5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた 第25章

1 :名無し三等兵:04/05/26 19:13 ID:???
ハイテク兵器 vs 剣と魔法。しかし、何でもありでは有りません。
縛りはスレタイを見て下さい。
出したい兵器が存在するなら、スレ住人の納得出来る理屈と共に。
熱意と知識で捏ねましょう。

・sage厳守。行くべき所が有りません。軍板の温情に感謝致します。
・書きこむ前にリロードを。マナーとして。
・SS作者は投下前と投下後に開始・終了宣言を。分断防止のため。
・SS投下中の発言は控えてください。
・支援は15レスに1回。
・嵐、煽り、気に食わないコテは徹底放置。自然現象として脳内あぼーんしましょう。
・品性に欠けるレスはなるべく付けませんよう。
・気に食わないレスを気に食わないコテハンのものと根拠無く認定するなかれ。
 そんなことより海産物の話でもしよーぜ。
・以上を守らないものはぬるぽと見做し、鉄槌制裁( ・∀・)つ=■彡☆))`Д´)されます。

前スレhttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1084265974/

保存庫
ttp://shizuoka.cool.ne.jp/fantasure/
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/

分家
http://jbbs.shitaraba.com/movie/4152/fjieitai.html

>>2アホ >>3-10あたりテンプレ

2 :名無し三等兵:04/05/26 19:13 ID:???
2get

3 :名無し三等兵:04/05/26 19:16 ID:???
暫定ガイドライン

0.現代科学であれ男塾理論であれ異次元科学であれ議論であれ、第一に置くべきははスレ住人が楽しいこと。
1.「自衛隊がファンタジー世界に」とあるように、あくまで「現代日本」が主に関わる話であること。
2.現代日本というからには、自衛隊の組織・装備はあくまで現用もしくは近未来的に配備が予想されるものに限る。
  核・正規空母・旧東側諸国製兵器・巨大人型兵器などの日本が配備するにはナンセンスなものは極力避ける。
3.総じて知識不足によるミスは、指摘するならイヤミにならない程度に。
  指摘されたほうもムキにならず、あくまで謙虚に受け止めること。後付けのこじつけや訂正は恥ではない。
4.軍事力の背景となる社会構造にも注意を払う。板違いでない程度に、SSを阻害しない程度に。
  議論は建設的な方向で進めること。空想科学読本よりすごい科学で守りますの路線で。
5.あくまで「ファンタジー世界」の話であり、F世界側の設定は作者が勝手に決めることが出来る。
  ただし、「超兵器・超魔法・無敵キャラまんせー」な話にならぬよう気をつける。
  また、オーバーテクノロジーの扱いは慎重に。
6.ファンタジー側の人間もきちんと描写する方が好ましい。
  自衛官主観という演出などであえて描写しないのはこの限りで無い。
7.政治・戦略・作戦・戦術・戦闘としてありえないものを避ける。たとえば人間の徒歩部隊が一日に100kmすすむとか
8.萌え・色気はあくまで表現手段であり、目的ではない。
  安易に狙ったり、しつこく要求するのは本来板違いであり、自粛すべき。
9.SS作者は、抽出がしやすいようにトリップ装着を推奨。
10.感想書き込む人も節度や口調を考えるべし。勿論、感想を書かれた作家も。
  作品が気に食わないなら透明あぼーんで。 それでも気になるなら、このスレのルールが届かぬ場所で。

4 :名無し三等兵:04/05/26 19:17 ID:???
過去スレ
23 http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1083332026/
22 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1082564788/
21 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1081338122/
20 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1080118526/
19 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1079351585/
18 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1078588258/
17 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1077724125/
16 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1077128299/
15 http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1076745722/

これより古いスレは>>1の保存庫で。

5 :名無し三等兵:04/05/26 19:18 ID:???
参考資料

自衛隊公式サイト
http://www.jda.go.jp/
戦略、戦術について
ttp://www.d1.dion.ne.jp/~r_dom/lans_index.htm
ttp://bezkrilo.hp.infoseek.co.jp/beskrylyi/mil.htm
自衛隊に装備について
ttp://www.military-powers.com/

戦術の世界史
ttp://www31.ocn.ne.jp/~tactic/

京大RPG研究会
ttp://www.ku-rpg.org/
ttp://www.ku-rpg.org/trpg/population.html 中世の人口

Dragon's Lair by Water Dragon
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/esse.htm 中世とF世界の食事
ttp://wdragon.fc2web.com/fg/index.html 中世ヨーロッパの装い(下着含む)

ファンタジー辞書
ttp://www.asahi-net.or.jp/~QI3M-OONK/tosyokan/fantasy/aafanindex.htm

Wiki
ttp://fwsdf.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?%BB%F1%CE%C1 資料

6 :名無し三等兵:04/05/26 19:19 ID:???
■今までこのスレで討議された議題

・ファンタジー世界の市場規模についての考察
・食料輸入を経たれた日本は自活できるか
・麻薬による世界支配は許されるか
・江戸時代とファンタジー世界の類似性について
・大陸国家VS海洋国家戦略、その長短について
・マッチとメラ、着火手段としてどちらが優れているか
・F世界での日本経済再生と交易について
・ドラゴン・・・契約方法と空軍戦力としての有効性を考える
・自衛隊的ダンジョン攻略法
・対人地雷と魔法の罠。
・資源・エネルギー問題。在日外国人の処置について。
・外交方針について。
・F世界における神の影響力について。
・F世界的陣地攻略法
・熊に見るモンスターの手強さ
・etc.

参考までに

7 :名無し三等兵:04/05/26 19:20 ID:???
>>1
               .-──- 、
              /.∩ : : : :: ∩::\
   ______   /.: :: : : : : : : : : : : : : ヽ  
 /;;::::        \ !::: : -……-…ミ: :::: ::'
/;;:::::. ━━''::. .:''━━ ヽ ェェ  ェェ   |:::::::::::}     
|;;:::.. 、(●),,:::. (、(●),,  | (_● _)   | :::::::ノ  
|;;:::..  ~` :(、_,)  ~`   |  |∪|   ゞ‐ミ   
|;;;::..ヽ、   ノ^_^) ::.. ,,イ |   ヽノ  ⌒ヽ/   
!;;;::::.. `::.. ヽ'_ソ ::    !        |  |
\;;;::.._:::.._/ ̄ ̄ ̄ ̄/       |  |
_(___)/  アルエー /_____|  |___
     \/____/       (u ⊃

8 :名無し三等兵:04/05/26 19:46 ID:???
>>1
楽に休め。

9 :名無し三等兵:04/05/26 20:38 ID:???
>>1
そしてタコ?で即死防止。

  |
   | \
   |Д´)ノ ソシテオドルナライマノウチ 
   |





                   /⌒ヽ、    
           ((((  ヽ( ♯`Д´)ノ ♪ランタタンタ!!
                  ノリリ从ルヽ
  

       /⌒ヽ、         
    ヽ( `Д´♯)ノ  )))) ♪ランタタン!!
      ノリリ从ルヽ   

                   /⌒ヽ、  
           ((((  ヽ( ♯`Д´)ノ ♪ランタタンタ!!
                  ノリリ从ルヽ   


       /⌒ヽ、        
    ヽ( `Д´♯)ノ  )))) ♪ランタタン!!
      ノリリ从ルヽ       


10 :名無し三等兵:04/05/26 20:41 ID:???
>>9
蛇口を捻ると水道管から足音が聞こえませんか?

11 :名無し三等兵:04/05/26 20:50 ID:???
>>10
窓に手が見えるだけですよ?

               ,,-‐''""''ー--,-〇 >>1タクァ       禁断の地ツアー参加キボンヌ
             .|""         || >>2ャルラトテップ    便利屋必死だな(ゲラ
:::::::::::::::::::::::::::      | ルルイエの印 || >>3=ゴ         記念写真に写れませんね(ゲラ
:::::::::::::::::::::::::::::::     |           || >>4グ=ソトース    ラヴィニアタンハァハァ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       ,ノ""""'||  イ>>5ローナク     食事は手掴みかよ、きったねーな(ゲラ
  ::::::::::::::::::::::::::::::::::  |   ,/"""       ||  >>6イガー       アンドロメダにカエレ!!(ゲラ
::::::::::::::::::::::::::::::::::    """"         ||  >>9トゥグァ      デ゙ブと名前が紛らわしいんだよ(ゲラ
                        / ) >>10ダロスの猟犬 ストーカーは嫌われますよ(ゲラ
                      ./ /||  
                      / /
                    ( (  〃⌒ヽ  へ
                     ヽ ヽ (・ ・ )へ  \
                      \\ノルリハヽ          海産物(本当は違うけど)クトゥルフ様が11getだぜ!!!
                       ハ      \    ( E)   ゴボゴボ…ヌチャピチャ…
                        |    /ヽ ヽ_//   俺様にひれ伏しやがれ雑魚共!

12 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/26 21:07 ID:???
>1
乙。
F世界で魚人に信仰されるくとるーっぽい怪物というのもネタとしてSSに絡めようかなとも思う今日この頃。


13 :名無し三等兵:04/05/26 21:34 ID:???
さて…いきなりSAN値の低い出だしな訳ですが……

14 :名無し三等兵:04/05/26 23:05 ID:???
最近気づいたんだが、元1のサイトってどうなったんすか?

15 :sageごん:04/05/26 23:13 ID:???
>>14
まるち方面・・・の方はもうNot Foundになってるですね。

でも初期の自衛隊漂流戦記は残ってるです、はい。
http://www3.ocn.ne.jp/~novel/novel.htm



16 :名無し三等兵:04/05/26 23:33 ID:???
>>15
そうでもない。
http://www.geocities.jp/kojima_type/index.html

17 :名無し三等兵:04/05/26 23:37 ID:???
スレ内設定が固定化されたせいでSSの書き手が激減したが、現在の殺伐展開もいいな。
>>1

18 :sageごん:04/05/26 23:38 ID:???
>>16
あれー? アドレス変わってたんだ・・・。
サンクスコ

ちなみに漏れがブックしてたのは↓ここ
http://ww61.tiki.ne.jp/~jpnarmy/


19 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/27 00:14 ID:???
新スレおめ。二十五ですか・・・凄い節目ですな。
>>1氏、「2アホ」ワロタ。乙です。
自衛隊魔界村とかって出ないかな。何かの呪いでゾンビの盆踊り会場と
化したF世界の村で、自衛隊員達が掃討戦を繰り広げたりする奴。
空が妙に紫色で、ジャンプ力が通常の3倍に(ry

20 :名無し三等兵:04/05/27 00:47 ID:???
スレ内設定もそろそろ変革のときなのでは・・・?
個人的には小説が少ないのはさびしい・・・しかも殺伐としたものばっかだし(泣
褌エルフやビキニエルフの話がなつかしい・・・・・・。

21 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/27 01:10 ID:???
>>20
F世界や魔法に必要以上に現実の物理法則を従わせるのは控えましょう、というだけでも規制が緩むと思うよ。
緩み過ぎないように要注意だけど。
あと積極的にネタSSを推進するとかね…なんつーか、過剰な突っ込みを突き詰めるとF世界そのものが存在し得ない事になるしね。

22 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 02:56 ID:???
 はん? 大体軍事板ファンタジーなんぞ血が出てナンボだよ。血まみれの現実の果てに平和を願い、
平和の怠惰を恨みながら狂乱の戦場を想う。そいつが正しい軍事板住人のあり方だ…って…充分、資格
有りだな? まあ、ネタで面白い奴が出てくれば、流れも変わるだろうさ。むしろ小官、ふざけた奴が
嫌いなので真面目に『軍板向け』に書いたらどうしても、な? …見ての通り、凝り性だから。ウム。

23 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 03:09 ID:???
さあ、用語の野暮な突っ込み行こうか!
『ゾンビ』。こいつはブードゥの魔術師製で無いと本来は使ってはならんのだ。
さらにアレは『意志を奪われた仮死状態の人間』なのだ。使役者はそれを労役に
使用し、対価を得ているのだ。ハイチの農場などでな?
 では類似のそれは何と云うのか? 『リビングデッド』だ。その文字通りに、
『活きている死体』だ。…文字にすると矛盾の塊だが。『ウォーキング・デッド
マン』では余りに修まりが悪すぎる。…ファンタジーと云うか、用語と云うか、
原典を押さえれば、ネタはいくらでも転がっている。先ずは『本』を読め。ネット
で一発検索では得られん脱線もいろいろ可能だ。そして人格と知識に深みを加えよ。以上。

24 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 03:16 ID:???
 で、小官何故ギャグネタ系を嫌悪するか? …それが軍事板で無ければ演れないネタでは無いからさ。
軍事板ならではの視点、考察、意見ならば多いに結構だが、ソイツは『已む無し・オチ無し・意味無し』
のあの流れを誘発してしまうのでは、と危惧してしまうのだ。全ての事柄に意味を求めるのが軍板だ。
 だからこそ『面白いだけ』と云うのは…どうしても無駄に思えてしまうのだよ。まあ、いつもの戯言だ。
こんな意見を持った変わり者も居るのだ、と諸君は認識して置くだけに留めておいて呉れ給え。

25 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 03:22 ID:???
 …で、今小官が演って居る奴に意味有るのかって? …それは…その…な?
本来の路線を演りたい故の作り込みだよ。ミクロからマクロへ。それが真理だ。

26 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/27 06:02 ID:???
>>23
>先ずは『本』を読め。ネットで一発検索では得られん脱線もいろいろ可能だ。
ファンタジーの原典及びオカルトの知識は今や本で得ることのほうが難しい状況となりつつあります。
なぜならば、現在はその本の多くが出版されておらず書店などで入手する事が困難だからです。 絶版状態のもありますし。
何十年も前の書籍となればなおさら…
図書館に必ず置いてあるとも限りません(特に田舎である自分の地元は)…が、何故かネットで検索すると詳細な資料系のサイトが見つかったり知識を持った人が集まるBBSにたどり着いたりします。
これは何故か。 幸運にも知識を持った人、手に入れることが出来た人、外国の洋書原典すら読めるほどその世界にのめりこんだ人が知識を放出してくれるからであり、情報社会の恩恵と言えるからです。
これは、望む知識や情報を手に入れたくとも手に入れられない環境や状況にある人にとっては天の恵みと言えるでしょう…
なんと言うか、軍板のこのスレのように、小官殿見たく現役の人が神降臨して下さる場合もあるわけで。
あとネット検索と言っても数千件のヒットの中から望む情報を探し出すのも容易じゃありません。
書籍を見つけるよりは物理的に苦労しないですむというだけの事ですし。
どっちかというと大昔に出版された本を苦労して探し出して読むより情報検索のほうが手に入る確率が高いというのも現状ではあります…
と、脱線でした。

27 :名無し三等兵:04/05/27 06:25 ID:???
本嫁を叫ぶだけならタダだが、読む方にしてみればたまったもんじゃないよ。
どんなに知識を得たとしても、結局経験には適わないんだから。

愚者が現代戦について本を読み捲ったって、小官には適わないし、
小官が農学書を読み捲ったって、愚者には適わないのと一緒。

何が言いたいのかと言うと、本を読むより経験者に聞くのが知りたい知識が効率良く身に着く。
何の為のこのスレなんだと言いたいのよ。

まあ、本読むなとは言わないけど、本読む時間がない人間は辛いよな。ああいう知識本みたいなもんは。

28 :名無し三等兵:04/05/27 06:37 ID:???
小官殿の考えが全てではないと思うのだが

29 :名無し三等兵:04/05/27 08:08 ID:???
ネタをネタとスルーできない内は、今の状況が続くんだろうな。
このスレの状況って、なんかイスラム教みたいだ。

30 :名無し三等兵:04/05/27 08:58 ID:???
スルーというか、自分の専門外の話題にも参加した挙句具体的な情報は他のコテハンに出させる小官の姿勢が気に入らない。

31 :30:04/05/27 08:59 ID:???
書いてから気づいたが、愚者も同タイプのコテじゃねーかよ。だめぽ

32 :名無し三等兵:04/05/27 09:07 ID:???
同族嫌悪。

この言葉の意味を知った。

33 :名無し三等兵:04/05/27 11:21 ID:???
そろそろ間違った世界史の続きを読みたいと思う今日この頃。

34 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 12:39 ID:???
一人で喋っても良いが…そいつは空しすぎるだけなのだよ。スレは皆が語り合う場所だ。
さらに小官が具体的な情報を何時『要求』した? 小官、基本的な情報は握っている。
 …小官に欠けているのは『実体験』のみさ。情報などその気になればどんな下らない
パンフレットからでも集められる。『情報収集』のコツは玉石混交とリテラシー能力さ。
本を読めと言うのは、その『リテラシー能力』を磨け、と言っているのさ。深読みせよ。以上。

35 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 12:42 ID:???
要はニュースソースを多岐に求めよ、と云う事だ。裏付けも取れるしな? 総統閣下の勉強法は凄い。以上。

36 :名無し三等兵:04/05/27 12:49 ID:???
>>33
同意。
まあ、向こうの都合がつくまで気長に待ちましょう。

37 :名無し三等兵:04/05/27 13:04 ID:???
深読みすれば『いつそんな事言った?』ととぼけ、文面だけで応答すれば『深読みしろ』と嘲る。

なんと言ったらいいのか・・・

38 :名無し三等兵:04/05/27 13:11 ID:???
本来、SS作者やコテハンに要求されるのは某研究者並の無機質さ、或いは
某研究者常駐スレの住人並の煽り耐性なんだが。小官は煽られて
釣られるんじゃなくて最近は煽る側に回ってるからなあ。

39 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 14:27 ID:???
 だから、人間は面白いのさ。ふざけてる奴に腹立ててもどうしようもない。
周りが『タバコ休憩』取ったので、素早く投下だ。さあ、今度はもう、つける薬が無い。

40 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 14:27 ID:???
屋上へ出る階段でバッタリ出会ってしまって、互いを牽制している内に漁夫の利を掻っ攫われた者達は
いつしか会話に聞き耳を立てるに至っていた。上の話が進むにつれ、一方の柳眉が引きつり始めたのは…
危険な兆候だ。『多分バレたら半年は口訊いて貰えない』との『少女』の忠告が、辛うじて彼女に自制を
効かせる要因と為った。…彼女とて他人の意見を聞き入れる度量は有る。…その例は滅多に無いのだが。

 「…附かぬ事を訊くがの…もしや…お前はこれを知って…? 」
 「もうねぇ、ショーネンの頃の里井、もー、うん、凛々しいの。今は何かヒネた雰囲気が少ぉし
  あるんだけど、昔は「そのまままっすぐぅー! 」って感じの…って…怒ってるよ、ね…? 」
 「妾はいつも思う…。あ奴に笑顔を浮かべさせる、妾以外の全てのモノを破壊してやりたいとな? 
  …嫉妬と取られても構わん! あ奴の心を慰めるモノ! 妾以外の事をあ奴に考えさせるモノ!
  全てのモノを滅してやりたい! …じゃがそれを…当の本人に打ち明ける訳にはいかぬっ…」
 「間違い無く、即座に縁切るな。それか…不死者は殺せないから、『これが俺の遣り方だ』って
  目の前でスンごく優しく笑って見せて、死ぬか。その意味を貴女は…解るでしょ? 」

 なんと、教官がしおらしく、『コクン』と頷いた。絶対の孤独。隣を歩く者の居ない『生』。意味を
見出せぬ怠惰な日々。思えば、弟の『愚行』が無ければ、無駄に過ぎて行く『刻』を溜息を吐きながら、
見送る生を『領地』で送っていた筈だった。…そろそろあれを許すべきか? と彼女はふと思い出す。

41 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 14:28 ID:???
『少女』がフッ、と脱力した笑みを見せた。彼女の沈黙をどうやら『同意』と解釈したらしい。その
表情には心無しに、『わたしの圧倒的勝ちぃ! 』と大書して有る様に彼女には見え、もろに癇に障った。

 「その意味は、『テメエの勝手に創り上げた俺で満足してろ! 真実の俺は要らないんだろう?! 』
  痛烈な皮肉よ。哀しいね…。どうあっても、いずれ里井は、貴女より先に死んでしまうんだから…」
 「…だから、『同化』したか? 何故、山田を里井と呼ぶ! 腹立たしい! そんなに共に滅びた
  かったか?! 一つに為ったのがそんなに誇らしい事か!! そうじゃ! 今、妾の身を焼くは羨望!
  お前は今やあ奴に一番『近い』! どんなに身を摺り寄せても解らぬあ奴の『心奥』を覗け…」
 「声が大きい…。少しは黙って聞けんのか? …この私がな、こうも耐えているのだぞ? 」
 「さ、榊兄…じゃなくて、榊2尉…! いったい、いつからここに? 」
 「…隠行術は『穴』の基本だ。出来なければ『殺られる』だけだ。気息を…おまえに合わせ、気配
  を殺す。後は自意識の突出を抑え、場の事象の一つと為らん事だけを願う。…おまえは『知って』
  いるだろう。この言葉を私が誰から聞いたのか、そして私が…『何者』なのかも、な…? なあ、
  不死者のみが…破壊衝動を抑えている訳では無いのだぞ? …少しは周りにも配慮するのだな」

 突然現れたかに見えた榊2尉が、ずっとその場に居た事を知った『カラミティ教官』は羞恥の極みに
達したのか、榊2尉に掴みかかる。あわよくば引き裂いてくれる! との殺意が完全にある必殺の貫手
を、榊2尉は横から捉え、受け流し、その反動を利用して…彼女の体を壁に叩き付ける寸前で『停め』た。

 「…私は巡察中だ。不審者を見れば監視し、余計な事をせぬかどうか見極めねばならんからな? 」
 
 視線だけで焼き殺されない彼女の怒りの瞳を、関節を逆に極めながら、榊2尉は嫌味な程、涼しく受け流す。 

42 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 14:29 ID:???

 「止めろ。無駄だ。聞いているのは私だけでは無い。山田は地獄耳で、全部聞いている。不死者の
  想いなど…『彼』に懸かれば手に取る様に解っているだろうさ。…だから、憎まれ口を叩くのだ。
  嫌われる様に、嫌われる様に、とな…? 何せ私の想いすら…理解出来たのだからな…この…」
 「…榊2尉…里井にあの時、なんて言われたか、思い出してよ…。一人で惨めにならないで、ね? 」
 「お前は一体…何者なのじゃ! …有ろう事か、この妾の前で偉そうに説教するとは! 」
 「! ………ならば聞く! 両方の性を持っている私は、男か? 女か? 言ってみろ! 女め! 」

 『少女』が額に手を当て、俯いた。『カラミティ教官』がポカン、と口を開けたまま榊を眺めたまま
になる。そう、不死者の『完全な』美とはまた違うが、そう、人間にしては『整い過ぎた』美だった。
榊2尉は見る者によっては、男にも、女にも、見えてしまう。…これがその違和感の正体だった。
 両性具有者。錬金術者の羨望する、『人間』としての完全体だ。…しかしその存在は…自然界に於いて
は圧倒的少数者で…日本国の人間社会の多数派からは奇異の眼で見られる…『被差別者』だった。

 「山田は私を『素晴しい』と言ってくれたのだ! それも始めて! 嫌悪する事無く、肩を抱いても
  くれた! もし、もし、あの時の…私の思春期に山田に出会っていたとすれば、私は、私はっ…! 」

 感極まったのか、榊2尉が泣き崩れる。が、一瞬の事だった。すぐに涙を拭い、『自衛官』の顔に
戻る。その仮面の様な無表情さが、内面に吹き荒れているだろう『嵐』をその場の2人に思わせる。
 
 「他言無用。…明日も早いので、私は失礼する。就寝時間に騒いで『生徒』を起こすな。…以上だ」

 気勢を削がれた残された2人は、顔を見合わせ、自室にどちらが言い出すでも無く戻ったのだった。

43 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 14:33 ID:???
少数派は現代日本では生き辛い。異質なものは排除の方針さ。
こんなコテも居る。稀少動物扱いで、見逃してくれ。
煽り煽られ振り振られ。スレが荒れるは2chの華、ってなモンでな?
無機質や均質は、小官の『深い根っこ』の部分が一番嫌う類のモノさ!

…小官は、人間だよな? そして、諸君も。

44 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 14:34 ID:???
とうかしゅうりょう、やばいみつか

45 :名無し三等兵:04/05/27 14:56 ID:???
>>44
小ちゃん、小ちゃーん!
なんなんですかそのCCIAに見つかったような終わり方h(BAM!)

46 :名無し三等兵:04/05/27 14:58 ID:???
2004年5月27日、現地で見つかったこの手記という手がかりを最後に、
その自衛官は姿をくらませた。その後、彼の行方は杳として知れない。

47 :名無し三等兵:04/05/27 15:05 ID:???
速やかに小官奪還作戦を発動せよ!
各員は速やかに虎の穴に直行し、弾薬を調達した上で手持ちの同人誌をすべて防衛庁に
供出し、小官殿の釈放を取り付けるのだ!
諸君の一冊の同人誌が、一人のSS書き、一人の自衛官の命を救うのだ。
諸官の奮励を期待する。

48 :名無し三等兵:04/05/27 15:06 ID:???
投下終了を宣言しないと困る品!
そこんとこ偉いと思う。
ネタにできないかな、これ。

49 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 15:08 ID:???
…手早く済ませる。タバコ休憩から戻った尉官に、覗き込まれそうになっただけだ。入校予定者はキツイ。では。

50 :名無し三等兵:04/05/27 15:31 ID:???
小官は言い逃れ王。

51 :名無し三等兵:04/05/27 15:43 ID:???
とまあ、釣り糸が垂らされた訳だが。

52 :名無し三等兵:04/05/27 16:17 ID:???
       /:
   ∧∧ /  :
  (;´ー`/    :
_ / つ/) _  :
〜(⌒)__)  /| ,, :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/,,, .    /⌒ヽ 深き者どもは釣れますか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/,,,    (=゚ω゚= )
        〜〜〜〜〜〜〜〜⌒ヾ〜〜〜

さておき>>17>>20を受けてガイドラインに反せずSSが書かれていないネタを考えてみる。

・F世界と現代日本を往復可能とする(小官殿の『穴』がちょっと近い?)
・F世界を洋風ではなく和風または中華風とする(十二国記の世界に、とのネタが以前出ていた)
・魔法の真相を偽装が施された超科学とする(これはガイドライン第5条に抵触するかも)

まだあるはずだが思いつかん。

53 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/27 16:22 ID:???
投下乙です。榊二尉、ただびとでは無かったのですか・・・
ここはアブノーマルなキャラが多いインターネットですね。

54 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/27 17:00 ID:???
>>52・の2番目と同じようなネタですが、アラビア風もアリなのでは?
物凄い勢いでロック鳥が飛んで来たり、軽装騎兵と砂漠で決戦とか。

上手い人なら魔神使いvs陸自コマンドという「現代風」魔法のランプ、
シンドバッドの冒険ならぬ自衛隊員漂白記でも良いかも。

メキシコ系の世界でマヤ文明と現代装備の対決、ってこりゃスプリガンですが。

55 :名無し三等兵:04/05/27 17:02 ID:???
>>52
>・魔法の真相を偽装が施された超科学とする(これはガイドライン第5条に抵触するかも)
自航惑星ガデュリン方式にすればなんとか‥

56 :名無し三等兵:04/05/27 17:25 ID:???
>>52
>・F世界を洋風ではなく和風または中華風とする(十二国記の世界に、とのネタが以前出ていた)

ハイテク兵器 vs ニンジャとサムライ。しかし、「忍者と侍」では有りません(ry

57 :名無し三等兵:04/05/27 17:33 ID:???
「第七の空母」にでてくる「真の日本人」みたいなF世界住人。


嫌すぎ。

58 :名無し三等兵:04/05/27 17:39 ID:???
仙人。>中華風
宝貝使えば魔術師。なければ超人類。

59 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 17:47 ID:???
これで分家に投下した一見801ネタも活きてくるワケだよ。ウム。伏線は張って置く物だ。

60 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/27 17:51 ID:???
>>58封仙娘々追宝録?などと冗談を言ってみる。

61 :名無し三等兵:04/05/27 17:51 ID:???
小ちゃん・・・男ってモロに書いてるけど・・・? どうせ男に近いとか戸籍上男とか言いわけするんだよね・・・?

7 名前: 小官 投稿日: 2004/04/23(金) 22:53

―もう、貴様しか見えない― 『榊2尉の危険な告白』

 誰かを真剣に恋した事が、貴様には有るだろうか? その者の為ならば、命すら惜しくは無い。
その者を守るためならば、どんな汚い事でもやって見せよう。…己にとってのそんな存在が、だ。
 私は、幸いにも見出す事が出来た。…しかし、それを、大々的に公表する事は私にとって致命的
なダメージと為る、と貴様は言う。私は、貴様だから愛したのだ。別に…『後ろ指』を差される想い
などでは無い。問題が有るとするならば、貴様が男で、この私も男だと言う、些細な一事のみだ。

 『榊2尉LOVEなんて言ってるWACが聞いたら泣きますよ? それはもう沢山…』

 泣かせて置けば良い! 汚らわしい…! 損得と美醜の2事のみで、男の価値を計る生き物などな、
軽蔑の対象とする以外に何を思えと言うのだ! 私の容貌が整っていてどうだと言うのだ! 貴様の、
貴様の清廉かつ清冽かつ誠実な生き様に比べれば、そのような美など美では無い! 漢が漢に惚れて、
何が悪いと言うのだ! 私は貴様を守りたい! その眼差しを、その微笑みを、その優しさを…全て!
 
 『しょ、小隊長…『穴』で言った事…ただの冗談ですよ、ね? 愛してくれ! なんて…』

 冗談? 冗談だと? 哀しいぞ…。貴様、私の心を疑うのか? 私は本気だ! 貴様は私の部下だ!
誰にも渡さん! 相手が誰であろうと、私は貴様を諦めぬ! だから…私だけを…見ていてくれ…!
そして、私をこれからも支えてくれ…! 私が此処に居るのは、ただ、貴様が居るからなのだ…!

62 :名無し三等兵:04/05/27 17:52 ID:???
だから、転載スンナよ。
なんの為に分家に書き込んだんだよ!!

63 :名無し三等兵:04/05/27 17:53 ID:???
吊り。晒し。

64 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 17:55 ID:???
…久し振りに、小官が口を極めて罵りたく為ってくる輩が現れたな?

65 :名無し三等兵:04/05/27 17:57 ID:???
やばいみつか

66 :名無し三等兵:04/05/27 17:58 ID:???
>>63
>吊り
そうか釣りじゃないのか。存分に吊れ。

67 :名無し三等兵:04/05/27 17:58 ID:???
釣られるなっての。

68 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 17:58 ID:???
…その台詞に免じて今回は引く。以後、慎め! 以上!

69 :名無し三等兵:04/05/27 18:01 ID:???
>60
封神演義の方。

ラノベは知らん。

70 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 18:08 ID:???
 前スレで小官にどんな番組見るか聞いた者へ。…NHKのNスペやプロXが大好きで有る。
若い隊員の話に附いて行くために敢えて民放を点けっ放しにする時もあるが…苦痛に負け、切ってしまう。

71 :名無し三等兵:04/05/27 18:10 ID:???
>>69
ジャンプ漫画はリトルグレイ……
宝貝を超科学の産物としてSF考証(≠科学考証)すれば
>>52
>・魔法の真相を偽装が施された超科学とする(これはガイドライン第5条に抵触するかも)
とも両立させられん事は無いな。

72 :名無し三等兵:04/05/27 18:13 ID:???
ジャンプ漫画の方は発想が斬新に感じておもしろかった。
ストーリーや人物設定は、もっと煮詰める余地があった気もするが。

週刊の限界って奴だな。

73 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 18:15 ID:???
 ま、スレが法治主義で行くか、人治主義で行くかは諸君に任せるよ。
だが、面白く、かつ、納得可能な薀蓄を展開が出来なければ難しいとだけ、言って置く。
 『超科学』や『魔法』を免罪符代わりに使うならば…きっと諸君の中の『有志』が断罪に
動くと小官は信じている。まずは、演らせる。様子を見て、掣肘かつ釘刺し。それがベターでは?

74 :名無し三等兵:04/05/27 18:17 ID:???
>>73
いや土台も固めていない内にそんな事言われても。

予防線、展開!!
・中華風だからといって科挙・宦官・纏足・食人へ過度に拘らない事

75 :名無し三等兵:04/05/27 18:17 ID:???
それはフリですか?

「押すなよ!?絶対押すなよ!?」ですか?

76 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/27 18:18 ID:???
む…読まれていたか…! では、演れんな? 退席する。では、な。

77 :名無し三等兵:04/05/27 18:28 ID:???
ガイドライン、全廃しないか?

78 :名無し三等兵:04/05/27 18:36 ID:???
なにゆえ?

79 :名無し三等兵:04/05/27 18:40 ID:???
やらないか

80 :77:04/05/27 18:42 ID:???
>>78
まったく機能してない上に、新人が参加を躊躇する要因になりやすいから。
ガイドラインでがんじがらめになってるスレには誰もきてくれん。

81 :名無し三等兵:04/05/27 18:45 ID:???
結構来てる。

82 :名無し三等兵:04/05/27 18:58 ID:???
とりあえず>>74

83 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/27 19:16 ID:???
魔法が実は超科学…と考えたとしても物理法則を無視できるわけじゃないんですけどね。
そこで物理法則を無視可能であり、かつ科学的な考証。

魔法とは4次元・5次元以上の世界の力を行使する技術であり、次元の段階が上位に進むほど万能となる。
15次元世界の力を行使できるほどになった魔法使いは全宇宙を支配する事が可能であり、つまりは神の領域に到達する。



…科学的なのかどうか微妙だよorz

84 :名無し三等兵:04/05/27 19:24 ID:???
そりゃただの(と)だよ。
神秘主義のほうが万倍マシ。

85 :名無し三等兵:04/05/27 19:37 ID:???
>>83
「物理法則を無視しているように見える」ならモウマンタイ。

86 :名無し三等兵:04/05/27 20:28 ID:???
>>83の人って頭のオカシイ人なの?

87 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/27 20:35 ID:???
>>86
精神医学的には頭のおかしくない人なんて存在しないそうですが何か。

88 :名無し三等兵:04/05/27 21:07 ID:???
他人の主観はファンタジー

89 :名無し三等兵:04/05/27 21:12 ID:???
>>87
はよう寝れ

90 :名無し三等兵:04/05/27 21:12 ID:???
>>70
ほうほう。趣味が合いますな>プロX


91 :名無し三等兵:04/05/27 21:13 ID:???
>>87
はよう寝れ

92 :名無し三等兵:04/05/27 21:13 ID:???
>>70
ほうほう。趣味が合いますな>プロX


93 :名無し三等兵:04/05/27 21:14 ID:???
※田クラスだな‥

94 :名無し三等兵:04/05/27 21:16 ID:???
どうもおかしい。うまく書き込めない。

95 :名無し三等兵:04/05/27 21:19 ID:???
>>94
ここはまだいい。一部の鯖なんてまるで死後硬直の薫りがするぞ。

96 :名無し三等兵:04/05/27 21:22 ID:???
>>95
だいぶ負荷がかかっているようだが。
http://ch2.ath.cx/load/

97 :名無し三等兵:04/05/27 21:24 ID:???
ところで小管と愚者・魔術師って同一人物ってことでFA?

98 :名無し三等兵:04/05/27 21:26 ID:???
避難所へ行ったほうが良い模様。まともに書き込めない。

99 :名無し三等兵:04/05/27 21:37 ID:???
>>84
むしろ「ゆで物理学」「車田法則」「民明書房」など子ども向けのアレに近い。
次元など非日常的な単語をつかって「どうだこんなにすごいんだぞ」と
はったりかます娯楽漫画の伝統手法だな。

100 :名無し三等兵:04/05/27 23:33 ID:???
評判どうりの義和団が相手なら自衛隊も苦戦するかな、銃弾弾くし。
別にファンタジー無理にやることないんだよ、現実にあってトンデモ話をファンタジーにアレンジすればじゅうぶん通じる。

101 :名無し三等兵:04/05/28 00:20 ID:???
>|ω・`)っ事務連絡です
>移管作業に伴い2ちゃんに2〜3日の間アクセスできなくなる可能性が高いとの情報
>ソース元は運営情報板です
>ただし、ISPによっては期間が長くなる可能性もある模様

>しかし、29日になるまではどうなるかわかりません
>とりあえず今は鯖への負荷を回避するために書き込みを自粛してください
>記念カキコなどもお控えください

>また、今現在書き込めないのはこの影響ではありません
>落ち着くように、まてば直るから
>とりあえず書き込みの自粛を
>運営板にはなるべく集まらないように

>まとめサイトはここを
>http://dempa.2ch.net/prj/page/browser/ikan.html
>http://dempa.gozans.com/prj/page/browser/ikan.html

とのことですんで避難所として分家を活用したほうがよろしいかと。

http://jbbs.shitaraba.com/movie/4152/fjieitai.html

102 :名無し三等兵:04/05/28 07:10 ID:???
回避したとも聞くぞ。

103 :名無し三等兵:04/05/28 12:51 ID:???
>>97
バカ?

104 :名無し三等兵:04/05/28 15:21 ID:bKD2kl7E
>>103
噛付き癖の悪さから見れば似たり寄ったり

105 :名無し三等兵:04/05/28 15:34 ID:???
>>103 どっちも「きちがいと馬鹿は避けて通れ」って諺が適用されるのは間違いないだろ。


106 :名無し三等兵:04/05/28 16:55 ID:???
しかし馬鹿と鋏は使いようとも言うわけで‥
きちがいのほうはどうかしらんが。

107 :名無し三等兵:04/05/28 18:00 ID:CWMjCFgT
そして女に振られて愚痴って(ププ












とうかしゅうりょう、やばいみつか

108 :名無し三等兵:04/05/28 18:27 ID:???
>>107
はよう寝れ

109 :名無し三等兵:04/05/28 18:30 ID:4BQiBIVt
90式戦車と十分な燃料・弾薬があれば十分

110 :狩人:04/05/28 19:52 ID:???
 この人、下げるのに失敗したのかな?
それはともかく西部戦線異常なしを読んでたら
銃剣は刺突したら、抜けなくなるか折れるので
使い物にならなくて先を尖らせたシャベルと
手榴弾で突撃したと書いてあったが
本当だろうか?

111 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/28 22:59 ID:???
>>99
軍事自体が既に非日常的であり、ファンタジー自体が大前提として非現実的。
自分としては3次元世界以上の次元の世界、あるいは1、2次元世界の考察は充分サイエンスフィクションだと思いますけれどね。
因果地平とか平面宇宙とか。


112 :名無し三等兵:04/05/28 23:23 ID:???
>>99
まあ、「ゆで物理学」「車田法則」「民明書房」なんてのは、ツッコミ入れてニヤニヤするためにだけ存在しているわけで。
端的に言うと、”わけのわからない言葉を並べ立ててらしさを出そうなんて白々しいなぁ”と。


113 :名無し三等兵:04/05/28 23:25 ID:???
>>111
非日常≠非現実


114 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/28 23:34 ID:???
>>112
ほほう、自分が適当な難しそうな言葉を並べ立てて頭よく見せようとしていると?
元々頭悪いのは周知の事実なのに何故そんな事する必要があるんですか。
頭悪いなりにラノベからいい言葉を引用。

愚かである事は自己と全体に対する大罪である
だが賢明である事は概ね、自らが今まさに死刑台の首吊り縄の前に立っているということを悟る事に過ぎない。
だがしかし、人類から完全に愚行を取り去ったら、宗教家と劇作家は首吊りをするしかないだろう
私自身を含めてね

ジグムント・ヴァーレンハイト/されど罪人は竜と踊る



端的に言うと、この言葉の意味が分かるくらいには頭が悪いって事です。

115 :いつかの123:04/05/28 23:46 ID:???
先生!(*´ヮ`)∩
画像はどの辺りにうpすればよいのでしょう!?

画像貼付板って初心者なのヨ・・・_| ̄|○|||

116 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/28 23:57 ID:???
>>113
どっちも、頭がファンタジーな人でも軍オタな人でもない一般人の人には現実味も現実感もないという意味では同じですが何か。

>>115
適当なUPろだでもよろしいかと。

117 :いつかの123:04/05/29 00:15 ID:???
魔じゅ殿116>>
dクス!

