど、
今までのスレの流れからすると、この後→萌え→反萌え→殺伐モード
という輪廻が繰り返されそうな悪寒なので、その時にはまた小官殿に
活躍していただきたい。

216 :名無し三等兵:04/05/14 02:27 ID:???
>>206
とりあえず、返す歌は
「鉛弾が〜♪肉を引き裂き〜♪」
「脳漿ぶちまけろ〜♪」
「おまいらのケツは俺のもの〜♪」
あたりで。

217 :名無し三等兵:04/05/14 03:16 ID:???
>215
その輪廻がいいんじゃないか。
それがスレ住人を飽きさせないスパイラル。

218 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:41 ID:???
え〜。
深夜に関わらず、SS投下しまつ。


219 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:42 ID:???
「日本異邦戦記」

http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1083332026/970の続き


「なるほど。しかしながら、我々が王都を守りきれば、あなた方の申し出は無意味になりますな?」
「確かにその場合は、なかった事になるでしょうね。でも、王都を囲んでいる敵から守りきる事ができるのでしょう
か?見たところ、貴国に対し、敵側の方が優っていますが?それに援軍が到着する可能性も低いのでしょう?」
 その言葉にエンドルン卿は、口元を歪ませて苦笑した。
「よいでしょう。あなた方の実力がどの程度かは判りませんが、援軍を必ず送ってくれるのでしょうな?」
「当然です」
 大きく頷くと、卿は女史に眼を向けたまま、その条件を承諾した。
そして、ウィンダ3世に事の顛末を話し、許しを得る必要があると言った。
そう言いつつも卿は、陛下はお許しあそばされる筈だとも付け加える。
 詳しい内容は更に詰める必要はあるが、大筋でシュレジエンとの軍事協定が成立したのだった。

220 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:43 ID:???
 その夜、エステルス城砦の内部は異様な雰囲気が充満していた。
黎明をもって、エステルス城砦から打って出ようと言うのだから当然ともいえる。
その城砦の一角にある竜舎においてもそれは同じだった。

 蝋燭の明かりが竜舎を照らし出していたが、それは薄暗くどこか物悲しげな感じを与えていた。
竜舎は複数あり、それぞれの竜舎には一頭ずつ竜房が与えられていた。
竜房で休んでいる竜たちもまた、自分達の相棒となる人間の異様な興奮を感じ取っているのだろう、まんじりとして
いないようだった。
 その竜房の一つに、体を横たえている竜のそばに寄り添うものがいた。
レスティンだった。
彼女の竜、ベドラザは眠れないでいる彼女を安心させるかのように、彼女の顔に摺り寄せる。
くすぐったそうに笑みを浮かべると、レスティンは自分もまたベドラザに体をつけた。

221 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:44 ID:???
「ねえベドラザ」
 彼女が自分の名を呼んだ事に反応し、ベドラザは喉を鳴らす。
「明日の朝一番にここから逃げるのだそうよ。王都に向かうと言ってたわ」
 独りごちるように呟く彼女の声に、まるで聞き耳を立てるかのような顔をしたベドラザは、続きを促すかのように彼
女の顔を見つめる。
 顔を向けたとき、ベドラザの体が少し動いてそれに釣られるように、ベドラザの体を支えていた藁がかすかな音を立
てた。
「でも王都もアムデスの軍に囲まれてるとも言うし・・・。私怖い。ここから出られても、王都が既になくなってるか
もと思ってしまう」
 そう言うと、彼女はしんみりと視線を藁に移す。
ベドラザは不思議そうな顔をして、そんな彼女を見やる。
なんで、そんな事を思ったりするのか、とでも言いたげな顔だった。

222 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:45 ID:???
「・・・そんな事ないのにね。おかしいよね」
そう言って、レスティンは自分自身に苦笑するかのように口元に笑みを浮かべる。
 ふと気配を感じたレスティンは、竜舎の入り口を見た。
 視線の先には誰かの姿があり、その先の誰かもまた竜舎に人の気配を感じたようだった。
「・・・誰かいるの?」
 口を開いたのは、同時だった。
見事にハモった事で互いに驚く。
 レスティンは立ち上がって入口まで近づき、向こうもまた蝋燭の明かりがゆれる竜舎の中を進む。

223 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:45 ID:???
「あら・・・、貴女はディーンさんね?」
 その言葉に、向こうもまたあった事があるように感じて、思い出しているようだった。
「そう、私はディーンよ。えぇと、貴女は確か」
「えと、鉄の船の上でお会いした事があります。レスティンって言います」
 レスティンが軽く笑んで会釈をすると、ディーンもまた釣られて会釈をする。
「こんな言い方したら、失礼なのだろうけど。・・・あの異邦の人達と一緒にいるエルフって珍しかったから覚えてた
んです」
 その言葉にディーンは困ったように笑う。
「そうね、確かに異邦人と一緒にいるのって、自分で言うのもなんだけど、珍しいと思うわ」

224 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:58 ID:???
 ディーンはそう言いつつ、周囲を見回す。
「明日の事が気になってたから、こんなとこまで歩いてたのだけど・・・。貴女はこんな所で何をしてたの?」
「ええ、明日の事が気になって、それで一人でいたら、不安になったの。・・・だから」
 言葉を濁したレスティンに、自分にも何か心当たりがあるのか、ディーンは同意する。
「たしかにね。不安にならない方がおかしいわね。無事に王都につけるかどうか、判らないもの」
「ディーンさんも不安なの?」
「不安じゃないって言ったら嘘になっちゃう」

225 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 03:59 ID:???
 そう言って、いたずらっぽく笑った。
「不安になるのは仕方ないわ。自分だって、ホントはこうすべきなのだろうか、なんて思ったりするし。・・・でも、
結局は自分のやれる事をやるしかないから、ね?」
 その言葉にレスティンは、少し考え頷いた。
「そうですね、つまりはそういう事なんですね。自分のやれる事をやるしかないんだ」
「そういう事」
 レスティンは少し安堵したかのように息を吐くと、小さく握りこぶしを作り自分に言い聞かせる。
「うん。明日はみんなの為に、自分の出来る事をするわ」
「それでいいと思うわ」
 2人は互いの顔を見合わせると、どちらからとなく忍び笑いがでたのだった。

226 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/14 04:01 ID:???
 今回の更新は以上です。
もう少し、脱出前夜のエピソードが続きます(w

227 :名無し三等兵:04/05/14 10:14 ID:???
>>205
わざわざ歌でなくても、ピンガー打てば問題ないかと。
あるいは大音量で軍艦マーチ。

228 :名無し三等兵:04/05/14 10:37 ID:???
外野からで申し訳ない。
一度「黙る」って言ったのなら黙るのが男の人だと思うけど…。
ナントかも乾かぬうちに…って思ったので。

229 :名無し三等兵:04/05/14 13:27 ID:???
お前等、乙ぐらい言えよ。マナーだろ。

>226
乙。

230 :名無し三等兵:04/05/14 14:58 ID:???
乙、定期的なSS投下は善い。

>>228
あからさまな煽りに釣られるのが小官だからあきらめろ。

231 :名無し三等兵:04/05/14 15:05 ID:???
>>230

232 :名無し三等兵:04/05/14 15:06 ID:???
>>226 乙

>>205
ハートマン軍曹にマイクを持たせよう!

233 :名無し三等兵:04/05/14 16:18 ID:???
>>226


>>232
いかにして犠牲者を血祭りに上げるかって状況を「短歌」で詠んでくるので、
それに適切な返歌を返さないと襲ってくるという、なんとも平安なモンスター
だったら、どうするよ?

234 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/14 16:21 ID:???
>233
そこで、国文科卒の自衛官登場ですよ。

235 :名無し三等兵:04/05/14 16:23 ID:???
ネタとしては面白いけど、それを作品に出来る職人はこのスレにいないと思われる。
もちろん、漏れも含めて。

236 :名無し三等兵:04/05/14 18:40 ID:???
まあ単独では主題にならない小ネタもSSへ取り入れられた事もあるし。

237 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/14 19:01 ID:???
その1

「貴様の柔らかい腹に短剣を突き刺して抉ってやろう、切り裂いてやろう、腸を引きずり出してやろう、自らの血と糞便の中で溺れ死なせてやろう、さあ、恐怖におののくがいい〜♪」
「それがどうした、このフニャ○○の○○カス野郎、さっさと○○○○○○」

魔物が吐く呪われた陰惨な歌をさえぎり、短く言い放つ。冷凍庫のような冷たい、そしてサーベルのような鋭い視線で刺す。
大の男すら恐れる海の魔物が歌う声が途切れ、魔物たちは怯えた目をWACに向けるとすごすごと元来た海へ引き返していった。

「………」
「おお!退散してゆく! たった一言で! 信じられない」
「歌ってもいないし一言しか返していなのに何で…!? まさかあの女性は到達者級の高位魔術師!?」

「…男たちのなかで普段生活してるWACに言われたら大抵の奴はひるむよなあ」
あの目で睨まれたら叶わない。 それを嫌というほど身に染みて憶え込まされている1士は心の中でだけ呟いた。

238 :名無し三等兵:04/05/14 19:04 ID:???
乙。
書けんじゃん。こういうの。
なかなか良いと思う。

239 :名無し三等兵:04/05/14 19:09 ID:???
分家で小官殿が書いた物の対抗?

240 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/14 19:11 ID:???
その2

「生き血おば 人より絞り 抜け殻を 砕きて啜り 宴開かん」

「吸うならば 貴様こそのを 縊り殺 甲板をを 血にて洗わん」

「我が腕 人の子ごとき 儚くも 微塵に砕き 肉塊とせん」

「我が武器は 雷火の如く 轟きて 醜き頭 血の花咲かせん」

もう40分ばかりこの応酬は続けられている。
風流なのか殺伐なのかよくわからない雰囲気があたりを支配していた。
勝敗がどうなるかと緊張した面持ちで成り行きを見守っているのは船乗りたちと他の自衛官だけで、
戦っている魔物と1曹の二人だけは扇など扇ぎつつ汗一つかいていない。
いや、双方とも心の内面では必死の攻防を繰り広げているのだろう。
それを微塵も感じさせないあたりが、雅な歌人の心意気というものである。

241 :名無し三等兵:04/05/14 19:19 ID:???
乙。
この場合って負けた方がその通りの死に方をすんのかな?
だとしたら必死だな。歌人。

でも、魔物が逃げるだけだったら不公平極まりない勝負だな。
さっさと打ち殺した方がいいんじゃ無いか?

242 :名無し三等兵:04/05/14 20:08 ID:???
みんなバレーボール見てんかな………

243 :名無し三等兵:04/05/14 20:56 ID:???
1944年6月6日。アメリカ、イギリス連合軍はヨーロッパにおけるナチス・ドイツ軍の侵攻を食い止めるべく
北フランス、ノルマンディー半島において大規模な上陸作戦を敢行した!

ザザーン!上陸用意!30秒前だ!いいか上陸したら散開しろ!ザーン!一人よりザーン!五人の方が狙われる!うえ
っぷ!ザーン!おえー。よーし!いいか、ハッチを空けるぞ!ガラララララ突撃ー!ガララララー!キュィーン!
ドガガガガガガガガッ! うわぐわバシュズババうわおうあうぶしゅうひゃうががどががが飛び込めー!どがが!
早く飛び込めドガギャ!うわざぷーん!ジュポッザバガガガガガバシュカキカシュン!あ、あれにバシュガシュ!
ドガドガガガガガうわドガガぎゃ!あれに隠れろ!ドガガあれは戦車の進行をズガガ止めるための障害物だ!ガガガ!
カキンカキンチュイーンドガどがどがきゅあグワッシャーンドガガぎゃーなんとかしてくださいこのままじゃ全滅ド
ガガぎゃっんヴぁががうあ あぎゃずぼばしゃガガガガガガぐわうおうわ衛生兵!ババババババンドガガガガガガガ
ぐわぎゃどががががががー衛生へっどきゅぐあわどが がががずがぶしゅみちぃじゅうどどがどがびしゅんざっぷ
ざっぷざっぷがががちゅいん馬鹿!何を隠れている!ガガガガ早く突撃しろ!ドガガぎゃうん!バババ!たすけぎゃ!
何をいってるんです!ドガガ!チュインうぎゃ!ここから出たら蜂の巣にされてしまいます!ドガバババババ!うガ!
後続隊のためにババババ道を空けるんだ!チュイーン!戦車は!?戦車はまだなんですか!?ドガドガガガガッドガ
バババ戦車は途中で沈んだ!ドガガッガガババ!われわれの力だけでバババッシュ!ここを突破するんだ!バババガ
あの砂丘まで走れバババッババババガガガガガンガンガンちゅいーんドッガーン!あそこは機関銃の死角だ!バババ
ババババババガガガジュガドーンうわぎゃバババぎゃああババ散開して走れぎゃドガガガッガバババンバンガがふっ

というレスを見つけた。

なんと言うか………前衛的だ。

244 :名無し三等兵:04/05/14 21:00 ID:???
どうせ勝ったら勝ったで、負けたら負けたでアレなんだから。明日の彼の国の報道見りゃ(以下省略


245 :名無し三等兵:04/05/14 21:15 ID:???
>>243
ああ…変な方の谷【追悼】

246 :名無し三等兵:04/05/14 21:53 ID:???
ちょいと筒井康隆テイストだね。

247 :名無し三等兵:04/05/15 02:25 ID:???
小ネタ。

以前、召喚魔法そのものに翻訳魔法が組み込まれてるとかいうのがあったが、
その副作用で、人名など固有名詞が全部和風に翻訳されてしまう。

ヲタSEAL氏の例でいうと、
1.現地人の名前が
エステル→星子 ソフィー→智恵 etc.
※エステル:ラテン語のstella(星)が語源らしい。
  ソフィー:ギリシャ語のsophia(知恵)が語源らしい。

2.さらに、在日外国人の名前も適宜翻訳されてしまう
ヴィンス・ベッカー中尉→「糧屋 征(かてや ただし)中尉」
※ヴィンス(Vince)=ヴィンセント(Vincent)=(ラテン語由来)征服すること
  ベッカー(Becker)=(古英語由来で)パン屋 パン=糧(西洋での慣用表現)

3.さらにさらに、国内の学術文献にもその影響が及び、
相対論の教科書には「一石 輝貴(かずいし てるき)」という名前が散見されるようになる。
※一石=Einstein=「一つの石」
  輝貴=Albert=(古ドイツ語)「高貴な輝き」

しかし、いずれも強引な翻訳なので、日本人の感性からすれば「?」というような名前ばっかりになる。
たとえば、高貴で勇猛な武人系の騎士の名前が「薔薇雄」とか。

ちなみに、「アルフレッド」などの「アルフ〜」系の名前の由来は「エルフ」だそうだ。

248 :名無し三等兵:04/05/15 07:01 ID:???
>>247
そこはかとなく新巻鮭風味。

249 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/15 10:59 ID:???

 僕達は2重に取り残された。日本にも、友軍にも。僕は神は信じない。でも祈りたくは為る。
夢なら、醒めてくれと。連隊長がいくら謝って呉れても、足りない気がするのは…僕だけだろう。

 「総統閣下がトチ狂う前に、社会の理想を見たのが『戦場』だ! …勝利と云う目的のために、
  各人が己の果すべき責務を担い、一心にただ、戦う! あらゆる階層から志願した兵士がだ!
  一致団結するその姿は、例う物無き美しさを誇る! ただ、間違えたのはな…! 」
 「…負けると解っていても、遣らねばならぬ! 皇道派の日本人しかり、本物の右翼ってのは
  こう、なんかヒロイックな自意識に被れてるんですよ! 最後に割を食うのが巻き込まれた
  人間なんです! 終わらせる事も考えて初弾発射して下さい! 坂崎班長! 」

 義を見てせざるは勇無きなり。勇有る者は必ず仁有り。文句は言っても、僕はこの人の生き様が
好きだ。どんな馬鹿を次は見せてくれるのか? どんな事を矢弾飛び交う中で語って呉れるのか?
 僕は、西 大輔。西2士と散々班長にからかわれ、鍛えられた。WACの駆け足の隊列にワザと
くっ付いて、『さあ、良く覚えとけよお前ら! 娑婆には無い、いいケツだろ? な? 』に始まり
『夜中に便所で射撃する奴! 弾倉空に為ったら明日がキツいぞ! 』等…娑婆ではとても聞くに
耐えない卑猥かつ猥褻な表現が…新教入りたての、当時の僕等の緊張をほぐしてくれた。

250 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/15 11:01 ID:???

 「どうせ死ぬなら美しく! ってグロ否定じゃ無いぞ? 生き方って奴だ! 」
 「…ドン・キホーテが常人のアロンソ・キハーノに戻って死んだ様にですか! 」
 「馬鹿! シラノの様に、『誰にも汚されぬ心意気』を持って、さ! 死体を壊せても、
  俺達の信じた理想、気高き魂は汚せは出来ん! 綺麗なまんまあの世に持っていく! 」
 「フーゾク通い『だけ』の達人が今更何を言うんです! …聞きましたよ? 本当の事…」
 「ばれたか…女の子とご歓談してただけだ。誰かの支えに、為りたかっただけさ…」
 
 人間には2通り有る。『馬鹿な人間』と、『馬鹿になれる人間』だ。僕は坂崎班長は前者だと
ばかり思っていた。だが…言動と中身は違うと思い知らされた。こんな状況でも、班長は平然と
している。…ハッキリ云って、僕達特科中隊の全滅は近い。移動速度と踏破能力に難が有り過ぎた
のだ。しかし、坂崎班長は笑っていた。聞けば、『アイツが助けに来てくれるさ』と言っていた。
 アイツ。僕の知っている人は…既に死んだと聞いていた。坂崎班長は僕にだけ、言ってくれた。

 「ホントにアイツが死んだなら、真っ先に俺に報告に来る筈だ。新教前期の班長と教え子の絆ってのはな、
  結構、濃いんだぜ? 西陸曹候補生よぉ? だから、俺は信じない。アイツは生きている。必ずな? 」

 敵が眼前に迫る中、僕達は静かに着剣した後に、また撃ち続ける。僕達の名は残るだろうかと思いながら。

251 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/15 11:10 ID:???
漢字が…有ると多くは書き込め無いモノだ。だから、こうなった。許せ。…全てはひとつに繋がるのだ。

252 :名無し三等兵:04/05/15 17:27 ID:???
>>251
小官殿、ちょっとこれの行間を読んでみていただけますか?
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Brush/4033/natsumi-step/index.html


253 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/15 18:38 ID:???
スマンが回線がナローな物で画像データはキツイ。悪いが希望に沿えぬ。点検準備なのでな。

254 :名無し三等兵:04/05/15 19:29 ID:???
話の腰を折るようですみませんが、書き手募集中。

―――そして、かれらは目を覚ました。孤島に集められた100人の男女達。
理由も状況も分からないまま、彼らは殺し合いを強制される。
生き残れるのは、わずかに二人。その枠を賭け、ある者は殺し、ある者は殺される。
「では、諸君らの健闘を祈る」
―――ゲームが、始まった。

葉鍵キャラによるバトルロワイヤルのリレーSSスレです。ルールを守り、楽しんで行きましょう。

現行の感想&議論スレ葉鍵ロワイヤル2の2
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1084410609/

葉鍵ロワイヤル2
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/leaf/1082654282/

255 :名無し三等兵:04/05/15 19:56 ID:???
ダメですな。
まず、キャラが固定されてるから。
オリキャラのみなら書ける。

256 :254:04/05/15 20:09 ID:???
残念。

257 :名無し三等兵:04/05/15 20:26 ID:???
>>254
鍵系BR書いてるやつにでも頼め。

258 :名無し三等兵:04/05/15 20:27 ID:???
>>253
まあ、機会があったらと言うことで。

259 :いつかの123:04/05/15 21:16 ID:???
ttp://sus3041.web.infoseek.co.jp/

材料(SUS304)で引っ張ったら出てきた
既出だったら・・・オコッチャイヤン

260 :名無し三等兵:04/05/15 22:12 ID:???
>254
さっさと帰れ、この葉鍵板の恥さらしが。

261 :254:04/05/15 22:50 ID:???
>260
何が恥なのか理解できない。
このスレに投稿されるSSが好きなので、向こうでSSを書いてくれないかなー、と甘っちょろい考えで書き込んだだけ。

262 :名無し三等兵:04/05/15 22:55 ID:???
>>261
すまない! スレをよく読んでくれないか!

263 :260=日雇いSS下級小隊指揮官:04/05/15 23:11 ID:???
>261
向こうでのコテを使って言わせてもらうがな、少しくらい空気読めこのタコ助。
確かに軍板住人で葉鍵板住人な奴もいるだろうけどよ、それだったら向こうで探すのが筋だろうが。
なんでよりによってこのスレなんだよ。来るなよ。ブラウザアンインストールしてHDD側溝に投げ込んで電柱に突撃してあっち側に召されて来い。
というかお前魔(ryだろう。帰れよ。

264 :名無し三等兵:04/05/15 23:18 ID:???
射撃中止、射撃中止!

265 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/15 23:24 ID:???
誰が誰ですと?


266 :名無し三等兵:04/05/15 23:53 ID:???
>>259
123氏おひさです

>>263
ちょっともちついて!

267 :254:04/05/16 00:00 ID:???
魔(ry氏とは別人です。
ちなみに、2ちゃんはどこでも見られる携帯で見てる。

268 :名無し三等兵:04/05/16 00:06 ID:???
>254
結論として、このスレで協力者が出る事は有り得ないので他で探して下さい。
エロパロ板辺りで見つかりそうだと思うが。

269 :254:04/05/16 00:30 ID:???
了解。

270 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/16 01:49 ID:???
 その前に・・・はかぎ板ってなんですか?
それから、既にキャラが存在する話は書きにくいのですが・・・・。
オリジナルなら書けるのですが。``r(・_・;) ポリポリ

271 :260:04/05/16 01:56 ID:???
>270
忘れたほうが身のためです。いや冗談じゃなく。

272 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/16 01:57 ID:???
 ほむ、了解。
ではこれより、一切無視します(w



273 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 04:39 ID:???
 …リーフはなぁ…大昔の学生時代、友人の評価が高かった東鳩前後ぐらいしか知らん。
シナリオ担当? の超先生お亡くなりの騒ぎは小官の元キャラ出身板で騒がれていたのは
知っている。鍵の方は…正直、解らん。いや、存在は知っているが、タイトルと概要だけだな?
 喧嘩は売らんぞ? …あの板住人を敵に廻したらそれこそガクブルものだからな。ウム。
以上、概論だ。リーフはAVG製作メーカー、鍵はkey、AVGのゲームタイトルだ。
AVGは、アドベンチャーゲームの略。内容は…まあ、コンシューマー版が有ると言えば、
解るだろう。以上、解説終わり。…布教活動も良いが…ココが何処だか忘れずにな?
 小官の評価は…作中主人公の性格に感情移入出来るかどうかだろう。その点がキモだね。

274 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 04:55 ID:???
 ここで、野暮を書くぞ? 許せよ?

 キャラ固定SSほど、作者に取って演り難く、また演り甲斐のあるSSはそう、無い。
 独特の『縛り』がキツ過ぎるのだ。読み手は元ネタキャラを本当に『愛して』いるので、
下手な事を喋らせたり、キャラに合わない行動を取らせたりすると…怒涛の突っ込みが
入るのだ。コイツに耐えるSS作者は、実は少ない。悪くするとこき下ろし以上だ。
 小官も実はキャラSSを書いた事が有る。突っ込みにビクビク震えながら書く心細さは、
書き手のレベルアップを促してくれる事だろう。意欲が有るなら、演って見ると良い。
 カツコバヤシ張りのムカつく突っ込みが入る事も覚悟せよ。心の中ではヤザン召喚だが。

 キャラSSは書き手に『蛙の面に小便』的な根性が無いと潰れてしまう。それを忘れるな。

275 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 05:41 ID:???
…そう云えばSS書く時のBGMを誰かが聞いていたな?

『アレ』執筆の時だけ殺伐回避のために、玉置浩二ベスト等を已む無く聴いた。
 選曲は『田園』、『正義の味方』、『MR.LONELY』、『ルーキー』、
『JUNKLAND』『メロディ』。あと上条恒彦の『だれかが風の中で』、
ベン・E・キングの『STAND BY ME』をエンドレスで流し続けた。

…その効果は…有るのだろうかは…小官本人は、解らん。どうだろうか?

276 :名無し三等兵:04/05/16 06:26 ID:???
BGMの効果は、書き手がそれなりに乗れればあったのではないかと。
ノイズに感じていればなかった、聞いていた記憶がなければ書くことに
集中できたという事だと思いますよ。

既存のキャラと世界観を用いてを書くのは難しいですよね。
まずは他人の作った物を自分なりに消化しなければならない、書き手
に回ったときに絶望的に不足する部分を、行間から読み取って補足
しなければならない。
そこまでやって初めて、自身の筆力を発揮するって段階になりますからね。
出版されているノベライズ物のどれほどが、そこまでに至らずただの書き取り
に終始してるやら。
自分は他者が書いたキャラは、本質的に別のキャラであると認識してます。
そう考えないと楽しめたものではない。


277 :名無し三等兵:04/05/16 06:47 ID:???
マッドニュースの音源聞きながらだと筆が乗る。

ところで誰か、岸和田だんじり祭りの歌とか持ってる人はいないだろうか………

278 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 12:28 ID:???
持っては居ない。スマヌ。
殺伐モノ書く時は、ベートーベンのピアノソナタ、『月光』に『悲愴』だな。
あと『加古隆』の『映像の世紀サウンドトラック完全版』から『パリは燃えているか』等。
ジャズバージョンやピアノソロバージョン等、各種アレンジ版が入っているのでお買い得。
…もう一つの奴も勿論持っているが…最初からコッチにしておけば間違い無い。質は完全に
前者の方が上だと思う、と宣伝になったので止め。あとはタンゴ。ピアソラ聴いたりする。以上。

279 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 12:35 ID:???
 …音楽隊のSSなんぞ、誰か書かんか? 
小官が書いたら『栄誉礼』や『行進曲』ネタしか書けん気がする。
小官ギャンブルは余り詳しく無いが、『お馬さん競走』のファンファーレの
演奏は、自衛隊が担当する事が有ると聞いた。そこら辺から膨らませられんか?
 だがな…ベースギターやキーボードなんて『意味無く』登場させた瞬間は…
解っているな? 諸君? だが、納得出来る前振りが有るなら、認める。以上。

280 :名無し三等兵:04/05/16 13:01 ID:qh35tYwl
音楽隊モノなら演奏用の空砲で敵兵の士気を下げるのはってのはどうです?

281 :名無し三等兵:04/05/16 13:28 ID:???
『JUNKLAND』 作詞:玉置浩二・須藤 晃 / 作曲:玉置浩二

どっち いく? どっち? いこう…
ほら今日も ポンコツ車のエンジン全開にして 目の前の道ならいつもデコボコ 
雨が降って来たって行くしかない 月と星と太陽と それと君連れて
シートはギシギシ喚き ミラーもなくって くねくね曲がった坂を 登ろう 
僕のスピードは誰も帰ることができない どんな風が吹いたって 負けるわけない
待ってる人のその前で 泣いてる人のその前で 困ってる人のその前で 迷ってる人のその前で 
笑ってる人のその前で 祈ってる人のその前で 遊んでる人のその前で 愛してる人のその前で 
大丈夫だよって言いたくて 一緒にグラグラんなって
 
ほら今日も ポンコツ車の窓を全開にして さびついてた車輪はいつもガタガタ
破れちまった 旗でも高くかかげ 月と星と太陽と それとネコ連れて
後輪タイヤがひとつパンクしちゃって ぎざぎざ欠けてくハートを あわせて
僕のスピードじゃ何も変えることができない どんな風が吹いたって 負けるわけない 
待ってる人のその前で 泣いてる人のその前で 困ってる人のその前で 迷ってる人のその前で 
笑ってる人のその前で 祈ってる人のその前で 遊んでる人のその前で 愛してる人のその前で 
心配ないって言いたくて こんなボロボロのまんまで

(抱きしめたい)

ガラクタだけど (君を君を) wow 心を込めて (抱きしめたい) 昔のように (僕と僕と) 僕と暮らそう
ガラクタだけど (君を君を 抱きしめて) wow 心を込めて (僕と僕とkissをして)
緑の丘で (二人で 二人で) 二人で暮らそう
ガラクタだけど (愛して 愛して 愛して) wow 心を込めて (君を愛してる)
昔に見たもの (大好き 大好きな) そう ジャンクランドで
ガラクタたちと 限りなく青い大空 そう ジャンクランドで

無断で歌詞転載。著作権違反ハケーン! じゃなくて、深読みした僕のいいたいことは一つでつ!
もしかしてSSのヒロイン、すでに確定でつか? このジャンクランドってF世界って深読みのしすぎでつか?

282 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 13:34 ID:???
儀礼用の空砲は…各部隊の管轄の筈だ。惜しいが却下だ。音楽隊はマーチングバンドだからな?

馬鹿者め! 著作権違反確定! …と言うより捜してきた努力は認める。まだ決めて居ない。
ゲーム方式採用して実験的に複数エンディングやったら多分…小官今度こそ大非難だろうな。
ルーキーの方の歌詞はもっと泣けるのに、コイツを選んだ貴君にあざとさを感じるのは…きっと気のせいだな?

283 :名無し三等兵:04/05/16 13:56 ID:???
 はやっ! 早イッすミス・・・いえ、なんでもありませむ・・・。僕は本命にイピョーゥでつ。
で、前に転載した歌詞でつが・・・「帰る」→「変える」っス! 間違えて鬱でつ・・・。

『ルーキー』 作詞・作曲・編曲:玉置浩二

手を伸ばせば届きそうな星よ ひとつ ひとつ そっと輝いて 
数え切れない程の悲しみを ひとつ ひとつグッと抱きしめて
なんだって精一杯やってる君を 見てると何でだろう涙・・・こぼれる 
倒れそうだって這いつくばってだって 君のためならいつだって飛んでゆく

歩き回った道の上についた ひとつひとつの小さな足跡は
曲がりくねったり立ち止まっていたり ひとつひとつがみんな泥だらけ
なんだって頑張ってやっていたあの頃 想うと何でだろう胸が熱くなる
そうやってどうにかやってきたんだから 君のためなら僕だってまだやれる

なんだって精一杯やっていた君を 想うとと何でだろう涙・・・こぼれる 
倒れそうだって這いつくばってだって 泥んこになったって空を見上げて
なんだって頑張ってやっている姿を 見てると何でだろう胸が痛くなる
うまくいかんっくたってなんとかなるさって 君のためならいつだって笑ってよう 笑ってよう

284 :名無し三等兵:04/05/16 15:41 ID:???
>281>283
詳しくは知らんが、歌詞の転載は非常にマズイんじゃないのか?
スレごと削除されても文句言えなくなるぞ

285 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 17:07 ID:???
…ジャスラックが黙っては居ないだろう。定期的に巡回していればの話だが、ね。

 知的財産権と云うのは微妙な問題でも有る。放って置けばコピーに本物が駆逐される。
本物が売れねば、コピーだけが氾濫しオリジナルを作ろうとする熱意までもが失われる。
 この理屈は、あらゆる分野に於いて成り立つ。安く手に入れられるのは個人に取っては
利点だろう。だが、長期的な視野に立って見ると…味わうべき新鮮な感動に出会う機会を
自ら潰しているに過ぎんのだ、と柄にも無く小官が、一般論を述べて見るぞ?
まあ、人間は大量生産さえ神の意志に基づくとしたのだ。問題の解決法は必ず、有る。
退席する。では、な?

286 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/16 17:20 ID:???
 あ、でもCCCDだけはカンベンな? あれはとても弁護できんし、する気も無い。では、な。

287 :名無し三等兵:04/05/16 17:54 ID:???
>>285
これとか?
http://www.flexplay.com/dvds.html
空気に触れると2,3日で読めなくなるDVD
これならレンタル並みの価格で売れる。

ごみが増えるとかで抗議されてるらしいが、個人的にそういうやつらは逝ってよし認定。

288 :名無し三等兵:04/05/16 19:03 ID:???
CCCD……ドライブやリッピングするソフトによって読めたり読めなかったり……アフォかとバカかと。

289 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/16 19:13 ID:???
葉鍵は二次創作でしか知らないのでなんとも…ですが。
自分が聞いている曲はMIDI音源で制作したオリジナル曲を公開しているサイトからDLしてきたものが多いです。
アマチュアの作曲した曲の中にはかなり良いのも多いですよ。
自分の作品に似合いそうな曲を探すのも結構楽しいです。

>音楽隊のSSなんぞ、誰か書かんか?
自分高校時代吹奏楽部だったのに音楽関連の事は全く素人以下…真面目にやってなかったし。
でも一応トランペット吹けるのですよ。 しかし楽譜は読めない、と。
チクショウ、F世界に召喚された音楽科隊員が地元民との交流を深めるために演奏会開いて、行進曲じゃ硬い気がするからポップスを演奏しよう、なんてネタは思い浮かんだのに…
関係ないけど吹奏楽部の先輩が自衛隊入隊したんだけど今何しているんだろう。

290 :名無し三等兵:04/05/16 19:21 ID:???
>>289
>音楽科隊員が地元民との交流を深めるために演奏会
いいな。
自衛隊員と地元民の交流てやっぱこういう人的支援が主なんだろうか?

291 :名無し三等兵:04/05/16 19:23 ID:???
>289
待ってろ!!確か、過去に音楽を使ったSSがあった。

292 :名無し三等兵:04/05/16 19:26 ID:???
165 名前:名無し三等兵 :04/01/26 11:38 ID:???
第九のビデオを見ながら思った事。

舞台設定。
異世界の魔法が、音の周波数の組み合わせによって構成されているものとする。(必ずしも言葉である必要はない)

自衛隊幹部は友好の一環として、帝国魔導学会のVIPを大晦日恒例の第九コンサートに招待した。
会場のお客にVIPを紹介した後、指揮者が入場。つつがなく演奏が始まる。

荘厳に響く管弦楽器達。
その迫力に満足している様子の学会のVIP、しかし曲が刻まれるにつれ段々と顔色が変わる。
「・・・なんということだ・・・」
その顔は蒼白だか、目はキラキラと輝き少年のようだ。
周りの自衛隊幹部は喜んでいるものと思い、そのまま曲に集中する。

交響曲はまもなく歌に入る。神の祝福を歌った歓喜の歌。4人の歌手とバックコーラスの大合唱にホールの熱気は最高潮に。
ふと、自衛隊幹部はVIPの方に視線を向けると、彼は号泣していた。
「・・・ここに、こんな所に私の長年の夢がアルトは・・・こんな完璧な呪文公式は初めてだ・・・」
狼狽する自衛隊幹部をしり目に、VIPは食い入る様に第九演奏に聞き入っていた。

後日、帝国では月一の教会ミサで第九をアレンジした「祝福の歌」なるものが演奏される様になり、
訪れた礼拝者達に神の御姿と心身の浄化を得て、とても幸せな気分を与えたと言う。
それを聞き、自衛隊幹部は「第九ってそんな効果があったんだ〜」と、大晦日に恒例になった意味を何となく理解した。

293 :名無し三等兵:04/05/16 19:28 ID:???
169 名前:名無し三等兵 :04/01/26 11:54 ID:???
>>165
もう一つ。

昨日友達になった、ダークエルフのE君に古着をあげる為、自宅に呼んだB子さん。
自宅につくとコンポの電源を入れ、お気に入りの椎名林檎のCDをかける。
始めは落ち着かない雰囲気だったE君も、曲を聞くにつれ落ち着いて来たようだ。

が、異変は2曲目に流れて来た「歌舞伎町の女」が始まった途端に起こった。

ガタン!!という音に驚いてB子は、リビングに振り向いた。
そこにはふんどし一丁で仁王立ちするE君。目はうつろでなにやらぶつぶつと呟いている。
「そうか、初めからそのつもりだったんだね。僕も、初めてあった時から・・・」
といいながら、じりじりと接近してくるE君。その異様なプレッシャーに、思わず引いてしまうB子。
「責任、とってもらうよ」
臭い立つ肉体美と、無駄に潤んだ瞳に陥落したB子。
で、出会って2日で契りを結び、なんだかんだで夫婦ぜんざい。

後から聞くと、「歌舞伎町の女」には女性エルフが異性を誘う時に奏でる旋律に瓜二つで、
発情機会が一生に数回しかないエルフに取って、これはあがらう事が出来ないそうだ。
これと同じ事例は日本各地で起こっている事らしい。
おかげで、大陸に渡る女性が後を立たないらしい。

---------------------------------------------
こっちは自衛隊関係ねえな。F世界と現代社会のコラボって感じだ。

294 :名無し三等兵:04/05/16 19:29 ID:???
録音されると歌の魔力を奪われてあの銀色の円盤に封じ込められる!
との迷信が流行るセイレーン一族。

なお、彼女らは声量の関係上ことごとく森久美子体形。

295 :名無し三等兵:04/05/16 19:47 ID:???
>>293
曲名、歌舞伎町の女王じゃないのか?

