5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【戦車】第一次世界大戦Part2【毒ガス】

1 :名無し三等兵:04/08/16 20:48 ID:oF5DTjas
戦争から、きらめきと、魔術的な美が、ついに奪い取られてしまった。
アレキサンダーや、シーザーやナポレオンが、兵士たちと危険を分かち合いながら、
馬で戦場を駆け巡り、帝国の運命を決する。そんなことは、もうなくなった。
これからの英雄は、安全で静かで、もの憂い事務室にいて、書記官たちに取り囲まれて座る。
一方何千という兵士たちが、電話一本で、機械の力によって殺され、息の根を止められる。
これから先に起こる戦争は、女性や、子どもや、一般市民全体を殺すことになるだろう。
やがてそれぞれの国には、大規模で、限界のない、一度発動されたら、制御不可能となるような、
破壊のためのシステムを、生み出すことになる。
人類は、初めて自分たちを絶滅させることができる道具を手に入れた。
これこそが、人類の栄光と、苦労の全てが、最後に到達した運命である。

                              ウィンストン・チャーチル「世界の危機」

前スレ
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/army/1080909812/


2 :名無し三等兵:04/08/16 20:51 ID:???
2げと

3 :名無し三等兵:04/08/16 20:52 ID:Q5e/SzhE
>1
あっそ。で?なにか?

4 :名無し三等兵:04/08/16 21:17 ID:???
チャーチルの記憶は嘘ばっかり


5 :名無し三等兵:04/08/16 21:52 ID:???
>>1
一次大戦時のチャーチルその人が
電話一本で何千という兵士を殺しまくってるわけで・・・

6 :名無し三等兵:04/08/16 22:58 ID:???
大砲撃戦!

7 :名無し三等兵:04/08/17 02:10 ID:???
>>5
それが何だというんだ。

8 :名無し三等兵:04/08/17 02:11 ID:???
今回は、ガリポリより語れということですかーそうですかー。

9 :名無し三等兵:04/08/17 18:50 ID:???
>>1
 乙です。
 テンプレ代わりに当スレ・デフォ知識サイトの紹介。
ttp://ww1.m78.com/

10 :名無し三等兵:04/08/17 21:26 ID:???
>>9
もうそこはいいよ、偏ってるし
わざわざ紹介しなくてもググったらそこしか出てこない(撃つ


11 :名無し三等兵:04/08/17 21:27 ID:???
とりあえずは「死闘の海」でも読みますか。

12 :名無し三等兵:04/08/17 21:49 ID:B4mt3yIL
ところでシミュレーションゲームアドバンスド大戦略の
マップエディタでシュリーフェンプランを作ったのだけど・・・・

13 :名無し三等兵:04/08/17 22:18 ID:???
>>10
偏ってるの?
リデルハートの本や八月の砲声よりは遥かに公平だと思うのだが・・・。

偏ってない本やサイトっていうとどんなところがあるだろ?

>>12
激しくうpキボン

14 :名無し三等兵:04/08/17 22:47 ID:???
 世界の艦船 85年4月号 No.349「特集・通称破壊戦」を入手。
 最後の海賊船「ゼー・アドラー」号の記事が載ってますた。
 いやぁ、予想以上に面白い航海。
 概要をうpしまそか?

15 :名無し三等兵:04/08/17 22:59 ID:???
>>14
ネタも無いことだし
是非頼む

16 :名無し三等兵:04/08/17 23:22 ID:???
>>10
どっち方向に偏ってるのか言ってくれれば各自で脳内補正をかけるが、いかが。

17 :14:04/08/17 23:27 ID:???
>>15
 了解。まずは、「ゼー・アドラー」とは?