で、覚えたてのPaintSoftでゴニョゴニョしてみるテスト
ttp://matsuya.dyndns.tv/2ch/img-box/img20040529001218.jpg

でっかい画像にしたら粗がバレバレじゃん!
ダイシッパイデツヨー..... _| ̄|.......(((○

118 :名無し三等兵:04/05/29 01:41 ID:???
>>117
ヽ( ・∀・)ノ

119 :名無し三等兵:04/05/29 02:03 ID:???
>>116
が、しかし、このスレは軍オタな人の集まる軍事板にあるわけで。
ついでに言うなら頭がファンタジーな人もいるわけで。

120 :名無し三等兵:04/05/29 02:05 ID:???
>>111
>軍事自体が既に非日常的であり
そう?政治、経済と同様に、日常に対する影響力は結構でかいと思うのだが。

121 :名無し三等兵:04/05/29 02:09 ID:???
>>114
>ほほう、自分が適当な難しそうな言葉を並べ立てて頭よく見せようとしていると?
誰もそんなことは言ってません。
「ゆで物理学」「車田法則」「民明書房」(自分としてはエネルギーが対消滅する「矢立物理学」も入れてほしいところ。)
の特徴が”わけのわからない言葉を並べ立ててらしさを出す”だと言ってるだけです。

122 :名無し三等兵:04/05/29 02:25 ID:???
>>120
日本は平和だからね。国防や軍事をリアルに存在し続けているものだと実感することが
できないと、そう思いこんでも不思議じゃない。
日々のニュースを軍事的な方面からも解釈する視野と感覚を持つのが、この板の特性
だけど。

123 :名無し三等兵:04/05/29 02:29 ID:???
訂正。

×日本は
○日本国内は一見

だな。

124 :名無し三等兵:04/05/29 07:03 ID:???
とりあえずタコ。

 \   ,ゝ─ー 、    ====
   \/ ● 、_ `ヽ   ======
   / \(    ● | ,、
   |/ /X_入  i , !ノ )    そんな餌で俺様がクト━━━━━!!!!!
  ハ人 (_/ヽ ヽ V|.ノ /⌒|
  (__ノ)ノ、__)人_ノ_/  /  =====
  γ〈          __ノ  ====
  |/V\ \_    \
     \___)     \   ======   (´⌒
        \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
          \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

125 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/29 07:18 ID:???
>>117これは良いですね。いわば「海」バージョンって所でしょうか。
陸と空はネタ的には何になるんだろ?騎兵隊vs塹壕から見える自衛隊?
もう竜は出ているので、空はグリフォンか箒を迎え撃つ練習機の編隊とか。

126 :名無し三等兵:04/05/29 12:59 ID:???
もう、このスレ駄目だな。避難所行こ。

127 :名無し三等兵:04/05/29 13:36 ID:???
なんつーか、ネタに拡がる気配がないから閉息感が否めないんだよな。
12〜3スレ目くらいまでは『残酷、悲愴なssはタブー』で、そういう方向で書いてたら批判喰らってたのが、
14スレくらいから排他的になっていって、その内原理主義的な雰囲気になってったよな。
正直、f世界ネタ振っても誰も食い付かなくなったし。
現代とF世界の価値観が混ぜこぜになった雰囲気が、このスレの持ち味だと思ってたんだけどな。

後、コテが悪いとは言わないが、もうちょっとROMも声出して行こうぜ。
もちろん煽る方じゃなく、意見を述べる立場でな。

それと、長篇でなくてイイから、どんどんネタSS書いてこうぜ。
で、住人も生暖かく見守る様に。
賛否がアルと思うが、大陸VS海洋の頃に戻って欲しいと思いつつ、俺は寝る。

128 :名無し三等兵:04/05/29 16:51 ID:???
自衛隊が中世に召喚されますた

スレになっちまってるな

129 :名無し三等兵:04/05/29 17:51 ID:???
このスレダメポ

130 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/29 18:46 ID:???
>>122
軍事が云々自衛隊は違憲か改正して正式に云々強いか弱いか税金の無駄遣いか云々自衛隊に空母は云々。
そういうことが気楽に議論されている以上、一般人どころか軍オタでさえ戦争や軍事を現実としてみていない証拠じゃないですか。
平和じゃなかったら軍オタというものも、言葉も、存在すらしていません。
ネット上で軍事を語れる余裕すらないんですから。

131 :名無し三等兵:04/05/29 18:57 ID:???
いいじゃん。そんな事。
右も左も細かいな。

132 :名無し三等兵:04/05/29 19:11 ID:???
ttp://aaabbbccc.s6.x-beat.com/upload/src/up1665.jpg

まあまあ、艦砲射撃でも見て和んでくださいよ。

133 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/29 19:26 ID:???
>>127・128
軍板住人がこのスレに望む事がよくわからないんですよね。
ネタが楽しみたいんですか? 軍事と科学でファンタジーを否定したいんですか?
本当に、軍板住人の厚意って何なんですか?
ラノベ的ファンタジー世界の何処がいけないんですか?
硬派で厳格で頭の固い軍事というジャンルを受け入れられるジャンル的余裕があるのがラノベというジャンルだからこそファンタジーと軍事が融合できるのですが?
このスレ自体が大前提としてネタであり非日常で非現実的で空想と妄想と想像で成り立っているのですが?
先に言っておきますが、ラノベ厨としては軍事+ファンタジーというネタが楽しめればそれで別に全然文句は無いのですよ。

134 :名無し三等兵:04/05/29 19:30 ID:WjbQZCKI
このスレがダメになった原因は>>133だ。

135 :名無し三等兵:04/05/29 19:39 ID:???
こういう風に双方が主張しあっている内は、新しい作者が出てくる事はありえない。
寂れて同然と言う訳か。

136 :名無し三等兵:04/05/29 19:49 ID:???
122も言っているが、

日常的な部分を軍事的視点(科学的も含む)で見る視点を持つのがこの板。
この板でF世界を語る以上、否定する部分や許せないネタがでてくるのはしょうがない。
で、それをいちいち拾ってうだうだ言うのもナンセンス。
世界観は作者に任されてるんだから、雑音なんて無視すりゃいいんだよ。

それを踏まえると、
作者でもないのに出しゃばって、いちいち議論を展開する愚者はウザイとしか思えない。
で、野暮だと分かってて作者の創作を妨害する小官の態度もウザイ。

結論。
これらはスレにはいらない。

137 :名無し三等兵:04/05/29 19:55 ID:???
作者(コテは特に)はストイックに作品だけを上げた方がいい。
雑談には名無しで応答。

そうしないと粘着が湧く。

138 :名無し三等兵:04/05/29 19:55 ID:???
暴論かもしれんが、漏れは元1だおー氏のSSさえ読めればそれでイイ。
漏れがこのスレに来る理由はただそれだけ。 早く帰ってきてぇー!!


139 :名無し三等兵:04/05/29 20:09 ID:???
愚者が涌いてる内は寄り付きもしないと思われ。


140 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/29 20:21 ID:???
いいだろう、ならばSS投下だ。
誰の突っ込みも受け付けん。 SSの方向性上ファンタジー側の描写が主軸になるがそこら辺は許容しろ。
自衛隊は状況に流される狂言回しでしかないと断っておく。


『異郷流転』 1

魔法使いとは「魔法」を行使する事のできる者の総称である。
しかし、人間の社会では同時に魔法を使えない人間が、魔法を使うことの出来る人間を指して使用する侮蔑の言葉でもある。
そして同時に上位の魔法使いが、下位の魔法使いを指して使う言葉でもある。
上位の魔法使いは自らの事を「魔術師」とか「魔道士」とか称する。
それらの名称の違いは、「魔法の仕組みを理解しているかいないか」であるとされる。
魔法とは、技術であり、神々がこの世界を創造する時に使用した御技であるという。
その魔法の力をもって栄えた魔法王国アールヘイムは、高度な魔法文明を発達させた。
が、王国の衰退とともに魔法も廃れつつあった。 双方の原因は、魔法に必要なエネルギー資源、「魔力」の枯渇にあった。
魔法王国アールヘイムは、魔力資源枯渇についてなんら有効な打開策を見出せないまま、日に日に翳りを増していった。
そんな折、時に西方暦1214年。 アールヘイムにとって最大の危機が訪れる。
エルプ山脈のオーク族が群れの数を異常に増し、大群となって押し寄せてきたのである。

141 :名無し三等兵:04/05/29 20:36 ID:???
NGワード『愚者』『魔術師』>あぼーん

142 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/29 20:45 ID:???


アールヘイムはエルプ山脈の裾、スードと呼ばれる半島地域に居を構える。
エルプ山脈を越えた北にトイト、西にケルト、東にポレ。 ポレの北にツンド、そしてさらに北のフィヨルド地帯をノルドと呼ぶ。
これらを全てあわせて西方と呼ぶ。 西方より東に向かえばアナト、オリエント、シンド、そしてセリカ、オルドと言った東方地域にたどり着く。
西方は人間と、前述のオーク族の他、エルフ族、ドワーフ族、リリパット族、獣人諸族、ハーピー族、ドレイク族、クボルト族、ゴブリン族、トロル族、ヴァンパイア族といった亜人・異種族が混在する。
人間の諸王国はそれらの異種族と、やや優勢を保ちつつ、あるいは拮抗し、時に劣勢に経たされながら…表面上は共存してきた。
人間と敵対関係にある種族との戦も珍しくなく、今回のような事も西方暦、そして魔法王国の歴史の中で何度も繰り返されてきた事だった。
しかし…今回、決定的にこれまでと違う異常性を目立たせていたのは、エルプ山脈よりあふれ出したオークの群れが、10万を越す大群であったという事である。

オーク族はエルプ山脈を根城にし、人間をはじめ西方の多くの種族と敵対関係にある凶暴な亜人種である。
種族の特徴として、強靭で生命力の高い肉体を持っていることと、繁殖力が旺盛である事、そして武器を製造し使う知恵はあるが、理性は無いということ、最後に、度々豚に例えられる醜悪な外見をしていると言う事が挙げられる。
彼らは主に異種族の町や村や集落を襲い、略奪する事で生計を立てている。
奪うのは、食料と、命。 そして女である。


143 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/29 20:50 ID:???


というのも、彼らは繁殖力が強いが雌が存在しない種族なため、異種族の女を攫って子を孕ませるのだ。
だが、それ故にかれらは慢性的な女不足に見舞われ、それによってある程度数を増やすのが抑制されて来た。
オークが数を増やすと言う事は、略奪をしやすくなると言う事、ひいては女を獲得しやすくなると言う事であり、それは人間を始めとする諸種族にとって脅威となる。
よって、オークが数を増やすたびにその都度討伐が頻繁に行なわれてきたのだ。
つまり此度のような、オークが10万もの数を増やし生息域である山脈からあふれ出すと言う事態は本来ならば在り得ざる事であり、そうなる前に見つかって討伐を受けるのが常とされてきた。
しかし、現にオーク族は大群となってアールヘイムへと押し寄せてきたのである。
直ちに王国は討伐軍を組織し鎮定に向かわせた。 その数約3万。
数の上では3倍以上の差が開いていたが、これが現在の魔法王国の絞りだせる兵力の限界であった。


続きはいずれ。

144 :名無し三等兵:04/05/29 21:24 ID:???



145 :名無し三等兵:04/05/29 21:33 ID:???
なんつーか、
自衛隊が中世に召喚されますたバージョンと、
日本がf世界に召喚されますたバージョンに片寄ってるんだよな。ss。

f世界の要素ねえじゃん。とか、自衛隊じゃなくても(自衛隊いなくても)いいジャンって奴。

146 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/29 22:13 ID:???
乙です。>>136氏 日常の軍事性、ですか。ならネタを一つ。

「ラジオ体操第一、はじめー!」
日本人の朝にはおなじみの、軽快なリズムと共にピアノの音が響き渡る。
夏には子供達がやらされるので評判の、あのラジオ体操である。
但しここは日本ではなかったし、響いているのは真冬の雪原という環境だ。
何よりも踊っているのは、人どころか生物ですらなかった。

「五番八番十二番、動きが遅い!三十五番、四十二番は再調整!」
魔導技官の号令一過、数名の兵が踊りをやめたその物体を引きずっていく。
踊っているのはのっぺりとした土の人形、疑似生命体ゴーレムである。

何故このような状況が生じたのか、大幅に省いて説明するとこうなる。
「敵との予期せぬ冬季戦が発生し、凍って壊れるゴーレムが大発生した」

147 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/29 22:14 ID:???
本当に大雑把だが、要約するとこれだけでしかない。ただしこの事は、普通より
桁違いに恐ろしい事でもある。ゴーレムは肉体が水分や土や木で出来ており、
しかも人間と違って死なず、動かず、訴えない。つまり凍っても分かりづらいのだ。

そしてその為に、隊伍を組み始めた途端に冷却による破断が続発、作戦計画
が頓挫する事故が起こったのだ。その後も自壊や劣化を防ぐ事が出来ず、一時は
稼働率が一割にまで落ち込んだ。

その防止の為に採用されたのが、帝国の同盟国たる日本の慣習「集団体操」だった。
肉体をほぐす為だけに編み出された、効率的運動法。数時間おきに行うだけで、魔導士と
ゴーレムの消耗を最低限に押さえつつ、凍結による破壊を未然に防ぐ。

更に魔導士間の同調訓練にも使えるので、通常訓練に組み入れる計画も持ち上がっている。
人間兵の怪我予防にも使えると見て、そちらでの採用も検討され始めている。

その時期軍内ではやった冗談に「俺達はゴーレムか?」という冗談があった。
もっともそれに「俺達は日本人だ!」と返した者もいたが。

>>145氏、日本F世界ネタになってしまいました。スマソOTZ

148 :名無し三等兵:04/05/29 22:21 ID:???
>>146-147
いつぞやのドイツ軍?>冬季戦
装備が寒さで故障してるし。

149 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/29 22:29 ID:???
乙。



>ALL
ところで
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/986629183/
異世界ファンタジーについての考察スレ。
何かの参考にどうぞ。

150 :スルーしろ、いいからスルーしろ:04/05/29 22:34 ID:???
某月某日
森をパトロール中オークを発見、狙撃して10人仕留める。
某月某日
巧妙に自己を隠匿したヒューマンの小部隊を発見、報告のため帰還
某月某日
ヒューマン部隊とタヌキア・クラチャーのオーク部隊の連合を確認、増援要請。
某月某日
狙撃射手とヒューマン部隊が交戦、正体不明の武装を所持していることが確認される。
同日、タヌキア暗殺成功。雑兵並に弱かった。
某月某日
ヒューマン部隊が予想以上に森林戦に強いことが判明、射手部隊は健闘するも敗北。
敵の探知能力の低さが確認され、ヒットアンドアウェイの徹底が指示される。
某月某日
ヒューマン部隊の捕虜から、彼らが中華という戦闘部隊であることが判明。
某月某日
クラチャーのオーク部隊撃破成功、ヒューマン部隊が森に放火。エント達と鉄で出来たヒューマンの
ゴーレムが激突、エント族が劣勢であることを確認。
某月某日
中華打倒のためダークエルフとの同盟締結

エルフの日記

151 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/29 22:54 ID:???
>>148イメージはそんな感じですね。体内で氷が育っているから、立ち上がらせた
瞬間、関節がごりっと氷の塊に貫かれてもげたりする嫌展。
もしくは劣化に気付かず槍投げたら、使い捨てロケットパンチ!とか。

自衛隊には独特の体操等あるのだろうか?あったらそう言った物の方が
早く伝わるかもしれない。

152 :名無し三等兵:04/05/29 23:03 ID:???
自衛隊体操!

153 :いつかの123:04/05/30 00:24 ID:???
>>118
ビミョウデスカ? (/_\;

125>>S・F◆Pf7jLusqrY殿
アリガトウゴザイマスヽ(´▽`)ノ
>空はグリフォンか箒を迎え撃つ練習機の編隊とか。
ナゼバレマシタカ!? Σ('-'*)
ネタ ネリナオシデスヨー..... _| ̄|○|||

他にも御意見等々ありましたらよろしくデスヨー!

サァ ソザイ サガシナオシダァー......λ

154 :118:04/05/30 00:49 ID:???
>>153
ニコニコしてしまいましたよ。水面の処理は難しいですよね。
漏れ的には、次は陸自バージョンきぼ〜ん。
自分の妄想だと、74式戦車だと万歳です。

155 :狩人:04/05/30 10:28 ID:???
F世界の租界について議論しないか?

156 :名無し三等兵:04/05/30 10:59 ID:???
>>155
悪くない。

とりあえず、租界の運営はどうやるんでしょうかね?



157 :狩人:04/05/30 11:28 ID:???
>>156
とりあえずどうやって租界ができるか考えないか?
中国の場合は中国の法律がやばいのと中国の治安が極悪で
外国人が気楽に暮らせないのと中国政府が外国人を
租界以外に移住することを禁止したから租界が誕生したそうだ。
あと場所はどこにする?
俺は日本に程近い大陸の沿岸がいいと思う。



158 :名無し三等兵:04/05/30 11:48 ID:???
租界→「犬とF世界人は入るべからず」→>>100

159 :名無し三等兵:04/05/30 12:43 ID:???
「犬と支那人〜」云々は支那人がそこら中(整備された芝生や植え込みの中)で
自由気ままに用を足すから、あんな看板立てられますた。今でもそう変わらんが。


160 :狩人:04/05/30 13:00 ID:???
そういや中国の偉い人が皇居に来て
痰吐こうとして止められたって話を聞いたことがある。
ちなみにそのホワイトハウスバージョンも。

161 :名無し三等兵:04/05/30 14:37 ID:???
あれは当時(漠然とした認識だがジャクソン大統領のころか?)アメリカのサルーンの看板にかかっていた文句、
『NO INDIAN or DOG AROUD』を皮肉ったものだと聞いたことがある。
犬とインディアンはお断り。
当時のアメリカはまだまだヨーロッパで食い詰めた山師の掃き溜め、
くらいの認知だったらしい。新聞漫画でも、支那人とアメリカ人が痰ツボを探してダンスフロアを
うろうろする、みたいなオチをよく見かける。絵的にはチャイナ服にナマズヒゲの男と、
カウボーイハットに拍車の付いたブーツの泥臭い男。
そのアメリカ人が、さも自分たちが文化人ででもあるかのごとく振る舞うのは
ヨーロッパ人にとっては滑稽だったんだろう、というのは想像に難くない。
お前ら差別してまで守るような上等な生活してないじゃん、プッププッ、てなもんだ。

162 :名無し三等兵:04/05/30 15:07 ID:???
やはり租界は沿岸部にできるもんなんだろうか?
日本の場合はどうだっけ?

163 :名無し三等兵:04/05/30 15:15 ID:???
横浜。

164 :狩人:04/05/30 15:34 ID:???
>>163
開港当時の横浜は寒村だったそうだ。
そういえば上海では軍閥が上海の税金を徴収しようとして
上海に攻め込んで日本軍に撃退されたことがあった。
これネタにできないかな?



165 :名無し三等兵:04/05/30 15:46 ID:???
>164
似たネタが合った。

たしか、湾岸の邦人居留地に大陸人が攻め込んで来て、それを陸自が対抗。
でも、弾薬、物資が足りず、後退。
で、海自に退避の支援を要請するも、海自がそれを無視。

結局、陸自は玉砕。邦人は全員自決でジエンド。

海洋VS大陸の議論の時に投下されたネタだと思う。

166 :名無し三等兵:04/05/30 17:17 ID:???
>>164
神戸も開港時は似たようなモンだったらしい。>寒村
もっともこちらは幕府の海軍操練所があったが。

167 :名無し三等兵:04/05/30 17:49 ID:???
さほど邦人の居留数が多くなければ大型船舶を停泊させて租界代用にするものありか?

168 :狩人:04/05/30 18:44 ID:???
たぶん港作る羽目になりそうだから無理だとおもう。
それなら出島作ったほうがよくないか?

169 :名無し三等兵:04/05/30 18:52 ID:???
出島作る金はどれだけ掛かるのだろうか・・・
それなら、既成の港を接収した方が良くね?

170 :名無し三等兵:04/05/30 18:59 ID:???
興味半分で聞くんだが、出島ってどうやって作るんだ?
たんに埠頭のでかいやつ?それとも浮島?埋立地ってことはないだろうが。
資金・資材のコスト的にはどんなもので、維持する上での課題とかないのかな?

171 :名無し三等兵:04/05/30 19:11 ID:???
九州や沖縄のあたりにいっぱいある島を活用する。

172 :名無し三等兵:04/05/30 19:13 ID:???
>>170
いやあれは埋立地だから>出島

ちなみに大きさは面積は,約131a(ア−ル)。
南側233m,北側190m,東側70m,西側70m。
だいたい小学校の運動場の2倍ぐらいの大きさ
長崎の有力な町人25人の出資により1634年,
長崎奉行所の前の海浜の埋め立て工事に着工し,
1年6ケ月後の1636年に完成。
内部には豚小屋や庭園もあり、外部との接触は橋が一本あるのみ
役人や取引商人、遊女以外は一部例外を除き入れなかった。

173 :名無し三等兵:04/05/30 19:38 ID:???
既製の港を租借するにしても拡張工事は必要だろうなあ。
そこでメガフロート(ry

174 : 狩人:04/05/30 19:46 ID:???
でもF世界の港は増設しないと日本の船は入れなくなる気がする。
RORO船でもない限り。
それに租界を作らせるような政府が港のある既存の要所に
租界を作らせないのでは。

175 :名無し三等兵:04/05/30 19:47 ID:???
上海、香港はどうなんだ?

176 :名無し三等兵:04/05/30 19:49 ID:???
てことはやっぱ横浜や神戸のごとく
なんもないような寒村やなんかに一から作るんだろうか?>租界


177 : 狩人:04/05/30 19:51 ID:???
上海についてはttp://ww1.m78.com/topix-2/shanghai.htmlを参考にしています。
よろしければどうぞ。

178 :名無し三等兵:04/05/30 19:56 ID:???
新人歌手上海新春シャンソンショー

179 :名無し三等兵:04/05/30 20:01 ID:???
調べてみたが香港はすでに漢の時代から存在したらしい。
現在香港と呼ばれている場所は
九龍、新界、香港島などの200余の島を含めてそう呼ばれている
それが1842年の南京条約で香港島が植民地に、
1860年の北京条約で九龍の市街地が加わり、
1898年似は新界地区が永久租借地となった。

180 :名無し三等兵:04/05/30 22:58 ID:???
>>174やっぱ日本の黒船来航状態、って事ですか。当たり前の反応ではあるけど。
(まあ自衛隊の技術レベルを知っていたら、もっと凄いところになりそうだが)

大型船が着岸できないって事は、古い遠浅の港みたく沖の大型船から
小型船で海岸まで移動、って方式になるのだろうか。
今の日本にそういう能力の有る船ってあるのかな?自衛隊も含め。

181 :名無し三等兵:04/05/30 23:35 ID:???
>>180
内火艇とLCAC。

182 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 02:43 ID:???
自衛隊体操は存在する。…隊員なら掛け声付きで行える。
『その場駆け足の運動』〜『深呼吸』までの21通りの運動パターンが有るのだ。
「伸ばす所は思いっきり伸ばし、節度を付けて演練せよ」
…本気で行うと身体を逆に壊してしまうほどの危険な体操だ。一般人にはお勧めはしない。

で、原理主義やら何やら理屈を並べては居るが、早い話、レベルを落とせ、と云う事だな?
悪いがそれはお断りだ。冗談では無い! ただのネタスレに戻す位なら、このまま消滅する方が
遥かにマシだろう。早い話が、淘汰されるべきモノが淘汰されただけだ。小官が邪魔をする?
莫迦を言え! 情熱があればどんなに小官が叩こうが詰ろうが、作品を上げてくるだろうが!
 と、置いて置くぞ? 下らなきゃ見なければ良し。文句付けるなら己の魂を込めて書くのだ!
それが、小官の理想とするこのスレの姿だ。創作する情熱を小官の戯言如きで失う人間ならば、
創作活動には向いて居ないにでは無いか? 云わば『己の守るべきモノ』が無いのだからな。 

183 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 02:48 ID:???
てにをはが出来て居ない小官の前言を、深く恥じる。
ま、諸氏の資料になれば、と思った書き込みが『ウザイ』の一言で片付けられる処を
鑑みるに…主張しているのは小官の多いに唾棄する所の『意味無し萌え派』だな?

少女が銃か剣でも持ってりゃ、満足するなら他へ行け。その方が互いのためだろう。

184 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 02:51 ID:???
それか、小官が過去に叩いた者か? 不在と見ると涌いて出るのだな? 懲りんなぁ?

185 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 02:57 ID:???
 と、まあ、モグラ叩きだ。諸氏には迷惑掛けるが、演習を始めとする訓練シーズンだ。
余り書き込めぬかも知れんが、スレ主帰還まで、小官、巡回は欠かさぬ様にはしたい。
 ま、小官が他の者の作品を『直接名指しで』叩いたのは…言って置くが、2例のみだ。
その内一名とは『仲良く喧嘩』状態なのだが…? む…! そこんとこヨロシクぅ!

186 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 03:07 ID:???
ファンタジー。想像力を何に向けるかが、鍵だ。
小官が重視するのは、『漢』と『兵器』と『人間』だ。後は薬味に過ぎん。
料理法は幾らでも有る。軍板的ファンタジーの『共産国家とのガチンコ』を
書いても良いだろうし、『大艦巨砲が世界を制した設定』でも極論、構わん。

 要は、『読んで愉しめて、「読者の糧」に為るか』どうかだと小官、勝手に思うぞ。
面白ければ、良い。真摯に演れば、読み手も解って呉れる。そう信じるしか無いのだ。

187 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 03:11 ID:???
意味の有るモノは無駄では無い。それが軍事を語る者の視点だ。己の役割を忠実に果してこその、『漢』なのだ。お休み。

188 :名無し三等兵:04/05/31 06:20 ID:???
>>183
>少女が銃か剣でも持ってりゃ、満足するなら他へ行け。その方が互いのためだろう。

分家があるけど機能してないと言うわな。

189 :名無し三等兵:04/05/31 07:54 ID:???
面白ければいいとかいっといて、他の作者がSS書くと世界観に突っ込み入れんだよな。
読者の糧とか言ってるけど、小官の糧にならなくても他の読者の糧にはなってると思うし。

小官が重視する要素は分かったが、それがそのスレの重点要素とも言えないと思うんだがどうか。
俺は『現代社会』と『F世界』の世界観の交わり(日常的にも軍事的にも)を『自衛隊(軍板的に眺める)の観点』から眺めて、
そのギャップから起るであろう『喜劇』や『悲劇』を楽しむスレだったと勝手に認識していた。
小官のSSもそうやって見てたんだけどな。なんか微妙にずれてるよな。

変な主張をする愚者もなんかズレてるし、なんかこのスレもうだめぽ。
早くスレ主帰ってこねえかな。

190 :名無し三等兵:04/05/31 08:06 ID:???
つーか、上の方を読んでみた。

ネタキャラ出身のあんたが、このスレの原理回帰を嫌悪してるのには驚いたな。
最近の自治論争のループよりは、ネタスレ化した方がいいだろう。
第一、前スレ407が振ったネタにはみんな食い付いてただろうに。ああ言うのをやろうぜって言うんだよ。
みんなで一つの事を語り合って、あわよくばそれをネタにして職人がSSを書く。
で、そのSSを読んで更にネタを拡げてく。
このスレの一番よかった時期は、これくらいの事を自然に出来ていたジャン。あんたいなかったかもしれんが。

それ以前に、書き込みがあんただけで連続しているこの現状に危機感は抱かないのか?
このスレが過疎化している事を実感しないのか?
あんたが来た頃のこのスレは、昼間組は昼間、深夜組は深夜で別れていて、かつては魔術師、小官は棲む時間帯が違ったコテだろうに。
それがいつしか住人は減り、このコテが同じ時間に来る様になり、程よく荒れて、現在に至る。
全盛期にまでとは言わないが、そこそこの住人を獲得しようとは思わないのか?
ここは軍板の入り口じゃなかったのか?

191 :名無し三等兵:04/05/31 08:46 ID:???
小官も堕ちたものとしかいえない・・・。

192 :名無し三等兵:04/05/31 09:24 ID:???
自己顕示欲が強いコテハンにスレ維持を頼るとそいつが増長してスレを道連れに自滅するのは伝統

193 :名無し三等兵:04/05/31 09:28 ID:???
あんまりいじめると、書くのを止めるとかコテハン止めて名無しに戻るとか言って
暴れ始めてそれが原因でスレが荒れるので、まあほどほどにな。

194 :189:04/05/31 10:19 ID:???
まあ、それだけ真剣だと言う事で。

小官の言い分も分かるんだが、それを押し付けられても困る。正直。
こてこてばかりじゃ飽きる。たまには軽いモノも読みたいんだよ。
最近、長篇のSSの続編しか出てこなくて読む気がしない。
別に短編でいいジャン。その場のノリ(つってもネタ雑談すらなくなってきたが)で書いていいジャン。
なんでそれを許容できないんだ?なぜ、レベルの低下に繋がるんだ?

小官とはかつて深夜に語り合った事も合った。
その頃は、非常に紳士的でネタキャラの割にそれ程ごう慢でもなく、ここまで我を通す人物とも思わなかったが・・・
時間って恐ろしいね。まったく。


195 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/31 11:32 ID:???
 ネタですか・・・・。

「エフル殿、少し伺いたい事が・・・」
 恐る恐る伺うA一士とB一士。
「何でも聞きやがってください」
 と、両手でカレーを抱えて、ライバルでも見るような顔をするエフル。
「今度のカレーは一体なんなんですか」
「も前ら、カレーを奪おうってんですか!そんなに欲しけりゃあ、も前らで作りやがってください」
 その言葉に、思わず頭をたれる2人。
「誰も欲しいなんて言ってませんって!」
「おや?違うんですか」
「はい。・・・ともかく、そのカレーは何だか赤いんですが」
「おや、よく気づきやがりましたね?」
 そんなに赤いと誰でも気づくジャンと内心突っ込む2人。
「ふふふ、自分の故郷に自生していた野草をミックスして、ぶち込んでみました」
「はあ」
「おたくの国から直輸入した10倍カレーとかより、刺激的になりましたYO」
 二人は顔を見合わせ、そのカレーを想像して、不気味なものでもみたかのようになる。
そんな様子に全く気づかないエフル。
「もお、10倍カレーなんて、目じゃなくなりやがりました」

 自分なりにネタ投下。

196 :名無し三等兵:04/05/31 11:44 ID:sMmruJpU
時間が自分に合わないと陰口、見たくないならあポン
嗚呼なんて素敵な御意見!、参考意見として胸に刻んでおきましょう
なら「名無し三等兵」にフィルタ付けなよ?
あんたの見えないところでよろしくやるからよ
それとも「主」とやらが帰ってくるまで好き放題>帰ってきたら丸投げあぽーん
気楽だね、期限付きって(ププ




とうかしゅうりょう、やばいみつか

197 :名無し三等兵:04/05/31 13:01 ID:???
しらじらしい。

198 :名無し三等兵:04/05/31 13:25 ID:???
どうせ、愚者ウゼーとか言って自演するんだろ。
分かってンだよ。パターン。

199 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 13:53 ID:???
 ま、煽って遊ぶ者も出てきたらしいので、よっぽど過疎化が進んでいるのだろうさ。
軽い物も良いのかも知れんな。…新規住人獲得は微妙だな? 前24スレのあんなモンで
『荒れた』などと認識してもらっては困るしな? 他板はもっと、過激に荒れる。
 
 初心、忘るるべからず、か…。語り口調が偉そうなので、つい、それに釣られたようだ。
人として大切な『何か』を失う所だったよ。有難う。だが、これだけは言わせて欲しい。
 挫折を恐れるな。情熱を失うな。そして、『遊び心と余裕を失うな』。小官は最後の一つ
を失う所だった。貶されるのは辛い。だが、それを克服するのも己の心にしか出来ぬ事だ。

 生き残るために戦い、勝利する事。それは全ての人間に植え付けられた本能なのだから。

200 :名無し三等兵:04/05/31 13:53 ID:sMmruJpU
hehehehehe!!
都合がいい、このまま愚者厨官を騙るか!
お前らも御都合主義、こいつらに責任押し付け>全て解決
平和だぜ!、hehehehehe!

201 :名無し三等兵:04/05/31 13:54 ID:sMmruJpU
おっとやばい みつか

202 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 13:55 ID:???
見つけたぞ! って書くべきだな? 

203 :名無し三等兵:04/05/31 14:02 ID:???
なんか急に小官叩きが出てきたな
まあ、分かりやすいけどね(w

204 :名無し三等兵:04/05/31 14:02 ID:sMmruJpU
リログしたかい?、ちゃんと追っかけてる?
見つかったんなら丁度いい

お 前 い ら な い よ
こ こ か ら 出 て 行 け
消 え 失 せ ろ
バ イ バ イ

205 :名無し三等兵:04/05/31 14:03 ID:???
198 名前:名無し三等兵 本日のレス 投稿日:04/05/31 13:25 ???
どうせ、愚者ウゼーとか言って自演するんだろ。
分かってンだよ。パターン。

愚者乙w

206 :名無し三等兵:04/05/31 14:04 ID:???
sMmruJpU
お前も要らないよ(w

207 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 14:04 ID:???
 そうだな、何も門扉を狭める事は無いのだな。小官そこら辺、素直に己の非を認めるよ。

 誰もが『タイ必須の高級レストランで豪華なフルコースが喰いたい』わけでは無い。
小官は『生たまごかけご飯』で参入し続ける莫迦だと云う事を何時の間にか忘れていた。
 どんなお客にでも、どんな注文にでも、応じてみせる大衆食堂。それがこのスレだった。
古いスレはそうだった。…ただ、小官、ソイツに一定の『質』を求めたかっただけなのだ。
言葉を選んでいては、間に合わぬやも知れぬ。演習準備に追われる余りに言葉が過ぎたよ。

208 :名無し三等兵:04/05/31 14:06 ID:sMmruJpU
やりたいこと終わったらROMるから待ってて

209 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 14:07 ID:???
 馬鹿者。出て行ったさ。それも何回もな? 5スレ、6スレ辺を見たか?

210 :名無し三等兵:04/05/31 14:08 ID:???
sMmruJpU

211 :名無し三等兵:04/05/31 14:10 ID:sMmruJpU
分かってるよ
で?

212 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 14:13 ID:???
 いや、暇なら学校行け、とな? 少年老い易く、だ。メンタリティが小官並みだとは認めたくなかろう?
ただの老婆心さ。新聞や本でも読んでいた方が己の糧と為るぞ、と。人格形成はまずはその後だ。

213 :名無し三等兵:04/05/31 14:13 ID:???
>>190
>ここは軍板の入り口じゃなかったのか?
(゚Д゚)ハァ?

214 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 14:20 ID:???
 現在演習の個人準備中だ。やることは早めに済まし、余った時間はチェックに使う。
チェックの時間まで考慮に入れて、それでも時間を余らせるのが、曹以上クラスの自衛官だ。
 人間に与えられた『時間』は有限だ。大切に遣わないと、いつか『時間』に復讐される。では、な?


215 :名無し三等兵:04/05/31 14:20 ID:sMmruJpU
人格攻撃はじまりー
住人がお前に期待してたことって、程度が知れてるよ

右の人の話、めんどくさくなったんでROMるわ、マジで

216 :名無し三等兵:04/05/31 14:35 ID:???
sMmruJpU
うせろ屑

217 :名無し三等兵:04/05/31 14:41 ID:7g3L2W6r
わーよく釣れるわー
ID晒す気もない釣り人がー

218 :名無し三等兵:04/05/31 14:42 ID:v4rgvPJr
自演だったらおもしろいな

219 :名無し三等兵:04/05/31 15:07 ID:???
俺は小官が叩く気にもなれなかった奴を一人知っているつもりだ。そいつ自体を叩いてなかったが実質それは叩きだったと思う

220 :名無し三等兵:04/05/31 15:28 ID:???
小の字・・・アンタの言いたかった事、俺ならわかるぞ! 安心しろ! >>182-187を一言で言ってやるからな!


「ここは軍事板だぞ! 軍事にからめない下らんネタ展開など最初からお断りだこの腐れファンタ爺いども! Nuts! 」


アンタは優しすぎるんだよ・・・。だから、変なバカにからまれるんだ。元々荒らしだろ? 好きにやんなよ。パワーダウンしすぎだ。

221 :名無し三等兵:04/05/31 17:02 ID:???
全員、小銃榴弾を装填せよ。
目標正面の荒し、距離100。 用意…てッ!

222 :名無し三等兵:04/05/31 17:11 ID:???
‥‥‥‥榴弾?

223 :名無し三等兵:04/05/31 17:15 ID:???
「スターリングヤード」で戦い続ける「装甲榴弾兵」関係のアレだろう。

224 :名無し三等兵:04/05/31 17:23 ID:???
全員にM203がついててまずそれを使う

のはかなり無理があるな。

225 :221:04/05/31 17:29 ID:???
No, 擲弾であった。
もう間違えない。T-72神様に誓う。

オブイェークト

226 :名無し三等兵:04/05/31 17:35 ID:???
>>225
>>224

227 :名無し三等兵:04/05/31 17:36 ID:???
他に言い残す事はないか、221?
    .__
     /__|__    
    /_了 ゚Д゚)   .Λ_Λ
     (|〆/|つ;y=ー (´・ω・)  
    /|  ̄ |    (   /
      ∪ ∪    <_)_)

228 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:08 ID:???
 小銃擲弾。コイツは64式の銃口の消炎制退器に、擲弾用のモノを捻じ込む。
そして、擲弾本体を装着する。…照準器も有るが、ソイツは貴重品かつ繊細なので
滅多に使わん。で、専用実包を使い、発射。空包と形は似ているが、弾頭部が5つ
の花弁型にすぼんでいるのが大きな特徴だよ。
 射撃姿勢には立射、膝射、座射、その床尾を地面に委託する方法、伏射が存在する。

229 :221:04/05/31 18:11 ID:???
(´・ω・`)<89式小銃用の実弾で発射可能な小銃擲弾マダー?

230 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:14 ID:???
小官が変わったのでは無い。周りが変わったのだよ。多分。
「モ〜ホ〜なんて居ないなんてぇ〜、言わないよ自衛隊ぃ〜」
槙原氏の「もう恋なんてしない」だったかのボキャブラネタだ。
で、「大事なのは、変わってく事、変わらずにいる事」だ。
ああ、氏の詩が何故漢の心を揺さぶるかと思っていたならば…! 

231 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:21 ID:???
 ん〜? 無用と判断されたのでは無いか? 何でもカンでもくっ付けるより、
個々で開発した方が性能的にも満足するモノが出来る。だから、商業作品に
頻出する『汎用兵器万能論』ほど、古いマニア魂を逆撫でする行為は無い、と
言って置く。専用兵器に打ち勝つ汎用兵器…。性能の差が余程開いているのか、
馬鹿な用兵でもしない限りは、そんな『馬鹿な事』は天地がひっくり返っても
有り得ないだろう。後は、その専用兵器の長短を知らずに運用したかの何れかだ。

232 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:30 ID:???
兵器が人を殺すのでは無い。人が兵器を使い、人を殺すのだ。
古くは己の手足を使っていたものが、石で、棍棒で、青銅で、鋳鉄で、鋼で…
その延長線上に、現代が有る。その『人に遣われる哀しき忌み子である道具』の
姿が、小官の眼にはひどくリリカル(叙情的)に映るのだ。悲壮感。装甲越しに、
それを感じてしまう小官は…きっとどうしようもない『莫迦』の一人だろう。

233 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:36 ID:???
小官、80年代より頻発している『美少女』などと云う言葉は、正直、大嫌いだ。
『少女』。それだけで良い。少女は少女で有る。その生気溢れた姿は普遍的に美しいモノだ。
美などと云う、不粋な響きをつけるモノでは金輪際、無い。…悪いがこれは日本の伝統だ。

だが、美少年は用語的には存在する。…それは少年の美しいのはなんかこう…『稀』だからさ。

これで小官の昨今の『萌え』嫌いの弁明、終わる。ま、戯言の類だが、基本知識の一つだよ。

234 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:39 ID:???
たとえモイセみたいな重戦車級の『少女』でも、な? …女に少し足りない危うさが、少女の魅力!
だが、小官は『完成体』が好みだ。人格に措いても、成熟している存在が良い。ピロートークマンセー! では、これで。

235 :名無し三等兵:04/05/31 18:40 ID:???
    .__
     /__|__         ターン
    /_了 ゚Д゚)    Λ_Λ ,
     (|〆/|つ;y=ー (´・ω∵゚;’   
    /|  ̄ |    ( 221/
      ∪ ∪    <_)_)

236 :名無し三等兵:04/05/31 18:40 ID:???
>>181
内火艇は輸送にはむかなそうだし
LCACは・・・数がそろわなそうだな・・・
現地の船を購入してこちら側の船から
現地の船にクレーンでおろすとかの方法になるのか?

237 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:46 ID:???
 素直に港湾施設を建設した方が早い。浚渫工事もな? 兵器開発には時間が懸かる。
で、その前駆段階の話だって? 人海戦術。漁船接収。レジャーボート接収。全国力を
以て港湾施設を建設。補給施設の開設。空から投下。あとは仕上げのみ。

238 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:48 ID:???
ん? 空輸は資材と人員のこと。ま、事前に建設候補地の測量やっとかんと、泣き見る方法だが。

239 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:51 ID:???
 要は前線基地を早めに建設、維持の算段やっとかんとイカン、と云う事だ。
2手も3手も先を読み、要所要所を詰めて行く。…我が国に欠けているモノだ。

明日の明確な『ビジョン』を創れない国は…ツライものだよ。ウム。以上。

240 :名無し三等兵:04/05/31 18:52 ID:???
結局小官しかレスしない何時ものパターンに落ち着くな。
いっそのこと、小官の寄り付かない板に立て直したほうがいいだろうね。

241 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:54 ID:???
そうはっきりと云うからイカンのだ。遣り方が下手だな?

242 :名無し三等兵:04/05/31 18:55 ID:???
>>241
いくら話そうとそちらに和解する意思が(書き込みを控える意思が)まったくないんだからどうしようもない

243 :名無し三等兵:04/05/31 18:56 ID:???
頼むから自分語りでネタ話の腰をブチ折るのだけ止めてくれ>小官

244 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:56 ID:???
? 控えねばならん理由が有るとでも? 

245 :名無し三等兵:04/05/31 18:56 ID:???
自治議論やコテハンの自分語りで投下されたSSがスルーされるのは伝統

246 :名無し三等兵:04/05/31 18:57 ID:???
>>244
ネタSS無視して自分語りして、他のSS作者を駆逐し、スレを占有しようとするから。

247 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 18:59 ID:???
ほう? それからそれから? で、排除されて排除仕返し、と。

248 :名無し三等兵:04/05/31 18:59 ID:???
>>247
排除したことをここで認めちゃいかんだよおい(w

249 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 19:02 ID:???
 ん? おお、莫迦正直過ぎたか(笑)! で、誰ちゃんだ? 貴君?
小官恨み買いすぎて、正直だれに憎まれてるのかワカランのだよ。

250 :郭図公則:04/05/31 19:03 ID:???
>>249
俺だよ、いいかげんアンタヤバすぎ。

251 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 19:05 ID:???
 おお! お久し振り! 貴君の言ならば信が置けるな。そうか、でしゃばり過ぎ、か。


252 :郭図公則:04/05/31 19:06 ID:???
俺もあんまり褒められたコテじゃないけど、さすがにアンタほど叩かれたら消えるよ。
コテハンは結局スレ住人から否定されたり、現実論としてスレのレスを激減させる要因になったら大人しく消えるべき。
実際俺も文字どうりの意味で追い出されたことあったし。

等と言ってももうそっちは聞き入れないだろうからこれ以上言うのはやめる、ROMに専念してスレの終焉を見届けるよ。

253 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 19:07 ID:???
まあ何だ、『クサヤ』状態なワケだな? ウム。解った! ROMだけは許せ! では!