296 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/16 20:54 ID:???
今さらながら余計な事。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/980925381/ より
11 :フルメタルパニック :2001/02/01(木) 01:37
「いいか,名無し。俺はコテハンだ。この状況では,板がそろって
 健全になる方法はない。君のスレッドだけまともにするのさえ難しい。
 これは事実なんだ」
「事実? 貴方が一人で決めつけた事実じゃない」
彼女の声に,わずかな怒気がこもった。
「しかし――」
「駄んなさい!」
目の覚めるようなAAを浴びて,コテハンは呆然とした。
「この長文カキコの中,ずっと考えてきたけど……
 ようやく気持ちがまとまったわ」
前置きをしてから,彼女は大きく息を吸い込んで
「コテハン君,あなたはやっぱりただの荒らしよ」
きっぱりと指摘した。
「板を健全にする,という名目で長文カキコしてるけど,なんか忘れてない?
 なにか非っ〜〜〜常に大切なこと見落としていると思うんだけど。
 わかる? わかんないでしょ。それはアンタがネクラでヒッキーだからよ。
 いい? コテハンの正論なんか,誰も読みたくなんかないのよ。
 皆が読みたいのはネタなの,雑談なの,馬鹿話なのよ」

これまでのこのスレにおける全ての問題に対する回答な気がした。
では以後何事も無かったかのようにネタ雑談馬鹿話をお楽しみください…

297 :名無し三等兵:04/05/16 21:00 ID:???
まあ、これで自戒したと言うところで手打ちにしようか。

つーか、最近レス少ないな。

298 :名無し三等兵:04/05/16 21:05 ID:???
彡    ビュウウウ…
          彡
  彡       
        .∧ ∧   
       ヾ(,,`Д´)
        人つゝ 人,,
      Yノ人 ノ ノノゞ⌒〜ゞ
    .  ノ /ミ|\、    ノノ ( 彡
     `⌒  .U~U`ヾ    丿       ,,


299 :名無し三等兵:04/05/16 21:08 ID:???
あれだけ荒れれば人が減るのもおかしくない。結構あの時期は嫌気が差したからね。
まぁ、もう一度賑わすには幾つかSSが投入されないとダメでしょうね、と言う訳でSS投下希望。

300 :名無し三等兵:04/05/16 21:09 ID:???
   ┃  ・・                   ・   ┃
   ┣━   ━╋  ━╋  ━╋     ┃
   ┃     ┏┫  ┏┫  ┏┫  ━━┛
                    . . .,.,.,.,:,:,:,:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           . . .,.,.,.,:,:,:,:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ミミ:、                         r‐, ===;ユ,{{  . . .,.,.,.,:,:,:,:,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ミ、                     _t‐iェ'ェェ‐ェi:iェ ェ‐ェ______.,.,.,.,:,:,:,:,:::::::::::::::::::
    ,彡          ,r―‐、   r¬''''"´ ̄ ̄ ̄ ̄:| ̄ ̄ヾヾヾヾ:,:l`'l(,)__)`| . .,.,.,.,:,:,:,:,:::::::
   ‐  (二二二二二(__(二二| :|i  ̄ ̄ ̄ [,,]|ヾヾヾ_ヾ:,_|__|__il匚|__!_,!     .,.,.,.,:,:
   `ヾ、           _,,. 、、 -‐'ー'――――――¬''''"´―¬'''''"""´i'三三三三三三i'
  ,,彡           /ii´l ̄l ̄l ̄l`!: ̄ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄:| ̄ ̄ ̄二iニニi  //iニニi
 ,彡"            `i;`ー; '―'―'‐'-、、,,__,,、、-‐-、、,,__,,、、-―¬i'''"i三'、',__', // ::',__',
´                ゙':、´ :'´,`: :'´,`: :'´,`: :'´,`: :'´,`: :'´,`: :'´,`:ゞ/:三:/|__|-―-::|__|
                  `:、'、.゙,ノ '、.゙,ノ '、.゙,ノ '、.゙,ノ '、.゙,ノ '、.゙,ノ '、.゙,/爰/;;;;;;;/爰/
                   `~~~^~~~~~゙~~~~~~`~~~~~~゙~~~~^~~~~~´~~~~~~~~´


301 :名無し三等兵:04/05/16 21:11 ID:???
      ┃  ・・             ・  ┃:::::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
      ┣━    ━╋        ┃  . . : .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
      ┃      ┏┫     ━━┛      . . : .:.:.::::::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:;:;:;:;:;:
               (:::    :::)     :::`!      . . : .:.:.::::::::::::::::::::::::;:;:;:;:
         .  ,r::⌒:: ・ ‐ 、 "   :::) ::ノ 。       . . : .:.:.::::::::::::::::::::::
            (::  。::)::  :::)  .  ''  ::ヽ ・         . . : .:.:.::::::::::::::
           .ゞ:: :::ノ :::゜   ::::: 。 /・ ::) /          . . : .:.:.:::::::
           (::  ::) ・   :::ヽ   //::ヽ' 。             . . : .:.:.:
         ・ \ .::  (:: 。 :::ソ   :::ノ ::) ´
        。  ヾ   ゜(:::   :::):::  :::゜)  :::´・  .
        _Atttttttttttt、----、三三'r‐tttュ>>―'y----、
        | ̄ttttttttttti゙ヾ二`ヽOi、>>>>>>>>iOi´ヾ二`ヽ
        ヽ____!_ソi゙三`i'>y、>>>>>>、y、>yi´三`i゙
         ヘ,;!vyyyyyλ/ 三 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄// 三 /
         ヘ.! ! ! ! ! ! ;/ 三 /`ー―v―――'';/ 三 /
       ^^^^'`''゙'゙''゙'゙'゙'゙''''''''''''゙     `''゙'゙''゙'゙'゙'゙''''''''''''゙


302 :名無し三等兵:04/05/16 21:19 ID:???
もう萌えでも戦いでもいいから投下してください
ただしグロいのはかんべんな。

303 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/16 21:38 ID:???
もう少し、もう少しだけ待って…
くそう、ここで突っ込み入ると予測されるから適当な屁理屈で誤魔化し…もといハッタリかまして…
ああまた矛盾点見つけたなんでこのときこういう行動取るかが辻褄合わないしかといってここでこいつ切れてくれないと話が進まないし
なにか、なにか資料無いか…もうこうなったらラノベでもコミックでもヴェルヌでもアシモフでもいいから科学的考察資料無いのか…
量子力学なんてシュレディンガーの猫以外わかんないよでもそれは読むほうも同じなのかならなんとかインチキ考察でだめだ小官はごまかせないかもしれない
科学考察が参考元ラノベから丸写しになりかけてるどうにかアレンジしないとでも組成とか化学式なんて変えようがないしどうしたら
畜生政治の事なんてわかんないから銀英伝からパクリでいいやついでにアルスラーン戦記から引用をああだめだこれだと外交で突込みが入る
ギャアなんかこれだと萌えっていうより電波だしぴぴるぴだしまた突っ込みっていうよりラノベ厨カエレって入りそうだし修正を…
だめだつまらんまた世界観設定から練り直しかよ!


全然進んでません。

304 :名無し三等兵:04/05/16 21:43 ID:???
>>303
あの…自衛隊も……出てくるんですよね?
それに諸設定で悩んでいるならそれをネタとして投下しる。

305 :名無し三等兵:04/05/16 21:46 ID:???
宮廷魔術師のファイアボールはジェットヘリに命中させることが出来るの?

306 :名無し三等兵:04/05/16 21:51 ID:???
できん、射線が一直線だし。
熱誘導ってわけじゃないし。
スピードだって必要だし。

307 :名無し三等兵:04/05/16 21:51 ID:???
接近する熱源を探知→回避行動 で中らんのでは?
追尾なんぞする日にゃぁFFARをプレゼントですよ。

308 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/16 21:57 ID:???
>304
自衛隊のほうはさらに滅茶苦茶なのでなんとも…
突っ込みのかわしようが無いのでもう諦めて間違ったまま行きます。

中でも一番滅茶苦茶な部分
富士総合火力演習で突然部隊丸ごと行方不明
数ヵ月後、基地祭で部隊丸ごと行方不明
さらに数週間後、駐屯地施設丸ごと行方不明
さらにさらに数日後、中東に派遣していた輸送艦と護衛艦とイージス艦行方不明

で、時間差で召喚が行なわれるけどF世界に出現するのは何故か皆同時。
そして召喚直後の戦いで半分くらい死亡。
弾薬不足の問題は死んだ隊員の分を回収してこれに充て…
複数の部隊が召喚される事による指揮系統の問題は幹部連中が特定の部隊の幹部を残して殆ど戦死者の列に並ぶ事で再編しやすく…
突っ込み入りまくりと予想されます。 こんな事を考える自分の思考そのものがネタ…

309 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/16 22:00 ID:???
>305〜307
ブラックホークダウン。

310 :名無し三等兵:04/05/16 22:03 ID:???
F世界、ソマリア化。

311 :名無し三等兵:04/05/16 22:08 ID:???
>>308
補給、大丈夫かな…。

312 :名無し三等兵:04/05/16 22:14 ID:???
>>305
ヘリが飛行中と書いてないのは罠か?罠なんだな!

313 :羅漢:04/05/16 22:15 ID:???
久々にSS投下します。
(前に投下しようとしたら別の話題で盛り上がっていて
投下しにくかったもので)
これまでの展開は前スレを参照してください。
ではまいります。

314 :羅漢:04/05/16 22:16 ID:???
南部教官の憂鬱な日々

(18)

南部は少し迷った。これが何かの罠であればそれはこの路地の奥にある可能性が高い。
果たしてSIGだけで対応できるだろうか?
南部は腹を決めた。既に罠に嵌っている状態だ。へたな撤退をすれば追撃される可能性が高い。
逆に罠に気がついていることを気取られずにそれを突破口にしよう。
南部は腹をくくって再度前進を再開した。

曲がり角にきた。南部は背中を壁にもたれかけ、銃を構えいつでも飛び出せる体勢を作った。
後方の隊員にはすでに音のことを筆記で伝えてあり、こちらもスコップを腰だめの構えで構えている。
確か柔剣道がよい成績だったはずだから、遅れをとることはないだろう。
南部は後ろの隊員に向けてタイミングをとるために指を3本立てた
『3』
指を折る
『2』
さらに折る
『1!』
南部は上半身を被弾面積を最低にするに壁から出して、銃を路地の曲がり先に突き出した。
そこにあったのは・・・


315 :でんべえ:04/05/16 22:17 ID:???
(19)

「・・・えーと?」
思わず声がでてしまった。
曲がり角の先には何もなかった。
いや、もちろん瓦礫などは落ちているのだが、南部が予想していたアンブッシュなどがないのである。
そもそも人の気配がない。
『考えすぎだったか?』
路地の先は、瓦礫の被害者捜索のときと同様に崩れていた。特に何かおかしい点は見受けられない。
おかしな気配というのはやはり気のせいだったのだろうか?
瓦礫を踏んでも音がしないのは、実は隊員全員が耳の病気にかかったのか?
『なんせふぁんたじーだからな』
南部は少し気がぬけた。あれこれ考えすぎて先走ったか?

後で考えると、
もし、直前に瓦礫をブーツで踏んでも音が出ないことに気がついていなかったら、
きっと「それ」には反応できなかっただろう。



316 :羅漢:04/05/16 22:19 ID:???
>315
ありゃ、別のコテハンになっちゃった。

(20)
「?」
「戻るぞ」と声をかけようとしたときにまず一緒に来た隊員が先に気がついた。
「班長、枝が・・・」
「ん?」
路地の奥の方で瓦礫の枝が折れていた。それ以外に表現のしようがない。何本も折れていてる。
それだけなら問題ない。折れた枝など珍しくもなんともない。
二人が呆気にとられたのは、それが目の前で何も乗っていないのに
折れていて、それが段々こっちに近づいている点だ。

何で勝手に折れる?→折れる音がしない? 
→折れる姿が見えない→敵が見えない
『見えない敵!』
南部の頭に電撃のようなインスピレーションが走った。

「敵襲!!」
南部は叫ぶと、前方に向けてSIGを3連射した。狙いもへったくれもない。
折れた枝の位置から推測しただけだ(当てずっぽうとも言う)。
『!?』
今度は地面にちょうど誰かが走っているかのように砂埃が舞っている。
何なんだあれは?
その距離7m。
今度は砂埃の位置から何者かの移動位置を未来予想して8連射する。
南部は自分が訓練どおり残弾数をカウントしながら射撃していたことに内心驚いていた。
自分が思っていたよりもずっと冷静だった。
パッパッと跳弾の跡が次々と左右の壁に刻まれるのを見ながら、訓練ってのはたいしたもんだ
と他人事のように考えていた。



317 :名無し三等兵:04/05/16 22:42 ID:???
     ♪  Å
   ♪   / \
      ヽ(゚∀゚)ノ SSだわ〜ぃ
         (  へ)  
          く
       ‖ ‖ ‖   
       ‖ ‖ ‖   
            
   _________
  |_         |
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |  \〜〜〜〜〜〜\
  \   \          \
    \   \          \
     \  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       \|_______|



318 :名無し三等兵:04/05/16 22:46 ID:???
     .__
     /__|__
    /_了`Д´)ゞ 乙でありますっ!
     (|〆/|  
    /|  ̄ |  
      ∪ ∪

319 :祝砲・SSキター!:04/05/16 22:48 ID:???

             ┃ ・・   ━━╋   ・   ┃
             ┣━    ┏━┫      ┃
             ┃      ┃  ┃   ━━┛

               ':::;,            .::::゙
                ':::,,    ..  .  .、:::`
                 ''彡〃    ヾ::ミ`゙
                      ノ  |: | 、`
                      |: |
                      |: |
                      |: |
                       .l´`l
                        |tュ!
                      ,_|ti_,i´`i__,|_,
                     /i_i ̄`i ̄ ̄ i_i\
                    /' ゙̄|| _',―‐ュr―:',
                   ,/、__,|i,____,,||_,i_',
                   |: ̄:|  ̄ ̄ ̄ ̄ |: ̄:|
                   |t‐ュo:|   ====   |:ot‐ュ|              .:
::..            i:王:i |:   i+i  :| i:王:i           ..:::::
::::::::...        .i:圭:i `ー―――'゙ i:圭:i      ...:::::::::::
 ̄ ̄ ̄~ ̄ ゙̄ ̄ ̄ ̄^ ̄`~~´ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄`~~´ ̄ ̄~ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄ ̄` ̄ ̄



320 :名無し三等兵:04/05/16 23:05 ID:???
>>274
そのわりにはその辺がケンチャナヨなSSが溢れてるわけですが。
通称U-1とか。




321 :名無し三等兵:04/05/16 23:08 ID:???
>>303
過去ログやWikiの考察を参考にされてはいかがでしょうか?
科学関連については…こちらなどいかがでしょうか。
http://science2.2ch.net/



322 :名無し三等兵:04/05/16 23:09 ID:???
間違えましたこっちです。
http://ch2.ath.cx/load/science2.html

323 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/16 23:22 ID:???
>>322
サンクス。

324 :羅漢:04/05/16 23:30 ID:???
連続アクセス規制に引っかかってしまった・・・。

(21)
「!!」
突如、目の前の空間が歪んだ気がした。
事件の後で路地入り口で待機していたバックアップの人間に聞いたところ、
その瞬間路地全体の空気が歪んだように見えたそうだが、
その時点の南部にはそこまで考える余裕はない。
突如目の前にグレー地に小さな赤い模様の布が出現して、南部に向かって突進してきたからだ。
『敵?』
そう気がついたかもしれないし、もっと本能的な反応だったのかもしれない。
それは南部自身にも思い出せない。
重要なのは、自分の腰くらいの高さの位置にキラリと光るものが目に入ったことだ。
『刃物か!?』
実際には思考よりも先に体が動いていた気がする。
落ち着いて考えれば、相手がいきなり低い体勢になったため、
SIGで狙いを付け直す暇がないと判断したためだろうが、
南部の体は脳の検討→指令のシーケンスを飛び越えて、右足を軸に体を3/4回転して捌いていた。
後ろの部下がとっさにシャベルを突き出す。
ギーン!!
やや鈍い金属音と同時に、南部の腹に重い一撃がきた。
『なんだ!?』
部下のシャベルを刃物で受けたのは見た気がしたが、その後がわからない。
明らかに徒手の間合いではない。
打撃そのものは十分耐えられる威力だったが、意表をつかれた南部はそのまま後ろに転がった。
視界の端でシャベルを取り落としながら後ろに倒れる部下の姿が見えたが、
何があったかを把握する余裕はなかった。
グレーの風が二人が元いた場所を通り過ぎる。


325 :羅漢:04/05/16 23:35 ID:???
(22)

「・・っ!」
南部とて伊達に格技教官をやっているわけではない。受身から即座に体を起こすとSIGを向けていた。
が、敵は更に早い。
『いない?』
正面には驚きながらもすでにスコップを構えなおしている部下の姿。
しかし、その視線は敵を求めて泳いでいる。この狭い空間で、二人は一瞬グレーの布を見失った。
『この暗い路地裏のどこへ?』
「上!上です班長!!」
路地の入り口からの声。
バサッ!
何かが空気を押しのけて落ちてくる音。
バックアップの隊員の声に、南部は無意識のうちにSIGに両手を添えて顔の前に突き出していた。
ガシャ!!
相手の刃物を反射的にSIGで押さえたが、向こうはむしろそれが目的だったらしく、
そのまま銃身の上を刃を滑らせてきた。咄嗟に左手を引く南部。
が、そのまま「グレーの布」は反対の手で一瞬南部の握る力が緩んだSIGを引っ掛けると
路地の奥の方へ飛ばしてしまった。
『うまいな!』
今の払いにかかった力は微々たるものだ。力ではなく、技でSIGを奪われたのだ。
南部は、知らない武道の精妙な技を見せられたとき(または自分がかけられたとき)に感じる
歓喜に似た驚きを感じた。
銃を持つ手を片手にさせたフェイントの(しかし、手を引かなければ確実に指を切られていた)斬撃と、
合気道にも似た、人体の構造を利用した銃を払う角度と、
一瞬の気抜きの瞬間を利用したタイミング。
南部に素直にうまいと思わせるこれらをミックスした動作。
南部にも似たようなことはできるが、こんな命のやりとりの最中に拳銃をもった相手に対してできる自信は
なかった。それをこの相手はやっている。


326 :羅漢:04/05/16 23:40 ID:???
(23)

南部は自分の中の「スイッチ」が入ったのを意識した。漫画的に言えば「格闘モード」に入っている。
顔の筋肉が引きつるのを感じた。
『俺は笑っているのか?』
さっきまでは先手を取られていて体の条件反射だけで動いていたが、「スイッチ」が入ったことで
初めて相手の気配を読む体勢にはいった。自分の手の甲を相手に向ける構えをとる。
手首の動脈や腱を切られないためだ。後の先をとる程度ではこの相手には通用しない。
先の先をとらなくては生き残れない。
シャッ!!
空気を切り裂く刃物の音。完全に首の頚動脈狙いの刺突。
力みもブレもない、動脈に傷をつけることしか考えていない素晴らしい右の突き込みだ。
背筋が冷えるのを感じながら、南部は僅かに膝を折ることで体勢を沈めてかわす。
大きく避けては反撃できない。南部の体に染込ませた繰り返しの練習の賜物だ。
そのまま空振りした相手の右手を押さえようとするが、向こうの右腕の戻りも早い。
ほぼ同じ軌道で刃物が戻っていく。南部は押さえにいった腕を引き戻す。
汗が背中を伝わる。
危うく押さえようとした右手を刃物ですっぱりと持っていかれるところだった。
無論南部に背中の汗を気にするような余裕はないし、「グレーの布」もそんな余裕を与える気はない。
右の刃物が戻るのと同時に同じ軌跡で左の刃物が、今度は斜めに切り裂く軌道で南部に迫る。
だが、これは動きが鈍い上に体が泳いで前に出ている。何よりさっきほどの速さがない。
南部は大きく路地の奥に飛んでかわした瞬間に、路地手前方向からスコップが鋭く突き出される。
攻撃が鈍ったのは部下の必殺のスコップ突きこみに気がついたからで、
体が流れたのではなく、それを捌くためだったのか。
南部が引いたのは、視界の端にその突きこみを捉えたからだが、
敵も南部同様にそれに気がついていた。
周りの状況をちゃんと把握しながら戦っている。
『こいつ、乱戦に慣れていやがる』


327 :羅漢:04/05/16 23:44 ID:???
(23)

「グレーの布」がスコップの一撃をかわすと、体が片足が一瞬消えて人の肉を打つ鈍い音が聞こえた。
部下がカウンターの蹴りをもらったのだろう。南部はそう考えながら路地の奥に
飛ばされていたSIGに飛びつき、振り向きざま銃を構える。
部下のおかげで貴重な一瞬が稼げた。
「動くな!!」
「グレーの布」の動きがピタリと止まる。
距離は4m。仮にさっきの術を使ったとしても、この距離では逃げられまい。
 「班長!」
バックアップの隊員達が走ってくる音が聞こえる。
SIGをつきつけながら、南部は「グレーの布」に怒鳴った。
「動くな! 言葉はわかるか? わからなくてもこいつの威力はわかるだろう」
『SIGの残弾が1発なのがばれていませんように』と思いつつ、初めて襲撃者をまじまじと観察した。
グレーの布はポンチョのようなマントで、その上にはおそらく人の顔があった。
ただし、顔にも布を巻いていて表情はわからない。こちらを睨み付けているようだが、
顔の布と日光の関係でその色も表情もわからない。
両手に刃物を持って突き出して構えている。殺気満々だが動きは止まっている。
マントの赤い模様は、実は血だと気がついた。その模様は少しづつ大きくなっている。
「とりあえず、銃は効くようだな・・・」
南部の頭に「異世界の住人」という言葉があったので、ついそんな台詞を吐いてしまった。
少なくとも、ハットリくんでもない限り姿を消す隠形の術を使う奴が日本人だとは考えにくい。
『奴の動きは止めた。次は何とか武装を解除しないと・・・』
南部がそう考えたとき、「グレーの布」が動いた。


328 :羅漢:04/05/16 23:52 ID:???
(24)

『む?』
刃物を構えていた腕を下ろしたのだ。一緒に殺気も消えている。
南部は戸惑った。投降する気か?
キーン、カラカラ
「グレーの布」の両手から刃物が落ちる。その音の大きさに思わず視線を落ちた刃物にやる。
その刹那!!
 ブワッ!
グレーのマントが南部の上部視界一杯に広がった!
「うおっ!」 PAM!
不覚にも南部は声を上げながら、思わず自分の上空を漂うグレーのマントに最後の一発を発砲した。
マントはそのまま南部の顔に絡みついてくる。
南部は左手でマントを払いつつ、スライドの下がったSIGを捨てて勘で右正拳を放った。
と、同時に足元から掬い上げられるような感覚、重力を失った感覚、
そして体がすごい勢いで壁にぶつかる感覚が連続で南部の五感を襲った。
最初のが足元からタックルをくらい、次のがそのまま持ち上げられ、
最後のは地面に投げつけられたのだと気がついたのは、
目の前にあったシャベルを引っつかみ横殴りに全力で振り回したときだった。
軽い手ごたえがった。が、浅い?


329 :羅漢:04/05/16 23:59 ID:???
(25)
「くっ!」
その瞬間、路地全体に突風が吹き、南部は飛ばされそうになった。
南部は何とか這いつくばって飛ばされるのを防いだが、そうでない者もいた。
「!!」
南部は驚愕した。
「グレーの布」はまるで風に飛ばされるビニールのように、
軽やかに崩れた土砂を飛び越していったのだ。
ガッ!
瓦礫が飛んできて南部の額に当たった。飛ばされないように伏せていたため避けられなかったのだ。
トップに耐えつつ、「グレーの布」の後ろ姿が額からの血で赤くなっていくのを南部は見守るしかなかった。

結局南部の班は「グレーの布」の追跡に失敗した。
突風が納まるまで動けず、風が納まったのは「グレーの布」が完全に逃げ去った後だった。
あの突風は「グレーの布」が脱出のために起こしたのだろうか?と南部は考えた。
どうやったかはわからないが、タイミングを考えるとそうとしか考えられない。
南部は右手の覆面用の布を眺めていた。
「グレーの布」のタックルをもらったときに咄嗟に引き剥がしたものだ。
左手には奴に振るったシャベルがある。先がほんの少し黒ずんでいる。
十分な手ごたえはなかったが、わずかにかすったらしい。
『何だったんだろう?』
突風で飛ぶときにちらりと見えてあの正体。
もう一度自問した。
『何だったんだろう? あの女は?』


330 :羅漢:04/05/17 00:00 ID:???
本日はここまででございます。

ストックを全部放出したので、続きはしばらく後になります。
お目汚しでございました。

331 :名無し三等兵:04/05/17 00:05 ID:???
     ♪  Å
   ♪   / \
      ヽ(゚∀゚)ノ 大量だわ〜ぃ
         (  へ)  
          く
       ‖ ‖ ‖   
       ‖ ‖ ‖   
            
   _________
  |_         |
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |  \〜〜〜〜〜〜\
  \   \          \
    \   \          \
     \  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       \|_______|

以降は、ああいう手合いは問答無用で即射殺になるわけですか?
いや、むしろ警察と違ってそれが自然なんですが。



332 :羅漢:04/05/17 00:18 ID:???
>>331
>以降は、ああいう手合いは問答無用で即射殺になるわけですか?
>いや、むしろ警察と違ってそれが自然なんですが。

私の脳内設定では、この時点では転移の直後のため、自衛隊の扱いは
やや混乱しています。
一応武装のレベルはちょっぴり上がることになりますが、
焼け石に水といったところでしょうか。

#当初予定していた本編部分に当たる話にまだ入れない・・・。
あと少しなんだけど。

333 :あぼん用ワード→ ◆kHht33XO1s :04/05/17 03:55 ID:???
>>303遅レス
とりあえず投下して、各方面の突込みを受け、それを元に書き直してくてのはどうか?
まずは>>308に関する装備やら継戦能力のツッコミ(>>311など)からだな。
ちなみに「物理化学」で少しばかり齧ったので量子力学については少しばかり分かるぞ。
・・・といっても、せいぜい調和振動子や水素の電子のエネルギー順位を求められる程度。
#ちなみに素粒子物理学関連やら超弦理論なんかはブルーバックス程度の知識しか無い。

まあ分家もそれなりに(?)賑ってるみたいだから、議論厨ウゼーとか言われる前に
「魔術師の世界観を徹底的に考察するスレ」でも立ててそっちに専門知識を披露したくて
うずうずしてる連中を引き連れて移動するか、最低限の軍事・政治考察だけして
異次元科学の考証はすっぱり諦めて、文字通り「ファンタジー」に徹するか、だな。
個人的にはスレタイとの兼ね合いからも、後者を推奨する。この場合、幻想要素の
定性的要素は物語中で経験的に学び、定量的要素は最後まで分からない、となるが。

ちなみに俺の知ってる限りの量子力学。カギ括弧で括った部分の用語は検索用キーワード
なので、ぐぐってみれ。理解するための数学的ハードルは高いけどね。
1.全ての物質(光子から弾丸まで含む)のあらゆる物理情報は「波動関数」に秘められる。
  量子力学は、項目2,3の方法で波動関数から物理情報を引き出そうというもの。
2.波動関数から物理情報を引き出すのは (演算子)(波動関数)=(定数)(同じ波動関数)
  で求められる「固有値問題」である。引き出したい物理情報毎に(演算子)が決まっていて、
  それに合致する(波動関数)と(定数=固有値)を求めるのが量子力学の仕事。波動関数
  は無数に存在するが、物理的制約と数学的制約により、ある程度絞り込むことが出来る。
3.波動関数が決まっていて、それが項目2にある式によって固有値が求まらない場合、
  面倒くさい積分計算をして、欲しい物理情報の平均値を求める。不確定性原理もこの辺
  が関係あるらしい。
4.まずは、「シュレディンガー音頭」でも踊って興味を持つことが最重要項目。

334 :名無し三等兵:04/05/17 03:58 ID:???
二、三日、閑散としてたから、もういないんじゃないの?

335 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 04:08 ID:???
悪いが投下開始だ。…整列要領だ。ファンタジーの欠片も無い。許せ。

336 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 04:11 ID:???
「起っきろよ起きろよ点呼だ急げっ、起っきろよ起きろよ点呼だ急げぇ〜っと! 総員起床! 」

 小川三曹が起床ラッパに合わせて歌い、叫ぶ。皆、飛び起き、ズボン、半長靴の順に履き、作業帽
と弾帯を引っ掴み、上着のジッパーを上げながら走る。起床は0630だ。それから5分間で寄宿舎前に
全員出て来なければ…最初からやり直しだ。何と全部脱がせて起床から始めさせる。それがルールだ。

 「ほらほらァ! 俺より遅い奴はお前、間に合わんぞ! 下りろ下りろ! ハリ、ハァリィ〜」

 小川が全員の最後尾から勢子よろしく追い立てる。実は将棋倒しに為らないよう、監視しているのだ
が、生徒は未だにその優しさを知らず…罰則をもたらす恐怖の対象としての役割しか認識して居ない。
全速力で候補生達が寄宿舎前広場に駆けて来て、集合する。有る程度形が揃ってはいるが…整頓せねば
『集合した』とは看做されないのだ。だから、総務が号令を掛けて、候補生隊を整列させる。

 「右へェ、倣え! …直れ! 」

 先ず総務が整列させる。片手間隔だ。基準は最右翼の最前列の一名だ。『倣え』で、最右翼列の者達を
除き、右に首を向ける。そして、最左翼列の者達を除き、同時に左腕を水平に真横に上げ、肩に触れる
か触れないかの距離を調節する。列が若干斜めに為りがちなので、左に並ぶ者達は気を付けねば乱れる。
また、2つ前の者の頭が見えない様、前後にも留意せねば為らない。大体最右翼の者が右手を真直ぐ前
に突き出し、間隔を取る。右翼列は結構忙しいのだ。列を作る際は、指定が無ければ身長順に並ぶのが
基本だ。だから…最右翼列は背が高い。ちなみに総務の立ち位置は基準の右に、片手間隔だ。

337 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 04:14 ID:???
 
 「番号、始め! 」「123456、1欠! 」

 『番号』で、右端の者を除く最前列の者が一斉に右を向く。『始め』の号令で力一杯叫んでゆくのだ。
ここで流れる様に進んで行かない、とちる、声が小さい、等に為ると…『番号やり直し! 』と号令を
飛ばされる。今日は…上手く行ったようだ。最後の『1欠』は、最左翼列最後尾の者が叫ぶ。この場合、
全員60名の1列10名で整列しているが、総務のマニュ・アーメイが列中より抜けているので最左翼
は9名。つまり、1名欠けている。だから「1欠」で有る。これが2名、3名に為ると…「2欠」「3欠」
と叫ばねば為らない。前日に各員の健康状態を把握しておかねば、これをミスする羽目に為る。背の小さい
者もなかなか大変なのだ。…まあ、総務がもっと気の毒なのがこの後で有る。…助教への報告が待っている。

 「マニュ・アーメイ以下60名、事故無し、現在員…」
 「敬礼はどうした! 総務! 報告からやり直せ! 」

 山田の叱責が飛ぶ。壇上で助教が報告を受けるのだが、列の指揮者は必ず報告をする前に敬礼を行い、
直ってから行わねば為らない。マニュは焦る余りにそれを忘れたのだった。急いで敬礼し、直る。

 「マニュ・アーメイ以下60名、事故無し! 現在員60名! 集合終わり! 」

 そして、また敬礼し、閉じる。受礼者が腕を下ろすまで、敬礼した者は腕を降ろしてはいけないのだ。
ちなみにマニュはそれで2回、小川三曹に引っ掛けられた。そしてその責任は…候補生全員で取る事に
なったのだ。その理由は…

338 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 04:19 ID:???

 「おはよう、魔導士候補生諸官! 」
 「おはようございます! 」
 「集合完了まで9分30秒…まあ、10分は切れたが、約束の9分にはまだ遠いな? 魔導士候補生、
  斜め右向けェー、右! その場に腕立て伏せの姿勢をとれぃ! 」
 「1、2! 」
 「今日は30回! 基準から声を出して行け! 始め! 」

 当然、助教たる小川も山田も、腕立て伏せの姿勢を取っている。飽くまで、教える者も責任を取って
いるとの覚悟からの行動だ。助教でコレを弁えない奴は…陸上自衛官たる資質を疑わざるを得ない。 

 「1! 」
 「1!(全体)」

 こうして、段々と緊急事態に対処出来る様、彼らは慣れて行くのだ。朝っぱらからこの調子だから、
気を抜く所は全然、無い。もし抜くとすれば…座学こと魔導の授業だ。しかし、これはこれでまた気が
抜けない。助教は甘いが教官がもう…容赦が無い。御蔭で治療士の戦乙女の人気が上がってたりする
のは御愛嬌だ。…さらには榊2尉以下3名が後ろでじっと生徒を座って見ているのだから始末が悪い。
 だが、生徒達はこの環境に慣れて行くのだった。基本的な能力が高い分、適応能力も高かった。

339 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 04:21 ID:???
投下終了。ああ、『直れ』で、元の『気をつけ』の姿勢に戻ると解釈してくれ。では、お休み、諸君。

340 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/17 10:21 ID:???
 おや、整列ですか。
自分は以前警備会社にいたんですけど(働いてたのは一年ちょっと)、整列時の点呼が違うことが
面白いです。
 警備会社じゃあ、「欠」と「満」しか使いませんでしたね。
「満」は全員がそろっている時で、「欠」は一人かけてる時に使うぐらいでしたが。


 え?
どこで、そんな整列するのかって?
「競馬場」での警備時の朝の集合時です(w

341 :名無し三等兵:04/05/17 17:44 ID:???
>>340
>自分は以前警備会社にいたんですけど
是非その経験を生かしてF世界に進出した警備会社(と称する民間軍事会社)のSSキボン

342 :名無し三等兵:04/05/17 17:49 ID:???
>>341
でも化け猫は勘弁な。

343 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 18:38 ID:???
ジ○ブ○ネタは素人サンには解らんよ。
付き合ってる玄人さんさえストーリー背景がまだ解らんと云う者が居る位だ。
悪いがSS投下だ。エ○ゲ臭かろうが何だろうが、演りたいテーマが有る限り、
小官は…とカッコ良く行きたいが…多分非難されたらこっそり泣いていたりする。

344 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 18:43 ID:???

 「さあ、皆、此処で停まれ! これより妾の授業を開始する! 列を崩してその場に折り敷け! 」

 魔導の授業は、今回は『実技』だ。従って、野外で行われる。晴天の中、なんと『カラミティ教官』
が遮光物も無しで歩いている。…トラウマは完全に払拭出来たらしい。…生徒達の後ろで黙って歩く
山田に手さえ振ってしまう溌剌さは…流石に頂けない。榊2尉が咳払いでたしなめると、露骨に舌打ち
してそっぽを向く。…子供っぽいと言えばそれまでだが。『少女』も付いて来ている。これは冷やかし
兼、護衛だ。生徒達の防護魔導では防げない程の魔導を『教官』が気まぐれに放ったりするので、助教
のキリャム一人では対応しきれない。そこで白羽の矢が立った。で、もう一人は…有る意味必須である。
防護魔導で防ぎきれぬ時が日に三度四度あったりする。云わば事後処理のための人員、『戦乙女』だ。

 「総務、報告は省略じゃ。助教、魔導の展示を実施せよ…と言いたいところじゃが、今日は気分が良い」
 
 すかさず榊2尉の咳払いが入る。生徒を甘やかすな、と言いたいのがその顰め面で解る。…渋面をして
いても女生徒達から溜息が漏れるのは…? 小川3曹曰く『セクハラだよ、セクハラ』と云う事らしい。
自衛官三人の服装は89式鉄帽に防護ベストに迷彩服。小川は何と小銃と銃剣を持ち出して来ていた。小川
曰く、『教官には有効では無くとも、ま、警告代わりさ。何もなけりゃそれに越した事は無い』との言だ。
 何だかんだ言っても、『穴の心得』は忘れて居ないらしい。『常に最悪の事態に備え行動せよ』と云う
教えだ。山田も常に『剣鉈』を所持している。…これには別の理由がまた、あるのだが。榊2尉は、実は、
素手の方が本人にとって一番やり易かったりする。…『カラミティ教官』が無邪気にニッコリ笑う。
 この笑顔が曲者なのだ。キリャム助教と生徒達は『カラミティ教官』の言葉を不安と共に待っていた。

345 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 18:45 ID:???

 「山田助教、それからそこの! 前へ! 妾の命により、今回は戦技展示を行う! 」
 「…ヤァ! 準備良し! …小川、お前の銃と銃剣貸せ。先に言っとく。…壊したら、スマン」
 「あいよ。これで恨みっこ無しな。下手な手加減、しない方が良いぜ? 相手は何せ…」

 どういう理屈かは知らないが…既に彼の相手は『武装』していた。眩しき白銀の金属光沢を放つ鎧に
その身体を包み、右手に鑓を、腰に長剣を下げていた。彼女の背には光り輝く翼に似た光背が広がる。

 「…戦闘専門の『神』だ。俺もな…? いや、何でも無い。まっさかあの優しそうな腐女子がねぇ…?
  人は見かけに依らんモンだね、全く…。ああ、解った! 今出てくるなよ…ここは『帝国』なんだ! 」
 「小川? 急に後ろ向いて誰と喋ってる? 俺は此処に居るんだがな? 」
 「ああ、発作だ。気にするな。駐連でも弾薬庫歩哨が長くてな…? スマン、忘れてくれ」

 『少女』がニコニコ笑っている。何か感付いているらしいが…山田の脳裏には倒すべき『敵』の事で
それを問い質す余裕が無かった。それほどまでに…隙が無い。銃に弾薬が装填されていないのが、山田
は始めて、呪った。小川は弾倉を両手に持って目の前でブラブラさせている。当然…実弾入りだ。榊2尉
に鉄帽を小突かれ、小川は悶絶する。事前の注意抜きの行為は余程の事が無い限り、自衛官は行わないのだ。
 …実弾を扱う際の態度が全く為って居ない小川に業を煮やしての暴力行為だった。まあ、『穴』還りの
自衛官にしては、小川はまだ自衛官らしい自衛官ではあるのは、当の榊2尉も同じであるから『アレ位』で
済んでいる。私語を慎めと言われない事をいい事にざわめいていた生徒達に沈黙が下りてくる。場の雰囲気を
をようやく、感じ取ったのだ。風と、そよぐ木と草の葉だけが音を立てている。

346 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 18:47 ID:???
投下一時終了。で、『を』が2回続けたミス。コイツは頂けないな? 以上。

347 :名無し三等兵:04/05/17 19:50 ID:???
  .__
  /__|__
/_了`Д´)ゞ 乙でありますっ!

