5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

もし日本が勝っていたなら Part4

1 :名無し三等兵:04/06/27 00:12 ID:5psjSXys
小泉純一郎 大日本帝国宰相
「我々は世界の平和と繁栄を維持するため、それらを脅かすテロリズムは積極的に排除していかなければなりません。
これは、それに協力する 勢力についても同じであり、たとえそれが独立国家であっても、例外とすることは出来ないのであります。
特に、公然とテロリストを支援する イラク、パキスタン、ケベックは、平和を破壊する“悪の連合”と言わざるを得ないものです。
我が大日本帝国は、これら平和の敵と面前と向かって戦っていく決意を世界に示さなければならないのであります」


と言うわけで、
ここだけ太平洋戦争&第二次世界大戦で枢軸国が勝っているスレです。

前スレ もし日本が勝っていたなら Part3
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1066624081

過去スレ
もし日本が勝っていたなら Part2.1
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1053503008/

過去スレ もし日本が勝っていたなら。
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/army/1042735973/
もし日本が勝っていたなら。 PART 2
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1046870145/(鯖トラブルにより消失)
もし日本が勝っていたなら part2.2
http://hobby3.2ch.net/test/read.cgi/army/1057573944/(鯖トラブルにより消失)

2 :ななし:04/06/27 00:16 ID:???
2GET

3 :過去スレ基本設定:04/06/27 00:18 ID:???
田沼親子が徳川家斉の時代まで続いたおかげで、18世紀末に開国した日本は、江戸時代末には西欧の技術を完全に身に付けるに至った。
江戸幕府は政権を返上し、徳川家は蝦夷地にわたり、千島・樺太も領有するアイヌ首長国を建国。
琉球王国と日本国との3国が連合し、大日本帝国が成立。
日清日露の戦役で大勝した日本は満州に特殊権益を確保、沿海州を領有。
第一次世界大戦での活躍もあり、戦後は満州国の成立を各国に認めさせ、また大蒙古の成立にもかかわり影響力を発揮した。
満州国の開放方針により米国資本が流入し、対ソ防衛の観点から日米の関係は大正から昭和初期にかけては良好であったが、
北満油田の発見を機に急速に国力をつける日満に危機感をもった米国では、
在満米軍による沿海州事変、満州事変を引き起こし、ハワイ王国でもクーデターを計画するなど対日圧力を強め、
昭和16年12月に日米開戦に至る。
同年4月、ソ連はドイツの脅威に対して準備不足のままワルシャワめざして侵攻したが、粛清の影響から大損害を出し、
その傷がいえないままドイツの反撃を受けて、モスクワは包囲されウクライナからヨーロッパロシアは枢軸に下り、ソ連はウラルの東に追いやられた。
昭和17年、ミッドウェーでの敗北を機に戦線の縮小と体制・組織の切替に成功した日本は反撃の準備を整える。
ドイツはカスピ海を越えてイランを枢軸より独立させ、中東打通が成立。またロシア国家社会主義共和国が成立した。
昭和18年、日満独伊露VS英米ソという、国力ではほぼ五分五分の二大勢力は消耗戦を続けたが、
人的資源に乏しいソ連は後退を続け、太平洋で反撃を急ぎすぎたため多くの輸送船と人員を消耗した米国はハワイを日本に奪還された。
昭和19年、ソ連は降伏。日本はハワイを拠点に米本土爆撃を開始、パナマを占領し、年末にはカリフォルニア上陸作戦を開始。
昭和20年8月、北米に2発の原爆が投下され、独立と同時に枢軸参戦を宣言したケベックに上陸した独伊露兵力は米国の裏口に侵攻。
その結果、昭和26〜30年にわたる北米動乱を経て北米は東西に分割。

平成3年、ドイツ第三帝国時代は終了。
平成13年の同時多発テロの結果、西亜戦争が勃発し、日本は現在イラクを占領中。

4 :名無し三等兵 :04/06/27 00:19 ID:eCLN7c20
うわぁ・・・。

5 :名無し三等兵:04/06/27 00:25 ID:???
そういえば、この世界の政党ってどうなってるの?

6 :名無し三等兵:04/06/27 00:37 ID:???
・・・・  ─・─・─・  ─-・・・──-

7 :名無し三等兵:04/06/27 00:48 ID:NMORNSj+
オ・マエ・シ・ネ>>1

8 :名無し三等兵:04/06/27 00:49 ID:???
ヤンキー・ブラボー・ヤンキーブラボー・

バイバイ・・・

9 :名無し三等兵:04/06/27 00:49 ID:???
乙、
年表屋さん来ない場合は編集コピペするけど

10 :中央アジア地図:04/06/27 05:11 ID:???
          *                 *
 カザフスタン  *     大蒙古          * 満州国
        *                   *
       *      ****           *
****   *******    *****   ****
ウズベキ***キルギス* 中華人民共和国   ****  ***
スタン*  *******                 *
   *タジキスタン*  *      **************
* ******* *       *            *
 **     **         *            *
* アフガニスタン**     *      中華民国             
 *     **  *     *
イ *   *     ** ******
ラ *  *パキスタン * * チベット *
ン * *      *   *      *
 *  *     *     ************
*******   *               * ***
       * *      ***  *
        *        インド     * *ビルマ*
インド洋     *               ****  *  
          **            **↑  * ***
            *          * バングラ **タイ
             *        *  ディシュ **  
              *       *       ****
               *     *
                *    * ベンガル湾
                 *  *
                  **


11 :基本設定:04/06/27 05:26 ID:???
北米 アメリカは東西に分割。カナダはケベックとカナダによって事実上の東西分割。
中米 アメリカ南部連合とメキシコを中核とした第3世界。パナマに日本、キューバに欧州軍駐留。
南米 外交攻勢失敗により、日独双方とも影響力を持たない。ブラジル、アルゼンチンなど一部例外。
極東 南北中国(東亜連盟から離脱の動きがある中華民国と、世界唯一の共産主義大国中華人民共和国)が不安定要因。
    比島は欧州のスイスに相当、中立に近い立場。
仏印 インドシナ動乱の影響で、世界で最も発展が遅れた地域の一つ。
南亜 インドとパキスタンの対立。エチオピア・マダガスカルラインと併せかつては日独対決の最前線。
中東 イラク・パキスタンを抱えた、世界の火薬庫。
北アフリカ アルジェリア=仏領、リビア=反伊独立国、エジプト・スーダン連合=親独独立国。

12 :名無し三等兵:04/06/27 07:22 ID:???
一昨日公開された小林よしのり監督のプロパガンダ映画見た香具師いるか?

13 :名無し三等兵:04/06/28 12:07 ID:???
大映に配給しないとかジサクジエンやった奴?

観てないなあ。 話題だけっぽいし。

14 :名無し三等兵:04/06/28 18:32 ID:???
前スレの年表貼っとくね。

皇紀,2443,西暦,1783,天明,3,浅間山の噴火。田沼意知 若年寄に就任。
 大黒屋光太夫がアリューシャン列島に漂着。工藤平助『赤蝦夷風説考』献上。
 西国米借上令(東北の飢饉の回避)(日)
 パリ講和条約により米独立戦争終結。イギリス、アメリカの独立を承認(英米)
皇紀,2444,西暦,1784,天明,4,白川騒動。佐野政言による田沼意知暗殺未遂。
 米の買占め発覚と合わせ松平定信が蟄居、徳川治済が隠居。
 西国米の流入により米価安定、田沼「世直し側用人」と呼ばれる(日)
 米国、中国との貿易始まる
皇紀,2445,西暦,1785,天明,5,幕府普請役最上徳内、蝦夷地調査隊に随行し
 国後島に至る。浮田幸吉、岡山で飛行実験(日)
皇紀,2446,西暦,1786,天明,6,最上徳内らが千島探査(日)
皇紀,2447,西暦,1787,天明,7,天明の改革、田沼派による重商政策推進、
 守旧派の排除。松前藩の収公・転封。蝦夷地奉行設置。初代奉行青島俊蔵。
 外洋航行可能な船舶の建造解禁。フランス人ラベルーズ、樺太西海岸調査(日)
 大黒屋光太夫ら、カムチャッカ半島に渡る(露)
皇紀,2448,西暦,1788,天明,8,数次にわたる北方調査隊の派遣(日)
皇紀,2449,西暦,1789,寛政,1,最上徳内ら、アイヌモシリ保護領化交渉(日)
皇紀,2450,西暦,1790,寛政,2,北方諸令。アイヌの自治承認、下層民の北方移民、
 千島・樺太の日本領化などを定めた(後のアイヌ首長国の原型)(日)
皇紀,2451,西暦,1791,寛政,3,蝦夷地への移民開始(後の屯田兵制度の原型)
皇紀,2452,西暦,1792,寛政,4,徳川家斉 十一代将軍就任、田沼意知 老中に。
 大黒屋光太夫帰国、ラクスマン通商を求め、五年以内の通商条約締結を約す(日)

15 :名無し三等兵:04/06/28 18:33 ID:???
皇紀,2453,西暦,1793,寛政,5,ワシントン、フランス革命に対して中立宣言(米)
皇紀,2454,西暦,1794,寛政,6,近藤重蔵、最上徳内、大日本恵登呂府の標柱(日)
 桂川甫周・『北槎聞略』をまとめる、伊能忠敬隠居、千葉 周作 生(日)
皇紀,2455,西暦,1795,寛政,7,近藤重蔵、最上徳内、大日本占守の標柱(日)
 カメハメハ一世、支配権を確立、カメハメハ王朝を開く(羽)
皇紀,2456,西暦,1796,寛政,8,近藤重蔵、最上徳内、大日本樺太の標柱(日)
皇紀,2457,西暦,1797,寛政,9,日露通商条約。千島・樺太を日本領として国際的に
 初承認。函館開港、露西亜公館設置(初代公使ラクスマン)。
 イギリス人ブロートン、樺太西海岸調査、蝦夷地奉行所に退去を命ぜられる(日)。
皇紀,2458,西暦,1798,寛政,10,第1次欧州・露西亜派遣団出発。団長 間宮林蔵。
 伊能忠敬、測量の旅に出発。高田屋嘉兵衛北方航路開拓(日)
皇紀,2459,西暦,1799,寛政,11,第1次欧州・露西亜派遣団欧州到着。
 ロシアではパーヴェル1世と会見、エカテリーナ2世の厚情に謝意を表す(日)
 オランダ東インド会社解散(蘭印)
皇紀,2474,西暦,1814,文化,11,ウィーン会議、日本の第3次欧州・
 露西亜派遣団がオブザーバーとして臨席。
皇紀,2478,西暦,1818,文政,1,琉球に「南方奉行」設立。薩摩藩による支配から
 幕府直轄に。薩摩と幕府の摩擦激化の原因に(日)
皇紀,2482,西暦,1822,文政,5,長崎奉行所、蝦夷地奉行所・南方奉行所を統括する
 外国奉行所(外務省の原型)を江戸に設置(日)
皇紀,2491,西暦,1831,天保,2,蘭・仏・英との通商条約締結(日)
皇紀,2492,西暦,1832,天保,3,その他の欧州各国との通商条約締結(日)
皇紀,2497,西暦,1837,天保,8,徳川家慶 十二代将軍就任(日)
 モリソン号事件(領海侵犯の米船拿捕。漂流民を受け入れ後に開放)(日米)
皇紀,2499,西暦,1839,天保,10,漢社の獄、攘夷を唱える漢学者・国学者らに
 対する思想統制(日)
皇紀,2501,西暦,1841,天保,12,アヘン戦争への視察団派遣。
 「富国強兵」軍備・政策の抜本的な見直しが検討される(天保の改革)(日)

16 :名無し三等兵:04/06/28 18:35 ID:???
皇紀,2502,西暦,1842,天保,13,南京条約(英中)欧州脅威論が強まる(日)
皇紀,2507,西暦,1847,弘化,4,ビッドル(米)来日、通商条約締結要求。
 5年度に予備交渉開始することで合意。
 江川太郎左衛門、お台場砲台建設着手(日)
皇紀,2511,西暦,1851,嘉永,4,太平天国の乱(〜1864)(中)
皇紀,2513,西暦,1853,嘉永,6,徳川家慶 没 家定 十三代将軍就任。
 ペリー来航、長崎への入港を求める幕府海軍と交戦(伊豆沖海戦)
 日本側3隻、米側1隻が沈没。お台場砲台の攻撃により米側1隻が沈没(日米)
 クリミヤ戦争おこる(〜1856)。英仏艦隊、ペトロパブロフスクを攻撃。
 ロシア海軍大佐ネヴェリスコイ、樺太占領の命を受け、クシュコタンに根拠地
 構築。蝦夷地奉行率いる幕府軍と交戦(樺太戦争)
 フランス、二ューカレドニアの領有を宣言
皇紀,2514,西暦,1854,安政,1,ペリー再来日、長崎にて日米和親条約締結。
 樺太戦争停戦、全権大使プチャーチン、日露和親条約締結。クシュコタンの
 ロシア軍撤退を約す。安政の大地震(日)
皇紀,2517,西暦,1857,安政,4,咸臨丸 出航、勝海舟、小栗上野介ら渡米(日)
皇紀,2518,西暦,1858,安政,5,徳川家定 没 家茂 十四代将軍就任。井伊直弼
 大老に。安政の大獄、思想統制強化。沿岸砲台第1期完成、江川太郎左衛門 没
皇紀,2520,西暦,1860,万延,1,小栗上野介 横須賀製鉄所起立原案。
 勝海舟 神戸に軍艦操練所設立。桜田門外の変(日)
 英仏連合軍が北京を占領し、北京条約を結ぶ(中)
皇紀,2521,西暦,1861,文久,1,最初の日本人移民ハワイへ(羽)
皇紀,2523,西暦,1863,文久,3,薩英戦争発生、幕府の圧力で停戦。
 浪士隊、京にて「新撰組」に(日)
皇紀,2525,西暦,1865,慶應,1,上田寅吉、横須賀海軍工廠の初代工場長に(日)
 リー将軍降伏し、南北戦争終結。
皇紀,2526,西暦,1866,慶應,2,徳川家茂 没 慶喜 十五代将軍就任。
 薩長連合成立するも、2度目の長州征伐(長州戦争)で幕府辛勝(日)

17 :名無し三等兵:04/06/28 18:36 ID:???
皇紀,2527,西暦,1867,慶應,3,江戸幕府の政権返上と立憲君主制を採る
 新政府の設立を決議。朝廷に対して国政変革を要求【上様御謀反】
 徳川慶喜蝦夷地(アイヌモシリ本島)移転、旧幕臣ら屯田兵として移住(日)
 米、アラスカをロシアから購入
皇紀,2528,西暦,1868,明治,1,第一次統合戦争(萩、鳥羽伏見、上野、
 会津、函館などの一連の紛争の総称)旧幕臣・朝廷の反対派勢力の排除(日)
皇紀,2529,西暦,1869,明治,2,函館の役。第一次統合戦争終結。
 徳川松前酋長家を長とするアイヌ首長国成立(日)
皇紀,2531,西暦,1871,明治,4,廃藩置県、太陽暦を採用、徴兵制布告、廃刀令、
 鎮台の設置(日)ドイツ帝国統一(独)
皇紀,2533,西暦,1873,明治,6,初代総理大臣 小栗上野介(日)
皇紀,2535,西暦,1875,明治,8,第二次統合戦争、
 旧薩摩・長州の反対派勢力の排除。西郷隆盛の後ろ盾で琉球王国独立。
 琉球の帰属について清国抗議、後の日清戦争の遠因のひとつに。
 アイヌ首長国・琉球王国・大日本国連合帝国(大日本帝国)成立(日)
皇紀,2536,西暦,1876,明治,9,大日本帝国憲法発布、日朝修好条規(日)
 米国・ハワイ互恵条約締結、ハワイに米軍利用を許す(羽)
皇紀,2540,西暦,1880,明治,13,ハワイのカラカウア王来日
 (訪日した最初の国家元首)日本からの「官約移民」渡航開始(羽)
皇紀,2541,西暦,1881,明治,14,パナマ運河起工
 カイウラニ王女と山階宮が結婚(日羽)
皇紀,2546,西暦,1886,明治,19,英独日 太平洋勢力分割協約。
 日本、ハワイが独立国であることの確認を求める
皇紀,2551,西暦,1891,明治,24,大津事件(来日中のニコライ皇太子襲撃)
 二宮忠八、模型による飛行実験
皇紀,2553,西暦,1893,明治,26,ハワイで王制転覆計画。
 日系人を主体としたカウンタークーデターにより阻止。
 米国・ハワイ互恵条約を破棄。日羽互恵条約締結、日本艦隊派遣(羽)
皇紀,2554,西暦,1894,明治,27,露仏同盟。日清戦争はじまる。
 アメリカ、ハワイに艦隊派遣
皇紀,2555,西暦,1895,明治,28,日清戦争終結。下関条約により台湾が日本に
 割譲される。清水徳川家のスポンサーで二宮忠八 飛行実験開始。

18 :名無し三等兵:04/06/28 18:37 ID:???
皇紀,2556,西暦,1896,明治,29,ニコライ2世即位、東清鉄道敷設契約(露)
 米艦隊退去(羽)日本郵船会社、日米羽を結ぶ太平洋定期航路開設(日)
皇紀,2557,西暦,1897,明治,30,ウラジオストク−ハバロフスク間に鉄道開通(露)
皇紀,2558,西暦,1898,明治,31,ロシアが、大連、旅順を租借。
 中国、戊戌政変(近代化失敗)。
 米西戦争の結果、グアム、フィリピン、アメリカ領となる。(米)
 二宮忠八大尉、世界最初に重航空機の有人制御動力飛行に成功、徳川と改姓(日)
皇紀,2560,西暦,1900,明治,33,義和団の乱。ロシア、満州の実権を握る。
 アメリカで日本人移民への排撃強まる
皇紀,2561,西暦,1901,明治,34,清、北京議定書(辛丑和約)に調印
皇紀,2562,西暦,1902,明治,35,日英同盟、シベリア鉄道開通(露)
皇紀,2564,西暦,1904,明治,37,日露戦争開戦
皇紀,2565,西暦,1905,明治,38,日露戦争終結、ポーツマス条約。
 沿海州、遼東半島の日本への割譲、朝鮮半島および満州における日本の
 特殊権益の容認。韓国統監府を設置(日)ロシア国内で革命勢力が台頭(露)
皇紀,2566,西暦,1906,明治,39,満州の門戸開放を宣言。南満州鉄道設立。
 日泰皇族の婚姻計画。李王朝と皇室との婚姻計画も持ち上がるも失敗(日)
皇紀,2567,西暦,1907,明治,40,日露協約、ウラジオストクに日本領事館開設(日露)
 撫順炭鉱、日本資本による採掘開始(満)
皇紀,2570,西暦,1910,明治,43,日韓協約(日韓二重帝国の設立)
皇紀,2571,西暦,1911,明治,44,辛亥革命(中)モンゴル独立活動(蒙)
皇紀,2572,西暦,1912,大正,1,清が滅亡、日本支援のもと孫文が中華民国建国(中)
皇紀,2573,西暦,1913,大正,2,袁世凱、正式大総統に就任(中)
 バボージャプの求めに応じてモンゴル独立運動を支援。満州が緩衝国家から
 国益の対象に変化したことにより、さらにロシアよりの緩衝国家を必要と
 したことによる。(日蒙)
皇紀,2574,西暦,1914,大正,3,第一次世界大戦勃発、パナマ運河を完成(米)
 自治モンゴル成立。日韓承認。中露は否認(蒙)
皇紀,2575,西暦,1915,大正,4,対英支援開始。地中海に遣欧艦隊を派遣(日)

19 :名無し三等兵:04/06/28 18:38 ID:???
皇紀,2576,西暦,1916,大正,5,欧州に陸兵二個師団を派遣(日)
皇紀,2577,西暦,1917,大正,6,三月革命でロマノフ王朝崩壊、十一月革命(露)
 米、第一次世界大戦に参戦。日米間で石井=ランシング協定、中国の門戸開放
 の共同要求および太平洋の海軍バランス維持を規定。
皇紀,2578,西暦,1918,大正,7,日本、北満出兵(赤軍の攻撃に備え満州・沿海州
 への戦力増強)。満蒙打通、モンゴルを日本側勢力として確保。
 独皇帝退位、同盟側の降伏により第一次世界大戦集結
皇紀,2579,西暦,1919,大正,8,ベルサイユ条約締結。ワイマール体制(独)
 コミンテルン結成(ソ)満州国成立、初代皇帝溥儀。撫順炭鉱拡張(満)
 大モンゴル成立、活仏でもあったボグド・ジェプツンダンバ・ホトクト・ハーン
 を首相とする宗教色の強い議会制民主主義国家(蒙) 
皇紀,2580,西暦,1920,大正,9, 国際連盟成立、日本は常任理事国に。
皇紀,2581,西暦,1921,大正,10,日満韓、大蒙古を承認。その後国際連盟で承認。
 米大統領ハーディングの提唱でワシントン会議(米・英・日・仏・伊)
皇紀,2582,西暦,1922,大正,11,北満州油田発見。
皇紀,2583,西暦,1923,大正,12,関東大震災(その後数年間復興特需)(日)
皇紀,2584,西暦,1924,大正,13,中ソ協定締結。国交回復。レーニン死去 (ソ)
 満州フォード設立、在満日本軍協定、在満米軍協定(満)
皇紀,2585,西暦,1925,大正,14,芳沢・カラハン協定により日ソ国交回復。
 ソ連、大蒙古を承認。ソ連にとっても緩衝国家の存在は有益との判断。
皇紀,2586,西暦,1926,昭和,1,北満州油田の本格的な営業開始。満州の重工業拡大。
皇紀,2587,西暦,1927,昭和,2,満州・半島からの輸入拡大に伴う金融不安。
 海上護衛総司令部創設(日)汪兆銘、武漢政府首脳(中)
皇紀,2588,西暦,1928,昭和,3,重工業化5ヵ年計画。満鉄「あじあ号」運転開始
 に伴い日本でも広軌化の動き。北満油田のため石油化学関連技術を世界中から
 誘致(日満)蒋介石、南京政府主席(中)
皇紀,2589,西暦,1929,昭和,4,世界恐慌(米)
皇紀,2590,西暦,1930,昭和,5,ロンドン海軍軍縮条約締結
 5ヵ年計画の進展と金融緩和により経済成長路線回復(日)

20 :名無し三等兵:04/06/28 18:40 ID:???
皇紀,2591,西暦,1931,昭和,6,沿海州事変、在満米軍による沿海州の占領・分離計画。
 表向きには張作霖が沿海州は中国人の土地であると抗日を主張。
 パイロットの大量育成計画。「弾丸列車」計画が軍と鉄道省で合意(日)
皇紀,2592,西暦,1932,昭和,7,リットン調査団派遣、米国に満州以外の
 大陸からの撤退を勧告。米は拒否。蒋・汪合作政権(中)
皇紀,2593,西暦,1933,昭和,8,F・ルーズベルト大統領就任、
 ニューディール政策開始、ソ連邦を承認。沿海州事変を機に中国大陸への
 進出機運強まる(米)ナチス政権成立(独)
皇紀,2594,西暦,1934,昭和,9,アドルフ・ヒトラー、ドイツ総統に就任(独)
 エチオピア皇帝の甥アラヤ・アベベ王子の花嫁に黒田子爵の令嬢雅子(日)
皇紀,2595,西暦,1935,昭和,10,ジョン・エドガー・フーバーFBI長官に(米)
皇紀,2596,西暦,1936,昭和,11,スターリン憲法制定、粛清激化(ソ)
 日独防共協定。満州事変、米軍による満州沿岸部と半島北部の占領・分離計画。
 満州原油の日本への輸出・日本製品の大陸への輸出の遮断、大陸における
 米国のプレセンス強化をもくろむ。
 対米戦を想定し、関門海峡、宗谷海峡を横断する海底トンネル着工(日)
 ベルリンオリンピック。A-4ロケット開発開始(独)
皇紀,2597,西暦,1937,昭和,12,平壌攻防戦、米軍による平壌の包囲攻撃。
 在満米軍協定破棄。日満韓蒙安全保障条約。アイヌ首長国オホーツク海封鎖。
 愛新覚羅溥傑・嵯峨和 結婚。満州映画協会(満映)設立(満)
 蒋・汪政権は米と日満の問題であるとして、共産党との戦いに注力するため
 中立を宣言するが、秘密裏に蒋介石は米に、汪兆銘は日満に接近(中)
皇紀,2598,西暦,1938,昭和,13,ソ満国境紛争。蒙古軍・満州義勇軍がソ連
 国境地帯に対して威力偵察、ジューコフにより撃退。愛新覚羅慧生 生(満)
 ミュンヘン会談

21 :名無し三等兵:04/06/28 18:43 ID:???
皇紀,2599,西暦,1939,昭和,14,独ソ不可侵条約締結。
 北欧やベッサラビアの扱いについては合意されず。(8月)
 独ソによるポーランド侵攻・分割。英仏は対独宣戦布告(ソ連は国際連盟から除名)
 第二次世界大戦開始(欧州)(9月)
 ソ連によるフィンランド侵攻、米・英・仏は物資を支援、独は武装SSを
 中心とする義勇軍を派遣。独ソ関係悪化(11月)
 ソ蒙国境紛争。十四試重攻(後の富嶽)試作指示(日)
皇紀,2600,西暦,1940,昭和,15,
 4月 ハワイで米国に支援された王制打倒クーデター、米軍による攻略。
  日羽互恵条約に基づき日本は王家を正当政権と主張、日米対立激化。
  ドイツは北欧、低地諸国、フランスに侵攻。 
 6月 ダンケルクで約40万人の捕虜、仏降伏、大陸諸国と講和成立。
 7月 ソ連、バルト三国を併合。独、英本土航空戦、戦果があがらず早々に中止。
 8月 ゲーリング閑職に。シュペーアを軍需相に抜擢、独国内経済統制強化。
  人種問題など内政を大きく見直したため、親衛隊の内部での混乱を生む。
  対英戦はFw200とJu290による夜間爆撃とUボートと共同の海上封鎖に切替。
  英米との開戦を念頭に日独伊満四国同盟締結。
  東京オリンピック開催、国際情勢悪化のため参加国激減。
 9月 ヒトラーは、ムソリーニに対して近く対ソ侵攻作戦を予定していることを
  告げる。イタリアは北エジプト、ギリシャ作戦を取りやめ対ソ戦に協力。
 10月 日、仏印・蘭印進駐。関門トンネルを通る関門海峡線が開通、東京〜博多を
  結ぶ弾丸列車第一期完成。