254 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 19:11 ID:???
 最後っ屁だよ。ま、厚顔無恥で遣ってきて長いから、な? それが売りの一つでも有る。
こんな叩きなど旧○○○板では日常茶飯事だからな? ウム。蛙の面になんとやら、だ。

255 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/05/31 19:17 ID:???
 ま、単に罵声に慣れているだけかも知れんがな? で、小官叩いた人間に告ぐ!
自分達の尺度で敵を量るな! ソイツは絶対戦術では「やってはイカン」ことだ!
 先ず敵を知れ! それから、謀を巡らし、策を弄すのだ! だが、急いてはいかんのだ! 
 …小官が引っ掛かるのを待てなかったのが、貴君等の敗因だよ。
「わたしはここにいる! 」小官のこのスレでの行動理念の一つだ。だから何? …異常だよ。

256 :名無し三等兵:04/05/31 19:21 ID:???
>>252
野暮言うのよしとき。この人、前スレで覚悟完了宣言してるから。一人でも見ていてくれたら書くってさ。

257 :名無し三等兵:04/05/31 19:36 ID:???
叩いているのは単なる煽り。
軍板は自演し放題だから、煽りに反応しても意味はない。

反応してる奴は自演だ。
応答してる奴も自演だ。
煽り返している奴も自演だ。
コテ騙ってる奴もコテ断定する奴も自演だ。

それくらいの認識で書き込みしないと、軍板じゃ冷静に書き込みなんて無理だ。

258 :名無し三等兵:04/05/31 19:43 ID:???
とりあえず誰か生ける屍状態の分家に小官による小官のための小官専用スレを(ry

259 :189=257:04/05/31 19:44 ID:???
誰も叩いていない。諌めているんだよ。言葉を間違えるな。
叩いている(煽っている)のはage厨。それに乗った暇な奴。
このスレに小官は必要だ。愚者要素も時には必要。このスレに無駄なモノはない。

コテに個性があるのは当たり前。
それを否定するのは日本人の悪い所だ。注意するべきだ。
コテも特性上、攻撃を喰らうのはしょうがない。
が、コテを名乗る以上、自制すべき所は自制すべき。

これぐらい落ち着けば分かるだろうに。
というか、荒らしに応答も荒らしだろ?テンプレをもう一度熟読する様に。

>258
・・・・・・

260 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/31 19:51 ID:???
小官殿の必要な部分とは知識を披露してくれる部分だけだと思います、サー。
ところで軍板におけるほかのネタスレってどうなのですか? ガチャピンとか。
ネタ=低質などと言う意見はネタスレの住人に喧嘩売ってから言ってください。

261 :189=257:04/05/31 19:52 ID:???
>260
俺のレスを読んだのか。
読んでその言葉を吐くなら、もうなにも言わないよ。

262 :名無し三等兵:04/05/31 19:55 ID:???
T-72神スレを、戦車不要スレを、眞子様スレを見よ。
って戦車不要スレは違うか…?

263 :名無し三等兵:04/05/31 20:12 ID:???
>>262
ネタを芸の域に昇華できるか否かが分かれ目だな。

どこかのえらい人風に「ネタだから低質ではない。低質なネタがあるだけだ。」

264 :名無し三等兵:04/05/31 20:16 ID:???
特にこの板の新スレは6割以上の確度で最初から滑りきったネタがまさに死屍累々と(ry

265 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/31 20:22 ID:???
>>261
どうせ自分も小官殿の同類ですし。
ネタであれなんであれスレ住人が楽しめるなら「良質」であり「良スレ」。
楽しめないならどんな正義を語ろうが「低質」「駄スレ」「荒し」。
自分の価値観に合わないからって一方的に低質だとか不必要だとか決め付ける奴は、そいつこそが不必要だって事ですよ。


>>小官殿に
ラノベから引用で諫言。 かなり要約しましたが。
「民衆にとって為政者が誰であるか、何を説くかなどはどうでもいい。 ただ日々を穏やかに過ごせればいい」

266 :名無し三等兵:04/05/31 20:27 ID:???
住人にとって、どちらが執政者でどちらがレジスタンスかはどうでもいい。
日々を楽しく過ごせれば。

とも言えるな。
どっちがどっちとは言わんが。

ちょっと黙ってろ。

267 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/31 20:28 ID:???
あと小官殿が一人でも支持する人がいる限り続けると言うならば、
一人でもネタを支持する人がいればネタを投下する事に小官殿が文句をさしはさむ余地は無いということになりますし、
自分も「中世に自衛隊が召喚」「日本がF世界に召喚」だけではないSSがいいという人の意見には賛成ですのでそういう方向のSSを書こうと思いますので。

人のやる事成す事にいちいち余計な口出ししてんじゃねえよ、と。

268 :名無し三等兵:04/05/31 20:34 ID:???
自分語りで話の腰をブチ折るところは確かに同類だな。

269 :名無し三等兵:04/05/31 20:34 ID:???
何故、そう言う解釈になるのか。
議論にもならないな。

一人でも〜て言うのは小官個人のスタンスで、それを他者にまで広げるのは過大解釈じゃねえの?
あと、突っ込み嫌なら2チャンくんなよ。ウザイから。
スルーもまともに出来ないなら、コテなんか語るなよ。だから叩かれんだろうが。
狡猾に動けって言ってるだろ?理解できねえのかよ。

270 :名無し三等兵:04/05/31 20:38 ID:???
          , -‐'"´ ̄ ̄ ̄ ``ヽ
        /爪  ヽ `ヽ、`ヽ、   \
       / / !lヽヽ  \  \ \  }、
.       / l l l ヽ ヽ、_弐_ --ヽ _ヽノノ! 皇国臣民たるもの荒らしなどスルーせい
      /! ll__l ヽ-‐' "┴/`  l/rヌ、ノ| 
      !l/fri刀          >'〉} ノ!
         l ̄ 、 _      ,Lノノ |  
            ',  ヽ'´ヽ    / | 「||l!,| 
            ヽ、  ー'    / .| | | |!|  
           ``ー-ャァ' ´ _」、lLl l!|  
             __ノ /==三三ヽL
           / }ム/==ニ三-ァ-─‐ヽ
            」ll /○/ ニ, -'´ /    , -'´!
           i´{、/ //   /  , -'´_  |

271 :名無し三等兵:04/05/31 20:40 ID:???
軍板でだと生々しいな。眞子様。

272 :名無し三等兵:04/05/31 20:54 ID:???
変な漢字コテと愚者まで湧いたか…

273 :名無し三等兵:04/05/31 20:56 ID:???
>>260
>小官殿の必要な部分とは知識を披露してくれる部分だけだと思います、サー。
愚者殿の必要な部分は何もありません。さっさと分家に帰ってください、サー。

274 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/05/31 21:01 ID:???
では、自分個人のスタンスで、一人でも支持する人がいるから続ける。
でも、それを他の人間にまで強要する気は無いから、誰に何人支持が付こうと認められないものは認められない、ですか?
自分は正当化し他人はそれを許さない、と。
なるほど、そういうのもまかり通るわけですか。 見習わせていただきます。

275 :名無し三等兵:04/05/31 21:02 ID:???
>>269
>一人でも〜て言うのは小官個人のスタンスで、それを他者にまで広げるのは過大解釈

にはならんよ。お前がそういうスタンスに立つなら、オレも同じスタンスに立つことを認めろって
言ってるだけで、どこぞの小官のように皆がそうすべきだといっているわけじゃない。

ところで、そろそろ鮫の話でもしないか。

276 :名無し三等兵:04/05/31 21:04 ID:???
別の板にスレ立てようかな。
コテウゼエ。うんざり。

277 :名無し三等兵:04/05/31 21:06 ID:???
>>276
立てたら?

278 :名無し三等兵:04/05/31 21:09 ID:???
つーか、今でも認めてねえジャン。愚者も小官も。

279 : 狩人:04/05/31 21:21 ID:???
小官殿、おおむね正しいと思います。
では施設を建設した段階から話を進めましょう。
自分は楽しければそれでいいのです。





280 :名無し三等兵:04/05/31 21:28 ID:???
>>279
狩人氏の偽者?

281 : 狩人:04/05/31 21:35 ID:???
>>280
今のは小官殿の237から239に対するレスです。
誤解させるようなことを書いてしまって申し訳ありませんでした。
自分は前章でも小官殿を誤解させる内容のレスを書いたことが
ありまして、またやってしまいました。
猛省します。


282 :名無し三等兵:04/05/31 21:39 ID:???
江戸時代の弁才船(いわゆる千石船)が竜骨を採用せず平底だったのは砂浜に乗り上げるためだったとか。
これを真似て港に集積されない物資を狙ってLSTもどきでご禁制の抜け荷を(ry
海禁している中華風F世界だと洒落にならないかもだ。

283 :名無し三等兵:04/05/31 22:08 ID:???
関係ない話だけど。
空 自 の 司 令 部 は 米 軍 基 地 に 間 借 り す る こ と に な る そ う だ 。

284 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/31 22:37 ID:???
どこを掘っても石炭しか出ないF世界。自衛隊は技術・燃料その他の問題により
艦艇の大半が使用不能、もしくはモスボール状態に。
そこで戦力の確保に勤めるべく、日本は石炭船の再建造に乗りだしたのだった。

「で、これが新型艦か?頭痛くなってくるな」
「しょうがないですよ、といってもほぼ趣味の世界ですが」

海上自衛隊新世代艦・改みかさ型「よしの」
高度技術の使用制限、予算不足により、主要装備は127m砲四門。通信機器も
交換部品が払底して居るため、信号旗が大いに復活した。
最高速力約20ノット、近接戦闘に備え装甲が従来より強化されている。

「いわきの煙はわだつみの〜、か。まあ敵も竜装備だからちょうど良いか?」

日本の制海権を新たに脅かすのは、旧ソ連でも北○鮮でもなかった。
海竜−シー・サーペント、シードラゴンに曳航される巨大戦闘艦を率いる
異世界の海洋国家「青龍国」であった。

黒い竜と青い竜、世界の派遣を手に入れるのは、どちらだろうか。
「どーでもいいが、やっぱZ旗は掲げるのかねえ?」

285 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/05/31 22:38 ID:???
 う〜ん、ネタ投下したけど、完全に滑っちゃいましたね・・・(苦笑

 今までの成り行きみて思った事。

過ぎたるは及ばざるがごとしヾ(´ー`)ノ
これにつきますなぁ。

286 :名無し三等兵:04/05/31 22:40 ID:???
既出覚悟の名無しが口出しして申し訳ありませんが、

ネタOKファンタジースレ と ネタ無しファンタジースレ

の二つに分割したほうが良い気がします。
同じ素材を使うもの同士が叩き合うのは悲しいですし、あまり良い結果にはならないでしょうし。
「ネタなんてふざけたことすんな。」と思う方も、
「ネタでもいいじゃん。ネタ交じりの方が好き。」という方もいらっしゃるので、
対立を避ける為の一時手段としていかがでしょうか・・・


287 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/31 22:45 ID:???
近所の国(はいけないけど)から砂漠の国まで、どこでも行きます、自衛隊!
・・・派遣って何だ。派遣って。F世界における自衛隊の派遣=傭兵業務?
ダメポOTL

288 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/31 22:47 ID:???
>>286氏、「分家」はそのために作られたのです。って書きかけ放置が
一番多い自分が言ってもダメっぽいですが。

289 :名無し三等兵:04/05/31 22:58 ID:???
>>284
http://www.warbirds.jp/ansq/9/I2000504.html
はい、人造石油〜♪

電力はダムとソーラーで何とかしる。

290 :名無し三等兵:04/05/31 23:20 ID:???
>>282

竜骨のない平底船は沿岸航海はともかく遠洋航海には致命的に向いてないよ。

291 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:27 ID:???
SS投下宜しいでしょうか?

http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1083332026/885-889
の続きになります。

292 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:28 ID:???
Jサイド
出動終わって夜が明けて。
未明に出動した面々は、得体の知れない生き物と接触したと言う事で、現在隔離状態に置かれている。
検査が終わるまではこの建物から出る事は出来ない。
それを良い事に、怪しげな研究に没頭するつもりの者もいるようだが。
むしろ、隔離中に自らの手で検査を行うつもりで、研究設備の整った建物を隔離病棟に用いるよう具申したようだ。
 一応、食料は毎朝届けられるし、外部と連絡を取る事も不可能ではない。
ただ、食料その他を運んで来る者が顔も分からないような防護服に身を包んでいたり、
建物の出口に防護服を着込んだ見張りが立っていたり、
しばらくの間休暇を諦める破目になったりしただけだ。
・・・・特に体調を崩しているわけでもない殆どの者には、
特に最後の項目が大不評だったようだが。


293 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:31 ID:???
「さてっと・・・・」
「随分楽しそうですね」
 鼻歌混じりに、なにやら着込んでいる高木に、
ガラスの向こうに居る三浦がマイクを使って話しかけた。
幾ら数メートルの距離があり、数枚のガラスに隔てられているからと言って音が通らないわけではないが。
わざわざマイクを使うのは、確実に用件を伝える為、だ。
(高木側では、襟元につけたピンマイクで音を拾っている)
 高木の身に付けている衣服は、奇妙と言うよりもむしろ異様であった。
つるつるした表面の防水布で作られた上着の袖口に、ラテックスの薄い手袋を医療用テープでしっかりと固定する。
御丁寧にも、きちんと密閉されているかどうか、鼻につんとくる液体に両腕を浸して確認。
 さらに、水色のかさばる宇宙服のような物を上から着込み、
エアロック付き、ガラス張りの手術室に入っていく。
エアロックの中で、消毒薬が噴射される音がマイク越しに聴こえた。
エアロックを潜った先には、ビニール製の簡易グローブボックスが設置されている。
直に手に入る中では、最大の物だ。
 グローブボックスのビニールを通して、例の『巻貝』が力無く転がっているのが見える。
妙に厳重に取り扱われているのは、それがどのような病原体を持っているのか不明な為。
 最悪のケース・・・・毒性と感染力が共に高い病原体が発見された場合は、
建物内の全てが死に到るまで放置される事になっている。
 今の所、戦闘で負傷した者意外は健康そのもの。風邪を引いた者一人居ないが。
体がなまっては大変と、階段や廊下を利用して訓練に励む者多数。
その事実は、隔離されている者たちに一抹の安堵をもたらした。
どうせヒマだろうから、と三浦が引っ張り出されたのは、解剖を記録する為のカメラマン。手術室内に設置された数台のカメラを、廊下とガラスを隔てたこの場所から遠隔操作するのが、その役目である。


294 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:33 ID:???
 高木は、巻貝を対象にしてなど初めてなのだろうが、それにしては手際良く解剖を進めていた。
ペンチと鋸を駆使して殻を開け、柔らかい半透明の軟体部を取り出す。
 ついでに、微かに褐色を呈している体液の採取も忘れない。
毒々しい赤の、俗に言う『3つの花弁の百合の花』マークの付いたチューブに入れて封をする。
さらに、詰め物を入れた二次容器に入れ、百合の花マークのシールを蓋と容器本体に掛かるように貼り付けた。
後で、別の部署に回してで検査を行う為である。
 おそらく血液だと思われる体液の雫を、30センチ角はありそうな白い板に垂らす。
簡易的に血色素を判定する為の、薄層クロマトグラフィー。
これを、比較対照となる既知の生物よりのサンプルと同時に溶媒展開し、
色素の分離の様子を観察するのだ。
 比較対照には、厨房から挑発したホウレンソウとイカ、保存してあった輸血用血液を用いた。
この選択は、はっきり言って適当である。手近にあって、すぐに利用できる物を選んだに過ぎない。


295 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:34 ID:???
 ぼんやりと透けて見える内臓の中に、紺色の塊が一つ、灰色に見える塊がもう一つ。
その周りには、どうやら植物らしい緑色。
グローブボックスの中に用意されたメスに持ち替え、高木は胃袋とおぼしき内臓を切り開いた。
ごろん、と内容物が転がり出る。制服に包まれたままの、噛み千切られた警官の脹脛。
その上についているはずの腿も、下にあるはずの足も見当たらない。
「おや?」
 警官の一部だった物には目もくれず、その隣に落ちた手、のような物に注目する。
それは、奇妙な形をしていた。
 肘関節の辺りでもぎ取られたとおぼしい手と腕。成人の物にしては、妙に小さい。
仮に女性の物であったとしても、小さすぎる。子供の、それも学童サイズの手。


296 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:35 ID:???
 特筆すべきは、その外見。艶やかな灰色の毛に、掌と指の内側以外の全てを覆われている。
形状は多少異なるが、類人猿の手が近いかも知れない。
 親指だと思われる指が、他の指と向かい合うように付いているのは理に適っている。
だが、その『親指』とは逆の端についている指も、真ん中の三本の指と向かい合うように生えているのだ。
 手刀を作ってもらえるとわかりやすいだろう。
指を全て揃えて伸ばすと、親指の腹が人差し指に付く。
対して、小指は側面を薬指に触れさせる事になる。
 しかし、この『手』は違った。手刀を形作ると、親指は人間と同様に、小指はその腹を薬指につける。
 ぱっと見は毛深い人間か、猿の物であるように見えた。関節数やバランスは人間と変わらないのだ。
小指の付き方が異なる、ただそれ一点の差異の存在が強烈な違和感をもたらした。
 三浦に指示を出し、その『手』の記録にフィルム一本半を費やす。
高木は何気なく『手』をひっくり返し、無残に引きちぎられた断面を見た。


297 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:36 ID:???
 青い。
 その『手』の持ち主は、少なくとも筋肉に青系の色素を蓄えているらしい。
それが脊椎動物のミオグロビンと同じ働きをするのかどうか、までは不明だが。
 『巻貝』の解剖そっちのけで、高木はその『手』に夢中になった。
 まずはレントゲン。骨格は、小指部分を除けば異様なまでに人間と同一。
様々なデータの採取も忘れない。重量、体積。共に、常識の範囲に収まる。
 次に表皮を切り開いた。
露出してすぐは脂肪組織とも筋肉組織とも区別が付かない、一様に淡黄色の内部が、
みるみるうちに青と変化無しの薄黄色に分かれる。どうやら、空気に触れる事によって変色が起こるようだ。
「ヘモシトシン、ですかね」
 地球上では、軟体動物の血色素として知られる物質である。その構造はヘモグロビンとさほど変わりない。
・・・・ヘモグロビンはポルフィリン−鉄錯体を中心とし、ヘモシトシンはポルフィリン−銅錯体を中心として構成された色素タンパクである。
 血管中でゼリー状に固まった透明の血液を、苦労してサンプルチューブにこそげ落とす。
その作業の間にも、謎の生物の血餅は、空気中の酸素を取り込んでみるみる青く染まっていった。


298 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/05/31 23:37 ID:???
投下終了です。
・・・・いくつもウソを吐いている・・・・。

299 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/05/31 23:45 ID:???
乙です。なんだか科学ですなあ。
深い海から来た巻き貝、某妹小説を思い出させますわ。
うわなにをする(ゴシャッ

300 :名無し三等兵:04/06/01 00:14 ID:???
乙でありまする。

301 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 00:52 ID:???
>>189氏、こんなんどうでしょう。
奪われた空

私は、空を飛べなくなった。といっても別に頭にキている訳でもないし、
事故に遭った悲劇のパイロットと言うわけでもない。この異世界に飛ばされて
以来、政府が燃料統制に踏み切った巻き添えになっただけだ。

政府は自衛隊や公的な物を除く、殆ど全てから燃料を取り上げた。そのせいで
私のような「日銭で空飛ぶ趣味人」は飛べなくなってしまったのだ。
日本中の私的航空機学校は全面閉鎖に追い込まれ、そして普通、一市民は
自家用機も燃料タンクも所有していない。(あっても徴発されるが)

どこかの団体はこの徴発や自衛隊の周辺調査を「帝国主義的だ」と罵ったが、
そんなことはどうでもいい。誰であろうと石油の確保に乗りだしてくれるなら、
それは今の私にとっての神だ。なんなら団体潰しに協力したって良い。

太陽が二つに増えようと、月がジャガイモみたいになって居ようと、
結局空は空なのだ。そこを飛ぶ魅力は何物にも代え難い。
その為ならば、専横結構、統制大いに結構である、と私は言いたい。
空自に入隊することも、今は真剣に考えている。
(ある男のエッセイより)

302 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 03:44 ID:???
 フム。では、総括だ。結局小官の『時流』に対する『所感』が鼻に付くワケだな? 哀しいな…? 
まあ、キャラ造型に必要な『現職』の意識を読み取ってくれ、と言っても許されない。その認識は正しい。
 で、だ。北欧のヴィーキングが南北アメリカ大陸まで遠征していたと言う説を…信じる者に告ぐぞ!
…小官の同志と叫んでもらっても結構だ。彼らの航海術は…スペインのバスク人譲りかもしれんな?

 ネタはネタでもなぁ…軍事に絡めたネタなら大歓迎だが…小官も諸君等も、良く…ほら、脱線するだろう?
スレは飽くまで『軍事板に置いて貰ってる』ワケでな…? ま、そういうことだ。以上一点! 解散! 別れ!

303 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 03:48 ID:???
 ピリ・レイス地図と云う物が存在する。南極大陸の海岸線まで載っている、すごぶる付きのオーパーツだ。
さあ、想像力を働かせよ! …有るはずの無いモノが存在する。それはいったい、誰が産み出したのか?

 卵が先か、鶏が先か? さあ、ネタは振ったぞ? 何の事か解らぬ者へ。 …『先人は来ていた』だ。

304 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 03:54 ID:???
筏による島嶼間の民族移動を『実験』したコンチキ号漂流記は為に為る! 
学術系ノンフィクション物は涙が出るほど大好きだ! …お休み、諸君。

305 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 04:05 ID:???
 赤血球のコアはFe。酸化鉄に為るから赤。動物で緑の奴はコアがCuで銅。酸化銅で緑だ。
酸素の運び手は、この2種が有名。Wizのラカニトはこいつが保有する酸素まで奪う設定。

 で、関係無い話だが、空自の『基地』や陸自の『駐屯地』の中には売店が存在するのだが…
一部、コンビニが入っている所も有る。ま、陸自に入ってる場合、閉店時間が存在するのだがね。
 防衛庁が運営する、中の直営売店の品物は価格がかなり安い。…だが、どの駐屯地にも存在する
ワケでは無いのだ。…民間業者の運営するモノは…! 営内者が外出して帰る際、食料品・下着類
の『まとめ買い』を欠かさぬとだけ、言っておこう。…『中』でしか扱わぬ商品以外は、な? 


306 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 04:10 ID:???
で、唐突に投下開始だ。

307 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 04:23 ID:???

 『俺達は一番先に、死んでいくのさ。多分、普通科よりも、戦闘施設よりもな? 』

 隣で岩に押し潰されて死んだ先輩の有る日の言葉が、僕の耳に甦った。対空戦闘の骨幹、
『師団』高射特科部隊。師団の防空を一手に引き受ける、『大隊』だ。たとえ一人に為ろう
とも、高射特科部隊の隊員は、『一撃必墜』の精神を以て、戦わねばならない。短SAMは
まだ、発射可能な状態だ。射撃統制装置も『生きて』いる。…死んだのは『人間だけ』だ。

 「いける…! やってやる! やってやるぞ! 熱誘導だ! 熱誘導だから…! 」

 奴が火球を吐く、その前駆段階で、当てる。それが僕に与えられた最後のチャンスだ。
たった一人でも、僕が部隊を、そして師団を救うのだ。例えこの身がどうなろうとも、
師団の『仲間』と『同期』のために、戦うのだ。…娑婆の奴等には死んでも解るまい。
 一匹の巨大な『竜』の口元から、炎が見え始める。さあ、勝負だ。レンズの冷却が、終わる。

308 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 04:25 ID:???
投下終了。雰囲気は作るモノだ。さあ、諸君も、『演らないか? 』…お休み。

309 :名無し三等兵:04/06/01 06:09 ID:???
乙です。

>>305
ヘモグロビンの官能部位は、Fe(II)原子にポルフィリンが配位した「ヘム鉄」で、555nmに吸収極大を持つ
暗赤色の物質です。各ヘム鉄は酸素分子一つを結合して575,540,415nmに吸収極大を持つ鮮紅色の
物質になります。温度が上がるか、酸素濃度が下がるか、二酸化炭素濃度が上がる(故にpHが上がる)
ことで酸素結合能力が低下するそうで、この性質が酸素の輸送に大きく貢献しています。
筋肉内に存在する蛋白質ミオグロビンも同様の機構を持ち、ヘモグロビンより酸素親和性が高いので
酸素の貯蓄などに用いられます。ヘモグロビンはミオグロビンに類似の蛋白質4つが結合したものです。
ミオグロビンは、肉の白身や赤身などの色の違いに関与しているそうです。

ヘモシアニンはCu(I)原子が直接蛋白質に結合した無色透明の物質で、二個のCu(I)が一つの酸素分子と
結合することにより青色を呈します。ヘモグロビンより酸素輸送能力は低いようです。

地球生物の酸素運搬体には他にもFe(II)を利用したヘムエリトリンがあるが、こちらは割愛。

参考文献:シュライバー 無機化学(第3版)

310 :名無し三等兵:04/06/01 06:42 ID:???
>ピリ・レイス地図と云う物が存在する。南極大陸の海岸線まで載っている、すごぶる付きのオーパーツだ。
南北アメリカ東岸及び南極大陸の一部に見える海岸線は中米東岸及び南米東北部の海岸線が拡張されているだけ。

>筏による島嶼間の民族移動を『実験』したコンチキ号漂流記は為に為る!
ヘイエイダール自身が付言で航海の成功≠移動理論の証明と言っている。

>動物で緑の奴はコアがCuで銅。酸化銅で緑だ。
緑青(塩基性炭酸鉛)と間違えてないか?どちらにせよ卓ゲ板から(略氏のSSまともに読んでねえだろ。

当たり前の事だが体力と同じでトンデモだけじゃ基礎は身に着かない。

311 :名無し三等兵:04/06/01 10:31 ID:???
>>307
>一匹の巨大な『竜』の口元から、炎が見え始める。さあ、勝負だ。レンズの冷却が、終わる。
レンズでなくシーカーにしたほうがいいと思います。


312 :名無し三等兵:04/06/01 10:36 ID:???
かつてのような栄光を取り戻せるのか?

313 :309:04/06/01 10:40 ID:???
よく考えたら、(pHが下がる)ダターヨ

314 :名無し三等兵:04/06/01 10:42 ID:???
信じるも何もヴァイキング(漏れにゃ衒学趣味はないから)が北アメリカに航海していたのは、
ほぼ確定的だしなあ。

バスク人云々とか南アメリカになると、信じる信じないの話になるが。

>当たり前の事だが体力と同じでトンデモだけじゃ基礎は身に着かない。

同感。基礎ができてないと、ノンフィクション読んでも妙な曲解してしまう香具師もいるからねえ。

ポイニキア(衒学衒学(w)人はアフリカ一周したらしいし、ポリネシア諸島の住人は遠洋航海の
技術を持ってたけど、そこに何か人間以外のものを仮定するのは人間の知性に対する冒涜だと思う。

315 :名無し三等兵:04/06/01 11:30 ID:???
>314
同感。
F世界は想像でしか構築できないけど、適当に考えられた設定ってのも鼻に付くのは当然だよな。

仮想は現実には勝てん。だから突っ込むんじゃねえよ、ってのは違う気がする。

316 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 11:34 ID:???
 正直、レスが還って来た! と喜んで涙している小官。
>309 まだまだ、頭に詰める生化学分野が沢山有るな。ウム。真摯に受け止めよう。

>310 えーと、最後の捨て台詞はカチンと来たぞう。80点。トンデモ全部を信じてる
   様な書き方してくれるなよ? …浪漫を感じてしまい、書いてしまった小官に 
   非は有るのだが、ね。真ん中のは『?』だ。生物、ちゃんと勉強したか?

>311 う〜む、シーカーねぇ…ま、イイか。これは、『済まない』では済まんな?
  何せ、『兵器』分野だ。言い訳は出来んよ。これは。ま、一番熱を持っちゃあ
  イケナイ所がそこだ、と云う狙いを持たせた。…完全に言い訳だ。男らしくない。

>312 取り戻すも何も、スレ草創期の流れを見れば、これでも充分多いほうさ。気楽に行こう。

>314 人間以外? 違うな。人間の能力と云う素晴しいモノを舐めている訳では無いぞ?
   小官は努力と根性こそ人間に与えられた最後の希望で有り、宝物だと言うスタンスだ。
   人間以外の存在を何時仮定する発言をした? 真意は、優れた先人が到達していたやも、
   だ。悪意を感じる下手な誘導は止めて貰おうか。と、強く主張して見るぞ? 

と、キャラ板風に演って見たが…どうだろうか? 解り易いかね?

317 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 11:41 ID:???
 今日は午前、機材整備だった。午後前半もその予定。…さあ、出発の日が…近づいて来た。
『ゲーム』の始まりだよ。『与えられた状況の中で、いかに為り切れるか? 』が演習だ。
 素に戻れんのが、辛い。どうして最後は何時も勝利で終わるのだと突っ込んだ日には…!
スマン、忘れてくれ。…さあ、下のモノが小官を待っている! 早メシに行く。さらば!

318 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 12:23 ID:???
 メシより戻る。ん? 煽りは仕舞いか? 根性入れろ、根性! そんな事から舐められて追い出されるのだよ!
本多正信の生き様を見よ! 汚かろうが何だろうが、大望のためならば敢えて汚れる根性をもたんか! 男だろう!

 と、叱咤激励だ。小官、皆と真摯に付き合いたいので本音丸出し。罵詈雑言はこれでも少なめだよ。一般部隊では
これ以上の罵声は日常茶飯事だ。女だ何だ理屈言ってる前に自分の仕事をやってからモノを言えと、教育されるのだ。

>315  …だからこそ、人間軽視の『兵器マンセー、魔法マンセー』は嫌いなのだよ。あ、年代記形式で敢えて
   描写しないのは例外な? あれは世界の『行間』を読ませ、読み手に想像させると言う狙いが有るからな?
   人間の葛藤する姿、儚い様は…古典に美しく描かれて居るのは諸君も御承知の通りだ。
    …また説教か、何て言わないでくれ。個人的所感だよ。滅びる姿は美しい。だが…残されるものは悲劇だ。

 これくらいで昼はやめだ。…多分、な? まともな偽装網(バラキューダ:通称バラキュー)が何時も小隊間で
『獲り合い』に為る。それを解ってる幹部はあらかじめ『使える』モノを分配して置く。…今回は…! バカ幹め。以上。

319 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 12:42 ID:???
 小官の基本スタンスは『馬鹿』では無く『莫迦』だ。真に愚かでは無く、愉しんで『莫迦』を演っている。

 新規住人と、9スレ以降より覗いた住人へ改めて自己紹介だ。小官は『公式』では第9スレから参戦した、
元、ネタキャラ出身のコテだ。自衛官描写での激情から最初、『荒らし』から入ったが、住人の『情熱』に
感じ入り、そのまま居ついてしまった押しかけ住人で有る。コテは専用ブラウザ遣いが『アボーン』し易い
よう、自らの良心に従い名乗ったモノだ。だから、『ウザイ』とか言う奴は9スレ以降の人間だろう。
 
 倣岸不遜に見えるが、実は小官、第7スレまで『ROM専』だった。だが、7スレで『騒ぎ』が有り、
やむにやまれずSS参戦したが…住人に叩かれて、引っ込んだ。その後台頭したのが…『萌え』と『考察』
だった。食堂の看板タイトルは自衛隊。でも、欠片しか無いだと? 『食わせろや! 』 の心境に至った
小官の取った行動は…ま、大人げ無いな? 倉庫で過去スレをダウソしてくれ給え。…見れば解るさ。

 ま、来歴は以上だ。2ちゃんで長文なんぞ読む気も無い者はすっ飛ばせ。以上だ。

320 :名無し三等兵:04/06/01 13:09 ID:???
ある特定のコテハン名をNGワード指定してカウントしたところ飛んだレスがおよそ95
関連レスも含めると4割強といったところか。

321 :名無し三等兵:04/06/01 13:33 ID:???
ミスターがそこまで、でしゃばんなきゃならんって事はさ・・・哀しいが、スレにとっては不幸って事だよな。住人が減ってるって事だし。

322 :名無し三等兵:04/06/01 17:05 ID:???
>>303
昔の地図の南極周辺にあたるところに大陸が描かれているのは、
北半球と南半球の水陸分布の割合を同じにしようという、数学的な
美しさを求めた結果だ、というのを人伝に聞いたことがある。

数字や数学に神秘や真理を求めようとするのはピュタゴラス以来の
伝統だからな、ある意味。

323 :名無し三等兵:04/06/01 17:32 ID:???
>>322
「どんな馬鹿でも真実を語ることはできるが、うまく嘘をつくことはかなり頭の働く人間でなければできない」

大昔の地図に南極大陸の海岸線云々もそういう事だよ。



324 :310:04/06/01 17:58 ID:???
出勤前に書き捨てていったら
>緑青(塩基性炭酸鉛)
だとよ。
緑青(塩基性炭酸『銅』)、ね。
>真ん中のは『?』だ。生物、ちゃんと勉強したか?
化学だよな。

小官というネタに飽きている住人もいるんだからその連中が振る新ネタにまで絡むなよ。

325 :名無し三等兵:04/06/01 17:59 ID:???
愚者の言う「ガチャピンスレ」読んできた。ついでに過去スレも。
なあ、お前、気付いて無視してるだろ? いつも見る文体がそこかしこに見えるのが?

326 :名無し三等兵:04/06/01 18:04 ID:???
>>325
鮫その他が出るから止めとけ。

327 :名無し三等兵:04/06/01 18:08 ID:???
なんか自作自演してるのがいるな。

328 :325:04/06/01 18:14 ID:???
え? どこどこ? 誰?

329 :名無し三等兵:04/06/01 18:20 ID:???
もしかして、あの変なへたれコテ? 小官殿に喧嘩売ってROMで見てるとか言った、仕切りたがり君? 

330 :325:04/06/01 18:26 ID:???
そしたら俺、郭図公則=380=いつかの自称海自君の説を唱えてみるよ。その手前勝手さの度合いで。

331 :名無し三等兵:04/06/01 18:53 ID:???
>>290
え、じゃバイキング船って竜骨ついてるの?
かなり遠くまでいってたらしいけど

332 :名無し三等兵:04/06/01 18:59 ID:???
>>324
>小官というネタに飽きている住人もいるんだからその連中が振る新ネタにまで絡むなよ。
諦めろ。
恒星進化論の時みたいに小官は自分が主導権を取れないネタは潰すだけ。

333 :325:04/06/01 19:03 ID:???
始まった! 自作ターイム!

334 :325:04/06/01 19:05 ID:???
ん〜と、話によると喫水線が浅く高速軽量で、オールと帆の併用で28時間で大西洋横断可能らしい。付いてるんじゃない? キール。

335 :名無し三等兵:04/06/01 19:07 ID:???
主導権とりたい奴が必死ですね。

336 :名無し三等兵:04/06/01 19:10 ID:???
ω・`)つ ttp://www.ship-doctor.com/menu1_23.html

337 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 19:14 ID:???
>>331このような物がありますた。
ttp://www31.ocn.ne.jp/~tactic/longship.html

租界ネタですが、昔の租界には国家・民族・人種毎の区別区域等は有ったの
でしょうか?F世界の場合、種族の違いは生物学レベルの違いにまでなる以上、
何かしらの住み分けくらいはありそうですが。
あと仲の悪い連中同士は隣接区に居住させない、とかも。

338 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 19:18 ID:???
>>336氏、かぶりましたか。失礼。

ついでに租界ネタでもう一つ。ストリートごとに住み分けがある場合、建築様式も
確か本国風にする場合が有りますよね。(租界というか、中国の外人居住区はそう)
エルフ居住区とか、毒沼に住んでるのがデフォな連中はどうするんだろ?

339 :名無し三等兵:04/06/01 19:21 ID:???
環境を人工的につくるしかないんじゃねえの? エルフのは高層建築で代用できそーだけど。

340 :名無し三等兵:04/06/01 19:23 ID:???
先生! ここが軍事板だということを忘れてる332のクズをボコってかまいませんか!

341 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 19:24 ID:???
>小官は自分が主導権を取れないネタは潰すだけ。
これだけ読むとまるで小官殿が既に単なる荒らしになっているとしか思えないじゃないですか。

342 :名無し三等兵:04/06/01 19:25 ID:???
今日はヤン提督の命日。

343 :名無し三等兵:04/06/01 19:25 ID:???
それがさ、「自分が賢いと思ってる単なる低脳」のカナシイところなんだよ。そっとしといてやんなよ。な? 愚者さんよ?

344 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 19:26 ID:???
>>340
じゃあ租界ネタも軍事じゃないのでそのへんどうなのですか。

345 :名無し三等兵:04/06/01 19:27 ID:???
W.C.ニコルはエルフの末裔。

346 :名無し三等兵:04/06/01 19:27 ID:???
ああ、軍人の風上にも置けぬ辻ーんの劣化コピー消滅記念日か!

347 :名無し三等兵:04/06/01 19:29 ID:???
ムツゴロウは・・・なんの末裔だ?

348 :名無し三等兵:04/06/01 19:29 ID:???
軍事だろ? アンタ海軍の陸戦隊がどこで活躍したか知らんのか? 愚者サン?

349 :名無し三等兵:04/06/01 19:30 ID:???
どうでもいいが、スレタイに沿った話題で盛り上がらないか?
どうもコテが絡むと話が逸れる。

350 :名無し三等兵:04/06/01 19:31 ID:???
物理法則や化学的組成まで突っ込んだ設定をすると、現実をモデルに出来るから
考察やツッコミが入るのは必至。

考察は政治経済で留め、あとは「魔法」という都合のいい道具でごまかす。
その上でひたすらドンパチ。これ最強。
しかしこれをやると敵側に戦闘力のインフレを引き起こしかねない、諸刃の剣。
素人にはお奨めできない。

351 :名無し三等兵:04/06/01 19:32 ID:???
ジサク! ジエン! シュ・ツ・ゲン! 

352 :名無し三等兵:04/06/01 19:34 ID:???
魔法とミサイル。どっちが優秀でしょうか。

自分の意識化であれば、汎用性が効きそうな魔法。
全自動で敵を補足し撃墜するミサイル。

種類によってまちまちだろうけど。

353 :名無し三等兵:04/06/01 19:34 ID:???
いいかげん名乗れよ? 郭図公則ぃ? カッコワルイゾ? 

354 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 19:37 ID:???
>>348
じゃあベトナム史も海兵隊が戦争で活躍したから軍事ですか。
沖縄返還問題も北方領土問題も軍事。 北朝鮮拉致問題も軍事。
軍事は確かに政治や歴史と関わっていますが何でもかんでも直接関連付けるのはどうかと思います。
というか、軍事で語る以前の政治の問題を議論した時に議論厨ウゼー意見が出たときのは一体なんだったんですか。

…と、以前の軍板の人たちの主張にそって見ましたがいかが。

355 :名無し三等兵:04/06/01 19:39 ID:???
なんかどうでもいい。

356 :名無し三等兵:04/06/01 19:39 ID:???
TPOの意味、ワカル? そんだけ。アンタ、原理主義者だろ? 融通効かな杉。

357 :名無し三等兵:04/06/01 19:41 ID:???
ω・`)つ ttp://iwatam-server.dyndns.org/software/giron/giron/index.html

358 :名無し三等兵:04/06/01 19:43 ID:???
>>331

「ヴァイキング 船 竜骨」でぐぐると結構面白かったり。ある説とない説が拮抗してる
感じだね。
ちなみに>>314にも書いたけど、ポリネシア人は竜骨を持たないカヌーでかなりの
遠洋航海をしているんだよね。だから、向いてないだけでできないというわけではない
と思う。

>>337
上海租界の場合、居住区は国ごとに分かれており、警備も中国人官憲ではなく各国
の警察が行った。居住区の入り口には簡単な検問所もあった模様。

要するに、半独立国的な治外法権の地位を持っていたわけで、中国の国権回復運動の
際には租界は真っ先に回収の対象になっている。だから、国家間の力関係にかなりの
優劣がないと租界というのは存在しえないと思われる。

んが、中世あたりまでに戻るとオスマン帝国がイタリアの都市国家に対して、イスタン
ブールに開設を許可していたキャピトレーションなんてのもある。

上海租界については嫌ってほど本が出てるのでそれを参照してもらえばいいし、
キャピトレーションについては「海の都の物語」あたりにも記述があったかな。

アテナイ在住の外国人商人の地位については……まあ調べてみてくださいな(w
結局、国家間の力の差が露骨に現れるところですかね>外国人の地位

359 :名無し三等兵:04/06/01 19:44 ID:???
鮫と言えばフカヒレだけど、江戸時代のこれの流通って調べると結構面白いよな。

つーわけで、そろそろ鮫の話の時間だぞ。

360 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 19:46 ID:???
租界と言うのは所詮土地、場所に過ぎないと思います。
その扱いは通常「政治」レベルで扱うべきのもので、そこに軍事が関わるのは対象と武力的衝突が発生する時だけだと思います。
そもそも政治と軍事は切り離して考えるべきもので、政治の次の段階が軍事であり、政治のために軍事を行う事はあっても軍事の為に政治を行なうものではありません。
軍事は軍事、軍事に関わる場合もある物は、関わる時だけ。
そして関わると言う前提のもと議論。 と言うのはどうでしょうか。

361 :名無し三等兵:04/06/01 19:47 ID:???
あと、公則ちゃんの時間だから邪魔しちゃダメよ? めっ!

362 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 19:49 ID:???
日本と云う国家に住む者には解り難い話だと思うがな…政治と軍事はそもそも切り離せんモノだ。戦後教育の弊害だな?

363 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 19:51 ID:???
 空手形で怯んで呉れる国家は日本ぐらいのモノだ。軍事力の裏書きが有って、始めて有効なのだよ。

364 :名無し三等兵:04/06/01 19:51 ID:???
小官殿のいうとおり。例えば戦争は外交の延長だ。


365 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 19:53 ID:???
>>349ではどんなネタで行きます?
「魔法の戦略運用」が全盛のF世界にゲリコマ部隊が・・・
相手が使うのは手榴弾でも特殊仕様の銃でもなく、弓矢に短刀、電撃に火球その他。

こういった条件下で、身一つでどれだけ魔法対策が練れるか、とか
監視システムに改革をもたらす為に働く自衛官。

366 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 19:54 ID:???
政治家の真摯な言葉で国家が動くか? 答えはNOだ。利害に依って動くのだ。そこが解らん奴は…致命的なY・T信者だけだ。

367 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 19:55 ID:???
軍事を前提にした政治と言うのが間違っていると言うに過ぎません。
軍事とは政治の一手段に過ぎないのです。 軍事活動を行なうために政治を行なうのではなく、政治を行なう一環として軍事と言う選択肢があるに過ぎないんです。
そして軍事とは最後の手段です。 最初に取るべき手段ではありません。


368 :名無し三等兵:04/06/01 19:56 ID:???
>>360

>軍事の為に政治を行なうものではありません

それがそうでもないんだなあ。「長篠合戦の世界史」とか「火器の誕生とヨーロッパの戦争」
とか読んでみるよろし。

どっちが上とかどっちが下ってものじゃなくて、表裏一体のものだと思うんだな。

369 :名無し三等兵:04/06/01 19:56 ID:???
物事の解決の方法としては、「力ずく」が一番楽だしな。

370 :名無し三等兵:04/06/01 19:56 ID:???
ダメ! 今は公則ちゃんの大切な見・せ・場! コテたんタチ? 邪魔しちゃダメよぉ〜ん?