ところで『腐』の字はわざとでありますか?

348 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 19:56 ID:???
…今までの台詞回しから…解るだろう。故意だよ。
で、どんな展開にしたら良い?一応、どんな風にでも演れる自信は
まま、有るのだがね。お題は銃剣格闘・短剣道VS魔法・刀鑓術だ。
ただ…鑓止めの技が難しい。ウム。

349 :名無し三等兵:04/05/17 20:28 ID:???
ガチでVSしてコメでオトすのが常道でしょうが……
というかガチでやったら山田が普通にボコられそうな気がしないでもない
ここは奇を衒って全編エロコメディで逝くというのはどうでしょう?

350 :名無し三等兵:04/05/17 20:32 ID:???
白兵戦での有効な魔法の使い方あたりを希望します!!!!!!

351 :名無し三等兵:04/05/17 21:07 ID:???
>>348
こんばんは。小官殿。

352 :名無し三等兵:04/05/17 21:09 ID:???
>>348
     ♪  Å
   ♪   / \
      ヽ(゚∀゚)ノ SSだわ〜ぃ
         (  へ)  
          く
       ‖ ‖ ‖   
       ‖ ‖ ‖   
            
   _________
  |_         |
  |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |  \〜〜〜〜〜〜\
  \   \          \
    \   \          \
     \  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       \|_______|


353 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 21:23 ID:???
ああ、こんばんわ。途中だが、投下、行くぞ? 少し主人公解説入るが、許せ?

354 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 21:25 ID:???

 「退け! 不浄なる者よ! 我は戦神と我が名に於いて貴様を滅ぼす! 身を以てその罪を知るが良い! 」
 「俺を殺るだと? この俺をか? 面白い…。面白いぞ! …面白過ぎて笑いが停まらんぞ! 笑止! 」

 『その筋の趣味』を持つ人間が聞いたら『踏んで下さい! 』と哀願する事間違い無しの凛々しさと威厳に
溢れた台詞を聞いた瞬間、山田の顔が歪んだ。唇の両端が釣り上がり、白い歯を剥いて哂ったままに為る。
 ある種の凄みすら感じられるその鬼気迫る表情に陶然と為っているのが…教官2名だけだったりするが、
…キリャム助教と生徒達は眼前で始めて見る『生の敵の姿』の神々しさと威容にただ、圧倒されていた。

 「闇に滅せよ、卑小為る者め! 跪け! さすれば永遠の生を我が与えてやろう! 」
 「断る! 俺は人間だ! 人間賛歌は勇気の賛歌! 意味無き隷属など御免被るッ! 」

 戦乙女の空いた左手から、次々と神聖魔法を象徴する緑光が放たれて行く。それは正確に山田の居た位置の
地面を穿って行った。魔導は施術者がその場を『知覚』し『支配』しない限り、事象に変化をもたらせない。
だが、『請願の強さ』に起点を持つ神聖魔法はそのプロセス抜きで発動可能で有る。…つまり、回避手段が…
事実上、存在しない。それを避ける事の可能な『人間』は…事実上、『穴』出身者だけだ。出身者はそこで
人間としての大切な『心の中の何か』と引き換えにして…『力』を手に入れる者が大多数だった。

 「タァッ! ヤッ! タアッ! とぉぉっ!! 」
 「たかが短き生を生きる、人の子如きが賢しげにこうも振舞う! 許し難し! 」

 間合いに入り込んだ山田が、着剣した小銃による連続攻撃を繰り出す。最初に突き、かわされれば上方に
薙ぎ、それからまた切り下ろす。切り下ろした時点でカシン、と遊底が為る音がする。これが為らせるのは
格技徽章を持った『上級者』で無いと難しい。空の銃でそれをやり、空撃ち可能にするのが達人の証だ。
いま山田の遣う、六四式では、そうだ。…しかし山田の迷彩服の胸には、徽章関係は何一つ、無かった。

355 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 21:29 ID:???

 有名なレンジャー徽章も、射撃徽章も、格技徽章も、スキー徽章も、体力検定一級徽章も…何一つも無い。
所属部隊が、山田を放さなかったのだ。その資格を得るためには、体力検定徽章を除いて集合教育に参加を
しなくてはならない。と云う事は、所属する原隊から離れなくてはならなく為る。つまり…山田の代わりの
出来る人間がその部隊には誰一人として居ない証がそれだった。『無冠の帝王』。それが原隊での彼の綽名
だった。幹部と曹士の潤滑油、幹部の良き相談相手、曹士の不満を率先して上申する便利屋、何をやらせても
充分すぎる結果を出す…。『アイツが居なく為ったらその部隊は終わりだ』と言われ続けた男だった。

 「甘い、甘いぞ! 肉迫して我の鑓と『力』を封じた心算か! …滅べ! 闇の使徒め! 」
 「…っ!? グハぁッ…! 」

 戦乙女が、一瞬空いた山田の脇腹に左手を当て、神聖魔法を発動させる。『癒し』では無く『苦痛』を与える
効果を持つ魔法だ。そのダメージは内蔵を直接鷲掴みにされたに等しい効果を持つ。小川がしきりに頷いている。
『あれは物凄く痛いんだぞ? しかも尾を引く』と『実際喰らった事が有るかの様に』ワケ知り顔に呟いていた。
しかし、山田は苦痛の声を漏らしても…『笑顔』を崩さない。何事も無かったかの様に、間合いを保ち続けている。

 「…飽くまで引かぬか! ならば…! 」
 「引かぬ! 媚びぬ! 顧みぬ! 俺の任は、眼前の敵の殲滅っ、一事のみィ! 」

 何と山田の着剣小銃の切り下ろしは、神の武器を砕く。…言ってしまえばこの世界では『良く有る』事だった。
『有る理由で』根性と気合いの充分入った『人間』ならば、『運が良ければ』可能な場合がまま、有るのだ。
しかし…その六四式もただでは済まなかった。即座に戦乙女の空いた両手で放った緑光弾に依って鉄屑と化す。

356 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 21:31 ID:???
投下一時終了。ここで切る。今夜中に最後(夜会話)まで書こうか迷っている。

357 :名無し三等兵:04/05/17 21:41 ID:???
>>355
お疲れ様です。

358 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 21:54 ID:???
>357
メル欄読んだ。フン、と皮肉げに哂って済ませよ。多分に貴君にはその資格が有るだろう。
だが…最後まで演らせてくれ。頼む。小官からの、お、ね、が、い。(媚び媚び)

359 :名無し三等兵:04/05/17 21:57 ID:???
>>358
ウホッ! いい少官…

360 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/17 22:11 ID:???
>>359かいならや、の呪文を唱えると貴方の後ろに・・・うわ何をするやめ

SS投下乙であります!かみの武器を銃剣でばらすとは、漢仕様でありますな。
さて、この後は肉弾戦ですな。神はどういう格闘技を(ry

361 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 22:38 ID:???
で、続き投下。夜会話は…少ぉし長めに為りそうなヨカン。以上。

362 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 22:42 ID:???

 先に仕掛けたのは山田だった。腰の後ろの自作スキャバード(鞘)に納めた剣鉈を順手(サーベルグリップ)で
抜き、その柄頭で戦乙女の左鎖骨をその鎧ごと強打する。…異音と共にだらりと戦乙女の左腕が垂れ下がる。鎖骨
を折られると、その側の腕が肩から上に、人体構造上の理由と激痛で上げられなくなる。しかし、神聖魔法の効果
は伊達では無い。温かみの有る緑光が瞬時に傷を癒す。…対王国連合の、高位聖職者相手の白兵戦闘が忌避される
理由はここに有る。一撃で相手に致命的なダメージを与えない事には、相手が何度でも立ち上がって来るのだ。
 突然、山田の迷彩服のあちこちに血が滲み出す。戦乙女が神聖魔法で、山田の受けた古傷を一斉に開かせたのだ。
これは効く。さらに腹部に膝で打撃を、側頭部に拳槌で打撃を加える事を忘れない、戦乙女の徹底振りだ。

 「剣は…抜かせんッ! 」
 「あっ…! も、もう…やめて下さいっ! 山田さん! これは…訓…! 」
 「敵は倒すッ! それが兵士っ! それが俺に与えられた任務ッ! 」 

その全ての目的は戦乙女が剣を抜くための時間作りだと看破した山田は、痛みに堪えつつも体当たりを
敢行する。怯えながらも放たれる戦乙女の緑光に右腕を貫かれ、左肩を砕かれ、右太腿を裂かれ、
左脚を薙がれても疾走を止めない。戦乙女からは最早、当初の威厳すら漂わせた態度や言動が霧散し、
普段の『素』の彼女に戻っていた。それでも攻撃を止めないのは…山田の鬼気からもたらされる、
本能的な、根源的な恐怖からだろう。使命に燃えた人間は、どんな怪物よりも始末が悪いのだ。

363 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 22:49 ID:???
神聖攻撃魔法をその身体に受け続け、ベストが千切れ飛び、テッパチは脱げ、裂けた迷彩服と半長靴だけに為った
山田はそのまま戦乙女に肩口から体当たりする。その拍子に戦乙女の持っていた剣を、己の『身体』を貫かせて、
封じる。芝生の上に押し倒し、露出したその白い喉に歯を当て、噛んだ所で…山田は体を起こし、大音声で叫んだ。
山田のその顔はあの寒気すら覚える笑顔では無く、晴れやかで爽やかな、男らしい笑顔に戻っていた。

 「教官! 山田助教、これにて戦技展示を終了します! 敬礼は省略! 」
 「天晴れ山田! そうでなくては妾の山田では無いぞ! このままその者の首の血脈と気管を噛み切れば
  文句無しにそなたの勝利ぞ! …良くその程度で済んだものじゃな? もしや…あ奴、手加減したかの? 」
 「あのね? 突っ込んでいいかな? 戦争ってね、一対一じゃ無いんだけど? あえて無視してない? 貴女? 」
 「…妾に下らぬ文句を付ける前に、あの『世界に2人きり』の状態を壊しに行かんのか? 」
 「もうしばらく、あのままで…ね? たまには『ご褒美』あげるのも、教官の務めじゃないのかなぁ〜」
 「その理屈は解る。しかし…何故かアレを見ていると…無性に腹が立って仕方無い! 極めて不愉快じゃ! 」

 終に戦乙女の上に倒れ臥し、気絶した山田の頬を…戦乙女が、静かに涙を流しながら…ただ、優しく撫で続けている。
その様子は…まるで、若い母親が遊び疲れて眠ってしまった我が子をただ、慈しむ様な…そんな雰囲気を漂わせていた。

 「貴方は…馬鹿ですっ…。本当に…仕様の無い子っ…。でも…でも…そんな貴方がとても…私は…愛しい…」

 10分後、業を煮やした『カラミティ教官』によって、この二人が強制的に引き剥がされたのは言うまでも無い事実である。 

364 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 22:50 ID:???
投下終了。…ベタでスマン。夜会話予告。『神様は辛い』。以上。

365 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/17 23:07 ID:???
リアルタイム来たー!
しっかし戦闘シーン、めちゃめちゃ怖いですな。あっさり骨をへし折りますか。

366 :名無し三等兵:04/05/17 23:08 ID:???
>>363
(以前それに関していろいろ言っていたが。)国際結婚の夫婦より苦労が多そうだな。
理由は過去ログなわけだが。


367 :名無し三等兵:04/05/17 23:14 ID:???
半径5メートルまで接近しないと目視出来ない敵とかどーよ。
などとRTSプレイ中にアサシンに裏門占拠された負け犬がほざいてみるテスト。

368 :名無し三等兵:04/05/17 23:16 ID:???
>>367
何故、半径5メートルまで接近しないと目視出来ないのか説明できれば出してもいいわけですが。


369 :名無し三等兵:04/05/17 23:21 ID:???
>>368
アサシンだから、カリフの奴隷ラッシュとかサラディンのシミターラッシュとか食らってる時に同時にやられるから
城内に敵兵が侵入して大騒ぎなわけよ、赤ん坊抱えた女がアラビア弓に射殺されまくったわけよ。カリフに城内放火されたよ。
つまりさ、周囲の気配と一体化して存在が認識できない敵が登場してもいいんじゃないかと思うわけよ、
距離を詰めないと自衛隊とは勝負にならないんだし。
何故見えないかは、F世界に魔法ではなく気の概念持ち込めばOK

370 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 23:23 ID:???
う〜む、その『氣』ネタ、後に遣おうと思っているので、今回加われぬ。残念。

371 :名無し三等兵:04/05/17 23:24 ID:???
>>363
1つだけどうにも気になる点がある。


372 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/17 23:26 ID:???
>>369場合によっては5mどころか、5cmでも気付かないかも。
アサシンには確かに打ってつけですな。しかしやはりアサシン以上には
成り得ない能力でもありますが・・・全周警戒かまされたらどうしましょ?

373 :名無し三等兵:04/05/17 23:31 ID:???
>>369
人間の心理に詳しく、それを利用して周囲に溶け込むことに長けていると言うなら自分的にはOK。
まあ、あれだ。言わば潜伏中のテロリストみたいに。

気の概念とか魔法じゃどうにも安易に見える。


374 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 23:31 ID:???
 …愛玩動物では無い事は確かだ。多分『事をイタソウ』としようにも、死を覚悟せねばならんからな?
感極まって抱きつかれたり、キュッと締められりしただけでコロッと逝きかねんのやら、致せば吸い尽く
されて死確定やら、手を出せば多分『コワイお父様』に存在を消滅させられるやら、『錬金術』の完成形
男Ver.に手を出す勇気が有るか…(おっと、コレは向こう住人では無いな? )一応、縛りは入れて有る。


375 :名無し三等兵:04/05/17 23:32 ID:???
>>372
街中に爆弾でも仕掛けてかく乱するとか?

376 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/17 23:33 ID:???
>>370気、ですか。自分も宗教ネタをちょっと用意していたりして・・・

377 :名無し三等兵:04/05/17 23:34 ID:???
>>374
”彼らにとって山田君が”ですが。

378 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 23:36 ID:???
>376
まあ、互いにネタ温存しながら、雑談も愉しもう。小官の立場上、但し書きが付くがね。

379 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 23:38 ID:???
おお、そうか! すっかり的外れ! スマヌ!

380 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/17 23:40 ID:???
>>375やっぱテロリストコースですな。捜索部隊vsアサシンでもコストやら
なんやらの問題考えれば、ゲリコマみたいなもんでしょうし。

監視カメラは−ダメか。小官殿が否定された通り、機械には限界も故障もあるし、
第一そいつが「日本の中の誰か」とつるんだらアウトだし・・・

381 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 23:42 ID:???
まあ、作品の主張上、玩具や道具は御免だぜ! 的なノリで演らざるを得んからね。
だが、その本人が玩具にされっぱなしと言う現実に諧謔味を持たせたく…と、方法論書いても面白く無いな。

382 :名無し三等兵:04/05/17 23:49 ID:???
暗殺者教団とかいう怖い連中が実在したな、
標的に取り入って信頼を勝ち取ってそれから暗殺、自分も殺されるが気にしないとかいう連中。
奴らに火薬を与えたら手に負えないかもしれん

383 :名無し三等兵:04/05/17 23:55 ID:???
ヒューミント(Human Intelligence=人間を対象とした情報収集活動、いわゆるスパイ活動)
シギント(Signals Intelligence=通信傍受など信号を入手して読み取る活動)
エリント(Electronics Intelligence=電波情報の傍受や分析)、
イミント(Image Intelligence=画像による情報分析)

本土ならともかく、外地でまともに使えるのは今は軽視されてるヒューミントくらいしかない罠。
KC長の刑事さんがたにでもがんばってもらうしかないか。

384 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/17 23:57 ID:???
だから、『人は石垣、人は城』なのさ。人こそが、財産なのだって…奴隷制支持では無いぞ、小官。

385 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/18 01:16 ID:???
どーも。週間「輸送戦記?」なCall50です。
1週間休んでしまい申し訳ない。それでは投下〜

386 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/18 01:17 ID:???
26回目の投稿
輸送戦記?
96
そんなこんなで仕事(のぞきか?)をしているうちに夕方になった・・・がそのまま仕事は継続になった。
暗視装置も組み込んであるからそれも試してみたいそうで。
それにしても色々ついてるな。やっぱり試作品だから色々くっつけて試してみてるんだろうな。
そう考えながら操作を続けているうちに日も暮れ、完全な夜になった。

「よーし草壁、そろそろ終わりにするぞ」
「はい・・・っとちょっと待ってください。街道をトラックが走って…こっちに向かってます」
「あれホントだ」

なんだ?緊急の補充か?でもトラック1台っつーのもなぁ。まーまずは報告だな。

「ホークアイ01(草壁)より本部(修道院守備隊本部)」
「こちら本部。どうした?送レ」
「本部布陣方面よりトラックが1台接近中。送レ」
「了解。当該トラックは臨時輸送任務車両により監視対象ではない。送レ」
「了解しました。終ワリ」

なんだ、たんなる輸送か。でも何を運んでいるんだろう?
そう考えているうちにトラックが真田丸前で止まり、チェックを受けたて修道院に入り、その後最低
限の連中を残して集合命令が出た。何だ?中庭に集まれだと?何だ?
急いで中庭に下りたら隊員の人ごみと懐かしい人影があった。

「何で姐御とミランタンがここにいるの!」

387 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/18 01:18 ID:???
97
当然と言うか2回目と言うか、見事な紅葉が1つ。その後に事情の説明があった。
1.対魔法使いとして派遣。
2.魔法の見本を見せる為。
3.僕の能力チェック
が来た理由らしい。ちなみにトラックで来た理由は「丁度出る所だったから」だそうで。

で、始まったのは姐御とミランタンの魔法教室。ついで?かどうかしらないが、この修道院院長も加わって
神聖魔法も見せてくれる事になった。
相変わらず迷彩服がかっこいい姐御が解説役だ。

「よし野郎ども!いまから使用が想定される魔法を見せる。だが今回は直接攻撃魔法は省く。これは
既に全員にみせているからだ。」
僕ですら教育中に見ている。他の隊員については何をかいわんや。
「基本的に銃砲を使用した遠距離戦闘を想定している。理由はギャンとゲルググが争ってゲルググが
選定されたのと似た理由だ」
姐御、マンガだけでなくアニメも視聴済みでつか…って誰が持ってきたんだんなもん。
乱暴な要約をすると殴り合いをする前に射撃で殲滅してしまえば損害が無くてウマーな訳だが。
「よって敵は照準を狂わせる、あるいは射手を幻惑する魔法を使用すると思われる。何か質問は?」
3尉の1人が手を挙げた。
「糸冬3尉であります。風系統魔法により銃弾をそらす方法があると思われますが?」
「良い着眼点だ、糸冬3尉。だが実験ではその手が利くのは低速のロケット・ミサイルを幾らか外し、
迫撃砲弾の弾着を少しずらした程度になった。これはこれで問題だが、迫撃砲の被害発生範囲から
は逃れられず、また大量に使用された場合は風魔法の効果が薄れたので効果はなくなった。所詮は
弓矢を対象としたものであるのが原因だ。今後はそうでなくなる可能性はなくもないが」

388 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/18 01:19 ID:???
98
それからは実演に入った。
姐御が見せたのは幻覚・催眠・混乱系のRPG(対戦車ロケット弾にあらず)で言う所の補助系魔法。
ミランタンが見せたのは光の精霊をしようしたフラッシュと、闇の精霊を使用した隠微・混乱。
以下のセリフは食らった人物のセリフである。

「あ、み、見えねえ。レムオルを使いやがったな!」
「うわーかわいいメイドさんがたくさん見える〜」
「あうあう敵だ〜周りはみんな敵だ〜」
「こりゃ焼きつき現象がおこるぞ。サングラスをくれ〜」
「くらいよせまいよこわいよ〜」

さて、どれがどの魔法を食らったか当ててみましょう(藁

さて、残った神聖魔法ですが…これがまたマニアックな事に「対死霊・ゾンビ系魔法に特化しまくっ
た魔法系統」なので、今回の戦闘にはあんまり役に立たない事が判明している。もっとも、銃が効
かない霊が相手では自衛隊は無力なのでその時には無敵を誇る事になりますが。
限定的状況でしか使えないので「神聖魔法役立たず説」が出たが、すぐにそれは消えてしまった。そ
の訳は白髪のおじいちゃんな修道院長(この道50年の超ベテラン)の説明より。

「戦いの後には当然の事ながら亡骸が出る。それと同時に死霊と化す魂も数多く出る。戦いの後に放
置された死体に亡霊が取り付き『生ける死体』が大量に発生する。死体に取り憑かなくとも死霊が周
囲を徘徊する。戦いに勝ったと思い気を抜いた後に元・戦友や倒したはずの敵に襲われるのは恐ろしい
事だ。もし襲われなくとも周辺に彷徨いだしてしまえば…恐ろしい事だ。そこで我々は戦いには必ず
つきそい、迷える魂を天に帰し、亡骸を冒涜する『生ける死体』にさせない為に結界を張る。これこそ
が我らの重要な役割であり、魔法を特化してきたのである」

389 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/18 01:20 ID:???
99
宗教の起源に片足を突っ込んだような修道院長の説明が終わり、説明会が終了した。が、僕だけは姐
御たちのチェックが待っていた。

「何か変わった事はあった?」
ここにまで持ってきたんか!とツッコミを入れたくなるような白衣姿のミランタンにハァハァしながら問診を
受けた。
「あーそーいえば先程から姐…もとい。ルローネ先生やミラン先生の周りに『青いもやもや』が見え
るんですが、こりゃ何なんでしょう?」
「ふ〜ん。先程っていつから?」
「さっきの説明会でルローネ先生から魔法を食らってからです」
「ふ〜ん」

その後姐御とミランタンがぼそぼそ話を始めたが、音声遮断魔法でも使っているのか内容は聞こえなかった。

「草壁!喜べ!」
「何を喜ぶんですか姐…」
「アタシを姐御と呼ぶな」
「ルローネ、首を絞めちゃだめ〜」
5分後
「草壁、どうやらお前は危険な目に遭うか、その魔法を食らうと対抗処理を体が勝手に行うらしい」
「はぁ。そいつは楽でいいと思いますが」
「ただし生き残る事が条件」
「げ、じゃあ死の魔法なんか食ったら」
「即死」
せめて成長の方向性ぐらいは自分で決めたいな。そう考えながらその日は終わった。

390 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/18 01:21 ID:???
投下完了。

にしてもいつになったら戦闘が始まるのやら。

391 :名無し三等兵:04/05/18 01:29 ID:???
青いもやもや・・・インフラビジョンですかね

392 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/18 01:57 ID:???
さあ、軍板で演るのが大丈夫か? と今回も思う夜会話、投下だ。

393 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/18 01:58 ID:???
 消灯ラッパは、山田と小川が交替で吹く。小川の番の時、痴話喧嘩紛いの会話が聴こえるのを…山田は毎回不思議に
思っていた。山田は地獄耳だ。御蔭で、耳栓をしていても常人以上の聴力を未だに保持している。大体の者が難聴気味
に為ってしまうものだが…普段から耳栓を常備していれば、余り苦には為らない。生活の全てを、戦うためだけに。
 いつから、こうなってしまったのだろう…。自分の体から、今は嘘のように消えてしまった古傷の疼きが懐かしい。

 「お体の方は…まだ…痛みますか? 」
 「いえ、もう、何処も。…奴等が喜んで信仰する訳だ…。正直治癒魔法は便利過ぎて…俺には合いません」
 「正直、なんですね…? 子供の頃から貴方はずっと、変わらないまま…」
 「…『おねえさん』、と呼んで構いませんか? 死に掛けて、人生の走馬灯を見ました。…俺は貴女に逢っている」
 「! …じゃあ、今だけ『こうちゃん』って呼びます!! …覚えていて…くれたなんて…嬉しい…! 」

 山田幼少の頃…はっきり言って、彼の家庭は崩壊していた。帰らぬ父親、寂しさを他人で紛らわす母。日本中の何処
でもありふれた、お決まりのパターンだった。山田はいつも一人で、夜の公園で家の鍵を持って遊んでいたのだった。
そんな或る日の事…山田は遊んでいて、家の鍵を無くしてしまったのだ。泥んこに為りながら必死で泣かずに捜し続け
る山田の前に現れたのが…『おねえさん』だった。『一緒に捜そう? 』と折角言ってくれたのだが、無視して一人で
見つけてしまった山田に、『おねえさん』は微笑んでくれた。それから、毎夜、出会うようになったのだった。
ブランコで遊んだ。夜の神社を散歩した。シーソーでも遊んだ。沢山、沢山面白いお話を聞かせてくれた…おねえさん。

394 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/18 01:59 ID:???
回想から我に還り、山田は戦乙女に静かに聞く。あの時の別れは、突然過ぎた。『おねえさん』が今、
現れた、と思い駆け出した瞬間に、12歳の山田の目の前からスウッと消えたのだった。その日、山田は
静かにベッドに篭って、泣きじゃくった事を思い出す。捨てられたんだ、と思い、強くなろうと決意したのだ。

 「…何故…中学に入ってから…来なくなったんです? 」
 「…お父様に…叱責されました…そして、一時期、幽閉を…」
 「済みません…悪い事を訊いてしまいましたね…辛かったでしょう? 」
 「私が解放された時…『こうちゃん』の心と隣にはもう…別の人が居た…。本当に悔しかった…
  私の『こうちゃん』が、どんどん私から離れて行く…! 私の成長した『こうちゃん』を…
  ただの人間の女が奪おうとしているっ! …す、済みません…まだ私…修養が足りませんね…?」
 「…い、いえ…俺…いや、『ぼく』こそ、つい…。忘れて下さい…」 

 反射的に山田が腰の後ろに手を遣ったのを見て、彼女は慌てて謝罪する。決まり悪げに山田も謝る。
消灯ラッパまであと三十秒。山田は慌ててラッパを唇に当てた。各種ラッパは時間通りに吹かねば、
意味は無い。喫食ラッパは助教をやっているので吹けないし、国旗掲揚・降下時も吹けない。
 もっと日本国からの人手が欲しい。それが自衛官三人組の今のところの切なる願いだった。
消灯ラッパが響く。今日の音色は…何故か物悲しい。現在の山田の心境がもろに出ている音色だった。

395 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/18 02:00 ID:???
「…彼女を守るために…こうちゃん、勉強を一杯したのにね…? ごめんね…。おねえさん、
  こうちゃんの大事な人を…守れなかった…。あのときは不干渉が、解放の条件だったから…」
 「恨まない、と言えば嘘に為ります。だから…ぼくは…言います。…おねえさん、実は…」
 「こうちゃんは、正直ね…。あんな女、死んでしまえばいいって、思いました! だけど、
  本当に…ああなってしまうなんて…! お願い、信じてこうちゃん…私が、人の死を望んだ
  のが、あの時が最初で、最後なの…。まさか、離れたくない、こうちゃんの傍にずっと居たい
  からって、人間があんな事を望むなんて…私は…信じられなかった…。負けた、と思いました…」
 
 山田の眉が若干上がる。眼も鋭く為る。完全に尋問する『兵士』の顔だ。その顔で睨まれた戦乙女は
身を竦ませる。もう、彼は大人に為ってしまったのだと、諦めた。その瞬間、にっ、と山田が笑った。

 「…彼女の願いは、この『剣鉈』に留まる事。違いますか? おねえさん? 」
 「知っていたのですか…そうです。今度は、わたしが浩二君を守ります、と…」
 「…川に落としても、誰かが谷底に捨てても、コレだけは勝手にぼくの元に戻ってくる。
  何より雰囲気が…優しい。ぼくはすぐに解りましたよ。だからこれでぼくは奴等に…」
 「そう、だけど彼女は哀しんでいたのを…解っていたのでしょうに…こうちゃんは…」

 山田は眼を閉じ、星空を見上げた。少し息を吸った後、吐く。そして、戦乙女に、そっと微笑んだ。

396 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/18 02:01 ID:???
「ぼくは、人間です。だから、迷うし、やりたい事をやる。それが、たまたま復讐でした。
  そして、他の誰かに対して、彼女の愛した人達のために、自分の出来る何かをやろうと
  思いました。その何か何かの積み重ねで…今のぼくが、ここにいます。こんなぼくを…
  おねえさんは…軽蔑しますか? …嫌いですか? でも、ぼくはぼくを…」
 「辞められない…。自分の想いを、嘘にしたくないから…ね? そんなこうちゃんだから…
  おねえさんは…こうちゃんが大好きなの…。それなのにまた…誰かが私のこうちゃんを…」

 ギリッ、と彼女の口から歯軋りが漏れた。思い出しても悔しい事だらけらしい。この分では
絶対『干渉』したに違いないな、と山田は確信した。まさか小川の奴も『似たような存在』に
『守護(=監視)』されて居るのでは、と邪推してしまう。まあ、気のせいだろう。
 
 「私だけが知っている、こうちゃんの魅力に気付く『人間種』の女はそう居ないけれど…
  私の世界にこうちゃんが来てから他の種が放って置かないから…。あの人達、絶対、
  私のこうちゃんを狙ってるわ! もうおねえさん、心の中、不安だらけ・・・」
 「…取って喰われないだけマシですよ。…あ、もう血と精気は吸われましたがね? 」
 「…もう、迷いません…。私は…こうちゃんの心の中の『あの人』ごと…こうちゃんを
  守ります。そして…今度こそ…一緒に…連れて行きます…。もう誰にも…渡さない! 」

 それはぼくを死なせると云う事ですか? と山田はキチンと戦乙女に聞いたのは言うまでも無い。

397 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/18 02:03 ID:???
投下終了。小官が馬鹿で凝り性でスマン。…存分に叩け。

398 :名無し三等兵:04/05/18 03:21 ID:???
叩くはずがない。
GJ!!
是非、最後まで読んでみたいモノです。
願わくば、完結する事を………

399 :名無し三等兵:04/05/18 05:57 ID:???
凝ってる分叩かれることは無いと思われる。

400 :名無し三等兵:04/05/18 06:28 ID:???
Call50氏、小官殿、乙であります。

ところで輸送戦記を読んでいたら何故かこれ↓を思い出した訳ですが。
ttp://deztec.jp/site/uji/text123.html
凄いぜパキスタン(多分)。

401 :名無し三等兵:04/05/18 09:54 ID:???
>>397
ガイドラインに違反してるところはないから、だれも叩くとかはしないと思われる。


402 :名無し三等兵:04/05/18 10:05 ID:???
>>380
使えるものは何でもいいから使うべし。
ちなみに、対テロネタでSSやるとしたらこの本みたいな話になると思われる。

大都爆殺―東京武装警察隊
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9976367155


403 :名無し三等兵:04/05/18 21:26 ID:???
>>400
インド人もビックリ。

404 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/19 00:37 ID:???
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~outlaws/text/city_design.htm
こんなサイトハケーン。結構使えるかな?
自分の考えていた設定、やりなおしだ。ギィニャアー!

405 :名無し三等兵:04/05/19 17:23 ID:???
つか、某PCゲーの奴設定にクリソツ?

406 :名無し三等兵:04/05/19 22:37 ID:???
誰かいないの?

407 :名無し三等兵:04/05/20 04:50 ID:???
f世界の軍隊(中世時代を参考に。国は問わない。東洋、アラブでも可)が自衛隊陣地(最前線の臨戦体制)に攻撃を仕掛け、
確実に落とす為にはどれだけの兵隊を揃えればいいだろうか。

いろんなパターン(兵科、戦術、地形など)が有るとは思うけど、一つ考えてみよう。

408 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 05:23 ID:???
…ナイスな提案したと思ってるのを悪いが、もっと定義を頼む。
地形、地物、気候、植生、標高、物資量、守備部隊の規模、各種交戦規定の有り方、
隊員の疲労状況、生活棟の有無、司令部機能の有無、物資の保管場所、武器の携行状況…。
ざっと考えただけでも、詰めなければならんモノが多々、有るのだ。
 陣地構築は奥が深い。歩哨の監視範囲の重複箇所もあれば、各ポストの交替時間の錯綜を
避ける等…って、別に非難しているワケでは無いので悪しからず。ただ、もう少しで当直が
明けると思うと…気分がハイに為るのさ! ウム。 
 追伸:民間人に告ぐ! 演習場の中に車両で侵入し『事を致すな! 』迷惑千万! …以上。


409 :名無し三等兵:04/05/20 07:49 ID:sl0iHA9D
407の名無し三等兵さんへ、それはイメージとしては「続戦国自衛隊」の最後のほう
で自衛隊が砦を作り「徳川勢」を迎え撃つようなものを考えればいいんですか?

410 :407:04/05/20 09:23 ID:???
定義はあえて付け加えなかった。
何故かと言うと、設定とかは考え出したらキリがないし、下手に定義しちゃうとかえってつまらないから。
あえて作るとしたら、「無敵魔法の廃止」と「無敵魔導師の大量発生」ぐらいか。テンプレ守れば良し。

後は、自衛隊派の人とF世界派の人で対戦形式みたいな感じで話し合ってけば面白いんじゃないか?
まず、自衛隊側の人がどこに拠点を置く。物資はこれだけ。(ここら辺は常識の範囲で。無限の物資はありえない)
これさえあれば、F世界の兵隊がどれだけ来ようとまず持ちこたえられる。てな具合。

で、対するF世界側の人は陣地にいる自衛隊の規模をどのように把握し、どのように侵入し、どのように占領(または駆逐)するか考える。
少ない魔導師や野伏、忍者?の様な特殊人材(ここら辺は後々設定が必要か?)を使った場合、自衛隊相手にどれだけの成果が見込めるか。
どの様な戦法で侵入するか。どれだけの兵力をどのように投入するか。云々。

これを住人が総出でディスカッション。
基本だが、あくまで『F世界の立場で考える』というスタンスでやってみる。(F世界国家評議会員になったつもりで?)
小官さんほか軍板住人さん辺りが軍事部門で意見を出してくれれば面白いと思う。
(例えば、こう攻めれば中世の軍隊でも善戦できそうとか、現代軍の陣地についての考察からこう攻めるべきとか)
まずは、スタンダードな陣地から攻略させてくと面白いんじゃないだろうか。で、徐々に強固な陣地を考察していく………

こういうのって、現代戦争を考察するサンプルになると思うのでSSのネタにもなるだろうし、
改めて自衛隊と言うモノを見つめ直す機会にもなると思うんだがどうか。
政治的な部分(人種、国際関係などの考察)や物資、流通などを絡めても面白いかもしれない。
でも、『F世界の立場で日本を切り崩す』事が大前提。(劣る技術と極小の超技術で大量の強技術を切り崩す?)

………なんだかんだと言っては見たが、昔はこう言う事が自然に出来てたスレなんだよな。
まあ、基本に戻ると言う事で。最近、流石に勢い無くなってきたし。

411 :名無し三等兵:04/05/20 09:39 ID:???
>>408
いっそビデオにとって売却…ブスじゃ商品価値などないか。

412 :407:04/05/20 09:44 ID:???
>小官さん
>408の様な意見が出るのもこの題材の醍醐味の一つと考えて下さい。
例えば、流通拠点を巡っての抗争を大設定を考えた場合。
自衛隊は、予想されるF世界侵攻軍から拠点を守る為に『現代軍として』どのように陣地を張るべきか。
(ここら辺が小官さんがもとめる定義の部分かな?小官さん他に是非参加してもらいたい部分)

そして、F世界軍は『中世の軍として』どのように攻めれば被害をできるだけ少なくして、占領もしくは自衛隊を撤退に追い込めるか。
(こっちが本題。徹底的にF世界の立場で考え、自衛隊を駆逐・撤退させる算段を立てる)

以下は本音。

できれば、小官さんにもF世界側に立って考えてもらいたいが、よく考えたら職務に影響しそうな予感がしないでもない。
(机上の空論とはいえ、自衛隊の弱点を考える議題の様なモノだし………)
その場合は自衛隊側に立って、F世界側の行動に際してもっとも適切と思われるアクションを提示して、
住人の議論を煽ってもらいたいなあと思ってみる。

413 :名無し三等兵:04/05/20 09:49 ID:???
>>410
宇宙海兵隊の基地を襲撃するプレデターが思い浮かんだのはなんでだろう……(´・ω・`)

414 :名無し志願兵二号:04/05/20 10:18 ID:???
>407
百万のオーク軍団で、損害無視してひたすら突撃。
武器は二人で一つ。武器を持ったものが倒れたら、残ったものがその武器を持って戦う。
自衛隊に10万発の弾丸があれば、10万のオークを持ってそれを消耗せしめ、残り90万の
群れが陣地ごと自衛隊を蹂躙する。
これを称して「鬼海戦術」という。

もちろん後方には督戦魔道師がおり、逃げるものあらばこれを殺す。

ただし、特科や航空の支援があると、これでも結構やばいかも。

415 :名無し三等兵:04/05/20 10:53 ID:???
>>414のレスで、このスレの寿命を感じた。

416 :名無し三等兵:04/05/20 11:18 ID:???
>>413
自衛隊式に一通りの点で入念に構築された陣地‥俺は火力密度が十倍に
なったうえ203高地のような脆弱点を持たないプチ旅順要塞を想像したが。
それに対して歩兵だの騎兵だのの突撃などゲフンゲフン

417 :名無し三等兵:04/05/20 15:05 ID:???
>>413 まったく関係無いけど今年公開予定だな>エイリアンVSプレデター。

418 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/20 16:49 ID:???
自衛隊の事は良く分からないので、F世界視点で。まず自衛隊の陣地を応急の塹壕だと
想定すると(余り強力なのだと、手の施しようが無いので)どんな対抗策があるだろうか?
自分のSSでもこの辺のネタは考えていたり。

歩兵、騎兵その他の直接打撃部隊は問題外とします。理由はWWT。

まず弓兵は×。理由は射程と威力。面制圧狙いでも200mじゃなあ。下手打つと小銃小隊
にも対抗しきれない。よほど隙だらけの状況で陣地でも射るか、はぐれた分隊の蛸壺などを
狙うとかならなんとか使えるか。

投石機(区別はいっぱいありますが)△一番でかいのを使って「潰す」んなら
射程や威力では小銃、機銃に勝ち目もあるけど、重迫や84式が出てきたら
お手上げっぽい。あと、発射レートが泣きたくなる。

魔法(設定によるので)?やはりこれに頼るしか無さそう。遠距離攻撃、撹乱、
天象操作、機械破壊、その他諸々。

結論「防御こそ最大の攻撃なり」OTLマホウシカ ネエノカヨ・・・

419 :名無し三等兵:04/05/20 17:52 ID:???
直接打撃部隊をいかに使い物にするか。
F世界側の指揮官が考えなくてはいけない所はそこか?