22 :名無し三等兵:04/06/28 18:44 ID:???
皇紀,2601,西暦,1941,昭和,16,
 1月 ジューコフ、参謀総長に。対独先制攻撃を主張(ソ)
 2月 在満米軍、港湾封鎖。満州石油の対日輸出、日本製品の対満中輸出阻止。
  挙国一致内閣発足。近衛文麿首相は東条陸相・山本海相・吉田外相に丸投げ。
  駆逐艦島風竣工。対米戦を睨んで改島風型(白霜型)大量生産。
 4月 ソ連、欧州侵攻、粛清の影響と士気・錬度不足により失敗。損害250万。
  ジューコフ、ティモシェンコと機械化部隊の指揮官の多くが処刑。
  日本、中国経由での輸送強化。汪兆銘政権との関係が強まる。樺太油田の増産。
 5月 独軍反攻。北方軍集団リトアニア、ラトヴィア占領、
  中央軍集団ミンスク包囲戦、南方軍集団ロブノ包囲戦
 6月 北:エストニア占領、中:スモレンスク包囲戦、南:ウマニ包囲戦
  日本軍、四国同盟に基づきチタ侵攻。ソ連極東方面の戦力を拘束。
 7月 北:フィンランド軍と連結、レニングラード包囲、中・南:キエフ包囲戦
 8月 中・南ハリコフ・ドネツ占領(のち独露向けにT−34生産)
 9月 レニングラード開城。ローゼンベルク、東方占領地の経済改善に活躍。
  キ61初飛行(日)
 10月 ノルウェー駐留ドイツ軍とフィンランド軍、ムルマンスク占領
 11月 南方軍集団「青」作戦発動。目標はバクー油田地帯。
  満州・中国・仏印・蘭印というマーケットを確保し、原油も確保した日本に
  対する脅威から、米は大陸からの撤退を強硬に求めたハル・ノートを示す。
  山本海相は開戦止む無しとなり11月末にGF長官に。後任は嶋田海相。
 12月 北:ドミトロフ〜クリン、中・ヴィアジマ〜トゥーラでモスクワ包囲(独)
  真珠湾の米国艦隊を奇襲、ハワイ王室救出。
  第一次ハワイ海戦、戦艦ユタ、ネバダ、オクラホマ沈没。
  マレー攻略、マレー沖海戦、戦艦プリンスオブウェールズ、巡洋戦艦レパルス、
  空母インドミタブル沈没。

23 :名無し三等兵:04/06/28 18:46 ID:???
皇紀,2602,西暦,1942,昭和,17,
 1月 米フィラデルフィアに隕石落下?戦艦マサチューセッツ沈没。建造中の
  ニュージャージー、ウィスコンシンはニューポートニューズに移動して再建。
  これによりエセックス級空母の建造計画繰り延べ。
  戦艦アリゾナ、ノーフォークで爆発事故により沈没。
  空母サラトガ、ハワイ近海でイ6の雷撃により沈没。
  ソ連、モスクワから攻勢に出るも戦力を消耗し撤退。
  日本軍、ラバウル進出。
 2月 フィリピン完全制圧、暫定政権発足、のちラウレル大統領。
  マレーシアの英軍正式に降伏、暫定政権成立。
  バリ島沖海戦、空母ラングレー沈没。スラバヤ沖海戦
  独、南方軍集団グロズヌイ占領
 3月 バタビア沖海戦、東南アジア方面制圧完了。
  独、北方軍集団、アルハンゲリスク〜モスクワ間の遮断。
 4月 セイロン沖海戦、英インド洋艦隊大損害を受け撤退。
   空母ハーミス、フォーミタブル、戦艦ウォースパイト、レゾリュージョン、
   重巡コーンウォール、ドーセットシャー、ロンドン沈没。
  ドーリットル爆撃隊、日本本土空襲。特殊回転爆弾を装備したB−24の
  ダム攻撃、長野・富山に被害。このため在満米軍制圧作戦開始。
 5月 珊瑚海海戦、空母祥鳳、レキシントン沈没。ポートモレスビー攻略失敗。
  日本軍、ツラギ進出。戦艦日向、砲塔爆発事故。伊勢とともに空母改装決定。
  在満米軍の組織的抵抗終了。蒋介石勢力圏内に逃れ、一部はゲリラ化。
  独、北方軍集団、中央軍集団とカザンで合流、モスクワ包囲完成
 6月 第1次ミッドウェイ海戦、日本側の戦術的敗北。空母赤城、蒼龍、
   重巡最上沈没。空母ヨークタウン、海戦後イ167の雷撃で沈没。
  中国を拠点とした英米戦力を遮断するためマレー・仏印、タイ王国を基点に
  ビルマ打通。ビルマ共和国独立。自由インド仮政府発足。
  独、フォン・ブラウン、A-4ロケット打ち上げテストに成功。対米攻撃用の
  2段式ロケットA-9/10開発開始。ゼンガー対蹠地爆弾(Fi203)開発開始。
 7月 日本軍、ガダルカナル進出。直後に戦線縮小方針が決定。
  独、南方軍集団バクーに到達し「青」作戦を完了。

24 :名無し三等兵:04/06/28 18:47 ID:???
8月 戦線の縮小方針に基づき撤退作戦発令。
  第一次ソロモン海戦(ガダルカナルへの米船団との遭遇戦)
   米豪の重巡多数沈没、輸送船団壊滅。重巡加古、海戦後に米潜の雷撃で沈没。
   この後米輸送船団を目標とする方針が定まる。
  第二次ソロモン海戦(ガダルカナルから撤退する日本軍と米軍の交戦)
   空母龍驤、戦艦比叡 沈没。ガダルカナルからの撤退には成功。
  雲龍型、竣工開始。貴族院廃止。
 9月 空母ワスプ、輸送任務中イ15の雷撃で沈没。
  ダッジハーバー、パルミラ、ジョンストンを砲撃(Q作戦)
  第一次ラバウル沖海戦(ラバウルから撤退する日本軍と米軍の交戦)
   重巡摩耶、沈没。ラバウルからの撤退には成功。
  独、南方軍集団「緑」作戦を開始、イラン解放作戦。
 10月 第一次ウエワク海戦(ラバウル攻略の準備作戦として米艦隊がウエワク攻撃)
   戦艦バーモント、ミネソタ、武蔵の砲撃により沈没。
  南太平洋海戦(ブーゲンビル島沖海戦)(連合軍ラバウル攻略部隊との交戦)
   空母瑞鳳・臨時編入の戦標型空母2隻沈没、重巡筑摩大破、空母翔鶴中破。
   空母ホーネット沈没、エンタープライズ中破。連合軍はラバウル上陸。
  二式艦戦(キー61艦載型)部隊配備。
 11月 日本軍によるラバウルへの逆上陸作戦、ラバウル空襲。
  米、ウエワク飛行場に対する戦艦での砲撃。
  第二次ウエワク海戦(再度ウエワク砲撃を目指す米戦艦を日本軍が迎撃)
   砲撃阻止、米戦艦撤退。
  第三次ウエワク海戦(再度ウエワク砲撃を目指す米戦艦を日本軍が迎撃)
   ワシントン、サウスダコタ、ポートランド、アトランタ沈没
  セントジョージ岬沖夜戦
   マウスキャリアー作戦(駆逐艦によるラバウルへの輸送)艦隊を日本軍が
   補足、阻止。大半を撃沈。
  テヘラン陥落、イラン国王レザー=ハーンは復位とともに枢軸側への参戦を
  宣言し、ドイツの中東打通完成。インド洋を経由する日独連絡が確立。
  第1回大東亜会議。

25 :名無し三等兵:04/06/28 18:50 ID:???
12月 十四試重攻試作1号機初飛行。火星改造型3000馬力を使用。
   ロシア国家社会主義共和国の建国、ウクライナ、バルト三国の独立宣言。
   米英の対ソ支援遮断完成。ウクライナ穀倉地帯・油田地帯確保。
皇紀,2603,西暦,1943,昭和,18,
 1月 第二次ラバウル沖海戦(ラバウルへの補給を目指す米輸送船団を攻撃)
   足柄、羽黒、沈没。引き換えに米輸送船多数沈没。
  第三次ラバウル沖海戦(ラバウルへの補給を目指す米輸送船団を攻撃)
   妙高、那智、愛宕、沈没。引き換えに米輸送船多数沈没。
  レンネル島沖海戦(ポートモレスビーへの輸送と習熟訓練を兼ねた
   艦隊が帰還途中、雷撃を受け、足の止まったところを陸攻部隊が空襲)
   空母エセックス、戦艦ニューメキシコ沈没。
 2月 ブカ島沖海戦(ラバウルへの補給を目指す米輸送船団を攻撃)
   米軍は輸送船多数を喪失。
 3月 ビスマルク海海戦(ラバウルからの撤退支援のため日本艦隊の消耗を
   狙った米海軍との交戦)熊野沈没、三隈米海軍に拿捕(海軍丙事件)、
   アラスカと改名され米海軍で使用(建造中のCB1は「グアム」と改名)
 4月 い号作戦開始。基地航空隊と陸軍機1000機以上による飽和攻撃。
   ガダルカナル、ポートモレスビーを始めとする連合軍基地は設備・備蓄の
   大半を失い機能を喪失。ラバウル撤退中の米軍は輸送船・兵員多数を失う。
  GF長官山本五十六大将(死後元帥)戦死。(海軍甲事件)
  日本の潜水艦による病院船撃沈。(海軍乙事件)
  (甲乙丙の順序が前後しているのは同時期に大事件が連続した混乱のため)
  ムンダ岬沖海戦(中部太平洋への再進出を図る日本軍と阻止しようとする
   米軍との交戦)龍鳳沈没。ヨークタウン(II)日本に鹵獲、アイダホ沈没。
   この結果、米軍は太平洋方面での稼動空母が無くなる。
   枢軸各国によるユーゴスラビア分割(クロアチアとセルビアは独立)。
 5月 第二次ミッドウェー海戦(ハワイ攻略準備としてミッドウェー破壊・制圧)
   天城 ハワイからの増援を得た米軍基地航空隊の空襲により沈没。
   戦艦の砲撃により滑走路破壊、米軍航空隊は全滅。守備隊は降伏。

26 :名無し三等兵:04/06/28 18:53 ID:???
 6月 第二次ハワイ海戦(ハワイ攻略艦隊と、阻止しようとする米軍との交戦)
    千代田沈没、千歳大破自沈。テキサス沈没、ハワイ陸海航空隊全滅。
    米太平洋艦隊は作戦行動可能な重巡以上の大型艦を失う。
 7月 ハワイ上陸戦(太田実中将)
 8月 ハワイ掃討戦完了、米本土上陸用の備蓄開始、対米戦は潜水艦を中心に。
   米空母レンジャー、北大西洋でUボートの雷撃により沈没
   独、戦略爆撃機Ju390量産開始。
 9月 ベーリング海峡「北方飛び石作戦」アラスカ上陸戦。アイヌ首長国が主導。
 10月 英米空軍による、対独都市爆撃開始。独、対英報復爆撃。
 ウラル以東への疎開を図るも燃料・資材等の不足にあえぐ(ソ)。
 中央アジア・中東占領地域の資源化、石油事情好転。新造艦船の慣熟を進める(独)
皇紀,2604,西暦,1944,昭和,19,
 1月 アイスランド沖で戦艦アーカンサス、Uボートの雷撃により沈没。
 2月 ソ連、継戦能力を喪失し、シベリア方面に敗走。
  アラスカ州知事、合衆国からの離脱を宣言、降伏。
  独伊露、アイスランド上陸戦。日本が支援。
  第一次パナマ海戦(米大西洋艦隊の回航を阻止するための運河攻撃)
   加賀、エンタープライズ中破、アラスカ(元「三隈」)沈没、
   日本は数ヶ月程度は運河を使用不可能とすることに成功。
 4月 Ju390による米本土空襲、護衛戦闘機が随伴できず大損害を出し中止。

27 :名無し三等兵:04/06/28 18:55 ID:???
6月 ハワイを拠点に連山によるシアトル空襲。インディアナ大破。
  第三次ハワイ沖海戦(連合軍呼称パルミラ沖海戦)「パルミラの七面鳥撃ち」
   ハワイへの補給を遮断しようとする米海軍と、米空母戦力の無力化を
   目論む日本軍の交戦。紫電改艦上型・零戦六四型投入。
   イントレピッド沈没。再建された米空母航空隊は実質的に消滅。
  パナマ上陸戦、四式中戦車チト投入。パナマ枢軸参戦。
  第2次パナマ海戦(米艦隊、日本軍のパナマ運河利用阻止のため突入)
   空母に改装された伊勢・日向参加。戦艦武蔵沈没、空母開聞沈没、葛城中破。
   ホーネット(II)、メリーランド、ウェストバージニア、ニュージャージー沈没。
   独伊露艦隊、ウィンドワード海峡海戦にて戦艦テネシー、カリフォルニア、
   コロラドを撃沈。枢軸軍、運河地帯を確保。残存米陸軍ゲリラ化。
 7月 富嶽空襲開始、ハワイ→米西海岸、パナマ→米東海岸(稼働率20%以下)。
  大鷹、ハワイへの航空機輸送中米潜の雷撃により沈没。
  モスクワ、独露に対して降伏、名目上の停戦成立。
 8月 雲鷹、パナマへの航空機輸送中米機の体当たりにより沈没。
 9月 独、部隊の一部がエニセイ川沿岸まで到達、独ソ戦の終結宣言。
  東方諸国の正式な独立が認められる。哀号作戦(コスタ・リカ独立支援)
 10月 サンディエゴ空襲、戦艦ワイオミング、ニューヨーク沈没、
   ノースカロライナ大破。アラバマ、沖合に逃れたところを雷撃により沈没。
  垂直発射の2段式長距離弾道弾A9/A10と、カタパルトによる水平発射のゼンガー
  対蹠地爆弾による対米爆撃開始(独)
 11月 サンフランシスコ空襲、戦艦ミズーリ大破
  空母ミッドウェー(元BB66ウィスコンシン)ニューヨークへの回航中
   イ352の雷撃で沈没。
  戦艦ミシシッピー、イ188の雷撃により沈没
 12月 オーストラリア日本と単独講和
  加州上陸作戦。主攻はロサンゼルス。平行してサンフランシスコとアナハイム
   への上陸も行われたが、アナハイムではサンディエゴの残存兵力が集結して
   いたため大きな被害を出した。体当たり攻撃、扶桑沈没、山城大破。
  ロスアラモス原爆研究所に対して誘導爆弾による精密攻撃。

28 :名無し三等兵:04/06/28 18:56 ID:???
皇紀,2605,西暦,1945,昭和,20,日独、原爆の開発に成功。
  1月 中国での大陸打通作戦開始(のち目的を完遂できずに中断)
   加州沿岸部を制圧、中部(デンバー目標)主攻、南部(ヒューストン目標)助攻。
  2月 日本陸軍、中部方面ソルトレークシティー制圧。南部方面ツーソン到達。
   日本海軍、パナマ大西洋岸に集結。
   マルタ会談、日独伊満による戦争終結に向けての協議
  3月 日本との交渉を目的とする攻勢「アトゥーンメント(贖罪)作戦」発動。
   デンバーにて「コロラドの守り」日本軍グランドジャンクションまで撤退。
    日系人部隊が日本兵に偽装して後方攪乱を行なう。
    南部ではサンアントニオ手前まで到達、プエブロ収容所解放、日系人将兵
    の家族がFBIによって人質として収容されていた。
   B-29による日本本土への攻撃「ミーティング・ハウス」(成都を拠点とする
    有人機、およびカムチャッカと露天露天繋止で空母エンタープライズから
    発進させた無人機を併用)
   B-36によるハワイ攻撃(第一次作戦「ドゥーリットル」霧島、飛鷹大破。
    第二次作戦「シャングリラ」。加藤建夫隊長戦死)
   CB2フィリピンズ、ニューファウンドランド沖で雷撃で沈没。
   ニューポートニューズ空襲、儀装中の空母フランクリン、タイコンデロガ破壊。
   ニューヨーク空襲、CB3プエルトリコ、空母ハンコック大破。
    独伊露水上艦による砲撃も同時に実施。
   信濃 竣工
   英国、日本と単独停戦
 4月 ノーフォーク空襲、戦艦ケンタッキー大破。
   キューバ上陸戦。米軍機の特攻により天鷹沈没、瑞鷹大破。
    サイモン・バックナーJr中将降伏。
   戦艦アイオワを中心とする第5艦隊キューバに向け出撃、フロリダ沖にて
    艦載機の攻撃を受け戦艦アイオワ、軽巡1、駆逐艦4を失い作中止。
   クレア・L・シェンノート率いるP-80噴進戦闘機部隊発足。
   南部方面、ヒューストン到達、海軍はガルベストン占領。米国東西打通。

29 :名無し三等兵:04/06/28 18:58 ID:???
6月 タンパ攻略。東海岸空襲に護衛戦闘機の随伴可能に。
  中部方面、デンバー迂回のためエルパソへの集積を進める。
  稚大連絡船津軽丸、米潜の攻撃により沈没、死者多数。これにより
   宗谷海峡トンネルの建設決定。
 7月 東海岸諸都市への空襲、戦艦による砲撃が継続。
  南部諸州の一部が独立宣言。終戦交渉を前提に東久邇宮内閣成立。
  原爆輸送から帰還中の鈴谷、アーチャーフィッシュにより撃沈、
  空母阿蘇、米潜の雷撃により沈没。大戦最後の戦没軍艦。
 8月 ケベック社会主義共和国独立、対米宣戦布告(8/3)。これを受けて、
  ドイツ軍ケベック上陸、合衆国領土に進出。
  アメリカ人で構成された王立欧州特務隊、バハマのアンドロス島に鹵獲した
  銀河で殴りこみ、原爆搭載の富嶽を強奪・原爆を投下するも起爆せず。
  ラスベガス(8/6)ニューオリンズ(8/9)に原爆投下、ニューオリンズ上陸。
  メキシコ、中米、対米宣戦布告。8/15米国は停戦受け入れを表明。
 9月 ポトマック河口、紀伊の甲板上でアメリカ合衆国全権大使、停戦条約締結。
  日独軍、米本土での交戦を停止。
 国際連盟再成立。国連公用語は日独伊に。
 アリューシャン列島、日本(アイヌ首長国)に帰属。
 アラスカ、シベリア沿岸部、委任統治領に。

30 :名無し三等兵:04/06/28 18:59 ID:???
皇紀,2606,西暦,1946,昭和,21,
 空母ランドルフ、バンカーヒル、ワスプ(II)引揚船に。
 戦艦ペンシルベニア、米の食料難対策に捕鯨母船となる。のち核実験で沈没。
 空母ベニントン、フランクリンDルーズベルト、戦艦モンタナ日本に譲渡
 空母ボクサー戦艦オハイオ、ドイツに譲渡、「フォン・モルトケ」となる。
 空母ボンノムリチャード、戦艦イリノイ、イタリアに譲渡
 空母オリスカニー、CB1グアム満州に譲渡
 戦艦メイン、タイ海軍に譲渡、「バンコク」となる。
 鳥海 ニュージーランドに譲渡
 鳳翔、隼鷹、記念艦に。冲鷹、海鷹、日本郵船に返還。客船に復帰。
 神鷹、ドイツに返還。
 ベトナム帝国(東インドシナ)とカンボジア王国、ラオス王国(西インドシナ)
 で構成される二重帝国が旧仏印に成立。
 戦犯に対するアトランタ裁判開始(米)
 パレスチナにイスラエル設立、ユダヤ人の「最終解決」として移民が
 進められる(独)
 首相 吉田茂。憲法改正、参議院設立、二院制に復帰。
 枢密院、国政諮問会議に改組(日)
皇紀,2607,西暦,1947,昭和,22,インド連邦・パキスタン独立(印)
 Ta383量産開始(独)のちMiG-15としてライセンス生産(露)
 満州国、憲法改正、立憲君主制の満州合衆国成立。
 験−1で黒江中佐、人類発の音速突破(日)
 武蔵(二代)竣工(元111号艦)葛城、復員船として使用後、除籍・解体。
 雲龍、蛟龍、青葉、衣笠、中華民国に売却。
 古鷹、高雄、飛隼(旧『伊吹』)タイ海軍に売却。
 蒼隼(旧『生駒』)インドネシアに売却。身延、アルゼンチンに売却。
 鞍馬、ブラジルに売却。岩木、チリに売却。九重、妙義、雲仙、三瓶、解体。
 残る雲龍型空母は二等空母に分類。
 西アジア諸国独立、イスラエルをめぐって第一次中東戦争(西亜)

31 :名無し三等兵:04/06/28 19:00 ID:???
皇紀,2608,西暦,1948,昭和,23,スターリン以下の幹部処刑、ただしスターリンは
 戦中に死亡・死刑となったのは替え玉との説あり。エニセイ川にそって
 西側がドイツ側支配圏「ロシア国家社会主義共和国」に。
 東側にはシベリア共和国(旧ソ連)が残るが、満州の保護国化。(露)
 中国共産党、国家社会主義党に名称変更・改組(中)
 1940年のオリンピックの参加国が少なかったことから再度東京オリンピック
 開催。国力アピールのため万博も併設。敗戦国米英は呼ばれず。(日)
 西亜のイスラエル・パレスチナ問題に対し、ユダヤ人国家として
 ソ連極東部と沿海州の一部に「東イスラエル」建国を提案(日満)。
 ただし浦塩をはじめとする主要港湾・基地は日本が永久租借。布哇王国再独立。
 利根、筑摩、除籍・解体。祥鷹、虹鷹、彩鷹、対潜空母に改造。
皇紀,2609,西暦,1949,昭和,24,汪兆銘政権、中国の過半を制圧。蒋介石政権、
 首都を海南島に移転。中華国家社会主義人民共和国を称する国家社会主義者、
 チベット越えの長征、中東に脱出。のち、ごく少数がドイツに入国(中)
 日独伊のアメリカ占領領域から後の東西アメリカの領域確定。
 ロング、アメリカ合衆国大統領。フーバー、北米一般SS長官。(米)
皇紀,2610,西暦,1950,昭和,25,アメリカ動乱(米)人類最初の人工衛星(独)
 前年の空軍設立に続き、入間に空軍兵学校設立(日)
皇紀,2611,西暦,1951,昭和,26,ドイツ側はD.C.のドイツ占領機構を引き継ぐ
 形で「アメリカ国家社会主義連邦(東米)」建国。
 アラスカにD.Cから脱出した「アメリカ合衆国」が亡命政権樹立、のち
 日本側支配領域のシカゴに移転し「アメリカ合衆国(西米)」が成立。
 イラン、石油国有化(西亜)信濃大改装。飛龍、除籍、記念艦。
 瑞鳳、コマンド母艦「大鯨」に改造。
皇紀,2612,西暦,1952,昭和,27,NuTO・「ニュルンベルク条約機構」成立(欧州)
 青函トンネル、津軽海峡線が開通、東京〜室蘭を結ぶ新幹線(弾丸列車を改称)
 第二期完成。十二式戦車採用(主砲127ミリ)(日)

32 :名無し三等兵:04/06/28 19:03 ID:???
皇紀,2613,西暦,1953,昭和,28,空母 日向 タイ海軍に譲渡。「ラーマX世」に。
 EATO・「大東亜共栄宣言機構」成立。朝鮮半島独立反対デモ
 三菱、二八試艦上戦闘機開発開始、後の「麗風」原型(日)
 ロンメル、ヒトラーの死で大統領(任1953-63)。ゲッペルス、ヒトラーの死で
 首相(任1953-64)、ナチ党総裁(任56-64)を兼任(独)
 最初の人工衛星打ち上げ(独)
皇紀,2614,西暦,1954,昭和,29,アメリカ動乱を機に満州・欧州の経済成長。
 首相 石橋湛山のもと、国内経済再建が進められる(日)
 日本電気、科学技術用大型計算機701型、商業用大型計算機702型を発表(日)
 水爆巨大生物「呉爾羅」の映画第一作が公開。
皇紀,2615,西暦,1955,昭和,30,アメリカ動乱 終結。
 ウェポンシステムWS-110A(後のB-70)開発開始(東米)
 人類最初の有人宇宙飛行(独)
 社会大衆党大躍進。保守合同で自由民主党成立。
 伊勢 二等空母に分類 コロリョフ、日本最初の人工衛星を成功させる(日)
 シベリア共和国(既に東半分となっていた旧ソ連)、満州合衆国と大蒙古に
 分割・合併される。
 ベーリンジア宣言、アイヌ首長国、満州合衆国、大蒙古、日本領沿海州、
 東イスラエル、委任統治領アラスカによる多民族超国家共同体の結成。
 国家の定義について論争を呼ぶ。
 瑞鶴、除籍、記念艦。
皇紀,2616,西暦,1956,昭和,31,国家社会主義ドイツ労働者党第28回大会、
 ゲッベルスがヒトラー批判を、シーラハが平和共存路線を発表(独)
 ローマ動乱。ムソリーニが失脚し、独軍介入。イタリア・ファシスト共和国成立(伊)
 リンドバーグ、第2代大統領(東米)
 景雲改撃墜事件。ロシア領内で撃墜される。
 第2次中東戦争。イスラエルに対抗する形で西亜連邦が形成される(西亜)
皇紀,2617,西暦,1957,昭和,32,リンドバーグ大統領暗殺、マッカーサー
 第3代大統領(東米)辻正信、北米国際軍事裁判での禁固、刑期短縮政界復帰。
 験−15試験飛行開始、のち数度にわたり宇宙飛行。総理 岸信介(日)