371 :名無し三等兵:04/06/01 19:58 ID:???
>367
そんなこと言ってる訳じゃない様な・・・
都合のいい方に解釈してねえか?
意見をわざと曲解してねえか?

372 :名無し三等兵:04/06/01 19:58 ID:???
世界経済から突如切り離された日本。相次ぐ失業。
更に数千万の国民が餓死の危機に晒される。
そんな中、国民は強力な指導者を求めるようになった。

やがてそれは、異世界全体を巻き込む悲劇へと発展していく。


いつかどこかで見た光景。

373 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 19:59 ID:???
 今回はもう、何だ、やっと違和感が判明したよ。それでは貴君と会話が噛み合うはずも無いな?

374 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 19:59 ID:???
>>367軍事=戦争でもないと思うのですが・・・閲兵から大演習に至る全ては
軍事です。兵隊の給料や衣服にしたって軍事では有ります。

自衛隊が戦力を喪失した場合、代替戦力の補充は非常に困難です。(日本が
あろーとなかろーと)どんなのがF世界生物に有効で、かつすぐに配備できるか
つーのもネタとしてどうでしょう?>>359

375 :358=359:04/06/01 20:02 ID:???
>>374

そんなのローマ方式もしくはイギリス方式に決まってますがな。

376 :名無し三等兵:04/06/01 20:02 ID:???
そうか!鮫にHMXくくり付けて敵艦に突g(ry

377 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:03 ID:???
 軍事板に来ている人間は、まず政治と軍事が密接に関連している事実を前提として会話を進めるのだ。
それを別物として考える人間が居たら…そいつは良くて異端児扱い、悪くて池沼扱い以下なのだぞ?
 頼むから、このスレ以外の軍事板スレでそう言う事を吐いてくれるなよ? ここだからこの程度なのだ。 

378 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 20:06 ID:???
>>375どんな感じでしょう?>ローマ式・イギリス式
>>376イルカ爆弾なら米軍も昔研究してたし、今ならイルカの言語も結構
判明してますから・・・意外に良い戦力かも。
酷い?虐待?だから何。「人間の大抵の命は、地上の全生物よりも重い!」のです。

379 :名無し三等兵:04/06/01 20:06 ID:???
あ〜あ、公ちゃんの見せ場、もってっちゃった・・・

380 :名無し三等兵:04/06/01 20:07 ID:???
>>378
人間の命は21gだそうで。

381 :名無し三等兵:04/06/01 20:08 ID:???
南太平洋ではコバンザメを飼い馴らしてロープでつなぎ、海亀の腹に吸い付かせて捕らえる漁法があるとか。
……吸着機雷?

382 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:09 ID:???
地獄でアヌビスに正義の羽と比べられるのが怖いな? 重い場合と軽い場合で天と地ほどの差が有る。

383 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 20:09 ID:???
順番とか手順とか段階とかの問題を言っているんです。
極論ですが、とりあえず戦争しよう、→勝ったはいいけど占領地どうしようか?という考え方は無茶苦茶ですし。
普通は、あの土地を占領したい→戦争(外交)して手に入れよう ではないかと。

んでもって政治で解決すべき段階のものを直接軍事と関連付けるのもどうかと。
まだその段階では軍事は必要ありません、準備はしておくべきですが、というレベルでは無いでしょうか、という。
そして軍事と関連付けたいならば軍事的直接行動をとる場合に限定してと言うのはどうでしょう、と。

>>373
単に反対反抗したいだけですから、主張はどうでも良いのです今回。
とりあえず今まで軍事に直接関係ない事は議論するなと言われてきたのに、全てに軍事は関連しているとかTPOとか言われてすげえ不満なのですよ。

384 :名無し三等兵:04/06/01 20:10 ID:???
>>378
ラテン語の格言を使うなら、

divide et impera

ということです。もっともこれはこれで大変ですけどね。イギリスなんて徹底的に
インドの言語調査をやったくらい資源を投入しているわけで。

385 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:15 ID:???
 分割統治さ。ま、隣の芝生は青い、やら目くそ鼻くその争いさせて、諸勢力を諸勢力で以て掣肘する遣り方だよ。
己の手は極力、汚さずな? 収拾が不可能と為った時点に、軍事力の即時投入だ。

そのためにローマは道路を、グレートブリテンは海軍力を整備した。我が国は…電子情報網かな?

386 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:17 ID:???
…もういい。もういい。好きなだけ吐いてくれ。ストレス解消だな? 付き合う気が失せたよ。>>383のレス読んで。

387 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:19 ID:???
あ、現代アメリカ合衆国は空軍力だな。人員と物資の輸送力こそ、鍵なのだ。

388 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 20:19 ID:???
>>384ラテン語は読めないですが、要するに現地人兵隊化計画ですか?
まあ中世クラスの世界なら、人の命はいい感じに安いでしょうね。
自衛隊のみの転移なら、後ろからつつかれることもないし。

>>3805〜6グラムって説も有りましたっけ?
>>381コバンザメ爆弾・・・ううむ、シー・サーペント対策にはいいかも。
爆薬量と数の確保が問題ですけどね。

389 :名無し三等兵:04/06/01 20:20 ID:???
ネットインフラ維持するにもエネルギーが掛かる。
ここは超御都合主義で、日本が召喚された場所の地下に
大量の原油やら鉄鉱やらが眠ってるってことで(ぉ

390 :名無し三等兵:04/06/01 20:21 ID:???
だめよぉ? 公ちゃんの得意分野語っちゃ、叱られちゃうからぁ〜!

391 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 20:21 ID:???
F世界の気候風土も文化も社会制度も生物的構造も魔法の仕組みも軍事として語る上で必要だと、考察されていない適当なのは叩かれるからと真面目に議論しようとしているのに
その度に設定厨だとか軍事に関係ない話してんじゃねえとか議論厨ウゼえとか科学的に考えると否定意見しか出ないとか政治経済の話ばかりすんなとか軍事が語られてないとか
そういう流れでやってきてそして今になって政治は軍事に関係あるとか軍事に関連のないものは無いとかふざけんじゃねえ馬鹿おまえらファンタジーに関連する時だけ否定したいだけだろ

392 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 20:21 ID:???
うわあ、えらいはずい間違いを・・・やっぱ分割統治ですか。
言語解析は徹底的にやらないと、確かに成果も上がらないでしょうね。

F世界の言語だと、人に一番近いのはどの言語だろう?エルフ語とか発音できねえ!

393 :名無し三等兵:04/06/01 20:23 ID:???
>>388へ。385嫁。

394 :名無し三等兵:04/06/01 20:24 ID:???
アルウェンだかが馬に「ノロリ〜」とか言ってたのって、
多分「急げ」って意味なんだろうけどなぁ。日本人が聞くと何だか・・・

395 :名無し三等兵:04/06/01 20:26 ID:???
>>388

>現地人兵隊化計画

それも含みますがそれは一部に過ぎません。要するに支配されるものに支配されるものを
統治させるというやり口です。

共和制ローマ期のローマ史やビクトリア朝期のイギリス史などが参考になります。分断の
やり口は、民族ごとに分断するやり方と階級ごとに分断するやり方更にそのミックスくらいが
代表的でしょうか。

たとえばですね、典型的なファンタジー世界においてなら、エルフ族に特権的な地位を与え、
準日本人として他の諸族より高い地位に置くわけです。たとえば徴税官とか、行政官、軍人
はエルフ族に限るといった感じでね。そして、エルフ族以外の連中には、日本人でなく、
エルフ族を恨ませるようにしむけるわけです。

実際にはローマ人やイギリス人のやり口はもっと巧妙で悪辣なので、大いに参考になると
思います(w

396 :名無し三等兵:04/06/01 20:27 ID:???
賢者を幸福にするにはほとんど何も要らないが、愚者を満足させることは何を以てしてもできない。
ほとんどすべての人間がみじめなのはそのためである。

ラ・ロシュフコー


397 :名無し三等兵:04/06/01 20:27 ID:???
>>391
せっかくの分家だ。
「【隔離】○○(作品名)の世界観について徹底的に考察するスレ」
でも乱立させてはいかが?

398 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:28 ID:???
>>391
補給のコツはな? 『必要とされている時に必要とされている場所で、目的に応じた必要な分量で』だ。
だからTPOが解っちゃ居ないなんぞとレスされちゃったりするのだよ、貴君は! 小官も実は同類なのだが。

399 :名無し三等兵:04/06/01 20:30 ID:???
>>392

>F世界の言語だと、人に一番近いのはどの言語だろう?エルフ語とか発音できねえ

そもそも人間言語と本質的に構造が異なる、とか、言語に頼らないコミュニケーションの
手段をもっている可能性もありおりはべりいまそかり。発音しようと思っても発音器官が
人間と違うとかね。

# そこまで設定する必要はないか。

トールキンは言語学者だったんで、彼が作品中で使ってるいろんな言語は、彼の知っていた
ケルト系の言語やゲルマン系の言語のパロディーですけどね、ってのは熱心なトールキアン
だったら誰でも知ってることかな。

400 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:32 ID:???
ロジスティックスは在庫との格闘だ。輸送戦記の本来路線に実は小官、多いに期待している。
物流こそ軍事の要なのだよ。古くは陸路、海路、そして空路。今は電子情報網の時代だ。
今正に、物流の革命が進行中なのだ、と言っておく。カンバン方式は…小官的には邪道だな。

401 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 20:32 ID:???
>>398
いまさら欲しかった補給が来た時には既に手遅れと言う場合もあります、サー!!!!!!!!!!!


402 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:34 ID:???
そういう時は黙って消費せよ。好みでなくともな? …それがマナーだ。が、毒吐きも程々にしよう。お互い。

403 :名無し三等兵:04/06/01 20:39 ID:???
ROMってる分にはこの口論、楽しいんだがな。

Epistula enim non erubescit.

404 :名無し三等兵:04/06/01 20:40 ID:???
5.56mm弾が欲しいと言ったのに、何でパンツァーファウスト3がこんなに山ほど届くんじゃー!

黙って消費⇒Sir,こいつを全部敵にお見舞いしてやりましょう。

405 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:41 ID:???
何故官公庁が予算の限度枠ギリギリまで使用するか理解可能なら、解るだろう? 余らせれば予算が減らされるだけだからだ。類推せよ。以上。

406 :名無し三等兵:04/06/01 20:44 ID:???
      ./       ;ヽ 
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i  <いいぞ ベイべー!
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l  すぐに厨だと決める香具師は訓練が足りない!
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |  すぐに厨と気づいても生暖かく楽しむ香具師は、2chにはまりすぎだ!
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/ 
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l, ホント 釣堀は地獄だぜ! フゥハハハーハァー!!
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_        ri                   ri
 l l    ヽr‐─ヽ_|_⊂////;`ゞ--―─-r| |                   / |
 ゙l゙l,     l,|`゙゙゙''―ll___l,,l,|,iノ二二二二│`""""""""""""|二;;二二;;二二二i≡二三三l
 | ヽ     ヽ   _|_  _       "l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |二;;二二;;二=''''''''''' ̄ノ
 /"ヽ     'j_/ヽヽ, ̄ ,,,/"''''''''''''⊃r‐l'二二二T ̄ ̄ ̄  [i゙''''''''''''''''"゙゙゙ ̄`"
/  ヽ    ー──''''''""(;;)   `゙,j"  |  | |



407 :名無し三等兵:04/06/01 20:46 ID:???
さて、ここは某氏のSSに合わせて、イカの話でもしませんか?

408 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 20:49 ID:???
 ん? 情報立国化を目指したのは良いが、液晶の原料が足りなくなったので、
海自に捕鯨ならぬ捕烏賊船団でも編成させるSSでも誰かに展開してもらうのはどうか?

409 :名無し三等兵:04/06/01 20:57 ID:???
某国の皇太子が、イカのスシを食って「ゴムタイヤみたいだ」と言われたそうだが、
個人的にはすこぶる賛成だ。

ところで、>>309の参考資料が見つかったんだが、図解部分だけデジカメで撮ったんでうpしようか?

410 :名無し三等兵:04/06/01 21:00 ID:???
イカといえば、

むかし三重県に滞在中に見たアサヒドーカメラのCMが頭にこびりついてる。

411 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:01 ID:???
著作権者に聞いてから、な? 情報化時代のネックは其処だ。

412 :名無し三等兵:04/06/01 21:01 ID:???
ファンタジーに出るようなイカのモンスターって、
コウイカみたいに硬い甲が入ってるんでしょうかね?

甲が硬くて小銃が貫通しないイカのモンスターとか。

413 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:02 ID:???
イかなイカン、のあのCMだなって、イカン! 小官の任地が露見する!

414 :名無し三等兵:04/06/01 21:07 ID:???
>>411
あくまで引用・・・
つーか、デジカメを図書館に忘れた可能性がアリ

415 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:10 ID:???
で、ココでコミュニケーションの話を一つ。
皆でイカの話に盛り上がってる時に、一人で『僕はタコが好きだ』とのたまって
タコの話を得々と話し続ける人間が、果たして正常かと問えば…多くのモノが、
否、と応えるだろう。小官もややその気があるが…もっと凄い者も居るのは承知
の通りだ。蛍烏賊は、生で食すな? 寄生虫がいるからな? 海産物はそれが怖い。

416 :True/False ◆ItgMVQehA6 :04/06/01 21:10 ID:???
>407
(ぼそ)イカの話でイーカ?

417 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:14 ID:???
 現代はそんな人間が増えている。互いに気をつけよう。で、刺身はやはりアオリイカだな?
身が柔らかいのだ。取れたてのイカを刺身にすると、実は半透明なのだ。白すぎるのは鮮度が
怪しいと見て良いだろう。海産物は鮮度が命! だから、古代は保存食が隆盛したのだ。
 転移すれば気候風土も変わる。麹菌が死滅して…止そう。醤油の無い日本など生きて居たくはない。 

418 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:16 ID:???
アオリイカの口の中の食感は、『噛むと口の中でプツッと弾け、融ける』。うまいんだなぁ、これが。以上。

419 :名無し三等兵:04/06/01 21:21 ID:???
>>378
イルカ爆弾ですか…問題は当てになるかですが。実験あるのみでしょうかね。

420 :名無し三等兵:04/06/01 21:22 ID:???
ブーメラン戦隊の人ですか?

421 :名無し三等兵:04/06/01 21:23 ID:???
そういえば、液晶の原料って本当何なのだろう・・・・今更だけど。
もしかして本当にイカの体とか?マサカソンナ・・・(・ω・;)

422 :名無し三等兵:04/06/01 21:28 ID:???
イカ墨の中の人じゃないっけ?>液晶の原料

423 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:30 ID:???
>420 矢頭君は「僕は犬が嫌いだ、猫の話をしよう」と「嫌い」まで付けてくれる困ったチャンだが。
>421 イカ墨。…だったと思う。13年前の知識なので自信が無い。スマン。

424 :名無し三等兵:04/06/01 21:31 ID:???
>421
http://www.kuraray.co.jp/product/products18.html
ポリビニルアルコール樹脂らしいです。


425 :名無し三等兵:04/06/01 21:31 ID:???
>>422

今は化学合成。

426 :いつかの123:04/06/01 21:32 ID:???
即剥きイカをモニュモニュと・・・
釣上げタコの吸盤にワサビ乗せて醤油垂らして・・・

ああああああ!!!!!!
作品が疎かになるぅぅ!!!!(ノ;-;)ノ
カンベンシテクダサイ......._| ̄|○|||

427 : 狩人:04/06/01 21:32 ID:???
>>378
イルカ爆弾ですか。009を思い出します。
>>358
自分としては租界発生の条件としては
為政者が外国人を自由に移住させるのではなく
移住地を指定させる、または特定の土地以外は
外国人が住める環境ではない。
この二つだと思っています。
治外法権についてはその国の法律が外国人にとり
過酷過ぎるまたは妥当ではないと言う場合においてのみ
適用されると思っています。
もともと治外法権は欧人がイスラム法を適用されるのを
拒否したのが始まりですから。

皆様、自分はこのスレの住人が楽しければファンタジーであろうと
刀剣の話であろうと農業の話であろうと軍事の話であろうと
政治の話であろうとどうでもいいのです。
さあこのスレを存分に楽しみましょう。


428 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:33 ID:???
ありがとう。『聞くは一時の恥、聞かぬは末代までの恥』だ。『無知の知』こそ至上さ。

429 :409=414:04/06/01 21:33 ID:???
記憶だけでペイントソフトで手書き
ttp://matsuya.dyndns.tv/2ch/img-box/img20040601213051.gif
イカは真ん中だな。見にくくてスマソ。

430 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:37 ID:???
ありがとう。配慮、痛み入る。

431 :名無し三等兵:04/06/01 21:43 ID:???
>>427
>自分としては租界発生の条件としては
>為政者が外国人を自由に移住させるのではなく
>移住地を指定させる、または特定の土地以外は
>外国人が住める環境ではない。

残念ながら、長崎の出島のようなものを歴史用語としての「租界」と認めるのは
いささか難があるように思います。あれは「居留地」ですよね。中国の場合には、
条約によって外国人にも中国国内の自由通行権と居留権が認められてますから、
貴方の仰るような要件は当てはまらないように思います。

外国人に対してどのような特権を付与するか、あるいは強制されるかという程度に
ついては状況によって時代によって様々な幅があり、それをどのように定めるのか、
というあたりも興味がある人にとっては面白いことであるかもしれません。

432 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 21:48 ID:???
>>393書いている途中だったもので・・・失礼。
イカイカイルカ〜お前の血は何色だ!

>>412昔やったゲームにでかいイカモンスターが出てきたけど、柔い奴でした。
但し体長が5mを軽く越えるのが数体とかでくるので、小銃もってても一人二人
程度じゃ勝てないでしょうね。
小銃分隊ぶつけても被害がでるかも・・・

433 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 21:52 ID:???
 総括! 主導権を取りたいならまず住人が『平和に語り合える』ネタを出せ! 以上!
小官はそんな物、毛の頭ほども欲しく無いので、在野根性丸出しで欲しがる奴に噛み付く。
 
 覚悟を決めて、ぶつかって来い。群衆を演ずると言う、卑怯な真似など小官は認めん。
狡猾だとか頭が良い悪いの問題では無い。その姑息さが小官の『男道』に外れているのだ。

以上だ。明日は遂に…『中隊検閲』だ。立派に演じて見せるよ。模範的な兵士をね。お休み。

434 :名無し三等兵:04/06/01 21:54 ID:???
小官殿
http://www-1.ibm.com/support/docview.wss?uid=cic1df53e1dbc8d0dc51492569bb0024ddbb
んーなんか夢のない。
ちなみに自分は生もの食いで2回救急車・・・

435 :名無し三等兵:04/06/01 22:00 ID:???
>>395
>民族ごとに分断
ルワンダ式ですか。

436 :名無し三等兵:04/06/01 22:02 ID:???
>>405
酒代にしたりするわけですね。

437 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/01 22:02 ID:???
 ありがとう。徐々に切り替わっていったのだな? 有機原料から…? 製品寿命ならば断然…よそう。
また懐古厨と言われてしまうやも知れん。だが…モニターは断然…衝撃に強く、長持ちする方が良いと思うぞ?

こんどこそ、お休みだ。明日は早い。まとまって睡眠が取れる、娑婆との付き合いが出来る時間の終わりだ。

438 :名無し三等兵:04/06/01 22:07 ID:???
日本、召喚される
    ↓
召喚者のお願い(脅迫)で、敵の国家を攻撃
    ↓
敵国の主権者をイスラエル方式で暗殺、国家解体。
    ↓
適当に民族主義でも煽って弱体化させる。
    ↓
「後はあんたらで何とかなるだろ」といって送還してもらう。
    ↓
後の異世界がどうなるか知ったこっちゃない。

日本にとってはこれがハッピーエンドか?(ワラ

439 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 22:14 ID:???
>>438まあその間に、国家体制の問題点や戦後教育の弊害含む「アレやこれ」を
叩き潰しつつ、現地の貴重な物質と美術品をギリギリまで略奪すれば
ハッピーエンドかと。
なんも無しに帰っても、技術レベルがた落ちだわ販路分捕られてるわで
バッドエンドでしょうし・・・

440 :412:04/06/01 22:16 ID:???
海自の潜水艦とイカモンスターの戦いとか…

巨大イカとクジラとかイルカって区別できるんでしょうか?

441 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 22:17 ID:???
日本召喚だと色々と面どいので自衛隊だけ召喚を強く押す今日この頃。
SS投下。


支援必要ナリヤ?
我、第666衛星中隊

着弾マデ アト4秒
防毒面 着用セヨ

442 :名無し三等兵:04/06/01 22:19 ID:???
第666衛星中隊って何?
宇宙軍?('A`)

443 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 22:19 ID:???
異郷流転


オーク軍とアールヘイム軍はエルプ山脈の麓を流れるイヴィング川を超えた野で対決した。
戦いの始まりは射撃戦、矢の嵐の応酬から始まる。
アールヘイム軍は歩兵の放つロングボウの矢、オーク軍はクロスボウのクォレルが空を黒く覆うような密度で勢いよく放たれ、互いの陣に降り注ぐ。
両軍の歩兵は身体を覆い隠す大楯を持ちながら、じりじりと矢の雨の中を進む。 木で出来た大楯に鏃が突き刺さり、時折楯と楯の隙間から叫び声が聞こえた。
やがて、双方の距離がある程度まで縮まると矢も尽きて、人間とオークの歩兵達は楯を捨てて剣や槍、戦斧を振りかざして白兵戦に移行した。
黒い甲冑を着込んだ、人間よりも背が高く体格のいいオークの群れが、雄たけびを上げて襲い掛かる。
それに対し、体格と筋力で劣る人間の歩兵は隊伍を組み、槍の穂先をそろえてオーク一匹に対し5〜6人の歩兵で同時に突きかかった。
槍の鋭い先端がオークの鎧の隙間や継ぎ目を破り、深く突き刺さる。 人間ならば、確実に致命傷となる深手を負ったはずである。
しかし、オークは痛みと苦しみの充分に混じった叫び声をあげたものの、殆どひるむことなく人間なら両手で持つような大剣を振るって槍をなぎ払い、人間たちの頭に振り落とした。
頭を西瓜か柘榴のように打ち割られ、脳漿を撒き散らしながら隊列を崩してゆくアールヘイム軍の前列。 オーク軍はアールヘイム軍を圧倒し始めた。
オークは身の丈2メートルに届くかと言うような優れた体格に加え、強靭な生命力と筋力を誇る。
その点は、しばしば豚に例えられる彼らだが、むしろ熊に近いといえるだろう。
彼らは人間の武器程度では、酒樽一杯に満たすほどの血を流すくらい傷を与えなければ、殺すことは出来ないのだ。

故に、人間はオーク一匹に対し常に複数で持って戦いに当たる。
いかに他を寄せ付けない運動能力を持ち強靭な生命力を誇ろうとも、大勢で同時に攻撃すれば負傷を避ける事は出来ないし何度も傷つけられればついには死ぬ。
それは戦術として正しいし、これまで何度もその戦法で人間たちはオークとの戦争に勝利してきた。
時に、挟撃し、分断し、包囲し、各個撃破し、罠に落としいれ、策を持ってオークを撃滅した。
しかし今回は、数が違いすぎた。 オーク軍は、人間の軍を逆に挟撃し包囲できるほどの数の優勢にあるのだ。

444 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 22:22 ID:???
>>442
衛生の間違い。('A`)

兜ごと頭が割れ爆ぜ、口が絶叫の形に開いた首や、武器を持ったままの腕が宙を飛び、鮮血が紅い虹を作り出す。
アールヘイム軍の兵士達はなおも懸命に、陣形を崩れさせまいと押し留まり必死に戦ったが、抵抗は空しく残虐なオークたちの剣や斧によってたかって切り刻まれ、嬲られ、肉塊へと変じていった。
一方的ともいえる殺戮の返り血に酔い、遥か東方に住むという悪鬼のような形相でオークたちが叫ぶ。
否、それは雄たけびではなく笑い声だった。 オークたちは、武器をかなぐり捨てて逃げ惑う人間たちを追い掛け回し、虐殺しながら愉しそうに笑い声を上げていたのだ。
まるで地獄絵図のような光景が繰り広げられ、風に乗って流れてくるむせ返るような血の匂いと、叫び声と、笑い声にアールヘイム軍の本陣で武将達が顔をしかめた。
「騎士団、前進」
華美な装飾を施したかぶとの面頬を引き降ろし、将軍と思われる騎士が馬上で槍を構える。
同時に、縦列を組んだ騎士たちが槍を真っ直ぐに構え、馬を進め始めた。

騎士は、最下級の貴族であり、領地や爵位ではなく俸禄によって雇われる職業軍人である。
彼らは王や、貴族たちに俸禄を支払われて忠誠を尽くす。 戦場で武勲を立てれば、爵位と小さな領地が与えられる事もある。
彼らが集まって軍事訓練を受けたものを、騎士団と呼ぶ。 王に仕える騎士団は直轄騎士団、親衛騎士団などと呼ばれ、貴族に仕えるものは私騎士団という。
そして、いくつかの騎士団と、農民や平民からなる歩兵、そして傭兵を合わせたものが軍になる。
それぞれの指揮系統は使える主君に寄るので、騎士団同士が連携して作戦行動を行なう場合は王と貴族、あるいは貴族同士の関係が密でなければならない。
普段から合同訓練や演習を行なっている騎士団同士は統制も取れているが、そうでない場合は反目しあうのが常である。
そして、アールヘイム軍の騎士たちは貴族同士の関係が緊密にあるためどの騎士団に所属する騎士も常時より連携・統制のとれた作戦行動が可能なように訓練されていた。

445 :名無し三等兵:04/06/01 22:23 ID:???
>>438-439
>なんも無しに帰っても、技術レベルがた落ちだわ販路分捕られてるわで
>バッドエンドでしょうし・・・

そう考えると九州か北海道にF世界へ出張してもらうのが一番いいような気がしてきた。
あちらでのやり方は>>438で。

446 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 22:24 ID:???
突撃槍の穂先をそろえ、縦列に並んだ騎士団が足並みをそろえて前進する。
騎乗する馬の歩幅、ひづめの足跡までそろうかのような徹底振りだ。 余程訓練されている。
騎士のランスチャージを止められるものなどこの世に存在しない。
フルプレートの甲冑を着込んだ騎士と、馬の体重が合わさった質量の一斉突撃。 
これを地上の一体何者が阻む事が出来るだろうか? 立ちはだかる者は槍の先端に胴を貫かれ、馬蹄に踏み潰されるだけである。
騎士の突撃は戦の勝敗を決する時に、最も重要なその時に行なわれる。 戦場での最後の最後、勝ちに決まった戦を確実に勝利に確定すべく行なわれるとどめの一撃である。
敵の戦列を粉々に打ち砕き、崩壊させ、押し流す蹂躙戦。
だが今回は、趣が違った。 戦列が崩れ圧倒されているのは味方の歩兵であり、敵は勢いに乗って押し寄せてくる。
これをどうにかして押し戻さねば、敗北は決まったようなものだ。 勝利を確実なものにするのではなく、戦況を覆し反撃するために突撃しなければならない。
不満ではあったが、元より名誉を重んじる騎士の事、黙って敗北を受け入れたとあらば名折れである。
馬の走る速度が加速してゆく。 味方の歩兵を蹴散らし、剣を振りかざし向かってくるオークが目の前に迫る。
敵は10万に届く大群。 しかし、強大な敵を目の前にして逃げようとする騎士は一人としていなかった。
「突撃(チャージ)!!」
「「「突撃!!」」」
最前列に馬を走らせる将軍の号令一過、勇敢な騎士の戦列は質量と速度の巨大な鎚となってオークの歩兵集団に突入した。
槍の穂先がオークの着込む甲冑を貫き、兜の面頬を突き破り、轟く馬蹄がオークたちをなぎ倒し踏み潰した。
一度の突撃で殆どの騎士が槍を折るか手放すかして失い、騎士たちは腰から剣を抜いて鞍上からオークの兜めがけて刃を撃ち下し戦い始める。
一瞬、そのまま勢いに乗ってオーク軍の陣形を崩し、突き抜けるかに思えたが3分の1も進めぬまま進撃は止まり、阻まれ、混戦へと変じた。
騎士たちは皆勇敢であり、気迫は槍先に宿ってオークの甲冑を貫いたが、オークたちを蹴散らすにはその陣容は厚く、数が多すぎた。


447 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 22:28 ID:???
オークたちは騎士たちを個別に囲み、馬上に向けて剣や槍を突き上げ、騎士たちを地面に引き降ろして斧やメイスで滅多打ちにして鎧ごと血みどろの肉と鉄の塊に変えて行く。
オークたちの哄笑と、無残に殺されてゆく騎士や歩兵達の悲鳴が入り混じり、本格的に戦場をこの世の地獄へと変貌させていった。
「やれやれ、やっぱり私たちの出番かね?」
それまで本陣で歩兵達の無力な戦いと、騎士たちの無謀な突撃を観戦していた灰色や茶色の衣を着た一団が動き出す。 その数わずか20名ほどか。
「そもそもが、数の上で優位に立つ相手に正面切って戦いを挑むのが間違いの始まり。 もっとも、此度は十分な策を練るほどの時間的余裕がなかったのも事実だが」
一団の先頭に立つ、淡い灰色の衣を着た青年がすぐ右後ろを歩く赤茶色の衣を着た中年女性を振り返って呟いた。
「既に大勢は決し、兵は浮き足立ち、戦列は崩れ、各所で逃亡するものも出始めた。 なれど、ここで何もせず黙って見ていたとなれば我らを派遣したフレック師の立場がない。 将軍も戦死して、退却の命を出すことも出来ぬ。 兵が逃げる時間ぐらいは稼いでおかないと、な」


支援終了

しばらく自衛隊の出てこないF世界側の舞台世界と背景と召喚までの経緯の描写が続くのでじれったく待ってろ。

448 :名無し三等兵:04/06/01 22:30 ID:???
>しばらく自衛隊の出てこないF世界側の舞台世界と背景と召喚までの経緯の描写が続くのでじれったく待ってろ。
ここって軍板だよね?
なんで自衛隊が出てこないの?
こういうのは分家で…(ry

449 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/01 22:35 ID:???
>>447乙です。自分も書かなきゃなあ。自分のはこれから戦争編ですが。
>>442衛星中隊=きっと1万2千年前にアトランティス人が(はっ!ガー様!?)
http://etc2.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1072949005/

>>445出張して貰うときは、良い冷蔵庫をいっぱい持っていって貰いませう。
遺伝子サンプルとか物質サンプルは、上手くすれば非常に利益になります。(国レベルで)
美術品はまあ、異世界に行ってきた証拠品兼・オークションのキワモノ好き向け品として
売るのが関の山ですね。「存在しない文明」だから、認められないとプレミアが・・・

450 :名無し三等兵:04/06/01 22:36 ID:???
>>448
前振りは大事だと思うで。

451 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 22:38 ID:???
>>448

自衛隊は脇役だから。
あと自衛隊が召喚された直後から話を始めると自衛隊召喚をもくろんだ人物の動機についての描写が弱くなるし
あらすじで召喚までの経緯を説明するのはかなり話を省略する事になるから。


452 :448:04/06/01 22:40 ID:???
>>450
ちょっとだけで良いから自衛隊を出してくれたらまだ良かったと…
前フリでもね…

453 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 22:52 ID:???
>>452
無理だね。 次は魔法についての描写とこの世界における魔法及び魔法使いの位置づけの描写。 ついでに歴史。
その次が文化及び社会制度と召喚をもくろんだ人物の動機と舞台となる国を巡る異種族を含む国際情勢。
それらを描ききってようやく自衛隊召喚の運びとなる。 描写しないと自衛隊員がこの世界に「何を」思って「どんな」行動するか描写しても意味ないからね。

454 :名無し三等兵:04/06/01 22:55 ID:???
>>453
あのさぁ
なんで分家でやらないの?

455 :名無し三等兵:04/06/01 22:59 ID:???
>>453
いつまで待ったら自衛隊が出てきますか?

456 :名無し三等兵:04/06/01 23:30 ID:???
ここでやる必要無いジャン。
ラノベいってやれって何回言ったら分かるんだろう。

457 :412:04/06/01 23:36 ID:???
>>454 >>456
結論を出すのは暫く読んでからじゃあ駄目なんですかね?
端から否定するのは荒れる原因にもなると思うのですよ。

458 :名無し三等兵:04/06/01 23:37 ID:???
>>457

彼の場合、わざわざ喧嘩売りに行ってるからね。荒れるのも仕方なかろうて。

459 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/01 23:38 ID:???
>ここでやる必要無いジャン。
ほほう、本スレでF世界について文化とか気候風土とか社会制度とか政治経済とか生物化学とか魔法の基準とか科学的考察とか語り合い議論考察しあった事は結局全く必要の無い見のないことだったのか。

小官殿、やっぱり直接軍事に関係しないといくらF世界の設定を突き詰めても無駄と言われましたよー?
これだと適当に設定しても緻密に設定しても同じになりますねー? 意味ないんですからー。
そんなんで現代軍事と絡めてSSつくろうなんて土台無理な話ですねー?
結局軍板住人は軍事や自衛隊が出てればそれで良くてファンタジーのほうの事はどうでもいい様ですよー?
ファンタジーの描写はいらないって言うんですからー。

460 :名無し三等兵:04/06/01 23:45 ID:???
もう、そういう段階の話じゃない様な。
ここでやって欲しくないという感じになって来た。

461 :名無し三等兵:04/06/01 23:53 ID:???
愚者ウザイ
お前、ここを荒らしにきたの?

462 :412:04/06/01 23:54 ID:???
>愚者・魔術師さん
相手の意見を理解しようとしない、否定するから、叩かれると思うんです。
理解しようとしているのに、叩いてくる、と仰るかもしれませんが。

463 :名無し三等兵:04/06/01 23:55 ID:???
小〇と〇者をNGに入れたら夜になってから半分以上消えてるぞ

464 :名無し三等兵:04/06/01 23:57 ID:???
>>412
>結論を出すのは暫く読んでからじゃあ駄目なんですかね?
>端から否定するのは荒れる原因にもなると思うのですよ。
暫く読んでからと仰いますが、>>453を読むとどうやら自衛隊が
出てくるのはまだまだ先みたいですね…
F世界の描写も大切なのは私も十分承知していますが、
F世界の描写が延々と続くのは正直どうかと…
ここは一応「軍板」な訳だし…


465 :名無し三等兵:04/06/01 23:58 ID:???
>>463
( ´_ゝ`)フーン

466 :名無し三等兵:04/06/02 00:02 ID:???
>464
その理屈は食い付かれるなあ。
もう、そう言う事を諭す場面じゃないよ。
このまま荒れてもらって、アク禁でいいんじゃねえの?

467 :412:04/06/02 00:03 ID:???
>>464
軍事的な面から愚者・魔術師氏の小説の内容を考察するなり、
批評・アドバイスをするなり、そういう事もできませんかね?
と、言っても、愚者・魔術師氏と住人さんが納得されれば…ですけど。

468 :羅漢:04/06/02 00:07 ID:???
>>459
>結局軍板住人は軍事や自衛隊が出てればそれで良くてファンタジーのほうの事はどうでもいい様ですよー?
>ファンタジーの描写はいらないって言うんですからー。

端的に言えばその通りだと思います。

#そんなことで拗ねられても困っちゃうんですが。

469 :名無し三等兵:04/06/02 00:08 ID:???
所詮「厨」か…

470 :名無し三等兵:04/06/02 00:11 ID:???
ずっと見てると、愚者は小官に構って欲しくてたまらないんだな。

……愛ってのはどんなところにも芽生えるんだねえ(w

471 :羅漢:04/06/02 00:15 ID:???
>>468
もうひとつ。
軍事板で軍事関連をメインにしないSSで住人の興味をひきつけるには
それ相応の書き方があるはずです。
愚者・魔術師氏は単純にそれに失敗しているだけであって、
このスレの住人を貶めるような発言をするのは筋違いでしょう。

私個人としては、ややありがちな導入とはいえそれなりにのレベルなので、
続きが楽しみだと思っています。

472 :名無し三等兵:04/06/02 03:48 ID:???
露骨に自衛隊避けているような描写にあの態度、荒らし目的といわれても仕方ないと思うがね
いいかげんガキみたいな真似して迷惑かけるのは止めろと言いたい

473 :名無し三等兵:04/06/02 06:29 ID:???
>>463
たしかに。ものすごい勢いでレス番がすっ飛んでいく。
どっちでとんでるんだかよくわからないが。

474 :名無し三等兵:04/06/02 08:51 ID:???
396 名前:名無し三等兵 投稿日:04/06/01 20:27 ID:???
賢者を幸福にするにはほとんど何も要らないが、愚者を満足させることは何を以てしてもできない。
ほとんどすべての人間がみじめなのはそのためである。

ラ・ロシュフコー



納得。

475 :名無し三等兵:04/06/02 12:38 ID:???
>>472
愚者はだいぶ前から開き直ってるから。
しかし分家の存在意義がまったくないな。
愚者は自分で言ったことを忘れてるんじゃなかろうか。

476 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/02 19:19 ID:???
ファンタジーいらねえっつうんなら今度こそ次スレから「自衛隊が中世に召喚されますた」にスレタイ変更しろよ。
原稿用紙10枚分も書いちゃいねえ物語の導入部で既に痺れ切らしちゃってるんならよ。
露骨に自衛隊避けている描写? F世界と言う異文化を描写するのに一体何処に自衛隊や現代軍事が挟まる余地があるんだ?
分家? どっちかと言うと本スレ向きなSSを目指して書いたつもりだがな。 
あんたらが思ってるような「ライトノベル」なんて軽くて薄っぺらい物と同じレベルに留まる気は無いね。
そんなに自衛隊の活躍が見たいんだったら導入部は粗筋ですっ飛ばして次から自衛隊が活躍する場面から書こうか?


477 :名無し三等兵:04/06/02 19:45 ID:???
丸い卵も切り様で四角♪ものは言い様で角が立つ♪
罵倒しながらじゃどんな意見でも相手を納得させられないと思います。

478 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/06/02 19:48 ID:???
と、とりあえず落ち着きませんか?
表現技法として、
まず眼を引くシーンを冒頭に持ってきて、そこに至るまでの状況説明を後からする、
と言うのも面白いと思いますが・・・・。

・・・・荒れているスレを見ると、手術したての胃が痛むので、煽り合いもほどほどにしていただきたいです、はい。
自分語りすいません。

479 :名無し三等兵:04/06/02 19:48 ID:???
おまいら両方とも落ち着け、冷静に考えるんだ。
前にも言ったが、そんな風に叩いたり、煽ったりしていてはスレの衰退を招くだけだ。
読みたくなければスルーするなり、NGワードを設定するなり好きにすれば良い。
それが出来ないほど子供じゃないだろう?

過去の事は別として、たった4レスしかしてないのに自衛隊が出てないとか叩くのはおかしいだろう
話はまだ始まったばかりだ。このスレの古参の住人としては、もっとどっしりと構えていて欲しいものだ。
「短期は損気、急がば回れ」と言うだろうに・・・

480 : 狩人:04/06/02 20:16 ID:???
また小官殿に怒られてしまった。
それができたらどんなにいいことか。
どんなネタが良いかよく考えてみます。
>>478
お大事に。
>>476
とりあえず面白そうなので期待します。
自分は面白ければそれでよいので。
でもそんな口調で書き込まないでください。
罵り合いは面白くないので。

481 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/02 20:27 ID:???
>>476まま、戦闘シーンは良かったと思いますし、自衛隊が出てきてからでも
殴り合いは遅くないですよ。
取り敢えず本編の話題でもしましょう。オークの歩兵、ってことは他に兵科が
有るのですか?まあ甲冑がある時点で、知性と社会を持っているんでしょうけど・・・
オーク騎兵ってのはなんか想像が付かないw面白くは有るでしょうが。

オークの戦法の場合、騎兵の一騎打ちはないんでしょうね。まあ騎兵も「騎士の
美学」なんて物を豚や熊に適応するとは思えないから、どっちも集団戦オンリー?

482 :名無し三等兵:04/06/02 20:29 ID:???
オーク船舶砲兵。……凄い違和感だ。

483 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/02 21:11 ID:???
>>481
オークは知性とある程度の社会性はあるが理性は無くどっちかというと「金属加工技術を持つ犬か猿の群れ」に近い。
歩兵のほかには弓箭兵(ボウガン兵)と斥候兵、歩哨ぐらいしかない。 あまり複雑な戦術を考える頭が無いので基本は集団行動の人海戦術。
しかし、単純な戦術しか取れない故に、人間が複雑で巧妙きわまる罠を張っても逆に引っかかりにくい。 単純な罠や策謀のほうがむしろ有効。
指揮系統は「強いリーダーがぶん殴って言うことを聞かせる」であり、その下に多数の副リーダーや隊長格、そして下っ端歩兵というヒエラルキー。
リーダーの力が病気や怪我や老衰などにより弱体化すれば決闘もしくはバトルロワイアルによる新リーダー選出。
オークは独自の言語を持つが単純で未熟きわまる。 接続詞が無いので片言で会話する。 例:「オレ、腹、ヘッタ、食ウ」 「コレ、オレ、肉、取ル、オマエ、殺ス」
もっと単純だと一言で片付ける。 例:「死」(訳・お前気に食わないから殺す)
一応文化として歌と詩があるが、言語が未熟なのであまり聞けるものじゃない。 そして歌詞も詩も内容がグロい。


484 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/02 21:12 ID:???
続き
オークは本来は魔法王国の最盛期にエルフを戦闘用に、こちらの世界で言う遺伝子改造をして創造した生き物。
勝手に繁殖しないよう雄しか存在しないように作ったはずだったが何故か異種族と交わって子を産ませる能力を持っている。
そしてどのような異種族と交わっても必ず生まれてくるのはオークになる。 受精の際に卵子側の遺伝子を書き換えている可能性もある。
遺伝子設計のミスなのかそれとも後天的に手に入れた能力なのかは不明。
本編中の世界ではそこまで解明する科学力が無いので結局真偽の程は定かでない。
何故エルフを母体に作ったかと言うと、エルフの高い魔力キャパシティを利用して、魔力を生命力(未分化細胞による治癒能力)と筋力に変換し利用するため。
生物兵器として攻撃的で獰猛に精神改造したはいいが、逆に制御が難しくなったので廃棄。 脱走した一部が野生化して現在に至る。
兵科について補足。 馬は乗れない事も無いが、むしろオークは騎乗用に使うより食料として食う。
武器を扱う知恵は充分にあるので、与えれば砲兵とか空挺団とか組織するかもしれない。 ちゃんと戦術運用できるかは別として。

ああ、確かにこりゃあSSの描写で全部説明しようとしたら長い。 いちいち種族やら魔法やら描写してたら自衛隊が出てくるまでどのくらいかかるやら。 

485 :名無し三等兵:04/06/02 21:19 ID:???
>>484
ジュラシックパーク?