魔術師とかを使ってなんとかして撹乱できれば活路を見出せるかもな。

420 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 19:44 ID:???
>>414
人海戦術攻撃は確かに有効だが、それだけの人員を動員するにはどれだけの糧食が必要かを考えなくてはいけない。
オークは大抵のファンタジー物では繁殖力が強く大勢で群れを成し強いリーダーに率いれられれば強力な軍隊となる。
しかし、オークとてボウフラの如く大量に湧き出るわけでは無いし、その繁殖能力にも限界はある。
以前、オークの繁殖能力と必要な食料、そして繁殖と食料獲得に伴う戦術行動について考察したサイトのURLが貼られていたが…HTML保存だけしてブックマーク登録していなかったので失念。

まあ、100万匹もオークが繁殖するには物理的に限界があるし、それだけのオークを養うにはオークが略奪でなく自分らで食糧を生産する国家体制をとるか
それともどこかの国が本格的にオークの軍隊を作ろうとして予算を組んで食わせて繁殖させるか…
自然にオークが増えた場合人類、あるはオークと敵対する種族にとってオークが増えすぎる事は当然脅威、由々しき自体となるので早期に発見・駆逐される事になる。
人工的に計画的にオークを増やして戦力とする場合にはやはり予算の問題があるわけだから、上限はある。
よって、オークがどんなに数を集めたとしても、10万以上の大群にはならないと考えるべきではないだろうか。

さて、仮に自然にオークが数を増やして自衛隊の駐屯地を襲撃する場合、オークの目的は略奪以外に考えられない。
数万〜最大10万の群れであるから、当然消費される食料の数は膨大である。
オークとしては、とにかくすぐに全員の食欲を満たすだけの必要な食料を確保しなければならないわけだから、目に付いた食料があるそうな場所は
村でも町でも都市でも森でも自衛隊の駐屯地でも襲って食料を奪わなければならないわけだ。
オークに多少の知恵があるならば、取るべき戦術はおそらく夜襲による奇襲。 さらに、数の優位を活かした全方位からの波状攻撃。
とにかく銃弾によっていくら仲間がなぎ倒されようが、推して推して押し捲るしかない。 おそらく他に戦術の取りようもないことだし。
悠長に、移動中の輸送部隊を待ち伏せして襲うなんて事をしている時間も惜しい。 自前で食糧を生産する発想も無いであろう彼らには、戦って奪う以外群れを維持する策がないのだから。

421 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 20:05 ID:???
では今度はF世界のどこかの国家勢力がオークを繁殖させて軍を組織した場合を考えてみよう。
やはり取るべき戦術は人海戦術。 数で押すしかない。
オークは、一般的なファンタジーの認識ではあまり頭が良くないことになっている。
少なくとも武器を使うくらいの知恵はあるだろうし、狩猟を行なう知恵もあるだろう。
しかし、綿密な戦術や戦略を構想できるほどの知恵があるのだろうか?
もしある場合。 国家はオークの軍隊を組織するに当たって、いかにしてオークを手なずけていく事を聞かせるようにしなければならないか考えるだろう。
なまじ知恵がついている奴らに反乱でも起こされては叶わない。 オークが知恵が回る上に素直で犬のように従順ならば問題は無いが。
つーかそんなのは凶暴で獰猛なオークのイメージが崩れるから却下。 あ、魔法で洗脳したり騙くらかすのはOKかも。
まあ、知恵がないと、そして言う事を聞かせられないと、オークに軍を統率させるのは無理だし、作戦行動など不可能だし、指揮官の命令を遵守させる事は不可能。
知恵がない場合。 どうしようもない。 放し飼いにして勝手に暴れさせて、邪魔になったり自分らに襲い掛かってきたら軍隊差し向けて始末するしかない。
始末に困る生物兵器としての使い道しかない…
え、自然のオークの群れはどうやって統率を取っているんだって?
そりゃあ野生動物と同じで強いリーダーが無理やり群れの全員を押さえつけて言う事を聞かせるのでしょう。
当然リーダーの力が弱くなったらボスの座を争奪する戦いが起きて、勝利者がリーダーに。
まさか民主的に投票でリーダー選出しているとは思えないし…まあそんなオークを設定するのは逆に面白いかもしれないと思えてきたが。

戦術戦略が考えられるほど頭が良くて、群れの統率が取れて、飼いならせば人間の言う事も聞くオークの軍団!!
…品種改良でもするのか。 オークを品種改良して整然とした行動の取れる生物兵器オーク…ウルク・ハイか!?
そうだ、ウルク・ハイにしよう! それなら問題ない!! 頭いいし強いし言う事は聞くし数は多いし、いい事尽くめだ!!

結論。 ウルク・ハイによる数万の軍隊で自衛隊陣地を襲撃。

422 :名無し三等兵:04/05/20 20:11 ID:???
>>420
>オークの繁殖能力と必要な食料、そして繁殖と食料獲得に伴う戦術行動について考察したサイト
アイヨー
ttp://www4.plala.or.jp/kaseiken/kasei/at03.htm

423 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 20:21 ID:???
…小官からの痛い一言。『兵站を無視する輩は兵站に泣く。』

 以上。万単位などポンと出すな。移動速度や糧食等、軍勢が動く際には必ず物資も動く。
そして物資は有限だ。物資が切れる前にカタが付けば御の字だが、大方長引くものだ。
 攻撃発起点、限界点、終束点等の目算も、大軍に為る程設定しにくい。其処への隊列を
航空勢力に叩かれればその時点でアウト。…大体オツムの足りない家畜並みの脳か、それに
毛の生えた知能しか持たんナマモノに、隠密行動や退避行動など期待出来ん。
 人海戦術は否定せん。しかし、オツムの足りんナマモノには少々、陣地攻略は荷が重い。
…攻める以前の問題となる。統制を取るために、いかに指揮系統の概念を浸透させるか? 
から始めねばならん。それが解る脳を持つなら、捨石扱いを拒否して…運用側に牙を剥くさ。

424 :名無し三等兵:04/05/20 20:34 ID:???
「過去一世紀の戦争で起きたきわめて大きな変化のひとつは、輸送能力の向上である。
 戦闘部隊をすばやく地球の裏側に輸送できるほどの力がなければ、世界規模の戦争は遂行しえない」

ジェイムズ・F・ダニガン


425 :名無し志願兵二号:04/05/20 20:44 ID:???
    | ┃三     , -.―――--.、
    |┃三    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
    |┃    .i;}'       "ミ;;;;:}
    |┃    |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
    |┃ ≡  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    |┃    |  ー' | ` -     ト'{
    |┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}     _________
    |┃三  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>、 .!-'   /
    |┃     |    ='"     |    <  私のやったことに何か文句でもあるのかね。
    |┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {     \ 
    |┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ     \
    |┃ ≡'"〜ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |    ガラッ


いや、兵站の重要性は解かっているつもりです。

426 :名無し三等兵:04/05/20 20:45 ID:???
>>423
統制に関しては魔法でコントロールを行うということで解決できなくも無いと思われます。
ということで、残された問題はランニングコストについてであろうか。
消耗品にするなら安く大量に作れないと話にならんわけで。

427 :名無し三等兵:04/05/20 20:51 ID:???
万単位の数を気軽に出す奴は、兵站を問われるとたいてい気軽にこう付け加えるな。
「現地徴集」。

いや大量発生の蝗じゃねえんだからよ。

428 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 20:51 ID:???
>>423
まあそうは言ってもラノベでも数百万VS数百万の戦争なんて無茶苦茶なのはあまり存在しえませんしね。
中世レベルの軍隊だと多くても数万単位が国力を絞りに絞った限界でしょう。

でも、三国志演義から中世史・歴史に入った自分としては数万じゃあ少ないなあ…という思いも確かにありますねえ。
赤壁の戦いの曹操軍百万とて、実質は50万と諸葛亮に言われ、三国正史では10〜20万、さらに研究者によっては数万と少なく見積もられているものです。
まあ、勉強していくうちに戦争史がスケールは小さいはまともに戦うことは少ないは、酷くつまらない物に思えてきたので勉強するのを止めました。
真面目に戦争する気あるとは思えない戦いっぷりに身代金目的の相手を殺してはいけない戦争、そのくせ農村を略奪する事だけ熱心、と。
銃が騎士道を奪ったとか言いますけど銃で戦っている現代の戦争のほうがよっぽど真面目に命かけて戦争やってると思います。
自分にはラノベ的な間違った認識と考察で充分です。

429 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 20:56 ID:???
>>424
兵は神速を尊ぶ。

速きこと風の如し。
侵略すること火の如し。


孫子にも書かれている基本中の基本ですけどね。

430 :名無し三等兵:04/05/20 20:58 ID:???
>>426
いくら知能の低い亜人間でも、武器を扱う運動能力、兵士としての判断力、現地指揮官
としての戦術能力などをまったく曇らせず、かついかなる命令にも絶対服従させ、かつ
大量の頭数に作用できる魔法は、流石にご都合主義にすぎる気がする予感がしますが。

統率に関しては指揮伝達系統の明確性と命令伝達の確実性、損害に対する冗長性、
再構成の迅速さなど、組織の混乱に対する耐性も肝なので、これらが魔法でどうにか
してしまえるというとすると、これも如何かと思います‥

431 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 21:07 ID:???
>>430
とりあえず犬なみの知能でもいいから猟犬並みに戦術行動が取れて訓練された犬並みに従順で忠実であればなんとか…なるかどうかすげー微妙か。
都会のカラス並の知能ならばもう少し何とか…これも微妙。

>損害に対する冗長性、再構成の迅速さ
オーク元々が持っている獰猛性や攻撃性、勇敢な精神や士気の高さという習性でカバーできる範囲の…外だな。
敵に対してひるまない事と組織の混乱に対する耐性は直=と結びつかないからなあ…

やっぱりオークじゃ無理っぽい。


432 :名無し三等兵:04/05/20 21:11 ID:???
搦め手で何とかならないものか。
迅速かつ静粛に地中を移動できるモンスター(ワーム系?)とか。
……鉄筋コンクリを通り抜けられなかったりするかも知れないが。

433 :名無し三等兵:04/05/20 21:17 ID:???
オークというと、七人の侍ならぬ「七人の自衛官」ネタがぴったりな気がする。

434 :名無し三等兵:04/05/20 21:29 ID:???
>>430
そこまでは要求しない。指揮官からの指示にロボットのごとく従うくらいでいい。
それだけに大まかな指示しか出せないと。

435 :名無し三等兵:04/05/20 21:34 ID:???
>>430
>武器を扱う運動能力、兵士としての判断力、現地指揮官 としての戦術能力などをまったく曇らせず、

消耗品と割り切ってしまえば、兵士としての判断力、現地指揮官 としての戦術能力は必要ありません。
まあ言ってみれば、北条早雲の牛と同じ扱いである。
だから問題になるのはランニングコストと生産力というわけ。

http://www5e.biglobe.ne.jp/~hakuga/rekisizinbutu/houzyousouun.htm

436 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 21:35 ID:???
よし、ここでF世界最強の生物にして自衛隊と互角以上に戦える、

ド ラ ゴ ン を 登 場

無敵設定の禁止に引っかかりますか…

437 :名無し三等兵:04/05/20 21:38 ID:???
>>436
ものによっては抵触します。


438 :名無し三等兵:04/05/20 21:40 ID:???
>>436
>F世界最強の生物にして自衛隊と互角以上に戦える
とは限らない訳だが(このスレでは)。
F世界最強でも自衛隊には敵わなかったりするかも知れん。

メシを喰わずに済む(大体は)アンデッドなら補給はちょっと楽かも。
……昼間は動けなかったりするかもだが。

439 :名無し三等兵:04/05/20 21:43 ID:???
>>435
弾薬備蓄がそこそこあればそれこそ第一次世界大戦の塹壕戦‥
「鉄条網、重砲、機関銃、一巻の終わり」コンボよりさらに凶悪な、
自衛隊式火力戦コンボが‥

440 :名無し三等兵:04/05/20 21:44 ID:???
ファンタジー世界最強といえばあれじゃないか?

痛い創造神。

441 :名無し三等兵:04/05/20 21:46 ID:???
>>440
よくきましたねおめでとう

ですか。

442 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 21:46 ID:???
>>440
そんなのを出す前にまず、「魔王」「四天王」「魔王軍」全部倒した後にようやく「真のラスボス」だろう。

443 :名無し三等兵:04/05/20 21:48 ID:???
>>440
ならば癒し系邪神のツァトゥグァ様崇拝で対抗だ!

            /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |   ン・カイニ ヨウコソー
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ       、/)
    (丶       ´''ミ        /⌒〜、  
  ((  ミ       ;:'       ノ;;wwwノ
     i⌒ヽ,   i⌒ヽ,     ノ;;;;;;;;;;;;;(
     ゝ、__ノ~"''~'ゝ、__ノ    く;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                    ⌒^゛〜^´^^`


444 :名無し三等兵:04/05/20 21:52 ID:???
>>440
田中禿樹ですか?

445 :名無し三等兵:04/05/20 21:52 ID:???
>>440
※田だけはやめとけ。


ホームページで晒されるから。

446 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 21:54 ID:???
よし、こうなれば

・食糧の問題を解決し
・数がそろえられて
・指揮系統と統率が完璧で
・全天候全日時使える

…以上の条件を全て満たすゴーレムで数百から数千の部隊を編成。
アイアンゴーレムは銃弾を弾き(製造コストが一番かかるかもしれないが)
ファイアーゴーレムは動く火炎放射器となり塹壕の敵を焼き払い(水かけられたらおしまいかもしれないが)
マッディゴーレムやクレイゴーレムは破壊されても土から再生し(こいつら雨に弱いが)
ストーンゴーレム(カールくんで粉砕されそうだが)、アイスゴーレム(寒冷地しか使えないが)、ウッドゴーレム(どうやって作るとか動かすとかは一応案あるけど突っ込まないで)などバリエーションも豊富。

最大のネックは機動力。
多分こいつら足が遅い。

447 :名無し三等兵:04/05/20 21:55 ID:???
山ほどのオークを統率するよりも、戦闘犬部隊でも組織した方が自衛隊には手ごわい気が
するの俺だけですか?


448 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 21:55 ID:???
>>440
 ま、小官そいつを書きたいがために書き込んでるワケなのだが、ね。
言ってしまえば今書いている『世界』は、『固まる前』の『世界』だ。
豆腐で言うなら豆乳段階だ。『自衛隊』は凝固剤、つまり『ニガリ』だよ。
 …世界が『完全な』世界に為るために、外部から欲した異物なのさ。
それを阻止しようとする、『人間』より少しばかり『優れた』能力を持つ種、
『神族』。世界創造の主導権を握るのは…? と云うのが裏テーマだ。
 だから、『己』たら、『人間として』やらが頻発していたりするのはご愛嬌。


449 :名無し三等兵:04/05/20 21:57 ID:???
>>443-445
違うって。
ファンタジー世界の創造神や神様はたいていわがままだったり迷惑じゃないか。
ライトノベルとなると作者の願望投影が入ってて痛々しいこともある。
でも「神」だから設定上は強いとか。あれよあれ。

450 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 21:59 ID:???
 犬は怖い。本当に怖い。だから、豚より犬系種族と云う意見が出てこないだけで、
小官落胆の極みさ。…命令聞くだけでも、かなり使い勝手が良くなる。…さらに、
勝手な自己判断かましたり、欲求をかなり自己抑制出来るだけでも、手ごわさ倍増。

451 :名無し三等兵:04/05/20 22:01 ID:???
初めは知能の低い生物(オークとか?)、夜間はアンデットなどの魔法操作による攻勢が基本かな。
搦手は局所に対する心理攻撃(精神作用の魔法とか、毒とか)で揺さぶりつつ、内部の諜報活動を進める。成果確認とか?
(内部構造はだいたい分かるので、設備場所等を把握できれば占領時の行動は、打ち合わせ次第で迅速にできそう?)

その後は、自衛隊陣営の状況を見つつ、第二段階へ移行と。

452 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:01 ID:???
念の為に書いて置く。いくら大好きでも、リスペクトでも、死んでも『チェーンソー』は出さんぞ。

453 :名無し三等兵:04/05/20 22:01 ID:???
>>449
現実世界(に伝わる神話)の神様も大抵そんなもんです。

454 :名無し三等兵:04/05/20 22:02 ID:???
>>448
ああ、小官殿に感じていた違和感がようやく解消しました。
メタ的な社会フィクションの土台が根底にあるというか‥

455 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:03 ID:???
>>451
それで、勝てる心算かね? 航空勢力使用可能に、陣地放棄等の手段を使って良いなら、負けぬ自信? は有るがね?

456 :名無し三等兵:04/05/20 22:04 ID:???
>>452
じゃあ正宗と船じゃないイージスとパワードスーツと核爆弾と波動砲とガラスの剣と(ry

457 :名無し三等兵:04/05/20 22:04 ID:???
犬か。盲点だった。
考えてみれば、犬ほど人間に従順で危険な生物いないな。
訓練や魔法を応用すれば攻撃、諜報両面で活躍できそうだ。

458 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:04 ID:???
>>448
実は神様が退屈しのぎにやってるボードゲームかTCGか変則チェスの駒として自衛隊を召喚というのが自分の書こうと思っているネタ…どこかで聞いたような読んだようなですが。
それはともかく、主導権争いは「神族」VS「世界そのもの」なのですか…? 小官殿のSSでは世界と神族とどっちが先に生まれたんですか?
もし神族が世界を造ったのではなく世界が神族を作り神族が世界の完成を阻止しようとするならばこれも一種の「創造者への反逆」となるので新しい試みのアプローチですな。


459 :名無し三等兵:04/05/20 22:06 ID:???
>>449
痛々しさなら某大宗教の創造神が最強。
後付設定でどんどん強化されていく姿は少年漫画もびっくりだ。

460 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:06 ID:???
>>456
精々出して『正宗』ならぬ日本刀さ。あ、『ハチマキ』は出すぞ?

461 :名無し三等兵:04/05/20 22:06 ID:???
>>456
じゃあ俺は神・T-72と神殺し60式と、究極進化兵器パンジャンドラムを出す。


462 :名無し三等兵:04/05/20 22:07 ID:???
自衛隊が空なら、F世界は地下から。
自衛隊陣地内にボコボコ現れる、ゴーレムやらアンデットやら。
取りあえず、昼夜を問わず1週間ほどイッテみようか。


というか、航空戦力使えるなら、わざわざ陣地構える必要ねえよな。
取られたら取りかえせば済む事だし。

463 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:08 ID:???
よし、コボルトあるいはワーウルフ・ワードッグで軍隊を編成。
さらにはヘルハウンドやケルベロスなど犬系の怪物で。

あ、ワーウルフとかは獣耳でなくとも別にいいです。

464 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:09 ID:???
>>458
…先ず、世界ありきさ。世界が望み、生まれる。だが、その世界に刃向かうならば…。
『自衛隊』の言葉の意味が生きてくるだろう? 己を守り、貫き通せ。ヒントは以上さ。

465 :名無し三等兵:04/05/20 22:10 ID:???
>>463
何やらガスに弱そうではある。

466 :名無し三等兵:04/05/20 22:10 ID:???
あぁ、やっぱりですか。
マスター キートン辺りで「犬は最強の生物だ」とかいう台詞があったのと、
おれの実家で鳥猟やってましたので犬の凄さは知ってました。

大概の障害物はあっさりクリアするし、どんなに早くうごいても人間よりは
目立たない、感覚は鋭敏にして牙という必殺の武器をも持つ。
さらに主人の居場所をも考慮して、自分のポジションを判断するんだから。
隣の家に迷い込んだ鶏も見つけた時の愛犬の変わりようは、飼い主でも
怖かったですからね、標的にされたほうはそれだけで神経磨り減るだろうな。


467 :名無し三等兵:04/05/20 22:10 ID:???
>464
自衛隊は世界が呼んだのか!!
じゃあ、自衛隊がF世界を席巻するのは世界が望んだ事なのか!!!

と、F世界の学者は愕然とするだろうな。

468 :名無し三等兵:04/05/20 22:12 ID:???
>465
たしかに。

まあ、バランスとしてタフなオークと使えるワーウルフを混ぜて使えれば良し?

469 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:13 ID:???
だから小官、犬嫌い。某『オシイマ』には悪いが、ね。
しかし猫は好きだ。だから、『カムウッド社』や『ロングピース』が大好きだったりする。
大食いの黒猫なんぞSSに出したその日には…石どころでは済まんだろうが。

470 :名無し三等兵:04/05/20 22:14 ID:???
>>450
そもそも向こうに犬いたっけ?

471 :名無し三等兵:04/05/20 22:14 ID:???
スルーしろよ。

472 :名無し三等兵:04/05/20 22:15 ID:???
>>458
サンライズ系某ロボットアニメの最終回ですか?

473 :名無し三等兵:04/05/20 22:15 ID:???
>>465
<丶`∀´>カプサイシンで鼻を潰してポシンタンにしてやるニダ

474 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:16 ID:???
>>467
しかぁしっ! …当の本人達はふと気付く。…これって自立して無いじゃん?
ならば『臭いモノは元から断たなきゃダメ! 』とまあ『最終決戦フラグ』が
立つかどうかは、キャラの動き次第。

475 :名無し三等兵:04/05/20 22:16 ID:???
>>472
だからドリルは(ry

476 :名無し三等兵:04/05/20 22:17 ID:???
>>469
それはまさか「アプロ」ですか?いやそれは流石にアレですよ。
このスレにCDSの照準が向くような事態は避けて頂きたい。

477 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:17 ID:???
昼はオークにゴブリンにワーウルフ、そしてキメラやケルベロス、ゴーレム、ヒドラ。
夜はアンデッドにヴァンパイア、そしてサキュバス、ナイトメア。
潜入破壊活動にインビジブルストーカーとドッペルゲンガー、航空戦力としてワイバーン、グリフォン。
そしてそれらを支援する魔法使いの直接・間接魔法。 支援砲撃代わりのファイアーボールに煙幕がわりのミストシェイド。

…あとは戦術しだいで何とかなりそうな気がしてきた。

478 :名無し三等兵:04/05/20 22:17 ID:???
世界を潰すのか?
何と言うか。末期戦好きだなあ。

479 :名無し三等兵:04/05/20 22:18 ID:???
>>477
凄い動員力だぞ。

480 :名無し三等兵:04/05/20 22:19 ID:???
>>478
軍事板住人の7割は、東部戦線にある種の憧憬を抱くという噂もありますから。

481 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:19 ID:???
ああそうだ!! 肝心なのを忘れていたので>>477に追加。


グ レ ム リ ン

こいつらを大量に潜入させるだけで自衛隊の装備は一つ残らずネジまで分解されて使い物にならなくなる!!


482 :名無し三等兵:04/05/20 22:20 ID:???
>479
それぐらいの動員をしないと、拠点すら奪う事ができない。
それがF世界の悲しさ。

ところで、プライベートライアンが面白い。

483 :名無し三等兵:04/05/20 22:21 ID:???
>>477
コストが非常にかかりそうなんですが、どうやって調達しますか?

484 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:21 ID:???
>>476
因みに最近の『逝風』で憎悪で涙した小官だ。小学校の頃読んだのが、あの美しき物語の出会い…ってウム。
著作権は侵害しない。貴君と小官との約束だ!
>>478
だから言ったろう? 好きに演らせてくれ、と(苦笑)。

485 :名無し三等兵:04/05/20 22:23 ID:???
>481
そこまで行くと、「無敵ダメ」に抵触しそうだが・・・

まあ、古いモノが使い辛くなる程度でも十分効果があるんじゃないか?
ボディブローの様に。

逆にこっちのほうが自衛隊員にとって答えそうな気がするんだが・・・
(理解不能な機能不全。武器への信頼感低下など)

486 :名無し三等兵:04/05/20 22:23 ID:???
>>479
もちろん、そいつらに的確に戦術行動を取らせるためには、洗脳的かつ強圧的な教育が
必要不可欠だ。それにかかるコストと時間もバカにならんね。

487 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:24 ID:???
まあ、野暮を承知で言わせて貰えば、互いがカヴァー可能な範囲で複数陣地造営するのがセオリーなワケで。

488 :名無し三等兵:04/05/20 22:24 ID:???
グレムリンはメカフェチだから自衛隊側につくのも有りだな。

489 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:25 ID:???
>>479
大丈夫、動員するのが国家の財政を破綻させる規模でも、人間の国家がそれを行なわなければならないという理由は何処にも無い。
>>442で出した魔王軍ですよ。 いや魔王軍の規模がどのくらいによるかも重要だけどさ。 半分以上ネタだし大目に見てくれ。


490 :名無し三等兵:04/05/20 22:27 ID:???
>487
それができる状況ならな。
自衛隊は侵略側。兵隊が足りねえだろ?
元1だお〜氏の作品でも、兵力不足で館を放棄する決定したぐらいだし。

491 :名無し三等兵:04/05/20 22:27 ID:???
>>481
ところで、グレムリンが機械の機能不全を起こすことを
F世界住人が知っているには、F世界住人も機械を
使っていなければならないのだが、そこんとこどうするよ?

492 :名無し三等兵:04/05/20 22:28 ID:???
>>484
四巻は、マシですよ。戦闘シーンばかりで大倉がつけいる隙が殆どありませんから。
でも「対空ミサイル発射!!」と叫ぶ護衛艦‥   _| ̄|○

マシというだけで脳を麻痺させれば及第点ぎりぎりになっただけの巻を、好きな
作品と題名だけが同じというだけで金を払って見ることはありませんやな‥_| ̄|○

493 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:30 ID:???
>>490
ホワッツ?!
…ムム…その流れかい?! スマン、小官、それなら議論から撤退だ。
自分のSSでは無いのをすっかり棚の上に投げ上げていたよ。

494 :名無し三等兵:04/05/20 22:31 ID:???
F世界にもカラクリぐらいあるだろう。
で、召喚当初から自衛隊内でグレムリンの小規模の被害はあった。
暫く戦争状態のF世界側にも、その情報は聞き届いていた。(自衛隊に捕まってた捕虜などから)

そして、ある将軍の一人が『グレムリンを戦線に投入できないだろうか』と提案する。

495 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:31 ID:???
>>491
歯車や滑車や振り子を組み合わせた簡単な機械仕掛けならばローマ帝国時代にも作られていたし、電気仕掛けではない壁を動かす隠し窓の仕掛けもベルサイユ宮殿に存在するので機械が無くは無いと思う。
クロスボウとか投石器も充分機械といえば機械。 

496 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:32 ID:???
>>492
しかし何気にムッシュかまやつの『RTB』の突き抜け感は好きだったりする小官。


497 :名無し三等兵:04/05/20 22:33 ID:???
>481
えーと、犬うんぬん言ったのはこれもあるんだけど。
なんか扱いにくそうなのが揃いまくってるですけど、そういう大群を統率するだけで
F世界側はいっぱいいっぱいになるのでは?

能力の高いクリーチャーは扱いやすい規模にとどめて、自衛隊側の拠点周辺を
幻術や大地魔法の類で機動力を発揮しづらい状態にして、その上でグレムリン
の2匹や3匹でも放り込んでやれば、F世界以上に物資が大事の自衛隊側は窮地
かと。


498 :名無し三等兵:04/05/20 22:34 ID:???
>493
攻め込まれた(守備を頼まれたタイプの召喚)のなら、その案もあり。
よっぽどの裏ワザ使われない限り、F世界側の突破は辛いだろうな。
情報戦も圧倒的だし、連係もまったく適わないだろうし。
戦争らしい戦争を出来ずに、大敗する予感。

で、F世界領内に進行開始する自衛隊って感じか?

499 :名無し三等兵:04/05/20 22:34 ID:???
>>496
「知れば知るほど馬鹿を見るのが逝風なのさ」
<ラテル、あまり現実を諦観するのはよくないですよ。たまにはアプロを見習いなさい>
「逝風?ありゃ美味くなかったな。固い上に味も最低」
「ラジェンドラ!こいつのどこを見習えって言うんだ!」
<ゴミを正しくゴミと扱う姿です>

……アニメ化するなら神林版ラーゼフォンにすればいいのに。スレ違いsage

500 :名無し三等兵:04/05/20 22:35 ID:???
>497
兵力は揃えればいいと良いモノでもないからな。
機能的に効率的に編成しなきゃと俺も思う。

501 :名無し三等兵:04/05/20 22:36 ID:???
あぁ、書いてるうちにここの住人さんがほとんど言及されてましたね。
でしゃばりました、少し黙ります。


502 :名無し三等兵:04/05/20 22:36 ID:???
>>487
まあ正直、最低限それが出来ないような状況に自軍を追い込んで放置する参謀は、
バカ以下ですからね。
敵の突撃衝力を挫き、逆襲し打ち崩す能力が見込めないのなら、陣地を作ることすら
アレです。

逆に言えば、「とにかく持久することだけを目的とした、籠もるためだけの陣地」を作らざるを
えないように自衛隊を追い込む必要が、ラノベ的なお話の都合上では出てくるわけですが。

503 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:38 ID:???
まあ、このスレにも神林長平氏の作品ファンが居た事が解っただけでも小官にとっては収穫有りだ。
小官、侵攻過程について書く気マンマン(かなり拙いな? )なので、乞うご期待!!

504 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/20 22:40 ID:???
飛び道具はほぼダメ、人海戦術も限界が見え、その他のやり口もかなり厳しい。
・・・やっぱ政治で立ち回るしかないか?それとも戦況を圧倒的に
有利な環境に持ち込むか。

地形効果利用ならば、湖沼や泥濘地にマッドゴーレム。アンブッシュかけて
「引きずり込む」しかないかも。

505 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:41 ID:???
客家のあの窓の無い住居なんぞ、面白そうなんだがな?

506 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:43 ID:???
>>497
>なんか扱いにくそうなのが揃いまくってるですけど、そういう大群を統率するだけで
>F世界側はいっぱいいっぱいになるのでは?
魔法で言う事を聞かせるのはご都合主義、という意見も分かるんだけど、あえて魔法で言う事を聞かせる方法を考えてみる。

モンスターやクリーチャーは本来の生息地は魔界とか地獄とか呼ばれる異世界であり、異世界の生物である。
これらをこちらの世界で使役するには一定の手順と条件に従った召喚儀式を行なわなければならない。
もちろん、召喚された怪物に言う事を聞かせやすくするため、こちらの世界の物理法則に合わせて怪物の肉体を構成する時に、契約と服従の呪いを同時に施しておかなければならない。
これを怠った場合、召喚した怪物は即座に召喚者に襲い掛かり命を奪おうとするだろう。

というわけでモンスターは異世界から召喚で数をそろえ、同時に統率も取れるように対処するのでオッケーと適当にでっちあげてみる。
…自衛隊にも言う事を聞かせる呪いがかかっているのかどうかはSSの設定しだい。
そして何故かかっていないかを考えるのもSS作者しだい…考察途中で責任放棄スマソ。

507 :名無し三等兵:04/05/20 22:45 ID:???
>502
拡がり過ぎた日本占領地の監理。

508 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:50 ID:???
んな小難しい理屈並べ立てなくてもこう書けばいいだろうに。召喚者の一言で足りるさ。
『成果を挙げたら、お前達の世界に還してやろう』
この一言でコクと香りが三倍増。

509 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:50 ID:???
さーて、モンスターやクリーチャーだとそろそろ限界が見えてきたから、ここらでエルフとかドワーフとか、
人間並みかそれ以上に知能があって統率も取れて食料補給などの問題も当然クリアーできるだけの能力を持っているであろう相手を敵にした場合に移行しますか?
エルフを相手にする場合現代兵器には遠慮なく魔法で対抗してきそうで期待大。

510 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:52 ID:???
…元ネタ名無しで振ったのか? 

511 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:53 ID:???
>>508
でも言葉が通じない相手、および会話が成立しない相手、さらに精神構造が違いすぎるので理解不能な相手、に一言で契約を取り付けるのは難しそうであります、サー。
いやそんなの最初から召喚するなと言われればおしまいですが。

512 :名無し三等兵:04/05/20 22:53 ID:???
F世界側に立って、自衛隊陣地を落とす為にはどのように行動すべきか。

を考えてんじゃなかったか?

513 :名無し三等兵:04/05/20 22:53 ID:???
>>508
絶対帰してもらえなさそうな芳醇さが香り立ちますな

514 :407:04/05/20 22:53 ID:???
俺は見てるぞ。
たまに意見誘導もしてくから心配スンナ。

515 :名無し三等兵:04/05/20 22:54 ID:???
軍隊は国家が持つ最大最悪の暴力装置、というのはまさしく真実だわね。
長い歴史と経験がこね上げた組織論の成果物。
アニメや小説の軍隊で、よっぽどのご都合主義と軍人の無能化コンボが
不可欠な理由がよくわかるよ。

516 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:55 ID:???
>>512
戦術を立てる前に戦力をどうやって編成すべきか、からまず論じなければならないようで…

517 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:55 ID:???
>>511
そういう所だけ魔法を遣わんのだな(笑)? あ、悪意は無いぞ? 突っ込まれるとは想像して居なかったのだ。

518 :名無し三等兵:04/05/20 22:56 ID:???
まあ、スピルバーグに染まるのも分かるけどな。

519 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 22:56 ID:???
>>514
それでは引き続き監視を委任する。

520 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 22:57 ID:???
>>513
用が済んだら大人しく帰ってもらったほうが好都合、というような理由が召喚側に生じれば帰らせてもらえるかも…

521 :名無し三等兵:04/05/20 22:59 ID:???
>516
そう。で、そこからまだ出てはいない。

と言うか、講じる手段によってベストの編成なんて星の数ほどありそう。
この段階では、『限り無くベターな編成』を考えて、取りあえず段取りを決めてみるのも一興かと。

で、平地の拠点陣地と言う『取りあえず』の設定で、自衛隊の陣地はどのように設置されているかを想像し、
F世界陣営の動きをシュミレートしてみる。

522 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 23:01 ID:???
>>517
メガテン 悪魔召喚プログラム
の二つが頭に浮かんだのであえて避けました。 まああのゲームでも「あまりにも凶暴なのとは会話・交渉できない(成立しない)」となってますけど。
翻訳魔法はあると便利ですねえ。 ご都合主義ですけど。

523 :407=521:04/05/20 23:07 ID:???
で、両官に求めて行きたいのは

小官殿には自衛隊側の行動プロセスの提示。

愚者殿にはF世界側の行動プロセスの提示。

他の名無し住人諸兄には両官の逐次の考察と対案による具体化。

非常に大変な作業だと思うが、最近の弛んだスレ雰囲気を払拭させる為にも徹底的に考えてみよう。
で、これを見た諸兄が改めてこの世界観に共感してもらえる様に『紳士的かつ理性的に』議論する事を切に望む。

追記
SSの投下時には小休止。
また、SS書きたい人はネタをパクってよし。

524 :名無し三等兵:04/05/20 23:07 ID:???
ベターといわれると、少人数での嫌がらせか?
陣地内に適当な魔法を撃ち込む。嫌がらせになれば種類は問わず。
ついでにパトロールや歩哨に「神隠し」に遭ってもらい、不安になってもらう。
可能なら士官クラスの狙撃をする。
一週間に一人二人くらいの割合で殺る事が出来たら、結構心理的に圧迫できんかな?

525 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:08 ID:???
 …平地なら、人海戦術使われた時点で、負け確定だ。補給が無ければ戦えんし、
兵士の心も絶える事無き攻撃に疲れ果ててしまう。…まあ、縦深を深くし、包囲
可能な様に構築すると言う手も有るが…篭った時点でもう、術は無い。援軍待ちさね。
 函館五稜郭さ。

526 :名無し三等兵:04/05/20 23:12 ID:???
「国民の要求に従い緊急避難措置として」埋設式地雷の再生産に
取りかかるかもしれん気がしてきた。
あれはちゃんと使えば極めて有効な兵器だからな。

527 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:14 ID:???
 前スレでも書いたが、攻城戦は『敵の心』を落とせば良いのだ。
軍板住人ならば即座に想起するのが『ベトナム』だ。…戦意をいかに放棄させるかが、鍵だよ。

528 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:16 ID:???
ホーチミン、ディエンビエンフー。…卑近な例だよ。

529 :名無し三等兵:04/05/20 23:16 ID:???
>525
それでは、常識的な範囲で互角になりうるだろう状況とはなんでしょう。

F世界側にしても物量=統率力の大幅な低下、なので人海戦術で来ても自衛隊にも活路がありそうな気も。(机上の空論ですが…)
F世界側は戦力があっても、戦術と情報力にも大幅なハンデがあるので振りましがいがあると思いますよ。

>526
もののけ姫を思い出した。
突っ込んでくる猪を地雷とダイナマイトで吹っ飛ばせ!!