 第一次世界大戦・ドイツ帝国海軍の通商破壊艦。
 排水量:1571トン(総トン数か何かは不明)。サイズ不明。
 クリッパー型鋼製船体、3本マスト、補助機関付き、1軸。

 1888年にイギリスのグラスゴーで輸送船「パス・オブ・バルマハ Pass of Balmaha」として建造される。
 1915年にアメリカに売却。
 同年、NYからロシア・アルハンゲリスクへ綿花を積んで航海中に、ノルウェイ沖で英巡洋艦に臨検される。
 イギリス士官が乗り込み、そのままスカパフローへ連行される。
 その際、旗を中立国アメリカ国旗からイギリス国旗に変えられた為、途中でUボートに「ホールドアップ」させられる。
 今度はそのままドイツ・キール軍港へ。
 そして、ルックナー少佐に目を付けられる。 

18 :14:04/08/17 23:44 ID:???
 続いてルックナー少佐について。
 本名、フェリックス・フォン・ルックナー Felix von Luckner。
 生年月日、本書に未記載。
 代々騎兵の名門伯爵家の長男。
 子供の頃に客船の豪華メニュ−を見て「船長になればこんなのが毎日食べられる」と思い、13歳で家出。
 名を偽って貨物船のボーイ、灯台守、救世軍を経て再び貨物船の水夫になる。
 が、出航する船に乗り遅れてメキシコ軍の兵士、鉄道工夫、農夫の手伝いまで体験する羽目に。
 20歳を過ぎて小金を貯め、航海学校に入学。卒業後、1年志願兵で軍務につき、海軍予備士官となる。
 ルックナーが生家に戻ったのは軍服を着てから8年目の事。
 その後、5回も人命救助をしながら、一度も受勲に必要な目撃者(証言者)を探さなかった潔さが評価され、特別に現役士官に編入される。
 ジェットランド海戦では戦艦クロンプリンツ・ヴィルヘイムの乗組だった。
 そして、Uボートが分捕った機帆船バス・オブ・バルマを見たルックナーは、コレを通商破壊戦に利用する事を思いつき、皇帝に上申する。
 何度目かの謁見でのルックナーの発言。
「陛下、この計画を狂気の沙汰と申す者が我が海軍にいるとの仰せでございますが、それならば必ず成功するものと確信致します。イギリス海軍もきっと不可能だと考えるに違いありません。彼らは古い帆船の奇襲艦に対して注意が及ばない事と存じます」
 かくてルックナーの計画は了承され、船の改造が始まった。

19 :14:04/08/18 00:09 ID:???
 ゼーアドラーへの大改造。

 ルックナーは防諜を徹底する為、自身を海軍省船舶検査官エックマンと偽り、改装を指揮した。
 改装目的も、潜水艦と飛行船の機械整備員を要請する練習船だと言いふらした。
 こうすれば、補助機関として250馬力のモーター(←本文ママ、ディーゼルか?)を搭載しても怪しまれない。
 更に、輸送船のボーイ達も水夫として能力を付ける練習船も兼ねると言って合計400ものベッドを取り付けた。
 捕獲した「お客」の中でも船長用には特に個室が用意された。
 また、重油・飲料水各480トンのタンクを設置。更に2年の航海に耐えられる食料庫も用意した。
 ↑参考までにWW2のZC型Uボートは重油114トン、真水2.2トンを標準搭載。
 2門の107ミリ砲は、折りたたみ式ブルワークの陰に設置され、その他小銃・手榴弾・弾薬などは甲板に擬装用に置いた木材の下に隠された。
 更に船内には驚くべき仕掛けが、船長室に施された!
 中立船を装っていてイギリス海軍士官に拿捕(中立船でも拿捕される)され、回航要員が乗り込んできた時・・・
 船長室でルックナーと回航要員が食事を開始したのを合図に上甲板の乗組員は秘密のドアから軍服と武器を隠した部屋に飛び込む。
 次に食卓の床がエレベーター仕掛けで下甲板に落ち込む。
 回航要員が呆気にとられている間に、武者隠しから20丁の銃口が飛び出す。
 ルックナーは悠然とオーバーを脱いで軍服姿を現し、ドイツ海軍士官として相手を捕虜とする。
 そしてトンズラ。
・・・と言う筋書きである。
 こんな仕掛け作りをしていてアヤスイ・・・と思われない方が無理な話。
 案の定、船舶検査官エックマン(ルックナー)は、スパイ扱いされたほどだった。