486 :名無し三等兵:04/06/02 21:45 ID:???
まあ熊なみの体格じゃ騎乗できる馬も限られるな>オーク騎兵

487 :名無し三等兵:04/06/02 21:55 ID:???
>>486
馬は食い物だってさ。^^

488 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/02 21:58 ID:???
>>486
ポニーに乗るようなもんだしね。


489 :名無し三等兵:04/06/02 22:20 ID:???
>>482
オーク野戦製パン中隊。

490 :名無し三等兵:04/06/02 22:21 ID:???
>>476
(゚Д゚)ハァ?
何キレてんの?
バカ?

491 :名無し三等兵:04/06/02 22:25 ID:???
>>479
>>453読んだ?

492 :名無し三等兵:04/06/02 22:35 ID:???
軍板は1レスあたり32行、2048バイト。
15レスまでなら連続で書き込めるから、
その範囲内で自衛隊が登場する辺りまで
一気に投下すればモウマンタイ

493 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/02 22:57 ID:???
>>488なるほど。本体の体重が人間よりも重い以上、重装騎兵も無理っぽいですな。
技術云々じゃなく馬が酷いことに・・・まあF世界の馬を上手く設定すれば
乗れる何かは出来るかも。あとは象とかでかいのに乗る。

オーク砲兵は、仲間ごとぶっ飛ばしそうですな。敵も味方も戦々恐々、
悪辣非道の砲兵隊!
歌や詩は、文化的には兎も角戦術的には「びびらす」で使えるかな?
むしろそれ主眼で発達したものだとか。

494 :名無し三等兵:04/06/02 23:13 ID:???
シュプレヒコール。

495 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 12:51 ID:???
 晴れて娑婆に帰還だ。で、また意図が受け入れられず暴れて居るのか。ま、演れ。
思いっきり演ろう。書けば書くほど、スレ住人の嗜好やニーズが解って来ると言う物さ。
 …どーにゅーぶでなぁ、飽きられたらその後、そーすかん喰うぞ、と小官、言うぞ?
7スレでそれやって、住人の突っ込みや叩き喰らった事を懐かしく、思い出すな。
 あの時は貴君だけだったな? あの『重装騎兵』ネタが何処の出展からだったか?
そう、読み手に知識が有ると思って当然の様に書いてしまうとヤバイ結果を生み出す
場合も有るが…『地の文』で解説入れると余計に五月蠅く感じられる事が有るのだ。
 情景描写を主に、情景描写を通じて世界観を語るのが、今の場合は正解では無いか?
武官と文官の台詞回しやら、敵を前にした台詞やらで雰囲気を出せる書き手だろう? 貴君は?

496 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 12:58 ID:???
 ま、池沼の戯言だと思って聞き流して呉れても構わんがね。小官の路線も飽きられてるようだしな?
どんな路線で演っても良いし、演れるが…なんか『枠にはめたい糞野郎』が居るらしいので、自粛だ。
 逃げるのでは無い! 『戦略的転進』だ! と言っても…軍板住人は認めてくれんな? ウム。
さあ、どんな味が好みだ? 小官のSS訓練に『お題』を頼む。『殺伐禁止』やら『これ入れろ』等の
テーマ求む。…ただし! 文体は変えられんからそのツモリで、書き込んで呉れたまえ。では、な?

497 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 13:04 ID:???
 『狩人』氏へ。別に小官、怒って無いぞ? ただの『提案』さ。こういう口調で演っているので
強調したい時にはどうしても…な? 諸般の事情と云う奴だよ。まずは『傾注』を求めなければ、
誰も話を聞いてくれんさ。その後、聴衆を惹き付ける話が出来るかは…話主に懸かっているのだ。

498 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 13:14 ID:???
で、興が乗ったから投下開始。風味は…いつもの奴さ、ほろ苦さの中にも…系。

499 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 13:30 ID:???

 「で、何だ? 俺達にあの負傷した『突進系の低脳』を救援しに行け、と? 」

 露骨に小隊陸曹が顔を顰めた。勇猛果敢は良いが、損害度外視のあのグシャルが
また『いつもの』包囲殲滅に引っ掛かったのだ。その指揮下の軍勢は…入れ替わり
が激しいと言えば解るだろう。軍の要と為る『熟練兵』が育たないのも一因なのだ。

 『腰抜けと言われて行かぬ奴は男では無い! 行くぞ! 』

 台詞は立派で、先頭に立って行くその心意気は買うのだが…如何せん、『コスト』
意識の欠片も無い。運を天にどれ位、これまであの御仁は任せたか? 小隊長たる
僕は顔を付き合わせる度に苦言を呈したものだ。『軍勢の三割に損害が出た時点で
負けも同然です。突っ込む勇気は有っても、時流を待つ勇気は持ち合わせて居ない
のですか』と。彼は居並ぶ部隊長の前で唾を飛ばして言い放ったものだ。

 『我の真の心を知らぬ下衆め、消え失せろ! 一人正々堂々と戦いし我によくも…』 

 今度は彼も学ぶ事だろう。神に愛されている筈の、自分が傷付いたのだから。痛みを
知ることで彼が何を学ぶかは…この僕には見当も付かない。僕は彼では無いのだから。

500 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 13:31 ID:???
台詞は小官の良く言う奴だから、ま、気にするな。小官の自分自身に対する戒めでも有る。

501 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 13:34 ID:???
小品投下終了。洗濯、個人物品整備及び半長靴磨き終了。夜まで眠る。…お休み諸君。

502 :名無し三等兵:04/06/03 13:48 ID:O3G0hJkj
ヤツ、とても大はしゃぎ
せんそうごっこが楽しみで仕方ないのかな

503 :名無し三等兵:04/06/03 13:54 ID:???
兵器や兵科をながながと書かなくてもしっかり匂いが出てるのがイヤだ。

504 :名無し三等兵:04/06/03 13:57 ID:OZjPAYqW
海産物の?

505 :名無し三等兵:04/06/03 14:05 ID:???
>>796
>小官の路線も飽きられてるようだしな?
俺は全然飽きてませんよ

506 :505:04/06/03 14:06 ID:???
× >>505
○ >>496

507 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 14:17 ID:???
 …眠いがな…書き込むぞ? 支持者を突き放す馬鹿な真似は『自民党』だけで良い。
小官の言う枠に嵌めたがる糞野郎と云うのは、『いつもと同じ』と抜かす奴等だよ!
 噛み付くスタイルに飽きられるのならまだしも、書く物まで『同じ』と言われたら
書き手として『進歩無し』と言われているに等しい! 『同じ様でいて、どこか違う』
が、小官の目指す所のモノだ。…本当は今の所、失敗続きだが、ね。お休み…。 

508 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/03 15:37 ID:???
魔法学校?竜の穴!
「ここが王立魔法学校ですか、さすがに凄い設備ですね」
「はっはっ、でしょう?これが我が国最高の魔法訓練施設です」
『うわあああぁぁぁー・・・』

「しかし想像と大分違いますね。実験棟や学舎があるのかと思っていましたよ」
「ここは研究じゃなく実戦がメインですからな。知識だけでは生き残れませんよ」
『ぎゃあああぁ熱い!燃えるうぅ!』

「しかし皆さん立派な体格で。うちの隊員よりガタイがいい」
「それこそが我が校の長年の成果です。【並みの戦士は一ひねり】が宣伝文句ですから」
『尻はいやだあああ!あおっ!おああぁあぁ刺さるぅ』

「ところで、この滝やら火の床やら巨大剣山はどうやって?」
「高学年の生徒が魔法で作っております。これも修行ですよ」
『俺は死なん!絶対に校長をぶっとばす!あのクソ拷問鬼があ!』

「・・・魔法って、ひょっとして飛ばないんですか?」
「攻撃圏は体で触れられる範囲ですからな。敵地で生き残るにはこれ位
しないといかんのです。私も心を鬼にして鍛えているのですよ」

「自衛官の魔法研修の件ですが、アレはまた今度と言うことで」
「そうですか?でも体験コースならいつでも歓迎です。貴方もやって行かれますか?」
「折角ですが、またの機会ということで・・・」

509 :名無し三等兵:04/06/03 15:39 ID:O3G0hJkj
ヤツ、また語ってる
せんそうごっこに疲れたのかな

510 :名無し三等兵:04/06/03 19:12 ID:???
“進歩した科学は魔法と同じ”

さて、日本によって先進科学が広まって行くF世界の魔法の未来は。

511 :名無し三等兵:04/06/03 19:37 ID:???
ttp://trpggasuki.com/trpg/csi.php
誰か診断してみれ。

512 :名無し三等兵:04/06/03 19:45 ID:???
占い師「そなたに最も似合う職業は、常識を超えるほどマイペースな『ドラゴン』じゃ。

513 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/03 20:04 ID:???
占い師「そなたに最も似合う職業は、万能だが無思慮な『お姫さま』じゃ。


514 :倉庫番 ◆rCrRvSouko :04/06/03 20:10 ID:???
占い師「そなたに最も似合う職業は、綿密な調査が得意な『魔法使い』じゃ。
ttp://trpggasuki.com/trpg/csi_r.php?c=-3&p=-8&s=-2&a=5&i=1

30歳になるまで(ry

515 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 20:12 ID:???
>>509
 悪いが発言する機会は平等に与えられているのでね。何ら意見の香りもせんレスを付ける奴よりマシさ。
結局ID晒して居るとか言っても、その程度ならば真に意味が無い! 追い出したければ冷笑などしていないで
ムキに為って見ろ! って自分の尺度で『煽っているツモリ』なんだろうがな? 呆れた愚か者だな。

 >>510 見分けが付くか付かんかは先方の見識次第さ。眼に見えぬ物が信じられる世界に…拡散は難しいな?

516 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 20:36 ID:???
診断やったが…口先だけ、か…。耳に痛い。出てきた結果がコレだ。
 
占い師「そなたに最も似合う職業は、自己主張が強くて攻撃力最強の『剣闘士』じゃ。

道理で協調性が無いワケだな…。


517 :名無し三等兵:04/06/03 21:03 ID:???
ttp://trpggasuki.com/trpg/csi_r.php?c=6&p=1&s=-2&a=8&i=1

忍者ですた。

518 :倉庫番 ◆rCrRvSouko :04/06/03 21:04 ID:???
>>514
c=(戦士レベル)
p=(盗賊レベル)
s=(僧侶レベル)
a=(魔法使いレベル)

それぞれ3以上で「天性の才能あり」、0〜2で「努力すれば何とか」、0未満だと「あきらめましょう」。
3以上が一つ以上あれば、その組み合わせ(※)で職業が判定される。4つとも0〜2だと「勇者」、
3以上が一つもなく、マイナス値が一つでもあると「ドラゴン」らしい。

※ [戦:戦士] [戦盗:剣闘士] [戦僧:聖騎士] [戦盗僧:お姫さま]
   [戦魔:忍者] [戦盗魔:王さま] [戦僧魔:賢者] [戦盗僧魔:道化]
   [盗:盗賊] [盗僧:吟遊詩人] [盗魔:怪盗] [盗僧魔:魔物使い]
   [僧:僧侶] [僧魔:呪術師] [魔:魔法使い]

・・・と、綿密に調査してみますた。(二重カキコになるかも知れん)

519 :名無し三等兵:04/06/03 21:38 ID:???
>>496
俺も小官の路線にまったくは飽きていないが
自分の専門外のネタ話をぶっ潰しつつスレの主導権を握る方針はウンザリだ。

520 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 22:04 ID:???
 …自覚が無いのが罪、なワケか? 専門外と云うよりこの板は何だ、だがな? 
小官は諸氏のスレに求めるあらゆるニーズに対応し切れん格好の『叩き台』だろう。
 大体SS演りたい新規参入者が考察最中に投下するには雰囲気的に出来んだろうが? 
参入者が新規に参入し易いように、『軍事』に絡み難い考察を撰んで掣肘しただけだ。
 恒星ネタなんぞ喜ぶのは一部の者だけだろう。大多数の諸氏は何を求めてスレに来る?

 汚名を着ようが鼻に付こうか何だろうが別に構わんが、主導権なんぞ握りたければな、
何時でも握れ。新規参入者の為に、考察のみでやたらに愉しむな。…日和見だな、小官。

521 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 22:17 ID:???
 小官とて『解ってる』者達と話すのは楽しいし、ネタだって正直、愉しみたい。
だが他者の目を以て看ると、『何を内輪ネタで盛り上がってるんだコイツら』だ。
 原則は最大多数の最大幸福だ。特定少数の天国は一般多数の地獄だ。…上の長文レスを見よ。
まあ『誰かさん』の脳内天国に付き合う程小官、酔狂を極めて居らん。眺めてフーン? だよ。
 定期的にホントに…よくもまあ凝りもせずに…と一種の同情も禁じえない。

522 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/03 22:27 ID:???
とまあ、己の狂態を自己分析だ。この類型は…語る言葉は多くを必要とはせんだろう。では、な。

523 :名無し三等兵:04/06/03 22:36 ID:???
そこまで世話を焼かれなければならないこのスレは一体……

524 :名無し三等兵:04/06/03 22:51 ID:???
小官(お好みによっては愚者)ヲチスレ。
スレタイ?そんなものは偽装です。

525 :名無し三等兵:04/06/03 22:52 ID:???
>>519
>自分の専門外のネタ話をぶっ潰しつつスレの主導権を握る方針はウンザリだ。
あんたにはそう見えるの?
俺はそうは見えんけどなぁ…
だいたい「スレの主導権を握る」って何だよ?
そんな事してる&考えてる香具師って…(ry

>>523
小官殿は口は悪いが、世話焼きさんなんだよ

526 :名無し三等兵:04/06/03 22:57 ID:???
>>514>>516>>517がパーティー組んで
>>512に捕えられた>>513を助けに行けば丸く収まる。

527 :名無し三等兵:04/06/03 23:48 ID:???
>>526
助けに行きたがらなさそうですな。

占い師「そなたに最も似合う職業は、他人のケアやサポートが得意な『呪術師』じゃ。

528 :名無し三等兵:04/06/04 00:02 ID:???
>>527
もまいもパーティーに編入決定。

助けた後で、
愚者「誰も助けろとは言ってないだろ!」
小官「なんだ? それが助けに来たものに対する口の訊き方か?」
仲を取り持つのは僧侶属性を持つ527の仕事。

529 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/04 00:25 ID:???
いや、小官はドラゴンと戦車で戦いたいだけのヤサグレ陸上自衛官。
姫の御付の家庭教師魔術師と、密かに姫に惚れてる忍者を乗せて出発。
途中で町の施術師まで仲間に入れてロードムービー上演。
 実はお姫様とドラゴンがデキてたりするのがご愛嬌。…だれも見たくないか…。

530 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/04 00:36 ID:???
興が乗った…テーマは戦友! 投下開始!

531 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 00:41 ID:???
 はい、政府広報課です。
今日(と言ってもすでに昨日ですが)、TROY見てきますた。
 
 英雄アキレスが、決闘で傷つき這いつくばって逃げた臆病者の王子パリスに、トロイ陥落時に
踵射られて斃れる・・・・。
なんという皮肉。

 「トロイ」みて創作意欲がわきますた(´▽`)



532 :名無し志願兵二号:04/06/04 00:52 ID:???
>511やってみた。
結果は魔法使い。
ttp://trpggasuki.com/trpg/csi_r.php?c=-6&p=-2&s=-5&a=8&i=1

このスレだと、魔法使いが結構多いのではなかろうか。

533 :倉庫番 ◆rCrRvSouko :04/06/04 01:05 ID:???
できれば消耗は避けたいから、戦わずに姫を奪還できないかなぁ
とか思いつつ、ここは戦闘のプロに任せるか、と自分の意見を避ける
魔法使い。報告書に起こす前段階のノートの裏表紙に落書きとかしてる。

もちろん、情報収集は怠らない。
『かつてこの竜に戦いを挑み、生きて帰った者はいない。』
.。o(戦いたくないなぁ・・・。)

534 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/04 01:17 ID:???
鯖の調子が悪すぎて、断念。
内容は某『ぶりぶりざ○もん』似のオークが野営地マスコットに! だった。
小官は忍者といがみ合い必須だったりする。戦車の履帯を2人で交換しながら、な?
 『お姫様なんぞ、気まぐれなもんさ。…隣で戦うのがよっぽどいい女って場合が有る』
 『武器など遣う邪道な異界戦士の云う事など誰が聞くか! 姫はそれがしが救う! 』
なんてやり取りは…お気に召さぬだろうな…。だれも。



535 :名無し三等兵:04/06/04 01:47 ID:???
えー、ヌルいラブコメとか大好きっすよー
具体的にはパンジャンドラムくらい

536 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 01:51 ID:???
 現在、「日本異邦戦記」更新に向け、着々と準備中。

ここで新規住人の為に、一旦登場人物などを整理しまふ。

大迫総理     日本国総理大臣。日本転移時の首相。
園山博恵     対シュレジエン交渉団全権代表。
ウィンダ三世   シュレジエン国王。
エンドルン卿   ドルカルフ公。シュレジエン宰相。
アイヒ・エルベス 勲士。財務卿。
アストラス     エルフ。シュレジエン宮廷魔法使いの長。
クリャージ     ドワーフ。灰色猫の一族の長。工部所頭。
葛重秋良     三等陸尉。シュレジエン交渉団護衛隊第2小隊隊長。自衛隊最初の戦闘指揮を轡峠にて経験。
長原三佐     三等陸佐。シュレジエン交渉団護衛隊隊長。
ディーン      蒼碧の森のエルフの生き残り。漂流していた所を巡視船「りゅうきゅう」に救われる。早い段階で
           日本語を習得し、交渉団に加わる。その後、護衛隊と行動を共にする。
レスティン    シュレジエン近衛竜騎兵。ひょんな事から竜に乗る。
レーク      レスティンの同僚。
横永書記長    社会革新党党首。自衛隊派兵に賛成。
ガディス・ジルバ 「アムデス」帝国軍右大将。東方鎮定軍最高司令官。 

537 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 02:17 ID:???
設定資料その2

蒼碧の森     大陸南部の森林部。複数のエルフの里がある事で有名。「アムデス」帝国の種族浄化政策により、
           虐殺の場となる。
アムデス     大陸南部に位置する都市国家の名称。周辺諸国を併合後は帝都の名称。近年の拡大膨張で、一
           大版図を築きつつある。
聖教        帝国の国教。以前は土着宗教の一派だったが、その教義により、瞬く間に民衆の間に広まる。
シュレジエン   東方諸国の大国。20年前の大飢饉で国が一度滅びたとさえ言われる。現在、帝国を主敵とする東方
           大同盟の盟主。
轡峠       シュレジエン領内に位置する赤鼠山に這うように続く峠。
バスム      シュレジエンの王都。
グルナール河 東方諸国を流れる国際河川。その流域には肥沃な平野が広がる。
草兎平原    王都の西方に広がる平原。


青い鉱物    光を浴びて青く光る鉱物。そのサンプルが轡峠より採掘され、日本へと運び込まれている。
          現在の所、どのように利用するか応用研究が先行している。

538 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 02:32 ID:???
こんなものかな。

539 :名無し三等兵:04/06/04 02:44 ID:???
で、スレのコテ使ったネタのちぐはぐパーティーの登場人物は以下の通りか。

自衛官(小官)
ドラゴンとドンパチやりたい自称ヤサグレ自衛官。異世界から召喚された。
パーティーの実質的指導者?というか他のメンバーの自己主張が薄いだけか?
適当な人材を巻き込んで竜退治に向かう。シニカルに見えないこともない。

魔法使い(倉庫番)
宮廷の書庫管理係?兼、姫の目付け役?情報通?パーティーに編入されてからは
一応、戦目付けか?損失を最小限に抑えるためにも、ドンパチは避けたい様子だが、
戦に関しては専門家に任せ、口出ししない。さりげに日誌(保管庫)の隅にネタ落書きしてる。

忍者(>>517
感情は抑えるほうだが、自己主張はしっかりするため、自衛官と衝突することも。
きっと「自分一人で作戦立てて単独行動したほうが成功率は高い」と考えてるに違いない。
判断力も行動力も秀逸で、本来なら色恋沙汰よりビジネス優先なのだが・・・?

呪術師(>>527
途中でパーティーにまき込まれ、嫌とは言えずについていくことに?
冷静な判断力を持ち合わせながらも人情に厚いため、ビジネス優先にしがちな
戦士系や、時に冷徹な判断も下す魔法使いに反感を抱くことも?

お姫さま(愚者)
派手好きでお喋り、引き際を弁えない。慎重な行動というものを取ることが出来ない
トラブルメーカー。竜に拉致されたことになってるが、はたしてそれが真実かどうか・・・

ドラゴン(>>512
なに考えてるのか分からん。したがって不吉な伝承しか残っていない(らしい)。

540 :517:04/06/04 02:54 ID:???
>>533
ドラゴンの追跡から逃る。
仮に逃げ切れて、元居た場所(姫だから城か?)に戻っても再び攫われるかもしれない。
逃亡生活、という手もあるが姫に逃げられ怒り狂ったドラゴンが何をするか分からない(姫の国を攻撃したりとか)。
よってなんとかしてドラゴンを倒すべき。
と提案してみる。

541 :517:04/06/04 02:58 ID:???
訂正
× ドラゴンの追跡から逃る。
○ ドラゴンの追跡から逃るのは、倒す事より簡単なのか?

542 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 03:01 ID:???
>>530-540

ワロタ。
確実に珍道中になりますな

543 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 03:02 ID:???
>>539-540でつた・・・。

544 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:06 ID:???
 さて、本日最初のSS投下開始でつ。

今回から時系列毎にやってみます。

545 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:09 ID:???
「日本異邦戦記」

>>http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1084265974/ 718の続き

東方暦1048年6月12日4時

 まだ日が昇らない中、エステルス城砦の壁の中は、動きが活発になりつつあった。
魔術師団は魔方陣を幾つも描き終え、竜騎兵たちはいつでも出られるよう自分たちの竜の許にあり、兵らは身支度を終
え隊ごとに列を組みつつあった。

 魔法使いらの長に、リキアルト卿が魔法の使用を命じ、一斉に詠唱に入る。
続けて傍らに控える伝令に騎兵らに乗騎を命じ、騎兵らは門の前に進みつつ隊列を組む。
門を支える閂が数人がかりで外され、すぐさま別の兵が門を開ける準備をする。

 そのうちに詠唱が終わり、魔法がこの世界に顕現する。
何もなく闇が覆う中空に、ほのかに青い帯を現出したかと思うとすぐに赤くなり、五月雨のごとく敵の野営に降り注ぐ。
 これあるを予期して、魔法に対する結界を張っていた為か見た目よりは被害は少ない。
が出現した赤い球━灼熱の火球がいくつも降り注ぎ、結界で支えきれなかった物が敵に届いた。

546 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:09 ID:???
その効果を確認しつつリキアルト卿自ら騎乗すると、長槍を掲げる。
「聞け、シュレジエンの子らよ。我が故郷は今や暴虐なる軍勢に喘いでいる。王都は囲まれ、震えている有様ぞ。今こ
そ我らは生きて還り王都を苦しめる奴輩を駆逐しなければならぬ。
 シュレジエンの忠勇なる兵(つわもの)どもよ、われらが友を、愛する者を、そして子らの為、駆け抜けようぞ!」
 刹那、将兵らから一斉に喚声があがり、大地が揺れたかのようにどよめく。
リキアルト卿は掲げた長槍を更に高々と掲げ、槍を前に倒す。 
「死ぬ事は許さぬ!生きて戻る事こそ、我らに課せられた責務!
ここは死ぬ場ではない!王都へ皆で帰還しようぞ!・・・門を開けぇいッ、全軍前へ!」

 門が完全に開き、騎兵らが躍り出た。
依然と魔法使いたちによる支援は、中空から火球が顕現し敵に降り注いでいる事から、その健在ぶりが見て取れた。
火球が降り注ぐ中、どうやらアムデス軍も魔法を展開し、防ぎ始めているようだった。
しかしながら、充分な時間が取れなかったらしく効果的に防げてはいない事が見て取れる。

547 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:10 ID:???
 馬蹄の轟きが響き渡る中、近衛騎兵らがようやく態勢を整え始めた敵の正面へと辿りつき、長槍を突き出した。
怒号と喚声が一気にそこかしこで響き始める。
盾を弾かれた兵が長槍に突き刺されて崩れ落ち、傷いて棒立ちになった馬から振り落とされた騎兵が斧の餌食となる。
 更に混乱が拡大したのが、竜騎兵による地上攻撃だった。
もっとも、近衛兵団が殴り合っている戦線ではなく、その後方を専ら攻撃する。
混戦状態となっているから、支援のしようがないからだった。
竜の口から吐き出される火球が次々と降り注ぐ。

 騎兵と敵兵らがもみ合う中に兵士らが飛び込み、騎兵があけた穴をさらに拡大した。
やがて反対側でも城砦を包囲していた部隊が急を聞きつけ、その混戦にはせ参じようとしたが、竜騎兵らがそれを阻止
しようと滑空するや火球を放ち飛び去るとまた、上空から火球を敵軍に放つと言う事を繰り返す。

548 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:12 ID:???
 その竜騎兵の阻止は、さらに包囲している別の部隊が応援に駆けつけるまでの事だった。
それを見て取るや、リキアルト卿は大声を出しつつ、敵軍からの突破に全力を投じる。
 リキアルト卿もまた敵兵の返り血を浴びて、既に血まみれだった。
混乱に陥っていた敵兵らも応援が駆けつけてきた事もあり、態勢が直りつつあるから、一国の猶予もならなかった。
しゃにむに、敵の後背へと躍り出るべく前進を続けた。

549 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:12 ID:???
同日6時

 エステルス城砦において、魔法による支援を終えたと判断した魔法使い団は彼らを待つ竜騎兵へと足を向けた。
葛重三尉とディーンもまたその中に見受けられる。
最初こそ、リキアルト卿と共について行く事となっていたが、異邦からの客人を危地に巻き込む訳にはいけないとの
事から、魔法使いらと共に城砦を退去する事となった。

 階段をおり、門を抜けゆっくりと闇が明けつつある光が射す広場へと向かう。
そこには彼らを待つ竜とその相棒の姿があった。
「お待ちしておりました」
そう言って二人の姿を見つけた竜騎兵が、あっと言う小さな声をあげた。
「ディーンさんじゃない」

550 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:14 ID:???
「レスティン、あなたもお守り役?」
ディーンが軽く冗談めかして笑うと、レスティンも小さく苦笑して応じた。
「そんな所」
そう言ってディーンは小声で付け加えた。
 ホントは、戦うのが怖いの。
 その言葉に葛重三尉は、さも有りなんとでも言うような顔をする。
「まあ、戦わないですむなら、それに越した事はないですがね」
 その言葉に、レスティンは軽く目を瞠る。
「驚いた。兵隊さんがそんな事言うなんて」
 兵隊さんでなくって、自衛官なんだけどなあ。
心の中で三尉はわずかにため息をついたのだった。

551 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:23 ID:???
「全員騎乗するように!味方の先頭は既に敵の後背に出た。我々も城砦から王都へと向かう!」
 その声が響くや、一斉に竜へと乗る。
全員が乗り終わったのを見届けた指揮官は、竜を王都へと向けるのだった。

 竜の背中から見える光景は壮観だった。
まるで人が蟻のように見える。
 城砦を包囲していた部隊が続々と近衛兵団を押し潰そうとして殺到し、それを尻目に敵陣を食い破るかのように近衛
兵団が後背へと姿を現しつつある様が見て取れる。
上空には自分達シュレジエン近衛竜騎兵が乱舞しているだけだった。
それはとりもなおさず、尻に追い縋ろうとしている敵軍から、近衛兵団を援護できるのが竜騎兵のみと言う事でもあっ
たが。

552 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 04:23 ID:???
 本日最初の更新完了。
ではまた。

553 :名無し三等兵:04/06/04 04:28 ID:???
政府広報課氏、乙

遅れながらやってみた
 占い師「そなたに最も似合う職業は、万能だがひたすら地味な『賢者』じゃ。
「最初に任務を与えられると綺麗にこなすが、ゼロから何かを築き上げることが苦手なようじゃの。
 他人の尻拭い的な役割を押し付けられないように、断るときは断ることをお勧めするぞ。」

察するに・・・パーティーに「ドラゴンを倒して世界を(ry」みたいな役か?
尻拭いってのが気になるが・・・、いや当たってるけども

554 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/04 05:35 ID:???
>竜に拉致されたことになってるが、はたしてそれが真実かどうか・・・

真相。
「よし、ドラゴンぶっ倒しに行く!(何の前振りもなく唐突)」
「理由? 面白いから!! あとドラゴンが悪そうだから!!」
「ほら、お姫様自ら剣を取って悪いドラゴン倒しに行くのって、萌えない? というか、戦う女の子マンセーってニーズに…」
「鎧は重いから着ない! でなきゃ軽い素材で作りなさい、アルミとかプラスチックとかセラミックとか。 主にオーバーテクノロジーか魔法使って」
「補給…国庫から予算組めないの? 貧しい国ね。 だから日頃から富国強兵に勤めなさいと…」
「ねー、カラドボルグとかデュランダルとかグングニルとかドラゴン倒せそうな武器ないの? 無きゃ作りなさいよ魔法使いの癖に」
「えっと…ろくな武器も兵器もないし人海戦術で兵士が群がればドラゴンの一匹や二匹! 」

そして、お姫様の指揮するドラゴン討伐軍は一貫性に欠ける戦術構想が原因で壊滅しお姫様がドラゴンに捕らえられると言う事態に…
単なる嫌展。

555 :名無し三等兵:04/06/04 06:12 ID:???
ttp://www.h7.dion.ne.jp/~suzu1/real_gun_kata.html
ファンタジー世界では必須ですね

556 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/04 07:57 ID:???
占いでドラゴンが出ますた。>>512氏と合わせると二頭立てか?
>>554ドラゴンも商売として悪役やってるとか。

ドラゴン1「取り敢えず喋るのやめてくれんか?耳がおかしくなりそうだ!」
姫「飯不味い、かび臭い、狭い暗い香水無い!さっさと解放しなさいよこのトカゲ!」
ドラゴン2「と、トカゲだとぉ?(でも殺すと、本気で討伐軍来るしなあ。面倒臭い)」

ドラゴン1「さっき掴んだ情報によると、王は忍者を雇ったらしい。『少数精兵』だそうだ」
ドラゴン2「そりゃ有り難い!少ない方が説得はしやすいからな」
ドラゴン1「で、今回は幾らで帰って貰う?前は金五万Gだったが」
ドラゴン2「先々王の宝石でいいんじゃねーか?国情も落ち着いてきたことだし」
ドラゴン1「んじゃその方向で。あと、あの姫については躾るように手紙付けよう」
ドラゴン2「ったく、何も知らんやつはこれだから・・・」

ドラゴンの襲撃時期は、国情の不安定期に常に合致していた。そして平和の時代、
騎士が囚われの姫や王を救いに来るのである。逆に言えば、王や姫は竜の庇護化に
有るとも言える。王家の血筋は断たれず、ついでに奪われた財宝も流出しない。
要はドラゴンの存在とは、サーカスを兼ねた銀行なのであった。

嫌展だOTL

557 :名無し三等兵:04/06/04 12:11 ID:???
ちょうどそんなエロゲ出ますが・・・

小国にとって「超強力な害獣であるドラゴン」はある程度馴れ合って生活出来るのであれば

大国が侵略して駆除の手間を厭うので結構有効な防壁足りえるのでは無かろうか?

ドラゴンの被害<侵略の被害

である限り有る意味、共生関係に在る。
これは知性在るドラゴンとの対話による共生に限らないというのがミソだ。

558 :名無しドラ=512:04/06/04 12:32 ID:???
いきなりドラゴンが出た私としては、グーさんが姫だとラチ時に
激しいダメージを受けそうな悪寒がしまつた。
姫「おのれ〜キャベツの肥やしにしてくれる〜」
ドラ1「ぎゃ〜 やめれ〜 Sドラー手伝ってよ〜」
Sドラ「え〜俺も怖いって。しっかりつかめよー。行くぞー。」
ドラ1「ハァハァ。小さんの戦車が来ないうちに早く行こう」


559 :いつかの123:04/06/04 14:15 ID:4y3UDtEM
わーい539>>まぜてー≡(っ´ω`)っ
占ってみるテスト

占い師「そなたに最も似合う職業は、スタンドプレイ好きな『怪盗』じゃ。
http://trpggasuki.com/trpg/csi_r.php?c=0&p=4&s=-2&a=8&i=1

_| ̄|○i|i|i
ソリャ ヒトリデ イラスト イヂクッテルケドサ ストレートスギ デスョ・・・

560 :いつかの123:04/06/04 14:17 ID:???
ああああ!!! ≡(ノ;_;)ノ
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!!

561 :いつかの123:04/06/04 14:19 ID:???
どして下がらないーーー!!! ≡(ノToT)ノ

562 :いつかの123:04/06/04 14:33 ID:???
誰かsageて下さい!
お願いします!!!(;つД`)

アゥァウ、スタントプレイニ オチマデ ツケテルヨ・・・
ダレカ カイシャクヲ タノミマス _| ̄|○|||

563 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 14:41 ID:???
いつかの123殿。

 判決を申し渡す。
禁固刑500年(何

564 :名無し三等兵:04/06/04 14:43 ID:???
ときに、政府広報課氏の>>511での職業は?

565 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:12 ID:???
本日2度目のSS更新でつ。

 時系列表示だと一気に進行が遅くなったような・・・。
ま、いっか。

>>564
え?マイペースなドラゴンぽいです(爆

566 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:14 ID:???
「日本異邦戦記」

>>551の続き

同日同時刻

 軍勢の先頭が後背へと突破したとの報告を受けたリキアルト卿は、すぐさま騎兵の幾らかを裂き軍勢の後方へと回し
た。
追い縋ろうとする敵に対する手当てである。
 明るくなりつつある空の下、近衛兵団は目的の半分を達成しようとしていたのだった。
しかし、まだ乱戦は続いていた。
金属を打ち付けあう鈍い音が、まるで不協和音のようにあちこちで響き続ける。

 槍を突き出し敵の腹を刺した味方の兵が、別の敵によって首の動脈を斧で切られて絶命する。
その敵兵は味方の騎兵が手に持つパイクで腕をはねられ、もんどりうって倒れるのだった。

 その状況にわずかだが変化が訪れる。
リキアルト卿が殿として手当てした騎兵が到着したのだ。

567 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:15 ID:???
 その間に、近衛兵らは足を早めつつ、伝令から伝えられた命令により隊伍を整えようと全力を尽くす。
この際、指揮系統などという贅沢は言えない為、身近にいるその場の上級者がわずかな人数ではあるがまとまった部隊
を作り上げる。
そうやってできた幾つかの部隊を、更に別の上級者が指揮を執る事で、流れは近衛兵団へと傾いたのだった。

 ある部隊が疲弊したら次の部隊が代わって殿を引き受ける、殿を引き受けた部隊が疲れたらさらに次の部隊が殿とな
る。
その上空からは追撃を掛ける敵を。火球で竜騎兵がけん制していた。
そうやって何度かの追撃を撃退する事で、近衛兵団はエステルス城砦から脱出したのだった。

568 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:16 ID:???
同日10時

 王都バスムの正面に軍使が馬に跨り現れたのは、東の空に日が昇りきった頃だった。
空を見上げれば、微かだが月があるのが見えた。
ゆっくりと風が流れているのは、旗琉が揺れている事からも判る。
異様な静けさが漂う中、軍使が声をあげる。
「シュレジエンの栄えある方々に申し上げ奉る!城門を開け、我らを迎えよ!
 最早勝負はついたも同様、これ以上の戦は民を苦しませるのみぞ。我らは寛大である。
都を明け渡すならば、神のご慈悲は下されよう」
 その言葉を聞くや否や、ウィンダ三世は嫌なものでも見るかのような顔となる。
それは宮廷魔法使いたるアストラスやクリャージらも同じだった。

 ご慈悲、ご慈悲とな・・・!
我らがはらからを、山々や木々の中で殺戮しているのは一体誰なのだ!?
奴らの神の慈悲とは殺し尽くす事なのか。

569 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:16 ID:???
 クリャージが口を開きかけたのを手で軽く制しながら、エンドルン卿は軽く頷いてみせて王に一礼すると、体を軍使
へと向けなおした。
「軍使殿には、わざわざのご足労痛み入る。このエンドルン、厚く感謝致し申す!されど我ら、貴殿の申される神のご
慈悲とやらに縋る気は毛頭御座らぬ。
 我々人の良き友に、敬意を払うが我らの誇り。貴殿らの神のご慈悲を受ける事、これ友を傷つけるも同然なり。
故に貴殿らの神に縋る事、能ず!」
「愚かなり!我ら人を醜くしたかのような奴ばらに敬意を払うは、神に対する冒涜ぞ!」
「我らが神々は、我ら人と共に、人の良き友を御作り遊ばされた!対等なる存在である」
「醜き奴ばらどもと手を取り合うなど、邪神に従っているとしか思えぬぞ!良かろう、神の正義を受けるが良い!・・
・さらば!」

570 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:17 ID:???
 その言葉を最後に軍使は走り去った。
「宰相殿」
クリャージが声を掛けた。
「何、お気になさるな。同じシュレジエンの民ではないか」
「ドルカルフ公の言うとおりぞ。我らと貴殿らは盟約を交わした仲でもある。それに、今や奴らは我が領土を侵さんし
ておる。わが民草も踏みにじられておるのだ」
「はい」
 アストラスは首を垂れ、ウィンダ三世に敬意を表す。

 既に周囲は迎撃の準備で慌しい。
「配置につけぇ!」「弓を構えよッ」「女子供は奥に向かえッ、成人した男は武器庫へ!」


571 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:20 ID:???
「状況はどうなっておる?」
 国王の問いに臨時に防衛隊長となった兵部総監が面前で一礼した。
「手持ちの兵は既に配しておりまする。なお予備として、なお近衛騎士団は王城へ詰めさせもうした」
「領主らの兵は?」
「は、城壁に配しており申す」
「近衛騎士団では役に立たぬと?」
「否、近衛騎士団は戦闘には向いておりませぬ。能力が違いますゆえに」
 国王は、何も言わず、ただ頷いただけだった。
近衛騎士団は基本的に儀杖部隊であって、最前線で戦うなど全く考えられてはいない。
儀杖に冠する訓練なら厳しく受けているが、戦闘訓練など年に10日ぐらいしかやっていない事からも判る事だった。
騎士団と名はついているが、数十人しかいない事もそれを証明している。
同じ近衛でも、近衛兵団とは性質が全く違うのだった。
「判った。しっかり頼むぞ」
「はッ」

572 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:21 ID:???
平成15年東方暦1048年同日同時刻

 新たに日本領に加わった「新島」は新たに成新島と名づけられていた。
その大きくはない島は今や、自衛隊の一大拠点と化していた。
そこに新たな集団が続々と集結し、編成を進めている。
新たな集団とはシュレジエン方面集団という。第13旅団を基幹として編成された部隊である。
 集団司令部を率いるのは、陸将補からシュレジエン方面集団を率いる必要から陸将へとなった福田定一だった。
海自の輸送艦だけでは集結に時間がかかる為、民間フェリーも動員して進められた。


573 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:22 ID:???
 今の所、成新島は第二期工事を、陸自施設科を動員して進められていた。
燃料に懸念があるから一気には進められないというのもあり、急いで造成する訳にはいかなかった。
では、民間フェリーの動員はどうなのだと言う声もあったが、目的が違うからと言いきっていたのだった。

 福田陸将が姿を現すとそこに詰めて既に業務を開始していた部員らが立ち上がろうとした為、それを手で押さえ自分
の机へと向かう。
そして、彼の机に置かれていた書類を一枚手に取る。
それは第71戦車連隊が昼ごろ到着する予定との報告書だった。
 これで我が集団が揃い踏みになるか。
報告書に署名すると別の箱に入れなおし、自ら業務についたのだった。

574 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 15:26 ID:???
 本日2回目の更新終わり。
第3次空襲の要有りか?
送レ。

575 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/04 15:49 ID:???
乙です。第三次空襲は、戦力が定数の半分以上ならば続行されたし。
攻城戦という事は、巨大兵器vs巨大兵器対決!
・・・一方的な殺戮だ。

576 :名無し三等兵:04/06/04 22:16 ID:???
福田陸将キター!!

577 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 22:49 ID:???
 お、知る人がいた〜(w
有名人だし(w

578 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/04 22:52 ID:???
乙であります。


579 :名無し三等兵:04/06/04 23:00 ID:???
age

580 :名無し三等兵:04/06/04 23:16 ID:???
乙でございます
え、何でageる? まぁいいか

581 :いつかの123:04/06/04 23:24 ID:???
(*;Дq) ひっく ひっく
お父様お母様、私は罪(559>>,560>>,561>>,562>>)を犯しました
これから償いの旅に出ます…
末永く健やかにお暮らし下さいませ

カチャ




…………………;y=ー( ゚д・'∵. ターン

582 :Call50 ◆XVAlPbeLKw :04/06/04 23:35 ID:???
>>581
イ`

政府広報課 ◆F2.iwy/iJk さん乙です。
私も早く書きたいのですが、毎日が忙しすぎる事と、どうやっても帝國
軍が真田丸を抜けずに終わる展開になりそうなんで止めてます。案は
いくつかあるんですがねぇ。

583 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/04 23:46 ID:???
第3次空襲は深夜でつ。
もしくわ、 早朝かな(なぞ


584 :名無し三等兵:04/06/05 00:22 ID:???
      .__
     /__|__
   /__了 ゚Д゚) 不寝番か・・・・
     (|〆/|)
    /|  ̄ |
      ∪ ∪


585 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:14 ID:???
 総員に告ぐ!
これより、空襲に入る!