33 :名無し三等兵:04/06/28 19:04 ID:???
皇紀,2618,西暦,1958,昭和,33,岸総理コロンビアの独化は南米の独化に繋がる
 と言明(将棋倒し理論)日本最初の有人宇宙飛行成功(日)
 マッカーサー大統領病死、アイゼンハワー第4代大統領(東米)
皇紀,2619,西暦,1959,昭和,34,アイゼンハワー暗殺、ジョセフ・P・ケネディ
 第5代大統領(東米)
 大久保武道君、愛親覚羅慧生 結婚「世紀の大恋愛」(日満)
皇紀,2620,西暦,1960,昭和,35,辻正信、首相に。
 太平洋安全保障条約機構調印阻止運動で社会大衆党向坂派により西尾派が追放
 される。社会民主党成立。
 布哇王国総督府廃止。東部諸島地区(内地)が外地への社会資本投資に耐えかね
 連邦制度を提案。かぐや計画発表(日)
 大統領選挙、カーチス・E・ルメイ東米第6代大統領。
 ジョン・F・ケネディ西米大統領
 西米で太平洋条約機構6条国(共同防衛義務を持つ双務的加盟国)への昇格に
 反対する学生達と警官隊が衝突、メアリー・バーチが死亡する。
 ASU(全米学生連盟)は武力闘争を示唆。(米)
 アフリカ諸国の独立続く
皇紀,2621,西暦,1961,昭和,36,日独双方の南米への介入は深刻の度を増、
 総兵力50万をコロンビアに派兵。原子力発電所の商業運転(日)
皇紀,2622,西暦,1962,昭和,37,核配備を巡り海南島危機。核の輸送を察知。
皇紀,2623,西暦,1963,昭和,38,日独の間で冷戦解消への歩み寄りが進み、
 7月には両国間にホットラインが敷かれ、8月には日独英3国による部分的
 核実験停止条約が調印、10月10日から発効した。
 勤労感謝の日、辻正信首相は東京都内某所での講演会に出席。
 閉会後首相官邸への帰路、公用車の車上で狙撃され死亡。
 官房長官池田勇人が代行、翌年首相。
皇紀,2624,西暦,1964,昭和,39,満洲国で新京オリンピック開催(満)
 ゲーリング、ナチ党総裁に就任(独)B-70初飛行。ルメイ大統領暗殺(東米)
皇紀,2625,西暦,1965,昭和,40,佐藤栄作、首相に。内陸部の猛反対にあうも
 連邦制度成立。手塚王国建設(日)

34 :名無し三等兵:04/06/28 19:06 ID:???
皇紀,2626,西暦,1966,昭和,41,ファシズム国家大革命(国家大革命)
 マッカーシー、ニクソンら四人組による奪権闘争。
 ケネディなどの指導者が失脚(東弁)
 空母 天竜 就役(日)
皇紀,2627,西暦,1967,昭和,42,愛新覚羅溥儀 崩御、溥傑 即位(満)
 かぐや1号火災事故(日)
 コロンビア戦争のクリスマス攻勢。メデジン要塞篭城戦。(12月)
皇紀,2628,西暦,1968,昭和,43,笹井醇一ら、かぐや8号で月周回(日)
 ベルギーの経済改革政策が民主化クーデター、ドイツにより潰える。
 「ブリュッセルの春」
皇紀,2629,西暦,1969,昭和,44,かぐや11号月面着陸(日)
 党大会で、ロング派勝利、KKK青少年部設立(東米)
皇紀,2630,西暦,1970,昭和,45,1月、ベトナム=インドシナ二重帝国内の一国王
 シアヌークが第三帝国に接近。シアヌークの海南外遊中にロンノルが
 クーデター、親越政権樹立。シアヌークを擁するポルポトがプノンペンを陥落。
 4月「退廃音楽展」ワイト島で開催(独)ハルピンで冬季五輪(満)
 大阪で万博。日米安保条約延長(日)核拡散防止条約発効
皇紀,2631,西暦,1971,昭和,46,台湾と朝鮮独立。大韓帝国成立。
 朝鮮は最後まで独立を渋る。
 フロリダ返還。川西31式艦上戦闘機A18M「暴風」採用(日)
皇紀,2632,西暦,1972,昭和,47,佐藤・ニクソン会談の結果キューバは西米に
 帰属する事になる。佐藤総理、横井氏を訪問。
 三菱32式戦闘機「飛鷲」採用。軌道往還機「間宮」初打ち上げ。
 笠置、除籍・解体。
 田中角栄、首相に。沖縄の空軍嘉手納基地に航空宇宙博物館開設(日)
皇紀,2633,西暦,1973,昭和,48,反日運動家金日成一派が半島北部の主要都市で
 同時蜂起、平壌を首都として朝鮮国家社会主義共和国の建国を宣言。即時鎮圧
 されドイツに脱出(朝)
 陸奥 事故により爆沈。ザ・ドリフターズ訪英(日)

35 :名無し三等兵:04/06/28 19:07 ID:???
皇紀,2634,西暦,1974,昭和,49,対馬海流発電所、黒潮発電所、着工。
 低軌道基地建設開始、三木武夫、首相に。東西融和政策。(日)
 対馬海峡トンネルにより北九州〜釜山を結ぶ対馬海峡線開通(日朝)
 宇宙戦艦アイオワ放映開始(米)
皇紀,2635,西暦,1975,昭和,50,ゲーリング、首相を兼任、総統に(日)
 海南島の蒋介石政府ベルリンに亡命(中)
 空軍軽量戦闘機計画、中島「隼(2代)」選定。選に漏れた川西「蝮龍」は、
 のちに海軍で川西・三菱A6K「天狼」として採用。生駒、除籍・解体。
皇紀,2636,西暦,1976,昭和,51,ロングの死により四人組逮捕、国革終結(東米)
 Ta1025亡命飛行事件(西米)
 スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックApple社を設立、初の
 本格的個人用電算機を発売(西米)
皇紀,2638,西暦,1978,昭和,53,戦艦大和 除籍。船の科学館で記念館として展示決定。
 武蔵・長門海防艦に分類 翔鶴、超甲巡穂高、除籍・解体。(日)
 帝国空軍偵察機号、オクラホマシティ上空で東米の地対空ミサイルに撃墜される。
皇紀,2639,西暦,1979,昭和,54,川西・三菱39式艦上戦闘攻撃機A6K/M「天狼」採用。
 「飛鷲」改良型の「銀鷲」導入開始。東米・日本国交正常化(日)
 ロシア、アフガニスタンに軍事介入。ドイツが背後にいると見て対独・対露
 非難決議が国際連盟に提案されるも、ドイツは否定、拒否権発動。
皇紀,2640,西暦,1980,昭和,55,ミュンヘン五輪を日本帝国側がボイコット
 超甲巡富士、除籍・モスボール保存。(日)
皇紀,2641,西暦,1981,昭和,56,低軌道基地完成。静止軌道基地建設開始(日)
 オマーン湾事件、イラン空軍のMe2122を空母「飛騨」の暴風が撃墜。
皇紀,2642,西暦,1982,昭和,57,中曽根康弘、首相に(日)
 超甲巡 蔵王、除籍・モスボール保存。大鳳、瀧鳳、除籍・解体。
 フォークランド紛争、アルゼンチンの日本製巡洋艦が英潜水艦に撃沈される
 (英、アルゼンチン)

36 :名無し三等兵:04/06/28 19:09 ID:???
皇紀,2643,西暦,1983,昭和,58,西米レーガン大統領、
 「日米運命共同体」「不沈空母」発言
 トロント発ロンドン行きエア・カナダ007便、北海上空でドイツ空軍の
 防空識別圏に侵入、Me1115に撃墜される。航法装置のミスとも、ドイツ側の
 防空能力・電子戦能力を見るための擬装飛行だったとも言われる。
 乗蔵、除籍・解体。信濃、モスボール保存。
皇紀,2644,西暦,1984,昭和,59,合衆国ロス五輪を第三帝国側がボイコット。
皇紀,2645,西暦,1985,昭和,60,ドイツ第三帝国陣営、統治能力の低下が続く。
 宗谷海峡トンネル、間宮海峡大橋によりアイヌモシリ本島〜沿海州を結ぶ
 樺太線開通(日)
皇紀,2646,西暦,1986,昭和,61,静止軌道基地完成。
 月面基地および静止軌道基地2,3号着工(日)
皇紀,2647,西暦,1987,昭和,62,武蔵・長門 解体、国鉄民営化(日)
皇紀,2648,西暦,1988,昭和,63,白根、除籍・解体。
皇紀,2649,西暦,1989,平成,1,「西側」ドイツ陣営の崩壊が急速に進む。
 東米、D.Cで民主運動家によるデモ、軍に制圧される(ポトマック事件)
皇紀,2650,西暦,1990,平成,2,二等空母 伊勢 解体(日)
 ドイツの影響力低下するも、東米は独自に国家社会主義の理想を追求すると主張。
皇紀,2651,西暦,1991,平成,3,保守クーデターによりドイツ第三帝国時代終了。
皇紀,2652,西暦,1992,平成,4,有人火星探査計画発表(日)
 国家社会主義市場経済論を採択(東米)
皇紀,2653,西暦,1993,平成,5,ソマリア紛争に独立機動第一旅団と
 神風特務攻撃隊派遣(日)
 欧州連合帝国成立(独・仏・蘭・伊ほか12カ国)
皇紀,2654,西暦,1994,平成,6,愛新覚羅溥傑 満州皇帝崩御 
 娘婿の愛新覚羅武道、皇帝に(満)
皇紀,2655,西暦,1995,平成,7,戦艦金剛除籍、太平洋戦争終結50周年記念の一貫と
 して、故郷のイギリス・スカパフローに記念艦として保存。
皇紀,2656,西暦,1996,平成,8,軌道発電衛星着工。
 最後の雲龍級空母、那須、除籍・解体。(日)

37 :名無し三等兵:04/06/28 19:10 ID:???
皇紀,2657,西暦,1997,平成,9,ブレア労働党内閣成立、香港中国に返還(英)
皇紀,2660,西暦,2000,平成,12,ベルリン労働党、第一党に。
 ナチス時代を志向、第四帝国とも称する(独)
 新戦略兵器禁止条約交渉の中で軌道発電衛星に出力規制
皇紀,2661,西暦,2001,平成,13,オアフ島の南約十八キロの海上でアナポリス
 水産高校実習船「バルチモア」日本海軍原子力潜水艦「なだしお」衝突、
 バルチモア沈没。小泉内閣発足。
 9/11新宿超高層ビル街、国会議事堂、大本営にて同時多発テロ発生。
 記念艦大和 同時多発テロの標的となり破壊。三菱61式戦闘機「電光」採用
皇紀,2662,西暦,2002,平成,14,アラブ諸国vs大日本帝国、大西亜戦争勃発。
 有人火星宇宙船「大和」発進。空母 飛龍(二代)就役。
 炭素微小線による軌道エレベータ基礎実験開始。
皇紀,2663,西暦,2003,平成,15,大西亜戦争、イラク制圧。
 東米、新型肺炎の発生により経済成長鈍化。
 ケベック、核の保有を主張。
 本田技研と川崎重工業「伏龍」(水陸両用人型戦車)開発。
 記念艦大和、修復開始。
 東米、「マーキュリー5号」により有人宇宙飛行に成功。
 榛名、大型艦の経年劣化実証試験艦として現役。
 紀伊、大戦艦として唯一実戦配備中。

38 :名無し三等兵:04/06/28 19:13 ID:???
ほとんどそのままコピペなので「前スレ設定が抜けてるぞゴルァ」な点はスマソ。
いずれ本職さんがちゃんとした改訂版を出してくれるまでの繋ぎということで。

39 :名無し三等兵:04/06/28 20:51 ID:???
乙です
前スレでの欠落箇所ちゃんと直ってますね

40 :名無し三等兵:04/06/28 22:12 ID:???
長いテンプレだ…

41 :名無し三等兵:04/06/28 22:16 ID:???
>>14-37
乙です。

>>40
各国概略史はもっと長い・・・
さすがに貼る気になれません・・・

42 :名無し三等兵:04/06/28 22:40 ID:???
どっかに保管庫でもつくらんと駄目かも。

43 :名無し三等兵:04/06/28 22:42 ID:???
そういっていただけると書いた甲斐があります。
とりあえず、前スレではボツったのを除き、便乗版まで含めて

アメリカ共和国連合(南部連合)、ペルー
インドネシア連邦、フィリピン共和国、パキスタン、
エチオピア、マダガスカル共和国
自治領・南洋王国連合、中華人民共和国
エジプト・スーダン連合王国、フィンランド
中華民国、チベット法国、バングラデシュ
ポーランド、インドシナ連邦、クウェート
コロンビア、ノルウェー(=諾威)、インド
スペイン、デンマーク(=丁抹)、フランス(=仏蘭西)
ユーゴスラビヤ、ギリシャ(=希臘)、ラオス王国、
イラン、リベリア共和国、アフガニスタン(+セイロン)、
リトワニヤ、大韓帝国、リビア、アイヌ首長国連邦、布哇王国

が記載済みであります。

44 :21改訂版:04/06/28 23:38 ID:???
うわー貼ってはみたが抜け多すぎー(汗)。
自分で気がついた点を直す。

皇紀,2599,西暦,1939,昭和,14,独ソ不可侵条約締結。
 北欧やベッサラビアの扱いについては合意されず。(8月)
 独ソによるポーランド侵攻・分割。英仏は対独宣戦布告(ソ連は国際連盟から除名)
 第二次世界大戦開始(欧州)(9月)
 ソ連によるフィンランド侵攻、米・英・仏は物資を支援、独は武装SSを
 中心とする義勇軍を派遣。独ソ関係悪化(11月)
 ソ蒙国境紛争。十四試重攻(後の富嶽)試作指示(日)
皇紀,2600,西暦,1940,昭和,15,
 3月 フィンランド、対ソ休戦。
 4月 ハワイで米国に支援された王制打倒クーデター、米軍による攻略。
  日羽互恵条約に基づき日本は王家を正当政権と主張、日米対立激化。
  英仏のノルウェー侵攻に対しドイツ介入。
 5月 ドイツ、低地諸国とフランスに侵攻。英仏、ノルウェーより撤退するがアイスランドは占領。 
 6月 ダンケルクで約40万人の捕虜、仏降伏、大陸諸国と講和成立。
 7月 ソ連、バルト三国を併合。独、英本土航空戦、戦果があがらず早々に中止。
 8月 ゲーリング閑職に。シュペーアを軍需相に抜擢、独国内経済統制強化。
  人種問題など内政を大きく見直したため、親衛隊の内部での混乱を生む。
  対英戦はFw200とJu290による夜間爆撃とUボートと共同の海上封鎖に切替。
  英米との開戦を念頭に日独伊満四国同盟締結。
  東京オリンピック開催、国際情勢悪化のため参加国激減。
 9月 ヒトラーは、ムソリーニに対して近く対ソ侵攻作戦を予定していることを
  告げる。イタリアは北エジプト、ギリシャ作戦を取りやめ対ソ戦に協力。
 10月 日、仏印・蘭印進駐。関門トンネルを通る関門海峡線が開通、東京〜博多を
  結ぶ弾丸列車第一期完成。
 11月 ノルウェー、枢軸国に正式参加。

45 :22改訂版:04/06/28 23:39 ID:???
皇紀,2601,西暦,1941,昭和,16,
 1月 ジューコフ、参謀総長に。対独先制攻撃を主張(ソ)
 2月 在満米軍、港湾封鎖。満州石油の対日輸出、日本製品の対満中輸出阻止。
  挙国一致内閣発足。近衛文麿首相は東条陸相・山本海相・吉田外相に丸投げ。
  駆逐艦島風竣工。対米戦を睨んで改島風型(白霜型)大量生産。
 4月 ソ連の欧州侵攻、粛清の影響と士気・錬度不足により失敗。ワルシャワ包囲戦で損害250万。
  ジューコフ、ティモシェンコと機械化部隊の指揮官の多くが処刑。
  日本、中国経由での輸送強化。汪兆銘政権との関係が強まる。樺太油田の増産。
 5月 独軍反攻。北方軍集団リトアニア、ラトヴィア占領、中央軍集団ミンスク包囲戦、
  南方軍集団ロブノ包囲戦、ユーゴスラビアで共産党の反独蜂起頻発するようになる。
 6月 北:エストニア占領、中:スモレンスク包囲戦、南:ウマニ包囲戦
  日本軍、四国同盟に基づきチタ侵攻。ソ連極東方面の戦力を拘束。
 7月 北:フィンランド軍と連結、レニングラード包囲、中・南:キエフ包囲戦。
  米、英よりアイスランド占領を引き継ぐ。 
 8月 中・南ハリコフ・ドネツ占領(のち独露向けにT34生産)
 9月 レニングラード開城。ローゼンベルク綱領発表(東方占領政策の改善目指す)。
  キ61初飛行(日)
 10月 ノルウェー駐留ドイツ軍とフィンランド軍、ムルマンスク占領
 11月 南方軍集団「青」作戦発動。目標はバクー油田地帯。
  満州・中国・仏印・蘭印というマーケットを確保し、原油も確保した日本に
  対する脅威から、米は大陸からの撤退を強硬に求めたハル・ノートを示す。
  山本海相は開戦止む無しとなり11月末にGF長官に。後任は嶋田海相。
 12月 北:ドミトロフ〜クリン、中・ヴィアジマ〜トゥーラでモスクワ包囲(独)
  真珠湾の米国艦隊を奇襲、ハワイ王室救出。
  第一次ハワイ海戦、戦艦ユタ、ネバダ、オクラホマ沈没。
  マレー攻略、マレー沖海戦、戦艦プリンスオブウェールズ、巡洋戦艦レパルス、
  空母インドミタブル沈没。

46 :25改訂版:04/06/28 23:43 ID:???
12月 十四試重攻試作1号機初飛行。火星改造型3000馬力を使用。
   プラハ会議(ドイツと東方占領地域の各自治政府、戦後の独立で合意)。
   ロシア国会社会主義共和国臨時政府成立。米英の対ソ支援遮断完成。
皇紀,2603,西暦,1943,昭和,18,
 1月 第二次ラバウル沖海戦(ラバウルへの補給を目指す米輸送船団を攻撃)
   足柄、羽黒、沈没。引き換えに米輸送船多数沈没。
  第三次ラバウル沖海戦(ラバウルへの補給を目指す米輸送船団を攻撃)
   妙高、那智、愛宕、沈没。引き換えに米輸送船多数沈没。
  レンネル島沖海戦(ポートモレスビーへの輸送と習熟訓練を兼ねた
   艦隊が帰還途中、雷撃を受け、足の止まったところを陸攻部隊が空襲)
   空母エセックス、戦艦ニューメキシコ沈没。
   枢軸各国によるユーゴスラビア分割(クロアチアとセルビアは独立)。
 2月 ブカ島沖海戦(ラバウルへの補給を目指す米輸送船団を攻撃)
   米軍は輸送船多数を喪失。
 3月 ビスマルク海海戦(ラバウルからの撤退支援のため日本艦隊の消耗を
   狙った米海軍との交戦)熊野沈没、三隈米海軍に拿捕(海軍丙事件)、
   アラスカと改名され米海軍で使用(建造中のCB1は「グアム」と改名)
 4月 い号作戦開始。基地航空隊と陸軍機1000機以上による飽和攻撃。
   ガダルカナル、ポートモレスビーを始めとする連合軍基地は設備・備蓄の
   大半を失い機能を喪失。ラバウル撤退中の米軍は輸送船・兵員多数を失う。
  GF長官山本五十六大将(死後元帥)戦死。(海軍甲事件)
  日本の潜水艦による病院船撃沈。(海軍乙事件)
  (甲乙丙の順序が前後しているのは同時期に大事件が連続した混乱のため)
  ムンダ岬沖海戦(中部太平洋への再進出を図る日本軍と阻止しようとする
   米軍との交戦)龍鳳沈没。ヨークタウン(II)日本に鹵獲、アイダホ沈没。
   この結果、米軍は太平洋方面での稼動空母が無くなる。
  イタリア、ギリシャに対して属国化を要求。市民によるアテネ蜂起。 

47 :26改訂版:04/06/28 23:45 ID:???
 5月 第二次ミッドウェー海戦(ハワイ攻略準備としてミッドウェー破壊・制圧)
   天城 ハワイからの増援を得た米軍基地航空隊の空襲により沈没。
   戦艦の砲撃により滑走路破壊、米軍航空隊は全滅。守備隊は降伏。
   アテネ蜂起鎮圧される。イタリアとギリシャとの同君連合成立。
 6月 第二次ハワイ海戦(ハワイ攻略艦隊と、阻止しようとする米軍との交戦)
    千代田沈没、千歳大破自沈。テキサス沈没、ハワイ陸海航空隊全滅。
    米太平洋艦隊は作戦行動可能な重巡以上の大型艦を失う。
 7月 ハワイ上陸戦(太田実中将)
 8月 ハワイ掃討戦完了、米本土上陸用の備蓄開始、対米戦は潜水艦を中心に。
   米空母レンジャー、北大西洋でUボートの雷撃により沈没
   独、戦略爆撃機Ju390量産開始。
 9月 ベーリング海峡「北方飛び石作戦」アラスカ上陸戦。アイヌ首長国が主導。
 10月 英米空軍による、対独都市爆撃開始。独、対英報復爆撃。
 ウラル以東への疎開を図るも燃料・資材等の不足にあえぐ(ソ)。
 中央アジア・中東占領地域の資源化、石油事情好転。新造艦船の慣熟を進める(独)
皇紀,2604,西暦,1944,昭和,19,
 1月 アイスランド沖で戦艦アーカンサス、Uボートの雷撃により沈没。
 2月 ソ連、継戦能力を喪失し、シベリア方面に敗走。
  アラスカ州知事、合衆国からの離脱を宣言、降伏。
  独伊露、アイスランド上陸戦。日本が支援。
  第一次パナマ海戦(米大西洋艦隊の回航を阻止するための運河攻撃)
   加賀、エンタープライズ中破、アラスカ(元「三隈」)沈没、
   日本は数ヶ月程度は運河を使用不可能とすることに成功。
 4月 Ju390による米本土空襲、護衛戦闘機が随伴できず大損害を出し中止。

48 :27改訂版:04/06/28 23:46 ID:???
6月 ハワイを拠点に連山によるシアトル空襲。インディアナ大破。
  第三次ハワイ沖海戦(連合軍呼称パルミラ沖海戦)「パルミラの七面鳥撃ち」
   ハワイへの補給を遮断しようとする米海軍と、米空母戦力の無力化を
   目論む日本軍の交戦。紫電改艦上型・零戦六四型投入。
   イントレピッド沈没。再建された米空母航空隊は実質的に消滅。
  パナマ上陸戦、四式中戦車チト投入。パナマ枢軸参戦。
  第2次パナマ海戦(米艦隊、日本軍のパナマ運河利用阻止のため突入)
   空母に改装された伊勢・日向参加。戦艦武蔵沈没、空母開聞沈没、葛城中破。
   ホーネット(II)、メリーランド、ウェストバージニア、ニュージャージー沈没。
   独伊露艦隊、ウィンドワード海峡海戦にて戦艦テネシー、カリフォルニア、
   コロラドを撃沈。枢軸軍、運河地帯を確保。残存米陸軍ゲリラ化。
 7月 富嶽空襲開始、ハワイ→米西海岸、パナマ→米東海岸(稼働率20%以下)。
  大鷹、ハワイへの航空機輸送中米潜の雷撃により沈没。
  モスクワ、独露に対して降伏、名目上の停戦成立。
  アイスランド、デンマークとの同君連合解消、独立を宣言。
 8月 雲鷹、パナマへの航空機輸送中米機の体当たりにより沈没。
 9月 独、部隊の一部がエニセイ川沿岸まで到達、独ソ戦の終結宣言。
  東方諸国の正式な独立が認められる。哀号作戦(コスタ・リカ独立支援)
 10月 サンディエゴ空襲、戦艦ワイオミング、ニューヨーク沈没、
   ノースカロライナ大破。アラバマ、沖合に逃れたところを雷撃により沈没。
  垂直発射の2段式長距離弾道弾A9/A10と、カタパルトによる水平発射のゼンガー
  対蹠地爆弾による対米爆撃開始(独)
 11月 サンフランシスコ空襲、戦艦ミズーリ大破
  空母ミッドウェー(元BB66ウィスコンシン)ニューヨークへの回航中
   イ352の雷撃で沈没。
  戦艦ミシシッピー、イ188の雷撃により沈没

49 :28改訂版:04/06/28 23:48 ID:???
 12月 オーストラリア日本と単独講和
  加州上陸作戦。主攻はロサンゼルス。平行してサンフランシスコとアナハイム
   への上陸も行われたが、アナハイムではサンディエゴの残存兵力が集結して
   いたため大きな被害を出した。体当たり攻撃、扶桑沈没、山城大破。
  ロスアラモス原爆研究所に対して誘導爆弾による精密攻撃。
皇紀,2605,西暦,1945,昭和,20,日独、原爆の開発に成功。
  1月 中国での大陸打通作戦開始(のち目的を完遂できずに中断)
   加州沿岸部を制圧、中部(デンバー目標)主攻、南部(ヒューストン目標)助攻。
  2月 日本陸軍、中部方面ソルトレークシティー制圧。南部方面ツーソン到達。
   日本海軍、パナマ大西洋岸に集結。
   マルタ会談、日独伊満による戦争終結に向けての協議
  3月 日本との交渉を目的とする攻勢「アトゥーンメント(贖罪)作戦」発動。
   デンバーにて「コロラドの守り」日本軍グランドジャンクションまで撤退。
    日系人部隊が日本兵に偽装して後方攪乱を行なう。
    南部ではサンアントニオ手前まで到達、プエブロ収容所解放、日系人将兵
    の家族がFBIによって人質として収容されていた。
   B-29による日本本土への攻撃「ミーティング・ハウス」(成都を拠点とする
    有人機、およびカムチャッカと露天露天繋止で空母エンタープライズから
    発進させた無人機を併用)
   B-36によるハワイ攻撃(第一次作戦「ドゥーリットル」霧島、飛鷹大破。
    第二次作戦「シャングリラ」。加藤建夫隊長戦死)
   CB2フィリピンズ、ニューファウンドランド沖で雷撃で沈没。
   ニューポートニューズ空襲、儀装中の空母フランクリン、タイコンデロガ破壊。
   ニューヨーク空襲、CB3プエルトリコ、空母ハンコック大破。
    独伊露水上艦による砲撃も同時に実施。
   信濃 竣工
   英国、日本と単独停戦