20 :14:04/08/18 00:24 ID:???
 続いて、中立船偽装の為の涙ぐましい努力。

 ルックナーは最初、近くコペンハーゲンを出航するノルウェー貨物船「マレタ」に目を付けた。
 ルックナーは単身、税官吏に変装して「マレタ」に潜入。船長室から航海日誌を盗み取った。
 そして「ゼーアドラー」の船体の色から装飾品まで「マレタ」そっくりに塗り替えた。
 更に、上甲板の乗組員はノルウェー船員のマネをする為、言葉どころか故郷の手紙や写真まで揃える手の込んだ細工を施した。
 が。
 その頃は、中立国アメリカからドイッチュラント輸送潜水艦が帰投する時期と重なり、イギリスの警戒が最も濃密になる時期と重なった。
 そして何と、警戒が緩むのを待っている間に、本物の「マレタ」は出航してしまった!
 ↑船長が、無くした航海日誌をどうしたかは本文にも書かれていない。
 次にノルウェー船「カルモエ」に偽装する事を狙ったが、ドイツ入港前にイギリス海軍に拿捕されてしまう。
 とうとうしびれを切らしたルックナーは、勝手にノルウェー船「イルマ」を名乗る事を決める。
 臨検時に提出を要求される航海日誌その他の書類は、適当に書いたモノを水で濡らして判別不能にし、「時化で濡れちゃった、テヘ」と言い訳するつもりだった。
 かくて1916年12月12日、ノルウェー船籍・材木運搬船「イルマ」こと「ゼーアドラー」は、連合軍輸送船を狩るべくキール軍港を出港した。

21 :14:04/08/18 00:32 ID:???
 おまけ。「世艦」ではないが、過去に読んだ「ゼーアドラー」に関する文献から。
 「ゼーアドラー」の乗組員は当然ドイツ海軍士官及び水兵である。
 しかし、当時の貨物船の船長は、夫人を同伴している事が多い。
 で、どうしたか?
 「夫人役」の乗組員がちゃんといて、臨検時にはドレスを着て英国海軍士官への応接をする事になっていた。
 いちおう書いておくが、あくまで「臨検時の担当」であって、普段から「夫人役」をしていたわけではない。

 今夜はここまで。
 続き、読みたいですか?

22 :名無し三等兵:04/08/18 00:48 ID:???
お疲れ様。
かなり面白いです。
ルックナー少佐はかなりの奇人だったんですなぁ・・・

23 :HG名無しさん:04/08/18 01:10 ID:???
>>19
元ネタは独語だろうから、

モーター(der Motor)=発動機、エンジン(英語のengine)

でオケー。

24 :名無し三等兵:04/08/18 17:51 ID:p2t5lAbY
徴兵制と動員計画によって待ったなしに始まってしまった第一次世界大戦、
機動戦の失敗から短期決戦のもくろみは外れ、西部戦線ではスイスから
北海へ続く万里の塹壕、東部戦線では三つの帝国が数百キロ規模で対峙、
戦争はヨーロッパから中東、アフリカ、アジアへと飛び火し、
産業革命が生み出した大量の殺戮兵器が数十万兵士をなぎ倒す。
戦争は陸から海へ空へ、そして銃後へ、この戦争から21世紀が始まった。