586 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:15 ID:???
「日本異邦戦記」

>>573の続き


東方暦1048年6月12日11時

 陽が中天へと差し掛かろうとするその下には、存在感を示しつつ立錐する白亜の塔を擁する外壁に囲まれた都市が、
緊張を高めつつあった。
外壁に立ち続ける兵らとともに立つ兵部総監の視線の先では、幾度目かの喚声があがる。
 今度の喊声は大きいな。
兵らもそんなふうに思ったか、総監に眼をやる者が幾人かいる。
不安に駆られる兵を安堵させるべく、総監と各指揮官は落ち着くように態度で示す。

 敵陣の喚声がやむや、大きく山が動いたかのような錯覚を覚えさせる。
陽光を受けて鈍く放つのは鎧兜をつけている証拠だった。
するするとその動きを早めつつ、外壁へと歩を進めてくる。

587 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:16 ID:???
 そして、敵兵らの先頭が中ほどまで来た時、何もない中空に淡く青い帯がいくつも走ったかと思うと火球が現出する。
そうやって生まれた火球が外壁へと降り注ごうとしたが、唐突に黄色く輝くハレーションに当たって消滅した。
まるで硬い壁に突進して砕け散ったかのような光景だ。
アストラスたち、宮廷魔法使いたちの援護だった。
だが、そんなハレーションを突き抜けるかのようにわずかな火球が外壁へとぶつかり、そこにいた兵を飲み込み巻き添
えにする。
「怯むな!持ち場を離れるでない!!戦いはこれからぞ!」
 そんな光景を目にするやすぐさま総監が叫び、その声で兵らに動揺がおきかけたのが静まる。
「王都を諸兵らが守らなくて一体誰が守るものぞ!勇者でなくとも構わん!ただ、己の責務を果たせ!」
 総監の言葉に守備兵の間から喊声が沸き起こる。

588 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:17 ID:???
 そうこうするうち、敵陣の中ほどにいる手前の兵が視認できるようになったのを見計らい、外壁の内にいる指揮官ら
が命じる。
「用意ッ!打てッ!!」
 まるで巨大なシーソーの先端に載せられた巨石が弾き飛ばされた。
 空を切り裂くような音が一斉に発生し、唸りを上げ敵兵の頭上へと降り注ぐ。
壁に向かって走りつつある敵兵らが、巨石の下敷きになる。
 続けざまに別の巨石が頭上に降り注いだ。
更に壁の上から、無数な矢が降り注ぐ。
それでも敵兵らの突撃は止まらず、いつしか壁にたどり着いた。
 弓兵らの半分を外壁にたどり着いた敵兵への対処に回し、残りはそのまま敵陣に攻撃を続けさせた。
外壁をよじ登ろうとする敵兵の頭上から煮えたぎった油が注がれ、これをまともに浴びた者が絶叫をあげて落下する。


589 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:19 ID:???

 そんな攻防が何度も続いた後、敵兵が城壁の上へとたどり着くが、待機していた領主兵らがたどり着いた所を即座に
切り伏せる。
城壁の上だと槍を使うには狭すぎる為、剣や斧を得物にしている。
刃に当たって光を反射する斧を振りかざすや、続いて登ってくる敵兵の腕を切り落とした。
既に城壁のあちこちで、同じような光景が出現していたのだ。

590 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:21 ID:???
6月12日12時

 王宮で、戦闘が行われている様子を観察している一団があった。
陸自シュレジエン交渉団護衛隊の長原三佐らである。
彼らの目にはシュレジエン軍が防戦を主導していると映っていた。
しかし、城壁に敵兵が登った事で状況が混沌としてきたと判断した。
 まずい状況だった。
シュレジエン側が手を打たなければ、兵数で劣る防衛側が消耗に巻き込まれ、早晩継戦能力を失う事は確実だったから
である。
 どうやら、それを兵部総監も判断したらしく、すぐさま別の部隊を投入したのが観察できた。
いまだ、王都バスムは健在だった。


591 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:25 ID:???
同日同時刻

 追撃を振り切った近衛兵団は、リキアルト卿の命で再編成に着手した。
部隊の指揮系統がばらばらなままでは、王都に辿りついたとしても戦えないからだった。
そこかしこで点呼が取られ、それぞれの部隊の集合が図られている。

 リキアルト卿の許に近衛竜騎兵団々長ノビクスの姿もある。
ノビクスもまた近衛竜騎兵らに一時の休息を告げ、自らの幕僚を引きつれてやってきた。
「なんとか脱出できたな」

592 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:26 ID:???
 ノビクスが卿を見やりつつ告げると、卿もそれに同意した。
「いかさま。確かにあの包囲を解けたのは奇襲が大きいからな。むしろ、問題は王都の方だ。王都を囲む敵は多いぞ」
「それに関しては、貴殿らの先頭に立って、我らが血路を切り開いて進ぜよう」
 卿は片方の眉を心もち上げると口の端に笑みを浮かべる。
「期待させていただくよ。・・・包囲を突破するにあたって、少なくない兵が死んだ。既に最盛期に比べ半数である近
衛兵団も今や消耗している」



593 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:27 ID:???
 その言葉にノビクスが見咎めるように顔をゆがめた。
「指揮官が弱気になってどうする!?弱気は兵に伝染するものぞ」
「すまぬ。わしとした事がついぞ弱音を吐いてしもうた。ノビクス殿、かたじけない」
「なに、構わぬ」
ノビクスは手元の椀に注がれていた水を口に含む。
「日暮れまでには王都の近くまでたどり着きたいが・・・」
「だが、兵の疲労も鑑みなければならん。良くて、王都まで後半日といった所だろう」

 2人の言に近衛兵団の幕僚が応じた。
「それですと、敵軍の後方の近くになります。警戒も厳しいと存じますが」
 その言葉に2人がふむと同時に呟いた。
確かにそうだった。
後方とは言え、敵の警戒は厳しいだろうからだ。
むしろ、敵地にあって警戒を怠る敵の方が珍しい。

594 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:29 ID:???
 近衛竜騎兵団の幕僚が発言を求め、リキアルト卿が許す。
「王都の南部に石羊山があります。軍勢を大きく南に迂回し、石羊山で夜を明かすべきであると進言します。
その後、夜が明けるを待って、敵が王都への攻勢を開始した時点で突撃を行うべきかと思います」
 王都そのものをある意味陽動にしようと言っているに等しかった。
が、彼らが取れる可能行動のうち、それがもっとも次善であろうと考えられる。

 石羊山は王都から半日の距離にはあるにはあったが、包囲網に入れようとしたら戦力が薄く伸びる事となり、逆に
邪魔になるから、包囲網の範囲外にあると判断できたのだった。
「確かに手持ちの戦力で効果的に王都に帰還するにはそれしかないか」
 ノビクスが簡単な地図を見つつ判断する。
その判断をリキアルト卿が支持した。
「よろしい。全軍に伝達。休息の後、石羊山に向かい進軍し、そこで夜を明かす。以上だ」

 その言葉で、彼らの後ろで控えていた伝令が各所へと飛び散っていったのだった。

595 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 01:31 ID:???
 今回はここまででつ。
貯金が順調に貯まれば、日曜ぐらいに投下できると思います。

596 :名無し三等兵:04/06/05 02:07 ID:???
乙です。
敵中突破でありますな。

597 :名無し三等兵:04/06/05 02:27 ID:???
乙であります。



598 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 02:55 ID:???
お疲れ様ぁ! じゃ、小官も投下開始ぃ!

599 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 02:56 ID:???
上は白のTシャツ、下は作業服下と半長靴の生徒達の集団が、4列縦隊で足並みを揃えて走る姿は、
壮観であった。助教の自衛官2人は、何と背嚢と水筒、小銃の完全装備で付き合っていたりする。

 「れんぞくほちょー、ちょー、ちょー、ちょー、数えィ! 」(山田)
 
 山田の良く通る大音声が校庭に木霊する。『駆け足』の際の掛け声だ。連続歩調。それは全体の足並みを
揃わせるための一種の『号令』である。これが無ければ、陸自の部隊そろっての『駆け足』は始まらない。
 
 「いぃち! 」(全体)
 「そぉれぃ!」(山田)
 「にぃ!」(全体)
 「そぉれぃ!」(山田)
 「いち、に、さん、しぃ、1、2、3、4ぃ! 」(山田+全体)
 「左、左、ひだり右っ! 」(小川)
 「そおれっ! 」(全体)
 「1、1、12ぃっ!」(小川)
 「そおれっ! 」(全体)
 「れんぞくほちょー、ちょー、ちょー、ちょー、数えィ! 」(小川)

 …この繰り返しが規定周回を終えるまで続くのだ。掛け声を掛ける役は一人づつ交代して行く。声が
小さいと、当然の如く…始めの者からやり直しだ。この御蔭で陸上自衛隊員の肺活量は並大抵のレベル
では無くなって行く。駆け足を続けるだけでも呼吸が苦しいのに、その上大声を出さねば為らない苦しさ
は…一度、体験をしなければ解らない辛さだ。しかし…魔導士候補生が脱落するより早く…脱落しそうな
者が居たりするのは…『彼女』の責任感の強い性格上、仕方が無いと言えば仕方が無い事ではあった。

600 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 02:56 ID:???
最後尾を務める、涼しい顔の小川と息も絶え絶えに併走しているのは…白Tシャツと黒のスパッツに
身を固めた『教師』だった。薄着だと、ローブを脱いだ身体の要所要所が発達しているのが一目で解る。

 「キリャムセンセー? …無理しなくてイイんだぜ? 」
 「せ、生徒が辛い思いをしているのにぃっ…黙って…見ているワケには…いきま…せぇん! 」

 彼女の体力が無いのでは無い。生徒達や自衛官達の『持久力』が発達している証拠だった。日に十周
以上の『ノルマ』を設け『駆け足』を励行させる。その週の一番距離を走った者に『ご褒美』を与える
方式は、名誉に五月蠅い『帝国臣民』の心をガッチリ鷲掴みにしてしまう有る意味、危険な加速装置だった。

 「さあ、今日授業で走った周回数も付けても構わんぞ? 今度は誰が教官のメダルを貰う?! 」
 「榊教官賞は、私のものですわっ! 誰にも渡すモノですかっ! 」
 「カラミティ教官賞は…サジシャかカーかゼヌだしなぁ…? いや、今日走れば追いつくっ! 」

 生徒が体を壊さぬ様、抑制させるのも助教の仕事である。準備体操やストレッチ体操の方法を先に
教育して置いたのが辛うじて、功を奏していた。…いきなり走らせる様な真似をしなくて良かったと、
山田・小川の両助教は安堵の余りお互いの肩を叩き合い、溜息を吐いたものだった。

 「こんな…みんな…強くなってっ! …さらに魔導も使えるんなんて…こんな疲れた後なのに…」
 「生徒の体力と精神力の分化のアイデアを出してくれたのは間違い無く、先生ですよ! 」

 最前列を走る山田が大音声を上げてキリャムに応えた。…キリャムの足取りが心無しか軽くなったか、
と小川はニヤつきながら思った。『誰にでも優しい奴は…残酷だな? 』と心の中で意地悪く思いつつ。

601 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 02:58 ID:???
投下終了。夜会話の、リクエストが有ればその組で書く。…お休み、諸君。

602 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 03:06 ID:???
追記:例の職業ネタで連作なんて面白いかも知れんなと妄想。だが内輪ネタに為りそうなので自粛。以上。


603 :名無し三等兵:04/06/05 03:09 ID:???
「スレ住人がファンタジー世界に召喚されますた」
恰好の分家向き馴れ合いネタと言ってみるテスト。

604 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 03:56 ID:???
小官どの、お疲れ。

605 :名無し三等兵:04/06/05 04:50 ID:???
小官殿乙です

606 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/05 06:35 ID:???
政府広報課氏乙です。王都攻防戦キテハー。さて、攻撃に間に合うのか。
小官殿乙です。キリャム教師がどんどんパワーアップしていく・・・


607 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 12:45 ID:???
 今回は重大なミスが本文中に有る。これは小官がやったミスの中でも最大だろう。

 しまったぁ! …スマン。寝ぼけてて掛け声の中の三と四が抜けた…!
正式は「1」「そおれ」「2」「そおれ」「3」「そおれ」「4」「そおれ」だ。
 その後に「1! 2! 3! 4!、1234ぃ1234っ!」だよ。

 駄目だ小官…頭整理が困難だ。こんな修正を入れなければならんとはな…。

608 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 13:38 ID:???
有ろう事か『駆け足』の号令間違えたのだ。恥だよ、これは。で、投下する。

609 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 13:43 ID:???

 「そ、それではっ…魔導実習を…行い…ますっ…」
 「先生、休憩時間はまだ残っていますから…落ち着いて下さい」
 「そうは行きません…私のためになんか…五分前…行動…です・・・から…」

 意識の混濁が始まっている兆候だ。駆け足が終わっても、生徒に水を取らせない弊害がモロにキリャムに
響いていた事に今更山田・小川両名は気付いた。普通、今現在の日本の運動後の水分補給は最早『常識』で
あるのだが、『世間の常識』は『自衛隊の非常識』だ。戦場にガブガブ飲める程の『安全な水』は存在しない。
 有っても水は『化学兵器の除染』や『糧食調理』等、使用法は多岐に渡る。必然的に節約の対象と為るのは
個人携行の水筒中の水筒の水だが、実はそれは『己の飲むための水』では無い。『負傷した時の傷の洗浄』や
『死に行く者へ末期の水』の為に存在する、と『前期教育』で『脳髄の深くに叩き込まれる』のだ。
 『自衛隊の常識』に慣れてしまった彼らにとって…『一般人』で有るキリャムの反応は『事故』であった。

 「先生、先ずは木陰に入って…これを飲んで休んで下さ…」
 「…要りませんっ! 生徒が飲んでも居ないのにっ…私一人だけがっ…! 」

 キリャムは山田の差し出した水筒を跳ね飛ばす。宙に浮いた水筒を上手く捕まえたのは、…小川だった。
それに口を付け、水を口に『含む』。そいて右眉を上げ、山田を悪戯っぽく見る。山田は渋々頷き、眼を伏せた。
山田の苦り切った表情が、小川の今、やろうとしている行為が通常では不謹慎極まりない事を物語っていた。

610 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 13:44 ID:???
 「…!!! …貴方と云う人はっ…! 生徒が飲む前に自分がの…! 」
 「生徒諸君! これは緊急事態で有る! 相手が嚥下を如何しても拒否するための緊急措置だ!
  もし諸君等が通常時に実施しているのを見かけたら、即座に罰則を適用する! 良いな! 」

 小川は口移しでキリャムに飲ませたのだ。舌を駆使し、嚥下させる。ポゥッと為ったキリャムの口に水筒の口を
咥えさせると、一気に流し込んだ。…溢れた水が…白いTシャツにこぼれて行く。それを見てしまった山田は即座に
男子生徒限定で『号令』を掛けた。よろしく無い! このままでは青少年が『性』少年に為ってしまうっ!

 「…男子生徒気を付けィ! 回れェ、右ッ! 小川! 眼を閉じて木陰に運べッ! 助手! 『見て』いるな!?
  急いで団扇を持って来てくれ! 彼女の体温を下げねばならん! ああ、熱中症の対処だ! いいな! 」 

 小川が涼しげな木陰にキリャムを置いた途端に、小川のテッパチが眼に見えぬ誰かに殴られたかの様に吹っ飛んだ。
続いて腹部に打撃を受けたのか、前かがみになって宙に2cm程浮く。しかし何故か小川の表情は…『嬉しそう』だ。

 「…バッカヤロウ…ばれちまうぞ? も少し人目のつかん所でブベらぁ! 」

 小川の頬に棒の様なモノで殴られた赤い痕が付く。 2撃3撃と打撃は続くが、それでも小川は、倒れなかった。
女子生徒や山田の目は飽くまでキリャムに向き、丁度木に隠れた死角と為って小川の惨状は誰にも見られなかった。
 …校舎の方向から来た団扇と『古式ゆかしい金色の真鍮の大きなヤカン』を携えた『少女』を除いては。

611 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/05 13:48 ID:???
 投下終了。…美味しい水が飲めるだけで小官、幸せを感じたり感じなかったり。
演習時には牽引式の『給水車』はちゃんと有るが…水は飽くまで『有限』なのだ。
 新隊員時に…水が余り要らない体と為って行く自分が…怖かったな。以上。

612 :いつかの383:04/06/05 14:46 ID:???
遅きに逸した気がしますが、診断結果をうpします。

占い師「そなたに最も似合う職業は、他人のケアやサポートが得意な『呪術師』じゃ。
http://trpggasuki.com/trpg/csi_r.php?c=-6&p=-8&s=4&a=5&i=1

二人目の『呪術師』です(´・ω・`)ノ 

613 :名無し三等兵:04/06/05 16:35 ID:???
小官殿乙です!

614 :名無し三等兵:04/06/05 16:38 ID:???
小官殿、夜待ってます。そろそろ長編読みたい今日この頃。

615 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/05 18:33 ID:???
自衛隊よもやま話と脚本の面白さを同時に実現する、というのはいいですねえ。
乙であります!

616 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 18:39 ID:???
 これより、SS師団は逆上陸を開始す。
逆上陸予定は19:20の予定。
 防衛隊も逆上陸に呼応すべし。 

617 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:22 ID:???
 師団司令部より各級部隊へ。
これより着上陸を開始す。
以上。

618 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:23 ID:???
「日本異邦戦記」


>>594の続き

東方暦1048年6月12日14時
王都バスム

 アムデス軍は王都を攻めあぐねたかのように一旦撤収していった。
彼らが撤退した後は、戦いで死んだ兵士の亡き骸が無数に転がっている有様だった。
城壁の上でも、壁の外でも。
死臭をかぎ取ったのだろう。
カラスが空を飛び回っていた。

 アムデス軍が撤収した間隙を縫うようにして、味方の負傷兵や死んだ兵の亡き骸を収容する。
そこかしこで、うめき声をあげ、苦しむ兵があった。
 そんな負傷兵を同僚だった他の兵が見つけ、担架に載せる。
その収容半ばにして、再びアムデス軍が攻勢を再開する。
収容はそこで中断し、急ぎ迎撃が図られる。

619 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:23 ID:???
 敵陣と王都との中ほどまで進んできた敵兵の頭上目掛け、矢が降り巨石が舞った。
だが、巨石の数に限りがあるため、散発でしかなかった。
外壁にたどり着いた敵兵の上から最初の突撃同様、煮えたぎる油が降り注ぎ、さらに投石が落下してくる。
だが、敵兵は斃れても斃れても外壁をよじ登り続ける。

 再び、外壁の上へとたどり着いた最初の敵兵は、光を受けて刃がきらめく斧を手にした守兵によってすぐ様打ち倒さ
れる。
その敵兵を殴り伏せるやいなや、別の敵兵に立ち向かった。
斧を振り下ろした守兵の腕を掻い潜った敵兵が、守兵のわき腹に短剣を突き刺したが、別の守兵によって頭骨を打ち砕
かれ、息絶えるのだった。

620 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:25 ID:???
同日16時
シュレジエン王城

「今は善戦していますが、まずいですね」
 その言葉に、長原三佐は双眼鏡を手にして周囲を観察したまま口を開く。
「二尉もそう思うか?」
 二尉と呼ばれたその男━━シュレジエン交渉団護衛隊第一小隊々長、安達原和己二等陸尉は長原三佐同様、周囲を観
察しつつ、頷いた。
「はい。善戦しているのでは、必ず防衛側に破局が訪れますから。増援でも来なければ、持ちこたえられるものではな
いです」
 その言葉に長原三佐も同意した。
攻者三倍の原則とよく言うが、敵の兵数は防衛側の三倍以上である。
そして味方の増援はと言うと、全く期待できない代物だった。
何せ、アムデスは戦略規模での助攻を行って、他の同盟国が増援できないようにしていた。
それにアムデスの直接の脅威に晒されていない別の同盟国はと言うと、これもまた話にならなかった。
 アムデスからの鼻薬を嗅がされていたからだった。
ただし、かなり腐臭がするぐらいに甘ったるいものではあるが。

621 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:26 ID:???
 そしてシュレジエン国内もまた同様なのだから、何をかいわんやである。
東部領主のうち、王都防衛にはせ参じていないのがいるからだ。
風見鳥のように王都防衛を見ている。
ゆえにシュレジエン側は、崖っぷちに立たされていた。
「何時まで持つと思う?」
「何時ぐらいかは判りませんが、損耗率が同じであると仮定してこのような総攻撃が続くならば、明日が山だと思い
ます」
「本官も同意見だよ」
「近衛兵団なり竜騎兵でもいればまた違うのでしょうが」
「同じ事だ。遅かれ早かれ、必ず破局は訪れる。竜騎兵がいくら頑張ったとしてもな。竜騎兵は確かに強力だが、戦力
補充の充てがなければ同じ事だ」
「では黙って破局を待つのですか?」

622 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:27 ID:???
「それだと我々はどうなるのだ?死にに来たのではないんだが」
 安達原二尉の言に苦笑いを浮かべたが、依然として三佐は観察をやめようとはしなかった。
それに目は笑っていない。
「それでは?」
 顔に双眼鏡をくっつけていた三佐は、そこで顔から離して両手で持ったまま、二尉に視線を移す。
「簡単な事だ。今やわが国はシュレジエンの同盟国だ。違うか?」
 その言葉に二尉はなるほどと頷いた。
確かに、日本はシュレジエンと軍事協定を締結し、同盟関係になっていた。
「このまま状況観察し、総攻撃が終わったあと、守備隊の損耗率を出してくれ。・・・何、総攻撃が中止するまで、そ
うは掛かるまい。もうすぐ日が落ちるからな」
「判りました。三佐はどこに?」
 踵を返して王城へと戻ろうとした三佐は、一旦二尉に顔を向けつつ歩を進める。
「園山女史の所だ」

623 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:29 ID:???
同日同時刻
同地

 司令部にもたらされる報告は、今や洪水のように溢れかえっていた。
防衛の指揮を執る兵部総監は、最早一々報告を聞く事を放棄していた。
入ってくるのは同じような文言だったからだ。
代わりに総監の幕僚が報告に対する対応を図っていたのだった。
 今の所外壁から王都の街並みに侵入する事だけは必死の防戦で防げていたし、このまま行けば夜を迎える事で総攻撃
が一時中断される事となり、息が付ける。
しかし、息がつけるのは兵の間の事であって、司令部は全く息を付く事はできなかった。
深夜までやる事は多いのだ。

624 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:29 ID:???
 だが、問題はそんな所にあるのではなかった。
2度にわたる総攻撃で外壁に侵入した敵に対する手当てとして、予備の部隊を投入したのだが、投入した数が予定より
も多すぎた。
明日以降の総攻撃に対応する為の部隊すら投入する羽目になったのだ。
そして今も、入ってきた報告によって、予備の部隊を投入しなければならなかった。

 やはり戦力が違いすぎるか。
厳しい思いが募るが、兵部総監は顔にだけは出すまいと、必死に努力する。
指揮官たるもの、常に涼しげな態度でいなければならないという習わしに従っての事だ。
実際、指揮官の態度で兵の態度は違うものだ。

 そして、洪水のように入ってきた報告に変化が訪れる。
それは敵が2度目の退却をしつつあるというものだった。

625 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 19:34 ID:???
 当師団は逆上陸に成功せり。
各級部隊の奮戦に期待す。


 なお訂正です。

>>622の五行目あたり

> 顔に双眼鏡をくっつけていた三佐は、そこで顔から離して両手で持ったまま、二尉に視線を移す。



> 顔に双眼鏡をくっつけていた三佐は、そこで顔から離して両手で持ったまま胸まで降ろし、二尉に視線を移す。

に訂正。


最後から2行目

> 踵を返して王城へと戻ろうとした三佐は、一旦二尉に顔を向けつつ歩を進める。



> 踵を返して王城内へと戻ろうとした三佐は、一旦二尉に顔を向けつつ歩を進める。

と訂正します。


626 :名無し三等兵:04/06/05 19:36 ID:???
おつ




海賊対策に自衛隊活用検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040605-00000094-kyodo-pol

このスレ向きの話題だとオモタ

627 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/05 19:48 ID:???
乙です。>>626氏、F世界の技術力だと、海賊も打撃力と速力が・・・
自衛隊は不審商船の臨検、及び海賊根拠地への追跡・殲滅が主任務?

まあ現代日本の一般商船じゃ戦闘力は低いから、その辺考えて護衛や
警戒もアリかな?

628 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/05 20:22 ID:???
乙。
SSが頻繁に投下されてよい流れと傾向ですね。

そろそろ自分のも続きを投下しなくちゃと思うけれど分家でやるべきか本スレで強行するべきかまだ迷うところ。
意地よりも妥協とスレの雰囲気と流れと傾向を優先すべきか。

629 :名無し三等兵:04/06/05 20:36 ID:???
>>628
>>492

アンチはただの荒らしだし、賢い香具師は既にNGワードにいれてるだろう。

630 :名無し三等兵:04/06/05 20:45 ID:???
>>626
発想を逆転させよう。



海賊行為に自衛隊活用検討

ダメだこりゃ

631 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/05 21:15 ID:???
>>630エゲレスのドレークよろしく、海自の総力を結集した「戦略略奪部隊」編制。
「なんて速い船だ!風も潮も読まずにアレだけの速さを!」

・・・ダメか。燃料確保した後じゃないと死ねる。

632 :名無し三等兵:04/06/05 21:18 ID:???
自衛隊に海賊活用検討

外人部隊か。

633 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/05 21:22 ID:???
 時系列表示にして、ようやく判りやすくなった気がします・・・。
このまま、時系列表示で行くかどうかは反応みてからにしまつ(ぇ

634 :名無し三等兵:04/06/05 22:00 ID:???
自衛隊に烏賊活用検討

生物兵器?

635 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/05 22:25 ID:???
>>634メガスクイード1、2、進撃!もしくは大王イカ戦隊とか。
生体兵器は維持が大変そうですなあ。

636 :名無し三等兵:04/06/05 22:32 ID:???
>>630
潜水艦による通商破壊というならまあわかるが…これにしたって燃料がないから。
人造石油で代用するにしても石炭が必要だし、電力も無い。
資源が見つからない限りは長期戦は無理だな。

…そういえば食糧も無いんだった。




637 :名無し三等兵:04/06/05 22:35 ID:???
>>632 我が国には海賊→大名になった村上・九鬼氏等という前例がある。積極的に海賊を取り込もう。


638 :名無し三等兵:04/06/05 22:40 ID:???
>>637
外部委託でもするんですか?

639 :名無し三等兵:04/06/05 22:43 ID:???
>>638
私掠船の免許状与えるとかかも。

640 :名無し三等兵:04/06/05 22:48 ID:???
「北九州近海治安維持業務委託」入札説明会実施日を通知する。
とかってメールで担当営業にお知らせがあるんだよ。

641 :名無し三等兵:04/06/05 23:00 ID:???
そのうちF世界の傭兵隊が民間軍事会社になって国内に事務所を置いたりするのかも知れん。

642 :名無し三等兵:04/06/05 23:53 ID:???
この話題。過去にも揚がったよね。
まさに同じ流れ。

643 :名無し三等兵:04/06/06 00:30 ID:???
では以前と違う流れにするならば、どんなネタがありますかねえ。
以前は「まともに機能しないんじゃあ?」ってオチだったと思います。
なので今回は「まともに機能したと仮定して、どうなるか」ですね。

まあ戦力・経済力が安定するかがカギではあります。安定しなけりゃ
非常の傭兵軍が強いままだし、安定し始めたら「過渡期の職業」として
ひっそりと消えていくか・・・どちらにしろ、面白そうではありますが。

どんな仕事がメインだろか。開拓村保護、海上護衛と来たけど空の需要は
無いのかなあ。傭兵パイロット団によるドラゴン・ロック鳥殲滅戦とか。

644 :名無し三等兵:04/06/06 00:38 ID:???
うーん・・・どうなんだろ?
F世界住人は航空機の操縦技能を習得できるのか?
まあドラゴン騎兵のみの傭兵団もあるかも。

645 :名無し三等兵:04/06/06 01:04 ID:???
これも揚がってたなあ。
ドラゴンを養うだけの飼料などが問題で現実的じゃないって結論だったね。

646 :名無し三等兵:04/06/06 01:04 ID:???
家庭用ゲーム機程度のフライトシミュレーターで適性チェックさせてみるテスト。

647 :名無し三等兵:04/06/06 01:31 ID:???
そしてゲーム廃人に。

648 :名無し三等兵:04/06/06 03:27 ID:???
テトリスミテエ。

アメリカでゲーム脳の奴を採用するとかが前にネタで上ってたね。
なんでも、殺傷に対する感覚が鈍いので、精神面のケアが少なくてすむんだっけ?良く分からんが。

649 :名無し三等兵:04/06/06 14:59 ID:???
>>638-640 業務請負業クリスタル・パイレーツ株式会社設立。


650 :名無し三等兵:04/06/06 15:41 ID:???
>>649
異世界なのにネーミングが英語なのは在日米軍が関与しているからに違いない。

651 :名無し三等兵:04/06/06 16:03 ID:???
>>650
きっと在日米軍の兵士が
「俺たちの国にもおまえら見たいのがいてな…」
って感じに教えたんだろうな。

652 :名無し三等兵:04/06/06 17:13 ID:???
>>650
つか、悪名高き栗酢樽Gが新業種見逃す筈無いでしょ。

653 :名無し三等兵:04/06/06 17:49 ID:???
(有)東亜海賊

654 :名無し三等兵:04/06/06 19:36 ID:???
(株)ワコー(倭寇)

655 :名無し三等兵:04/06/06 20:16 ID:???
海盗有限公司(中国系資本)

656 :名無し三等兵:04/06/06 20:40 ID:???
>>654
惜しい。このリンクを付ければそれっぽくなった。
http://www.wako.co.jp/

全く無関係だけどw

657 :名無し三等兵:04/06/07 01:40 ID:???
戦闘行為請負業乱立しますた


658 :名無し三等兵:04/06/07 01:56 ID:???
栗、栗、栗、栗、栗酢樽〜♪ ア〜ウトソ〜シング〜♪

659 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/07 02:38 ID:???
ttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1085387822/
448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/06/04 23:05 ID:4vsJUrY4
>>404
電気が止まったら地下鉄や地下駅のみならず、大抵の地下施設は地下水をくみ上げているポンプが止まって水没する。
青函トンネルは1週間で水没するそうだし・・・。東京で真っ先に水没or崩壊するのは鉄道関連では
品川〜錦糸町間の横須賀・総武快速線東京トンネル、京葉線東京〜潮見、東北新幹線上野駅、地下鉄東西線・千代田線・大江戸線等。
これらの路線は地下水圧の高い地域を走っていたり、比較的深い所を走っている。あとは、地下水汲み上げが厳しく制限されている地域の地下施設ほど早く水没する危険が高い。
電力関連は、火力が逝った時点で原子力も同時にアウト。水力は、適切な整備が行われないので老朽化が進み、ある日突然水圧に耐えかねて崩壊するぞ・・・。
あと、LNGガスタンクの近くには住まない方が正解だろう。タンクが老朽化してガスが漏れたら、窒息して死ぬからな・・・。

オカ板より。
資源が無くなることによる新しい危機に気が付いた…

660 :名無し三等兵:04/06/07 04:32 ID:???
>>659
大丈夫☆
えらい人が困るようなところには最悪でも

ネズミ車式人力発電を使ってでも電力供給するさ。
だって資源>人になるから、産業が後退して余った人員は掃いて捨てるほど出るしね!はぁと

661 :名無し三等兵:04/06/07 09:40 ID:???
産業が後退した場合、むしろ人員が不足する予感。
だから、アフリカは人が多い。

662 :名無し三等兵:04/06/07 11:15 ID:yXNuH4Ua
ヤツ、また怒ってる
ムキにならないと、自分が損したみたいに思えるのかな

せんそうごっこから帰ってこないでください

663 :名無し三等兵:04/06/07 11:42 ID:???
?どこで?
それよりageないでくれよな

664 :名無し三等兵:04/06/07 12:33 ID:???
戦後当時の生活に戻るだけ。
で、なんだかんだで復興するんだろう。
人間の歴史って、所詮そんなもん。

665 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 12:41 ID:???
低脳め。構ってやったぞ? 満足か? 以上。

666 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 12:44 ID:???
それが精一杯の煽りなら、笑わせるな? もっと吐いて見ろ? 馬鹿が。以上。 

667 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 12:47 ID:???
 戦争ごっことやらも出来ん引き篭もりが小官を煽るだと? 愚の骨頂だ。
精々ジャンクフードでもたらふく食って、その妄想で一杯のたるんだ腹を
大きな脂肪と共に揺るがせて居るが良い。居ない時にしか吐けん臆病者が!

668 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 12:48 ID:???
とまあ、何時もの奴を吐いて置くぞ。バリエーションはまだまだ有るので、リクエスト求む! じゃあ、また。

669 :名無し三等兵:04/06/07 12:51 ID:???
小官殿、yXNuH4Uaの事なんて放っておきましょう

670 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 12:59 ID:???
 代休取って覗いたらコレだ。構って欲しいのならば自己主張しろと云うぞ? 小官は。
ま、きっと主張するだけの自己や中身や知識が無い惨めな人生を送っているのだろうさ。
 放って置いても噛み付くならば、引っ叩いて二度と噛み付けぬよう、調教するまでだ。
少なくとも、中傷するだけの輩は小官己の信条に従って、『人間』とは認めんぞ?

671 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:03 ID:???
だから>>662は犬以下だ。飼い主も居ない野良以下だ。
従って、小官が肥大した自己とやらの限界を教えて遣らねばいかんだろう。
何様のつもりだ? 俺様か? 貴様はムキに為れる何物も持たん貧しい奴だよ。
誰にも構って貰えないから寂しかったのだろう? 良し良し。小官がしゃぶってやろう。


672 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:06 ID:???
 と、ここで小官考えた。向こうの世界に『日本語での罵倒』はどれくらい通用するのか、と。
愚かで有る事が最上で有ったり、役立たずが尊ばれる社会…! そんな社会は…小官にとっては地獄だな? 
ではさいなら。

673 :名無し三等兵:04/06/07 13:14 ID:gKUVKVcl
何で小官ってまとめて一度に書かずに小分けにして書くの?
なんでまとめて書いてくれないかなぁ。
レス番無駄遣いしないで欲しいんだけど。

674 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:17 ID:???
お、句読点打ってきたな? 感心感心。 で、今度は噛み付いたから非難するか?
それとも構ったから非難するか? 自称頭脳派とやらはどう次の手を打つ? ん?

675 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:28 ID:???
まとめて書け? あの読み難いレスが好みなら黙って分家へ行け! 
小官はフレンドリーだから読み易い様に区切って居るのだよ。
貴様のレスこそ無駄の最たるモノだ! 他人の批判しかせんクズめ!
そのレスを読んでみろ! 赤面せんのか恥知らずめ! 英霊に死んで詫びて来い!

676 :名無し三等兵:04/06/07 13:28 ID:???
age荒らしにかまってるし・・・

677 :名無し三等兵:04/06/07 13:36 ID:gKUVKVcl
衝動のままに罵詈雑言ですか。
あとで自分の文章読みかえして、恥ずかしいと感じたことないのかな?>小官

>>575
分けても分けなくても読みづらい。
どうせ読みづらいならまとめて書いてくださいませ。
スレの無駄遣いですから。




678 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:38 ID:???
暇だからな(苦笑)?
脳内天災軍師君がいつか語ってくれた戦略によるとだ、
『相手の厨ぶりを際立たせて排除の方向に追い込む』だとさ。
お笑いだな? 元々厨で売ってるキャラクターにな、そんな陳腐な手が通用するか?
それを堂々と実行する一種の見事なお馬鹿っぷりに敬意を表して構ってやるのさ(大哄笑)。
小官、男らしいだろう?

679 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:40 ID:???
で、行空けと自分の建設的なご意見とやらがそれか? ナンダカナー?

680 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:44 ID:???
 衝動で書いていると思う所が、『だからお前は三流なのさ』と小官が思う所以だよ。
真に排除したいなら構うべきでは無いだろうに? 意図が明白過ぎて欠伸が出るわ! 戯け!
 もう少し上手く演じよ! 罵詈雑言を馬耳東風でかわす等、幾らでも手はあろうが! 
 腐れレスを馬鹿正直に返すなよ…? オツムの程度と育ちが知れるぞ、三国人の紛い者?

681 :名無し三等兵:04/06/07 13:44 ID:???
すっかりスレが腐ったな

682 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:45 ID:???
ああ、そうだな? そんなレス付ける奴のせいでな?

683 :名無し三等兵:04/06/07 13:46 ID:???
この小官とか言うヤツがわいてからすっかりダメだな。
スレの掟も守れない。

というわけで新作はここじゃなくて、例の場所に投下します。

684 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:48 ID:???
そうしてくれ。ま、貴様の信じるスレの掟が『僕ちゃん一番』で有る事が容易に伺えるレス、有難う。
容量が無駄に為らずに済んだよ。それだけは小官、誠に感謝する。ウム。屁たれに何が出来るかワカランがな?

685 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:50 ID:???
可笑しな事を言う? それなら9スレ以前しか知らぬ、と云う事か? このスタイルは今に始まった事では無いのだが、な?


686 :名無し三等兵:04/06/07 13:52 ID:???
お前のカステキストありがたがってんのは荒らしだけだ。
さっさと気付いてハローワーク行けよ、小官。

687 :名無し三等兵:04/06/07 13:52 ID:gKUVKVcl
>>679
はい。一行あけて一つにまとめてくれるとありがたいです。
#さすがにぎちぎちにくっ付けられると、読む気すらなくなります。
もちろん一つにまとめられないときもあるのは分かります。
SSなど長文を書くときなどですね。
そういう時は分割してください。

688 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:53 ID:???
はあ? …駄目だこりゃ。馬脚を顕し始めたな? で、それは罵言のつもりなのか? 惨めだねぇ〜?

689 :名無し三等兵:04/06/07 13:54 ID:jPcxrsAL
才能が無い小官殿をこれ以上いじめるなよ、おまいらw

690 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:56 ID:???
>>687
粘着質では無いのでな? スマン。
次のレスで止めようかな、と思いながら書き込むからな?
相手の反応を見る、為でも有る。…荒らしの基本だろうが?

691 :名無し三等兵:04/06/07 13:56 ID:???
昼間っから無職どもが楽しそうだな。俺も混ぜろ。

692 :名無し三等兵:04/06/07 13:57 ID:???
「スタイルだから」を免罪符にやりたい放題というのはなんだかな。
「昔からそうだから」って言うのは全然言い訳になってないし。
多少なら目をつぶるけど度を越せば文句も出る。今がそのとき。

で、それに対して耳を傾けるかどうか。
今小官殿の人間の度量が試されているのだと思うが、どうか。

693 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:57 ID:???
全く…(苦笑)では才能が有る貴君を苛めても構わんのだなw

694 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 13:58 ID:???
で、引いたらコレ幸いと欠席裁判で有罪、だ。パターンだろうが? 呆れる事言わせるな?

695 :名無し三等兵:04/06/07 13:59 ID:???
>全く…(苦笑)では才能が有る貴君を苛めても構わんのだなw

お前には文才がないから無理だな。

696 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:00 ID:???
フーン。じゃ、見せて、文才。有るのだろう?

697 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:02 ID:???
是非ともご教授願いたいのだがね(笑)? ここはそのための場所だよ。叩き台では無い。 

698 :名無し三等兵:04/06/07 14:02 ID:???
>696
ガキか(藁

699 :名無し三等兵:04/06/07 14:02 ID:gKUVKVcl
>>690
少なくとも>>678-680でそういうような「相手の反応を見る」様子は見られませんが。
ただ単に思いついた端から投げているようにしか見えないです。

反射的に五月雨的にレスを返すのは一般的に誉められたことではないと思います。
そこですぐにレスを返さずしばらく文章を寝かせてからまとめて書いていただければと。

700 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:02 ID:???
で、そう哂う奴がガキだもん! と可愛く言ってみる。

701 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:04 ID:???
>>699
いやいや、ここは弾幕を張らねば突破されるので(笑)

702 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:06 ID:???
あ、それは相手のレスの文面を見るためだよ。長文か短文かで性格が解る。
小官が見るに、差し詰め、こう返した貴君は揚げ足を取る粘着派だな(笑)? 

703 :名無し三等兵:04/06/07 14:08 ID:???
このスレ見てると某研の偉大さがよく解るな。

704 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:10 ID:???
投げっぱなしジャーマンの偉大さだな? ウム。で、何が言いたいのだ? 閣下に逢いたいのか?
小官もこのスレでお会いしたが、結構紳士的で魅力的なお方だったよ。あの時は攻城戦の話だったかな?

705 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:14 ID:???
で、こうやってスレを眺めて居ると、気付く事が有る。
相手のレスの、妙に文の『創り』が似通って来るのだよ。
小官の最後の授業だ。こうして自演を判断するのだ。
それには忍耐力と根気と洞察力が必要だ。…良い子は真似するな?

706 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:17 ID:???
じゃ、まあ、お山の大将に為るにはどうやらココまで遣っても小官を排除したい様なので、
その努力に免じて引いてやろう。この25スレ限定でな? 流石にもう、付き合い切れん。
負けたよ。負けだ。以上。

707 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:20 ID:???
と言ってみたのだが…お〜い、レス、まだかぁ〜? 小官、寂しいぞぉ〜?

708 :政府広報課 ◆F2.iwy/iJk :04/06/07 14:20 ID:???
 スレ住人の皆さんは、>>1の鉄則に従っているものと考えていましたが・・・。
そろそろ、嵐に反応するのはおやめなさい。これ以上はスレの無駄使いです。

 自分?
自分はこれから仕事なので(爆

709 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:21 ID:???
失礼。一罰百戒さ。ま、貴君の手で小官を出入り禁止にしてくれたら、彼(等)も納得するに違いない。だから頼む。

710 :名無し三等兵:04/06/07 14:21 ID:???
>>707
小官殿、子供の相手はいいから早くSS投下お願いします。

711 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:24 ID:???
 この25スレは自粛するよ。腹に据えかねて書き込んで見たが、さすがに遣りすぎた。
折角、新作演りたいと言っていた者も居る事だしな? たまにはROM専も悪く無いさ。

712 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:28 ID:???
では、26スレでまた逢おう、諸君! …多分これでアゲも無くなると思うのだがね。

713 :名無し三等兵:04/06/07 14:29 ID:???
>>685
誰もお前の作品なんて読みたくないんだけど…

714 :名無し三等兵:04/06/07 14:32 ID:???
>>691
じゃあ、キミの「文才」とやらを見せて貰おうかな?(w

715 :名無し三等兵:04/06/07 14:34 ID:???
Mの自演か?