530 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 23:17 ID:???
そう言えばファンタジー世界におけるモンスター軍の補給ってどうやっているのか疑問なんだよなあ…
指輪物語のサルマンのオークとウルク・ハイの数万の軍勢。 アイゼンガルドってそんなに食糧生産・備蓄能力があるのか…
ロードス島戦記の魔神王と魔神たち。 あいつらは飯くわなくてもいいのか?

やっぱり補給が容易に解決できてなおかつ大量に数がそろえられ、統率されているF世界の怪物はゴーレムとかしかないのだろうか。
エルフたちならば魔法を湯水のように使って陣地を制圧射撃できるだろうか。
ドラゴンならば航空戦力に対抗できるだろうか。
F世界考察側としてはまず軍の編成にどのような怪物の種類の組み合わせが何パターンあるか徹底的に考察してみたいものだ…

531 :529:04/05/20 23:18 ID:???
平地だった・・・囲まれたら終わりだな。

囲まれない様にする陣地設計を考えれば、面白くなるかな?地雷とか利用して。

いきなり爆発する地面が一面に出来たら、F世界の亜人種も近付かない様になりそうな予感。

532 :名無し三等兵:04/05/20 23:18 ID:???
>506
うーんと、ご都合主義というのともちょっと違うんですよ。
愚者さんの案だといくらなんでも大げさ過ぎないかな?って事なんです。
例えるなら、関東辺りの農地にてアメリカの農園あたりで使うようなトラクターを
動かして、肥料を持ってくるのにコンボイ軍団呼んでくるような違和感かな?

この板の場合、現実の自衛隊をしる人が多くてそっちの描写にはかなりの
リアリティをかもし出せる訳です。
それに対抗するF世界側の設定も、同種のリアリティを導入した方が話の
お膳立てとして相性がいいんじゃないでしょうかね。
この場合のリアリティというのは、読み手の感覚に整合性を感じさせること
を意味します。
まぁ、読んでるだけの者のお気楽な意見ですが。




533 :名無し三等兵:04/05/20 23:19 ID:???
やはり陣地には地雷だな。
この際だからBC兵器も生産しておこう。毒性と後遺症のひどいやつを厳選して。
例を挙げるならダイオキシンとかPCBであろうか。

534 :名無し三等兵:04/05/20 23:20 ID:???
>530
相手方の死体を食う。
それで食料問題は解決。で、相手方の恨みは倍増していく。

535 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:21 ID:???
結局正面VS正面の我珍子の遭遇戦から始まる戦いだね。
戦線を維持しつつ、いかに補給路・手段・物資を整備するか?
ときめく展開だとは…F側の論陣は死んでも思わんだろうな…。

536 :名無し三等兵:04/05/20 23:23 ID:???
>535
それはしょうがないと思う。
でも、そこから勝機を見い出そうと言うのが、今回の試み。

537 :名無し三等兵:04/05/20 23:23 ID:???
麻薬を敵に流せると面白いのだが…まあ、陣地の攻略とはあまり関係は無いか。

で、まずは地雷を使って陣地の防御力をあげると。
ほかには…いろいろと使えるので、航空機がほしい所だが。

538 :名無し三等兵:04/05/20 23:24 ID:???
F世界側も、自衛隊の真価を見い出し切れない内は、いきなり総力戦と行く訳には行かないだろうな。
初めは正規軍のみの編成。
徐々に全容が分かってきて、魔術師や亜人種などを投入って感じかな。

539 :名無し三等兵:04/05/20 23:25 ID:???
>>525
いつぞやのベルリンのごとく物資を空輸するとか?

540 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:27 ID:???
 それならば、楽しく行こうか! 行くぞ? 平面陣地に篭るなら、先ず長射程の兵器が最低でも8門は欲しい。
あらかじめ測量済みとしておいて、FH70に出て貰おうか。それが取りこぼした奴等を今度は、重迫で狩る。
長→短射程兵器のバトンタッチがキモだ。

541 :名無し三等兵:04/05/20 23:27 ID:???
>>537
貧乏くさく、小型飛行機改造のCAS機はどうだろう。
短距離偵察機や連絡機になりそうな気もするが‥

542 :名無し三等兵:04/05/20 23:27 ID:???
F世界側の空も、やっぱり小ドラゴンとか使うんだろうか。
元1だお〜氏じゃないが、召喚師に巨大ドラゴンを使役させて打撃力強化も面白そう。

が、精密な攻撃ができる自衛隊の敵じゃないか・・・でかいし、正直、単なる的だな。よっぽど固い皮膚でもなくちゃ・・・

543 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 23:28 ID:???
>>540
ではそれに対抗し、とりあえず、遠距離攻撃として届き難い弓矢に代わって投石器代わりにトロルやジャイアントに巨石を陣地に投げつける作戦を提案。
グレムリンなど小型の魔物を袋詰めして投げつけるのも良いかもしれない。 着弾後は陣地内に散って潜伏、破壊活動を行なう。

オークの軍勢による波状攻撃はまあ有効なので。 ゴーレムを楯代わりにしながら進軍。
時々キメラやヒドラなど大型の怪物も混ぜる。
弾薬切れになるまで持つかだな。 銃弾が無くなり補給が途絶えればこちらの勝ちだ。

人間に変身するワーウルフなどは陣地戦では潜入させるのが難しい…せめて攻城戦や都市攻略戦ならば使い道もあろうに。
精神攻撃にスペクターとかリッチとか幽霊系送り込むのはどうだろうか。

544 :名無し三等兵:04/05/20 23:29 ID:???
>>542
硬い皮膚で貫通は阻んでも、衝撃は伝わるしね。
やりようはいくらでも出てくる‥

545 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:29 ID:???
…航空機で狙える速度でも無く、戦闘ヘリでは早すぎる。隙間狙いなら、太刀打ち可能さ。

546 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:31 ID:???
…最初から負け確定だな。真面目に言ってるか? それ?

547 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:32 ID:???
負けってのは、小官の方だがね。

548 :名無し三等兵:04/05/20 23:34 ID:???
>>546-547
まあお相手は言うなれば「SF板ファンタジー学派」ではなく
「ライトノベル板ファンタジー派」のお方ですから‥

549 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 23:34 ID:???
>>532
でも単一の種族だけで自衛隊と戦うとなると、どうしても弱点が露呈してしまうから…
自衛隊は各兵科の連携で成り立っているのに、F世界側はそれだとかなり不利。
やはり複数の種族の混在する軍を編成したいところではある…方法は後から適当に考えよう、じゃやっぱり駄目か。

550 :名無し三等兵:04/05/20 23:34 ID:???
>540 F世界側。
都合が良ければ、辛うじて魔法結界で防げる地点で陣地設計。(でも、自衛隊に中世レベルの陣地って意味アルか?)
悪ければ、届かない所(死角など)に臨時拠点を作ってみる。

とにかく、情報が欲しいな。
光学迷彩の様な魔法で、遠方より調査及び監視。で、あわよくば内部の混乱を誘う。(毒とかグレムリンとか)
でも、ある程度の下準備が必要。(調査兵の教育など)

551 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/20 23:36 ID:???
ドラゴンは速度性能を考えるに、やはり森林や丘陵地から突発的に出撃して
只ひたすら厭がらせ。指輪では翼龍の鳴き声で兵が恐慌状態に陥っていたから、
定期的な撹乱方法としては面白いかな?

上空から化け物の咆吼が聞こえてくる、という恐怖はいい感じ。騒音効果は
期待できるかどうか分からないけど。大砲や航空機に対する騒音対策というのは、
自衛隊ではどのようなのをやっているんだろ?やはり耳栓かな。

552 :名無し三等兵:04/05/20 23:37 ID:???
>>546
基本の物理法則超越されちゃあさすがにねえ‥

553 :550:04/05/20 23:38 ID:???
で、将官殿にお聞きしたいのですが、F世界側の陣地は複数の方がよろしいのでしょうか。
フォローできる間隔で複数の方が効率的に動けるのなら、ただでさえ動きの遅いF世界側は好都合でしょうし・・・

でも、自衛隊にあっさり見つかって、各個撃破は避けたいし・・・
ここら辺の片方の切り捨ては仕方がないのか・・・

554 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 23:39 ID:???
幽霊系は無敵設定に抵触するので以後使用禁止…っと。
殺せないんじゃあ対処しようが無い…

555 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:41 ID:???
歩哨・動哨の複哨化、点検の細密化(これだけで隊員の心的・体力的疲労増加)。合言葉を慣習から取る。
少数部隊による、『威力偵察』と云う名の『嫌がらせ』を掛ける。拠点住人をひっとらえ、歓待し、帰還させる。
狙いは、『我まだまだ余力有り。貴君の出方はいかに? 』

556 :名無し三等兵:04/05/20 23:42 ID:???
>554
足枷作れば可能。
例えば、大量に作れない。
敵兵を弱らせはするが、それだけで殺傷はできない。など。

ゴーレムとかも同様に。

557 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:43 ID:???
>>553
出来れば、異なる種族で、だ。付け入る隙が生まれる。

558 :名無し三等兵:04/05/20 23:45 ID:???
>>549
有効な手段であると言うことはたしかであるが、やはり”どうやって複数の種族の混在する軍を編成するか”が
問題になる。ちなみに編成に費やせるリソースは限られてるので、どれに力を入れるかが腕の見せ所。


559 :名無し三等兵:04/05/20 23:45 ID:???
>>556
時々金縛りをかけてくる幽霊が陣地内をうろつき回ってたら
それはとても嫌だろうなぁ。夜中に一人で便所に行けんぜ?

560 :名無し三等兵:04/05/20 23:45 ID:???
>>555
第一次世界大戦の西部戦線ですか(w

561 :名無し三等兵:04/05/20 23:46 ID:???
>557
なるほど。そうですよね。
種族をそろえればイイと言う訳でもないですよね・・・

なんとか地の利を活かし、自衛隊を撤退に追い込む事は出来ないモノか。
政治方面絡めると、議題から逸れるんだよなあ。でも、ある程度は仕方ないか・・・

562 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/20 23:46 ID:???
>>554おもわず気体人間を思い浮かべてしまったのは公然の秘密。
まるで「幽霊」のように実体が存在せず、小銃等は一切無効、換気扇からでも
侵入は可能。圧力や毒性を持つことで、対象の殺傷すら可能!

・・・ただし、一定値以下にまで薄まったりすると死んでしまう。
基地内で気体人間vs自衛隊員というのも面白いかな?目にもほぼ見えず、いつ
ドアの隙間から入ってくるかも分からない!恐怖と焦燥に駆られつつ、
手榴弾や爆薬、火炎放射器などなどで対抗。

563 :名無し三等兵:04/05/20 23:48 ID:???
>>562
風が吹いたらお休みで…と。
気体人間なんて外をうろつけないだろ。

564 :名無し三等兵:04/05/20 23:49 ID:???
気体人間、ドラえもんでも出てきたな。液体人間もあったけど。

565 :名無し三等兵:04/05/20 23:50 ID:???
取りあえず、F世界側で最低限抑えておきたい兵科は?

俺的にはグレムリンと556幽霊(魔術師作成?)は抑えておきたい。
F世界の肝は、陣地内への徹底的な嫌がらせだと思うし。

566 :いつかの123:04/05/20 23:51 ID:???
小官殿!、「従軍坊主」はいらっしゃらないのでしょうか?
これで幽体関連は撃滅完了だねっ(*^-')b

あ、「当社の組合は、葬式以外なら手配できますよ」って言ってたような記憶が・・・
ソウデスカ ヤッパリイマセンカ ダメデスカ_| ̄|....○

567 :名無し三等兵:04/05/20 23:51 ID:???
兵科と言うより種族だろ。

568 :名無し三等兵:04/05/20 23:52 ID:???
>>566
現実世界の宗教が、F世界召喚によって現実的能力を持つとすると、ある意味厄介だぞ。
ある種の萌え展開も発生しかねないが‥なにより‥‥


誰だネクロノミコンを持ち出した奴は!

569 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:53 ID:???
 コッチはもう、砲撃の嵐。爆風でも破片でも、当たってくれれば御の字で、怯えてくれればさらに良し。
コッチが『別に狙ってない、当たれば良いのだよ』との無差別感を感じてくれれば『よっしゃあ! 』だ。

570 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/20 23:53 ID:???
>>563では魔術師氏の案をちょっと拝借し、気体人間の袋詰めを。別に
自分自身がうろつく必要も無いわけですし。

普段は風の弱い洞窟に居住しているとか、設定次第ではなんとかなりませんかね?

571 :名無し三等兵:04/05/20 23:54 ID:???
>570
お互いが恐怖心を煽る展開になる訳か。

戦争はそう言う事なのかもしれない。

572 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/20 23:55 ID:???
>558
よし、人工合成生物、と定義した「キメラ」と、同じく人造擬似生命である「ゴーレム」、そして普通の人間の歩兵。 ゴーレムを楯にしながら歩兵とキメラが進軍。
キメラとゴーレムは魔術師が精神を支配して操作。 ただし一体に付き最低魔術師一人必要。 なのであまりにも多くは大量投入不可能。
偵察・伝令用に騎士が騎乗する小型のドラゴンを運用。 戦闘ははクロスボウや槍を投擲して「陣地に落っことしたら逃げる」だけ。
魔法による支援砲撃はゴーレムとキメラの操作とは人数不足から同時運用不可能。
グレムリンを投石器で発射し、陣地内に潜入させる…着弾時に運が悪いと…合掌。

自衛隊の航空戦力は陣地戦だし陸上自衛隊の戦力(ヘリ含む)だけで空自の爆撃は無しにしませんか?

573 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:56 ID:???
無い。その手に敏感な隊員ならば、やや『散見』される程度だ。
小官まだ3曹の時警衛時に、夜間に駐屯地を、複哨で動哨していて、
『あ、そこにいますから、取り付かれないで下さい』と云われた恐怖感は…。

574 :名無し三等兵:04/05/20 23:57 ID:???
>573
いるの?そう言う人・・・
スゲ。

575 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/20 23:59 ID:???
>>572
小回りの効く航空兵力の有難みを全く、考慮しとらんだろう?
それでも、コッチはかなり不利なのだぞ? とたしなめておくがな。
空自は使わん。借りなど作りたくも無い。

576 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/20 23:59 ID:???
>>571失礼。
>>573霊感鋭い隊員を使うことで、金縛り幽霊に対する有効な監視・歩哨役
たり得ますかねえ。少なくとも「どこにいるか」分かってるだけで
ちょっとは安心できるかも。

577 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 00:00 ID:???
精神攻撃+実効的破壊活動の案。


小型のドラゴンで陣地上空から死体を投下。 一見嫌がらせ&屍毒疫病攻撃。
もちろん自衛隊は死体をどこかに埋める。 戦闘中だし陣地からそんな離れていない場所と思われる。
そして夜になった。 死体を埋めた場所の土が盛り上がり、手が突き出てくる!! 墓の下から黄泉返るリビングデッド!!

578 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:03 ID:???
あのな? 馬鹿正直に埋めると思うか? 衛生観念上? 

579 :名無し三等兵:04/05/21 00:04 ID:???
>577
投下の仕方によるし、その死体をどっから調達してくるか。
落としてグチャ!!木っ端微塵じゃな・・・

というか、自衛隊が拠点を制圧する際の屍体が陣地内に埋まっている・・・

580 :名無し三等兵:04/05/21 00:04 ID:???
平地というのは起伏が少ないって意味ですよね、普通に潅木やら草木はありますよね?
うんでもって、自衛隊側の陣地には水源となる井戸、または付近に河があると考えて
いいのでしょうか?
あと、補給路と移動用の道が複数、補給物資の運搬効率を考えると装軌車両じゃなくて
装輪車両(トラックの類)が通れるようなのが。

としたらF側の戦術は兵糧攻めなんていかがでしょう。
補給道路を複数箇所ランダムで巡りながら、大穴を空けて破壊、あとはアンデッドでも
置き土産において回る。 ついでに補修部隊なんかもたまに襲撃しておく。
水源が河の場合、取水施設辺りに水棲のクリーチャーを配置しておく、井戸でも場合
によっては同様の事ができそう。大地の精霊とか使役できるなら、井戸枯らすかも。
自衛隊側が空輸作戦を開始したら、おそらくヘリであろうその空輸手段を襲撃、出来る
範囲で出血を強いる。
これに効果が出たら、陣地周辺に火トカゲでも放って大火災を起こしておいて、あとは
ゴーレムでも全面に押し立てて潰しに入る。

自衛隊側は拠点防衛と平行して予備陣地の確保、敵の攻勢があった場合、適当に
出血をしいつつ、予備陣地への拠点移動、残った陣地にはブービートラップなんぞを。
無線起爆できる爆薬なんかが拠点ど真ん中に仕掛けてあったりして。
拠点移動そのものは攻勢がなくても適宜行ってもいいかも。
でもって、敵を右往左往させながらF側本陣を索敵、判明しだい高機動力をもって
潰す。

実際の戦力が何になるかわかりませんけど、考え方はこれで合ってますかね?





581 :名無し三等兵:04/05/21 00:04 ID:???
F世界側視点で言うよ?

まず自衛隊陣地から遠く離れた高台、もしくは竜に乗って━━で、望遠魔法で敵陣地を把握。
次に占領に必要なだけの軍を敵陣地近くまで移動させ、
儀式魔法により天候操作で敵陣地付近一帯を視界0の雨を降らせる。
……ここで上流に降らせて洪水を起こし、周辺の土地の被害無視して、
一気に押し流してしまうのもありだが、占領じゃないので却下。
で、敵陣地近くまで移動させた軍の一部を魔法で透明化させ、地雷や有刺鉄線を解除させながら前進。
敵陣地まで道ができたら残る兵たちを透明化させて前進。
陣地内に侵入して、敵兵を陰からサクッと。車両のガソリンタンクに砂糖ぶち込んだり、弾薬に火をつけるのもいいかも。

582 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 00:05 ID:???
>>577燃されちゃったらお終いっぽいですね。火力が弱いと黒こげワイトですが。
いっそネズミ(疫病感染)でも詰めまくって、それを巻くことを目的に
してみるとか・・・ダメか。

583 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 00:06 ID:???
>>575
それでもヘリが上がってくるとドラゴンは人も乗せてるしスピード出ないので相手では無いように思えますし。
空中戦ではヘリの火力と機動力が上ですし、対地攻撃でもこちらには対空防御能力が殆どありません。
スティンガーミサイルでドラゴンを撃墜できないものですかね?

584 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:06 ID:???
残念だが…先ず包囲ありき、らしい。

585 :名無し三等兵:04/05/21 00:08 ID:???
>581
エンジンの構造や弾薬などの自衛隊装備を理解しきる人材がF世界側にいるだろうか・・・
でも、洪水作戦は面白いと思った。(ちょっと無敵魔法っぽいが)

586 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:08 ID:???
>>583
で、スティンガー? …一度は見なかった事にするがな…? 
もしかして、誘導機構の事を何一つ、調べて無いとか云うオチは、無いだろうな?

587 :名無し三等兵:04/05/21 00:10 ID:???
>584
包囲は包囲でも、地雷等の設営の仕方によって抜け道は作り様のある包囲だと思いますけどね。
包囲はいざと言う時に連係できないと意味ないし。

588 :名無し三等兵:04/05/21 00:11 ID:???
>586
まあまあ、そう突っ込みなさんな。
感に触るのは分かりますが、今に始まった事ではないでしょうに。

589 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 00:11 ID:???
>>586
なんとなく思ってみただけですって。
ミサイルよりは自走対空機関砲の方がよほど命中しますよこの場合。

590 :名無し三等兵:04/05/21 00:12 ID:???
>>566
じゃあ俺はせっかくだからこの成田山のお守りを持って行くぜ!
※注)某F世界では成田山のお守りは最強クラスのアミュレットです。

591 :名無し三等兵:04/05/21 00:12 ID:???
>>585
地雷の構造もな。

592 :名無し三等兵:04/05/21 00:13 ID:???
VADSで十二分にすぎる。それこそミートチョッパーでもいい。

593 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:14 ID:???
正直、何処までの構築が許されているか、なのだよ。それで、悩む。
司令機能の地下化まで可能だったのか? 胸壁まで構築可能だったのか?
機材の退避壕まで掘削出来たのか? 等々…詰めたかったが。 

594 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 00:14 ID:???
厭がらせ万歳!の時間である以上は、まあちょっとした計略でも。
人間大のドロゴーレムを大量に用意し、魔導士の操作で一人につき3〜5体とか
動かせたら素敵(ストーンゴーレム等の大きさから考えて、単純操作なら
できそうな気も)

で、昔の矢を集める計略じゃないけど、ひたすらゴーレムを陣地に前進させる。
これを毎日繰り返し、撃たれるなら無駄弾消費にほくそ笑み、無視したり
バリケードでガードしたり、お遊びで殴ってくるような状況になったら人でも
毒でも爆裂魔法でも中に入れて、対応を難しくさせる。

ネタ元は旧独軍のやった人形工作ですかね。被服や鎧は値段高いから、損傷の
ひどいのとかぼろ布で取り繕うといいかも。

595 :名無し三等兵:04/05/21 00:16 ID:???
自衛隊側としては、

堅守と翻弄がテーマ?
F世界を現代兵器で振り回し、あわよくば拠点を守り抜く。と言う感じになれば面白そう。

F世界にしてみれば、自衛隊を拠点外へ追いやる事が目的だから、
別に自衛隊を殺傷しなくても出てってくれれば良しだが、
流通の拠点を『貿易で成り立っている』日本が簡単に手放すとは思えないし・・・

596 :名無し三等兵:04/05/21 00:16 ID:???
>>592
アフリカ内戦でよくみるトヨタランクルの荷台に重機を据えた戦闘車両かよ!
まあ使い用はありそうだがな‥

597 :名無し三等兵:04/05/21 00:18 ID:???
>593
そこら辺の提案もOK。
そこからの考察が新たなネタを産むし。

598 :名無し三等兵:04/05/21 00:19 ID:???
>592
意外に妙案。
いかに弾を効率良くバラ撒くか。それが問題だ。

599 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 00:22 ID:???
やっぱり平地戦の陣地攻略という状況があまりありえない状況で、そこまで持っていく方法が難しい以上、「背後の何かを守るために陣地構築、限定された状況下での戦闘」で「正面からしか攻撃できない地形的状況」に設定しなおしたほうがよくないですか?
防衛目標である都市に通じる唯一の、そして最後の防御拠点である峡谷の陣地に自衛隊が到着。
彼らが戦いやすいように陣地を再構築しなおすところから戦いは始まる…まずは、敵軍が到着するまでに陣地を構築できるかの時間との戦い。
運良く、敵軍到着の前に陣地の構築は完了した。 あとは、援軍の到着まで持ちこたえる事が出来るか…
敵軍はいかにして自衛隊の陣地を攻略するのか…

600 :名無し三等兵:04/05/21 00:25 ID:???
>585
素で失念してた。

>591
同じく。埋めるだけの地雷なら、掘り出して脇にどけて終了。
指向性は……向きを地面に、もしくは進軍経路に飛散しない方に向けるとか。

601 :名無し三等兵:04/05/21 00:28 ID:???
>599
日本側の戦線が最大まで拡大。
で、F世界側は流通の拠点である自衛隊陣地に攻撃をした。
この際、近辺の自衛隊陣地にも陽動作戦を行なっている。(とはいっても、嫌がらせ程度で陣地外へ出さない為の攻勢)

とか設定してみる。

まあ、平地の陣地を攻略する議題だから、マッタリ逝こうぜ。

602 :名無し三等兵:04/05/21 00:29 ID:???
>600
F世界側の工学者が大活躍しそうな予感。
工学への認識が大幅に変わりそう。

F世界の産業革命?

603 :いつかの123:04/05/21 00:33 ID:???
>>568
ゴメンナサイ、スコシ デンパガ デテイタヨウデス

>>573
ショウカンドノ、スンマセンデシタ(´-ω-`)

>>590
握った手の中にあった文字は・・・「安産祈願」


そんな訳で、モヤシミナサイマセ

604 :名無し三等兵:04/05/21 00:35 ID:???
そろそろ小説が欲しいところ。

605 :名無し三等兵:04/05/21 00:36 ID:???
>>601
戦線が延びきる前に有利な条件で講和してしまうのがベストだろうけど、
やっぱその後でも反日ゲリラが暗躍するのかね。

あー、議論の邪魔ならスルーしてくれ。

606 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 00:38 ID:???
厭がらせvs厭がらせ対決から始まりましたが、取り敢えずどれくらいの時期から
士気の崩壊が始まるでしょうねえ。自衛隊側は陣地の構築度合い等、不確定要素が
多すぎますが・・・

F世界側はどうでしょう?最終的には占領が目的ですが、長期戦になれば
周辺の石木で陣地は作るでしょうけど。

607 :名無し三等兵:04/05/21 00:39 ID:???
>605
いや、貴重な意見だ。
確かに日本は講和を選択するだろう。

てことは、F世界側はそれを良しとしない勢力と言う事になる。
その場合、戦力はおのずと制限されると言う事だ。

608 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 00:40 ID:???
やはり突っ込みどころの多い最終兵器、最弱にして最強なあの生物を出すしかないでしょうか…

それは音も無く、文字通り地を這うように陣地に忍び寄る。
それに定まった形は無い。 動きは遅く、素早く動く獲物を捕らえる事はできない。
しかし、一つ所に留まり、動かず固まった相手や、屋内などの逃げ場の無い閉鎖空間ではほぼ無敵を誇る。

それの名は、スライム。 体積の半分以上を水分で占め、ゲル状の体を持ち、獲物のカラダを自分の体内に取り込んでゆっくりと消化吸収する原始的な生き物。
それが、深夜誰にも気付かれる事無くゆっくりと地面を這い進みながら自衛隊の陣地へと進んでゆく。
その総質量、80t。 少し広いプールを満たす事が出来る量である。 普通此処まで巨大な体を持つスライムは存在しない。
人工的に培養されて作られた、スライムの巨大集合体である。
それが、陣地間近まで来た時ゆっくりと地面の中に半液体の身体をしみこませ始めた…
地面の下から陣地へと浸透し、陣地全体に広がり潜むためである。 そうして、陣地ごと、全てをゆっくりと飲み込むつもりなのだ…
自衛隊が気づいた時にはもう襲い。 明日の昼ごろには、陣地全体の地面からスライムが湧き出し、自衛隊員の手足に絡みつき、彼らの身体の表面を多い尽くしてからゆっくりと消化し始めるだろう。
そう、彼らの陣地はスライムの餌となるのだ。

609 :607:04/05/21 00:42 ID:???
で、その場合はF世界側に時間がない事になる。
F世界としては嫌がらせがベターな手段(と言うか、コストと照らし合わせるとこれ位しかまともそうな手段はない?)
だが、そうも言ってられない事情が出来てくる訳だ。

そこで、F世界側としてどのように次のステップへ踏み出せば良いか・・・

気分はイゼルローン攻略?

610 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 00:43 ID:???
>>607
ということは運用できる怪物はほんの数匹、後は普通に人間の軍隊と魔術師ですか。
いや、流石にこれだと少なすぎますか…

611 :名無し三等兵:04/05/21 00:45 ID:???
スライム。妙案。

問題はどう使うか。
作る時も、知性らしきモノは必要か。どの程度の能力で妥協するか。送り込むのにどうするか。
生命力はどの程度で押さえるかなど、結構考える事がありそうだ。

最悪、殺傷能力無しで、金属を溶解するスライムでもイイかもな。

612 :607:04/05/21 00:46 ID:???
>610
でも、その魔術師が使いでがアルぞ。
あとは俺等の応用力だw

613 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:47 ID:???
こんなシュールな作戦考えるお偉方に、俺は拍手した。
拡声器による大音量での…その…解るだろう? あれだよ、ア・レ。
日本の誇る映像産業の作品で、アジア諸国で馬鹿売れした、モザイク入りの、ア・レ。

 「聞かせてやれ。声だけだが…偵察小隊の報告では未だ敵方は娼婦の手配が出来ん
  と聞く。…騎士階級や聖職者階級しか手配できんそうだから…これは効くぞ? 」

 …あのお堅い『衛生科』の三佐の意見だとは驚いた。女だぞ? 普通言うか?

614 :名無し三等兵:04/05/21 00:47 ID:???
>611
で、溶解するだけしたら、かってに死滅。
白血球みたいに。

615 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:47 ID:???
と云う小品だ。以上。

616 :名無し三等兵:04/05/21 00:48 ID:???
>613
てことは、自衛隊側は娼婦を手配できているのか?

F世界側は周りの村々でムラムラしてそうだが。

617 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 00:49 ID:???
>>610でも取り敢えず、これで複数種族の連合化とかもできませんかねえ?
日本が講和を結んだ、ということは間違いなく相手は「現地の大勢力」という
事になります。

逆に言えば、彼らと日本が連むことを恐れる(厭がる)連中はいっぱいいるって
事でもあります。自滅万歳迫害反対!ってな感じで少数民族や政治的劣勢な
国家が嫌がらせのメインになるかも。

618 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:49 ID:???
…無い。だから、映像作品で我慢していた。

619 :名無し三等兵:04/05/21 00:51 ID:???
>617
てことは、エルフ(またはダークエルフ)とかの主な迫害対象亜人種類がF世界側に加わる事も考察に入れてみる?

魔術分野で(ある程度の限定も必要だろうが)応用が広がりそうな展開。

620 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 00:53 ID:???
>>618辛い話で・・・しかしむしろ「お堅い聖職者」(表向き)に対する
心理効果の方が興味深いとか思ってしまいました。

621 :名無し三等兵:04/05/21 00:54 ID:???
F世界側の村娘も商売と割り切って娼婦家業に精を出してそうな予感。文字通り。

まあ、拠点陣地内の住人も同じ認識なんだろうけど。(自衛隊相手に商売、商売!!)

622 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 00:56 ID:???
>>612
魔術師の魔法を目イッパイ使って…やはり陣地全体を包む濃霧を発生させて奇襲、もしくは奇襲と見せかけて複数方向から喚声を上げ、時々矢を打ち込む…
でっかい火の玉を陣地に向かってボンボン投げつける…
地形を変えるような魔法を使って陣地を隆起させたり陥没させたり…(反則気味)
陣地周辺の気温を極低温まで冷却する…
毒ガスを発生させて、さらに気圧操作の魔法で風を作り陣地に向かって流す…
地面から植物をニョキニョキ生えさせる魔法を使って陣地を蔦草のジャングルに…
土中の金属原子を集めて結晶化させたものを陣地内に生やして針の地面状態に…
夜な夜な幻影や悪夢を陣地に向かって見せ続ける…
陣地上空のオゾン層を破壊して紫外線を…(できるのかそれは!?)


623 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 00:57 ID:???
>>619それもアリでは無いでしょうか?食料輸入路の確保とか、取るべき手を
取った結果として大勢力と結んだ場合は、迫害種と交流が無くなっても
仕方がないでしょうし。むしろ積極的に潰しに行かないといけなくなるかも。

624 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/21 00:59 ID:???
ま、ガイドラインに抵触したが、『下』の処理は重要だ。
さあ、小官大好きで大好きで堪らない、あの人の詩だ。
『知れば迷ひ 知らねば迷わぬ恋の道』。
詠み人は…徹底的に後世に己の散華を演出して『魅せた』人だよ。
お休み、諸君。

625 :名無し三等兵:04/05/21 01:01 ID:???
>622
魔術師のキャパシティにも因る。
そこまでできるだけの魔術師等を要する軍団なら、自衛隊とタイマン張ってもなんとかなりそうだ。

626 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 01:01 ID:???
>>621
近隣の村々から娼婦が商売に来たと見せかけて、人狼など人間に変身可能な怪物が陣地内に潜入…

627 :名無し三等兵:04/05/21 01:02 ID:???
>624
おやすみなさい。
楽しい雰囲気をありがとう。

628 :名無し三等兵:04/05/21 01:04 ID:???
>626
そういう諜報手段は順当だよな。
恐らく、F世界側の娼婦にも自衛隊側の間者が混じってる。

629 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 01:04 ID:???
小官殿お休みなさいませ。
自分もそろそろ限界なので寝ます…

では。

630 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 01:05 ID:???
>>628で、ピロートークで二重スパイをぶったたけ!ってなネタもあったり
なかったりするわけですか?

631 :名無し三等兵:04/05/21 01:07 ID:???
>630
もちろん。
異様に股間の匂いを嗅ぐ女はワ−ウルフとか・・・

逆に、異様に性知識が豊富な村娘は自衛隊女スパイ?

632 :407:04/05/21 01:09 ID:???
では、俺も寝ます。

願わくば、これからも楽しいスレであります様に・・・

633 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/21 01:11 ID:???
>>631
「おい、狼女の見分け方って知ってるか?」
「そんな方法、あるのか?」
「もちろん!いいか、狼女はな、抱いたら一晩、絶対に男を離さないんだよ」
「そりゃ離れないの間違いだろ!」

・・・もう寝ます。脳が幽霊に浸食されてる。OTZ

634 :名無し三等兵:04/05/21 01:18 ID:???
後背位をやたら要求してくるのは獣人系。

635 :名無し三等兵:04/05/21 01:28 ID:???
すっかり乗り遅れだけど気になったので質問。
グレムリンってどうやって機械を壊すんだろうか?
やっぱり魔法?

あと指向性はあるのかな?
周りの機械を無差別に故障させるなら
投石器で投射とかはできないよなー


636 :名無し三等兵:04/05/21 01:39 ID:???
>634
グッと来た。

637 :名無し三等兵:04/05/21 02:17 ID:???
>>635
きっと、その機械の構造と動作原理を一瞬で理解する特殊能力があるんだろう。
で、どの部分を弄れば動作不良になるのかを演繹して、その部分を重点的に
故障させる。仕事が終わればさっきまでのことは綺麗さっぱり忘れ、他者と情報を
共有しようとはしない。これはもう本能的なもので、どうしようもないとか。


それか、やっぱり「時間を進める魔法」みたいなの使ってもの凄い勢いで劣化させるとか。

638 :名無し三等兵:04/05/21 02:22 ID:???
>>637
・・・999思い出した

639 :名無し三等兵:04/05/21 02:23 ID:???
グレムリンがいるから故障するのではなく、
故障するとグレムリンが発生する。

と、考えてみる。

640 :名無し三等兵:04/05/21 02:37 ID:???
グレムリンの天敵は工兵や技術者だな。
あるいは壊れようがないくらい単純な道具。

641 :名無し三等兵:04/05/21 02:48 ID:???
64式からはグレムリンのしっぽが常に見えている・・・

642 :名無し三等兵:04/05/21 03:17 ID:???
良く分かりませんが 対グレムリン兵器置いときますね。

    _
  ,i´ ,,,, ''ー- ,,
 / /   `'''- ,, /ー-,,
 |_l゙       ゙ ''ー、,,"'ー、,,
             `゙''ー,,゙''`ー,,
                `゙'ー,,`゙''ー,,
                   `゙''ー,,,`゙'ー,,
                      `゙'''ー,,`゙''ー,,
                         `゙''ー,,,`゙'-,,,
                            `゙''''ー,,,`ヽ
                                ''''`

643 :名無し三等兵:04/05/21 07:41 ID:???
 ベトナム戦争時代戦略村の小隊陣地を大規模にしたような所に籠もり、攻め手から現地住民を保護しながら戦う守り手陸自を妄想。

644 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/21 07:53 ID:???
おはよう。
グレムリンは単純に、機械などを見るとその構造を調べてみたくなり、そしてとりあえず分解してみたくなる習性があるのではないかと考えてみる。
ただし分解し終わったら飽きるのでそこら辺に部品を散らかして終わり。
機械を故障させるためにグレムリンが居るのではなく、グレムリンは機械を故障させる本能的衝動がある…というのはどうだろうか。
もしくは、機械が故障する→人間が困る→それを見て楽しむ というような愉快犯的行動を楽しむ習性が…

645 :名無し三等兵:04/05/21 08:07 ID:???
映画「グレムリン」のは、明らかに人殺す目的で機械を誤作動させてたな。

646 :名無し三等兵:04/05/21 08:52 ID:???
>643
その場合、現地住民と言うより駐留邦人の保護が目的だと思う。
そっちの方が自衛隊の意気込みも違ってくるだろう。

647 :名無し三等兵:04/05/21 09:03 ID:???
まあ、方法は分からんが、

>機械が故障する→人間が困る→それを見て楽しむ

てのが、一番信ぴょう性ありそうだなあ・・・>グレムリンの習性

648 :名無し三等兵:04/05/21 10:43 ID:???
グレムリンなんぞ現代工学が産んだ最悪の悪魔、マーフィーに比べれば玩具のようなものだ。
なにせマーフィーは壊れるだけで済まさないし、機械以外にも有効だからな!

(涙

649 :名無し三等兵:04/05/21 15:34 ID:???
とりあえず、水をかけたら増え出す方のグレムリンも相当鬱陶しいかと。
奴ら的には悪戯の範疇を出ないが、やられる側からすれば、最早悪戯じゃないしね。

ところで、スライムに除湿剤をぶつける&くらわせたらどうなるんだろう。
体の殆どが、水分で出来てるヤツらには天敵だと思うんだが?


650 :名無し三等兵:04/05/21 15:47 ID:???
除湿剤ってそういうものだったっけ?