50 :29改訂版:04/06/28 23:50 ID:???
 4月 ノーフォーク空襲、戦艦ケンタッキー大破。
   キューバ上陸戦。米軍機の特攻により天鷹沈没、瑞鷹大破。
    サイモン・バックナーJr中将降伏。
   戦艦アイオワを中心とする第5艦隊キューバに向け出撃、フロリダ沖にて
    艦載機の攻撃を受け戦艦アイオワ、軽巡1、駆逐艦4を失い作中止。
   クレア・L・シェンノート率いるP-80噴進戦闘機部隊発足。
   南部方面、ヒューストン到達、海軍はガルベストン占領。米国東西打通。
 6月 タンパ攻略。東海岸空襲に護衛戦闘機の随伴可能に。
  中部方面、デンバー迂回のためエルパソへの集積を進める。
  稚大連絡船津軽丸、米潜の攻撃により沈没、死者多数。これにより
   宗谷海峡トンネルの建設決定。
 7月 東海岸諸都市への空襲、戦艦による砲撃が継続。
  南部諸州の一部が独立宣言。終戦交渉を前提に東久邇宮内閣成立。
  原爆輸送から帰還中の鈴谷、アーチャーフィッシュにより撃沈、
  空母阿蘇、米潜の雷撃により沈没。大戦最後の戦没軍艦。
 8月 ケベック社会主義共和国独立、対米宣戦布告(8/3)。これを受けて、
  ドイツ軍ケベック上陸、合衆国領土に進出。
  アメリカ人で構成された王立欧州特務隊、バハマのアンドロス島に鹵獲した
  銀河で殴りこみ、原爆搭載の富嶽を強奪・原爆を投下するも起爆せず。
  ラスベガス(8/6)ニューオリンズ(8/9)に原爆投下、ニューオリンズ上陸。
  メキシコ、中米、対米宣戦布告。8/15米国は停戦受け入れを表明。
 9月 ポトマック河口、紀伊の甲板上でアメリカ合衆国全権大使、停戦条約締結。
  日独軍、米本土での交戦を停止。
 国際連盟再成立。国連公用語は日独伊に。
 アリューシャン列島、日本(アイヌ首長国)に帰属。
 アラスカ、シベリア沿岸部、委任統治領に。

51 :名無し三等兵:04/06/28 23:52 ID:???
すまんこってす……やっぱり本職さんでないとこういうのは駄目だと痛感したっす。

52 :年表屋:04/06/29 00:25 ID:???
あー出遅れてしまいますた。せっかくなので、前スレでの新ネタから
年表への追加ネタだけいくつか挙げときます。

皇紀,2496,西暦,1836,天保,7,外国貿易に伴う金の流出の結果、
 国内の景気悪化。対外政策に関する不満高まる(日)
皇紀,2521,西暦,1861,文久,1,南蛮泡沫事件。貿易黒字の対外投資バブル崩壊に
 よる経済恐慌。最初の日本人移民ハワイへ(羽)
皇紀,2525,西暦,1865,慶應,1,上田寅吉、横須賀海軍工廠の初代工場長に(日)
 リー将軍降伏し、南北戦争終結。アイヌの血を引く忍者次郎、米より帰国。
皇紀,2559,西暦,1899,明治,32,トランスシベリア鉄道、
 ノヴォシビルスク-イルクーツク間開通(露)
 イギリス、ドイツ、アメリカ、日本が、四国協定でオセアニアの
 領有関係を明確化。米へイ国務長官、中国における門戸開放宣言。
 大韓帝国成立。李氏王家を皇帝に据える。初代首相は金玉均。
皇紀,2599,西暦,1939,昭和,14,伊、アルバニア併合(4月)
 東京通信研究所創立(戦後、東京通信工業に改名。ソニーの前身)(日)
皇紀,2600,西暦,1940,昭和,15,
  Ju90爆撃機型、Ju290として制式化。民間機としてスペインで部品生産(独)
 4月布哇事変。
  英仏、ナルヴィク上陸。ドイツ、オスロ制圧。
 11月、ノルウェー枢軸側に。
皇紀,2602,西暦,1942,昭和,17,
 空母アクィラ竣工(伊)
皇紀,2603,西暦,1943,昭和,18,
 1月 ユーゴスラビア分割占領(独伊)
 4月 伊、ギリシャに事実上の属国化を要求。のちローマ連合の一員に。
皇紀,2604,西暦,1944,昭和,19,
 12月 米太平洋艦隊司令長官フレッチャー大将戦死、後任スプルーアンス。



53 :年表屋:04/06/29 00:26 ID:???
皇紀,2606,西暦,1946,昭和,21,
 首相 吉田茂。憲法改正、貴族院復活、二院制に復帰。
 枢密院、国政諮問会議に改組(日)
 VII号「レーヴェ」完成、105ミリ戦車砲搭載(独)
皇紀,2610,西暦,1950,昭和,25,ケベックがカナダに侵攻、北米戦争。
 アメリカ動乱勃発(米)
 中華人民共和国、ウィグル族居住地を征服。
皇紀,2611,西暦,1951,昭和,26,ドイツ側はD.C.のドイツ占領機構を引き継ぐ
 形でキール条約により「アメリカ国家社会主義連邦(東米)」建国。
 アラスカにD.Cから脱出した「アメリカ合衆国」が亡命政権樹立、のち
 シカゴに移転し真珠湾平和条約で「アメリカ合衆国(西米)」主権回復。
皇紀,2613,西暦,1953,昭和,28,
 中島飛行機、民間機・自動車部門を富士重工に改組(日)
皇紀,2616,西暦,1956,昭和,31,ヒトラー批判に連動してムソリーニ批判。
 独の介入により国王亡命。ムソリーニ引退。
 「我らの海」「新ローマ帝国」事実上解体。リビア独立。
皇紀,2618,西暦,1958,昭和,33,戦艦ヒンデンブルグ竣工(独)
皇紀,2632,西暦,1972,昭和,47, 忍者疑惑(ニンジャゲート)事件(日)
 OSS残置諜報員だったリトルフィールド少尉、西米に帰還。
皇紀,2637,西暦,1977,昭和,52,中華民国、チベット侵攻。
皇紀,2639,西暦,1979,昭和,54, ロシア、アフガニスタンに軍事介入。
 ドイツが背後にいると見て対独・対露非難決議が国際連盟に提案されるも、
 ドイツは否定、拒否権発動。東側は対抗してイラン革命を仕掛ける。
 レオパルド2、生産開始。大韓帝国首相朴正煕、暗殺される。

54 :年表屋:04/06/29 00:28 ID:???
皇紀,2640,西暦,1980,昭和,55, 自由民主党より、自由翼賛党が分離。
 四〇式戦車採用、ガスタービン発動機、主砲105ミリ(日)
 原子力大型巡洋戦艦『デアフリンガー』級起工(独)
皇紀,2641,西暦,1981,昭和,56,バングラディシュ独立。
皇紀,2643,西暦,1983,昭和,58, 御盾防空巡洋艦「足柄」型竣工。
皇紀,2650,西暦,1990,平成,2,四〇式戦車の120ミリ主砲搭載型の五〇式戦車
 公表(日)120ミリ砲級C1アリエテ戦車(伊)Type-90戦車正式化(西米)
皇紀,2651,西暦,1991,平成,3,東米、M90戦車を公表。仏AMX-60配備開始
皇紀,2653,西暦,1993,平成,5,欧州連合帝国成立にあわせてポーランド独立、
 ベルギー、フラマンとワローンに分離。
 ブランチダビィディアン事件(西米)
皇紀,2654,西暦,1994,平成,6,
 チェチェン共和国独立宣言、ロシア紛争(未だ継続中)(露)
 チチョリーナ首相、結婚引退。後任にベルルスコーニ首相(伊)
 川西航空機、三菱重工航空機部門の傘下に。
 ケベック、ウィルソン・ゴールド総統死去、長男のジョン・E・ゴールドが
 後継。
皇紀,2655,西暦,1995,平成,7,阪神地震、死者千人近く。
 愛知精機、九州鉄工、三菱重工に航空機部門売却。(日)
皇紀,2657,西暦,1997,平成,9,
 アレッサンドラ・ムッソリーニ元ナポリ市長、ドゥーチェに(伊)
 立川飛行機、中島飛行機に吸収合併。

とりあえずこんなところで。


55 :名無し三等兵:04/06/29 01:19 ID:???
お、年表屋さんきた。
よろしくまとめ、お願いしますね。

しかし本気で保管庫が必要になってきたかも。
誰か作ってくれないかな?

56 :名無し三等兵:04/06/29 02:17 ID:???
>年表
野暮な突っ込みだけど、
ハワイは羽合じゃなくて布哇ね。

羽合は鳥取県にある町だったかと。

57 :各国概略史速見表(3スレ発表分):04/06/29 18:23 ID:???
1.>13 アメリカ共和国連合(南部連合)  3.>15 ペルー
4.>16 インドネシア連邦           5.>21 フィリピン共和国
6.>22 パキスタン                7.>23 エチオピア
8.>24 マダガスカル共和国         9.>26 自治領・南洋王国連合
10.>27 中華人民共和国           11.>28 エジプト・スーダン連合王国
12.>42 フィンランド、              13.>43 中華民国
14.>59 チベット法国             15.>94-95 バングラデシュ
16.>108 ポーランド              17.>126 インドシナ連邦
18.>127 クウェート              19.>130 コロンビア
20.>135 ノルウェー(=諾威)        21.>165 インド
22.>167 スペイン、              23.>175 デンマーク(=丁抹)
24.>274 フランス(=仏蘭西)        25.>293 ユーゴスラビヤ
26.>448 ギリシャ(=希臘)           27.>455-457 ラオス王国
28.>458-459 イラン               29.>483 リベリア共和国
30.>484-485 アフガニスタン(+セイロン) 31.>615 リトワニヤ
31.>905-906 大韓帝国(※番号重複)   32.>909-910 リビア
33.>924-925 アイヌ首長国連邦       34.>929-930 布哇王国

58 :名無し三等兵:04/06/29 21:34 ID:???
概略史シリーズはバングラあたりから一気に密度が濃くなりましたね。

59 :名無し三等兵:04/06/29 21:47 ID:???
ナイター見ててふと思ったんだが、日本が戦争を有利に進めてたのなら
新聞社を全国3紙、地方各1紙に統合する必要がなかっただろう。
となると戦後の新聞社の経営基盤ははるかに小規模に。
一方私鉄は戦後も交通の主役として発展してる(前スレ706-707)
わけだから、今頃は中日と巨人が合併騒ぎになって、一方で阪神や
近鉄が例年優勝争いを繰り返していたりして…

(漏れはもちろん関西人。)

60 :名無し三等兵:04/06/29 23:09 ID:???
江戸時代が終わり、明治年間に入ってからは、
明治維新、自由民権運動の担い手として新聞社は盛行に向かうが、
世論の混乱を予防するための規制や、新聞社同士の競争により合併・買収・倒産が相次ぎ、
大正末期には全国紙・地方紙・弱小紙の3種にはっきりと分かれた。
その後、沿海州・満州事変での報道の混乱により、政府は新聞への反感を深めていく。
そして、戦線縮小に関する極右・極左的な過激な意見や海軍甲・乙・丙事件時の報道の大幅なズレにより、
政府はこのままでは国が内部崩壊しかねないと判断し、「悪徳不良紙」の大規模な整理に踏み切る。
これにより、弱小紙はほとんどが淘汰され、1000紙に迫る量だった日刊新聞は一気に半分以下の400紙前後になる。
戦後は、昭和40年代に吹き荒れた「クロ狩り」という官民問わぬ粛正行為や、
事業拡大・経営安定の為の全国・地方紙による買収・合併があり、現在は250紙程度になっている。

有名な新聞は全国紙として読売(保守左派・部数世界一)・朝日(革新右派)・毎日(一時、会社更生法適用)・産経新聞(中道左派)
地方紙としては中日新聞(野球チーム保有)など

61 :60:04/06/29 23:23 ID:???
>>59
新聞について書いてみました。
>新聞社を全国3紙、地方各1紙に統合する必要がなかっただろう。
確かに地方紙は強制的に統廃合されたが、
全国紙3社(読売・朝日・毎日)に関しては大正までに合併を終えているのでそのままとしました。
(読売は報知と合併するのは戦時合併だけど、読売自体が買収意欲旺盛なので…)
地方紙に関しては、>>59の通り、各県1紙に統一する必要が無いので史実の約二倍になっています
(※史実では2004年現在で日刊紙は111社)

>野球チーム
前スレ706-707書いたの漏れだけど、南海が合併で存在しないし、
阪急と阪神が一社になっている。しかも、東急は今の3倍くらい路線を持っている。
今とは全く違うチーム構成になってそうです・・・

62 :名無し三等兵:04/06/30 05:57 ID:???
ジブラルタル沖海戦が抜けてる……

あと、第三次ハワイ沖海戦の
>紫電改艦上型・零戦六四型投入。
は削除して下され。
これ書いたの自分だけど、どう考えても紫電改じゃ18年に間に合わないので、
二式艦戦のネタ降ったのも自分です。

63 :60:04/06/30 16:46 ID:???
訂正・・・
>>60の有名な全国紙の産経新聞を削除してください。

戦時合併の代表格を入れてどうする・・・

64 :名無し三等兵:04/06/30 20:30 ID:???
各国概略史見たら、マダガスカルには日本の第8艦隊が駐留してるそうだけど、
どのくらいの規模なの? 旗艦は?

65 :名無し三等兵:04/07/04 00:46 ID:???
保守

66 :名無し三等兵:04/07/04 17:21 ID:???
>64
おそらく史実の米海軍第7艦隊+α相当になってるのでは。


67 :名無し三等兵:04/07/06 00:38 ID:???
え?老朽艦の保養地じゃなかったっけ?
大戦・大戦直後級の海防艦大勢と二等空母数隻しかいなかったと思うけど。

68 :名無し三等兵:04/07/06 02:38 ID:???
>>64
スエズ〜アラビア海経由でインド洋、あるいは南大西洋から南氷洋をかすめてインド洋や太平洋に潜り込もうとする
原子力機関搭載のUボートに対する警戒を行っており布哇に対するパナマのようにセイロン・スマトラから
多くの潜水艦、対潜水雷戦隊がここに進出している。
旗艦は防諜上洋上司令部が望ましいとして本来は上陸作戦指揮用に揚陸艦を基礎に設計された支援艦「葦原」が転用されている。

69 :名無し三等兵:04/07/07 22:14 ID:???
>>67
対独最前線の基地に老朽艦を保養させて、開戦一番の的にする気でつか?
第8艦隊の担当海域は紅海出口〜中東湾岸地域に至るインド洋西半分であり、
担当エリア面積に比べても強力な兵力が配備されてるよ。
中核兵力は空母2隻。

70 :名無し三等兵:04/07/07 22:38 ID:???
えーと、他には・・・

第1艦隊:横須賀・呉。本国艦隊・総予備。世界最強の艦隊戦力。
第2艦隊:函館・大湊。太平洋北部担当。アリューシャン方面の対潜警戒。
第3艦隊:パナマ。カリブ海・南米大陸西岸海域担当。
第4艦隊:シアトル・サンフランシスコ・オアフ。第2・第3艦隊の後詰の役割も担う。
第5艦隊:トラック。太平洋全域担当。脅威となる敵が存在しないことから訓練・実験部隊の性格をもつ。
第6艦隊:シンガポール。インド洋東部担当、第7・第8艦隊の後詰めの役割も担う。
第7艦隊:ケープタウン。南氷洋・南大西洋担当。
第9艦隊:昨今の中国情勢緊迫に伴って新編。佐世保・高雄を母港とし、東・南シナ海にかけて展開。

でよかったっけ?
各艦隊の規模や旗艦については資料不足につき他の方に譲りまつ。

71 :名無し三等兵:04/07/07 22:41 ID:???
他には連合艦隊直轄の戦略原潜部隊がありますね。

72 :名無し三等兵:04/07/08 04:41 ID:???
野球関係ってどうなっているんだろう?

私鉄が史実よりも体力的に強い可能性が高いのでいまだに南海や西鉄、阪急、国鉄が球団を
持っていると思うんだけど。

73 :名無し三等兵:04/07/08 20:55 ID:???
久々に便乗版など書いてみる。

各国概略史(便乗版):36 ラトビヤ

他のバルト三国と同様、露からの独立〜蘇による併合〜独による占領の道を辿ったラトビヤだが、
独立回復への動きは後述のエストニヤ同様非常に早いものであった。
もともとローゼンベルクがラトビヤ・エストニヤの優遇について一定の理解を示していたこと、
国防軍が補給上リガの海運に大きく依存し、ラトビヤでの無用の混乱を望まなかったこと、
ラトビヤ人自身が積極的対独協力を惜しまなかったことなどが複合的に作用した結果である。

41年9月のいわゆるローゼンベルク綱領でバルト三国における再私有化の促進と自治組織の樹立
(治安面も含む点が注目された)が謳われた結果、ラトビヤ人は42年中に東方省や国防軍との交渉の末、
バルト=ドイツ人系のオスカル・ダンケルスを首班とする自治政府を成立させた上、
独軍に対して2個師団相当の兵力提供と治安警察による後方の安定とを実現して見せたのである。
もちろん、実現段階においては無数の齟齬や蹉跌が存在していた。
特に再私有化の実行段階における法的諸問題と治安確保を巡る親衛隊との軋轢については、
第三帝国崩壊後の情報公開と共に多くの実証的研究が発表されている
(例えば、41年11月にリガでユダヤ人虐殺があったことも50年間東側では知られていなかった)。

44年9月、独ソ戦終結と共に独立を実現したラトビヤは、以後枢軸国としての道を歩む。
東西冷戦終結後も独との絆は深いが、バルト三国共通の問題――独系移民の処遇が不安材料となりつつある。

74 :名無し三等兵:04/07/09 18:21 ID:???
>>72
前スレより、輸送は鉄道中心で私鉄はかなり強い
チームを持ってる可能性は相当高いが、戦時合併のままなのでチーム数が合わない

大手私鉄だと今より規模がケタ違いなのはこの3社
東急(史実の東急+小田急+京王+京急)
近鉄(近鉄+南海)
京阪神急行(阪急+京阪)

あと、本州・九州の国鉄は民営化されているので注意

75 :名無し三等兵:04/07/09 22:08 ID:???
各国概略史番外編:欧州連合帝国(ユーロ・ライヒス・ウニオン、ERU)

ドイツ第三帝国が保守派クーデターをきっかけに実質的に崩壊した後、
混乱を収拾すべく欧州の関係各国による調整の末、1993年に発足した。
設立時の加盟国は、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、
フラマン、ワローン、デンマーク、ルクセンブルグ、ポーランド、
スウェーデン、ノルウェーの12カ国。その後、ドイツ系住民問題と
経済格差の点から設立時の加入をためらっていたリトアニア、
エストニア、ラトビアのバルト3国も、周辺諸国の政治圧力に対抗する
ため、やや遅れて参加した。
つい最近には、ポルトガル、フィンランド、ハンガリー、ルーマニア、
エストニア、ラトビア、ウクライナ、アイルランド、ブルガリア、
ウクライナが拡大ERU参加国となり、現在25カ国が加入している。
加盟希望を表明していた国々のうち、ロシアは主導権を失いたくない
独仏の意向(+いまだ根強い周辺諸国の反感)が、バルカン諸国は地域の
不安定性が、トルコは中東との関係をこれ以上ややこしくしたくない
という点が、それぞれネックとなって、将来の参加可能性を匂わす
にとどまっている。

政治的バランスへの配慮から、首都は主要国を避けてルクセンブルクに
置かれている。
ドイツと友好国、および経済的・政治的理由からドイツとの関係を
強化したい小国による寄り合い所帯との見方が当初強かったが、現在は
ドイツ・フランス(一歩下がってイタリアが続く)主導となっており、
歴史家には「フランク王国の再来」と呼ぶ向きもある。
経済的には共通通貨「ユーロ」の導入により実質的に一体化しており、
また最近ERU憲法が公布され、各国の批准待ちの状態にある。政治的統合
については、各国の主導権と主要役職をめぐる争いが予断を許さない
ものの、長期的には欧州の一体化は今後も進むと見られている。

76 :名無し三等兵:04/07/09 22:19 ID:???
>>74
史実ではそのみっつはいずれも戦時下のドサクサにまぎれて合併したもの。
下手すりゃ東武・近鉄・名鉄なんかはバラバラのままかもしれない。

井の頭線は間違いなく小田急。


77 :名無し三等兵:04/07/09 22:36 ID:???
>>76
大手私鉄同士の合併は
昭和13年に交付された「陸上交通事業調整法」によるもの。
(これは、交通事業の乱立で経営が苦しくなった事業者の要請を受けたもの。戦時立法に非ず)
むしろ、現在の大手15社になっているのは戦後のドサクサで分離したもの。

(前スレでは大手私鉄は9社になっています。)

78 :名無し三等兵:04/07/10 00:50 ID:???
>75
補足ありがとうございます。欧連の十二カ国、何処を入れて何処を外すかで悩んでいたので助かったです。

各国概略史(便乗版):37 エストニヤ

バルト三国の中では最小国(平成十年の人口が145万人)のエストニヤであるが、
自治権獲得と再独立への動きは最も早かった。
元首相であるイェリ・ウルオッツを指導者とする自治組織が比較的早い段階で成立したこと
(独軍の占領がバルト三国では最も遅かったのでエストニヤ側にも対応する時間的余裕があった)、
東方相ローゼンベルクがエストニヤ生まれのバルト=ドイツ人だったことの二点が幸いしたと言える。

ウルオッツは早くも41年8月に独立回復要求を行ったが、これはさすがに拒絶された。
しかし、エストニヤを「東方占領政策の模範例とする」との基本政策が東方省=軍需省=国防軍の三者間で合意されると、
42年には自治政府の陣容も急速に発展。12月のプラハ会議では出席政府中最小ながら意見調整や対独交渉等の面において主導的役割を務めている。
対独協力と独立回復の均衡を保つ点ではどの自治政府も少なからぬ苦労を強いられているが、
エストニヤはその点最も楽をした国と言えるかもしれない。

44年9月の独立回復後も頁岩油の対独輸出が好調で経済的にも安定していた同国だったが、
現在一番の問題とされているのは皮肉にもその頁岩油採掘に伴う深刻な環境破壊である。
エストニヤ国内での扱いは独系移民問題よりも大きく、芬蘭や露西亜との外交問題にまで発展している。

79 :名無し三等兵:04/07/10 02:08 ID:???
>>77
あんまスレに影響ない話題で申し訳ないんだけど、
(地元なので) 相鉄は?

中堅私鉄(だとするとJR相模線も版図だよね)?
国鉄→民営化?
それとも東急か小田急あたりに合併してるのかしら。

80 :75:04/07/10 13:11 ID:???
しまった、ミスってエストニアとラトビアを2回加盟させてしまった…
拡大ERUの参加国、残り2カ国、キプロス、マルタがイタリアから独立
済みで加盟でいい?スロベニアはイタリア領のままってことで。

81 :名無し三等兵:04/07/10 17:04 ID:???
マルタの替わりにスロヴァキアというのはどうでしょう?
あそこはチェコスロヴァキア解体以来、独の保護国として一応独立国ですから。

82 :名無し三等兵:04/07/10 17:42 ID:???
>>79
相鉄は昭和20年に東急に経営委託されています(史実)
前スレによると22年には合併されたようです。
とすると、ここの東急は史実の大手5社(東急・小田急・京王・京急・相鉄)…
まさに「東京急行」だな。こりゃ…

83 :名無し三等兵:04/07/10 17:58 ID:???
日本の名機 1
三菱 零式艦上戦闘機(A6M) 日本海軍:昭和14年〜昭和19年
格闘性能に優れた、日本海軍主力艦戦

 昭和12年に海軍の十二試艦戦として開発がスタート。三菱重工の堀越技師が設計。昭和14年正式採用。
 当時としては世界最高レベルの戦闘機で、中国戦線での二十七機の敵を相手に十三機で空戦を挑み敵全機を撃墜、
味方に損害無しというデビュー戦は零戦の高性能を世に示したものとして現在まで伝えられている。
 初期型は、大戦初期には長大な航続力、強力な20ミリ機関砲を持つ当機は熟練操縦士による神業的機動と相まって
連合軍機が編隊による一撃離脱戦法を採用するようになるまでは、向かうところ敵なしの状態であった。
 大出力の発動機を搭載した後期型は、出力が大幅に増えたので余裕が出来、大幅な増強が施された。
その結果、初期型・中期型の欠点であった防弾装備不足・機体の強度不足が改善され、
米軍の新鋭機相手に引けをとらず、ミッドウェー・ハワイ・パナマの海戦で活躍した。
 後継機である「烈風」が完成するまで多数生産されたため改良型が多く、
初期生産型である一一型、二一型から大戦後期に開発された六四型まで
通算すると一万機以上の生産数を誇る日本軍最多生産機である。
※初期型>一一型〜三二型(A6M2〜A6M3a)中期型>五二型〜五四型(A6M5〜A6M8)後期型>六四型〜七五型(A6M9〜A6M10)

機体データ(五二型甲(中期型)[A6M5a])
全長  9.12m
全高  3.51m
全幅 11.00m
自重 1,876kg
最高速度 556km/時(高度6,000m)
上昇限度 11,740m
航続距離 約1,900km
武装 20ミリ機関砲×2、7.7ミリ機銃×2、60キロ爆弾×2等

84 :名無し三等兵:04/07/10 18:15 ID:22bUlE+x
日本の名機 2
川崎 二式艦上戦闘機「海燕」(A7Ks) 日本海軍:昭和17年〜20年
液冷エンジン装備の艦上戦闘機

 川崎は長年独国の液冷発動機をライセンス生産しているが、
昭和13年にはダイムラー・ベンツ社製のDB601の製造権を獲得、ハ40として国産化した。
 陸軍は昭和15年にこのエンジンを使用した戦闘機の開発を川崎に指示、
重戦闘機と軽戦闘機の中間を持った、あらゆる戦闘機に勝てる機体」という社内開発コンセプトによって設計が行われており、
川崎社内ではそのコンセプトから『中戦』と呼ばれ、キ61は予想以上の性能を発揮し「飛燕」として採用された。
 キ61の評判は海軍にも知られ、陸軍の了承を得てキ61を入手し、海軍使用に改装した。
結果は予想以上に好評で、海軍は烈風完成までの中継ぎとして制式採用。海軍の飛燕ということで「海燕」と名づけられた。
川崎航空機では異例の海軍戦闘機の開発となった。ただし、発動機は愛知航空機の物を使用している。
 実戦配備は昭和17年10月から。主に南方・豪州の航空基地で使用された。
エンジンが快調であれば零戦後期型に匹敵する性能を見せ、爆撃機迎撃に活躍したが、
「飛燕」同様、前線での整備に手間がかかり稼動率が悪いという欠点があった。
また、液冷発動機は構造が難しく、故障の多発や整備の難しさから生産が遅れがちであった。
 結局、生産性・稼働率の低さから零戦の後継機としての役割を十分果たせず、
零戦後継機である「烈風」が完成した後は、戦線の拡大に伴って次第に第一線から退いていった。

機体詳細データ(二二型[A7Ks3])
全長  9.02m
全高  3.70m
全幅 12.00m
自重 2,580kg
最高速度 580km/時(高度5,000m)
上昇限度 10,000m
航続距離 約1,800km
武装 20ミリ機関砲×2、13ミリ機銃×2、60キロ爆弾×2

85 :名無し三等兵:04/07/10 22:00 ID:???
>>82
でも営業キロそのものはあんまし長くないように思える
(多分東武とどっこいどっこい、近鉄(+南海)に遠く及ばない)

基本的に儲かりそうな路線ばっかだから経営的にはかなり余裕があるだろうが>この世界の東急

86 :名無し三等兵:04/07/10 22:55 ID:???
ケベックに拉致された西米女性がカリブ海のなんとかいう小国で家族と再会したけれど、
あの旦那は帝国陸軍の脱走兵だろ?軍法会議とかその辺どうなってんの?