716 :名無し三等兵:04/06/07 14:35 ID:???
名前入れ忘れてるぞ、小官殿

717 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 14:43 ID:???
 で、最後の『罠』だ。吐き気がするほど低劣で、頭痛がする程下劣な遣り方だな?
こう言う低級な事しか出来ん貴様は、もう、何だ、寄生虫以下だな? どう有っても、
小官を貶めたいか? そう、引き擦り下ろしたいか? いい加減、恥を知ったらどうだ?
 小官を語るにはボキャブラリーも読書量も文量も遥かに足らん! 精進せい! 精進!

 戦術、戦略は…哀しいが品性下劣な奴が勝利するのだよ。…小官はいっそ滅びを撰ぶがね。

718 :名無し三等兵:04/06/07 14:43 ID:???
またやってるのか藻前らは(w

719 :名無し三等兵:04/06/07 14:46 ID:???
小官殿
もう放っておきましょうよ…

720 :名無し三等兵:04/06/07 15:01 ID:???
>…小官はいっそ滅びを撰ぶがね。

是非そうして下さい、小官殿

721 :gKUVKVcl :04/06/07 15:15 ID:gKUVKVcl
真面目な「問題提起」のつもりでいたのですけどね。
ちなみにわたしが書いたのはageたレスだけ...IDが欲しかったので。
#わたし自身も、うわーなんでこんなに沸いて出るかなぁと思った。

正直、小官の反応って詭弁そのものなので、こうやって書くのも無意味な気もしますが。
#便利なので使うけど、詭弁の特徴15条(ttp://bio-diversity.hp.infoseek.co.jp/kiben.html)
#に当てはめると1,2,3,4,5,6,7,8,11,12,13ぐらい引っかかると思う。

レスをまとめて書くのってそんなに難しいですか?
「荒らしキャラだからー」で思考停止するのはどうかと思うのです。
正直あの細切れの書き込みには合理性はないと思います。
>>701の「弾幕貼らないと撃ち負ける」なんて理由はどうかしていると思うが。
#無駄に厨を呼ぶのは自業自得でしょうに。

自分に理がないのが分かってやってますよね?
お願いですから人の話をちゃんと聞いて誠実に反応して欲しいです。
自分に文句を言う奴は全部同一人物で荒らし。という反応はどうかと思います。
真面目に話している人を捕まえて粘着認定するのは冗談にしてもどうかと思い
ますし。ジョークとしてもあまり面白くなかったよorz

>>709なども大人の反応じゃありません。
誰かに罰してもらわないと反省もできないのでしょうか。
そんなお子様な反応は「小官」のキャラにもふさわしくないと思います。

722 :名無し三等兵:04/06/07 15:16 ID:???
死ぬ時は一人で死んで決して回りを巻き込まないようにして欲しい。

723 :名無し三等兵:04/06/07 15:19 ID:???
・・・721や722は禿しく海産物くさいのだが。そんなにツッコミが怖いのだろうかと小一時間ry

724 :名無し三等兵:04/06/07 15:22 ID:???
怖い、ねえ。

# ま、そう思っておくと楽なのならそうしたら。

725 :名無し三等兵:04/06/07 15:24 ID:???
ついに海産物がジサクを認めますた

726 :名無し三等兵:04/06/07 15:26 ID:???
いいから無職どうし、仲良く汁

727 :名無し三等兵:04/06/07 15:29 ID:???
オマエモナー

728 :名無し三等兵:04/06/07 15:30 ID:???
('A`)人('A`)

729 :名無し三等兵:04/06/07 15:41 ID:???
必死な奴がいるな…


730 :名無し三等兵:04/06/07 15:42 ID:???
>>725=>>727

731 :名無し三等兵:04/06/07 15:44 ID:???
gKUVKVclも小官・魔術師と同じくらいウザイ

732 :名無し三等兵:04/06/07 16:17 ID:???
真昼間から鮫が必要なようだな。
丘珠から対戦車ヘリ隊呼びますよ?

733 :名無し三等兵:04/06/07 16:30 ID:???
>>734
じゃあ俺は明野の対戦車ヘリ隊を呼ぶわ

734 :名無し三等兵:04/06/07 17:13 ID:???
>733
テキサスからミニットマン3打ち上げますね

735 :名無し三等兵:04/06/07 17:19 ID:???
>734
そうきましたか。

736 :名無し三等兵:04/06/07 17:28 ID:???
スレの内容と懸け離れて行く。
恐らく、これから愚者もくるだろうし、ますます場が荒れる事が予想される。

職人も大分減ってきたし、このまま消えてくんだろうな。このスレ。

737 :名無し三等兵:04/06/07 18:09 ID:???
                  ヽ(`Д´)ノ ループシテルヨ!!
                  (  )     ウワァァン!!
         ,. -―- 、     ,. -/  >、
      // ̄ ̄\\ // ̄ ̄\\
     //      ヽ.∨/       ヽl
.     l/         ソ /        リ
     !ヽ、       / /、\      ./.l
.    \\__,,//  \\__,/ /
.        ` ー---‐"     ` ー---‐"


738 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/07 19:13 ID:???
…小官殿、↑までの対応だと本格的に人の事がいえなくなってきます。
「以前からこのキャラだから」で済ませられるならば、自分が愚者・魔術師を名乗る事も、半分荒しの厨房であることも容認され正当化されてしまいます。
小官殿、人に説教するならば相手の話も聞いてください。 自分はかなり以前から(罵倒交じりに)これを指摘してきましたよ?


さらに言うならば、小官殿自身が言ってる事がそのまま小官殿に当てはまります。

さらにさらに言うならば…スレ違いであり板違いであり荒らしです。


さらにさらにさらに言うならば。
分別をわきまえろ自称大人。 糞野郎。

739 :名無し三等兵:04/06/07 19:21 ID:???
             (  ヽ      ――――  ○  ――――
     , ⌒ヽ    (     )          // | \
    (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
    ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、  
   (            ⌒         ヽ     (     ヽ
_________________________________________________________________________________________________________
          (\                   (\                (\
    (\_/⌒ ⌒ヽ_           (\_/⌒ ⌒ヽ_       (\_/⌒ ⌒ヽ_
     ) ____  ・_つ        ) ____  ・_つ     ) ____  ・_つ
    (/      (/          (/      (/       (/      (/
  。 ゚                  。 ゚                。゚
 。 ゚                  。 ゚                 。゚
〜〜〜              〜〜〜〜              〜〜〜〜
〜〜  〜〜  〜〜  〜〜  〜〜  〜〜  〜〜  〜〜  〜 〜〜 〜
   〜〜  〜〜  〜   〜〜  〜〜  〜  〜〜  〜〜  〜 〜〜
〜〜 〜〜  〜〜〜  〜〜    〜〜〜  〜〜 〜〜 〜 〜〜  〜〜


740 :名無し三等兵:04/06/07 19:23 ID:???
イルカって美味いのかな?

741 :­:04/06/07 19:27 ID:???
なんかよく分かりませんがここにバララ烏賊置いておきますね。

             ri‐iェE^ヨ‐ri==========rェ=rェ=rェFir=ゥ
    r――――、_ノ゙ ̄ ̄ ̄ ̄|l rii-tlP―'~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |           ,;-‐!tt-l--'―||| |
    l_,,,,..=-‐'´`ー''  └-┘   ||| |
                       ̄


742 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/07 19:31 ID:???
>>739
予想を裏切らないから厨なのです。 っと。

ところで小官殿は自分が行ってる事とやってることにご自分で自覚があるのか無いのか微妙なところですが、
自分の影や鏡をみてご自分の事だと気付いていらっしゃるでしょうか? まあコレも微妙ですが。


まあリクエストにお答えして予想を裏切る対応でもして見ましょうか。

とりあえず、馬鹿と馬鹿に構う人は放っておいて何かF世界を軍事的に考察でもしようぜ。
オークに重火器与えてオーク砲兵とかオーク狙撃兵とかオーク機関銃手とか。

743 :名無し三等兵:04/06/07 19:34 ID:???
>>734
マンドリン?

744 :745:04/06/07 19:36 ID:???
× >>734
○ >>743

745 :名無し三等兵:04/06/07 19:36 ID:???
>>742
とりあえず自作SSのオークではどうよ、と。
クロスボウを集団運用してるんだからマスケット銃くらいならいけそうに思えるが。

746 :名無し三等兵:04/06/07 19:48 ID:???
なぜかRPG持ってるオーク。

747 :名無し三等兵:04/06/07 19:50 ID:???
オークはPKMを腰だめで撃ちます。

748 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/07 20:07 ID:???
>>745
マスケット銃はまだ発明されていないから…と設定の事はどうでもいいな。
マスケッターオークというのも楽しいかもしれない。
その場合オークはいかにして銃と火薬を手に入れるか…銃本体は略奪し後は模倣して作り、鉛玉は鋳型で。
問題は火薬の調合。 連中に火薬の組成がわかるのか? 黒色火薬は硝酸カリウム75%、硫黄10%、木炭15%ではあるが…
金属精錬技術はあっても、火薬を調合する技術と知識があるのかは微妙なところだね。
やはり、銃同様火薬も略奪して手に入れるしかないのか…まてよ、誰かがオークに銃と火薬の製造方法を教えたら…?

>>746
AKとRPGで武装したオークゲリラ兵。 良いな!

>>747
本格的にF世界の生物に近代装備を与えるSSが読みたくなってきた…

749 :名無し三等兵:04/06/07 20:13 ID:???
AKとRPGってどこから持ってくるの?

750 :名無し三等兵:04/06/07 20:14 ID:???
異世界から召喚します。

751 :名無し三等兵:04/06/07 20:44 ID:???
>>750頭の弱い種族に武器持たせると危険、ってネタがありましたが・・・
オークの場合、大砲等が破裂すると分かってても打ち続けそう。
射撃レートの常識をまるで無視しそうだから、敵味方どっちにも怖いか?

(真鍮の大砲は脆いため、打ち続けるとすぐ爆発し、そのために死んだ
王様もいるそうで)

752 :名無し三等兵:04/06/07 21:08 ID:???
何かで「ネアンデルタール人の特殊部隊」というのを読んだ覚えが……

753 :名無し三等兵:04/06/07 21:09 ID:???
>>740
食べられる、近所のスーパーでたまに売ってるし・・・。そもそも、漏れ住む地域では昔は良く食べていたそうだ。昔と言っても数十年前までだけどね。

754 :名無し三等兵:04/06/07 21:13 ID:???
>>659
自分の書いたレスが、何故ここに?
まぁ、あのスレもこのスレと若干似ているから、このスレの住人が見ていても不思議ではないな。

755 :名無し三等兵:04/06/07 21:28 ID:???
>>751
頭の強い種族に武器を持たせてみる。
知的好奇心からまず分解される。

756 :名無し三等兵:04/06/07 21:33 ID:???
>754
見てたのが愚者だがな。

757 :名無し三等兵:04/06/07 21:35 ID:???
>>755
そして仕組みを完全に理解されたり。

758 :名無し三等兵:04/06/07 21:44 ID:???
そこでモンキーモデルですよ。

759 :名無し三等兵:04/06/07 21:53 ID:???
工業製品をコピーするとして、ちゃんと精度出せるの?

一発撃ったら薬莢が焼き付いちゃう銃とか、ブローバックがまともに働かない銃なんて
作っても仕方ないと思うんだが。

760 :名無し三等兵:04/06/07 21:54 ID:???
それを繰り返して、技術は進歩するんだがな。

761 :名無し三等兵:04/06/07 21:57 ID:???
何度か出てきたが合金鋼で作った刀槍甲冑を売りつけるとかの路線が良いかも。

762 :754:04/06/07 22:01 ID:???
>>756
それはそれということで・・・。さて、鉄板に戻るかな。それじゃ。

763 :名無し三等兵:04/06/07 22:01 ID:???
技術の進歩を言うなら、先込め火縄銃から始めないと。

764 :名無し三等兵:04/06/07 22:09 ID:???
>>672
隣の半島ですか?

ところで小官殿、J隊の中の人は投票に行く人はどのくらいなのでしょうか?

それと…もし入れるならどの党に入れます?

765 :名無し三等兵:04/06/07 22:14 ID:???
>>748
鉛弾って鋳型で作ってたっけ?
以前水の中に液体の鉛を滴下して作ると聞いたことが…。

766 :名無し三等兵:04/06/07 22:32 ID:???
>>765
普通は鋳造

767 :名無し三等兵:04/06/07 22:37 ID:J3sayTCi
銃について参考になるかはわかりませんが、こんなのありました。
http://www.geocities.jp/irisio/bakumatu/arms.htm

768 :名無し三等兵:04/06/07 22:40 ID:uL1cj3xO
>>766
全部鋳造

769 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/07 22:50 ID:???
マタギの人は昔自分で鉛弾を鋳型で作っていたよ。

770 :卓ゲ板から(略 ◆/oj0AhRKAw :04/06/07 22:51 ID:???
ローラ・インガルス・ワイルダーの著作に、
狩りに行く前日に、鉛を溶かして弾を鋳造するパパが描写されていたのを思い出しますた。

771 :名無し三等兵:04/06/07 23:09 ID:???
エロゲ板から。
セイレムの魔女たちっていうゲームのヒロインが
鋳型を使ってライフルの弾を鋳造しているシーンがあった。

772 :名無し三等兵:04/06/07 23:12 ID:???
>>771
丸玉なら個人鋳造できるだろうが、ライフル弾は無理だよ。

773 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 23:17 ID:???
言ってみるモノだな? 彼のレスが短くなって読みやすく為っている!
ま、相変わらず変な皮肉っぽさを出して賢く見せたいらしいがな(渋みの有る苦笑)。

>>764
 質問には答えるさ。…選挙は「投票する様に」念を押される。自らの思想信条に従って
投票も可能さ。営内者なら先ず「行かされる」。相互監視が行き届いているからな(微苦笑)?
 不在者投票が圧倒的多数さ。投票日に行くより遥かに「空いている」からね。
それに投票日が演習や警衛、当直の勤務日に為っている場合も有る。…投票する党は…?
 秘密投票を馬鹿正直に信じる軍板住人は居ないだろう。無難な線を撰ぶだろうよ。
若しくは…自衛隊を支持してくれる党さ。共産党にも入れた事も有るが…譴責はまだ無いよ。以上さ。
 人の振り見て我が振り直せ、だと? 小官は冷静だが『愚の字』は本気で書くからな? 煽りレスを。

774 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 23:19 ID:???
>>772
 …んーと、ファクトリー弾しか知らんのでは無いか? リロードツールは、存在するぞ?

775 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 23:32 ID:???
そりゃあ、工作精度は比べ物にならんがね? 
機関部がブロックからの削り出し加工から創られた古い銃と…プレス加工の新しい銃。
コスト的には断然後者の方が安いが…弾が切れた場合の、いざと云う時の信頼性は…?
と建設的な意見を書いておくぞ? 個人批判は中傷や皮肉では無く、な? (大爆笑)以上。

776 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 23:37 ID:???
 銃器も良いが、工作にどの様な『道具』が使用されて居るかを考察しなければ片手落ちだよ。
従の『ファンタジーファン』が世界観を詰めたいのなら、主たる『軍事板住人の一人』としては、
こう言う考察でレスを埋めても構わんのでは無いかと小官は『一人で』思うぞ?
 何かこう書かんと、噛み付き癖の悪い奴が『総意』と解釈して難癖をつけ始めるからな? 

777 :名無し三等兵:04/06/07 23:43 ID:???
小官殿
所詮バカの言う事ですよ
放っておきましょう

>若しくは…自衛隊を支持してくれる党さ。
昔、「裸の自衛隊」っていう本を読んだんですが、
当時の自衛官はよく旧社会党・共産党からの嫌がらせを受けていたので
絶対それらの党には入れなかったとか書いてました
今もそれらの党からの嫌がらせってあるのですか?

778 :名無し三等兵:04/06/07 23:44 ID:???
>何かこう書かんと、噛み付き癖の悪い奴が『総意』と解釈して難癖をつけ始めるからな? 
>所詮バカの言う事ですよ

・・・なんでそういうこと書いちゃうかな。嵐を呼んでるのは君らだよ。

779 :名無し三等兵:04/06/07 23:46 ID:???
あれだな、小官はssよりも普通にレスしてる時の文章の方が面白いな。


780 :名無し三等兵:04/06/07 23:47 ID:???
ここもすっかり雑談スレに
食い物の話でも始めるか

781 :名無し三等兵:04/06/07 23:48 ID:???
銃器も召還するので有れば当然弾薬も。。。
それだと何でもかんでも召還ですませちゃうよね。
J隊召還時に装備していた武装のみで戦うしかない。
とすれば、カートリッジは大事に大事にするでしょうね。
弾頭は、球形だと専用工具(ペンチみたいな=秋田マタギ使用)
が無いと作るの大変でしょ。魔法で金属(まぁ鉛か)を溶解して
キャスト方式で作成すれば十分弾幕用になるかと。
型は陶器(素焼きで十分)を作る要領でOK。  かな。



782 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/07 23:48 ID:???
 同じ物を同じ精度で大量に、が工業化に措けるマスプロダクションの最低条件だ。
分結や修理にいちいち『職人』が必要な『三八式』に代表される『アレ』だよ。 
作品中にモンキーモデル云々を想像する前に小官は意地悪く言って置くぞ? 
 最低でも『共食い』の出来る製品を作製可能なのか? それが問題なのだよ。
狙撃が可能な銃を出すならなおさら技術的背景を描写しなければ『不自然』極まりない。
 だから何かモノを書くには『多岐に亘る知識』と『背骨』が不可欠なのだよ。 

 ま、『そんなウザイ事言うな! 』と突っ込む奴は…ネタで満足して良いよ。ウム。


783 :名無し三等兵:04/06/07 23:52 ID:???
あるだろうね。まだ、中共とかの影響力が入ってるだろうし。
じゃなきゃ、批判されながらも北朝鮮を養護しない。(憲法改正阻止とか)

どうでもいいが、愚者側の人達って会話のすり替えが激しすぎで会話にならないな。
詭弁という指摘自体が詭弁なんだよな。よく考えたら。
レスに対する指摘も詭弁だし。スレの内容とまったく関係ナインだよ。
感情的になり過ぎ。小官に釣られ過ぎ。

小官を潰したいなら、小官の土俵できっちり寄り切って見せないとどうしようもないだろ。
小官だって、方法はともかく愚者の土俵で寄り切って見せてるんだから。
端から見たら愚者はダダこねてる様にしか見えないんだよな。味方がいなくて。

結局、今では荒らしを宣言してスレの雰囲気悪くする一方だし。
なにがしたいんだろうか。なんなんだろうか。

784 :名無し三等兵:04/06/07 23:56 ID:???
リローディングツールは、保有装備の中にタマタマあったと。
リロードが一番大変そうでつね。
そうするとケースレス方式の小銃は弾薬切れ時点でOUTですね。
J隊採用銃器は変なSFに出てくるようなモンで無くてヨカッタヨ〜。

785 :名無し三等兵:04/06/08 00:01 ID:???
>小官だって、方法はともかく愚者の土俵で寄り切って見せてるんだから
ワロタ。小官さんの土俵にたつのは困難と思われまつが。
「かまってもらいたくて仕方がないんだよ」って誰かが言ってたよ。

786 :名無し三等兵:04/06/08 00:02 ID:???
>愚者側の人達
それは変な漢字の人とか380とか?

787 :名無し三等兵:04/06/08 00:04 ID:???
昼間はなぜかアンチ小官が多いような気が…

788 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 00:05 ID:???
>>777
 カン違いしてる馬鹿は今だに居るさ。営内者の休日の外出時は『昔は』制服だったが、
今はそいつらの陰に陽に亘る『嫌がらせ』の成果で『私服』がデフォルトと為った。
 『制服』で外出するのは『近くの官舎に住む営外者の出勤時』か、『公用外出』か、
『公務』か『帰郷広報』時位に為ってしまった(笑)。この御蔭で大分、彼らは見分けが
つかなくなったらしい。…が、実は直ぐに解るのだ。二人で歩いていると足並みが妙に
揃っていたり、襟足やモミアゲが妙にすっきりしていたり、シャツをトラウザースの中に
入れていたり、な? 自衛官の、哀しいサガだよ(微苦笑)。…何とピアスまでしている奴も
居るのだ。…外出時のみだがね? 時代は変わったよ。…叱ったら震え上がって小便漏らしてたが。

>>781
 弾頭は球形では困る! アレは有効射程距離がな、ググッと落ちて使い物に為らんのだ!
形一つ取って見ても、『戦訓』は活きているのだ! それならば哀しいが『銃身寿命無視』で、
『ミニエー弾方式』の方が遥かにマシだよ。空気抵抗は…結構強力なのだよ。
 まあ丸形弾丸の当たった際の傷口は格好の『残酷描写』の駆使する所と為るのだがね。

789 :名無し三等兵:04/06/08 00:16 ID:???
>788
それで制服を見なくなったのか〜。納得しましたわ。
陶器の型で作るのは球形弾とは考えていません。
焼く前の粘土にばらした弾頭の先を押しつけて型を
作るのですよ。押しつける前に先端に危ない加工を
しておくとオークなどの体格のよい奴らにもてきめんな
威力を発揮する妄想。でも銅のジャケットがないと
銃身の手入れが大変そうですね(漏れの脳内ですが)。

790 :777:04/06/08 00:16 ID:???
>>788
小官殿レスサンクスです
なるほど…
あと、やはり所謂「プロ市民」の嫌がらせもあるんでしょうね

>二人で歩いていると足並みが妙に 揃っていたり
これは元自の俳優、今井氏も言ってました
やはりそうなっちゃうんですね(w

791 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 00:22 ID:???
 この道の初心者は哀しい事に直ぐ『珍奇な新しいモノ』に飛びつく癖が有る。
 だが、真の軍板住人は『補給・需品』や『継戦・運用』観点から考察せねば為らんのだ。
その兵器で教育を受けた人間の数すら考えて、議題を論じるのさ。『カッコイイから出す』
それも良かろう。しかし、それだけでは『軍板住人の心の琴線』にはとても触れる事は…
不可能だ。だから…SS職人が増えない理由が其処に存在するのだ、と小官は勝手に思う。
 
 兵器一つを出すためにも論理の『起承転結』が必要な板。だから小官は…軍板が大好きだ。

792 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 00:33 ID:???
>>789
銃身内部のクロム鍍金が持つか持たぬかが勝負の決め手さ。…銃身が使えなく為った時点で
64式は…補給処送りだ。結構薬室部は丈夫さ。削り出し加工の高級品なのは素直に認めるよ。
NC旋盤やロストワックス工法の有る現在でも懸かるコストが高すぎる工作法で作られ、良質の
素材をふんだんに使われた銃だからこそ…手入れを怠らなければココまで持つのだよ。
>>790
 ああ、スキップ染みた『足を、換え! 』をささっと遣ってみたりな? ただ立っているだけ
なのに握り拳つくって、胸張って顎を引き気味にしてたり、な? …習慣は直せんよ。
 …小官の説教癖もな? 嫌われても、誰かが言わねばならんのなら…小官が言うしかないよ。
そう言う生き方を今まで、して来た。その御蔭で嫌われたりもするが…解ってくれた人間も居た。
 実社会では、嫌われる勇気を持たぬ大人が多数派だ。敢えて小官、信念に従い、それに背を向ける。以上。

793 :名無し三等兵:04/06/08 00:35 ID:???
ここですべき質問ではないのかもしれませんが……
弾頭自体にライフリングのある弾って存在するのでしょうか?
ショットガンにはライフルドスラッグというのがあるみたいなんですが……。

いえ、F世界で銃を自作するにも、銃身にライフル切るより弾に切る方が楽かなぁと……(´・ω・`)

794 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 00:46 ID:???
 ウム。勉強しているな? …まあ、戦車砲方式の試作品で…尾翼の着いた奴は聞いた事は有るな?
…螺旋一つ刻むにしても、金属加工技能を持った『職人』が数名、必要と為るのは間違い無いだろう。
 まあ、風力や水力を利用した『機械力』を利用している、とするならば問題は無いだろうが…。

 だが、そこで考えるのが『軍板住人』だ。限られた『労力・資材』をいかに『有効活用』するか、だ。
命中率を上げるよりも、大量に製品を揃える方が『先決』と考えるのさ。まあ、向こうの世界がそう考える
と云う補償は何処にも無いがね? だから、職人も銃器作成に廻すだろうし、『機械力』も別の兵器作製に
運用するだろう、と軍板住人は『考察』する訳だ。『何が有用で、何が無駄か? 』それが、基本さ。

 君の目の付け所は非常に良い。賞賛に値する。命中率重視なら…それが手っ取り早い。だが、もっと大きな
視点で見るならば…それは、『不要なもの』と判断され、『無駄』と為りかねないのだ。気に障ったら…スマン。

795 :名無し三等兵:04/06/08 00:51 ID:???
結論。

f世界には、銃は撃てても銃や弾を作る事は不可能。

796 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 00:53 ID:???
 あ、上のレスは弾丸に刻む話な? たまに『話の解らなくて、また理解する能力の無い奴』が
「ライフリング要らないんですか? へぇ〜」なんて得意げにレスを返したりするからな?
 
 そう言うのが『昼間』に増えているので、事前に置いて置く。ホント、得意げで可愛げの無い(笑)。

797 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 00:58 ID:???
>>795
 それはちと早計だ。火薬の発達状況、金属精錬の技術等の技術的ブレイクスルーを果たしていれば、
作製事態は不可能では無い。ただ、『自衛隊並み』の連発機構を持つ銃を大量に揃えるのは、ちと辛い
かも知れんと云うレベルだよ。そこまで考察してこその、このスレ独特の『味』だと小官は思うぞ。

まあ、彼らは生物云々の考察は大得意でも、『戦うための考察』が嫌いならば、強制はせんがね。以上だ。

798 :名無し三等兵:04/06/08 01:08 ID:???
>>774
リロード弾はあるけど、ブレットはできあいのものを買ってくるのが普通。

鉛をキャストして作る弾もあるけど。
単純なハンドガンやライフルの類ならともかく、ガスオペレーッテッドな
自動小銃の類にそんな弾を使ったらあっという間にガスポートがつまってオジャン。
クロムめっきもへったくれもないです。

799 :名無し三等兵:04/06/08 01:08 ID:???
線条とかって中世レベルの学問レベルで理解できる代物なのか?
F世界って魔法が幅効かせている(と仮定されている)世界だろ?
工学ってそこまで発達してるモノなのだろうか・・・

とつっこむと、そこら辺は勘弁してくれってなるんだろうけどな。あの人等。
自分は突っ込むクセにそりゃねえよな。

800 :名無し三等兵:04/06/08 01:09 ID:???
>798
それってアメリカの常識?
普通って言われてもピンと来ない。

801 :名無し三等兵:04/06/08 01:12 ID:???
ちょっと遅いレスだけど。
硝石は家畜小屋のの地下を掘って採取する...家畜(人間でもいいが)のウンコ起源のブツなので。
でオークの類が家畜を飼うんだろうか?

丁寧に育てたりするような、まめな種族という印象はないので、少なくとも
材料は略奪になるのではないかと思う。

802 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:16 ID:???
>>798
 だから言ったろうが? 工作精度の範疇だろうと? それしか無いならそれ遣うしか無い。
贅沢は言えん状況なのだ。『持つか? 持たぬか? 』焦燥感を抱えながら弾を撃たざるを
得ん『自衛官』に心をときめかせてこその軍板住人だと、小官は素直に思うぞ? 
 貴君にこの言葉を捧げるよ。『やってみなけりゃわからない』まあ、こんなレスで、以上だ。
因みに軍用品は何故軍用品と言われているか解るな? …小官の皮肉だよ。

803 :名無し三等兵:04/06/08 01:17 ID:???
連発できる銃……とりあえず薬莢作れなきゃダメですかね?
木製の薬莢使ったリボルバーみたいので、一発打つごとに手で回して
撃ち終わったら後ろに下がってシリンダー交換して……
って数撃つなら普通に信長式鉄砲隊でいい? (´・ω・`)

804 :名無し三等兵:04/06/08 01:17 ID:???
>>800
アメリカの田舎のオヤジにとっての普通かって言うとちょっとよくわからない。

でも競技でやっている人なら普通。

ガスポート云々抜きにしてもレットブレットなんか使ったらバレル内に
へばりついてクリーニングが大変なことにはなる。
クリーニングは薬剤を使うので、バレル自体も劣化する。

弾代けちってバレルおしゃかにするのは本末転倒でしょうね。

805 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:18 ID:???
はん? 綿火薬か? 黒色火薬か? 何? 問題は硝石だけなのか? 卑小化するなと言っているのだよ! 

806 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:20 ID:???
>>803
それなら装填済みの銃身回転させる方式の方がギミック的にも美味しいだろう? と言って見るぞ?

807 :名無し三等兵:04/06/08 01:31 ID:???
>>802
いやぁ。>>789のノンジャケッテッドなブレットではバレルのクリーニングが
大変だろうという質問に対して>>792で「クロム鍍金が持てば」なんて寝言言っ
てるから。

64式のような銃の場合、バレルがどうこうなる前にガスポート詰まってオジャ
ンなのよ?といってみたわけよ。

こんなのは、実際に試すまでもなくわかる。

まぁ理屈はわからなくても引き金を引けば弾は出るし、分解組み立てもできる
わけだけど。


808 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:31 ID:???
>>738の言が小官を召喚してくれた。黙ると言っているのに、相も変わらず学習能力が…な?

 寝た子を起こすんじゃないの(笑)! 折角手加減したと言うのに、少しは慎め(微苦笑)。
正統派論調でいじめても、荒らし論調でいじめても懲りんか…諸君、閣下並みに受け入れて遣ってくれ。
 このスレ名物としてな(大大大爆笑:しかも腹を抱えて)? 小官? ただの嫌われ者だよ。お休み、諸君。 

809 :名無し三等兵:04/06/08 01:33 ID:???
>>808
・・・そんな昔のレスにレスつけるなよ。

810 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:36 ID:???
 付き合って欲しいのか? …ノンジャケッティド? 論理展開は貴君の側に有る。
規定も貴君だ。まあいいさ。撃った経験が有るだけマシだよ。訓練で飽きる程にな?

 まあ、射撃場で撃ってる『だけ』の人間には『組織力』でカヴァーなんて発想は死んでも
出てこんだろうな。軍組織は個人で撃ってるワケでは無い。問題を卑小化させるな、と言っているのだ。 

811 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:37 ID:???
おいおい? 昔のって…本人か? 

812 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:39 ID:???
全く…全てにアヤ付けりゃあ良いと言う物では無いのだぞ? 少しは脊髄反射を慎め。

813 :名無し三等兵:04/06/08 01:43 ID:???
小官殿の「技術的な」話にはどうも嘘...とまでは言わないまでもひどくいい加減な
部分があるわけですよ。分野によっちゃ素人のオレがわかる程度の。

となるとほかの部分も「オレにはよくわからんがなんだかうそ臭いなぁ」と
感じる用になってくるわけ。

一事が万事。なわけだ。わかるよな?

>>810
組織がどうがんばっても、自動小銃でレットブレットを撃てばつまるのは変わらん。

組織ががんばってミリタリボールを前線に必要な分だけ送り届ける。という話
ならわかるが...そういう話をしてるのか?そうは見えんがな?

ならそんなに一所懸命話をそらす必要はないだろう。どうだ?

814 :名無し三等兵:04/06/08 01:43 ID:???
自衛隊は国レベルの組織だからな。
個人レベルの視点で考えても粗が出るのもしょうがないか。

まあ、誰にでも誤解はある。

815 :名無し三等兵:04/06/08 01:44 ID:???
>>812
あんたにだけは言われたくなかったwwwww<脊髄反射


816 :名無し三等兵:04/06/08 01:45 ID:???
>814
そういう話じゃねえの?
数揃える事が寛容って語ってるし。

817 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:45 ID:???
 そこら辺が『賢くない』と言われる辺りなのだよ? 少しは相手の反論も先読みしろ、と言いたく為る。
拡声器で選挙演説を辺りにばら蒔いて、名前を売るには有効だが、一歩間違えば馬鹿に見えて仕方無く為る。

 物事にはリスクが付き物だ。先ずはそこから思考を出発させろ。わかりまちたか? ぼくぅ〜?

って、永久に解らんでワケの解らん所にまた噛み付くだろうな? ダメコンなんて無駄、か(笑)今度こそ、お休み。

818 :名無し三等兵:04/06/08 01:48 ID:???
使う人は、どれだけ撃てばどうなる。それを知っていれば良いと思うがな。
スペックや技術にこだわるのはヲタだけであって、実際撃ち合いをしなきゃならん兵隊やテロリストが、
そこまでの教養を得る必要性があるのかは疑問。

ていうか、オークはそこまで理解できない。と、一応突っ込みを加えておこうかな。
違うと思うけど。

819 :名無し三等兵:04/06/08 01:49 ID:???
>>817
まず、とりあえず反論できなくなると「賢くない」だのなんだのいって
その挙句まったく関係ないこと(今回は選挙演説が云々ってところな)
いってごまかすのやめれ。

非常に失礼だ。

820 :名無し三等兵:04/06/08 01:49 ID:???
>804
では鉛でないものを作ればいいのでは?銅や真鍮は中世でも鋳造加工できたんではないかいな。
これで弾頭の件は解決だね。さきっちょ穴あけて割っておけば軟体相手でも威力十分だな。
銃身は1800年頃からライフリングのある物があるな。銃器自体として作成出来るかは>>797ですね。
競技やってる人でここに来る人には、「弾幕より魔法とばしてくるヤツを遠距離から一発で打ち倒す
狙撃手に萌え〜」と言ってほしいが。


821 :名無し三等兵:04/06/08 01:49 ID:???
>>813
キミはあの変な漢字の人か380なのかな?(w

>>815
それに関しては禿同

822 :名無し三等兵:04/06/08 01:50 ID:???
つっても、撃つのはショットガン。

823 :名無し三等兵:04/06/08 01:51 ID:???
>>818
もっともな話だ。必ずしも議論する必要でなかったかもしれぬ。
しかし、嘘ばら撒くのはよくないよな。軍事関係で。

ここは 軍 事 板 だ。

824 :名無し三等兵:04/06/08 01:54 ID:???
銃弾に被帽が施されるようになったのは現実ではどれくらいからなんだろう……?

825 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:55 ID:???
 反論するだけの価値が無いからさ。無駄なレスを付けさせるな。無駄は嫌いなのだ。
脊髄反射については…ギャグさ。だっはっは。そう、『玉鋼』さ。明治の戦訓が有るだろう?
 小官、日本刀なら『語れる』と言っていたろう? 何故そこまで解らん?
強くて賢い、己しか見えて居ないのか? 可哀相な奴だな? 

826 :名無し三等兵:04/06/08 01:55 ID:???
>>804
無垢のカッパーやブラスがライフリングをちゃんと噛んでくれるかな。
あとバレルの命数も心配だな。

それよりもスムースボアのバレルで丸球で近くからぶちかましてやったほうがいいと思うが。
結構バカにならんぞ。あれは。

正直ライフリングを持った連発銃。というのは背伸びしすぎなのではないかな?

827 :名無し三等兵:04/06/08 01:57 ID:???
>>825
なら黙ってろ。負け惜しみでレスをつけるな。
それともなにか?最後にしゃべらないと「負けた」と思う口か?
小官ともあろうものが情けない。

正直、そういうやり方は漢らしくないとは思わないか?

828 :名無し三等兵:04/06/08 01:57 ID:???
だからスルー汁

829 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 01:58 ID:???
ガスポートが詰まる云々は、撃てなく為る「恐れ」だ。実際兵士としては、『撃てる限り』
撃たざるを得ん。嘘書くなと云うが、前線の兵士の心理状態まで想像してレス付けたのか?
そこら辺は賢い貴君だから当然、考えているのだろうな? 勿論、考えているな?

銃器から組織やら社会構造やらのお話が気に食わんか? そんなに人間が嫌いか? 

830 :名無し三等兵:04/06/08 01:59 ID:???
>>827
勝ち負けって…( ´,_ゝ`)プッ
厨臭くて良いね(w

831 :名無し三等兵:04/06/08 02:00 ID:???
>827
議論のすり替え。詭弁。ゴリ押し。
人の事言えねえな。

832 :名無し三等兵:04/06/08 02:04 ID:???
>>829
だーかーらー。
自動小銃のガスポートがつまったらどうなるかわからんのか?
いくら引き金を引いても弾でないんだよ。

そこで恐慌状態に陥っていつまでも弾の出ない銃の引き金を引き続けるのが
ティピカルな兵士の姿なのか?

...まぁそうかもしれんな。しかしそうわかっていればなおさらいい加減な
装備で兵士を前線に送り込むわけには行かん。
そこで組織論になるのはわかる。が組織がいくらがんばってもだめなものは
だめなのだ。わかるよな?

人間の一日に徒歩で移動できる距離は限られているし、ガスのなくなった
トラックは動かん。

もちろん組織ががんばればガス切れのトラックは減らせる。
がしかし。ガス切れのトラックをガスなしに走らせることはできんのだよ?

833 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:05 ID:???
 妙な所でミクロの視点に拘るな、と言っているのだ。勝ち負けなど当然、小官の眼中には無い。
組織戦闘なのだぞ? 正直、上層部の判断では弾薬を消費するかどうかも解らんのだ。
 『精神安定剤』の為にそんな『劣化品』を持たせるかも知れんと、少しは考えたのか?

 すべては人間観察から始まるのだ。だから半年ROMれ、との格言も存在する。…余り、情けない事言うな。
コッチまで、馬鹿になった気分にさせられるのだよ。赤は良貨を駆逐する。違った、悪貨だったよ…。

834 :名無し三等兵:04/06/08 02:05 ID:???
>>830>>831
小官か?
小手を名乗ることに決めたのならちゃんと最後までコテ名乗れよ?

835 :名無し三等兵:04/06/08 02:06 ID:???
>832
撃てなくなったら、撃てる奴が撃つ。
それだけじゃねえの?

836 :名無し三等兵:04/06/08 02:07 ID:???
>>835
全員がレットブレットを自動小銃で撃ったら全員が撃てなくなるぞ?

837 :名無し三等兵:04/06/08 02:08 ID:???
834必死だな

838 :名無し三等兵:04/06/08 02:08 ID:???
>836
兵隊って、全員一列に並んで一斉に撃ってるの?

知らなかった

839 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:09 ID:???
 自分がやるから相手も、なんて思うなよ? 世の中正直者も居る。小官のようにな?
だから、美しく滅びるのは必須だ。汚かろうが何だろうが勝ちを拾えば良い。だがそれは、
小官の、『個人的な美学』に反するのだ。小官を支える『背骨』がそれだ!

貴君に問うぞ? 『骨は有るのかクズめ』。以上だ。

840 :名無し三等兵:04/06/08 02:10 ID:???
>>838
バカか?
全員が撃てば必ず壊れる銃が持ってるってことだぞ?

841 :名無し三等兵:04/06/08 02:12 ID:???
すまん。文法が狂っててよく分からん。

つまり、全員が撃てば必ず壊れる銃が、持ってるってことだな。

なにを持ってるんだ?

842 :名無し三等兵:04/06/08 02:12 ID:???
>>839
自分がやってることを他人もやらんと思うなよ?
正直この文体とこの調子はすげー楽だな?

まぁ、突然関係ない話をする。ってのだけはまだやってないが...おっといまやってしまったな。失敬失敬。

843 :名無し三等兵:04/06/08 02:14 ID:???
>>841
バカなのか?バカのふりをしてるのか?どっちだおい?

レットブレット装填済自動小銃だ。

844 :名無し三等兵:04/06/08 02:15 ID:???
どうでもいいが、

全員がレットブレットを自動小銃で撃ったら

て話にいつなったんだ?
どこを見て、そう言う感想を抱いたんだ?
そこを解釈しないと、この人が何に対して憤っているのかいまいち掴めんのだが。

845 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:15 ID:???
スレは、個人の美意識を投影させる事が出来る。嬉しい事だ。

 だが、自衛官としては、違うぞ? 自らが汚れようが何だろうが、勝たねばならぬ。
『守るべき物のために』だ。小官、一度、それでこのスレで『本当に切れた』。
 六四式の一件だ。あの時は『小官』を捨てた気分だった。『陸自』を貶されたの
だからな? 守るべき物のためなら汚くも為れる。だが、そいつは…現実社会の中だけ
で沢山だ。ここでは…楽しく、『己を、胸を張って』生きて逝きたいだけなのさ。 

846 :844:04/06/08 02:16 ID:???
すまん。
これだと誤解が産まれそうだ。

レットブレットの蘊蓄は分かったんだが、いつからこの系統の話になったんだ?
随分、話題が矮小化した様な印象を受けるんだが・・・

で、844の疑問になる。

847 :名無し三等兵:04/06/08 02:17 ID:???
なぁなぁ、レットブレットを自動小銃で撃つ前に、
適当なボルト式ライフル造って、それで撃とうとするん違う? (´・ω・`)

848 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:18 ID:???
意図的にやったのだろう。だから小官、こうしてここに居る。怒りを持ってな?

849 :名無し三等兵:04/06/08 02:18 ID:???
つまり、全員が撃てば必ず壊れる銃が、 レットブレット装填済自動小銃を持ってるってことだな。

ますます訳分からん。

850 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:19 ID:???
>>847
創る時間が与えられて居るか、が問題なのだよ。

851 :名無し三等兵:04/06/08 02:20 ID:???
確かにムクの弾頭、うまく無い感じですね。
○でドーンの威力の件は理解はしていますが、狙撃手に萌えなんですよ。
狙撃手萌えは私ですた。 ⊂⌒⊃~Д=)⊃ハイツクバッテソゲキイチヘ
押しつけでスマソ。確かに連発ライフルはかなり無理が有る グスンOTZ。
狙撃用途で有ればタマ数はそれほどいらないと考えたんですが。
単発のライフル製造にしても結構な工業力が(ボルトアクションとか)必要
となるんでしょうね。

852 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:20 ID:???
銃が銃を持ってるのか、椿事だな?