651 :名無し三等兵:04/05/21 15:50 ID:???
酸化カルシウムなんかが、比較的安価で手に入って効果的かもな。
原料は日本国内でも自給できるし。
水を吸い取るときに発熱して、水分の蒸発を促進するし。

652 :名無し三等兵:04/05/21 16:51 ID:???
>>649 あれって水分じゃ無いみたい。昔、「スライム」に食品用除湿剤ふりかけたけど変化無かったよ。


653 :643:04/05/21 17:10 ID:Xuj12ACt
>>646
 現地住民の方がノリ的に面白そうって事で(マテ)

654 :名無し三等兵:04/05/21 18:08 ID:???
sageがてら、グレムリンは直接機械に干渉するのではなくそれを扱う人間に催眠術なり何なりで
整備不良を誘発させるのではないかと考えてみる。

655 :狩人:04/05/21 20:15 ID:???
F世界側に前進壕を掘らせるのはありですか?


656 :名無し三等兵:04/05/21 20:30 ID:???
>>649
マーフィーの法則は〜誰も逆らえな〜い〜♪(by嘉門達夫)

657 :名無し三等兵:04/05/21 20:31 ID:???
>>649
水だけで繁殖はできないぞ…と。

658 :名無し三等兵:04/05/21 21:06 ID:???
>>655
あり。


659 :名無し三等兵:04/05/21 21:12 ID:???
>>622
>でっかい火の玉を陣地に向かってボンボン投げつける…
これは問題ない。
>地形を変えるような魔法を使って陣地を隆起させたり陥没させたり…(反則気味)
>陣地周辺の気温を極低温まで冷却する…
>毒ガスを発生させて、さらに気圧操作の魔法で風を作り陣地に向かって流す…
で、それらに費やすエネルギーを魔術師の体力から調達できるんですか?
>地面から植物をニョキニョキ生えさせる魔法を使って陣地を蔦草のジャングルに…
種はどこから?それと、極低温にすると植物の育ちが悪くなるんでは?
>土中の金属原子を集めて結晶化させたものを陣地内に生やして針の地面状態に…
せめて石英にして。
>夜な夜な幻影や悪夢を陣地に向かって見せ続ける…
悪くない。ちなみに、J隊にも似たような真似はできなくもない。
>陣地上空のオゾン層を破壊して紫外線を…(できるのかそれは!?)
無理ぽ。



660 :名無し三等兵:04/05/21 21:27 ID:???
>>655
ただ、F世界側のドクトリンとの相互関係も考えなくちゃだよ。
いきなり近代レベルの前進壕戦術を思いついて繰り出してきたらいくら何でもあれだ。

661 :名無し三等兵:04/05/21 22:40 ID:???
>>644
たぶんそんなものでしょう。
子供がおもちゃを分解したくなるのと同じです。

662 :いつかの123:04/05/22 00:09 ID:???
湿気取りよりも効果高そうなのが、紙オムツの中身「高分子吸収体」!
薬局日用雑貨店から飛ぶように売れる紙オムツ!
これでスライムが攻めてきても安心だねっ(*^-')b

スミマセン "オツム"ワルイノハ コノワタシデス _| ̄|○|||

663 :名無し三等兵:04/05/22 00:49 ID:???
>>652
所詮天然高分子ゲルなんだから熱をかければ架橋が解けて水分になるよ
なんなら金属ナトリウムの塊を投げつけるのもアリだなw


664 :名無し三等兵:04/05/22 00:56 ID:???
>>662
紙オムツの中身も高分子の架橋で水を閉じ込めるゲルなのでスライムと同じですな

あ、そういえばスライムって中に獲物を取り込んで酸で溶かして養分にするんだっけ?
人を溶かすほどの強酸なら高分子架橋によるゲルって線は消えちゃう気がするなぁ


665 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/22 01:29 ID:???
ここで、
『スライム=細胞』説なる電波を飛ばす私が居るわけですよ。

単細胞があそこまででかくなるワケ無いだろ、とか
せめて多細胞の粘菌にしとけ、とかのツッコミは、
自分でそう思うので無しの方向でお願いいたします。

666 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/22 01:34 ID:???
私の記憶が確かならば、地上最大の細胞は駝鳥の卵だったような。
人体で最大の細胞は、卵子だったような・・・・。

667 :名無し三等兵:04/05/22 02:23 ID:???
>>666
それだと物理法則に従うなら
単細胞の場合ダチョウの卵並みの強度の細胞膜が必要になっ(ry


668 :名無し三等兵:04/05/22 04:06 ID:???
マーフィーズゴースト

669 :狩人:04/05/22 07:38 ID:???
≫660
まあ裏切りや拉致で自衛隊員を連れてきて近代戦術を教えさせるのも
可能だと言い張りたいですね。
第一線壕の占領自体は何とかなるかもしれません。
闇夜にこっそり近づいて爆発物投げれば終わりですから。
でもそれで壕を維持できるかと言うと側面から蜂の巣になって
終わりなんですけど。


670 :名無し三等兵:04/05/22 10:00 ID:???
>>665
じつは粘菌や地衣類なら可能性はあるのだが。

671 :名無し三等兵:04/05/22 10:03 ID:???
陣地とかのレベルじゃなく、戦略レベルでの話だから、今のところの話題とはあまり関係ないが、F世界国家に
カストロの真似をやられると困るな。犯罪者に入国なんかされると大変だ。

672 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/22 10:37 ID:???
>670
そこをあえて単細胞で。
・・・・空気中だと自重で自壊しそうですが。

673 :名無し三等兵:04/05/22 10:59 ID:???
>>669
現代的な壕では、こっそり近づいて投げ込める爆発物程度では
損害にならない可能性がかなり高いが‥

ほぼ同等の装備と戦術を持っていても陣地への攻撃はかなり危険だしな。

674 :名無し三等兵:04/05/22 11:00 ID:???
>>672
単細胞だと、細胞膜を破壊しただけで全滅しちゃわないか?

675 :名無し三等兵:04/05/22 11:02 ID:???
>>674
あたり。つーか細胞膜だけじゃ強度が足りんわな。外部から異物が入り込むのも阻止できないし。
細胞内でも統制が取れなくなるし。

676 :名無し三等兵:04/05/22 11:24 ID:???
なぜか陸自はWW1みたく陣地に籠もりきりになるようだが、逆襲は
しないのだろうか。
後方の重砲や重迫、機甲戦力を投入してここぞと言うときの逆襲‥
燃えるんだが‥


まあ冷戦期から軍ヲタをやってると、陸自は露助相手に守って守って
守り抜いてじりじり下がって出血を強いる、ってイメージの刷り込み
が強いからなんともあれだが。

対峙していたのが「損害を受けた師団を後方に下げるより、壊滅する
まで進撃させ、後続がその残骸を乗り越えた方がよい」って現代的に
洗練された機甲+物量戦術が基本の恐ろしい連中だったんだよなあ‥
としみじみ思うこのごろ。

677 :名無し三等兵:04/05/22 11:35 ID:???
F世界でも無停止攻撃

678 :名無し三等兵:04/05/22 11:39 ID:???
>>677
高度な軍事教育を受けた参謀団と通信網がなければ散発的な自殺的突撃になる罠。(w


679 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/22 17:48 ID:???
>でっかい火の玉を陣地に向かってボンボン投げつける…
>これは問題ない。
いや、これにも突っ込んでよ…燃焼という現象である火それ自体を空中に固定しそれ自体に運動エネルギー与えて目標へぶち当てるなんて物理法則いくつか無視・無理しているんだから。
プラズマか、中心に可燃物の固まりでもないと、火の玉を空中に維持なんて出来ないよ。

>で、それらに費やすエネルギーを魔術師の体力から調達できるんですか?
原理とか方法とかできるできないとか、全てできるものと思ってくれよ。
でないと、それが可能であることに説得力持たせるためにどうでもいい自分設定の魔法理論語らなきゃならなくなる。
思うのだけれど自衛隊の戦力・装備・戦術は現実にあるものだから、それに即している限りは特に異論も出ずに議題どおりの議論が可能となる。
でもF世界側は実在しないものだから、自衛隊と同じレベルで「可能か不可能か?」を考慮すると、「どんな戦術を」の前に「どんな編成を」、そして、何故だか分からないけど
「どんな国が? 国力は? 技術レベルは?」「どんな原理で?どのように?」というところまで突っ込まれている。


680 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/22 17:49 ID:???
続き
そもそもの議題は「自衛隊が防衛する陣地をF世界側の戦力で、どのような戦術を持って攻略するか、そして自衛隊側はどう対抗するか?」じゃなかった?
なんで「どのような国力と技術力を持つF世界側の国が自衛隊に戦いを挑むか」になっちゃってるの?
確かに、制限無しに戦力投入できるのは不公平だし無敵設定にもなりかねないけどさ。 それやられると自衛隊勝てないけどさ。
「こういう戦術取られたら、自衛隊はどう反撃するか」ということが今回の議題の軸であり一番面白いところだと思うんだけれど。
自衛隊が「そんな戦術取られたら勝てないから、禁止」というのはちょっとおかしくない? 勝てないなら勝てないで認めればいいじゃないか。
F世界側だって特科の砲撃や空爆されると対抗できないのは認めているんだから。
勝てないなら勝てないで、それは一つの結論だと思うのだけれど。 自衛隊・F世界どちらにしろ。
あと、できるかできないか、というのも…原理から自分設定で説明されるとまたウゼーって言いたくなるでしょ?

>種はどこから?
植物の種は結構普通に土中に埋まっています。 気温や水分などの各種条件で芽を出して、それ以外は休眠状態で長いときは何年も持ちます。
陣地が土の表面をかなり掘り起こしたりドーザーで削ったりコンクリ打ちしたりしているならそりゃあ芽も出てきませんが。
あ、ついでに別に低温攻撃と同時併用するとは言ってませんよ。 例を適当に並べただけでしたのであしからず。

681 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/22 18:01 ID:???
まあ、そんなわけでF世界側の戦術は「できるか、できないか」は全て「できる、あるいは、できるように全ての問題を解決した」と思ってくれると幸い。
その上で「それは卑怯すぎ」「ならこちらも空自に支援要請するぞ」といくらでもクレームを付けてくれていいと自分は思う。
議題で語るべきは「戦術・対抗策」なのだから「原理・可能かどうか?」まで突っ込まれると、話が横道にそれてしまう気がする…
なんつーのか、グレムリンやスライムについてのレスや議論考察も、能力とか原理とか細胞構造がどうとかじゃなく実効的な対処法とか考えて欲しかった。

そんなわけで長々とすまなかったけど以上。

682 :名無し三等兵:04/05/22 19:08 ID:???
確か中世の騎士どもは戦場では敵兵殲滅よりも捕獲を目指したんだよな?

斥候の報告から自衛隊幹部の前線視察を察知。捕獲しようと出陣。
だがトーゼン失敗。銃火の下に上級騎士がバカバカ死亡。

F世界側「なんて奴らだ、戦の作法を知らん野蛮人め!」

683 :名無し三等兵:04/05/22 19:13 ID:???
>>682
ならば八百長戦争を持ち掛けてくる傭兵隊も欠かせませんな。

684 :名無し三等兵:04/05/22 19:19 ID:???
>>681
>話が横道にそれてしまう
それで新ネタが出てくるならいいじゃあないか。

685 :名無し三等兵:04/05/22 20:02 ID:???
>>682
中世の戦争って死傷率はあんがい低かったそうだからねえ。
あの衛生概念と言うものと、太陽からセドナくらいの隔たりがある欧州でさえ。

近代戦式のバカバカ死ぬor大怪我続出の前に、真っ青にもなるだろうなあ。

686 :名無し三等兵:04/05/22 20:07 ID:???
>>679
>>でっかい火の玉を陣地に向かってボンボン投げつける…
>>これは問題ない。
>いや、これにも突っ込んでよ…燃焼という現象である火それ自体を空中に固定しそれ自体に運動エネルギー与えて目標へぶち当てるなんて物理法則いくつか無視・無理しているんだから。
>プラズマか、中心に可燃物の固まりでもないと、火の玉を空中に維持なんて出来ないよ。
可燃物の固まりがあればできるからOKなのである。運動エネルギーは投石器のようなもので与える。
魔術師がやるのは点火だけという罠。

687 :名無し三等兵:04/05/22 20:09 ID:???
>>686
それ魔術師必要なのか?……とボランティアで釣られてあげます。

688 :名無し三等兵:04/05/22 20:12 ID:???
>>681
じゃあ期待にお応えして、

●グレムリン
 壊れて使えない機械などを囮においておく。

●スライム
 周囲の土にダイオキシンか青酸化合物を散布。

689 :名無し三等兵:04/05/22 20:18 ID:???
「原理はいらない。どうにかなるのだ」的な世界の法則があるんだったら‥

研究者ががんばれば医療用ナノマシンとか核融合とか人工知能とか
サイボーグとかに応用できそう。(w
この法則は魔術にだけ有効、とか恣意的なルールは無しで。

690 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/22 20:20 ID:???
他のどんな魔法が突っ込みいれられても何故かファイアーボール系の魔法だけは自然に受け入れられてしまう不思議。
戦術での意味で問題ないと言われるならば別に他の例としてあげた魔法も「敵に損害を与える」という意味では問題ない。
特に毒ガス魔法+風魔法。 戦術的に無茶というわけでもない。
可能かどうかという意味ならばファイアーボールも地番沈下や低温攻撃と同じくらいにはどうやって可能とするのか、疑問点や難易度は高い。
まあ今回「問題ない」とされたのは、程度の問題なのだろうね。 迫撃砲使った砲撃と本質的には変わらないし。

と、言う事は魔法の戦術的に許容されるレベルというのは「自衛隊側の兵器と同等もしくは同質、同効果」という基準ということでOK?

691 :名無し三等兵:04/05/22 20:25 ID:???
>>690
>魔法の戦術的に許容されるレベル
無理に定義しようとしなさんな。
個人的には最低でもエネルギー保存則が守られていて欲しいけどね。

692 :名無し三等兵:04/05/22 20:26 ID:???
>>689

そんな大分人の脳内ワールドみたいな世界はイヤだぞ。

補足
大分人:ハン板日韓トンネルスレの電波コテハン。

693 :名無し三等兵:04/05/22 20:27 ID:???
>>690
>>686を見ると理由がわかるかと。

694 :名無し三等兵:04/05/22 20:30 ID:???
>>690
最低限、質量保存の法則とエネルギー保存の法則が守られてればOK

スライムについてだが、ああいう手合いはどこに住んでいるのであろうか。
やはり木の上にいるのであろうか。

695 :名無し三等兵:04/05/22 20:30 ID:???
俺的には、エネルギー保存則に「質量=エネルギー」という大前提もほしい。
エントロピー増大の法則と、不確定性原理と不完全性原理も。

696 :名無し三等兵:04/05/22 20:32 ID:???
関係ないが「魔法で透明化したら、肉眼視力を失うんじゃないか?」という気がする。
目が見えるというのは網膜に光が当たって化学変化を起こす、という原理に基づいて
いるわけだが、透明になると網膜に光が当たらず透過するわけだから。

ってSF系の透明人間に対するツッコミでは定番の疑問だな。

697 :名無し三等兵:04/05/22 20:35 ID:???
>>696
物理的に透明になるのではなく、周囲の人間(とは限らないが)に無視されるドラえもんの石ころ帽子式ならOK。

698 :名無し三等兵:04/05/22 20:37 ID:???
>>694
細胞膜からの水分蒸発を防げない形態なので、
じめじめした場所ではないでしょうか。
沼沢地や洞窟の中とか。

699 :名無し三等兵:04/05/22 20:41 ID:???
>>697
なるほど。暗示系魔法ですか。
対策は、暗示されてても気になるめざとい人間、そもそも暗示が効きにくい
鈍感な人間などを配するか、機械的または電子的なセンサーを使用する、
という感じですかね。

700 :名無し三等兵:04/05/22 21:05 ID:???
>>698
自分としては、スライムというのは菌類や地衣類のコロニーのようなものだと思っているが、
やはり湿気のある場所でなければ無理か。
だとすると、普段は草でも食べてるのであろうか。

701 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/22 21:08 ID:???
>694・695
でもそれを議題中に説明しようとすると設定厨と言われるから、原理の事はあまり深く突っ込まないで下さいとお願いしたい。
自作SSではそこら辺を解決するのに苦労中。 魔法発動に必要なエネルギーを質量に換算するととんでもない量になるから…
でも人間の体重or人間が携帯できる重量の何かの資源という風に設定するとどうしても足りないわけで。
考え出すとキリが無いので、魔法に関してはこちらの世界の物理法則はある程度、あえて無視してくれないものでしょうか…

702 :名無し三等兵:04/05/22 21:13 ID:???
>>701
最低限、エネルギーの出入りははっきりさせてもらいたいです。


703 :名無し三等兵:04/05/22 21:14 ID:???
>>701
議題中でなく、作中で説明すれば設定厨とは言われません。


704 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/22 21:16 ID:???
>スライムの居場所
洞窟・地下室・地下牢・床下・天井裏・沼地・湿地・木の洞・岩の下
自然界に棲んでいる奴は割と小さくて粘菌と同じようにバクテリアとか食べているんだと思う。
それが何かの理由で巨大化したり、人工的に大きくさせられたりすると、地面の下などに潜んで、知らずに足を踏み入れた生き物(比較的小さいものは昆虫、大きいもので四足獣?)を落とし穴か底なし沼みたいに嵌らせて、丸呑み、酵素で消化。
ウィザードリィみたいにダンジョンとか閉鎖空間に住んでいて巨大になりすぎた奴は通路を一杯に塞ぐほどになり、相手を追い掛け回した上袋小路に追い込んで捕食…とか適当に考えてみた。

705 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/22 21:21 ID:???
>>702・703
じゃあそっちも議題中であまり深く突っ込まないでよ…答えようが無いじゃん。

706 :True/False ◆ItgMVQehA6 :04/05/22 21:45 ID:???
>703
作中においては説明ではなく描写になるのではと言ってみるてすと。

>689
> 「原理はいらない。どうにかなるのだ」的な世界の法則があるんだったら‥
> 研究者ががんばれば医療用ナノマシンとか核融合とか人工知能とか
> サイボーグとかに応用できそう。(w
> この法則は魔術にだけ有効、とか恣意的なルールは無しで。
では某研究者などの廻りでは面白いことがおきるのでしょうか。

707 :名無し三等兵:04/05/22 21:48 ID:???
新戦車は国産レールガン搭載に決定w

708 :名無し三等兵:04/05/22 22:32 ID:???
普通科にはパワードスーツ支給、と。(w

709 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/22 22:39 ID:???
では施設科にはドリル付きのなにかが配備?燃える!

710 :名無し三等兵:04/05/22 22:46 ID:???
>>709
ドリルつきの何かならもうあるでしょ。

711 :名無し三等兵:04/05/22 23:45 ID:???
穴掘り専門部隊あるしな。

712 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 00:07 ID:???
 陸自の篭城戦ですか・・・・。
作中で出す予定はあます。
なので、どういう展開になるかは書きませんが・・・。

 

713 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 00:52 ID:???
皆さん、お待たせしますた!
久々に投下いたしまつ。

714 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 00:53 ID:???
「日本異邦戦記」

>>225の続き

 葛重三尉はエステルス城砦の放棄が決まってから、夜が遅くなる直前まで荷物の整理を終える事ができた。
そして、観戦武官としての日誌と報告書を書き上げる。
 近衛兵団の誤算、エステルス城砦での篭城戦、そして王都防衛の為に放棄を決めた経緯を纏めあげた。

 既に辺りは何も見えないほどに暗く、城壁の中はしんと静まり返りそれと対照的に、壁の外は明かりが煌々と照らし
ている。
椅子から立ち上がり部屋を出て、廊下は脱出の為の最後の準備で慌しい中を、まるで曲芸のように人の波を避けつつ歩
き、屋上にでた。

 エステルス城砦に立て篭もり、既に10日は経つ。
一ヶ月近く立て篭もっているような錯覚さえ、葛重三尉に感じさせる。
もう少ししたら忙しくなる為、体を休めないといけないのだが、気が高ぶっているようで、ちっとも休めないでいたの
だった。

715 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 00:54 ID:???
 葛重三尉の元には、本国で泥縄的に編纂された東方語のテキストが届けられており、それを元にディーンに教えを請
いつつ学んでいた。
今では、三尉は片言ではあったが、大陸人と意思疎通ができるまでにはなっていた。
 自分一人で行動しようと思えば、何時までもディーンに一緒についてもらうばかりではいけないと、強く思うように
もなっていたのもあるかもしれない。

 片言ながらも話せるようになれば、今度はそれを元に新たな単語が大陸人から得られるようになった事も一人で行動
出来る範囲を広げる原動力になった。

 休めないままに今もテキストで覚えた単語などを反芻していると、後ろに人の気配を感じた。
顔を気配のした方向に振ると、そこには一人の人間が屋上へと続く入り口から三尉の方へ歩み寄っていたのが視界に入
る。

716 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 00:56 ID:???
「Lawm gdiels woh daz ?」
「Daz gdiem woh Kuzushige」
「Lawm」とは「誰」の意であり、「gdiels」とは動詞であり「gdie」の三人称で男性が使用する場合で、「gdiem」
は一人称なのだった。
「woh」は存在を意味する単語であり、そこに誰がいるか尋ねる時に使用される事の多い単語である。
「daz」とは英語での「place」に近い意味の単語である。
 よって、この場合は「誰がそこにいるのか?」と言っている事になる。
これに対する返答が「Daz gdiem woh Kuzushige」という事なのだ。

717 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 01:12 ID:???
 三尉の視界に飛び込んできたのは、近衛兵団司令ガシュタス候リキアルト卿だった。
卿を確認するや三尉は答礼を行った。
その答礼に対して、卿は返礼をした。
 三尉は自衛隊式に、卿は近衛兵団としてのそれで。
互いの敬礼に対して、それぞれ教えてもらっていた為わざわざ説明する必要はない。

「ああ、葛重三尉か。貴殿も休められないのかな?」
「団長こそ、こんな所にいてよろしいのですか?」
「既に命令を出しているから、休む事が今のやる事とも言えるがね。明日は忙しくなるからな。だが気が高ぶって寝付
けないのもまた事実だ」
「そうですね」

718 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 01:13 ID:???
 三尉の言葉に卿は、やや笑みを薄く張り付かせ城壁の外を見やる。
城壁の外はいささかも警戒を緩めていないかのようだった。

「奴らの錬度は意外と高いな」
 軽く息を吐いて呟いた卿に三尉は同意した。
「ここに張り付かせられる事で逆に不満に思うのではないかと、そう淡い期待をしていたのだがね」
「そんな事を期待していたは戦などできませんが」
「それはそうだ」
 一頻り軽く笑った卿は、三尉に顔を向ける。
「この戦が終わって王都につけばの事だが、貴殿の国の事を聞かせてもらえないか?」
 怪訝そうに三尉がすると、卿は軽く頭を振る。
「無事に生還する為の理由と思ってくれ。何もないよりはあった方がいいから」
「そうですか。なら、王都についた後、自分の生まれた場所などを話して差し上げますよ」
「期待しているよ」
 そう言うと、2人は申し合わせたかのように屋上を出たのだった。

719 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/23 01:14 ID:???
今回の更新はここまででつ。
皆さんの善戦に期待しま。

720 :名無し三等兵:04/05/23 11:43 ID:???
政府広報課殿、乙。

721 :狩人:04/05/23 12:36 ID:???
>>682
昔は昼食取りたいから休戦しようと言うと良いよと言われるような
ぼのぼのした戦争だったらしい。
第一次世界大戦では最初のクリスマスにサッカーして遊んだりタバコや
ウイスキーやソーセージを交換したそうだがこの話を聞いてると
戦争がよくわからなくなってくる。
F世界側と自衛隊側の休戦時の交流話を・・・書けねえや。

722 :名無し三等兵:04/05/23 19:52 ID:???
名前: 小官 投稿日: 2004/05/12(水) 11:26


 「…アンタがいた世界とやらの娑婆でもこんな地獄絵図は…無いだろう? ここでは
  それが日常の茶飯事(チャメシゴト)さ。さあ、どうする? 真面目なヴァルさん? 」

 パツキンネーチャンは眼前に繰り広げられる痴態に、絶句していた。俺は小川憲人三曹。
そして此処は…『穴』の第2層だ。狂った様に、お盛んな奴等は…俺の『元同僚』達だ。
ヤリながら…互いの肉を『喰い合って』居る。奴等の領域は…精神に大きな影響を及ぼす。
 感受性に富む奴が『穴』に潜ると…遅かれ早かれ『こう』為る。挙句の果てには、『奴等』
の仲間入りだ。その前駆段階で『処理』するのも、『生き残った者』の任務だ。

 「最早人の愚かさ此処に極まれりって顔だな? だが…自分の意志でこうなったワケでは
  無いのさ…。『穴』の奥に『毒電波』垂れ流す親玉がゴマンとすくすくお育ちに為って
  いらっしゃる。『狂気』が大のお気に入りの、巨大軟体動物に半魚人のデカブツがな? 」

 小川は盛っている男女の方の、上に覆い被さっている男の延髄を銃剣で貫く。返す銃尾で、
下の女の喉を叩き潰す。眉一つ動かさず、淡々と。そして男同士で盛る者を『小川スペシャル
1m50』で、時代劇の警句張りに『2つに重ねて4つに斬る』。

 「俺のバディはな…烈火の如く怒って、泣いて…憤ってた。顔は無表情だがな、声で解る。
  『…人間を冒涜する存在め…! …他の誰が赦そうとも、俺だけは赦さん! 』だとさ。
  人間そんなにキレイじゃ無いって混ぜっ返したら…『せめて俺だけでもそれを信じないと、
  寂しいだろう』ってな…? こんなの実際見て言ってるアイツはつくづく人格者だな…?」
 「…その男に言ってくれ。私が連れて行ってやる資格の有る者だ、とな? 名は何と云う? 」
 「よせやい、いい奴程早く死なせるつもりかよ? どうせならこの俺を連れてけ! 」

 …其処此処で上げられる嬌声を頼りに、小川は次の『処理体』を捜す。…まだ、悪夢は醒めない。

これってもしかして・・・? 

723 :名無し三等兵:04/05/23 20:01 ID:???
無駄に転載するな。

724 :名無し三等兵:04/05/23 20:02 ID:???
警告だよ、警告。これ以上無駄にキャラ増やされたくないから。

725 :名無し三等兵:04/05/23 20:07 ID:???
直言しろ。

726 :名無し三等兵:04/05/23 20:10 ID:???
やだ。狂犬病うつされたくないし。

727 :いつかの123:04/05/23 20:10 ID:???
あー、オムツはスライムの親戚なのね(´-ω-`)

んで、何となく疑問
スライムって、強酸で溶かして補食するんだよね
それじゃ、這っていく地べたとか石畳とかはどうなるのかな?

もしこの理屈が通るなら、瀬戸物(セラミック?)はOK?

どっかで答が出てたら・・・_| ̄|○|||

728 :名無し三等兵:04/05/23 20:15 ID:???
>>722=724=726はこれ↓だな。

ライトノベルの武器兵器研究考察スレッド Part5
683 名前: イラストに騙された名無しさん [sage] 投稿日: 04/05/23 19:45 ID:4vFKu/dz
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1084265974/l50

・・・また、荒れないかな? 荒れてる方が面白いんだけど、このスレ。

729 :名無し三等兵:04/05/23 20:20 ID:???
>>727
四六時中消化液を出してるわけじゃあるまい。

730 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/23 20:31 ID:???
強酸というより酵素にした方が、生物的にも納得いく気がする…

731 :名無し三等兵:04/05/23 20:34 ID:???
>>721 サッカーの試合が原因で戦争になった事例もある。

※史上もっともアホらしい戦争として記録された「サッカー戦争」

1969年のワールドカップ予選リーグで、隣国ホンジュラスと戦ったエルサルバドルは、敵愾心がエスカレートしたのか、
そのまま本物の戦争に突入してしまった。もっとも、資料によるとこの時エルサルバドルはホンジュラスに勝っており、
負けた恨みで逆上して戦争を仕掛けた、というわけでもないようだ。
もちろんサッカーだけが戦争の原因ということはあり得ないので、それまでの両国の歴史的確執、経済格差など、
さまざまな下地はあったのだろうが、直接の火種になったのがワールドカップ予選であったというのは確からしい。

ワールドカップ予選でのホンジュラスvsエルサルバドル戦が行われたのが6月27日、
それからほぼ二週間後の7月10日、エルサルバドル空軍のFG-1D(グッドイヤー製のボートF4U-1Dコルセア)と
P-51Dの混成軍がホンジュラスの首都テグシガルパ近郊の空軍基地を空襲、四日後の7月14日、歩兵部隊12.000名が
ホンジュラス領に侵攻し、戦端を開いた。
攻撃を仕掛けられたホンジュラス側も、装備している空軍機は米軍払い下げのボートF4Uコルセアで、
ここに史上初のコルセア同士の空中戦が勃発する。結果はエルサルバドル側のコルセア2機、P-51D1機が撃墜され、
ホンジュラス側の圧勝に終わる。その間侵攻したエルサルバドル軍はどうしていたのかというと、実はさしたる戦果もなく
(冷静になればたいていの人間は馬鹿馬鹿しくなるだろう)7月29日に国境線より撤退、戦争はいちおう終結する。


732 :名無し三等兵:04/05/23 20:34 ID:???
そうかだからスライムは金属貨幣を溶かせず持っているのか!
多分違う。

733 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/23 22:07 ID:???
どーも。週間「輸送戦記?」です。
やっとここまできました。
投下は2210より。

734 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/23 22:10 ID:???
27回目の投稿
輸送戦記?
100

「総員起床!」
まだ夜中だっつーのに全員が叩き起こされた。一体なんだよヲイと思いつつ腕時計を見てみたら…
午前1時。寝てから3時間しか経ってない。ぶーぶー文句をタレて着替えをして…といきたいが、5分
で準備を整えて整列しなければいけないので文句を言う暇すらなかったが。

中庭に自衛隊員が整列。修道士の皆さんも整列。クラウス隊が3分遅れて到着。ドベはアス隊の連中
で10分遅れだった。
自衛隊員が早いのは日頃の訓練の賜物だから問題ない。修道士の皆さんは4時間おきの礼拝が終わった
後だったから。クラウス隊はまず全員が揃う事を重視し、軽装状態なので3分の遅れで済んだ。
問題のアス隊は…上級貴族の癖なのか、寝坊を決め込む連中がかなり出たので遅れたそうだ。これが
自衛隊なら全員やり直し&鬼軍曹の下で腕立て伏せになる。ガクガクブルブル

全員揃った所で隊長からの説明があった。
「帝國軍が進撃を開始した」
単純かつ明快な理由。しかし変だな。あと1-2日は余裕があるはずなんだが。
「帝國軍は0000に宿営地を出発。ここには0600(早朝)に到着する予定である」
予想より進撃は早まったのね。で、その結果迎撃の為に叩き起こした訳ね。
「直ちに迎撃準備に入れ」

ついに夏は終わり、実戦という冬がやって来たわけか。もっとも、周りが冬でも僕たちは温室の中に
いただけかもしれないけど。

735 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/23 22:10 ID:???
101
「クラウスちゃん、無理はするなよ」
「わかってるよ守。それじゃあ行ってきます」
クラウスちゃんはそう言うと馬にまたがった。
「クラウス隊出陣!」
その号令と共にクラウスちゃん率いる騎士隊(全員が騎乗している)が門から駆け出していった。

アス隊に引き続きクラウス隊も出陣してしまったので、修道院に残るは自衛隊員と修道士だけ。
準備は全て整えている。後は配置に着いて敵を待ち受けるだけ。まぁ敵が来るまでは退屈だが、そこ
は「急いで待て」という昔から軍隊に伝わる言葉の通りだからしょうがない。

そんなこんなで僕は無線のヘッドセット(マイクつき)をつけ、鐘楼に陣取っている。
「試製監視システム1型」もいつでも動かせるように準備はできている。

下では真田丸に担当の隊員が入り、全ての火器には弾が込められて安全装置がかまされた状態で待機
している。漏れ聞こえてくる通信所の声を耳にすると、活発に通信のやりとりをしている。
あ、今オフロードバイクに乗った偵察隊の人が出発した。
そんな戦闘直前の慌しさにどうも緊張してしまう。

「おい草壁。そんなに緊張していると持たんぞ」
と一緒に鐘楼に篭っている隊員の人が声をかけてくれた。
「はい、ありがとうございます。ですが…やっぱり緊張します」
「それについてはコレはどうだ? 戦闘処女は今日で終わりだ!」
思わず吹きだしてしまった。
「ここは西ドイツの某所ですか?」
「少なくとも相手はワルシャワ条約機構軍ではないからある意味余裕だぞ」

736 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/23 22:11 ID:???
102
それから僕は持ってきたアメを舐め、一緒に篭っている隊員の人には煙草の一部を提供し、くだらな
い話に興じながら待った。その間に仮眠をとったりして体力を回復させるのも忘れない。
そうしているうちに大変な事が発生した。

「あ、クラウスちゃんたちが戻ってきた…けどおかしい。何でアス隊が30人とクラウス隊が80人しか
いないんだ? それにどっちもボロボロで、こりゃ返り討ちにあったな」
「敵はついてきているか?『付け入り』されてそのまま突入されちゃかなわんぞ」
「敵影はなし。クラウス隊・アス隊だけです」
そう報告した後に全員向けの無線で戻ってきたのはクラウス隊・アス隊である事が告げられた。まだ
暗いから同士討ちをやらかす可能性が高いからすぐに告知しておくのに越したことはない。

それから許可をもらってクラウスちゃんを出迎えたが…想像以上にボロボロだった。
原則として「20%の損害で戦力半減。50%で壊滅」からすると、クラウス隊は半減。さらに70%の損
害を喰ったアス隊は軍事的には消滅したに等しい。ご丁寧に生き残りで負傷者ばかりだった。

「守!」
こっちに気がついたクラウスちゃんが声をかけてきた。
「コレのおかげで助かったよ」
そう言って右手に掲げたのは…前に渡した(24回目の投稿89)『小型拡声器』だった。ただし各部が
割れたりしているのでもう使えそうに無い。
「コレで相手をびっくりさせる事ができたし、『声がかき消されて命令が聞こえない』が無くなった
から助かったよ」
おー役に立ってよかったよかった。

737 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/23 22:12 ID:???
103
それから報告を終えて戻ってきたクラウスちゃんに暗がりでこっそり聞いてみた。
「ところでクラウスちゃん。なんであんなに損害を喰ったの?」
「守。私の受けた命令は『敵の先発隊を引っ張りまわせ』だったよね」
「うんそれは聞いている」
90で説明がされているのでよく知っている。
「アスたちと共同で相手を引きずりまわす予定だったけれど…アス隊長たちがいきなり奇声を上げて
突入したんだ。私たちより優勢な敵に」
「交戦する場合は『相手が少数だった場合』だよな?クラウスちゃん」
「うん。もしかして…守が言っていた『麻薬』の影響かな?」
「ありえる。話を続けてくれ」
クラウスちゃんの声が暗くなった。
「見捨ててしまうと私だけでなく他の騎士にも迷惑がかかるので、私たちは救出の為に突入して…20
人を失ってしまった」
最低。
「クラウスちゃん、それについては報告した?もししておかないとアスの野郎の性格上、こっちに責任
をかぶせてくるぞ」
「それは大丈夫。自衛隊の指揮官に直接報告したし、他の偵察隊の人たちからの報告があったみたい。
逆に慰められたよ」
それはよかった。それでは慰めの仕上げを僕がするあ。
「そうか…ならクラウスちゃん。君は今回で苦い敗北の味を知ったね? 敗北を知らないと後で致命的
な敗北につながる可能性がある。それが無くなったのだから元気を出せ。今回の敗北を元にして次を
勝ってしまえばいい」
「うん!」

慰め終了。それにしてもアスのせいで迎撃計画にズレがでなければいいけれど。どうなるんだろう。

738 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/23 22:14 ID:???
投下終了。

クラウスちゃんに渡したものは「小型拡声器」でした。
あのあと当てられて冷や汗が少し出ました。

739 :名無し三等兵:04/05/23 22:26 ID:???
乙であります、そして100レス突破おめでとうございます。
小型拡声器とは、外れた……。

740 :名無し三等兵:04/05/23 22:37 ID:???
>Call50氏
乙です。
拡声器を当てられたのはしょうがないんじゃないですか
民間で出回ってて戦場で役に立ちそうな物なんてそうありませんから
俺も最初はトランシーバーとか爆竹かなと妄想してましたが、拡声器が出てなるほどと思いました。
でもF世界ならともかく、現代戦で拡声器は使えるんでしょうか?
遠くまで声を響かせるのは良いのですが、敵にまでこちらの意図がまる聞こえなんて洒落になりませんからね

741 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/23 22:43 ID:???
乙です。次は電池式ハンドマイクとかでる・・・訳もないか。
アスは初登場から考えても、本当にアレになりましたねえ。
まあキャラの立ち位置が「悪党」ではなく「無能」だから
仕方ないのでしょうが。

742 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/05/23 22:56 ID:???
F世界における小部隊における指揮範囲は「声が聞こえる範囲」と考えています。
普通の時は普通の声でも大丈夫ですが、乱戦時には入り乱れてしまい声が通りません。よって乱戦時
に使用するとある程度は部隊を指揮する事が可能なのでは?と思ったので拡声器を持たせました。
確かに命令が丸分かりになる欠点はありますが、命令が届かず混乱したまま討たれるよりは100倍マシ
ではないかと思いますが、さて?
それに拡声器によるデカイ声を聞かされたら「向こうにはこれだけデカイ声を出す奴がいる。ならば
体もデカくて強いかも」といった威嚇効果も期待できると考えました。

現代戦での拡声器…確か朝鮮戦争だったか中越紛争で拡声器ではありませんが、中国が銅鑼で合図を
して攻撃を仕掛けたという例がありましたっけ(藁
まーそれはともかく音響による欺瞞とか降伏勧告にしか使えないと思いますが。

743 :名無し三等兵:04/05/23 23:00 ID:???
朝鮮戦争での人民解放軍はチャルメラも使用してますしね。

744 :名無し三等兵:04/05/24 01:40 ID:???
さて、人もいないようだし、毒ガス埋めて行きますね。
前スレのどこかより続き

帝国の戦争 細部の詰めと懇談会

死神の馬車に魅入られていた官僚団は、その遅れを取り戻そうと移動を始める。
しかし遅れを取り戻すと言っても、駆け足などしないし、速く動ける者から席に
向かったわけでもない。年齢や官位によって並び順は決まっていたし、早く着いても
下っ端では国王達の相手は出来ない。
そうした理由から、結局年寄りに合わせて進むしかないのだった。

「使節団の方々は、既に入室を開始されております」
会議の間から駆けてきたらしい侍従が、足早に先頭を歩く老人に告げた。
老人は歩きながら、先に着席させて、何か飲み物を出しておけと命じる。

侍従は礼をして素早く廊下を走り抜けると、階下へと姿を消した。老人は更に
足を早めたものの、走ることはしない。ここで息を切らせて到着しても、
それは相手に舐められる結果を招くだけだ。そう判断した老人は、笑顔の練習でも
するかのように、微笑みながら会議の間へと向かっていった。

「遠路はるばるようこそ、東方の国王方」
扉を開けた老人は、にこやかにそこに座った人々に挨拶した。実際にはこちらが
先に出迎えるはずだったが、老人はその事についての態度をおくびにも出さない。
このタイミングで現れることを、最初から予定していたかのように、堂々と振る舞う。

745 :名無し三等兵:04/05/24 01:42 ID:???
老人が時候の挨拶を述べている間に、後ろから追いついてきた官僚達が
次々と入室してくる。そして全員が揃ったことを確認すると、老人から
順に椅子に腰掛けていく。一息置いて場が落ち着いたと見ると、老人自らが
声を発して宣言した。
「ではこれより、両国間会議を執り行います」

会議の議題は、主に捕虜の取扱いや各捕虜の返還額、ろ獲品リストの交換その他諸々であった。
基本的には雑事に過ぎず、内容も大したことはない。列席者も発言が消極的で、すぐに裁可
される議題が多かった。
誰も彼もが、この会議などどうでもいいと言うように振る舞っていた。
しかし、どこか緊張感が消えず、空気だけが妙に痺れるようでもあった。

ある意味でこの雰囲気は、会議の本質を表すものと言える。何故なら書記官などを
除いた全員にとって、会議は本当にどうでもよい事だからだ。

746 :名無し三等兵:04/05/24 01:42 ID:???
彼らの心は、その後にこそ集中されていた。もちろん、来賓用の美味い料理にではない。
昼食とその後の「雑談」こそは帝国・諸国連合双方の関心事であった。

雑談によってお互いの腹を探り合い、また国ごとの内情をあぶり出し合うのである。
この雑談の推移いかんで、正式な交渉での立場や対応策が決まってくる。
だから王や官僚に緊張感が漂っているのも、無理からぬ事ではあった。

双方の理解に基づいた退屈な時間は、あっと言う間に過ぎていった。会議時間はかなり短く、
日が殆ど傾かない内に終わってしまった。そして鼻腔に広がる香りと共に、室内に昼食が
運ばれてくる。彼らの本当に望む全ては、これから始まるのだ。

747 :名無し三等兵:04/05/24 01:44 ID:???
投下終了〜。この後でようやっと日本人キター!です。
戦争編までもう少し。

748 :名無し三等兵:04/05/24 01:45 ID:???
>744
乙カレー。楽しませていただいております。

が……過去ログを含めて抽出するのに役立つようなワード(タイトル等)をお願いできませんでしょうか。

749 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/24 14:18 ID:???
>>748コテハン付け忘れてました・・・後で気付いて欝。読みたい方も
スルーしたい方もいらっしゃるでしょうに、配慮不足でした。
以後気を付けます。
タイトルは「帝国の戦争」でいいでしょうか?