87 :名無し三等兵:04/07/10 23:53 ID:???
>>86
わが国にも空気読めない感じの香具師がいるんで仕方ないんじゃないかな?

88 :名無し三等兵:04/07/11 00:09 ID:???
>>86
日本との「犯罪人引き渡し条約」を結んでいない国だから
手を出すことは出来ないし、
経歴を除けば「感動的な再開」な訳だから
軍法会議云々を言ってしまうと国際的な立場が悪くなるので、黙ったまま。
本音を言ってしまうと、西亜戦争が終わっていない状況だから
軍法会議にかけ、現役の人達の気を引き締めたいところなんだが…

89 :名無し三等兵:04/07/11 00:17 ID:???
>>85
鉄板住民だから言わせてもらうが、鉄道会社の経済力は距離より収益。
鉄道会社の主な赤字要因は建設費と維持費だから、
逆に、どんなに距離を持っていても収益が無いと維持費がかさむだけ。
(いい例が史実の国鉄・名鉄・近鉄)
そう考えると、儲かりそうな路線ばかりで、そこそこの距離
しかも沿線は東急不動産(wという東急はかなり安定しているんじゃないこと思われ。
(史実の東急でも資本金は私鉄一だし、営団子会社にしちゃったし…)

90 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 10:37 ID:???
1952年に青函トンネルはどう考えても無理

91 :名無し三等兵:04/07/11 21:51 ID:???
>90 と思うのであれば、あなたの考える、この世界での海底トンネル開発史を
打ち出していただけるとありがたいです。

92 :85:04/07/11 22:42 ID:???
>>89
すまん。非常に判り難いかき方だった。
非採算路線=赤字要因 ってのも、収益性の高い路線であれば距離はあまり関係無いという
ことも存じています。

ただ、近鉄みたいに名古屋−大阪間特急のような「大都市間輸送を目的とした特急」というのが
あんまり期待できないなぁというだけです(精々新宿−箱根間の温泉特急くらいだろうか…)

93 :名無し三等兵:04/07/11 22:56 ID:???
>>92
渋谷〜横浜、品川〜川崎〜横浜〜横須賀があるじゃないか。
距離は短いが、大都市間輸送で、史実だとどれも特急が走っているが・・・(どちらも無料だが)
確かに、大規模な特急は走れないが、
東京・川崎・横浜のある関東地方西南部をほぼ独占している訳で・・・
関東と関西は大都市の配置が違うからなぁ・・・

これ以上は鉄板での話題なので、こら辺で止めときます。

94 :90じゃないが作ってみた:04/07/12 00:18 ID:???
新幹線について(前スレのネタに加筆)
 弾丸列車計画は昭和初期から抱かれ、昭和6年(2591)には軍と鉄道省が合意。東京から博多までが着工される。
完成したのは昭和15年(2600)。鉄道記念日に開業した。(これを便宜上第一期という。)
 翌年、鉄道省が発表した東京〜青森、函館〜札幌を着工。(第二期)
津軽海峡は当初、船で十分だと考えられていたが、津軽丸事故から海底遂道が着工された。
開通予定は全て昭和27年(2612)とされたが、これはかなり無謀で、
結局、東京〜青森、函館〜札幌は予定通り開通するが、津軽海峡遂道は工事が進まず、本坑が着工されたばかりだった。
(この件で、軍部は、予定線の遅れていた鉄道省に我慢が出来なくなり改革を行ったがそれはまた別の話)
 しかし、津軽海峡遂道の調査坑で開発された新技術は遠大な海底遂道を作るのに十分なもので、
国鉄は長期の工事を覚悟の上で、山陰新幹線と同時に博多〜釜山間の対馬海峡線を着工する。(第三期)
建設は順調に進み、昭和42年(2627)には山陰新幹線全通、朝鮮新幹線も博多〜壱岐が開通する。
 この成果に喜んだ国鉄は続いて宗谷新幹線(札幌〜豊原)九州新幹線(福岡〜鹿児島)の建設を決定する。
そして、昭和47年(2632)、津軽海峡線が開業。27年をかけ、本州と北海道は鉄路で繋がれた。
 その後、昭和48年に(2633)田中角栄首相が上越新幹線を半ば強引に着工させる。(第四期)
これらは比較的早く開通されると考えられていたが、石油危機の影響で工事は遅れた。九州・上越の開業は5年遅れの昭和53年(2638)。
 昭和50年代に入り、工事が続けられていた対馬・宗谷の両海底遂道も完成の目途が立ち、
国鉄は奥羽・秋田新幹線、樺太新幹線を着工する。(第五期)樺太新幹線は昭和60年(2645)宗谷新幹線と同時に開通した。
その前年には、対馬海峡線が開通。国鉄はにわかに活気立つが、これまでにかかった莫大な建設費が問題視され、
民営化と同時に新幹線の新規建設は当分見合わせられることとなった。建設途中の奥羽・秋田は一部在来線使用で昭和63年(2648)開業。
現在、運転系統が分断されないように列車の運行は新幹線鉄道保有機構が行っている。

95 :90じゃないが作ってみた:04/07/12 00:21 ID:???
年表の通り(1952年青函、1974年対馬)では無理があるので、
大規模に改正しちゃったけど、どうだろう…

あと、明日から4日ほどレスが出来ないので、レス返すのはだいぶ遅くなります。
そこのところはご了承ください。

96 :名無し三等兵:04/07/12 21:29 ID:???
>>94


97 :名無し三等兵:04/07/13 01:00 ID:???
(なんか、全部含めてると矛盾とか火葬過ぎるし、「俺年表」を脳内に描いてる香具師って多いと思うんだけど、漏れだけ?)

98 :名無し三等兵:04/07/13 01:02 ID:???
鉄道は興味ないからどうでもいいや。

>70−71
第三・第八・第九艦隊は本土より離れすぎているのでGFから外し、
遣米艦隊・遣印艦隊・遣阿艦隊とするのは?
史実でも支那方面艦隊のような例があったことでもあるし。


99 :名無し三等兵:04/07/14 04:42 ID:???
現在の空母配備状況は・・・

第1艦隊:原子力空母5隻、軽空母3隻
第2艦隊:軽空母2隻
第3艦隊:原子力空母2隻、軽空母1隻
第4艦隊:軽空母1隻
第5艦隊:原子力空母1隻、軽空母1隻
第6艦隊:原子力空母1隻
第7艦隊:軽空母2隻
第8艦隊:原子力空母2隻
第9艦隊:軽空母1隻

の原子力空母11隻、軽空母11隻だね。
第5艦隊の2艦は就役2年未満の最新鋭艦で慣熟訓練中。
軽空母はV/STOL・ヘリ母艦で、強襲揚陸艦を兼務してる。
設計的には余裕があり、機関の増載による高速化やカタパルト搭載・CTOL機運用能力付与も可能、
現にインドの2隻や西米の2隻はこのタイプの高速・CTOL型。

個艦名はド忘れしちゃった。22隻分だもんな。
誰か教えてよ。

100 :名無し三等兵:04/07/14 05:49 ID:???
第2艦隊は北極海にも展開していますね。
大西洋〜英本土に至る北大西洋海域に艦隊は配備されてない?
ケベックあるし北大西洋は欧州連合のお膝元だから戦力展開しにくいとは思うけど。

101 :名無し三等兵:04/07/14 21:23 ID:???
第7・第8艦隊がケープタウンとマダガスカルで近いからこれは統合して第7艦隊とする。
で、第8艦隊が(>98案なら遣欧艦隊になるけど)レイキャビクやスカパフローあたりに。
たぶん、冷戦時代は相当な戦力を振り分けられていたんだろうけど、現在は削減気味?

102 :名無し三等兵:04/07/14 21:39 ID:???
拠点は近いけど、それぞれ担当海域がかなり広いよ>7F&8F
任務も欧州連合地中海・中東艦隊と正面衝突する8Fと
喜望峰周りでインド洋侵入を図るUボートや工作船対応の7Fじゃ大分違うし。

103 :名無し三等兵:04/07/14 21:44 ID:???
欧州には英王立海軍+カナダ海軍+遣欧艦隊、かなあ?
王立海軍が空母保有してることもあるし、欧州連合への兼ね合いから空母クラスの主力艦は配備されてない>遣欧艦隊
まあ、欧州をあまり刺激しすぎてもなんだし、ぶっちゃけ大西洋まで空母=空母の整備が可能な軍事拠点を配備するには
カネがかかりすぎるから。
いざ開戦となった場合、真っ先に潰されるから戦力配備しても的になるだけ、てのもある。

104 :名無し三等兵:04/07/14 22:47 ID:???
この世界での軍事費は国家予算の何パーセントなの?

105 :名無し三等兵:04/07/15 17:56 ID:???
君自身は何パーセント程度が適当だと思う?

106 :名無し三等兵:04/07/15 20:43 ID:???
>>99を見る限りでは30ぐらいか?
いやもっとか

107 :名無し三等兵:04/07/15 21:03 ID:???
>>99
現実の米海軍と同等かそれ以下ではあるな。
英国や西米、インドなんかが空母持ってるからか。

108 :名無し三等兵:04/07/17 03:54 ID:???
>>106
実は第1艦隊所属空母群の半数以上は非稼動状態だったりしてw
錬度が落ちすぎないように、たまに第5艦隊にまわして再訓練してるとかw

普段は日本近海にいるんだから全艦100%稼動状態に保つ必要もない罠。
非常時の増援も第4・第6艦隊がいるし。
第1艦隊は両艦隊の増援でも手に負えない状況が発生する恐れがあるときそこに派遣されるんだろ?

109 :名無し三等兵:04/07/17 03:58 ID:???
インド洋には第6〜第8艦隊の原子力空母3隻と軽空母2隻が。
カリブ海方面には第3・第4艦隊の原子力空母2隻と軽空母2隻が
いざとなったら集結するんだからね。
それに西米やインド海軍の空母もいるし。

110 :名無し三等兵:04/07/17 13:04 ID:???
>>108
こう見てみると常時臨戦態勢にあるのは直轄の戦略原潜部隊ぐらいかな
あとは海軍陸戦隊。

111 :名無し三等兵:04/07/17 13:31 ID:???
>>110
第3艦隊と第8艦隊もまだまだ緊張の解けない艦隊だな。最前線だもの。

第2や第7は昨今の西側潜水艦の活動低下で大分肩の荷が下りてる。
第7なぞ第8と統合しちまえって声もだんだん大きくなってきた。

第4や第6は後詰めの意味合いが強いから、もともと活動は低調。

むしろ第9の方が最近は活動が活発だ。
なにせ南北中国がキナ臭いキナ臭い。

後は訓練・実験部隊の第5艦隊は別の意味で活動が活発だな(笑

112 :名無し三等兵:04/07/17 18:15 ID:???
そう考えるとGF所属なのは、第一・二・四・五・六あたりで、他には

遣米艦隊(第三艦隊)
遣阿艦隊(第七艦隊)
遣印艦隊(第八艦隊)
遣支艦隊(第九艦隊)
潜水艦隊

があると。練習艦隊は第五艦隊と統合されている?

113 :名無し三等兵:04/07/18 12:05 ID:???
>>111
第五艦隊はすごいらしい。
劣化試験艦として紀伊・榛名があるかと思えば、
第一艦隊他、あまり活動していない艦が来るもんだから
下手な博物館より充実してるとか…

114 :名無し三等兵:04/07/18 12:25 ID:???
第5艦隊は連合艦隊直属以外で唯一、戦略原潜を保有している艦隊です。
もちろん運用ではなく訓練・試験目的ですが。

115 :保守代わりに:04/07/20 19:53 ID:???
日本の名機 3
三菱 艦上戦闘機「烈風」(A8M) 日本海軍(空軍):昭和19年〜27年
零式艦上戦闘機の後継機

 昭和15年末、海軍は零式艦上戦闘機の後継機として、
零戦の性能向上型の開発とは別に三菱に対して十六試艦上戦闘機の開発を指示した。
しかし当時の三菱は他機種の生産や開発で手一杯であったため、この指示は見送りとなり、
昭和17年に改めて十七試艦上戦闘機として計画は再開された。
 三菱側は零戦や雷電に引き続き堀越技師を主務者に据え設計を開始したが、
完成した試作機は高速・重武装でしかも零戦なみの運動性能が求められていたために
一応零戦以来のすっきりしたシルエットはしていたものの、大型の機体となった。
 昭和19年末に最前線であった太平洋戦線から実戦配備が始まり、
絶頂期を過ぎていた米国海軍との戦いに参加し米西海岸での制空権を奪っていくことになった。
戦争終結まで零式艦戦後期型と共に太平洋で縦横無尽の活躍を示した。
 なお昭和27年までに本機は日本軍から退役したが、供給された中古機は長い間各地で使用された。

機体詳細データ(艦上戦闘機「烈風」一二型[A8M2])
全長 10.98m
全高  4.29m
全幅 14.00m
自重 3,266kg
最大重量 4,720kg
最高速度 629km/h(高度5,660m)


上昇限度 10,900m
航続距離 1,600km
乗員数 1名
武装 20ミリ機関砲×4、60キロ爆弾×2

116 :保守代わりに:04/07/20 19:55 ID:???
日本の名機 4
中島 長距離爆撃機「富嶽」(G10N) 日本海軍(空軍):昭和19年〜昭和45年
米国を焦土と化した超空の要塞

 昭和14年、国際情勢は悪化の一方で、9月には英仏が独に宣戦布告し、第二次大戦が開始、
その為、日本軍は十四試重攻として戦闘機より高速かつ大量の爆弾を搭載しての長距離飛行ができる大型爆撃機の製作を依頼。
さらに翌年には日米対立が激化したため、軍はハワイから米全土を爆撃できるよう要求した。
 この仕様要求はかなり無謀なものだったが、それほどこの期待に軍が期待していた証拠である。
翌年、日本が開戦すると全速で開発が進められ、昭和17年12月には試作機が初飛行する。
(このとき発動機に使われたのは三菱火星発動機の改造型だが、所定の性能は出せず、後に中島ハ54に代えられている)
 昭和19年には正式採用。「富嶽」と名付けられ、米軍から奪取したハワイを拠点に米本土への爆撃が始まり、
米国海岸沿いの諸都市は焦土と化した。追い討ちをかけるように、昭和20年8月6日にラスベガス、
9日にはニューオリンズに原子爆弾を投下し、太平洋戦争に終止符を打った。
 戦争終結に伴い、日本軍は発注済みであった富嶽の生産を取り消すことになったが、
就役していた富嶽はその後も北米動乱、インドシナ動乱に使用されている。
また、人類初の音速突破を達成した験−1の母機となったのもこの機体である。

機体詳細データ(長距離爆撃機「富嶽」二一型[G10N2])
全長 46.00m
全高 17.67m
全幅 63.00m
自重 42,000kg
最大重量 145,000kg
最高速度 780km/h(高度15,000m)


上昇限度 15,000m以上
航続距離 19,400km(非搭載時)、16,500km(搭載時)
乗員数 6名以上(甲型)・12名以上(乙型)
武装 甲型:20ミリ機関砲×4、爆弾最大20000kg
    乙型:20ミリ機関砲×100

117 :名無し三等兵:04/07/21 08:02 ID:???
悪いが烈風の時速629km/hなんて太平洋戦線中盤以降はとりたてて高速というわけじゃないし、
インドシナ動乱(第1次−インドシナ独立戦争、第2次−カンボジア・南ラオス赤化)共
日本は参戦してないよ。
前スレ各国概略史参照。

第2次の場合、主に中華民国・ベトナムなんだけど、どっちかの国に富嶽の供与ってされてた?

118 :名無し三等兵:04/07/21 11:38 ID:EmqKmhu2
ドイツってクーデター後帝政に戻ったんだっけ

119 :名無し三等兵:04/07/21 11:56 ID:???
ハ-54って熱問題でまともに動かなかったんじゃ。
当時の冷却限界を突破した代物だからね、あれ‥

120 :名無し三等兵:04/07/21 14:47 ID:???
>>117
>烈風
零戦より高速という意味で・・・確かにそんなに速くないですが、大戦中の日本機の中では高速な方です。

>インドシナ
そこのところ、完全に見落としていますた。削除しておいてください。

>>119
一応、一発目で動いたという設定にしています。
発動機で揉めてたら5年で実戦配備なんて不可能なんで…

121 :名無し三等兵:04/07/21 17:16 ID:???
#Z機構想の流れを汲む富嶽じゃなくて、ハ-50六発の「富嶽」のほうがいいんでは。
#ハ-50なら実用化の目があったので。というかハ-54の実用化は物理的に(ry

122 :名無し三等兵:04/07/21 17:19 ID:???
>120
烈風と同時期の日本の計画機と比べないと意味ないでしょ。

123 :名無し三等兵:04/07/21 17:45 ID:???
>富嶽の発動機
ハ50に修正します。やっぱり、当時の日本じゃあのエンジンは無理っぽい…たびたびスマソ。
で、それに伴い修正(馬力がかなり違うので)
全長 46.00m → 42.00m
自重 42,000kg  → 33,800kg
最大重量 145,000kg  → 116,690kg

>>122
>高速・重武装でしかも零戦なみの運動性能が「求められていたため」に
つまり、要求が高速・重装備ということなんですが・・・
計画再開が昭和17年しかも零戦の後継機としての開発なので、別に問題ないと思います。
同時期の計画機といっても、艦上戦闘機は烈風しかないし…陣風も震電も陸上戦闘機だし・・・

※便乗歓迎です。どんどんお願いします。

124 :名無し三等兵:04/07/21 17:45 ID:???
>>120
というか……過去スレにその辺りの動きはある。

125 :名無し三等兵:04/07/21 17:49 ID:???
>>123
それと、土壇場での発動機呼称統一がないから、
海軍の発動機は中島は漢字一文字、三菱は天体名だぞ。

例えば、
「富嶽」の発動機=中島(三菱競作)「昴」
ハ四三=「土星」
ハ一一二=「木星」

126 :125:04/07/21 17:50 ID:???
アカン……orz
競作じゃなくて「共作」ね。

127 :名無し三等兵:04/07/21 18:20 ID:???
ぶっちゃけ、錬度の問題抜きにしても烈風はせいぜいコルセアあたりまで。
ヘルキャットには優位だがベアキャットには歯が立たないとされておる(史実)。

大戦後半の制空権獲得には役不足としか言いようがない。

烈風にはサンダーボルトのような重戦・戦闘爆撃機を目指してもらい
「性能的にはより高速の連合軍機に及ばなかったが卓越した格闘性能とパイロットの腕でなんとかカバーした」
「大戦後半、戦場が米大陸に移ったため馬脚を現さずにすんだor戦闘爆撃機に活路を見出した」
「この反省に立った日本は純粋な戦闘機を追求し、後継機『○○』の開発に至った」
あたりが妥当と思われる。


128 :名無し三等兵:04/07/21 19:13 ID:???
>>125
指摘サンクス。発動機に関してはマジでよく分からないんです。知識不足でスマソ。
前スレと架空機載せてるサイトを参考にしてたらああなってしまったもんで・・・

>>127
艦上戦闘機という名目上、戦闘爆撃機は無理なんで、(爆装量は零戦と同じ)
連合軍の練度低下と日本軍の腕の良さでカバーできたとします。
一応、訂正版を張っておきます。

ここまで意見が来るとは…続きを書く自信が無くなってきた・・・OTL
便乗歓迎なんで、書きたい期待がある人はどんどん書いてください。書いた者勝ちです

129 :115-116:04/07/21 19:15 ID:???
日本の名機 3(一訂版)
三菱 艦上戦闘機「烈風」(A8M) 日本海軍(空軍):昭和19年〜27年
零式艦上戦闘機の後継機

 昭和15年末、海軍は零式艦上戦闘機の後継機として、
零戦の性能向上型の開発とは別に三菱に対して十六試艦上戦闘機の開発を指示した。
しかし当時の三菱は他機種の生産や開発で手一杯であったため、この指示は見送りとなり、
昭和17年に改めて十七試艦上戦闘機として計画は再開された。
 零戦よりも高速・重武装で、その上零戦並の運動性能が求められていたために完成した試作機は
一応零戦以来のすっきりしたシルエットはしていたものの、大型の機体となった。
 昭和19年末に最前線であった太平洋戦線から実戦配備が始まった。
性能的にはP51,F8Fより遅く、総合的に見てもF8Fより劣っていたが、
米国海軍は既に絶頂期を過ぎており、練度が低下していたことから、
卓越した格闘性能と熟練操縦士の腕で補完する事ができ、
戦争終結まで零式艦戦後期型と共に太平洋で制空権を奪っていった。

機体詳細データ(艦上戦闘機「烈風」一二型[A8M2])
全長 10.98m
全高  4.29m
全幅 14.00m
自重 3,266kg
最大重量 4,720kg
最高速度 629km/h(高度5,660m)
上昇限度 10,900m
航続距離 1,600km
乗員数 1名
武装 20ミリ機関砲×4、60キロ爆弾×2

130 :名無し三等兵:04/07/21 21:04 ID:???
まああれだ。
夏休みだからなw

131 :125:04/07/21 21:28 ID:???
熊楠の批判投稿が新聞に載ったのを見て驚いた。
マスコミなんか戦前の方が健全だったんじゃん!

>>129
ピンチヒッターに劣る新鋭戦闘機じゃしょうがないだろ。

132 :125:04/07/21 21:56 ID:???
川崎 二式艦上戦闘機三三型(AXKs3a)(前々スレ>576)
機体詳細データ
全長  9.24m
全高  3.70m
全幅 12.00m(主翼展開時・14番リブで折りたたみ可)
自重 3,230kg
最大重量 4,684kg
最高速度 598km/h(高度5,000m)
上昇限度 10,000m
航続距離 1,200km
乗員数 1名
武装 二式二〇粍統合型航空機銃(陸軍ホ-5)×2、
     二式一二・七粍統合型航空機銃(陸軍ホ-103)×2、 爆弾六番または三番×2

配備開始 昭和18年11月

133 :名無し三士:04/07/21 23:39 ID:???
世界の警察気取るなや!
このイエロージャップ!

134 :名無し三等兵:04/07/21 23:54 ID:???
西米の国からこんにちは。

135 :名無し三等兵:04/07/22 01:13 ID:???
クマネコ対策としては18試甲戦とか20試甲戦をあてがえば良い希ガス
あの辺なら少なくとも烈風よりは何とか・・・・・

136 :名無し三等兵:04/07/22 02:28 ID:???
>>134
こういうこと言うのはカナダか東米の人じゃないの?

>>135
実際、終戦ギリギリで『陣風』は間に合ったよね。ホントにちょい顔出し、だけど。
翼面荷重が高い分は、富嶽と同じ『昴』発動機でねじ伏せるコンポーネントだったのかな?

137 :名無し三等兵:04/07/22 02:40 ID:???
>>135
そうだなあ。烈風は大成するにはあまりに総花的すぎる。
陸軍が早期に高速重戦志向に傾倒していたのとはあまりに対照的で‥
ていうか大三菱の政治的縛りがなけりゃ、早々に切って捨てるか全面見直しだ罠。

138 :名無し三等兵:04/07/22 03:00 ID:???
>>136
西米のヤシでもマイケル・ムーアの本読んでるようなヤシなら臆面も無く言いそうだな。
確か最近は親ケベック反日で自主防衛して核保有がどーたらこーたらって傾向だったっけ?
ヤシは言動が二転三転するそうだから、よくわからんと西米の知り合いが愚痴ってたな・・・

あ、あと未だに国家社会主義にしがみ付いてるような連中も言いそうだな。うん。
学生運動から未だに卒業出来ねぇようなヤシとか。暢気なもんだね

139 :名無し三等兵:04/07/22 03:03 ID:???
>>135
と言うか、ベアキャットが登場したのは米本土爆撃の真っ只中だから、
陸上機として使われたはずだよ。だから相手は四式戦。速度でも互角だね。

140 :名無し三等兵:04/07/22 03:43 ID:???
>>139
悪い、そう言えばそうだったな
クマネコは終戦間際の仇花だったっけ。


烈風って戦後は「艦戦の中で一番機体がデカい」ってことで戦爆になったんじゃなかったっけ?
大馬力エンジン乗っけたおかげで、結構搭載量増えたような憶えが・・・・
確か北米動乱にも参加してケベックのTa283を撃墜してたような気が・・・記憶違いだったらスマソ

陣風は結局ジェット化の波に押されて終戦後ほどなく早期退役しちまったんだっけなぁ。
空戦性能は高かったんだが、いかんせん搭載量がな・・・
まぁ速度競技では随分と活躍しとるようだが。

141 :名無し三等兵:04/07/22 04:00 ID:???
>>140
それ、烈風と陣風が逆ー!!
速度競技に陣風が強かったのは合ってるけど。

Ta283を撃墜したのは「流星」五三型だよ。

142 :名無し三等兵:04/07/22 20:34 ID:???
結論として烈風は失敗作ということでFAだね。
まあいくら戦勝国だってトンデモ兵器や失敗作はあるもんな。

他に日独の失敗作ってある?
戦後モノでもいいよ?