まったりと第一次世界大戦を語りましょう。

※すぐ潰れるので関連ネタ
ロシア革命、ヒットラー、アラビアのロレンス、ベルサイユ条約などOK


25 :名無し三等兵:04/08/18 17:53 ID:???
戦艦と巡洋戦艦はこのころが一番かっこいいね

26 :名無し三等兵:04/08/18 18:05 ID:???
列車砲萌える

27 :名無し三等兵:04/08/18 22:15 ID:???
>25
というか一番華やかだった時期だな。数といいその存在の重要さといい。
巡洋戦艦はその後事実上発展解消してしまうから最初で最後の華。
まあ一番活躍した時期でもなければ、絶対評価で一番強い時期というワケ
でもないから世の中的にはマイナーだがヘルゴランドバイト、ヘルゴランド
ジュトランドといった辺りは大艦巨砲好きの夢のシチュですな。

28 :14:04/08/18 23:19 ID:???
 今晩わ。エー、それではルックナー少佐の「ゼーアドラー」奮戦記(実質珍道中)前編に行きます。

 イギリスの対独封鎖網第一段は機雷原。
 ゼーアドラーは元々喫水が浅い事にくわえて、帆走で船体が傾斜していた為、機雷の頭をかすめて突破する事が出来た・・・とある。ホンマカイナ?
 更に嵐の中を強行突破してイギリス巡洋艦の目をかすめ、クリスマス・イブにアイスランド沖に達する。
 この翌朝、初の会敵。
 1万5000トンの客船を改造した仮装巡洋艦「アヴェンジャー」の臨検を受ける。
 乗り込んできたイギリス海軍士官は綿密な点検を行ったが、不審な点は見られなかった(見つけられなかった)。
 例の濡れ濡れ航海日誌についても前日までの嵐が幸いし、士官はルックナーの「嵐で濡れちゃった」と言う言葉を信用した。
 さらにこの士官、「この先も濡れたままでは臨検を受けた時に大変でしょう」と航海日誌が濡れた件について釈明する覚え書きまで書いてくれた。
 そして、親切なイギリス士官が乗る「アヴェンジャー」は「イルマ」の無事な航海を心から祈り、「イルマ(ゼーアドラー)」は「アヴェンジャー」の健闘を(心の中でアッカンベーしながら)祈りながら、別れた。
 苦心の作である船長室の仕掛けが使えなかった事を、ルックナーが悔しがったかどうかは不明である。

29 :14:04/08/18 23:37 ID:???
 そして、いよいよ最初の獲物に出会い、「いま何時?」戦法が炸裂する。
 
 1917年の年が明けると、「イルマ」は甲板上の木材をかなぐり捨て、ドイツ仮装巡洋艦「ゼーアドラー」に変身し、大西洋を南下した。
 旗はノルウェー国旗のままである。
 1月9日、アゾレス諸島の東で、「ゼーアドラー」は大型汽船を発見する。
 今どき国旗も掲げず、船名も消して航行するのはイギリス船に違いない。
 そう断定したルックナーは目標の船に「正確な時刻を教えて欲しい」と信号を送る。
 洋上で帆船の時計が狂うのはよくある事で、大型汽船はなんの疑いもなく近寄ってくる。
 途端、「ゼーアドラー」はドイツ海軍旗を掲げ、107ミリ砲を発砲!
 しかし相手は予想通りユニオンジャックを掲げたモノの、速度を落とさない。
 第2弾が船首をかすめると汽船は突然変針し、続く第3弾が船尾をかすめ、最後の第4弾が煙突を越えるに及んでようやっと停船に応じた。

 なんとも往生際の悪い汽船だったが、ボートで船長が呼びつけられて、事態が判明する。
 老船長は、本船が英国カーディフから石炭を積んで中立国の港ブエノスアイレスに向かう英国船「グラディス・ロイアル」だと告げる。
 昔気質の船長は、第1弾が発射された時、空砲を発射して時間(時刻)を比べ合う古くからの慣習を覚えていて、不審に思わなかった。
 第2弾はUボートを見つけての警告発砲だと思い、ジグザク航行を始めた。
 第3弾の発砲を見て、ようやく相手の掲げるドイツ海軍旗に気付いたのだ。
 老船長の知識が災いして接近したこの汽船は時限爆弾で爆沈処理され、老船長達は「ゼーアドラー」最初の「お客さん」となった。