スライム、菌類って事は食べられるんですかねえ?こいつら何が天敵なんでしょう。
抗酵素能力を持ったナメクジとかだったりして・・・
食物連鎖的にはスライム→スネイル→大ガエル→サーペントとか。

750 :名無し三等兵:04/05/24 17:49 ID:???
>>749
ナメクジ、カエル、ヘビときたらそこで三すくみですよ。

751 :名無し三等兵:04/05/24 21:18 ID:???
>>749
昆虫と言う線もありますが。

752 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/24 21:58 ID:???
>>751昆虫・・・なるほど。巨大クワガタとかジャイアントカマドウマとか
人食い蜘蛛とかそんなのでしょうか?

753 :名無し三等兵:04/05/24 22:07 ID:???
>>752
アリみたいなやつとかマイマイカブリみたいなやつとか。

754 :名無し三等兵:04/05/24 22:11 ID:???
映画版「パート2」では人間に寄生して操るタイプが登場します。


755 :名無し三等兵:04/05/24 22:16 ID:???
>>754
物体X?インベーダー?

756 :名無し三等兵:04/05/24 23:20 ID:???
ふと思ったのだが、エチゼンクラゲから触手を切り取って、
そこらへんに「でん!」と置いたらなんとなくスライムっぽいような気がするな。
大きさも直径1mぐらいあるから、ちょうどいいし大きさだし。

まぁ、クラゲの場合は陸の上では自重で潰れて動くことすらできないが。

757 :名無し三等兵:04/05/25 15:22 ID:???
>>756
実際に見たことあるけど、スライムと言うより寒天だた。触った感じも寒天。

758 :名無し三等兵:04/05/25 17:50 ID:???
最近、人来ないね…

759 :名無し三等兵:04/05/25 19:26 ID:???
このスレでも萌えをオッケーにすればいいんじゃない?

760 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 19:55 ID:???
 で、またループか? 人が『演習のための演習』から還って来てみれば、これか?
冗談では無い。訓練を舐めた小娘にどうこうされたくは無い分野が有る。それが軍事教練だ。
 人を殺すための、技術だ。そのか細き腕に銃を持たせたく無いが故に、男たちは命を捨てる。
その浪漫を解(ゲ)せぬ不粋そのものの輩を掣肘するのも小官の役目だ(と勝手に自認)。
 第7スレを見よ。その路線で一体何が生まれた? スマン。気が立ちすぎたな。

761 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:02 ID:???
 言ってしまえば、良識と常識の有るクリエーターが居なく為った証でも有る。
奇をてらい過ぎて斜め上どころか別次元に跳躍してしまったキャラが当節、星の数程存在した。
 その一方で、『渋みの有る中年、老年キャラ』つまり『大人を演っているキャラ』の無さだ。
情け無い大人しか居なくなったと言えばそれまでなのだが、しかし、まだ絶滅はしていない筈だ。
 女子供を戦わせて平気な顔をしている軍人キャラなど、真の『軍人』キャラでは無い。
そして、素手で戦う事を恥じない軍人など、居ない。・・・自分が無能だと喧伝している様なものだからだ。

762 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:08 ID:???
素手。それは軍人にとって最も恥ずべき状態だ。『心得』が無いに等しいのだ。
れっきとした軍人が『寸鉄身に帯びず』と云う状態は、小官ひとえに思うに、
『私は自分が攻撃を受ける事を想定していない木偶人形同然の無能者です』
と訴えている様なモノだ。小官、だから私物の靴紐に・・・とまあ、止めよう。

763 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:18 ID:???
自衛官は『軍人』なのか? と問われれば、小官、応えに詰まる。
だが、ひとつ言える事が有る。『日本の一般社会に飽き足りなくなった奴等の吹き溜まり』
で有る事実だ。…ただ、切っ掛けは個人ごとに異なるがね。『好奇心』が引金に為った奴も
居れば、『愛国心』が動機の奴も居る。『借金返すため』の馬鹿も居る。だが、そいつ等が
家族の様に暮らしている集団、それが『中隊』なのだ。この家族感は…昨今の引き篭もり
クリエーターには出せない味だろう。…物書きを目指したいなら、人間の集団に飛び込み、
中から観察せよ。自分の持っている価値観が絶対だと思うな。一度壊して作り直せ。
 そうすれば、少々の事で動じる事の無い、『唯一無二の己』を作り上げる事が可能と為るのだ。

764 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:21 ID:???
 とまあ、何時もの様に言いたい事を並べて置いた。
挫折など、己のための踏み台に過ぎん。拘泥するな。生きている限り、負けは無い。
 『復讐するは我にあり』だ。いつかはクラウン…って大分、古いな? さあ、突っ込め! 

765 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:30 ID:???
『で、『右向け右』の基本教練でどうやって人を殺せるんですか?』 
と突っ込む馬鹿は軍事板住人には居ないと信じて居るぞ? 小官は?
 まあ、他板住人向けに懇切丁寧慈愛心を以て解説するとだな、基本教練の真の目的は
『命令される事に慣れさせる事』なのだ。出された命令に疑問を差し挟む事無く、従う
人間を作り上げるためのプログラムだ。…思考能力を奪う、と言っても過言では無い。
 『一朝事あらば』のその日のためだけに日頃から犬の様に『調教』して置くのさ。
自分とダブって見えるから…だから小官、犬嫌い。猫の様に『誇り高く』生きてみたいと
願う時も有る。まあ、小官しか居ない様なので、もう、大暴走。レス求む。SSの御題も。

766 :名無し三等兵:04/05/25 20:33 ID:???
まぁアレだ。オチャドゾー

   ._.。_ ζ ∬
  c(__ア  旦
              


767 :名無し三等兵:04/05/25 20:34 ID:???
('A`)

768 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:34 ID:???
一息入れるか! 済まないな? 

769 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:36 ID:???
767、萎えてどうする? 突っ込め! 

770 :名無し三等兵:04/05/25 20:38 ID:???
_| ̄|○

771 :名無し三等兵:04/05/25 20:41 ID:???
北海道某地域で小規模な地震頻発!そう遠くない日に災害派遣の予感……!

772 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:41 ID:???
なんだ? 萌え路線に引き込めたと思ったら正反対の馬鹿が来て鬱だとでも言いたいのか? 青年?
主張せよ! 己の言葉と情熱を以て! 昨今の若者にはそれが欠けていると言うのだ! 小官は! 

773 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:43 ID:???
地震、雷、火事、親爺は日本の4大災害さ。だが、今では親爺が消えて『ママ上』が来る様だがな?

774 :名無し三等兵:04/05/25 20:47 ID:???
親父でもママ上でも、子供の躾が出来るならそれでよし

775 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:51 ID:???
 で、その『親から殴られた事の無い若者』が自衛隊に入って浴びる罵声で…。
『辞めたい』だ。蝶よ花よと育てられた弊害がもろに出ている。小官達現役は、
拳を固く握り締め、猫撫で声で接するより他は無い。その後『立派な自衛官』と
為った彼らが言うには…『今思えばソッチの方がよっぽど怖いッス』との事らしいが。

776 :名無し三等兵:04/05/25 20:53 ID:???
戦場ではこうして生き残れ。
・無口
・上官に反抗しろ。
・仲間に自分を「死神」「配属した部隊が必ず全滅」「悪魔が乗り移ってる」とか呼ばせろ。
・お守りは父親か恋人の「形見」の「金属製」のペンダントを持っとけ。
・死んだ親父は猟師か登山家で、
 いろんな修羅場での生き残り方の訓示を息子の自分に言ってるのを思い出せ。
・猛爆撃の間は、塹壕で耐えながら小便は漏らせ。
・できれば恐怖に耐え切れず、拳銃を自分のこめかみに当てて「神様神様神様」とか言え。
 恐怖が極まって安全装置はずして引き金を引いちまうその直前に必ず猛爆撃は止む。
・子供は助けるな。
(なんか自分は死んだが、子供っつうか未来への担い手は生き残った、みたいにして殺されるぞ)
。女は助けろ。
(芽生えとけ、恋を。)
・敵国語はネガティブな言葉は覚えるな。
 アスタラビスタベイビーとか、自爆or道連れ系言葉はもってのほか。
・敵が、つたないこちらの言葉でメガホンかなんかで叫んでるときは、
 良く聞け。絶対銃を撃つな。多分、終戦講和後だ。
 戦争は終わったのに・・みたいな皮肉っぽく殺すのが奴らの手だ。
・歴戦の勇者が「やめろ、お前たちでは敵わない」と言ったら素直に聞け
・露出の多い服装の女兵士がいたら、即効で退避せよ
・日本刀持った変な高校生(男女とも)がいたら、即効で退避せよ
・クリーチャー退治に火器は通じない、化学薬品を持って歩け
・クリーチャー退治で僚友が喚き出したら、即効で焼き払え
・クリーチャー退治は専門家の科学者に任せろ
・クリーチャー退治に小銃小隊しか投入しない幕僚には抗命しる


777 :名無し三等兵:04/05/25 20:53 ID:???
>>775
沈黙は金…なのかなぁ。

778 :名無し三等兵:04/05/25 20:54 ID:???
>>776
バカ1スレ宛てのレスが間違って届いた模様。

779 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:54 ID:???
で、>760-765の発言で何か聞きたい事が有るかね? それについても解説して行くぞ?

780 :名無し三等兵:04/05/25 20:55 ID:???
Sir,
89FVの35mm機関砲はどこから排莢するのですか?
それとも射撃中は車外に排莢しないとか?
sir.

781 :名無し三等兵:04/05/25 20:57 ID:???
>>778
鯖が落ちてないか?

782 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 20:57 ID:???
こめかみに当てる馬鹿はお呼びでは無い。死ぬ気が無いのが見て解る。
口に咥えて呼吸中枢の存在する延髄を吹き飛ばすガッツも無い屁垂れなど要らん。

783 :名無し三等兵:04/05/25 20:59 ID:???
>>782
咥えると「神様神様神様」と言えない(聞き取れない)からでしょう。

784 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:00 ID:???
>>780、スマン。小官普通科では無いが…車外に排莢すると聞いた事は未だ無い。

785 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:01 ID:???
神様を真に信じて居ない時点で失格だ。人事を尽くして天命を待つ。洋の東西を問わぬ真理さ。

786 :名無し三等兵:04/05/25 21:02 ID:???
こめかみに銃口を当てると即死しない可能性が結構ある。
銃口がずれて頭蓋骨をえぐる程度ならまだしも、脳損傷を
抱えたまま生きながらえる可能性もある‥

787 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:03 ID:???
>>782
米国での拳銃自殺の半分弱はこめかみに当てるらしいです。
ソース失念。 
延髄を吹き飛ばす、などという医学的殺人術知識を持っている人は一般には少ないので脳みそ吹き飛ばせば死ぬと大抵の人は思うでしょう。
ガッツがどうだかはあまり関係ないかと。

788 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:04 ID:???
 頭蓋骨は結構固い。『演出』で頭を狙う映像作品が良く有るが…な?
まあ、大体は露出した『首』を狙うね。そっちの方が正直、致命傷を狙える。

789 :名無し三等兵:04/05/25 21:05 ID:???
結論:銃での自殺は素人にはオススメできない。

790 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:06 ID:???
まったく…相変わらず『お互い』人の話を聞かんな?
>>776の話さ。兵士としてのキャラクターについて語っている。

791 :名無し三等兵:04/05/25 21:08 ID:???
まあ他人の注意を引く為という点ではリストカットみたいなもんだ。

よーし俺も戦場で日本刀持った変な下士官がいたら速攻で退避するぞー。

792 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:10 ID:???
ん? 誰か何か言ったかね? 

793 :名無し三等兵:04/05/25 21:14 ID:???
>>791
変なビジョンが浮かんできた。

スコップで高名な騎士と一騎打ちし、打ち倒してしまう下士官

794 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:15 ID:???
>>788
22口径拳銃だと頭蓋骨で弾丸が止まる事もありますが大抵の拳銃は頭蓋骨を簡単に割るはずです。
頭蓋骨の実質的な強度は土鍋並と聞いたこともあります。
首を狙う…というのは口に銃口突っ込むよりも自殺の方法としてはあまり聞かない、メジャーでは無い方法だと思いますが。

例えて言うならば、ガス自殺で死のうと思っても確実に死ぬための方法を知らなければ、あるいは調べようとしなければ、中途半端に助かってしまい、
首吊り自殺をしようとしても、ロープや枝・梁などが折れたり、首がちゃんと絞まらなかったりして死ねない例も結構あります。
確実に死ぬ方法というのがあるにはあるのでしょうが、それが世間一般で常識的に知られているとは限らないと思います。
ただ手首切ったって動脈に達しなければ死ねないのを知らないで、「どうして死ねないの!?」とわめいていた人もいます。
素で、手首切ればすぐに血が大量に出て死ねると思っていたそうです。

795 :名無し三等兵:04/05/25 21:18 ID:???
スペツナズはスコップで首を刎ねるという怪しい話を聞いた事が……

796 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:19 ID:???
 自衛隊用語では「エンピ」だ。ピの字が出ないのが鬱だが、『円ぴ』さ。
穴掘り技術は陸上自衛隊の基本スキルだ。コイツを使えて始めて一人前(笑)。

797 :名無し三等兵:04/05/25 21:20 ID:???
>>786
聞いた話じゃ、あれは武士の切腹と同じ理屈だそうだ。違うのは介錯が無いだけの話。


798 :名無し三等兵:04/05/25 21:20 ID:???
円匙。ですよね?
「さじ」で出ました。


799 :名無し三等兵:04/05/25 21:20 ID:???
>>794
788は自殺の方法じゃなくてヌッ殺す場合は何処を狙うかという話だと思うぞ?

800 :名無し三等兵:04/05/25 21:22 ID:???
>>794
>>788の話は自殺ではなくて、相手を殺す場合でしょ。
文意を読めば一目瞭然。

801 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:22 ID:???
ゴルゴでも読んだのか? 
まあ、武器は針金ハンガーだろうが消しゴム付き鉛筆だろうが、幾らでも転がっている。
何をワザワザ素手で相手をしてやらにゃイカンのだ、と思考するのが軍人だ。

802 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:22 ID:???
>>790
まあ、言われるとおり確かに兵士として訓練を受けているなら確実に死ねる方法を知っているでしょうし、死ぬならそっちで死ぬかもしれませんが…
どうせ死ぬんだったら、死ぬまでに意識が残っている死に方よりも、意識を感じる中枢が破壊されてそのままアボーンな死に方のほうが楽じゃないかなあ、とも思いますけどね。
あ、痛みを感じない死に方を選ぶのはやっぱりガッツが無いかもしれませんが、生きるガッツも無いから楽になりたい=死にたいという心理も働くかもしれませんよ。 とにかく楽になりたい、死ぬときも楽に、と。

確実に死ねて楽な方法ってやはり薬物注射でしょうかね?

803 :名無し三等兵:04/05/25 21:24 ID:???
>>802
とりあえず自分を殺す話より他人を殺す話しようぜ。

804 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:25 ID:???
>800
自殺からの流れだったので殺人術見地から見た確実な自殺のの一例かと思ってしまいましたよ…


805 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:25 ID:???
>>798
…スマン。小官素直に感謝。ソイツかな? と思いながらも止めたのが不覚。
で、別名「剣スコ」。コイツがあれば、大抵の所なら大活躍だ。

806 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:27 ID:???
>803
ではこのスレ的に、F世界の生き物を確実に殺害する方法を考察しましょうか。

・人型
・非人型
・四足獣型
・不定形型

まずはこんなものでしょうかね。

807 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:27 ID:???
 んーと、先ず先は『研ぐ』。草の生えた地表はそのまま使ってやらにゃあ、偽装も出来ん。
偽装を考えない『子供』向け作品がいかに跋扈しているかは…小官の語るまでも無い事実だろう。

808 :名無し三等兵:04/05/25 21:27 ID:???
銃口がぶれたり相手が動いて命中時の角度が悪くなると頭蓋骨にはじかれる場合がある。
(こめかみに銃口を当てて拳銃自殺で生きながらえるパターンに多い)

戦闘状況で銃弾が頭蓋骨に適切な角度で当たることを期待して拳銃を撃つのは、
自分の命もチップとして場に晒されてるだけにかなり馬鹿っぽい気がするな‥

809 :名無し三等兵:04/05/25 21:28 ID:???
>>803
他「人」だから人間だよな?

810 :名無し三等兵:04/05/25 21:29 ID:???
>>806
兵糧攻め。霞を喰っている様なのは除いて。

811 :名無し三等兵:04/05/25 21:30 ID:???
>>806
撃つ。

相手の正体がわからない場合は、状況によっては分隊〜小隊の過剰な火力の投入もあり得るね。

812 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:31 ID:???
大体一般兵士が拳銃持ってる時点でアウトなのだと不粋な突っ込み。
サイドアームに拳銃、なんて言うのは特殊部隊でお腹一杯。兵士は無駄を嫌うのだ。
ライトユニットなんぞ付ける位なら自分の能力を磨くね。『周辺視』等の技術を。
レーザーポインターなんてその最たるモノだ。…自分の位置を教える馬鹿が何処に居る?

813 :狩人:04/05/25 21:31 ID:???
 スコップの話なら今読んでる『西部戦線異状なし』であったな。
あごの下を突いたりする他によく磨いで鎖骨あたりに振り下ろすと
ざっくり胸までめり込むとか。いやはや恐ろしい。

814 :名無し三等兵:04/05/25 21:32 ID:???
>>809
他「人」だから亜人も含むんじゃねえ?

815 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:32 ID:???
>>810
いやそういうのではなくて…
エルフとかオークとかドワーフとかトロルとか人間のような形をしているものは人体とほぼ構造が同じだろうから人間を殺すときと同じでよいとか
獣型のは眉間とか熊撃ちの方法とか鹿撃ちとかハンティングでは獣のどの部分を狙うとか…

816 :名無し三等兵:04/05/25 21:34 ID:???
>>812
最近はNVG通さないと見えないやつもあるみたいですな。

817 :名無し三等兵:04/05/25 21:34 ID:???
スコップといえばWW2の東部戦線を連想してしまう。
ドイツ人と赤軍兵士(どこかの少数民族とか)が血みどろの戦いを‥

818 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:35 ID:???
 その代わりに、生存に必要な道具を持つ。食料、弾薬、医薬品だ。機械は必ず壊れる。
これは真理だ。だから、最後に残るは蓄えた知識と技術と勇気と知恵と力だけだ。
 それを、ゆめゆめ忘れるな。そのために、訓練が有る。道具は道具だ。無くなれば、終わりだ。

819 :名無し三等兵:04/05/25 21:35 ID:???
ミニミ大活躍。

820 :名無し三等兵:04/05/25 21:37 ID:???
>>806
火炎放射器で焼く。相手が『生物』なら殺れる。
……自衛隊って火炎放射器持ってますっけ?(;´Д`)

821 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:37 ID:???
…機能の問題では無い。生き残り、戦闘を続けるために何が要るのか? を考え抜いての結論だ。
物資に頼る軍隊ほど、それが欠けると士気が下がりやすいモノなのだよ、と暴論。

822 :名無し三等兵:04/05/25 21:38 ID:???
貴様ら!俺のSF板をどうするつもりだ!

まだ復旧しないよ‥ _| ̄|○

823 :名無し三等兵:04/05/25 21:38 ID:???
すまん誤爆した。

824 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:39 ID:???
…可哀相に…実は小官もこっそり覗く旧シャ○板も…と言って見る。

825 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 21:40 ID:???
そう言えば、今読んでいる小説の中に、
『穴を掘り始める前に線をつけ、線に沿って草の根を切り、
表面の芝土を取り除いて掘り始めた』と言う描写があったり。

・・・・星間戦争物なSFですが。
スコップの話題で思い出しました。

826 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:40 ID:???
>>818
戦争に必要なのは知恵と勇気ではなく食料と軍資金。 知恵と勇気はいくらでも湧いて出るが食料と金はそうは行かない
って某ラノベの軍師さまは言ってましたがこれは戦略レベルでの話ですよね…


827 :名無し三等兵:04/05/25 21:41 ID:???
>>820
背負い式のがあるらしい。
しかし燃料も背負わねばならないから、運用は厄介だろうね。

828 :810:04/05/25 21:41 ID:???
>>815
何を言う!
これぞ他人を殺す得手だったが自分が殺されるのは不得手だった豊太閤流の軍学ぞ!!
……まあ脊髄反射レスだから気にしないで。

829 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:44 ID:???
>>825
スコップで土を掘る時は草の根っこはすげえ邪魔。
笹の根っこはさらに邪魔。 木の根っこはほんとにスコップの先端研いで刃を焼入れしたくなるほど邪魔。
掘るなら何にも生えてないところがいいよね。

830 :名無し三等兵:04/05/25 21:44 ID:???
>>827
ハエ退治に借り出されてなかったっけ?

831 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:44 ID:???
>>815
仕様が無い奴め、小官が答えてやるか。誰が眉間など狙うか!
心臓か首だ! 熊の場合は筋肉と脂肪と云う厚い鎧を着込んでいるので、
大威力の弾薬で無いと正直、倒し切れん。山中で遭遇したくない生物の筆頭だ。
熊は文句無しに最強の座を誇るだろう…と言っても、ファンタジーの方の住人
には理解してもらえんだろうな…と言って見るぞ? 小官。

832 :名無し三等兵:04/05/25 21:45 ID:???
新戦車の配備にともない余剰になった74式を火炎放射戦車に改造して‥

833 :名無し三等兵:04/05/25 21:45 ID:???
>>827
火炎放射戦車、復活!……するかなあ。

834 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:47 ID:???
…効率を重視するならば、復活は先ず無い。燃料運搬用タンクローリー活用で事足りかねん。

835 :名無し三等兵:04/05/25 21:47 ID:???
斜面で熊に遭遇した場合は、上りにむかって逃げろという。
熊のフォルムは下るときはとても早いが、上るのが苦手なのだそうだ。

836 :名無し三等兵:04/05/25 21:47 ID:???
そういや、自衛隊は他国の軍に比べると
かなり偽装に凝る傾向にあると物の本で読んだことが。
偽装の訓練とかもあるんですか?

837 :名無し三等兵:04/05/25 21:48 ID:???
>>830
豪雪の時の切り札として持ち込んだこともあるぞ。
雪相手では燃料が大量に必要なことが解って、取りやめになったそうな。

838 :狩人:04/05/25 21:49 ID:???
小官殿、5・56〜6・5mmの弾薬でも平気で熊の頭蓋を打ち抜けられると
思うのですが、自分の間違いでしょうか?


839 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:51 ID:???
>>831
大抵の生き物の急所は目と目の間、ツマリ眉間です。 人間の場合だと鼻が近いのでさらに鼻との中間になるわけで、昔牛を屠殺する時はその急所をぶっ刺したとか。
そんで言ってみただけです。 格闘戦になった時は(そんな時なんてあって欲しくないですが)そこか口の中をぶっ刺せとも聞きました。
月の輪熊だったかヒグマだったかは、マタギは懐に飛び込むような勢いで、胸…首の下辺りを狙って一撃でしとめる、それしかないっていう殺し方があるそうですね。
地元に熊が出るので熊が最強って事はよく知ってますよ。

840 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:52 ID:???
陸自の俗説の『継続戦闘能力一週間』は山中に籠もってのゲリラ戦での話さ。
これで解って貰える事を小官は祈るよ。…その場の植生や葉の表裏まで拘る。
小口径高速弾だが…な? 撃ち抜いても熊は逆襲可能だ。

841 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 21:52 ID:???
>>838
そういえばカナダとかカナダ国境付近では猟銃とアサルトライフルを両方持ち歩くって某コンバットマガジンで読んだ気がする…
もちろんアサルトライフルは熊対策。

842 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 21:52 ID:???
>829
『根っこの周りの土をとってこい!』とボスに命令され、
100円ショップにありそうなちゃっちいシャベルとサンプルバッグを持たされて、
松林に放置された学生時代。

掘るなら、何も生えていない、岩なんぞも無いような場所がいいです。
草でも、びっしり目が詰まってたりすると大変ですな。

843 :名無し三等兵:04/05/25 21:54 ID:???
>>806
上から毒ガスや星条旗印の枯葉剤を撒く。

844 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 21:55 ID:???
ソイツは眉間とは言わんよ。眉間と云うのは『オデコ』をイメージし易い部位なのだ。
言葉にもう少し、拘るべきだな? と言って見るが…怒るなよ?

845 :名無し三等兵:04/05/25 21:56 ID:???
>>821
そういえば、RMAというのが最近はやりだそうですね。
よい道具となればいいのですが。

846 :狩人:04/05/25 21:58 ID:???
 脳味噌飛ばされても即倒しないのですか、熊は、爬虫類並みの生命力ですね。
普通は頭が潰れたら何も思考できなくなるはずなのですが。
勉強不足でした。勉強しなおしてきます。

847 :名無し三等兵:04/05/25 21:59 ID:???
>>831
   ∩___∩     
   |;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ      
  /;;;;;;;●;;;;;;;;;●;;|   
  |;;;;;;;;;;;;;;( _●_);;;;;ミ クマー 
 彡、;;;;;;;;;;;|∪|;;;;;、;;;\
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノ;;;;/´>;;; )
(___);;;;;;;;;;;/ (_/
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      
 |;;;;;;;/\;;;;\     
 |;;;;/    );;;;;)     
 ∪    (;;;;;\    
       \;;;;;;)     


848 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:01 ID:???
…どんな道具でも、使ってみなくては解らんのが哀しい。
訓練でボロが出てくれればまだしもだが、実戦でボロが出ては眼も当てられん。
フルオートで撃ちたい時に、素人が使う事を前提とした…ってまたループだ。
スリーポインツバーストの目的は、訓練期間の短縮、フルオート射撃に依る弾薬消費の
抑制、そしてフルオート射撃を事実上不可能にするための機能だ。命中率を上げる、と
言うが、現代戦闘は弾幕張ってナンボだ。これで小官の噛み付くワケが解ったろう?

849 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:03 ID:???
煽ったつもりなのだろうが底が浅いな? 脊髄反射と云うモノが有る。
あと、筋肉に命令が届く速度を舐めるな、と脊髄反射レスだ! 100点厨の3点!

850 :名無し三等兵:04/05/25 22:04 ID:???
>>848
自動小銃が消え、短縮軽量型のMINIMIが……って無いか。

851 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 22:05 ID:???
確かに熊は頭を撃たれても死なずに襲い掛かってくると聞きましたが…昔の村田銃の話ではないのでしょうか。
あと、額の骨が厚いので弾丸が通らないというだけで脳みそ吹き飛ばされれば死にます。
http://www.hcn.zaq.ne.jp/ganso/neta/matagi09d.htm

852 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:06 ID:???
分隊支援火器の泣き所が…銃身寿命さ。弁慶張りに銃身7本、背負って戦闘したいか?

853 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 22:06 ID:???
>831
確かに、山の中に生息している動物の中でも最大級ですからねぇ。
たまに、『熊を投げ飛ばしたおじさん』の話がニュースになったりしますが、
滅多に無いからこそ、ニュースとしての価値があるわけで、とズレた答えを返してみたり。

でも、個人的には山歩きをしていて一番会いたくない生き物は、
『猟友会のおっちゃん達』だと言ってみます。
普通に山歩きしていて、いきなり銃声が響くとびっくりさ。

854 :名無し三等兵:04/05/25 22:07 ID:???
1)どこを狙うか習慣化しておかないと、実際の戦闘力につながらない。
2)相手が激しく動いている状況も十分に考えられる。

だとすると、頭部を狙うのは的が小さいこともあり、よろしくない。
急所が集中し、多少はずれても大きいダメージを与えられる胴体上部がベター。


かな?

855 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:08 ID:???
あのな? 小口径高速弾は目標貫いて味噌擂り効果起こしてな? そのまま素直に頭蓋骨を抜けて呉れると思うか?

856 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:09 ID:???
まあ、循環器系狙うのがデフォルトだ。

857 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:13 ID:???
あとな、ミニミ礼賛者には酷だが…あの弾倉…割れやすくて不評だ。

858 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:13 ID:???
と昔に聞いた事が有る。

859 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 22:14 ID:???
急所狙ったとしても殺せない場合も多いってことはよくわかりましたよ。
でも、自分は絶対殺せない生き物なんてないとも思います…って当然ですが。

それはともかく、自分は書く予定のSSでオークを熊並に死なない生き物にしようと思っているので、小官殿にお墨付きを戴いたのならば
「人型をしている生き物だから人体の構造と同じなはずで殺し方に変わりは無い」という突っ込みは入れられることは無いと確定しましたので安心です。
どうもありがとうございました。


860 :名無し屯田兵:04/05/25 22:14 ID:???
>>853
野犬の群れも嫌ですねー。
ってもう熊、それもよりによって小熊が目撃されましたよorz>我が市(北関東)

861 :名無し三等兵:04/05/25 22:16 ID:???
>>857-858
元SASの誰か(忘れちゃった)が書いた本では
ミニミのプラ弾装は行軍中等に音が鳴りまくるとか…

862 :名無し三等兵:04/05/25 22:16 ID:???
クマー!!との不期遭遇戦。
訓練の賜物で循環器系に複数命中させるも
まだまだ元気なクマー!!に引っ叩かれる自衛官。

863 :名無し三等兵:04/05/25 22:16 ID:???
オークが(一般に遙かに体格のよい)熊並みの耐久力を持つかを説明しないと、片手落ち。

864 :名無し三等兵:04/05/25 22:17 ID:???
>>862
ひっぱたく距離に近寄るまで、2〜3人から集中砲火を食らって沈黙する熊。

865 :861:04/05/25 22:17 ID:???
X 弾装
○ 弾倉


866 :名無し三等兵:04/05/25 22:19 ID:???
>>861
マクナブかな?

867 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 22:19 ID:???
>>860
自分のビニールハウスがある山の向こう側でも、ついこの間熊が出没してパトカーやら消防団が注意を呼びかけてました…
2キロと離れてないよorz

868 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 22:19 ID:???
>860
繁殖しているですかorz
山の中で、雉やら山鳥やらに出くわすなら長閑なのに・・・・。

869 :名無し三等兵:04/05/25 22:21 ID:???
   ∩___∩     
   |;;ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ      
  /;;;;;;;●;;;;;;;;;●;;|   
  |;;;;;;;;;;;;;;( _●_);;;;;ミ  すみません、ウチの子見ませんでした? 
 彡、;;;;;;;;;;;|∪|;;;;;、;;;\
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽノ;;;;/´>;;; )
(___);;;;;;;;;;;/ (_/
 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/      
 |;;;;;;;/\;;;;\     
 |;;;;/    );;;;;)     
 ∪    (;;;;;\    
       \;;;;;;)     

870 :名無し三等兵:04/05/25 22:21 ID:???
小官殿!熊は
>大威力の弾薬で無いと正直、倒し切れん
ということですが、どのくらいの火力が必要だと思われますか?
このままでは「普通科では熊はまず倒せない」みたいな偏向が
出来てしまいかねません。

871 :名無し三等兵:04/05/25 22:23 ID:???
演習中熊が出たら退避!

872 :名無し三等兵:04/05/25 22:23 ID:???
オークと言えば豚頭。
この前脱税でタイーホされた正道会館の石井館長が若かりし日、
師大山倍達の牛殺しを見習って豚殺しに挑んだ所、
眉間に何発もの正拳突きを食らわせても豚は倒れなかったとか。
まあ軍人たるもの素手で戦ってどうする、と小官殿には言われそうですが、
耐久力の目安として。

873 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 22:24 ID:???
>>863
自分は遥か以前のスレにてオークを「そろいもそろってK−1選手か、悪いとボブサップ並に体格のいい種族」と設定した短SSを書いてますよ。
3〜4発胴体にぶち込んでもまだ死なないと描写してます、抜かりはありません。 もちろん筋肉と骨格で弾丸の進行を阻むのです。
今度こそあの時のSSを長編に仕上げて見せるのです!

あ、いや…64式の精霊は萌えがメインじゃないので出しませんので。

874 :名無し三等兵:04/05/25 22:26 ID:???
>>871
熊を倒すため訓練用の弾薬を消費した、なんて
明るみに出たらどこからどう叩かれるか‥(w

875 :名無し三等兵:04/05/25 22:27 ID:???
…ボブサップって、ヒグマなみに脂肪と筋肉と毛皮でおおわれて
あの耐久性に満ちた骨格だったりするのか…

876 :名無し三等兵:04/05/25 22:28 ID:???
>>873
それってむしろオーガ……だと今度はデカすぎるよなあ。

877 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 22:28 ID:???
>874
そこはそれ、『きんきゅーひなん』と言う奴ですよ。
弾薬を惜しんで命を落とす、なんて間抜けな事態になったら、
色んな方面から叩かれてしまうような・・・・。

878 :名無し三等兵:04/05/25 22:30 ID:???
痛みに対する耐性は脳みその大きさも関係あるでよ

879 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:30 ID:???
 …だからこそのフルオートで有り、小隊・班編成。弾幕でカヴァーだ。
一対一は御免だぜ! まあ、日本の89式は3ポイントバースト機能は着脱可能。
だったらその分コスト下げて充属部隊増やせと小一時間…。 

880 :名無し三等兵:04/05/25 22:33 ID:???
>>877
命よりも体面が大事ってのは、よく聞く話で……ね?