143 :名無し三等兵:04/07/22 21:07 ID:???
>>142
戦時中だと……日本なら、

局地戦闘機「雷電」(J2M/J2W)
一八試局地戦闘機「震電」(J9W)
 どちらも二式艦戦の性能向上によりボツ。
 「雷電」の方は17年に制式化されて120機ほど生産されている。
 ただし、「震電」は戦後ジェット化されてJ9W3-A艦上戦闘機「震電」、
 キ−201六式戦闘機「雷龍」として再起した。
 ちなみに、陸軍最後の制式戦闘機。

一六試陸上爆撃機(P1Y)
 「陸上双発急降下爆撃機」として計画されたが、新機軸の電動機構の不具合、
 着陸速度の速さ、選定したNK9の本格採用見送りなどでボツ。
 なぜかアメリカの仮想戦記作家に大人気。

一八試水上戦闘機「紫風」(N2K)
 “N2”だが、実際には陸上機「紫電」の低翼化を再度水上機化した機体で、
 “N1”「強風」の発展形とも言える。
 三菱「土星」発動機のトルク打消しがうまくいかず、
 やがて戦局も日本の圧倒優位になり、
 水上戦闘機も「強風」三七型が充分な働きをしていた為、開発中止。

他になんかあったかな。

144 :名無し三等兵:04/07/22 21:19 ID:???
と、いうか誰か今まで出てきた戦闘機の概略作ってほしい・・・
参加したの前スレからだから、二式艦戦とか出てくるとワケワカラン

せめて過去ログだけでもうpしないと話についていけないよ…

145 :名無し三等兵:04/07/22 21:36 ID:???
>>142
潜水艦だと海小型かなあ。
余分な機能を極力排除して小型化のみに意をそそいだ開発方針が失敗し、行動能力1週間程度、
急速潜行性能や運動性も伊号潜水艦レベル(つまり最悪)という駄作に仕上がってしまった。

とても前線で使えるような艦ではなかったのだが、小型で建造簡易なため当初計画の18隻は
早々に全艦就役してしまい、海軍でも扱いにかなり困ったらしい。
結果、大半の艦は内地で訓練用として用いられたが、事故で3隻を失っている。

本艦の失敗は甲標的の改良や潜高小型の開発促進を促したという点で意義があったといえるかもしれないが、
多発した事故によって失われた尊い人命を考えると素直にうなずけないものがある。


146 :名無し三等兵:04/07/22 22:10 ID:???
>>144
高高度戦闘機なんかは陸海共に結構な数が試作されてましたからね
B-29やB-32の本土襲来を意識してたんでしょうけど結局杞憂で
終わってしまいましたから。確か大半の機が大東亜戦中期以降
に行なわれた試作機整理で歴史の闇に消えたんですよね?
ちょっとマイナーどころからひとつ
三菱十七試局地戦闘機「閃電」立川「キ94」
共に機首に大口径砲を搭載するという目的から双胴形式を採用し
プロペラを操縦席後方に配するという異形機。
違いとしては「キ94」は発動機二つを操縦席の前後に串型並列に
配し双発機としているのに対し「閃電」は単発機となっている。
発想自体は秀逸なものだったのだが二式艦戦と四式戦の性能向上
もあり実用性に疑問ありということでお蔵入りになるが
戦後噴式化され少数が配備された。後のコロンビア戦争では
噴式化以前の同機の再設計機が前線航空統制官機として用いられる
という非常に数奇な運命を辿った機体である。

こんな感じでしたっけ?

147 :名無し三等兵:04/07/23 00:52 ID:???
>>144
一応Part2.1はhtmlとWard(あるいはtxt)形式である
どこかでよい場所があればアップするけど

148 :名無し三等兵:04/07/23 06:38 ID:???
>>144
量産機は、

海軍艦上戦闘機
                 九六式(三菱A5M)
                   ↓
                 零式 一一型〜一二型(発動機中島『栄』 三菱A6M1) ……→二式水戦
                   ↓
                 零式 三五型(発動機三菱『金星』 三菱A6M2)
陸軍キ-61(後三式)……→二式艦上戦闘機(川崎 AXKs1〜3 高圧水冷型)
                   ↓
                 二式艦上戦闘機(川崎 AXKs5〜 空冷型)
                 (水冷型も並行生産)
                   ↓
                 艦上戦闘機「陣風」(川西A8K)
                 艦上戦闘機「震電改」(九州 J9W-A)

海軍陸上戦闘機
二式陸上偵察機→夜間戦闘機「月光」(中島J1N)
              ↓
            夜間戦闘機「電光」(横廠S1Y)

局地戦闘機「雷電」(J2M開発中止→九州J2Wとして制式化、少数生産)

水上戦闘機「強風」…→局地戦闘機「紫電」(中翼、N1K1-J、増加試作止まり)
                 ↓
                局地戦闘機「紫電」(低翼、N1K2-J、少数生産)……→一八試水上戦闘機「紫風」

149 :名無し三等兵:04/07/23 06:57 ID:???
海軍水上戦闘機
(九五式水上偵察機(中島E5K))
  ↓
(零式観測機(三菱F1M))

零戦……→二式水上戦闘機(中島A6M-N)
          ↓
        水上戦闘機「強風」(川西N1K)……→局地戦闘機「紫電」
          ↓                      ↓
        一八試水上戦闘機「紫風」(川西N2K 増加試作止まり)

陸軍
九七式戦闘機(中島キ-27)
  ↓
一式戦闘機「隼」(中島キ-43)
二式単座戦闘機「鐘馗」(中島キ-44)
二式複座戦闘機「屠龍」(川崎キ-45改)
三式戦闘機「飛燕」(川崎キ-61)←……………試製戦闘機キ-60(川崎)
  |             └───┐
  ↓                    |
四式戦闘機「疾風」(中島キ-84)   ↓
五式単発単座戦闘機(川崎キ-100・キ-61の空冷化)
五式双発単座戦闘機「火龍」(三菱キ-200)
五式双発複座戦闘機「黒龍」(川崎キ-96)

150 :名無し三等兵:04/07/23 19:46 ID:???
>>99
艦名はこんなもんだったはず…

原子力空母:天竜、剣鳳、璧鳳、鏡鳳、神鶴、鳳鶴、風龍、雷龍、瑞龍、翔龍、飛龍
軽空母:葛城、岩木、戸隠、硫黄、淡路、奄美、奥尻、佐渡、壱岐、択捉、伊勢

他に信濃級(改大和級)の紀伊がほとんど試験艦状態ながら現役。軽空母は山の
名前を用いていたが、防空巡と被るので島の名前に変更。伊勢は特例として退役した
先代を襲名したもの。


>>144>>147
洩れはdat(かちゅ〜しゃの)形式で全部持ってますが…まとめサイトがほしいとこですね。

151 :名無し三等兵:04/07/23 20:48 ID:???
ラスベガス、ニューオリンズの市民は日本に謝罪と賠償を求めていることでしょう。

152 :144:04/07/23 21:01 ID:???
>>146>>148-149
フォローありがとうございます。
>>147>>150
うpしてください。お願いします。

しかし、スレ後半では結構発言していたのに戦闘機について全然知らなかった・・・
まとめサイト確かに欲しいですね。

153 :名無し三等兵:04/07/23 22:28 ID:???
ttp://v.isp.2ch.net/up/3263d49d7d8e.lzh

Part2,1の主要部分を挙げときます(確かこれ以降カキコは無かったと思う)

154 :144:04/07/23 22:43 ID:???
>>153
サンクス!
かなり参考になります。ファントム(麗風の西米での愛称)の語源とか、
戦艦の消息とか・・・
しかし、前々スレの人たちはディープな会話をしてたんだな…

155 :140:04/07/24 01:50 ID:???
>>153
ddクス
戦後の独機の系譜が参考になりましたです。ハイ。

いやはや、烈風と陣風はテレコだし北米動乱に出てきたのはTa283じゃなくて383だし・・・
中々難しい。


所でアレだ。相変わらず速度競技の参加機は陣風と飛燕と疾風が殆どかぇ?
他にも何か出てたっけ・・・・

156 :名無し三等兵:04/07/24 19:16 ID:???
>>155
富良野の航空機競技では、無差別級(といってもレシプロ機限定)の主力は
機数が多いせいか、その三種が主流だが、
「参加することに意義がある」といって、一式陸攻とか流星で出たり、
震電をレシプロに換装して出場した強者もいる。
ただ、無差別級以外にも、複葉機級とか墳進機(ジェット)級とかあるからそれ以外の航空機も見れる。
他にも競争の合間に行われる演目もすごい。一昨年は確か、屠龍・疾風・暴風で編隊飛行したっけ。

あと、使用機が1種でほとんど改造できない階級があったと思うが、なんていう機種だったかなぁ・・・

157 :名無し三等兵:04/07/24 19:40 ID:???
>>155
烈風や零式戦、流星や彗星も少数だが参加してたりするぞ。
薩摩記念空軍が毎年富嶽や連山の展示飛行及び地上展示してるし。
今年はついに修復完了した雷龍まで飛ばしてくれるみたいだしな。
後目玉といえば欧州で練習機として最近まで使用されていたBf109G
が回収され遂に西側機として初参戦するみたいだぞ。所有者は独
大企業の御曹司だとか。後空軍がなんと「電光」の展示飛行まで
やってくれるっていうんだからもういうこと無しですな。


158 :名無し三等兵:04/07/25 08:19 ID:???
播磨スレから誘導されますた、この世界のブルーハーツはどんな感じになってますか?日本が大国化してるので世界的に知られてそうです、サザンなんかもそうなってそうな。

159 :名無し三等兵:04/07/25 13:14 ID:???
いやー、暑い日が続きますな。これも地球温暖化ってやつですかね。
しかし亜細亜や欧州諸国が近年環境問題だのなんだのうるさいことを
言っているのを尻目に、最近の日本人の一人当たり化石燃料消費は
ダントツで世界の平均の数十倍。
その昔、石油の確保に苦労した反動かもしれませんが、炭酸ガス排出を
抑制しようというサンフランシスコ議定書も蹴ったりと、911以来の
わが国の「国益重視」はひどく近視眼的な「国益」に偏っているような
気がしてなりません。



160 :名無し三等兵:04/07/25 13:32 ID:???
>>159
だうと。
石油を産しない日本はできるだけ石油に頼らない産業構造の構築を目指し、
自動車ではなく鉄道網を極端に発達させるなど、
先進国の中では石油依存率が際立って低い国です。

代わりに原子力なんか大量に採用してるのですが、かつては重大な事故も頻繁に発生してました。
今はその教訓を生かして安全性は大いに高まっておりますが、被爆人口数十万人というのはやはり不名誉な記録ですね。

現在はクリーンエネルギーの開発に力を入れており、「石油後」を睨んだエネルギー開発では世界のトップを走っております。

※日本が体験した重大事故に関する記述きぼん

161 :名無し三等兵:04/07/25 13:36 ID:???
その分自動車産業は立ち遅れていますな。
現在燃料電池や水素エンジンなんかの新世代動力を搭載した自動車で数十年来の巻き返しを図ろうと意気込んでいるとか。

162 :名無し三等兵:04/07/25 13:46 ID:???
>>160
ここ最近で大きかったのは東海村の臨界事故だね。
あと2640年くらいだっけ?若狭湾で老朽化した原発が一基がぶっ壊れた奴。あれはマジで日本は終わるか!?と思ったよ。あそこらへんは原発銀座だし…

163 :名無し三等兵:04/07/25 13:51 ID:???
>>162
その事故は茨城にしましょう。
若狭湾で発生したら放射能が偏西風に乗ってしまうので、日本の東半分が壊滅しちゃいます。
せめて大半の放射能には太平洋に散ってもらいましょう(w

・・・それでも茨城全県くらいは余裕で被爆しそうだが。

164 :大日本帝国の原子力1:04/07/25 19:06 ID:???
破格の予算を投入して行われた日本の原子力開発は、昭和20年満州における原爆の完成と
米本土への投下でその完成をみた。

この後も冷戦の開始と共に原爆の開発に成功した独逸への対抗上原子力利用は軍の独占で行われ
大陸、南洋の無人地帯で幾度となく大気中原爆・水爆実験が繰り返された。
原子力の人体への影響については終戦直後米国における原子爆弾の威力を調査するため
いくつかの軍、理化研などからなる特務機関が作られその報告の中に数多く挙げられたが
軍機により「効果絶大なる原子力爆弾」の実態は軍民共にその一部しか知られず
原子力に対する人々の意識は高くはなかった。

昭和29年南太平洋で最大規模の水爆実験が行われたがこの際放射能灰が飛散し
近海で操業中だった布哇・西米の合弁水産会社の漁船「ラッキードラゴン号」が被爆。
帰港後乗組員が死亡するという事件が発生。当初水爆実験との因果関係は否定されたが
我が国で原爆と放射能の人体への影響が注目された初めての事件だった。
(なおこれを含め数十回実施された南太平洋の核実験では軍関係者のべ10数万人が動員され
付近の海域には島民、船員も多数がいたが現在も実態は明らかになっていない。)

165 :名無し三等兵:04/07/25 19:09 ID:???
しかし翌30年には帝国戦略資源調査会電源開発分科会の第二回答申により
将来の電力需要の増加見込みから火力・水力に加え原子力の商業平和利用が提言され
「管理下であれば安全」との政府公式見解から電力資源として米大陸や本土、支那の各地に
原子力発電所の建設が計画され6年後の昭和36年には国内初の商業原発が運転を開始した。
当時の辻内閣では答申案として出された風力、地熱、潮汐、そして大気圏外太陽光発電の
研究開発も国会での昭和31年の所信表明演説で提唱された、これらの研究開発は同時期
提唱された月面着陸探査計画と並び「狂気の沙汰」と呼ばれ南米紛争介入の戦費増大から
予算状況は厳しいものがあったが辻首相の死後も続行され後年大きく実を結ぶことになる。

順調に推移するかに見えた原子力発電は20年後の昭和54年3月に日本領沿海州ウスリー川支流域の
原子力発電所が保守、保全の不備、ならびに運転員の操作ミスから給水ポンプが止まり
冷却水が流出し炉心上部がむき出しとなり燃料棒が破損、炉心溶融(メルトダウン)を起こす
大事故を起こした。
流出した放射性物質は盆地であったことから山脈でせき止められ日本海に直接降り注ぐことは
避けられたが。連絡の不備から避難の遅れた付近住民や在留邦人が被爆、そして救出と処理のため
現地に向かったウラジオストク、ナホトカ駐留の海軍部隊などにも犠牲者が出る事態となった。

166 :大日本帝国の原子力3:04/07/25 19:25 ID:???
 この最悪の原子力事故以降国内でも原子力発電への懸念の声が広がった。対馬・黒潮海流発電所
地熱発電所が昭和60年代に相次いで稼動すると原子力発電所の新規着工を含め核融合発電を除く
従来形の原子力事業の規模縮小、転換を決定。平成8年には軌道発電衛星が着工するが
平成10年茨城県東海村の内地では最古の部類に属する施設を利用したウラン加工工場で爆発、
臨界事故が発生、臨界状態が続き放射性物質が流出、微量ながら風で広範に広がり近隣の勝田
水戸市どころか一時は帝都まで汚染物質を検出など大騒動に発展した。
 風向きから推定被爆者数は多いが直接の健康被害はないとの公式発表ながら
事故の詳細が明らかなるにつれ管理のずさんさなど人災に近い状況に非難が集中した。

 現在は軌道発電衛星の竣工など我が国の電力事情は脱原子力の方向に進みつつあるが
依然全電力の1割以上は原子力発電で賄っておりしかも大半の原子炉の老朽化しつつあり
その処理など後世に残された問題は多い。

167 :名無し三等兵:04/07/25 22:10 ID:???
第三帝国で吹っ飛んだ原発ってなんだっけ?

168 :日本電力社員:04/07/25 22:26 ID:???
ウクライナ管区にあるチェルノブイリだな、でもあの原子炉ならああなるよなって当時思ったよ、しかもドイツ人(じゃないってか?)らしくない安全規定を守らない運転とか・・・

169 :名無し三等兵:04/07/26 01:55 ID:???
>>168
ドイツ人は、自分たちの技術を過信してるフシがあるからな。
東西対立がはじまって以来ドイツに「追いつけ追い越せ」でやってきた帝国の方がその辺りまじめだよ。

もっとも、近年はたがが緩んできた気配もあるが……

170 :名無し三等兵:04/07/26 02:07 ID:???
>>169
いや、あれはロシア人に使いこなせない技術を使ったドイツ人が悪いw

171 :名無し三等兵:04/07/26 02:36 ID:???
>>168
 「この度の大日本帝国領内で発生した原子力事故の犠牲者に心から哀悼の意を表するものである
だがこの事故は資本帝国主義の欠陥が露呈したものであり彼らはその犠牲者である・・・
・・・ドイツの原子物理学の優秀性は他に追随を許さず今現在も欧州、ロシアにおいて数十基の原子炉が
休みなく稼動し無尽蔵の電力を供給し続けている。」
「日本を中心とする亜細亜帝国主義は既にその制度的疲労から崖淵に立たされているといっても良い
そして、我々国家社会主義はその一歩先を行っているのであります。」

昭和54年4月、沿海州三里島原発における事故をうけた
ナチ党総裁ヴァルター・シェールの演説

172 :名無し三等兵:04/07/26 03:15 ID:???
>>170
なにしろ黒鉛減速だもんな。
「厳格に運用すればなんら問題はないのだ。むしろ停止しなくとも
燃料交換ができる、炉が軽量にできるなど、利点が多い。」

ドイツの職人気質にはフールプルーフという文字はあまり無いらしい。

173 :名無し三等兵:04/07/26 03:47 ID:???
>>170
んだな。あすこは予算ロシアが出してた都合で露助(いや、ウクライナ人だったか?)が多く働いてたそうだし。
確かロシアに発電量の半分以上は電力が行ってた筈。

凝り性の独逸っぽが作ったモンを独逸っぽ以外が運用するとロクなことにならんってこったね。


兵器類とおんなじで、発電所も「モンキー・モデル」じゃなきゃダメってことかね(w

174 :名無し三等兵:04/07/26 11:19 ID:???
日本の場合は自動車の動力もバッテリーによる電気駆動主体ですな。
80年代くらいまでの主力ですが、所詮アシは短く、せいぜい都市と郊外を結ぶ程度でしかなかった。
ディーゼル駆動車はトラック中心にある程度の数はあったけど。

ちなみに環境への配慮は皆無に近かった。
なにせそもそも数が少ないので、環境負荷は考慮に値しなかった(とされた)。

90年代に入ってからの日本列島再改造第5次5ヵ年計画においては
過剰に発達しすぎた鉄道網を整理・統合し(準備作業は第4次から始まっていた)、
代替手段としての高速道路の整備とクリーン動力採用の自動車普及促進が決定されている。
これによって駅中心の発達をみせていた市街をより広範に発展させようと考えたわけだ。
これまでの日本の都市といえば、交通拠点となる鉄道駅を中心に半径1km程度の小規模市街地が随所に点在・
間を鉄道で結んでいたが、この先はその「都市と都市の隙間」も整備しようというわけだな。
それによって不足しがちだった都市空間を確保しようという心算なのだ。

175 :名無し三等兵:04/07/26 17:55 ID:???
>>173
いや、あれは設計した独逸が悪いと思うんだが・・・
何?あの隔壁の薄さ。格納容器さえ無いし…事故が起きなくても被爆しそうだ…
まあ、制御棒も入れるのに20秒以上かかる炉だから
独逸人のように厳格に仕事ができる人じゃないと操作は無理というのは同意。

>>174
整理・統合といっても、沿線住民+鉄道族の圧力からか
廃止されたのは何年も休止中の路線や無人地帯を走る路線程度で
それほど大規模な廃線は出なかったような・・・
高速道路も鉄道より規模を大きくしないと成り立たないせいか
反対運動がすごいらしいじゃないか。
第一、電気自動車は充電に時間が掛かるからなぁ…

176 :名無し三等兵:04/07/26 18:33 ID:???
>>175
んにゃ、鉄道網を補完する意味で、主に都市の中走る分に電気自動車が普及していると設定してみますた。
つまり戦後すぐ、急速に電気自動車が発展・普及したという設定であります。
アシの短さは都市の中だけ走ればよいという需要の特殊性から特に問題なかったと考えますた。

177 :名無し三等兵:04/07/26 18:54 ID:???
>>175
スマソ。「高速道路の整備」とあるもんだから…
「都市と都市の隙間の整備」は大歓迎です。

そういえば、鉄道に関しての概略が無いな…
前スレでは結局まとまらなかったし…
できるだけ胡散臭くならないように気を付けて作ってみます。

178 :名無し三等兵:04/07/26 19:06 ID:???
>>176
電気自動車、実はあまり効率は良くないです。
ただ、発電源は、石油だけじゃないので、「石油は使わない」って話。

でも、帝国は昭和36年には「500cc未満の巡航自動車」を作り上げているので、
(現在は自動車冷房の普及と居住性水準の向上により660cc未満となっていますが)
電気自動車を開発するより、超低燃費車と代替燃料車(CNG)の開発を急いだ方が
現実的かと。

179 :名無し三等兵:04/07/26 19:50 ID:???
>>177氏ではないが……

国鉄〜JR編
☆略史
 戦前、「国鉄」と呼ばれたそれは鉄道省が直接運営する正真正銘の“国有
鉄道”であったが、昭和21年“戦後大改革”により、鉄道省は急速に普及す
る自動車、航空路線を総合的に管理する「運輸省」となり、そのため組織が
肥大化したため、鉄道部門は昭和26年、NHKと同じく独立採算制の公的法
人「日本国有鉄道」として分離した。
 その後戦前に吸収した零細鉄道以外にも、末端地域まで路線を伸ばし、
昭和32年にデビューした101系通勤電車はそれまで“暗い、揺れる、うるさい”
「省線」のイメージを払拭し、地方の動力近代化の為に登場したキハ20系気
動車とともに爆発的に普及した。さらにその発展技術により初の世界にも類
を見ない「優等特急専用電車」151系、同じく気動車のキハ80系82型、動力
集中型ながら従来のシステムとは一線を画す全車冷房・軽量構造の豪華特
急専用客車20系と百花繚乱の装いを呈した。
 一方、大東亜戦争により中断された「弾丸列車計画」は、101系電車によっ
て究極を迎えた動力分散技術を基に「新幹線計画」として昭和26年、新たに
スタートした。台車共振問題やブースター式BT起電方式のトラブルに悩まさ
れながらも、その後首相となった辻正信の強力な後押しもあり、昭和38年、
最高速210km/hの「東海道新幹線」は完成した。その後、延長線である山陽、
そして、後に首相となった田中角栄の「東日本近代化」路線によって荒天に
対する重装備を持ち、かつ最高速240km/hの東北・上越新幹線が昭和62年
に開通する。
 JNRマークも華やかに、絶頂を迎えたかに見えた国鉄だが、昭和58年に
発覚した車両調達に関する不正疑惑(トラストにより東急車輛を故意に不利
にした)にはじまる国鉄不敗体質は高騰する急行料金とともに帝国臣民の
攻撃対象となった。ついに帝国議会で国鉄解体・完全民営化が叫ばれ、昭
和60年に分割法案が成立した。

180 :名無し三等兵:04/07/26 19:56 ID:???
(続き)
 かくして昭和62年、「日本国有鉄道」は解体され、アイヌ鉄道、琉球鉄道は
各自治国政府に変換され、残る路線はJR東日本、JR東海、JR西日本、J
R九州四国、JR樺太の5社に分割された。
 その後、主要株主は国となるも、採算性改善の為さまざまなサービスが施
されるようになり、現在に至っている。

181 :名無し三等兵:04/07/26 20:53 ID:???
☆技術
概論:戦時体制化では陸軍の影響の強い政権が、攻撃に弱い電化を嫌った
が、戦後は技術志向の海軍の影響力が強い内閣がしばらく続いた為、急速
に動力近代化が推し進められることになった。
 昭和31年、東海道本線電化完成。この後も急速に電化地域を増やす予定
であったが、昭和36年、地上切替式の東北本線黒磯駅において、EF58 60
号機が交流起電中の構内に進入し、炎上する事故を起こした。原因は駅員
の切替ミスだったが、EF58 60号機が御召機として特に製造された機関車で
あったこともあり、大問題となった。交流電化は海峡で確実に仕切られる九
州とアイヌ、樺太のみで進められるとし、既に車上切替で完成している北陸
本線のみが本州で残り、一部開通している常磐線は工事中の区間も含め直
流に転換されることとなった。そして、これを転機とし、それまでの電化一辺
倒の近代化施策は大きく転換することになった。

新幹線:新幹線電車は従来の鉄道線とは隔離される路線である為、計画ど
おり交流25,000Vで進められた。欠陥が指摘されたブースターBT起電方式
は山陽新幹線開通以降、AT起電方式に順次変更された。国鉄時代にはさ
らに九州新幹線(博多〜熊本)山陰新幹線(京都〜松江)北海道新幹線(盛
岡〜札幌)が開通したが、このうち山陰新幹線と北海道新幹線は世界的に
も珍しい内燃機関(ディーゼル)型動力分散式新幹線となっている。北陸新
幹線はもともと技術的に困難が伴う上、国鉄分割により立ち消えとなった。
 車両も国鉄時代の0系電車・200系電車・1000系気動車から、VVVFインバ
ータ制御で最高速270km/hの300系、そして世界最高速315km/h営業運転
可能の500系・E2系、最高速はあまり向上しなかったがブレーキ装置の改善
により電車並みの急加減速が可能となった3000系・N1系気動車へと進化し
た。
 なお、JR東日本時代に入って建設された山形新幹線・秋田新幹線は、便
宜上の通称であり、この両者は正確には改軌在来線である。

182 :名無し三等兵:04/07/26 21:13 ID:???
電車:制御方式は世の流れを見切れず、電機子チョッパ制御の201系が実
質上失敗した後、界磁添加励磁制御で大成功を収め国鉄解体を迎えた。
現在の主流はVVVFインバータで画一化されているが、現在なお大量製造
された165系電車・101系電車の更新が進まず問題となっている。

気動車:国鉄時代の「負の遺産」は電車より大きく、フリークェンシーサービ
ス工場の為に大量製造されたキハ58・キロ28・キハ65の更新が滞っている。
(キハ28はキハ65に急速に置き換えが進み壊滅に近い)これらは機関換装
で性能寿命を延ばしている。
 これら旧型急行用気動車の置換え用として、アイヌ国鉄苗穂工場で製造さ
れたキハ261系が現在、注目されている。
 特急用でもキハ181系が大量に残っているが、こちらは元来DML30Hを搭
載する高性能車であるため、アコモデーション改善でなお使用されている。