853 :名無し三等兵:04/06/08 02:22 ID:???
>851
で、f世界にそこまでの工業力があるのかが疑問と。
魔法がある世界に工業力を期待するのは・・・て議論は過去スレでも散々出てるしな。

854 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:22 ID:???
>>851
ん? 距離をどのくらいで想定しているかにも依るが…マスケットでも作戦次第ではOKだろう。

855 :名無し三等兵:04/06/08 02:23 ID:???
>>847
そうだな。まっとうな奴ならそう考えるな。

ジャケテッドブレッドが生産できなくなった時点で、いくら状態がよくても
64式はお役御免。

>>846(=844)
そうだな。>>792の大嘘が我慢ならんってところか。
それに対して訂正するでもなく話題をそらす。その態度にも我慢ならん。
まぁこれが小官の「美意識」という奴なのだろうな。情けない。

856 :名無し三等兵:04/06/08 02:24 ID:???
自衛隊 VS 銃を持つ銃

857 :名無し三等兵:04/06/08 02:24 ID:???
>>852
メール欄

858 :名無し三等兵:04/06/08 02:26 ID:???
>855
一番詳しそうなのでお聞きします。
初歩的な事ですみませんが、レットブレットってなんですか?
銃身に関係するモノなんでしょうか。
素人ながら、弾丸じゃないかと思っていて、なんでここまで話がこじれているのか分からんのです。
講議をお願いします。

859 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:27 ID:???
>>852
ああ、スマン。早計だった。
別にそらしては居らんがね? まあ、どの時点で『覚悟して』投入するか、なんて聞いても、応えては呉れまい?

860 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:28 ID:???
被甲されて居ない鉛のコア剥き出しの弾丸、だよ。弾丸は鋳造から始まったらしい。

861 :858:04/06/08 02:29 ID:???
レットブレット=リボルバー?の弾

ジャケテッドブレッド=小銃の弾って事ですか?

その、ジャケデッドブレットってのは、生産が出来なくなる事が前提なんでしょうか。ssの背景的に。
よく話を咀嚼できてないでごめんなさい。

862 :名無し三等兵:04/06/08 02:29 ID:???
>>854
なんとか200m先のバレーボール大のモノにブチ当てたいんですが。
マスケットだと何とか射程内ですね。どのくらい集弾するものなんでしょうね。


863 :名無し三等兵:04/06/08 02:29 ID:???
弾丸の補充が難しそう→>>789ジャケット無しの弾になりそう→>>792銃身が持つかどうかが勝負だ→>>807それ以前にガスポートが詰まって撃てなくなる
>>810個人がダメでも組織がなんとかする→>>813組織がどう頑張ろうとレットブレットを使えば銃は使えなくなる
>>817使えなくなるというのはリスクだ。物事にはリスクが存在する。>>829撃てなくなる可能性があれど、撃つしかない。(そこは組織力でカヴァーする)
>>832組織がなすべき事は、撃てないのに撃つという状況を減らす事である。(それ故にレットブレットの使用の使用の回避を徹底すべきである)
>>833無いよりマシという事ですぐ撃てなくなる弾を持たせる事もあるかもしれない

流れを整理するとこうなる。
本来は「レットブレットを使うとどうなるか」という話だったのだが、そこで小官が「銃身が持てば大丈夫」と間違った発言をした。
そこでそれを指摘されると、「撃てなくなろうが組織戦闘では撃つしかない」という話にシフトさせようとした。
という流れに見えるな。


864 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:31 ID:???
 いきなりミクロから突っ込むから、ワケの解らん事態に為る。系統立てて論理展開せんとイカンだろうが?
エンターテイナーたる自覚が足らんぞ? あと、ストーリーテリングも少々難有り、だな(笑)。

865 :858:04/06/08 02:32 ID:???
レットブレット=作ったまんまの弾丸って事ですか。
てことは、ジャケテッドブレットは製品版って感じですね。
理解しました。

で、なんで自衛隊がその弾を使わなければならないと言う事になったんですか?

866 :863:04/06/08 02:34 ID:???
漏れも知識無しで書いているので間違っているかもしれないのだが、
異世界に行った場合には弾薬の補充というのが難しくなるだろう、という話からだと思う。
この世界のように高度な技術で作った弾の補充が出来なくなるのではないか、というところから始まった話であると認識している。

867 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:34 ID:???
>>861
ウム。まあ、弾丸一般の用語だよ。簡単に言えば>>860だ。
>>863
悪意が見えるな? まあイイか。罵倒合戦よりはマシだろう。

868 :858:04/06/08 02:37 ID:???
>863
感謝。分かりやすい。
デジャヴを感じた。過去にもあったなこう言う事。

でも、やっぱり違和感があります。
なんでレットブレットのみになってるんでしょうか。
ジャケテッドブレットも何割か使われていないんでしょうか。背景的に。

レットブレットも使わなきゃいけない局面になるかもしれないって事でしょ?
なら、全部の銃器が壊れるとはならないと思うんですがどうでしょう。

まぜちゃうとダメだけど。この二種類を。

869 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:37 ID:???
>>862 スマン。無風状態でも弓使った方が良いかも知れん。

>>865 小官も其処が知りたい。

870 :名無し三等兵:04/06/08 02:38 ID:???
>>863
こちらの意図はそのような感じです。ありがとう。

871 :858:04/06/08 02:40 ID:???
>366
またまた感謝。
高度な技術で生産が可能だったので、f世界下では無理では?
て話でしたか・・・

それは召喚された日本本土では作れないんですか?アメリカからの輸入なんでしょうか。
なら、生産は無理っぽいですね。

872 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:40 ID:???
 ああそうか、ジャム云々のお話をしたかったのか! スマン、それは悪い事をしたな? 
それしか無いならそれ撃つ。命令ならばな? ただ…まともな弾とそうでない奴があったら、
当然まともな方を皆使いたがるだろうと言うお話さ。  

873 :名無し三等兵:04/06/08 02:40 ID:???
>>865
>>863のまとめを参照されたし。


874 :858:04/06/08 02:40 ID:???
訂正。

>866です。

875 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:42 ID:???
当然弾薬はニッポンで作っているさ。だから、『?』なワケでな?

876 :858:04/06/08 02:47 ID:???
f世界でどれだけ使う事になるかは分からない訳で、一概に足りるとか生産が追い付くとかは分かりませんが、
私的には、ここまで話が大きくなるほどの話題でもないと思いました。

では。

877 :名無し三等兵:04/06/08 02:48 ID:???
ジャケテッドブレットがなくなりレッドブレッドを使用せざる得ない状況
になる。というのは大前提でそこからの議論だった。
なのでいまさらそんなことを言われても困るな。
>>863の議論の流れを参照されたし。

一方物資としてはカッパージャケットよりも鉛のほうが先に不足しそうではある。


878 :名無し三等兵:04/06/08 02:49 ID:???
スレ初期の、
(生産の為のインフラを持たない)自衛隊がファンタジー世界に召喚されますた
なら、その話になるな。

879 :863:04/06/08 02:51 ID:???
それは、おそらく「F世界の住民(オーク)が装備」という話からではないでしょうか。
銃器を手に入れたとしても弾薬が問題、という話で。
また、>>781の「J隊召還時に装備していた武装のみで戦うしかない。 」時にどうするか、というのもそれを加速させている気がします。
つまり、「f世界で現代の弾薬を確保出来ない場合にどういった問題が起きるか・どう対処するか」という話なのでしょう。

勿論、「弾薬だって日本で作っているからしてその設備が同時にf世界に来ていれば問題無し」という命題は真でありましょうが、
それではそもそもの仮定に反するわけです。
個人的には、こういう知識は持っているが設備を持たない状況下でどうするか、という思考実験は好きであります。

880 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:51 ID:???
 ウム。小官もそう思うな。で、クリーニング回数増やせばイイと前にもう誰かが言っていた筈なのに…?
どうしてこじれちゃうの? が小官の大きな疑問だよ。ねえ、教えて偉い人! …賢い人でも良いが。

881 :名無し三等兵:04/06/08 02:52 ID:???
>863のさぁ、>789の解釈ってオカシクネ?
銃身の話をしてるから、小官も銃身について話しただけの様に感じるんだけど。

まあ、小官もいい訳もどうかと思うが。

882 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:53 ID:???
いい加減、コテ名乗れ、863よ。もう解ったから。さあ、語り合おう。

883 :名無し三等兵:04/06/08 02:54 ID:???
>879
しもだかげき先生をお勧めする。

884 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:56 ID:???
おお、小官も昔に読んだな? PKO部隊転移のお話。

885 :名無し三等兵:04/06/08 02:57 ID:???
俺の愛読書。
馬鹿っぽくて飽きない。

886 :863:04/06/08 02:58 ID:???
持っていないコテは名乗りようが無い。いや、ホント、2chではほとんど名無しなのさ。
何か適当に名乗っても良いのだが、軍事関係の知識の欠如が著しいが故にこのスレで活躍出来そうに無いしなぁ。
ついでに言えばいい加減寝なきゃマズい時間。明日は7時おき。
>>883
なんとなく先入観でいい加減そうな気がしてしまうのだが、薦められる以上は読んでみよう。
申し訳無いが書名も宜しく頼みます。

887 :名無し三等兵:04/06/08 02:58 ID:???
淀君とヤッちゃったり 伊達家の子孫だったりと御都合主義満載
日本人の妄想を極めたりw

888 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 02:59 ID:???
そう、戦国に行ったり幕末へ行ったりな? 長島巨人軍バージョンも存在したかな?

889 :名無し三等兵:04/06/08 02:59 ID:???
>>851
ライフルの発明と産業革命はそうかわらない時期だったかと。
つまり、工業製品としてのライフルを製造できるようになるためには産業革命
以降のテクノロジが必要。
ファンタジー世界側にそれだけの技術力を持たせるとなると...われわれが想
像する「ファンタジー」を逸脱するように思うがどうだろうか。
なにしろ工場労働者が発生してしまうわけだからね。

もちろんファンタジー世界は史実の地球と違った技術史を持つとは思われるが...
魔法という性質(個人に依存する。科学と違い再現不能)を考えるに、産業革命の
ような出来事はより遅れるように作用しそうだと思う。

魔法(にしか見えない進んだ技術)によるアイテムが少数存在という...あまり
面白くない結果になりそうだ。

ただ、技術レベルが低くても簡単にコピーできる技術もある。
銃床の存在は命中率の向上に大きく貢献するが、コピーは簡単だ。

自衛隊の小銃を参考に銃床付きの火縄銃が生産されたら。史実の火縄銃より
命中率はだいぶ上がるのではないだろうか。

890 :名無し三等兵:04/06/08 02:59 ID:???
タイトル書いてあげなさいよ

891 :863:04/06/08 02:59 ID:???
>>887-888
それはどんな小説なんだ……物凄く気になるぞ……。

892 :名無し三等兵:04/06/08 03:00 ID:???
戦国の長嶋巨人軍がハッチャけてておもろい。
織田信長と野球やってるし。

893 :名無し三等兵:04/06/08 03:01 ID:???
しもだかげきでブックオフへ。
いっぱいある。似た様なの。

彼の作品は全般的にいろんな意味でおもしろい。

894 :名無し三等兵:04/06/08 03:03 ID:???
火縄銃を備え付ける道具ってなかったっけ?
カメラの足みたいなの。

895 :名無し三等兵:04/06/08 03:04 ID:???
ただの鉛玉を撃つと確かにガスオペの機構に悪影響を与えそうですが
銃身にも悪影響が有るようですね。軍板の外のスレとかを見るとわかるよ。
だから、銃身が逝かれるかガスポートにかすが詰まって動作不良を
起こすかという問題は五分五分でどうなるかわからないと思うんです。
単純なジャミングも多くなりそうな気がするんですが。
中世クラスの技術で弾丸や火薬が作れるか、それをJ隊の自動小銃で
使ったらどうなるのかということを話していただけだと思うんですが。
弓矢や剣があるんならF世界の香具師らも銃や大砲も作ってみたいと
思うんではないですかね。
「ハイテク兵器 vs 剣と魔法。」に違反するから怒る?

896 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 03:05 ID:???
彼こそ真のエンターテイナーだ! 故・胡桃沢耕史氏とツートップを極めていると小官思う。

897 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 03:07 ID:???
小官的には問題無いと思うが…な? 魔法大好き君はその流れが嫌だからこじれさせたのか?

898 :863:04/06/08 03:12 ID:???
スマソ、見落とした。
>>881
「何故銃身の手入れが大変か」という理由の説明で両者の食い違いが発生した、と認識してるのだが間違っているかな?
また、仮に807を新たな問題提起とみなしても、やはり小官はそれを無視しているのは確かなのでおおまかな流れには影響は無いかと。
でも、確かに789の解釈が807に引き摺られているのは確かだな。指摘サンクス。
>>893
了解、今度行ってみよう。正直髪の毛の色がはっちゃけている不思議おじさんという認識しかなかった>しもだかげき
>>896
正直そこまで賞賛されると漏れが担がれているのかと思ってしまうぞ。でもまぁ、読んでみよう。
>>895
異物がf世界に与える影響という観点ではとても面白い視点だと思うな。
もしも秘密流出を徹底しているのでなければ、そこを語らない方が間違っているような気がするほどで。

さ、申し訳無いが漏れはそろそろ寝ます。皆様おやすみなさい。

899 :名無し三等兵:04/06/08 03:14 ID:???

     .__
     /__|__
    /_了 ゚Д゚)ゞ
     (|〆/| 
    /|  ̄ |  
      ∪ ∪

900 :名無し三等兵:04/06/08 03:15 ID:???
f世界の技術の範囲で64式を作るとして、どのような代物がどの程度の熟成期間で出来上がるのか・・・
f世界の技術も、中世より低いと見るべきだろうし。(魔法を始めとした超越した原理の存在などで)

901 :名無し三等兵:04/06/08 03:15 ID:???
>>863が昼にアンチ小官活動をするのに1000ガバス

902 :名無し三等兵:04/06/08 03:18 ID:???
このスレを読むと、

快便になるのは何故だろう。

903 :名無し三等兵:04/06/08 03:21 ID:???
では弾丸に魔法力を込めて発射することにします。
いや、それは私の趣味ではないか。。。
明日は(いや今日か)通常勤務なのに夜間作業に立ち会いなので寝ます。
どちらさんもこちらさんも乙です。今日だけでも785からこれだけレスが
すすみましたよ。

950昼の人踏んだらスレ建設お願いしますね。m(´・∀・`)m

904 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 03:23 ID:???
 いや、無視するも何もって…六四式ならOKだろうって前提の元で小官はお話進めてたワケでな?
そりゃ他はどうか知らんが、勝手知ったるわが相棒の身体さ。隅々まで知らんと整備や分結は出来んよ。
 類似品を例に取っていたとは知らなかったよ。なんせ実物見てるんでな? 規整子からピストン棹の頭部
の構成や状況から判断したのだが、ね。で、六四式の最小部品の名前、わかったのかい? と置いて置くぞ?

誰かのためにな。

905 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 03:25 ID:???
スレの諸君よ? 小官が現役だって事、知ってるよ…な?

906 :名無し三等兵:04/06/08 03:26 ID:???
>>900
64式はちょっときつくないですか?
もし製造に魔法を使うというのなら、世界設定にもよるとは思いますが、
ある意味本末転倒ですし……

907 :名無し三等兵:04/06/08 03:27 ID:???
寝ると逝っておきながら気になるじゃないですか。
規整子って何のことですか。
ん。ガス圧!そうでつか。とりあえずググってみれと。
64式もそういうのがあるんですね。

908 :名無し三等兵:04/06/08 03:30 ID:???
>>904
なるほど。そういう事情を先に説明していただければだいぶ話が
違ってきたでしょうに。

最初「クロム鍍金が持てば大丈夫」としか言わないのですもの。
いくらツルツルだって途中に穴があったらそこにつまるだろうよ。
としかおもえんだろう。
#なにぶん素人な物で一般的なガスオペレーテッドメカの構造を前提
#にしか話ができんのだ

そこまで考察した上でのことだとは思わなかった。申し訳ない。

909 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 03:31 ID:???
 とまあ、小官も眠るか。どうも、昼も夜も『厨』度の高い奴等のターゲットに為っている気が(笑)。
まあ何だ、自動小銃を触った事の無い奴に無知呼ばわりされた小官の鬱憤は…SSで晴らすとするか。
まあ、銃口一杯に土が詰まった64式を撃っても小官は…生還しているのだがな? お休み、諸君、またな! 

910 :名無し三等兵:04/06/08 03:31 ID:???
>>905
悪いが怪しいと思ってるwwwwww

まぁ所詮2ちゃんだからな。許せ。

911 :名無し三等兵:04/06/08 03:31 ID:???
そりゃ、あんたに向けて発した言葉じゃねえからな。

まあ、当人ならごめんなさいだが。

912 :名無し三等兵:04/06/08 03:35 ID:???
人間の常識では300年位かかりそう。
機密にしても少しの漏れはあるからもうちょっと
早まるかな? 召還しちゃえば良いのであれば
既に保有しているでしょうしね。
「FU KU シャー」 とか叫んですむモノなら無敵で
何でも有りになってしまうから、それ無しだよね。

913 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 03:37 ID:???
 ま、2ちゃんだから、な(笑)。だが、コレばかりは信じて貰うしか無い。
これが小官の信ずる真の『広報活動』さ。奇麗事ならべたって、面白くも無い。
だから、生の姿をこうして語るのさ。お高くとまった美女が実は裏では…的なノリさ。

小官は皆に誠実で在りたい。だから、守秘義務をしばしば曲げてる(笑)。楽しく行こう。お休み。


914 :名無し三等兵:04/06/08 03:38 ID:???
>>910
グーさんの農家の方が俺には信じられませんでした。
おやすみなさい。

915 :名無し三等兵:04/06/08 03:38 ID:???
しもだは、鉄砲鍛冶に作らせてるぞ!!模倣品を!!!

そういう可能性はないの?
一から作るなら300年は分かるが、模倣から始まるならもうちょっと早まると思うんだが・・・

916 :名無し三等兵:04/06/08 03:42 ID:???
いや64式はちょっと高度すぎるって。
そのときに鉄砲鍛冶が既にいたんだよ。
64式レベル(そのもの)と言う前提なんで。
いかがなモノでしょうか。

917 :名無し三等兵:04/06/08 03:43 ID:???
俺は、元で現役ではないと踏んでいる。
で、どっかの工場勤め。ローテーションの所。
20代後半で独身。一人暮らしかな?

あっちの方は、
現役高校生または大学生。農業系の職業校で学んでいる。
実家は普通の家庭。特に特別な職でもない。
と、勝手に踏んでいる。

918 :名無し三等兵:04/06/08 03:43 ID:???
いや、f世界の住人に64式もおもしろいのはおもしろいですね。

919 :名無し三等兵:04/06/08 03:44 ID:???
>916
すまん。よくわからん。馬鹿にはしていない。
もうちょっと整理して発言してくれ。

920 :名無し三等兵:04/06/08 03:46 ID:???
別に64式程のレベルじゃなくても、3連発でも驚異的と言えばそうだよな。
火縄より全然良いダロ。

921 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 03:54 ID:???
>>917
 可愛く泣くぞ? ホントに? 洒落の解る自衛官だって居るのよ、ホント?
でも、20代後半で一人暮らしは当たってるぞ? まあローテーションもな?
辛いぞ? 半週交替の当直勤務は。その間、駐屯地に篭りっきりで外出出来んしな?
だからPHSが大活躍! なワケだ(笑)。パソコンは陸士時代に買ったが…まだ現役だよ。
近々教育が始まる。…前河原行きの前のな。これで小官も、今までの仲間の皆から白眼視だよ。
 ちゃんとスレには顔を出すから、安心してくれ。諸君等には世話に為っている。色々な意味で。お休み。


922 :名無し三等兵:04/06/08 03:55 ID:???
>>919
しもだのころは既に基礎的な技術が鉄砲鍛冶と言う職業としてあった。
乗り越えるハードルがちょっと違いすぎなんじゃないかとおもた。
だって、旋盤・プレス(機械工業)から火薬(化学技術)その他の総合技術
の発達が必要だとかんがえたんですよ。  お休み。またね。

920の言うようにハードルを下げればどうかとなると確かにどうだろうね。

923 :名無し三等兵:04/06/08 03:55 ID:???
>>917
俺は現役だと思うけどなぁ
あっちはただのリア厨で実家は農家

924 :名無し三等兵:04/06/08 03:56 ID:???
俺も現役に1票。

925 :名無し三等兵:04/06/08 04:06 ID:???
正直64式どころか、後装式のライフルでさえかなり背伸びしていると思う。
すでに書かれているが、そこまで到達するためには産業革命レベルの技術レベル
が必要なのだから。
で、前装式の(線条がらせん状になっている)ライフルというのはありえない
わけだから...前装式/スムースボア/丸弾/黒色火薬。
その辺が無難な落としどころだと思う。

そもそも現代の工業製品というのは、それまでの技術のうえに積み重なって
できている。ピラミッド状に重ねられたところに存在していると思えばいい。
基礎の部分をすっ飛ばして頭の部分に到達するのは無理。

工作精度などはすでに気にしている人はいるが、冶金技術だって追いつかない。
たとえ64式の形状を完璧にコピーしたとしても、ふにゃふにゃの軟鉄で作られて
いたのでは期待通りの動作はしてくれない。
じゃあ、冶金技術も持っていることにしよう...とか言ってると結局現代と同じ
技術水準を持つ相手が出来上がるだけなのではないかと。

926 :名無し三等兵:04/06/08 04:58 ID:???
寝れない。不眠症になったか。
その落としどころは私もよいと思ったんだけど遠距離射撃
したくてしたくて仕方がなかったんだ。
ちなみに前装式のライフルはありえるってか初期のライフリング
のある銃はたまごめが前からだったんだそうだ。どうやら激しく
装填しにくかったらしいよ。

927 :名無し三等兵:04/06/08 05:15 ID:???
http://www.geocities.jp/irisio/bakumatu/arms.htm
http://page.freett.com/sukechika/ishin/wepon/ishin08-02.html
http://su.valley.ne.jp/~guns/japanRIFLE_nittoku.htm
このへんとかこのへんとかこのへんを主に参考にしました。
木製の大砲があったり、ポリゴナルバレルが結構昔から
あったってのが今日の収穫。ん。眠くなった。よかった。

928 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/08 06:41 ID:???
相変わらず流れを読まず話の腰を折ってすまないが。
相手の土俵に立つ? もはやそれ以前の問題です。(つーかオレと同じ低レベルな土俵に立ってどうするよ)
今日はさらに短くレスをまとめましょう。


大人で現役国家公務員ならいい加減少しは分別わきまえろ。


ま、昨夜〜今朝のよい流れを見る限り少しは伝わっていたようですが。
では、いつもの余計な持論、小官殿で言うところの野暮でした。


929 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/08 06:54 ID:???
>>917・923
小官殿は分別のついていないアレな大人かわざとやってるやっぱりアレな大人でしょう。
現役なのは間違いなくとも、それにしたってどちらにしろやっぱりアレかと。
自分は農業初めてまだ2年ですから。 しかも実家が農業と言うわけでもなく新規就農。
畑じゃなかった土地を一から土作り始めてるんです。 最初は全然収穫にならなかったし、結構大変なんですよ? 機械買う資本も親から借りてるんですし。
小官殿っぽく言うなら、普段は大人の社会人やら無きゃならないけどまだ遊び足りないからネットで「厨房(馬鹿・莫迦)」やっている、と言う事も出来ますか。


さて、技術力云々ですが、手に入れた64式なり89式なりを分解し、その構造を調べて簡単な門から試作模倣して発展していくと言うのは悪くないかと。
火縄銃伝来ごろの日本並の金属精錬技術があれば(あるいは魔法で金属精錬とかできれば)、工夫を凝らしてマッチロックガンあるいはフリントロックガンも作れるかもしれません。
で、それが時代とともに発展してゆく…100年以上かかる事は確実ですが。
ところで火薬を魔法か錬金術で練成・生成したらちょっと卑怯なあ…原料と調合比率分かっていれば…

930 :愚者・魔術師 ◆YXzbg2XOTI :04/06/08 07:12 ID:???
自衛隊が持ち込んだものを奪って利用…していると、弾薬が尽きて機関部が壊れた時にもう使えなくなり、
便利さに頼っていた使用者は困る事になります…というわけで、その場合、便利さを維持するために模倣品から研究開発を始めるという状況が生まれてくるでしょう。
いきなりコピーなんで出来ないでしょうから、まずは火薬の調合とバレルの製造からはじめるでしょうね。
アメリカで素人が作った手製拳銃みたいなのが作られるのかも。 乱暴な話、バレルとチャンバーと発火装置あれば弾丸は発射できる…

if。最初は小型な銃身を作る技術が無いので模倣作ででっかい銃身の物を作ったりしたら…大砲がいきなり出来てしまう事にならないだろうか…

if。もし、銃身を作ることに失敗し火薬調合には成功したら。
手投げ手榴弾がF世界の戦場で活躍する事になるのかも…


931 :名無し三等兵:04/06/08 07:21 ID:???
朝から必死だな

932 :名無し三等兵:04/06/08 09:04 ID:???
ちなみに言っておきますが、無煙火薬をリバースエンジニアリングするくらいなら、
一から開発した方が早いでしょう。無煙火薬の製造も、実験室レベルならともかく
工業的な生産となるとそれなりの工業レベルと品質管理を必要とします。

# で、化学薬品のリバースエンジニアリングは、まっとうな分析装置がない限り
# まず不可能です。そのへんは魔法で何とかするか。

黒色火薬は、模倣じゃ作れないんですよね。使ってないし。

銃身については、やはり冶金技術が最大の問題で、寸法だけ真似するとまず確実に
射手を大怪我させることになるでしょう。

単発の薬莢式後装銃にたどり着くまでに、さて、何人死ぬでしょうね。

933 :名無し三等兵:04/06/08 09:30 ID:???
>>799
大丈夫。エネルギーの出入りを厳格に決定すれば
魔法はマッチやライターなみにしかならないから。

ちなみにこれは愚者が"絶対に突っ込みどころのないSS"
をあきらめた理由だそうな。


934 :名無し三等兵:04/06/08 09:34 ID:???
>>789
先を凹ませるとか?
>>792
亜鉛だと銃身が傷みやすいのであろうか?


935 :名無し三等兵:04/06/08 10:56 ID:???
自衛隊が使っていたモノを奪って利用する。

口でいうのは簡単だが、実際できるのか?
人間でも難しいと思うんだが。
レクチャーしてくれる元自衛官でもいるのか?

御都合主義満載。

936 :名無し三等兵:04/06/08 10:59 ID:???
農薬がどのレベルの施設がないと作れないか分かっていれば、
火薬がどの程度の施設が必要か分かりそうなモンだけどなあ・・・

まあ、似た様なモノっぽいし。

937 :名無し三等兵:04/06/08 11:03 ID:???
当たり前に現代工業製品に囲まれているとそれが常識になって
無感動になんとかなるんじゃ、と思いこみがちだからなあ。(苦笑

工学的な感覚で工業史をひもとくと、産業革命からここまでに
たどり着くには無数の積み重ねがあったことに気付く。
もちろん運用法とか使うための概念も同じようなもんだ。
中世人とかって我々から見るとある意味異星人なんだろうなあ。(苦笑

938 :名無し三等兵:04/06/08 12:40 ID:???
MPMGのように容易にバレルチェンジできる仕組みのボルト
アクションライフル作ったら鋳造の鉛弾でもいけるかなあと妄
想してみるテスト。

939 :名無し三等兵:04/06/08 12:46 ID:???
>>936
肥料のほうだね。

やはり工業的に生産するのは難しいと思う。
二次大戦時の(しかもドイツ級の(笑))技術力が必要とされるので。

940 :名無し三等兵:04/06/08 12:47 ID:???
とりあえず、銃関係の品物で、向こうの技術でも作れるものを順番にあげていこう。

1:黒色火薬。
2:鉛玉(球形)


941 :名無し三等兵:04/06/08 12:53 ID:???
>940
銃身はかなりのノウハウが必要だが、(鉄製)刀剣を作るだけの冶金技術があれば何とかなる。
現実の17世紀程度までの技術力ではそれ以上の段階に進むのはかなり困難だと思われる。

もっとも、天才的職人による模造品一品物ならば可能性はあるのではなかろうか。

942 :名無し三等兵:04/06/08 12:59 ID:???
F世界の住人達は、銃火器そのものではなく、銃火器のように使えるマジックアイテムを開発しそうな気がする。
もしくは銃砲の仕組みを魔法に援用するか。
魔法という便利な技術がある以上、まずはそちらで考えるんじゃないのかな。

F世界設定によって、いかようにも考えられる話ではあるが。

943 :名無し三等兵:04/06/08 13:18 ID:A+sw5Hcq
ヤツ、また噛み付き散らしてる
やっぱり勝ち負けでしか納得できないんだね

せんそうごっこは、一等賞しかないんだっけ

944 :名無し三等兵:04/06/08 13:30 ID:???
>>943 「目糞、鼻糞を笑う」って諺の意味解る?w



945 :名無し三等兵:04/06/08 13:50 ID:A+sw5Hcq
うん、理解してるつもりだよ
ごめんね、もうちょっと待っててね

ヤ ツ が 消 え て な く な る ま で

946 :名無し三等兵:04/06/08 14:35 ID:???
>>942
本来魔法師のみしか使えないハズの術を
パンピーどもにも使えるようにした擬似製品の出現か…

947 :名無し三等兵:04/06/08 16:54 ID:???
俺たちは議論を求めているんじゃない!!!
作品を求めているんだ!!!

948 :名無し三等兵:04/06/08 17:04 ID:???
呪術を用いた銃の疑似製品、その発射メカニズム

引き金を引く→ハンマーが動く→銃の中に待機している妖精さんのお尻を叩く
→妖精さん、それを合図に弾丸にとり憑く→妖精さん、銃の内側を蹴り、弾が発射される
→妖精さんはしばらく推進剤として働く。

引き金を引いてからの応答速度、弾速、命中率などは妖精さんの個人技量に依存します。

949 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 17:15 ID:???
体力練成終了。スレ覗いて、激昂。コイツは酷い! 悪い冗談だ! 今時の『ぼくたん』だ!

>>928-930 
なあにが伝わっただ? 偉そうに! スネ齧りごときが良い大人の真似をしようとするな。
苦笑どころか反吐が出る。気味悪さでな? 餓鬼が良くもまあ増長する、と言った感じだな?

と、軽いジャブだ。消えて無くなれんよ。高校の時に、質量保存の法則を、勉強したろう? 
それとも化学で赤点取ってから、魔法に目覚めたか? で、理屈が通用せんつまらん輩の相手は
コレくらいにして、と。

 今日の小官の意見だ。
 …発火装置だ。雷汞、雷酸水銀の登場が現代の金属製カートリッジの発展と隆盛を生んだのだ。
衝撃を与えれば発火する化学薬品の存在を、『魔法』に変えると言う発想が何故出て来んのかと、
小官は正直に落胆を覚えた。そうすれば弾薬の安全性も格段に上がるし、製造工程も減らせる。

 余裕の有る所を見せたいのなら人を中傷などせず、コレくらいの案は出して見せてくれよ? 

950 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 17:18 ID:???
と書き込んだら、ネタが被ったな? 2番煎じに為って…しまったわ! 小官落胆。

追伸:お餓鬼さまはセ○ビー飲んでも大人の振りしちゃ駄目です。所詮、子供は子供です。

さあ、950は誰の手に! 

951 :名無し三等兵:04/06/08 17:19 ID:???
>>950
次スレよろ。

952 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 17:19 ID:???
って、自分で踏んじゃったか…結局スレ立ては3度目だな? 

953 :名無し三等兵:04/06/08 17:32 ID:A+sw5Hcq
やつ、叫んでる
せんそうごっこ、相手を脅かすのが勝利なんだね

消 滅 し て く だ さ い

954 :名無し三等兵:04/06/08 17:34 ID:???
小官殿に私信

>>953みたいなアフォにはくれぐれも反応しないでください。
他のスレ住人が迷惑なので。

955 :名無し三等兵:04/06/08 17:37 ID:A+sw5Hcq
ごめんね、もうちょっとだけ待ってて
でも、ここで噛みつかないと、ヤツは勝てないんだって

956 :名無し三等兵:04/06/08 17:39 ID:???
と言うか、相変わらず釣られまくってるしな・・・

957 :名無し三等兵:04/06/08 17:40 ID:???
ポカーン

958 :名無し三等兵:04/06/08 17:41 ID:???
火縄銃を装備したエルフが思い浮かんだ・・・。

959 :名無し三等兵:04/06/08 17:49 ID:???
>>949
いくらなんでもメタルカートリッジは飛ばしすぎだろうwww
あれをちゃんと加工するのは大変だぞ。
ケースの精度もチャンバーの精度もな。

もっと地道にやらんといかんよな?

960 :名無し三等兵:04/06/08 17:51 ID:???
>>958エルフ火縄銃兵・・・集中性と改宗の覚悟が最大の問題ですね。
知能指数と器用さならば、人より上なんですけどね。

961 :名無し三等兵:04/06/08 17:53 ID:???
ドワーフのが似合うところを敢えて反逆ですか?
……ハロルド・シェイでもあったがアーチェリーの弓を装備したエルフはどうでしょう。


962 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 17:53 ID:???
途中だが、立てたぞ? 諸君? …次スレだ。

http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1086684062/l50

ま、小官が不快なら貴様が消えろと最後通牒を突き突ける。

963 :名無し三等兵:04/06/08 17:56 ID:???
>>958
スムースボアの火縄銃なら命中精度があれなので、集団運用だな。
エルフ火縄銃兵の三段撃ち萌え(w

964 :名無し三等兵:04/06/08 17:57 ID:2RtmooO2
ヤツ、脅かしてきてる
そうしないと、せんそうごっこで困るのかな

去 っ て 下 さ い

965 :名無し三等兵:04/06/08 17:58 ID:???
とりあえず銃のメカニズム((1)ハンマーorファイアリングピンが雷汞などの発火薬を叩いて起爆させ、
(2)発射用の火薬に引火してその爆発で弾が発射される)まで解明できた場合、

火薬(またはその代替品)が発明できた
├→発火剤が発明できた
|  └→現在の銃をほぼ模擬出来る
└→発火剤が発明できない
    ├→火種を用意して直接着火するという発想にたどり着けた
    |  └→火縄銃へ
    ├→火打石を使って着火するという発想にたどり着けた
    |  └→フリントロック式へ
    └→魔法で代用
        └→>>949

火薬が発明できない
└→>>948

966 :名無し三等兵:04/06/08 18:02 ID:???
>962
だから、何でかまっちゃうのかな・・・

967 :日本の諺:04/06/08 18:16 ID:???
>>962
【阿呆に取りあう馬鹿】
阿呆に相手になって、阿呆の言動にいちいち反応を示す者は、これもまた馬鹿と言われても仕方がない。


968 :名無し三等兵:04/06/08 18:19 ID:???
>967
煽ってるお前も・・・

969 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 18:20 ID:???
だぁから言ったでしょーが、最後通牒だって。
『国民政府ヲ相手トセズ』だよ。もー、馬鹿じゃ無くて、小官のは莫迦だよ。

970 :名無し三等兵:04/06/08 18:21 ID:???
>>966
だからなんでお前も厨官にかまうかな。
奴は何をいわれても聞く耳持たないのはもうわかってるだろ。

うざさは
小官に絡む奴>小官に忠告する奴>>>小官
だって言うのにもいい加減気がつけよ・・・

971 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 18:22 ID:???
てきとーに煽りゃあ、埋めにでも『使えるかな? 』と思っただけさ。それ以上の意味など無いのさ。こんな人工無能クンにはね。

972 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/08 18:24 ID:???
さて、埋め立て用にネタを振ってみます。

火器が製造されたとして、その生産等を魔法に頼るとしましょう。
しかしその生産量(需要量)が増大し、魔導士の地位が変化した場合どうなるか?

1、上流階級に居る場合、抵抗運動や自助努力による魔法威力向上等を図る。
2、下層階級(設定による)に居る場合、生産に積極参加し、魔導士が
技術社会の一角に食い込む。

こう考えた場合、技術の流出は必ずしも脅威たり得ないかもしれません。
短期的な内乱の種を植え付けてやり、崩壊したら手を差し伸べると面白いかも?
商業立国化のイニシアチブを握り、衛星国家大繁殖じゃ!

973 :名無し三等兵:04/06/08 18:25 ID:???
スレの1レスは血の一滴!

974 :名無し三等兵:04/06/08 18:25 ID:???
ま、新スレ立ったしこのスレは荒れ放題で落ちても一向に構わんのだけどさ・・・

やっぱ分家に煽り・叩き隔離スレ立てちまえば?

975 :名無し三等兵:04/06/08 18:26 ID:???
一つ積んではスレのため。

976 :名無し三等兵:04/06/08 18:26 ID:???
無職っていいよな……

977 :名無し三等兵:04/06/08 18:28 ID:???
小官は一応聞くぞ?一応だけど。
愚者は開き直ってるから聞かないけど。

978 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 18:31 ID:???
そして最後に愚者達が築き上げたモノを粉々にして呉れるのさ…。
そしてその世界には慰めてくれる『お地蔵さん』など居やしない。
何と哀しい事よ! 何と惨い事よ! って…小官も崩す側の人間か? 
違うと信じたいが、実体は…スマン。諸君。素直に反省だ。

979 :名無し三等兵:04/06/08 18:31 ID:???
>>972
> 短期的な内乱の種を植え付けてやり、崩壊したら手を差し伸べると面白いかも?

J隊の管轄外かもしれんけど、
内乱の種まきやら長期化or調停のタイミングなんてのは純軍事的やね。
実戦せずに済ませれるなら、それにこしたことはない罠。
※ SSネタ的には面白みに欠けるかも試練

980 :小官 ◆qG4oodN0QY :04/06/08 18:34 ID:???
紛争の介入は可能さ。但し、身元の判明するモノを持たずにな?
あ、武器は別な? 国籍さえ消せば、上層部がしらばっくれる事も可能だしな?
『無言の威圧』と云う奴さ。誰だか解ってても言えないジレンマ書くのもイイかも知れん。

981 :名無し三等兵:04/06/08 18:35 ID:???
>979
どこにライトを当てるかだね。
それによって、緊迫感が出るか客観性が出るか・・・

982 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/08 18:37 ID:???
>>979内乱の種はまあ尽きませんからねえ。分割統治のネタもそうでしたし。
ただ自衛隊だけなら兎も角、日本国は貿易問題がありますからねえ。
先に代理を確保しまくり、その上で煽りに煽るとか「保険」も重要ですかね?

983 :名無し三等兵:04/06/08 18:44 ID:???
>>979
F世界でも資源は輸入に頼らざるを得ないだろうから、
あまり長期化されても困る罠。

984 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/08 18:47 ID:???
>>983逆に、長期化して歯止めの利かない内戦を叩き潰す為に
コマンド送り込んで要人暗殺ってネタもいいかも。
もしくは、自分達のまいた種を葛藤しつつ刈り取る自衛隊員ってのも。
(これは小官殿がちょっとやってたかな?)

985 :名無し三等兵:04/06/08 18:54 ID:???
>>980
> 『無言の威圧』と云う奴さ。
威圧が成立するためには最低でも「こいつらヤバイかも」と認知されてる必要がある…
最低でも1度は実戦を経験してかつ「力」を示さないといけないわけか。

986 :名無し三等兵:04/06/08 18:55 ID:???
それ以前の邦人保護が先決だと思うが。
それしないと、なにもできない罠。

987 :名無し三等兵:04/06/08 18:59 ID:???
>>977
正気か?
ならば聞こう。
お前の信じる小官様は何度も繰り返された「愚者を弄るな」という忠告に従ったか?
レス多すぎという意見を認めて改善したことがあったか?
話をそらしすぎという意見を認めて改善したことがあったか?

まれにならあるだろうが、愚者と比べてましな気はしないな?

988 :小官どの萌え:04/06/08 19:03 ID:???
 フランキ砲+魔法で面白い事出来ないですかね(謎)

小官どの>
 前スレではリクエストに答えて頂いて有り難う御座いました。
 あのリクエストで、同じ「萌え」でも工夫して出すのはどうかと提案したつもりです。

989 :977:04/06/08 19:13 ID:???
一応と言う言葉の意味を悟ってくれよ。
全部言わなきゃ分からんのか?
場の雰囲気を考えて、言葉を選んで喋ってるんだけどな。こっちは。

990 :名無し三等兵:04/06/08 19:15 ID:???
煽りに釣られてくれさえしなければ有用な情報源なんだがな。

991 :名無し三等兵:04/06/08 19:19 ID:???
スレにとって有用なのはどっちだ?と言われれば、小官だろうな。正直。
どっちか選ばなきゃいけないとしたらの話だが。

992 :名無し三等兵:04/06/08 19:27 ID:???
罵った文体を「キャラ特性だ」
聞き入れられなければ「大人じゃないな」
厨房に構えば「面倒見がよい」

結局、この人も自分の世界で発言してるってことか

993 :名無し三等兵:04/06/08 19:29 ID:HGsQ32OE
先を読め?行間を読め?

なら書け

994 :名無し三等兵:04/06/08 19:29 ID:???
どっちも有用な発言をしてくれるようになれば、
それが一番なんだけどなぁ……
愚者の人、具体的な農作業の話とかしてくれないかな…

995 :977:04/06/08 19:32 ID:???
俺、荒らしじゃないし。煽りでもないし。

996 :名無し三等兵:04/06/08 19:33 ID:???
>>989
小官は「一応」すら話は聞かないし、自ら荒らしである開き直ってる。
ちがうか?その様子は愚者とどれほど違う?

小官を愛する気持ちの1/10だけでも愚者を愛してやってはくれないだろうか?
奴も最近はそれほどおかしくなくなった・・・小官がらみの話を除けばだが。
小官に反応しなければ人畜無害なのだがな。

スレ住人が少しでも愛してやれば小官へのコンプレックスも解消され、
小官がらみで暴れることはなくなると思うのだが?
どうだろうか?

997 :S・F ◆Pf7jLusqrY :04/06/08 19:36 ID:???
>>996博愛を以て接せよ、ですか。でも言葉にしなくても、もう最近は
そこそこ人気もある様ですが。
農業(経済)と自衛隊(軍事)の本職の方々、いいと思うんですけどね。

998 :名無し三等兵:04/06/08 19:38 ID:???
小官は話は聞く。
愚者は話を聞かない。

小官はリクエストを聞く。
愚者はリクエストを聞かない。

小官は話を書く。プロパガンダもする。
愚者は話を書かない。でも、プロパガンダはする。

小官はスレに有効な知識を多数持っている。
愚者はスレに有効な知識をあまり持っていない。

999 :名無し三等兵:04/06/08 19:38 ID:???
政府広報課氏阻止

1000 :倉庫番 ◆rCrRvSouko :04/06/08 19:39 ID:???
1000ならサイト更新

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

320 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)