881 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:34 ID:???
ま、運動中枢の存在する小脳を潰せれば、の話なのだがね? 動きを止めるのは?
脳の勉強もして置いた方が良いぞ? 諸君? 魔術は『松果腺』が概念的に重要だが。

882 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 22:35 ID:???
うーん…自分のオークのイメージって他の人とかけ離れていますかねえ。
自分の脳内ではオークのイメージは「指輪物語のウルク・ハイ(オークじゃねえって)」+「RO」+その他
なので体格が良くて怪力って事になってますが…

参考までに皆様のオークとかF世界の怪物ってどんなイメージ持ってるか聞きたいですねえ。

883 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:37 ID:???
小官Wiz派なのでオークロードとオーク派。

884 :名無し三等兵:04/05/25 22:37 ID:???
ヒグマの場合は単体で行動したり、周辺環境諸々で比較的近距離で遭遇することがまま
あるのも割り引かなければならない。
交戦距離がとれて適切に戦えば、ヒグマでも問題なく無力あるいは殺傷できるだろう。>自衛隊

普通科でも軽機、重機、無反動砲、手榴弾、陣地にダックインした60式無反動砲
って最後のは対戦車小隊のだ。こりゃまずにないか。
とにかく普通科でも火力はけっこうあるからね。

885 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 22:39 ID:???
>880
判るよーな判らないよーな。
どうも、釈然としないです、はい。
自衛官が熊に倒されるってのは、ちょっと納得し難いような。
一対一で勝て、なんて無茶は言いませんが、
せめて一個の班で死者を出さずに撃退、位は期待したいです。

・・・・夢を見させて下さい・・・・。

886 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:39 ID:???
まあ対戦までは逝き過ぎだろう。精々小銃班や機関銃組で事足りる。

887 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 22:40 ID:???
>882
私はSW派なので、オーク=小人型の木製ゴーレムだったり。

888 :名無し三等兵:04/05/25 22:40 ID:???
>>881
>『松果腺』
それってデカルトの妄説
あ んdふぁ に いおt し たか わかんなくなってきった
いいやあ と あ
gdsアsgtつぇkjk;:twq:;タsさjk;sdglsdふぁアsンklじゃdljファsオ;イsrtf;hオアskオ日田うおbgwjぁあs
アfsbjjklファ氏pン:アstp:のうとぁkj;ぁtsンjlが沿いンhwqtほtgだsアsァsf度結い;和絵lhかsg
アsk邪推オいぇンlkfが ljぁおいうt:けら
ファlhんかほほぇ
アsヵうhfwあ
わr ねk が


……と個人的には魔術の発動にはSAN消費キボン。

あとオークと言うと豚頭のやや小柄な亜人種蛮族ってとこですかね。


889 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 22:41 ID:???
http://www.hcn.zaq.ne.jp/ganso/neta/wolfking2_01.htm のクルトーとかジェヴォーダンの獣とか、野生動物でも手強いのはたくさん居ますね…
F世界で、巨大で知能がある獣(というか既に怪物の一種)に統率された獣の群れと戦うことになった自衛隊というのも良いネタになるかもしれません。
数百頭の狼の群れから街を守りきれ、クルトーVS自衛隊。
神出鬼没の謎の獣の正体を追え ジェヴォーダンの獣VS自衛隊。


890 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:42 ID:???
…弾薬はね…実弾はね…『演習中』には支給されんのだよ。されるのは『空砲』だ。
解ってくれ。実弾射撃訓練は区別されているのだよ。それも、厳重にね。夢ならタダだが。

891 :名無し三等兵:04/05/25 22:42 ID:???
私は源文派なのでオーク=キャットシットワンのフランス人。

892 :名無し三等兵:04/05/25 22:43 ID:???
また変なビジョンが浮かんだ。

現地の民を襲う巨大も巨大、身長4メーターはあろう岩トロル!
自警団が矢を投げかけるが分厚い表皮に阻まれ手も足も出ず!
そこへ颯爽と駆けつける60式自走無反動砲!

エンディングは夕陽の彼方に颯爽と立ち去っていく60式自走無反動砲‥
(西部劇風味)

893 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:43 ID:???
小官SAN値が先ず有りき派だ。作中でもしつこく『狂気』を謳っている。

894 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 22:44 ID:???
やはり素直に、
『声高に話しながら歩く』とか『ラジオ掛けっぱなし』とかで、
お互い出くわさないようにした方が無難ですかね・・・・。

・・・・おそらく、訓練にはならないでしょうが。

895 :名無し三等兵:04/05/25 22:45 ID:???
>>891
ブヒッ

896 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:47 ID:???
 北方機動演習中、埋めた生ゴミを漁ってる体長2mの熊の姿を目撃した小官の恐怖…。
知ってくれとは言わん。だが、そのときほど剣鉈を持っていた事に勇気付けられた事は無かった。

897 :名無し三等兵:04/05/25 22:52 ID:???
次スレテンプレ>>6の既出議題には
・F世界的陣地攻略法
・熊に見るモンスターの手強さ
は欠かせんな。

898 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 22:53 ID:???
>>890
あ…そういえば手持ち資料にもそんな事が書いてあった…失念。
という事で、「演習中に召喚される部隊」はSSの召喚パターンリストから削除…orz

でも万が一演習中に召喚されたら実弾持ってないし雑魚みたいに殺されてゆきそう。
剣と魔法の世界に銃剣格闘で挑む自衛隊というのは面白そうだけど。
さらに、その世界での「東方」にあたる地方から輸入された日本刀に酷似した剣を、剣道有段者の自衛隊員が手に入れることで騎士と対等のチャンバラが可能に!
あ、剣道は「叩く」技術であって「刃物で切る」技術じゃないから真剣手に入れても素人同然なんだった…これも没orz

899 :名無し三等兵:04/05/25 22:55 ID:???
>>882
俺は
剣や鋤やバールのようなもので武装した成人男性 VS 素手または棍棒程度で武装したオーク・ゴブリン
が1対1の場合で、勝負が50/50ぐらいかというイメージがある。原典は不明。

900 :名無し三等兵:04/05/25 22:57 ID:???
知識を売って歩くよろし。
戦争の歴史と共に蓄積され醸成された近代戦術と軍制は貴重なものだ。
士官学校で学んだていどの知識でも、アフリカあたりなど近代戦の技術が
無い土地では垂涎の的といわれる。

901 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 22:59 ID:???
 惜しいな。100点厨60点! 射撃教習中、実弾射撃訓練中とすれば良いのだよ。
哀しいが『竹刀剣道』では人が斬れん。小官は巻き藁すら最初、斬れなかった。
様は振りぬく技術だ。…『がッ! 』と当たれば『ぬる…』いや、そのまま停めずに
斬る。インパクトを逃がさぬ技術と言えば良いか…フム、塩を送ったな、小官?

902 :名無し三等兵:04/05/25 23:01 ID:???
>>882
大山倍達氏(この人も毀誉褒貶が激しいけど)によれば、
日本刀を持った成人男性(素人)≒野良ネコだそうだ。

>>898
居合を兼修させるべし。

903 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 23:01 ID:???
>>896
県内各地及び地元の山にも年間を通して姿を現すので何となく分かるですよ。 というか、逢いたくないです。
登山の時は熊への対処法とか必ず教わりました。 小中高と3回も教えなくてもいい加減分かるよ…
でも熊牧場に行って本物見て見たいなあ…と書くと県名がばれる、と。 この辺住んでるのは月の輪なのでヒグマよりはちっこいですけどね。

904 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:03 ID:???
 あと、チャンバラなんぞ下の下だ。武器を自分で欠損に追い込む馬鹿が何処に居る?
攻撃し、回避する。それが素肌剣術の正しい姿だ。甲冑着た兵士相手ならば鎧通しに
代表される、小具足打ちも絡めた固め技兼短刀術が有効だが…鑓術こそ最強だろう。

905 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 23:05 ID:???
>903
熊牧場・・・・ですか。
仕事で行った事がありますが、どっちを向いても熊ばかりでした・・・・。
仕事抜きで、温泉だけ行きたい今日この頃。

906 :名無し三等兵:04/05/25 23:06 ID:???
>>904
アンタ、知らない事ってあるのか?


907 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 23:12 ID:???
>>904
ラノベ派としては火花打ち合う剣劇もやってみたいなあ、と。
あんまりリアル追い求めすぎるとつまらないんですよね…
甲冑着た相手と戦う戦法としては、こちらが身軽ならばとにかく逃げまくって挑発しつつ相手に追いかけさせ走らせ回せ、
相手が体力使い果たしたところをゆっくり確実にとどめさすのも有効ですが、これをSS作中でやると何かこう…

戦術としては正しいですが読み物としてはこんな戦術を使う人物の性格がショボイ印象になるです。

なので魔法にしても白兵戦にしても適度に現実とか物理法則とか無視したほうが自分は書きやすい気がするですよ。
自衛隊関連は可能な限り現実に遵守しますが。 リアルと虚構の絶妙なバランスが読み物の醍醐味だと思うです、個人的見解。


908 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:15 ID:???
そこは筆力の問題だ。良ければ小官が演って見ても良いが?

909 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 23:16 ID:???
>907
まぁ、
『一つの嘘を信じさせるには、9つの真実に混ぜれば良い』と、
言う言葉もありますしなぁ。

910 :名無し三等兵:04/05/25 23:17 ID:???
>>904
鑓は携行性が……よーしホームガードを見習って水道管に銃剣を溶接(ry

911 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 23:20 ID:???
>909
虚構を現実に見せるハッタリも重要…
「さも本当のように語られたうそは現実になってしまう、それを信じる人が多ければ多いほど」


それはそうと、小官殿一筆お願いいたしますに一票。


912 :名無し三等兵:04/05/25 23:23 ID:???
>>907
ショボくない性格の香具師を無能という位置づけにしてしまえばモウマンタイ。

913 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/25 23:23 ID:???
小官どのに質問。
駐屯地内から、自衛官が家族に連絡をとるにはどんな方法があるのでしょうか?

914 :名無し三等兵:04/05/25 23:23 ID:???
>>910
F世界への輸出用に刀槍甲冑とか非火器の類を作っても売れそうだな。
騎士の鎧も現代冶金学の目で見れば軟鋼製品だし。


915 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/25 23:27 ID:???
おお、人いっぱい来てますな。
モンスター系の獣といえば、どうしてもゴリラの魔物化した奴
とかが思い浮かんでしまう。

バキの魔猿みたいなのに率いられた巨大猿軍団とか、けっこう
話的には面白そうだと考えていたのですが・・・

916 :名無し三等兵:04/05/25 23:29 ID:???
>>907
分家でやる分には問題ないと考えます。ただ・・・本スレでそれを
やるのはいかがなものかと。

まあ、戦闘シーンではなく、競技というか見世物として出すなら問題は無いわけですが。





917 :名無し三等兵:04/05/25 23:29 ID:???
自衛隊 vs 日光サ(ry

918 :名無し三等兵:04/05/25 23:31 ID:???
>>917
転移のショックで国内のニホンザルがモンスター化すれば或いは・・・

919 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:31 ID:???
 「…百の空撃は、一つの直撃にすら劣る。手数が多すぎるし、ケレン味も無い。
  素直過ぎる! フェイントも為っちゃあ居ない! 訓練していてもこんなモノか! 」
 「人如きが、賢しげに! 喰らえ! 」

 貴族の嗜み、剣の会話こと『フラーズ・ダルム』は『この世界』でもお盛んらしい。
俺は俺の武器を使い遣らせて貰った。…着剣小銃で、だ。仮にフルールとマインゴーシュ
とでも呼べば良いのだろうか? お坊ちゃまは使用人にいい顔がしたくて得意満面に喧嘩
を売って来た。おろおろしている使用人の女の子の視線と想いの先は…まあ、な…?

 最初は付き合ってやった。払い、突き。間合いにもお情けで入ってやった。…当たって
遣るほど酔狂では無いつもりだったが…当てて来やがった。もう、俺はトサカに来たね。
 彼女に『お坊ちゃまを余り痛め付けないで下さい』と言われたのがもう、吹き飛んだ。

920 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 23:33 ID:???
>>916
じゃあ分家の方で投下する事にしましょうか。
本スレほど規制・基準が厳しくないならば設定や本文の完成も早まりそうです。
さて次スレも近いですし自分は950取る気無いのでちょっと引っ込みますね。

921 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/25 23:33 ID:???
>>917うしおととらに出てくるヒヒ軍団とか、アレが組織的に馬車や行商人を
襲ったらと思うと、物凄く燃えるけど怖い。

ワンパンで人間を殺す強靱な筋肉を持ち、森での運動力は人を遙かに凌ぐ。
結構漫画では巨大な猿軍団ってありがちなネタですけどね・・・

922 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/25 23:35 ID:???
引っ込む前にこの一言。
ショットガンを装備する猿がサンデーに…

923 :名無し三等兵:04/05/25 23:36 ID:???
猿と言えば今やショットガンとボディアーマーは欠かせませんよ。

  ━┓“   ━┓“  ━┓“   ━┓“  ━┓“  ━┓“   ━┓“
  ━┛   ━┛   ━┛   ━┛   ━┛   ━┛   ━┛
                   、,ノl,、{ , _   
 _    _          }Vノ;:;:;:;:;:`'´{,       _    _
」   ̄ ̄ └,        、{;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:レ      」   ̄ ̄ └,
}  出 死  {       ミ,;:;:;:;:。...。:;:;:;ヒヾ      }  逃 み  {  
}  る 人  {     )、-┌┐;:;:.゙,..,゙:;:;:nゝ  ,    }  げ ん  {
」  ぞ が  {   ノ、/;:;:;:;:l・ ,,l;:;:;:´;:;`:;:;l ̄l`';:'-ノ_,. 」  ろ な  {
}  ぉ     { }ヽソ;:;:;:;:;:;ノt-n';:;:;:;:;:;:;:;ノ,::,_l;:;:;:;:;:;;:;7 }_  ! !  `  {
}_  ! !    {/;:;:;:;;:;:,、;:;,:l LLLlヽ;、;:;:ノEEEl;:;:;:;:;:;:;:}_ /__   _「
/__   _「;:::: ;:;::::´、 `''-fココ ll::l;:;:ll .nnn l;:;:;:;;:;:;:;:;:{     ̄
     ̄` ヽ;:; : : ゙  `''''´ミ´r'ヽ;l;:;:ll ';';ニ' l,;:;:;:;:;:;:;:(
       ´`'''─-..._::::.:.:ヾヽ_ `ヽ'、l__l ll }:;:;:;:;:;:)  
              `゙-'゙,-,_ツ、゙ヾf´ヽ,っll_{゙:;゙: ゙ソ
             ,、ノ'´;:;:;:;:;:;:;:`ヽl, ,、`ヾ\:ミ、゙
             };:;::;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:'lmn_'ヾ\   
          ノ!ノl´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;:;:;:;;`^!''´ヽ 'ヾ\
          f´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;;ヽ、fヽ\
         、ノ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;--;;::;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;y ¨ヽヽ\、
        r';:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;-''´   ' ' '' `-、;:;:;:;:;:;::;:;;{  `´`'''´


924 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:39 ID:???
上級貴族だが何だか知らないが、所詮地力に劣る耳長族だ。おちょくってやれば
すーぐ、挑発に乗って突き突き払いの連打連打だ。もーパターン。直線はかわされ
りゃ、すぐ背後を取れる。まあ、脚払いで転ばせて、庭園の薔薇群に頭から突っ込
ませたのだから、そりゃ恨まれる。でも、奴もさる者。左手のマインゴーシュは
伊達じゃあ無い。何と俺の必殺の突きを『奇跡的』に受け流しやがった。そして、
きっちり俺の左足を刺して行きやがった。そん時、彼女、頷いたね、俺に。

 『もう、いいです…。存分に…戦ってください…私のために』
 
 って、濡れた瞳でな? かーっ、燃えるじゃないか? ええ? おい?

925 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/25 23:41 ID:???
>>922火を恐れない、もしくは放火程度は出来る猿ってネタは考えて
いたのですが・・・ショットガンはやだなあ。
巨大猿のスペクタクルつーと、思わずベルセルクが。

926 :923:04/05/25 23:41 ID:???
かぶった上に割り込むとは、不覚。

927 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:43 ID:???
あら? お呼びじゃ、無い? お呼びじゃ、無い? こりゃまたシツレイいたしましたぁ〜!

…と諸君、まあ、これで寂れたなんて言わないのが、小官と諸君等との約束だ。では、また。

928 :916:04/05/25 23:46 ID:???
>>919
実戦でやってるわけじゃないので問題は無い。


929 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/25 23:47 ID:???
>>927いや、こちらこそ失礼おば。
着剣小銃は性質的には槍だから、リーチが悲惨でしょうな。

930 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:50 ID:???
だから、『敢えて懐に入る』描写が必要と為る。パイクや長槍隊となんぞ遣る気にも為らんが、ね。

931 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:51 ID:???
ではまた、と言ったのは小品の事さ。

932 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:58 ID:???
七百六拾番台から一気に170レスも経過か…。皆の情熱でスレは活きる! 

933 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/25 23:59 ID:???
では、今度こそ…お休み。では、な。

934 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 00:07 ID:???
>>913
わ、悪かった! 質問に答えて無かったな!
公衆電話にお手紙、携帯電話が有る。ウム。だが…公衆電話はお勧めしないし、
お手紙も…な? 一部携帯も通じない場合も有るし…。まあ、直接会うのが一番だ。
駐屯地記念祭に呼んだりしてな? 以上。

935 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 00:11 ID:???
親の方から息子へ『確実』に連絡取る場合。
駐屯地に電話を掛ける。そして『基地通信隊』こと『基通』の交換手が出るから、
身分を述べて、息子の所属中隊の事務所に内線電話を繋いでもらう。そして、息子を
呼び出してもらう。休日に為ると陸自の場合、中隊の『当直陸曹』が出る。普通日は
たいてい『先任陸曹』だ。以上。

936 :名無し三等兵:04/05/26 01:19 ID:???
>900
そういえば、海外青年協力隊とかいう人達の中に自衛隊経験者がいて、アフリカで活躍してる、
という噂を耳にしたことがありますが、どうなんでしょうか?

937 :小官どの萌え:04/05/26 01:37 ID:???
>>761
 女子供が戦う状況で平気な顔が出来ない自衛官をリクエストしてよろしいでしょうか。

938 :名無し三等兵:04/05/26 04:53 ID:???
F世界の日本人入植地。
兼ねてより人員の消耗が危惧されている状況で、
夫を失った婦人や、若くて熱い13歳の少年が
入隊を希望してくる。既に法は形骸化し、本国との
通信も満足に行えない状況で、その土地に派遣された
指揮官は苦悩した挙句、彼らの採用を許可することに・・・
てな展開か?>女子供が戦う状況

939 :名無し三等兵:04/05/26 08:29 ID:???
満蒙開拓団の二の舞だな。

940 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/26 09:44 ID:???
>934-935 小官どの
返答有難うございます。
さて、これをSSに生かすには・・・・。

941 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 12:01 ID:???
早メシ後の昼休みだがリクエストに応えよう。

 「…おじさん…? どうして…私達に小銃の撃ち方を今まで教えてくれなかったの? 」
 「…大人の意地、だったのさ。女子供が『人殺し』のことなんて覚える必要など…
  絶対、認めたく無かった。俺達が代わりに手を汚せば済む事だ、と思っていた…」

 開拓村。この『帝国』と日本国との友好関係を示すために作られた、一大農業地域。
『王国連合』では農奴に過ぎなかった彼ら農民が、始めて『自分の土地』を与えられた、
希望に溢れた『約束の地』だ。だが…脱走農民を看過出来なくなった一部の『王国』が
遂に『人狩り部隊』を送り込んで来たのである。我が国政府は楽観的に過ぎ…間に合わせの
『戦闘団』しか配置しなかった。各兵科から一小隊分抽出し、普通科を主力として編成した
『コンバット・チーム=CT』だ。演習で良く編成されたが…実際戦闘で編成されるとは、
世も末だ。敵の数は…我が方の約1.5倍。…自軍兵力では我が方の陣地防衛は出来ても、
奴等の真の目的である『元農奴』やその家族達を守る部隊まで編成出来はしない。

942 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 12:02 ID:???

 俺達は苦肉の策を取った。戦闘団中の予備銃や砲をかき集め、教官と為れる『真に優秀』な
人材を持って教育に当たらせ、襲撃予想日までに『撃てる』様にする事。文にすれば一行だが、
普通、数週間、数ヶ月に渡って教育すべき事を2週間で詰め込まなければ為らなかった。
 教官と為った俺達、陸自の曹連中は互いに顔を合わせれば、言ったものだった。

 「…なあ、『新品三尉』より使える奴等が多いじゃないか? 仕込み甲斐が有るな」
 「冗談! 俺だったらこの状況こそ恥じるね! …自衛隊の存在価値が全く無い! 」
 「…守るべきものに銃を取らせる俺達は…きっと地獄の鬼も許さないだろうな…」
 「違いないわ…きっと、泉下の『帝国軍人』の先人達に説教されるでしょうね! 
  何のために死んだと思ってる! とか、鬼よりコワイ顔して叱られるかもね…」

 官僚も逃げた。教育者も逃げた。役人も逃げた。入植者も逃げた。文字通り、俺達陸自が
日本国の代表と為った。…俺達の戦闘団からは何故か脱走者が『一人も』出なかった。普通科
連隊長の訓示が奇跡的に効いたのだろう。何気ない言葉が『覚悟』を促す効果も有る。
 日頃『信楽焼きの狸』とか言われていた奴の訓示だったが…その時何故か、心に沁みた。

943 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 12:03 ID:???

 『逃げる者は停めん。しかし、我々まで逃げれば、誰が彼らを守る?彼らだけでは無い。
  後方には同様の開拓村が多数存在している。当然、日本人も居るのだ。…我が連隊が
  現代の『良識有る正しき日本人』の姿を見せる事によって、信頼関係を磐石の物として
  見せようでは無いか! 捨石残地多いに結構! 諸官! 陸自の歴史に名を残そう! 』 
 
 ここまで言われて、逃げようとか逃げるとか言う勇気のある自衛官は、正直、居ない。まあ、
単に周りの雰囲気を気にして言い出せなかったに違い無いだろう。今の心境は、来るなら来いだ。

 「おじさん、あの土煙…もしかして…あれが…全部…? 」
 「そうだ! おいでなすったか! 特科小隊に連絡! 砲撃開始と伝えろ! 」

 伝えるまでも無く、視認した向こうが砲撃を開始した。俺達は『良き軍人』には遂に為れなかった。
『真に守るべき者』に『人殺しの道具』を扱わせたのだから。だが、それは死を以て償えるだろう。
その時始めて、俺達『日本国、陸上自衛隊戦闘団の自衛官だった日本人』は『良き隣人』と為るのだ。

944 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 12:09 ID:???
投下終了だ。戦闘団長は大体、普通科指揮官が兼任したりする。だから出てくる。
小官の見聞した限りでは『一番先にまず潰されるが、一人きりになっても戦う』
師団高射大隊の指揮官が『バランス感覚』と『こういう認識』抱いてたりするね。
 あそこ、頭が変に良くて変わりモンばかりの集団だし。だが全員『有言実行』
だったりするのが怖ろしい。本当にやる。小官の兵科にも見習わせたいね、そこら辺。

945 :名無し三等兵:04/05/26 12:24 ID:???
乙であります!

946 :名無し三等兵:04/05/26 12:25 ID:???
乙彼様であります!いつもながら小官殿のSSは心を揺さぶりますな‥

947 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 12:26 ID:???
で、どうかね? 小官の目指す所の『悲壮感及び一縷の望み感』は出せた、と君は見るか? 

948 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/26 12:29 ID:???
とまあ、そろそろ昼礼準備にかからねば、な? 50分には集合完了していなければならんのだ。では。

949 :名無し三等兵:04/05/26 17:50 ID:???
>>1の鮫→海産物、
>>897を参照して>>6を修正で
↓新スレよろ

950 :名無し三等兵:04/05/26 19:07 ID:???
あいよ。

951 :名無し三等兵:04/05/26 19:21 ID:???
自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第25章
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1085566385/

952 :名無し三等兵:04/05/26 20:39 ID:???
1970年ごろの自衛隊を描いた小説が出てたので買ってみた。
タイトルは『歩兵の本領』で作者は浅田次郎。
一士二士が士長や曹に殴られる短編が沢山載ってたよ。

953 :名無し三等兵:04/05/26 20:43 ID:???
>女子供が戦う状況
そこで筋骨隆々たるアマゾネスですよ。子供はともかく。

954 :狩人:04/05/26 20:54 ID:???
弓を引きやすくする為に胸を切り落とすような
女はいやだ。

955 :名無し三等兵:04/05/26 20:57 ID:???
萌えに流れにくくて良かろう。

956 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 21:09 ID:???
筋骨隆々で切り落とすべき胸の脂肪も無いようなボディビルダーなアマゾネスはむしろ嫌展。

957 :名無し三等兵:04/05/26 21:21 ID:???
>>956
ナイチチ萌えーッ ヽ(`Д´)ノ

958 :名無し三等兵:04/05/26 21:30 ID:???
>>956
マッチョウィメン萌えーッ ヽ(`Д´)ノ

959 :名無し三等兵:04/05/26 21:42 ID:???
埋めを兼ねて以前にも貼られたけど野生動物板での一結論を。

☆雄の成獣同士(ブチハイエナは雌)が陸で一対一で戦った時
S トラ ライオン ゾウ ライガー
A サイ
━━━━越えられない壁━━━━
B カバ キリン スイギュウ ガウル ヒグマ バンテン
C ジャガー ホッキョクグマ セイウチ バイソン イリエワニ ナイルワニ 闘牛 エランド シャイア馬 ゾウアザラシ
D ヒョウ ピューマ ヘラジカ アメリカクロクマ 闘ラクダ ジャコウウシ イノシシ アナコンダ ニシキヘビ ゴリラ
  ヌマワニ ツキノワグマ ナマケグマ
E ユキヒョウ ブチハイエナ トナカイ シマウマ ヌー サンバー バク ジャイアントパンダ
F 人間最強格闘家 ハイイロオオカミ オオヤマネコ ウンピョウ オランウータン バーバリシープ 闘犬 クズリ
  ラーテル ダチョウ

……まあ、素手の毛無し猿なぞこんなもんでしょう。

960 :名無し三等兵:04/05/26 21:47 ID:???
>>907
気になる点が1つ。
あなたは以前、”絶対に文句のつけようの無いSS”を書くと言っていたような…。

961 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 22:51 ID:???
>>960
質量保存とエントロピー云々をどうひっくり返しても、「魔法は存在することが出来ないか、存在しても煙草に火をつけるときにマッチやライターが必要ないくらいにしか便利じゃない」という結論しかでませんので。 
つまり、「絶対文句の付けようの無いSSの作中において突っ込みの入れようの無い魔法の描写を行なう事は厳密には不可能」という事に気付きました。
…ああでもないこうでもないと考えているうちに、そもそも「科学で説明できない神秘的な奇跡を行なうから魔法という言葉がある」であるのに物理法則と科学で原理を説明するというこの矛盾は一体何なのかと思えてきましたし。
深刻なのは魔法の原理が科学的に説明できないからだけではありませんし、魔法使いがラノベ的に大活躍できないだけでもありません。
最も重大な問題は「異世界あるいは平行世界から複数(多数)の人間と装備を召喚するのにどのくらいのエネルギーが必要で、仮に質量か熱に換算するとどのくらいになるのか」を憶測と半端知識で計算して、
それが想像を絶するエネルギーが必要になりそうだと気付いた事です。
つまり、「質量保存の法則に従うと自衛隊を召喚するだけで核爆弾数百個分に掃討するエネルギーが消費されるかもしれない」と。


962 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 22:54 ID:???
ブラックホールが光や空間を捻じ曲げるその質量に比べればこれだけでも足りませんし10の何十乗分、何百乗分の一という確立を強制励起させるのには一体どれほどのエネルギーが消費されるのか…考えるほどに絶望的です。
…そんなエネルギーが用意できるならば、どのような理由であれ自衛隊召喚する必要も無いですし。
つまり召喚する事が不可能か、召喚する必然性が見つけられないということです。
では、魔法で召喚では無くタイムスリップっぽく時限の狭間に落ち込んでしまうのはどうか?
その理由で説明しようとも、そもそも異世界に行く時点でタイムマシンが実現できないのと同じ理由で「科学的に起こり得ないことが証明されている」ので無理です。

突っ込みを入れようが無くするために、突っ込みを入れられるであろう箇所を予測してその都度修正していくと、どうしても無理矛盾が生じてしまうので無意味です…


963 :名無し三等兵:04/05/26 22:57 ID:???
少ない口数で多くを理解させるのが大才なら、小才は逆に多弁を弄して何ひとつ語らない天分をそなえている。

ラ・ロシュフコー


964 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 23:04 ID:???
もし仮にタイムマシンやワープ航法が実現可能ならば、自衛隊を異世界から召喚することが可能になるかもしれませんが、
現状で解明されている科学と物理法則にしたがっている以上前提条件として自衛隊の召喚が成立できません。
魔法を物理法則に囚われない、あるいは無視した事象を励起させる技術とするならば簡単に問題は解決しますが、突っ込みや文句を入れられる事は確実です。
結局のところ魔法に科学や物理法則に従うことを求めた前提条件で設定を行なう事は、無意味なのです。
成立し得ないんですから。

だから「空想科学読本になってしまうのはどうか」と以前主張したのです。

965 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 23:06 ID:???
>>963
じゃあ一言で理解させましょう。


科学が邪魔をするので魔法という存在が成立しえません。

966 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 23:12 ID:???
問題なのはエネルギーだけではなくて、エネルギーを消費して(原因)何かの仕組みにより(過程)何かが起きる(結果)という一連の現象を
道具も機械も使わず生身の人間が、人間の能力を超えたそれを行なうのも不可能ですし、道具を使っているのならばどの道具を作り出す技術は既に科学…
そしてその科学を可能とする基礎技術は一体何処から…そんな技術があるならばなぜ文明レベルが中世並…中世並とは限らなくてもそんな技術持っている人間がなぜ自衛隊を召喚しなければならないのか…
突っ込み出したらキリがありませんね。
「単なる実験の為に呼び出した」ならば部隊単位で呼び出すほど大規模にする必要性が薄れますし。 実験なら召喚する規模は多くて2,3人でしょう。

967 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 23:18 ID:???
ファンタジー世界の不合理さについての突っ込みはこれまでの過去スレでさんざん議論されてきました。
その上で、スレの流れどおりの要求を満たすSSと設定を作るのは、人間が居てエルフが居てドラゴンが居て魔法があって中世風で…
突っ込みの入れるべき箇所などこの時点で10個ぐらいは見つけられそうです。

F世界というそもそもの大前提が突っ込みいれられまくりなのにどうしてそれを突っ込みの入れられない物になりえるでしょうか。
自分の宣言に無理があったこと自体は既に過去スレにて認めていますし謝罪して居ますけどね。 で、何か?

968 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 23:22 ID:???
というか「すいません無理でした」ってとっくの昔に言っているのに今さらというか何かのたびに持ち出してくるのは一体なんですか?
まあ埋め立て代わりに無駄に書き込みするネタにさせては貰いますけどね。

969 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/26 23:23 ID:???
>>966モルモット自衛隊員・・・猿の惑星みたく調べられたり
死の先触れとか言われまくってしまう中世的F世界。
海岸に行くと自由の女神があり、ここはお台場だったのか!ってオチとか?

970 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 23:29 ID:???
ところで、存在し得ない妄想と空想と想像の産物であるF世界や魔法に物理法則を強いる人の思考もどうかと思いますがね。
「科学的に考えると無理があるし無理の無い方法だと珍妙になるのでネタとして笑える」のは大賛成ですけど。
このスレで最も現実主義な小官殿とて、魔法や物理法則に反する存在がどうして存在しえるのかという理由は説明しきれて居ないはずですし。
「それはそういうもの」として存在を無理やり納得する以外に方法は無いんじゃないですか?
でないとスレタイ自体が成立しないのです。 このスレは空想事をなるべく現実に近づけて楽しむスレなんですから。

971 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 23:32 ID:???
>>969
なんだかそれも面白そうな気がしてきました。
あとお台場なら自由の女神よりも某テレビ局ビル…

972 :名無し三等兵:04/05/26 23:33 ID:???
>970
おちつけよぅ。
そう言う想像のモノを現代の知識で検証するのも、このスレの存在意義なんだからさ。
つーか、>960よ。
いい加減そこを突くなよ。最近、大人しくなって来たと思ったのに。

愚者もよ、釣りなんだからいちいち反応スンナよ。
こっちも大半の住人は、あんたの言い分分かってんだから。
魔法はどうやっても完璧に定義できるはず無いよ。
適当に作ったファンタジーなんだから。

973 :名無し三等兵:04/05/27 00:14 ID:???
ところで小官どの、スコップ戦闘の基本(可能な範囲で)教えていただけませんか?
以前某国でボランティアしていたとき、昨日まで死体埋めるのに使っていたスコップで
山刀と殴りあうという貴重な経験してしまい、少々トラウマなので、後学のために
教えていただけませんか?
あと、自衛隊の折りたたみ円匙は諸外国では武器扱いなのですね。空港で没収されました。

974 :名無し三等兵:04/05/27 00:33 ID:???
>973
それは、また、凄い経験を。
私も聞きたいです。
相手が持っていた山刀って、どんなものでしたか?
形、長さ、片手用か両手用か等。

975 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 02:51 ID:???
 スコップ戦闘か…。円匙戦闘ならばその重さを利用して、首筋、手首の内側、太腿等の血管や密集部を狙い
『叩き切る』。だから、有る程度刃を付けて置くのがポイントだ。携帯用スコップは、鍬状に固定して使って
も良いし、そのままスコップ状で使っても構わん。その場合、戦闘法はナイフ戦闘に順ずる。だが、若干丈夫
なので、ナイフよりも防御戦闘向けだろう。要はリーチのと頑丈さの差だね。
 オマケに小官のお気に入り殺人法をひとつ。…コイツは初期の『アレ』展開中にもちろっと書いたのだが、
鎖骨の窪みに刃渡り30cm以上の刃物を垂直に上から突き刺し、心臓を直撃した後、梃子の原理を使って、
頚動脈をそのまま引き千切る。まあ、刃物で無ければ先端が鋭利な鉄の杭でも構わんのだが。血しぶきドバドバ。
以上。…小官のSSの主人公は、それを愛する人に対し若干14歳で冷静にやってのけた設定だが。以上。

976 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 03:38 ID:???
 …『女』を感じさせない『女』に『女』を物凄く感じてしまう小官は…きっと歪んでいるのだろうな?
最近の商業諸作品は何て言うかもう…『媚び過ぎ』でコッテリでもう…な? 隣で戦ってて、相棒扱いを
している最中に、ほろっと『女』を感じさせる、そんな美味しいキャラが…居ないな。ウム。
 『守って! 』とか言う手の懸る女など娑婆の奴に任せるよ。『そんな余裕が有るなら、黙って自分の
仕事しろ! 馬鹿! 』と怒鳴る女が可愛いなんて思ってしまう、小官。…きっとマザコンかマゾだろう。

977 :名無し三等兵:04/05/27 04:17 ID:???
み、ミスター? やばい、小ちゃんが壊れたぞ!

978 :名無し三等兵:04/05/27 06:05 ID:???
俺は受けなので、>976の意見は凄く分かる。

979 :名無し三等兵:04/05/27 06:30 ID:???
>963をみて思ったんだけど、

どんなに為になる事を言ったとしても、聞いてる本人が否定的なら何言っても感銘を得る事はありえない。

ていう風にも取れるよな。
身から出た錆とは言え、愚者もとんだ業を背負ったもんだな。

980 :960:04/05/27 10:12 ID:???
>>907に対するレスのはずが、なぜか魔法に対する突っ込みと解釈されてたり。
意図的に話題を変えようとしたのかそうとは知らなかったのか。

981 :960:04/05/27 10:19 ID:???
>>976
>最近の商業諸作品は何て言うかもう…『媚び過ぎ』でコッテリ
だとすると…一般の好みから外れている可能性は高いですね。
まあ、どうでもいいことですが。

というか、そもそも商業誌とはあまり縁がなかったり。

982 :名無し三等兵:04/05/27 11:16 ID:???
いや、そろそろ媚びるだけのキャラは飽きられ始めている

983 :名無し三等兵:04/05/27 12:47 ID:???
>>982
そうなの?

984 :名無し三等兵:04/05/27 12:53 ID:???
>>976
少なくとも、キャラクターの設定からどう考えても成立し得ない関係
が出てこない限りは問題ななしとみなすので、あまりそういうのは
意識したことがない。


985 :名無し三等兵:04/05/27 13:01 ID:???
私は小官殿に半分同意。
違うのは「男なんて媚びてりゃ大概言うこと聞く」と女が思い込んでること。
会話で女の意図が見え見えで、手加減抜きで罵倒したくなることがよくあります。

986 :名無し三等兵:04/05/27 13:07 ID:???
相手に自分の意図をわざとバラスのも女の手口。とだけ言っておこう。

987 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/27 13:32 ID:???
今夜は千鳥合戦になるのでしょうが、帰宅時間が多分0時過ぎるから、
参加できませんヽ(´д`)ノ

次スレこそ、千取る〜。

988 :名無し三等兵:04/05/27 14:16 ID:???


989 :名無し三等兵:04/05/27 14:16 ID:???


990 :名無し三等兵:04/05/27 14:17 ID:???


991 :名無し三等兵:04/05/27 14:18 ID:???


992 :名無し三等兵:04/05/27 14:19 ID:???


993 :名無し三等兵:04/05/27 14:21 ID:???
これが千争なのか、兄さん……

994 :名無し三等兵:04/05/27 14:21 ID:???
かきくけこ

995 :名無し三等兵:04/05/27 14:23 ID:???
わをん

996 :984:04/05/27 14:24 ID:???
>>985
なんだか変な思い違いをしていた模様。

ところで、小官殿はどのような番組が好みでしょうか?


997 :984:04/05/27 14:26 ID:???
>>976
吉岡平の長編でも…やはりやめておいたほうがいいかも。
厨房キャラが増えていくし。

998 :名無し三等兵:04/05/27 14:28 ID:???
ンジャノメ

999 :名無し三等兵:04/05/27 14:29 ID:???
ぬるぽ

1000 :名無し三等兵:04/05/27 14:29 ID:???
>>999
ガッ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

346 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)