機関車:動力分散化が進み旅客用からは急速に撤退した機関車だが、貨
物用としてはむしろ需要は拡大する一方である。
 クイル駆動で短命に終わったEF60、EF61の後、抵抗制御世代は碓氷峠
用のEF62・EF63が原点となり上越線用EF64、平坦線用EF65で基本形が
完成され、これに日本海縦貫線用のEF81を加え、JR時代に至るまで製造
が続いた。また、高速貨物のより効率化を目指し狭軌最大のモンスターロコ
EF66が登場する。JR化後、VVVF時代に入ってからEF200、EF500、
ED500が試作され、そのうちEF200はEF66並みのパワーで省電力のEF210
となり、ED500とともに各々量産された。
 DD54の大失敗でその後の量産機関車はDD51一辺倒となった。万能機DE
10の高速幹線用バージョンDE50は、DD54の経験から膾を吹いてしまい没と
なった。以降、DD51、DE10、DD13→DD16の3機種が固定されて製造されて
きた。現在も「必要にして充分」という意識が強く、後継機種は出ておらず、
先に製造されていたDF50の後期車とともに使用が続けられている。

183 :名無し三等兵:04/07/26 21:27 ID:???
(続き)
 蒸気機関車は昭和56年、C63の製造をもって終了した。この背景には、西
側のフランスが電化施策を推し進め、その集大成であるTGVの運行を開始
したことに対する政治的対抗であった。しかし、後にも蒸気機関車の需要は
消えることはなく、大正年間のC51、D50以下大量に煙を上げつづけている。
明治の車体も名車8620や9600はかなり残っている。都内では非電化の山
手貨物船では帝国の鉄道黎明期に米スケネクダディー社で製造された、
5700型の姿さえ見ることができる。

184 :177:04/07/26 22:45 ID:???
個人的大日本帝国鉄道概略
 日本はもともと石油輸入国であったため、自動車の普及には力が入らず、
山岳が多く、交通の整備には橋梁・隧道が多数必要だったため、
大量輸送の効く鉄道の整備に力が入った。
 半官半民の私鉄を作り、それに建設を担当させ、完成後買収するという手法は功を奏し、
鉄道は急激に発達。明治時代が終わる前は路線建設は一段落する。
 しかし、票集めのためか国会議員の鉄道の敷設欲は収まる所が無く、
大正6年に公布された鉄道敷設法には150以上の路線が建設計画として盛り込まれ、着工されることになった。
 昭和6年には飽和状態になりつつあった東海道・山陽本線に沿って高速線を建設する
「弾丸列車計画」の着工が決定される。(現在の東海道・山陽新幹線。詳細は>>94参照)
 こうして発達していった鉄道路線だが、予定線は多岐にわたり過ぎていた為、
予選が分散され、遅々として進まない線区が数多くあった。もちろん、軍用線もその中に含まれており、
軍の鉄道省に対する不満は次第に増えていく。
 終戦後、昭和21年に戦後大改革が行われ、鉄道省は運輸省に合併。
昭和26年には独立採算制の公的法人「日本国有鉄道」として再び分離した。
 その翌年の昭和27年、東北・北海道の両新幹線が開通するが、一番の期待だった津軽海峡隧道は
本坑の着工すらできていなかった。十年以上溜まっていた軍部の不満はここで一気に爆発する。
当時の貧弱な路線状況と多大な予定線の数を見て、軍部は絶句。その後、軍の説得(むしろ脅迫に近かった)
により、鉄道敷設法は一から見直され、建設予定も年毎の発表が義務付けられた。

185 :177:04/07/26 22:46 ID:???
以前からの軍部の希望もあり、この改正鉄道敷設法は複線化、高速化など輸送力増強が優先されており、
それにより、国鉄路線は量・質ともにいっそう充実していく。(※史実だと崩壊するまで国鉄は敷設法に苦しめられます)
 このように、路線網が順調に整備され、さらに、石油の次を見据えたクリーンエネルギーが重視されるようになり、
「欧州を走る線路の全てがちっぽけな4つの島に詰め込まれている」と言われるほどにまでになった。
絶頂に見えた国鉄だが、組織の巨大さからか
車両調達に関する不正疑惑事件や業務効率化による余剰人員、私鉄との競争など
様々な問題が表れ、抜本的な改革が求められた。その結果、中曽根内閣は
「国家の鉄道から国民の鉄道へ」を目標に、地方支社の集合体である旅客と
線路を借りて運用を行う貨物分野に分割のうえ専売公社、電電公社とともに民営化を指示した。
こうして、昭和62年、国鉄はアイヌ国鉄、琉球国鉄、日本貨物鉄道、東日本・東海・西日本・四国・九州の各旅客鉄道、
2国鉄6社1機構に分割される。(ただし、株式は半分以上国が保有)
その後は、採算性改善や私鉄との競争路線の強化、そして整備が始まった高速道路に勝利できるように、
様々なサービスが施されるようになり、現在に至っている。
 車両は大都市路線・主要幹線は電車、地方幹線・地方交通線は気動車、貨物は機関車が中心だが、
どれも新型車への更新が進んでおらず、あちこちで年季の入った車両を見ることができる。
特に貨物分野は乗り心地を考えなくてよいせいか平成に入ってから新型機が出ておらず、蒸気機関車も見られる。

186 :177:04/07/26 22:47 ID:???
遅れましたが今までのレスと>>179-180を踏まえ、貼らせてもらいます。(新幹線については先の>>94に従いました)
あと、車両形式などの専門用語はあまり載せない方が良いんじゃないでしょうか?
ここは軍板であって鉄板じゃありませんから…

187 :名無し三等兵:04/07/26 22:56 ID:???
>>186
載せるのはかまわないと思いますが、軍板でやるのですから皆がわかるような説明・解説が求められますね。

188 :177:04/07/26 23:50 ID:???
>>187
そういうこと。鉄板でBf109Gや隼が通じにくいのと同様、(後者は間違いなく寝台特急と思われる)
軍事板なんだから、軍事以外の解説はそれなりに説明しないといけないと漏れは思います。

でも、前レスでは車両形式(キハ××)と気動車のエンジン(DMHナントカ)で、
非鉄の人から見ると暗号にしか見えないレスがあったな…

話が軍事から逸れ過ぎているので、ちょっとネタフリ。
笹井醇一、坂井三郎など史実では撃墜王になっている皆さんは
大東亜戦争後どのような人生を歩んだのでしょうか?
坂井三郎氏は四年前お亡くなりになったそうですが…

189 :名無し三等兵:04/07/27 00:37 ID:???
>>188
笹井氏はかぐや計画で宇宙飛行士になったっけな。
「虎徹」こと岩本氏は戦後も軍に残って、北米動乱まで従軍したんじゃなかったっけ?

で、誰だっけか。民間航空のパイロットになったんは。
西沢氏だっけか?杉田氏だっけか?

190 :179:04/07/27 01:02 ID:???
では実在車両についてちょっと解説を。

101系通勤用電車
 昭和32年に旧形式号のモハ90系として登場した、4ドア両開きと言う現在
の通勤型電車の基礎を築いた車両。モーターの架装方式、ブレーキシステ
ムなどそれまでの国鉄電車からは一線を画す構造となった。史実では山手
線の運転形態に合わないことから、より高加減速を重視して昭和38年に登
場した103系が、以降の本流となり、101系は早期に生産終了した。

151系特急用電車
 昭和34年、101系の足回りを備え登場した世界でも画期的な優等特急用
電車。通称「こだま」型。後、ギア比を変更して大雪装備を施した161系、さ
らにモーターの出力を向上させた181系へと発展する。電車ならではの全
車冷房、全電化の食堂車と、それまでの客車特急より東京−大阪間で1時
間以上短縮した足の速さが売りだった。国鉄の特急電車は一部例外を除
いて全て151系のスタイルを踏襲している。ボンネットの姿はまだ記憶に新
しいと思う(実際に最後まで残ったボンネット車は、交直両用ヘルツフリーの
485系)。

EF58型電気機関車
 昭和27年から製造された、急行用機関車。形態的には旧型に属するが、
その流美な姿が今なお人気。60号機と61号機は、御召し機として、特別に
製造された、「生粋の御召し機」だった(史実では、これ以降の「御召し機」
は既に稼働している機関車から選別し、特別に整備して仕立てるのが通例
になった)。

191 :179:04/07/27 01:23 ID:???
165系急行用電車
 151系とほぼ同時にデビューした長距離用電車153系の、出力向上・制御
器改良型。本来は山岳線用車両で、153系の後継として“163系”が登場す
る予定だったが、165系の方がカバーできる線区が多く、統一化の波により
結局平坦線にも165系が進出する結果になった。

キハ58・キハ28・キロ28・キハ65
 急行用気動車。当初はDMH17Hという戦後すぐに基本設計が行なわれた
170ps発動機を形式号58は2基、28は1基搭載していた。冷房が急行用車
両にも波及する段階で、1機関車両にディーゼル発電機を搭載し、2機関車
両とあわせて給電するシステムとしたが、走行用機関の出力が低い為加減
速性能の低下が著しくなった。
 そこで昭和48年に、新開発り大型高速機関DML30HSE 500psと発電機と
を搭載したキハ65が、キハ28に代わる冷房給電車両として登場した。

キハ181系
 前述DMH17Hで日本初のディーゼル特急キハ80系が製造されたが、やは
り全車冷房付き、特急用の重装備の為重く、加減速性能は悪かった。
 その為幾度かの実験的車両を製造した後、500psの大出力を持つ大型高
速機関DML30HSが開発され、第一陣が昭和43年、特急用キハ181系として
デビューした。加減速性能は特急型電車に劣らず、特定の条件下では上回
ってさえいる(電車はモーターが一定のギアで固定されているのに対し、気
道車は変速機を持つため)。主に山岳線区に使用されたが、放熱機を屋上
に配置すると言う特殊構造の為、樺太やアイヌ首長国連邦には配置できな
い(本州の重い雪はある程度までなら平気)。

192 :179:04/07/27 01:44 ID:???
EF60・EF61
 クイル式という、それまでの機関車とは異なるモーター架装方式を使用し
て、「新世代の機関車」として貨物用のEF60、旅客用のEF61が製造された。
 それまで日本の大型電気機関車は前部に]動力の従台車がついているの
が常だったが、それを廃止したことでも画期的な機関車だった。
 ところが、このクイル式そのものが耐久使用に適さず、どちらも旧型の前任
者EF15(EF58の準同型貨物用。ただし外観は大きく異なる)、EF58より先に
退いてしまっている。

EF62・EF63・EF64・EF65
 EF60・EF61の耐久性の弱さの反省から、それ以前の機関車のモーター架
装方式を改良して、かつ全動力軸とした大型機関車。
 EF62は信越本線碓氷峠を越える列車の牽引機で、EF63は横川−軽井沢
間の碓氷峠専用の補助機関車である。
 EF64は上越線の上越国境付近の急勾配を前提とした機関車で、後EF65
の雛形となった(史実では奥羽本線板谷峠用)。
 EF65はEF60・EF61の代替機として出現、EF64を雛型に平坦線仕様とした
機関車で、最高速110km/hとなる。ただし、モータートルクの最大点はEF58
より低く、特急牽引では泣き所となった。

EF66
 EF65の強化版。2550kwのEF65に対し3900kwと遥かに強化され、出現当
時は狭軌最大の電気機関車だった。この出力増強はモータートルク最大点
の向上に向けられ、EF65では高速貨物を2両で牽引していたものを、単機
で牽引できるようにするのが目的だった。また、車体も画一的な箱型から、
鼻を突き出した、子供向け特撮番組の巨大ロボットのような顔つきになった。

193 :179:04/07/27 01:58 ID:???
DD51
 日本の軟弱地盤に合わせた、液体式大型ディーゼル機関車。1100psの発
動機を2基搭載する。主に幹線用として、大量に製造された。

DD54
 2機関のDD51に対し、地方幹線用に1600psの発動機1基を搭載して製造
された機関車。だが、変速機の不調が克服できず、結局DD51に取って代わ
られた。ちなみに、設計・製造は  三   菱   重   工  。

DF50
 DD51以前に主力だった、発動機で発電機を回しモーターで走行する電気
式機関車。実際の出力はDD51の半分程度しかなかった。

DE10
 DD51の進入できない線区に、軽軸重の機関車として1380psの発動機を
1基搭載し、特殊な軸配置とした機関車。軽量級だが動輪の特性が良いた
め、入れ替えから本線牽引まで何でもござれの万能機である。除雪ブレード
車を装着するタイプはDE15と呼ばれる。

DD16
 DE10でも乗り入れが困難な弱軌道用に、それまで旧型の500ps発動機2
基のDD13から代わり製造された。丁度、DD51を半分にしたような機関車で、
発動機もDD51のそれを800psにディチューンしたものを1基搭載している。

194 :179:04/07/27 02:26 ID:???
蒸機は語りだすと止まらないので申し訳ないですけど形式と「国鉄」をキーワードに
ぐぐって見てくだちい。

195 :名無し三等兵:04/07/27 02:36 ID:???
夏だな

196 :名無し三等兵:04/07/27 03:17 ID:???
>>189
海軍だと赤松貞明氏も北米戦争に参戦していたような
この時はもう40代ながら部下が止めるのも聞かずに上層部にねじ込んだとか。


あと陸軍では
上坊良太郎氏 最多撃墜数を争う大ベテランで終戦の年に米軍が発動したミーティング・ハウス作戦時の迎撃戦での活躍は
          同期の「B29撃墜王」樫出勇大尉と共に伝説となる。戦後も空軍の発展に尽力し平成の今日まで健在。
黒江保彦氏 戦中航空審査部、戦後航研、空軍に勤務。皇紀,2607年高速飛行試験機『験−1』で「音速を突破した男」となる。
穴吹智氏  「ビルマの桃太郎」、加州まで戦い抜いた陸軍随一の撃墜王、空軍設立後も陸軍に奉職。固定翼、回転翼機搭乗員の育成に努める。

などが有名でしょうか。



197 :名無し三等兵:04/07/27 05:05 ID:???
ヒトラーの超広軌鉄道計画ってどうなったんでしたっけ?

198 :名無し三等兵:04/07/27 12:40 ID:???
レール幅3メートルとか言うアレか?
ロシアの平原のどこかに試験路線をつくった段階でポシャッたと思うが…
ベルリンの駅前(駅名失念)に試験車両が今も展示されているよ。

ポルシェ博士が作った1号車が…

199 :名無し三等兵:04/07/27 15:59 ID:???
私、最近になって個人向け電算機を購入し、孫と一緒に情報通信網(インタアネットというのですか)
を楽しんでおります隠居爺で御座います。
最近この電子掲示板を知り、立ち寄らせて頂いておりますが
軍板の皆様の見識の高さには驚くばかりです。
しかしインタアネットというのは凄いですな。一瞬で様々な情報が手に入ります。
これが元々軍用通信網だそうで、独逸との冷戦もあながち無駄ではなかったという事でしょうか。

ところで、軍板の皆様の事ですから、タカラビニール工業所から発売された
「世界の銀翼博物館」はもう入手済みの事と思います。
第一弾の「日本空軍邀撃機・銀鷲(米軍名称:F-15イーグル)」は中々凝った造型ですな。
一般部隊機と戦闘教導隊機の違いや、塗装の見事さも表現されていたり、
最初は児童の玩具とばかり思っておりましたが、今では収集が趣味の一つであります。
第二弾の「日本海軍艦載機/空軍戦闘爆撃機・麗風(米軍名称:F-4ファントム)」、
第三弾の零戦(恥ずかしながら搭乗員になるのが夢でした。)も期待出来そうで、
元軍国少年としては惹かれるものがあります。

200 :名無し三等兵:04/07/27 16:02 ID:???
(199続き)
ただ、余計な事ですが、最新鋭機とはいかないまでも、
日本の制空の要である主力機の情報を、どのようにして入手したのか不思議です。
「解説」と称して岡部某も色々書いておるようですが、いくら民主化が浸透してきた影響とはいえ、
情報公開にも限度とがあるのではと愚考致します。
崩壊したとはいえ、独逸帝国も未だ侮れませんし、最近ではテロリストなどという、
卑怯な奸物が幅を利かせているご時世なのですから。
(私が尋常小学校児童であった頃なら、憲兵に空軍情報部員その他諸々が群れをなして発売元に乗り込んでいる事でしょう。)

ちなみに「世界の戦車博物館」も、中々の出来だとは思いますが、
敵国である独逸帝国や、合衆国の車輛が多いのは何故でしょう。
若い人達に好評だそうで、私には少々納得出来かねます。
ビットマンSS少将の虎戦車や獅子戦車よりも、パットン中将のM4型戦車よりも先に、
西竹一少将の「試製五式重戦車改」を発売するのが、日本国民として当然の事と
元陸軍軍人の私としては常々.....。あ、いや失礼。
しかし私にお迎えが来る前に、せめて大戦中の日本帝国装甲戦闘車両群を一揃え発売して頂きたいと思う次第であります。

それにしても敵国であるはずの独逸を贔屓にするとは、最近の若者はなっとらん!大体、親の教育が...
(ん?しまった。そろそろ陸軍士官学校特志幼稚舎まで孫を迎えに行かねば。時間に遅れると嫁が煩いからな。)

いや、長々と乱文失礼致しました。御容赦下さい。それでは。

201 :名無し三等兵:04/07/27 20:40 ID:???
>>200
西竹一少将の車体なら田宮の「四式中戦車II型(チト改)」は
戦車模型の定番中の定番だと思いましたが。

202 :名無し三等兵:04/07/27 21:45 ID:???
>199氏

しかし、陸軍の全面協力でつくられた第四弾を考えれば、まだ期待をしても良いかと思いますよ。
チカ車もよく出来ていますし、なつかしの二○式自走無反動砲なんか、よくもまあここまで小さく、と思いますし。

それから、銀鷲の解説にしても、いまや民主化のご時世ですから。好事家が調べようと思えば簡単に調べられる
内容しかありませんし、そういった「積み重ね」が軍と市井の良好な関係を保つ、というものなんです。

203 :199:04/07/27 23:50 ID:???
>>201氏202氏

わざわざお返事有難う御座います。
それにしても、お顔も存じない方々と意見しあえるのは
聊か奇妙な感じが致しますな。

201殿、私も田宮の「四式中戦車II型(チト改)のことは存じております。
樹脂模型も持っておりますよ。孫はミニ四駆の方がお気に入りですが。
しかし...ううむ。試製五式重戦車改をご存知ない?
加州上陸戦に備えて臨時編成された、第一独立重戦車連隊もご存知ありませんか?
米本土上陸直後の米軍機甲師団の猛攻から、日本軍を守りぬいた部隊なんですが...。
やはり臨時の部隊ですから記録に残りにくいのでしょうか。
そうですなあ、確か資料が....。
余計な事ですが内容を一部転記致します(え?こぴぺ?と言う?)
御覧頂ければ幸いです。

202殿
いや、まるで児童の様な事を書き連ねて、お恥ずかしい限りです。
確かに陸軍現用車輛は素晴らしい出来でしたな。
でも私の様なものには少々馴染みが在りませんで、
思い入れという奴でしょうか。
解説の件はよく判りました。なるほど、今は市民の方々が軍の指揮権を持つ時代ですからね。
昔は統帥権等というものがありまして、それをたてに無茶する輩もおりました。
まあ、「時代」というやつなのでしょうね。

204 :199:04/07/27 23:53 ID:???
四式戦車
M4より優位に立てる戦車として開発、パナマ上陸戦に投入された。
しかしパナマでの戦闘で、米側がM4A3E8、M26パーシングを大量投入、
あげくには試作車輛(T28重突撃戦車/T95)、T100対戦車自走砲(ソビエトのSU-100のコピー)
まで持ち出して来た為予想外に苦戦する。
その後は増加装甲の装備や四式突撃砲への改造等を行い
主力装甲車輛の座を守り続ける。

ただし、戦後の独逸との対立を見越した陸軍は、四式を能力不足と判断
次世代戦車開発の準備を目論んだ結果
試製五式戦車/突撃戦車の生産へ移る。

205 :199:04/07/27 23:54 ID:???
試製五式重戦車改
四式開発時に評価用として独逸から輸入した
5号G型豹戦車(実車)と5号U型豹戦車(設計図面のみ)を研究し、
次世代車輛の生産・運用技術獲得の為、10両程が生産されていた車輛。

パナマ上陸戦で能力不足と判断された四式の強化策研究と、
戦地における装甲打撃力補填を目的に急遽生産台数を拡大され、
西竹一大佐(後に少将)率いる第一独立重戦車連隊と共に、加州上陸戦へ投入。
加州上陸直後、米軍機甲師団の猛攻にあえぐ日本軍橋頭堡を崩壊の危機から救った。
パナマから加州上陸戦までに半年程しか時間が無かったため、生産数はごく少数。(作戦参加数60両)
配備部隊も第一独立重戦車連隊に限定された。

米本土上陸後も生産が続けられるも、輸送中に失われる車輛も多く
生産コストの面でも主力と成り得なかった。
また、対米戦後間もなく、対独逸戦略が内示され戦車研究続行も承認された為
試製五式の生産を中止。本格的に対独逸を意識した戦車研究が開始される事となる(後の十二式戦車)。
最後まで「試製」の冠が取れる事は無かった。
乗員数 5名
発動機 中島九九式(ハ25)空冷複列星形14気筒
武装・長88ミリ戦車砲(陸軍8.8センチ対空砲転用)
    7.7ミリリモコン機銃 
これは38t駆逐戦車(ヘッツァー)を参考にした機銃
    (前面装甲に穴をあけるなど、もっての外という現地からの声によるもの)
-----------------------------------------------
試製五式突撃戦車
独逸帝国5号駆逐戦車を参考に開発。
武装・100ミリ戦車砲(余剰品となっていた海軍の長10サンチ砲転用)
    7.7ミリ機銃 
パナマから加州上陸戦までに半年程しか無かったため、生産数はごく少数。(作戦参加数30両)
配属部隊も独立重戦車連隊に限定された。


206 :名無し三等兵:04/07/28 00:51 ID:???
>>199
パナマではなく加州戦(それも後半)では……
パナマではM2コンバットカーやM3グラントなどろくすっぽ近代化されていない
名だけの「装甲」部隊がぶつかってきて、
それを蹂躙したことで閉鎖的な陸軍上層部にチト車の評価をせざるをえない状況にした
という経緯だったはずでは……

それと「四式」の模型の話は「帝国陸軍の戦車の模型は人気がない!」と言われたので、
持ってきたのですが……この前発売20周年記念祭が静岡の本社で慎ましやかに行われました。

207 :名無し三等兵:04/07/28 01:08 ID:???
>>203
 第一独立重戦車聯隊は西竹一大佐指揮下満州での訓練後布哇経由で加州上陸作戦に参加。
橋頭堡を確保に活躍したが損害も多く、南部の資源地帯確保を優先との意向もあって
米本土派遣第2(南西)方面軍、戦車第2師団戦車第11連隊長池田末男大佐の指揮下に入り
独立戦車旅団(通称『池田支隊』)を編成、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサス方面に進撃し
日系人収容所開放などの活躍がある。

 一方の西竹一大佐は米本土派遣第1(中央)方面軍隷下の栗林兵団において四式中戦車を主力とする
快速部隊(西支隊)を編成、前線に出て自ら戦車に乗り込み指揮を執っていると思えば
軽貨物自動車で後方に連絡に向かい、また前線に舞い戻って馬を駆り斥候に出るなど慌しく動き回った。
 20年3月の米地上軍の反撃作戦「コロラドの守り」でも突出した敵部隊を側面から包囲し攻勢を挫き
中部方面最大の危機を救った。

208 :名無し三等兵:04/07/28 01:33 ID:???
※第三帝国における原子力政策あれこれ

第二次大戦勃発時、第三帝国における原子力研究は主として三つの中心が存在していた。
国防軍に接収されたカイザー・ヴィルヘルム研究所(以下KWI)、そして教育省と郵政省である。
組織・人材・資金の面で優位にあったのはKWIだが、所長のペーター・デバイがオランダ人であったこと、
いわゆる「ユダヤ物理学」排斥運動への反感などから、当の科学者たちに研究への熱意が見られなかった。

しかし、北欧・西欧の占領によって各国の技術的蓄積が入手されたこと(特に重要だったのは巴里の
キュリー研究所から接収されたサイクロトロンだった)、失脚直前のゲーリングが「一発で倫敦を
破壊できる爆弾」の噂に権力回復への夢をかけたことが第三帝国における実質的な原子力政策の始まりとなる。

40年夏、ゲーリングは四ヵ年計画担当帝国全権委員としてKWI、教育省、郵政省の原子力研究を
統合することを決定。同時にデバイを(既に米国へ脱出していたが)解任し、
国防軍との関係が深いクルト・ディープナーを原子力研究の統一責任者に任命した。
この決定直後にゲーリング自身は失脚するが、研究自体はこうして動き出したのである。

だが、ディープナーは数多い部下の科学者たちを上手くまとめ上げることができなかった。
加えて最も優秀な科学者と言われたヴェルナー・ハイゼンベルクがゲシュタポに告発されたことにより
(デンマークのニルス・ボーアとの不用意な会話が原因だった)、ディープナーは解任される。

責任者と最優秀研究者を失った原子力研究を救ったのはシュペーアと郵政相ヴィルヘルム・オーネゾルゲだった。
二人は、ディープナー失脚を機会に研究の主導権を奪おうとする教育相ベルンハルト・ルストに対して同盟し、
教育省系の研究者だったアブラハム・エサウを抱き込むことで勝利。41年夏には研究体制を再始動させる。

209 :名無し三等兵:04/07/28 01:33 ID:???