30 :14:04/08/18 23:51 ID:???
 翌1月10日、再び国旗も船名も無い汽船に出会った「ゼーアドラー」は補助機関を使って汽船のコース前方に出た。
 が、汽船は帆船にコースを譲ろうとしない。
 「ゼーアドラー」が変針して互いに並んだ時、107ミリ砲の第1弾が汽船の頭上を越えた。
 第2弾を打っても停船に応じずに汽船は風上に逃げたが、煙突と船腹に命中弾を受けてようやく停船した。
 この船はマダガスカルからフランス陸軍用の砂糖を積んだ英国船ランディ・アイランド。
 船長は前に独通商破壊艦「メーヴェ」の捕虜となり、2度と戦闘活動に従事しない誓約書を出して釈放されていた手前、逃れたい一心だったのだ。
 海が荒れてきた為、この英国船は爆破ではなく、砲撃で処分された。

 赤道付近に南下した1月21日、「ゼーアドラー」に大型バーク型帆船が接近してきた。
 フランスの「シャルル・グノー」で、ノルウェー船に戦争の情報を聞きたくて近寄ってきたのだ。
 クリッパー型帆船の、親戚(帆船)に対する挨拶は、ノルウェー国旗を下げて掲げられたドイツ軍艦旗と、107ミリの砲口、そして停戦命令だった。
 いまや絶滅危惧種となった帆走輸送船は「ゼーアドラー」に葡萄酒と3頭のブタをもたらし、ボルドーへ運ぶはずだった穀物を満載したまま、爆沈処理された。

31 :14:04/08/19 00:00 ID:???
 その3日後、「ゼーアドラー」は初の「女性客」を迎える事になる。

 1月21日、「ゼーアドラー」の前に三本マストのスクーナーが現れる。
 「ゼーアドラー」がノルウェー国旗を三回上下して敬意を表したのに対し、相手は返礼の旗さえ返さなかった。
 どころが、この船には新婚の船長夫人が乗船しており、
「アータ、それでもジェントルマンなの!?」
と言ったかどうかは不明だが、ともかく夫人になじられたダンナ(船長)はしぶしぶユニオンジャックを掲げたのだが、コレが命取りになった。
 ノヴァスコシアから布地を積んで本国へ向かうカナダ船「パーシー」は、砲弾の露と消えた。
 この船長夫妻、「ゼーアドラー」での新婚生活が幸多きモノであったかどうか、本文には何も書かれていない。

 今夜はここまで。

32 :14:04/08/19 00:05 ID:???
>>31
 訂正
 ×:1月21日
 ○:1月24日
 失礼しました。

33 :名無し三等兵:04/08/19 01:03 ID:Qo/egQ2R
乙!おもしろい。

34 :名無し三等兵:04/08/19 01:19 ID:IJxlZe3N
おもしろい。俺もあげ。

35 :名無し三等兵:04/08/19 01:27 ID:???
おもしろすぎ

36 :名無し三等兵:04/08/19 01:38 ID:???
マジにおもろいw

史実はネタよりも奇なり。ってことで期待のおやすみあげ

37 :名無し三等兵:04/08/19 13:44 ID:???
>>28
横から口を挟んで申し訳ない。英海軍の臨検を受けた際、船長室を見られた時に女装役の士官は、ちゃんと女装してベッドに横になっていたらしい。
ルックナー少佐が「うちの女房は長期航海の疲れからか、今病気で臥せってまして」と言うと、「それは失礼しました」と臨検に乗り込んできた英海軍士官は別の部屋に移動。まんまとごまかされたようだ。
話し掛けられてたら、男声の夫人を怪しまれていた所だった。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)