ここで問題となったのは最初の大規模な原子炉をどこに建設するかだった。
そして、保安・水利・交通などの面から白羽の矢が立ったのが総督府管区内のアウシュヴィッツだったのである。
アウシュヴィッツには既に強制収容所の建設が計画されていたが、シュペーアはこれを大規模に改定。
第一収容所を従来の強制収容所として、第二収容所ビルケナウを原子炉施設として建設することとした。
この改定の陰にはシュペーアとヒムラーの間で何らかの密約があったものと一般には考えられている。
原子炉建設に投入されたのが猶太人ばかりであり、彼らの多くが建設作業中にほとんど死亡しているという事実、
ビルケナウ原子炉警備隊でのガン発生率が異様に高く、同隊への配属が一種の死刑宣告と見なされていた事実、
おそらく、同原子炉において安全性といったものは(たぶん意図的に)考慮外であった点が疑われる。
その後も総督府管区内には四つの小規模原子炉(ベルゼック・クルムホーフ・ソビボル・トレブリンカ)が建設されたが、
これら全てにおいて建設労働者は猶太人であった(そして大部分が死亡した)事実も注目されてよいであろう。

第三帝国にとって原子炉とはまず何よりも「原爆を造るためのもの」であった(同時に厄介払いの手段でもあったようだ)。
海軍においてもヴァルター機関への執着が強かった点はこの証左と言えよう。
戦後でさえ「バクーの油田があるのに怪しげなユダヤ科学の産物に頼る必要があるのか」との意見は根強く、
原子力発電が脚光を浴びるのは50年からの亜米利加動乱の影響で欧州復興計画に陰りが見え始め、
採掘・輸送負担の大きいバクー油田への依存を軽減しようという動きが出て来てからのことである。

210 :名無し三等兵:04/07/28 02:01 ID:???
でもポーランドはまだOGR(Graphit Verlangsamen Reaktor=黒鉛減速炉)5基くらい建設する計画じゃなかったっけ?

211 :210:04/07/28 02:16 ID:???
何書いてんだ俺……_| ̄|○
OGRじゃなくてGVRね。

東米には、
「西側の原子力政策に最も貢献したのは、ゲーリングでもシュペーアでもなく、
ヒロヒトとニシナだ」
という冗談もあるそうですね。
原子力後進国であった帝国が、突如昭和20年8月に投下したことにヒトラーが恐怖したと言う話です。

212 :208:04/07/28 18:12 ID:???
書き忘れ。もう一個マイダネクにも原子炉が建設されました。

>211
「我が国の原爆はまだです」とシュペーアが言ったら「なら原子炉のまま落っことせ!」と叫んだとか(w

213 :名無し三等兵:04/07/28 21:26 ID:???
ttp://homepage1.nifty.com/koarashi/frame_hoby.htm

なにげに「原子爆弾の歴史」がやたら充実してます(当然史実版)
終戦1年後のアメリカの原爆ストックがわずか9発分しかなかった(しかも使用できるのは7発)とか。

214 :名無し三等兵:04/07/28 21:46 ID:???
現在稼動しているのは、

日本原子力発電:東海、敦賀
東京電燈:福島第一、福島第二、柏崎刈羽、東通、女川
東邦電力:浜岡、玄海、川内
大同電燈:美浜、大飯、志賀、珠洲

だったっけ?東電・大電は燃料電池にしふとしつつあるが。

215 :名無し三等兵:04/07/28 22:06 ID:???
それから動燃公社の転換炉もいくつか有るね、発電量は知れてるけど。

216 :名無し三等兵:04/07/28 23:23 ID:???
>>211
ロクに実験もしないまま開発→投下とやったからなぁ。ヒトラーもびっくりする訳だ。
不具合が何個もあって、原爆を落とす直前まで改良してたし…
だからこそ、投下一週間前に米軍が強奪しても不発に終わったわけだが。
あの時爆発してたらどうなってた事やら・・・

217 :名無し三等兵:04/07/29 11:47 ID:???
技術進歩で運用費用や建設費用の低減に成功した地熱発電も有望です。
恒常的に発電できる形態から、夜間電力の中枢をになっている原子力の代替に向きます。
なにより日本本土は火山国でありますから、地熱は完全に国産のエネルギーとなります。
現状で採算が取れる候補地だけでも所用電力の三割以上を賄える、という試算もあります。

蓄電・蓄熱技術によって昼間の最大電力消費を押さえるという方向に進みつつありますが、
それでも昼間の変動電力の多くは火力が担うのはしばらく変わらないでしょう。
軌道発電衛星は高性能ではありますが、展開予算が非常に高くつき、また宇宙という過酷な
環境で起きがちな機器の機能低下や機能不全など、不確定要素も絡みますからね‥

218 :某伍長@ボートの上:04/07/29 13:08 ID:???
>>216
なんだろ、なんだよ

219 :名無し三等兵:04/07/29 13:18 ID:???
>>217
地熱発電は火山活動と密接な関連がありますから
火山が本格的に噴火した場合どうするのか等問題は尽きませんね。

軌道発電衛星は当初の相当数を賄える試算でしたが
地上に転送する際それが兵器に転用できることが発覚、連盟でも問題になり
新戦略兵器禁止条約交渉の中で軌道発電衛星に出力規制が行われています。

220 :名無し三等兵:04/07/30 15:45 ID:???
ロカビリー音楽は西米文化だと強く思われておりますが、実は日本も強く関係しています。
エレキ・ギターを作ったのは日本の政木和三博士なのです。
だから大東亜戦争後、日本でポップソングからロックへと流行が移っていくのは当然だったのですね。

221 :名無し三等兵:04/07/30 16:17 ID:???
 昭和20年初頭に完成した原子爆弾は3発。本来は陸軍が接収する予定で
あったが、巨大で5トンを越す重量の爆弾を運ぶことができる爆撃機は当時、
「富嶽」しかなく、結局海軍に受領された。
 海軍での名称、「G号金物」。秘匿名称とは言え凄まじいセンス。
 「G号金物」は一〜四号まであり、一・二号は単純臨界型、三・四号は縮爆
型である。ただし、燃料はいずれもウラン235で、縮爆型はプルトニウム239
とする資料は、長く情報が隠匿された為、戦後の誤った解釈によるものであ
る。
 4月、G号金物三号が「富嶽」で直接、満州の無毛地帯に運ばれ、投下実
験が行なわれた。実験は成功、立ち会った陸戦隊員は「まるで一瞬、地上
に太陽が降りてきたかのような閃光と、この世が終わるかのような衝撃だっ
た」と証言している。(ちなみに、この隊員は、昭和44年に咽喉がんで病死し
ている)
 大本営はこの実験結果におののきさえしたが、マダガスカル会談後もトル
ーマン政権が抵抗を続けるようであれば行使やむなしと最終的に判断、昭
和帝陛下も最終的に平和が訪れるならばと使用を御許諾なされた。
 「G号金物」にはさらに個体名がつけられ、一号が「富士一号」、二号「阿
蘇一号」、四号「桜一号」と呼ばれた。そして、7月にキューバへ運ばれるが、
その際、「阿蘇一号」が米軍により強奪され味方基地に投下されるも不発と
いう結果に終わっている。
 この事件の発生に聯合艦隊司令部は単純臨界型の完成度に疑問を投げ
かけたが、後に原因は点火用炸薬の充填の際のミスと判明している。
 そして運命の8月。6日に「富士一号」がラスベガスに、9日に「桜一号」が
ニューオーリンズに投下された。死者、行方不明者約30万人……

222 :名無し三等兵:04/07/31 04:28 ID:8d5BxXpA
信州知事の田中康夫ってどんな略歴だったっけ?

223 :名無し三等兵:04/07/31 11:52 ID:???
お前ら年金払ってるか

224 :名無し三等兵:04/07/31 14:56 ID:???
戦後放送界初の保守メディア誕生!

「チャンネル桜」CSスカパー いよいよ8月15日開局決定!!
http://www.ch-sakura.jp/

番組表
http://www.ch-sakura.jp/pg1.htm
-------------------------------------------------------------
チャンネル「桜」は、日本の伝統文化の復興と保持を目指し、日本人本来の「心」を取り戻すべく
創立される日本最初の歴史文化衛星放送局です。戦後日本は、チャンネル「桜」で変わります。

(前略)
日本のマスメディアは戦後一貫して左翼市民的な立場から、日本国民をミスリードして来ました。
文字メディアが変わり始め、日本国民の意識が変わり始めた現在でも、全くそれは変わっておりません。
映像メディアにおける報道関係者の多くは、自分が民衆の味方であり、反権力と正義の立場に立っていると信じきっています。
(中略)
私たちは昭和二十年八月十五日の敗戦から、昭和二十七年四月二十八日の独立主権回復の日までの
占領時代に作られた「戦後」と「戦後精神」を疑い、それを変革したいと考えます。
私たちは、我が国固有の歴史と誇るべき伝統文化を祖国の未来を担う子供達に伝えたいと考えます。
私たちは、「人類」である前に、まず「日本人」であり、また、そうあるべきだと考えるからです。
私たちは、今、祖国の未来を担う新しい映像メディアを創設せんと決意しました。
(後略)

225 :名無し三等兵:04/08/02 14:57 ID:???
戦後放送界初の保守メディア誕生!

「チャンネル白頭鷲」CSスカパー いよいよ8月15日開局決定!!
http://www.ch-sakura.jp/

番組表
http://www.ch-sakura.jp/pg1.htm
-------------------------------------------------------------
チャンネル「白頭鷲」は、アメリカの伝統文化の復興と保持を目指し、アメリカ人本来の「心」を取り戻すべく
創立されるアメリカ最初の歴史文化衛星放送局です。戦後アメリカは、チャンネル「白頭鷲」で変わります。

(前略)
アメリカのマスメディアは戦後一貫して左翼市民的な立場から、合衆国民をミスリードして来ました。
文字メディアが変わり始め、合衆国民の意識が変わり始めた現在でも、全くそれは変わっておりません。
映像メディアにおける報道関係者の多くは、自分が民衆の味方であり、反権力と正義の立場に立っていると信じきっています。
(中略)
私たちは1945年8月15日の敗戦から、昭和26年7月4日の独立主権回復の日までの
占領時代に作られた「戦後」と「戦後精神」を疑い、それを変革したいと考えます。
私たちは、我が国固有の歴史と誇るべき伝統文化を祖国の未来を担う子供達に伝えたいと考えます。
私たちは、「人類」である前に、まず「アメリカ人」であり、また、そうあるべきだと考えるからです。
私たちは、今、祖国の未来を担う新しい映像メディアを創設せんと決意しました。
(後略)


226 :名無し三等兵:04/08/02 21:14 ID:???
>>225
それって「the Stars and Stripes Channel」のこと?日本語版もあるんだ。
桑港に出張したときにホテルで見たよ。でもCSテレビジョンはメディア王
ナベツネの支配下だしなあ。

USSDF総合火力演習や第82空挺団の降下初めはなかなか面白かったよ。

227 :名無し三等兵:04/08/04 01:24 ID:???
今回の亜細亜カップについては?

228 :名無し三等兵:04/08/04 03:55 ID:???
第90回 夏の高校野球甲子園大会出場校一覧

青森 青森山田   岩手 盛岡大付
秋田 秋田商   山形 酒田南
宮城 東北   福島 聖光学院
茨城 下妻二   栃木 宇都宮南
群馬 桐生第一   埼玉 浦和学院
千葉 千葉経大付   東東京 修徳
西東京 日大三   神奈川 横浜
新潟 日本文理   長野 塚原青雲
山梨 東海大甲   静岡 東海大翔洋
愛知 中京大中京   岐阜 県岐阜商
三重 鈴鹿   富山 富山商
石川 遊学館   福井 福井
滋賀 北大津   京都 京都外大西
大阪 PL学園   兵庫 報徳学園
奈良 天理   和歌山 市和歌山商
岡山 岡山理大付   広島 広島商
鳥取 鳥取商   島根 浜田
山口 岩国   香川 尽誠学園
徳島 鳴門第一   愛媛 済美
高知 明徳義塾   福岡 西日本短大付
佐賀 佐賀学園   長崎 佐世保実
熊本 熊本工   大分 明豊
宮崎 佐土原   鹿児島 鹿児島実

北アイヌ ペナ・チュプベツ   南アイヌ 駒大ト・マコマイ
琉球 中部商   北満州 満州里学園
中満州 省新京   南満州 東海大大連
台湾 嘉義農林   北朝鮮 平壌一
南朝鮮 釜山大済州   南洋 ヤルート水産

229 :名無し三等兵:04/08/04 20:15 ID:???
最新の北米軍事情勢
 西米、新防衛大綱中間案発表
 ・護衛艦(54→48)、哨戒機(100→70)を削減する。
 ・USASDF(合衆国航空自衛隊)の作戦機を現在のF-15(銀鷲)、F-4(麗風)、F-2を2機種に統合する
 ・近年、東米の脅威が増大した事を受け、フロリダにF-15(銀鷲)を配備する。
 ・中央即応集団の創設。機動性を重視した防衛力を目指す。
 ・ミサイル防衛を導入する。
 ・国際貢献を付随的任務から主任務に格上げ

 西米カナダ、戦略的安保協力を 皇軍再編でwe党幹部
  来米中のカナダ与党、we党の院内代表は3日、西米で記者会見し、世界的な皇軍再編による安保環境の
  変化に伴って、米カナダ両国が「安保協力の真摯(しんし)な議論を行う必要があり、戦略的対話を活性化させていくこ
  とを希望する」と述べ、戦略的な安保協力を進めることを提案した。

  代表は現政権の与党最高幹部の1人。米カナダ間では現在も防衛担当閣僚や軍高官の交流が進んでいるが、
  提案は安保面でより緊密な「同盟」関係を構築するよう求めたとみられる。代表は米カナダ関係を「日本を媒介とした
  同盟関係にある」と明確に位置付け、「具体的な軍事協力問題まで答える段階ではない」としながらも、将来的に
  は「地域的な安全保障の集団をつくっていくことにつながるかもしれない」との考えを示した。

 「ケベック、艦艇から発射するミサイル開発」 (カナダ日報 8/4)
  「ケベックが日本本土を攻撃することのできる艦艇搭載および潜水艦発射の形の射程2500キロメートルの弾道誘導弾を開発し、配備過程にある」
  と、AFPなど外信が英国の著名な軍事雑誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー誌」を引用、3日報じた。
  今年5月、ケベックが射程4000キロメートル以上のミサイルを開発し、実戦配備したという報道はあったが、海上から潜水艦と艦艇を使って発射するミサイルを開発したという報告はこれが初めて。

230 :名無し三等兵:04/08/05 05:30 ID:???
>>230
樺太はどこだ?

231 :名無し三等兵:04/08/05 06:56 ID:???
随分と不公平だな。
満州や朝鮮が2代表か。

むしろ満州地区・朝鮮地区・本土地区なんかがそれぞれ大会を開催、
各地区の優勝者で全国大会という制度の方がしっくりこない?

232 :名無し三等兵:04/08/05 07:02 ID:???
>>231
このスレッドは矛盾などに突っ込みを入れると自分でネタ振れ
と言われるスレッドですよ

233 :228:04/08/05 11:02 ID:???
琉球・アイヌモシリ本島を含む外地の代表はあくまで招待ってことで。

帝国内の琉球・アイヌモシリは多少優遇されてるけど、
シベリア・東南亜の出場権や、朝鮮・満州の道省内からの代表選出は、
検討こそされているものの、高野連の予算面で事実上凍結。

とか言う脳内設定の下、忠実の朝鮮・満州の強豪と妄想で書き出してみました。
(実際は校名を挙げるのが面倒だから・・・。60年以上前の名門ばかり並ぶのはおかしいし。)

>>230
北アイヌの予選大会内で敗退、もしくはアイヌモシリ本島ではないため、出場権なし。
樺太枠も作ったほうがいいかなぁ。

234 :名無し三等兵:04/08/05 11:16 ID:???
>>231
満州は校数と行政区画の都合上北満州(黒竜江))中満州(吉林)南満州(山東)で地区予選、
朝鮮も日本統治時代2校枠であったが独立後の韓国の出場枠は全国大会優勝の1校に絞られる。
その後校数の増加等韓国側の要請により南部八道、北部九道で地区予選で行いそれぞれの優勝校が
甲子園への切符を掴む事になる。
台湾も近年春の選抜大会で特別枠で初の2校出場をを果たし南北2校枠化の声が強いが本選組み合わせや
台湾の校数等の事情により実現には至っていない。

235 :関西在住の特撮ヲタ:04/08/06 22:37 ID:???
また今年も甲子園の所為で、俺が毎週楽しみにしている「假面乗手 剣」の放送が潰れんのかよ!
いい加減また昔みたいに毎日放送に放送局移してくれーーーーーー!!!!

236 :名無し三等兵:04/08/07 00:13 ID:???
教育でやっている「無人惑星 生存」も危ないんだよなぁ。
頼むから試合を長引かせるのはやめてほしいよ。

237 :名無し三等兵:04/08/07 00:17 ID:???
豊田自動車の「プリウス」を買ったんだが前のモデルよかよく走るね、ちいとばかし燃費は上がったけど・・・

238 :237:04/08/07 00:18 ID:???
訂正、ちょっと燃費が悪くなったけどだった、でもあれぐらい走らないと自動車らしくないもんね

239 :名無し三等兵:04/08/11 10:30 ID:iyUrHD4b
保守age

240 :名無し三等兵:04/08/11 15:37 ID:???
トラック諸島で艦載機の発着事故が起きたらしいね。
第5艦隊の新鋭空母搭載機かな?

241 :名無し三等兵:04/08/11 16:21 ID:???
詳細キボン

242 :名無し三等兵:04/08/11 18:39 ID:???
さくらも甲子園で・・・

243 :名無し三等兵:04/08/12 11:15 ID:???
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040812-00000939-reu-int

イラン国営テレビは、国防省が中距離弾道ミサイル「シャハブ3」の最新版の実地試験を行った、と伝えた。
シャムハニ国防軍需相は先週、イランが「シャハブ3」の性能の向上に取り組んでいると表明していた。
軍事専門家は、「シャハブ3」がイスラエルや湾岸地域の米軍基地の攻撃に使われる可能性を指摘している。
国営テレビは、11日の実地試験について「シャハブ3に施した最新の改良点を評価するため」としている。
この報道について、イラン国防省は詳細な説明を差し控えた。



イランもアフガニスタンとイラクに挟まれてピリピリしているようですね。

244 :名無し三等兵:04/08/12 20:07 ID:???
>>228
アイヌ連邦の行政区画はこうでないかい?
(明治2年の行政区画と史実の北海道・樺太の支庁・地区を参照にしました)
・アイヌ本島
渡島国(渡島+檜山)、胆振国、後志国、日高国、十勝国、釧路国、根室国(南千島4島も含む)
宗谷国、網走国、天塩国(留萌+上川北部)、石狩国、空知国(空知+上川南部)
・樺太
奥端国、野栗木国、恵須取国、敷香国、真岡国、豊原国
・千島他
千島国(得撫島から占守島まで)、古里役国、加莫察加国(カムチャッカ南部+アリューシャン)

あと、甲子園のデータはこのサイトがかなり詳しくて便利です。
ttp://www.fanxfan.jp/bb/

245 :名無し三等兵:04/08/15 21:39 ID:???
保守

西米の方では、今日は終戦記念日で、右翼も左翼も劣悪報道も盛り上がるのですが、
今年はオリンピックのせいかそれほど活発ではないようです。

で、話は変わりますが、大日本帝国のではいつ、どのような祝日があるのでしょうか?

246 :専守防衛さん :04/08/15 23:10 ID:SK8iF0mM
特に祝典はありませんな。
ただ、敵味方の英霊の冥福を祈る日です。

野蛮な民族ではないので

247 :名無し三等兵:04/08/15 23:34 ID:???
まとめサイト作りかけてあぼーん
中々うまくいかないですね。

248 :名無し三等兵:04/08/16 01:24 ID:???
>>245
祝典と言うほどでもないが、大体このあたりの時期になると
大日本帝国・天皇陛下、満洲国・愛新覚羅武道陛下、大韓帝国・李洵陛下、琉球王国・尚瑞陛下
による平和宣言は毎年出されているな。

249 :名無し三等兵:04/08/17 17:51 ID:???
しかしまぁ、海外駐留軍を大幅に削減するたぁ政府も思い切ったことするね。
合計で7万人削減だっけ?

まぁそんだけ緊急展開能力に自信があることの表れなのかもしらんが・・・・

250 :名無し三等兵:04/08/17 18:56 ID:???
>>249
今回対象になるのは満蒙、カナダに展開する陸軍将兵と付随する10万人規模の在留邦人、
数年をかけて本土に帰還、もしくはイラクなど西亜方面へ転出することになる。
ただ本土帰還する海外駐留部隊に関しては部隊名が大東亜戦争中の部隊ものと同じでも
郷土部隊制度が払拭されて長いこと経って地縁はないからどこに駐屯することになるかわからんが。

北満方面の戦車師団をはじめ冷戦中の西側との地上決戦を想定した重装備師団を減らし
代わりに数千人規模の機械化独立混成旅団を置く事になりそうだ。
カナダの方はアラスカ・西米の海空軍を強化することで戦力は今以上に増強されるとしているが
ケベックが武力による東西統一を諦めてない以上餌を与えることにはならんのかねぇ。

251 :名無し三等兵:04/08/17 19:30 ID:???
>>69-70の艦隊も再編が進行中なのだろうか?

252 :名無し三等兵:04/08/17 21:55 ID:???
>>251
さすがにそこまではまだ明かさないでしょう。
西亜戦争の影響で日本軍が少し動いただけで西米の方では大騒ぎですから。

あと、東米・南部連合・西米の国境がいまいち分からないんだが・・・
過去のスレでデータあったっけ?

253 :名無し三等兵:04/08/17 22:25 ID:???
>>252
ないね。
前スレで各国概略史で出た後完璧音沙汰なしだから。
まあ、史実の南北戦争の南を想定すればいいんじゃない?>南部連合

254 :名無し三等兵:04/08/17 23:23 ID:???
>>253
2.1、3、このスレを見返してみたが、
独立13州だったり、五大湖周辺が入っていたりと、東米の位置がバラバラ。
ということで以下でどうでしょうか?

アメリカ共和国連合(南部連合)・・・11州
(テキサス、アーカンソー、ルイジアナ、テネシー、ミシシッピ)
(アラバマ、ジョージア、フロリダ、ノースカロライナ、サウスカロライナ、バージニア)
アメリカ合衆国(西米)・・・19州
(ミソネタ・アイオワ・ミズーリ以西)※南部連合成立前はアーカンソー、ルイジアナ以西が加わる
アメリカ国家社会主義連邦(東米)・・・18州
(ウィスコンシン・イリノイ・ケンタッキー以東)※南部連合成立前はテネシー・ミシシッピー以東が加わる

こうすると、ちょうどミシシッピー川(西経90度線)で国境になります。
ちなみに、南部連合は南北戦争そのまんまです・・・

255 :名無し三等兵:04/08/17 23:25 ID:???
見事な3すくみですなw
北米大陸を緊張下の安定に置くことができそう。
南部の連中の主目的もそれかもしれないw

256 :254:04/08/17 23:39 ID:???
緊張しすぎで危ないくらいですね。
特にミソネタ州は5大湖に面しているから東米がちょっと演習しただけで緊張が走りそう。
ただ、南部連合は冷戦終結を機に独立をしたので、それはちょっと違うかと。

ちなみに、南部連合独立前は西米22州で、東米26州です。

257 :在日外国人参政権に反対します( ̄ー ̄)ノ:04/08/17 23:40 ID:vmZTafr6
スレ違いかもしれませんが、戦争しないまま日本が侵略されるのは
耐えられません。日本人として危機感を感じる方はぜひメールを
して意志表示してください。マスコミにもほとんど報じられないまま
法案が可決されようとしています。

在日外国人参政権反対を【件名に明記】大量メールは件名で趨勢を判断する
首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
自民党
http://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html
自民党議員データ
http://www.jimin.jp/jimin/50on/syu-a.html
東京入国管理局メール受付(インフォメーションの下)
http://www.immi-moj.go.jp/info/index.html
警視庁 
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/anket/anket1.htm
外務省 
http://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html
各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose (一度に各省庁に送れます)
TBS
http://www.tbs.co.jp/
テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/
テレビタックル
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/
フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/index.html
日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/

258 :名無し三等兵:04/08/18 11:36 ID:???
>>254
俺的には南部連合の設定はチト無理があるような気がするが……

あと合衆国は旧D.C.南部があるぞよ。

259 :NHK特集 映像の世紀:04/08/18 12:07 ID:???
第1集 二〇世紀の幕開け
   19世紀に産業革命が起こり、ヨーロッパに近代国家が誕生。
  日本は開国しアジアの先進国となった。
  そして、二〇世紀の幕が開ける。

第2集 大量殺戮の完成
   サラエボの一発の銃声。それは第一次世界大戦の勃発の合図だった。
  毒ガス、機関銃、戦車……それは、今までの常識を覆す大量殺戮兵器の登場の場だった。

第3集 それはマンハッタンからはじまった
   アメリカ合衆国、ニューヨーク・マンハッタン。そこは20世紀社会の文化の発信地だった。
  だが、其処に後の最悪へのほころびが見え始める。

第4集 ルーズベルトの野望
   大恐慌から続く長い不況に悩まされるアメリカ。その時、彼は現れた。
  アメリカ経済の救世主となった彼の真意を、民衆はまだ計り知れないでいた。

第5集 世界は地獄を見た
   共産主義の大粛清、過激化する人種隔離政策、大規模無差別都市爆撃……
  そして……原子爆弾の登場……世界の終わりが見えた。

第6集 独立の旗の下に
   欧米のの「庇護」という名のもと、長年の実質的な植民支配に喘いできた南アメリカ。
  アメリカ合衆国というビッグパワーの喪失の後、権力の空白は長く苦しい独立闘争の始まりとなった。

第7集 勝者の世界分割
   地中海の島、マルタ。其処に終結した日本、ドイツ、イタリアの首脳たち。
  そこで、戦後世界の線引きが行なわれていく……

260 :NHK特集 映像の世紀:04/08/18 12:26 ID:???
第8集 恐怖の中の平和
   日独両陣営の「冷戦」は世界中を二分し、国家や民族を引き裂いた。
  それは世界を壊滅させる「核戦争」の危機を高め、海南島でそれは頂点に達した。

第9集 コロンビアの衝撃
   南米大陸で影響力を強化しようとする欧州枢軸勢。パナマ・コロンビア国境周辺は戦場と化した。
  初めて戦場がテレビによって伝えられたその時、その支配力が揺らぐ瞬間となった。

第10集 民族の悲劇、果てしなく
   二〇世紀は難民の世紀でもあった。世界中で発生する民族対立、虐殺、そして大量の難民……
  それは人の心をも機械的に制御しようとしたドイツ人のもたらしたものであった
  それは大陸での民族対立を永遠に理解しきれない日本人のもたらしたものであった

178 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)