5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

またまた帰ってきた一行小説

1 :ちゅるぺた:04/05/03 21:28 ID:22jDPEig
誰も立て直してくれないので止む無く。

僕は立った、今、約束の大地に・・・

2 :774RR:04/05/03 21:29 ID:1ZRqd3gD
2





3 :待ってました>>1セックス:04/05/03 21:32 ID:shBNlkYk
と言う夢を見た。ハァ、今日もバイト行かなきゃ・・・俺はおもむろにMBX80に跨りキーを

4 :774RR:04/05/03 21:33 ID:k/WyER5S
「あれ?キー、キー・・・どこやったかな」

5 :774RR:04/05/03 21:58 ID:8Lb8hvZh
「うぁ!昨日からバイクに差しっぱなしだ」慌てて愛車に駆け寄るがやはり盗まれていた


6 :774RR:04/05/03 22:03 ID:k/WyER5S
「あぁ、俺のMBXよ・・・」ここから、俺のMBXを探す長い旅が始まったんだ

7 :774RR:04/05/03 22:08 ID:ewJYGTQp
       |
      ('A`) 逝ってきます
      (  )
   |    | |
   |
  / ̄

8 :774bandit. ◆GSF/VQZq1w :04/05/03 23:20 ID:XLEn2F0a
ふと、気が付くと、俺は田んぼのあぜ道に倒れていた。

9 :774RR:04/05/03 23:30 ID:doeVM4Of
そして横には同じように一人の女性が倒れていた

10 :774RR:04/05/03 23:35 ID:Er2y7Fzb
「お嬢さん(仮)。僕らは、一体どうしたんでしょう?」

11 :774RR:04/05/04 00:39 ID:3lgxEXlj
お嬢さん「イィィンンンンプラァントッッ!されたァ〜〜〜!???」

12 :力石:04/05/04 00:46 ID:VWQsOFi5
「お嬢さん、お気持ちだけ・・・」力石はコップを傾け水を全て床に捨てた。

13 :774RR:04/05/04 01:13 ID:IGl9En+7
>12
燃え尽きたぜ!

14 :774RR:04/05/04 01:48 ID:RyKAUUG1
ところで、30分前に注文した中華どんぶりの出前がまだ来ない。。。

15 :774RR:04/05/04 01:58 ID:1hnN4UYi
しばし待つと出前はやってきた。どんぶりだけ持ってきた。

16 : ◆Y1RZ250a1w :04/05/04 01:59 ID:dx52Q0Hu
僕はどんぶりにチキンラーメンを入れた。 もちろんタマゴも忘れずに。

17 :774RR:04/05/04 02:00 ID:hhRfTdIC
かんがえてみれば、正しい出前だ。今度はメニューを見て注文してみた。

18 :774RR:04/05/04 02:00 ID:+qhBThxq
俺は、、、2ケツで北の大地をめざした。

19 :774RR:04/05/04 02:01 ID:tkO1UYZe
そう、主人公はMBXで出前をしていたのだ…その頃店では客からの催促のTELがひっきり無しにかかっていた

20 :774RR:04/05/04 02:03 ID:VWQsOFi5
岡持ちの付いたゼルビスが、東北道を北上して行く。とそこに

21 :774RR:04/05/04 02:03 ID:hhRfTdIC
そこでオレは商売をテレクラに変えようかと考えた。

22 :774RR:04/05/04 02:07 ID:RyKAUUG1
テレクラで荒稼ぎしたあとは、モンキーの盆栽でも始めるか。。

23 :774RR:04/05/04 02:11 ID:1hnN4UYi
モンキーの盆栽…、猿の盆栽だな・・・と思い想像にふけっていた私は

24 :774RR:04/05/04 02:13 ID:vbrZwh+1
『よし、さっそく猿を捕まえよう』

25 :774RR:04/05/04 02:18 ID:uO7+X0Sr
まずは予習のために猿の惑星でも見ることにした。

26 :774RR:04/05/04 02:23 ID:vbrZwh+1
すると、自分が猿フェチだと気付いた

27 :774RR:04/05/04 02:46 ID:+qhBThxq
メスが好きだ

28 :774RR:04/05/04 03:01 ID:xKi24AY3
猿の惑星を見終わった俺は、猿に軽く殺意を感じ
解剖に使用された自慢のメスを恍惚に見つめる。

29 :774bandit. ◆GSF/VQZq1w :04/05/04 03:29 ID:Kde9zu7X
すると、一人の女が、MBX80に乗ってやって来た。

30 :774RR:04/05/04 03:33 ID:vbrZwh+1
と思ったらメス猿?ん?いや人間か?尋ねてみた

31 :774bandit. ◆GSF/VQZq1w :04/05/04 03:36 ID:Kde9zu7X
安室奈美恵だった。

32 :774RR:04/05/04 03:40 ID:qk/0mzVJ
「アムロかっ!」
その瞬間俺はビームのトリガーを引いてしまった・・・

キュンキュンびーむ(ノ゚∀゚)ノ━━━━━━━━━━★
                                  ━━━★)´∀`*)キューン! <<アムロ


33 :774RR:04/05/04 03:44 ID:rb0LOx18
「ザクとは違うのだよ!」とアムロが言う。しかたないのでスズキのエンブレム付キーホルダーを投げてみたら・・・

34 :774RR:04/05/04 03:54 ID:VWQsOFi5
ガンオタの二人の狼藉に対し、大門団長のレミントンが炸裂した。

35 :774RR:04/05/04 03:56 ID:sP22DHUG
しかしレミントンスティールが現れるや否や、アムロもあゆもブリトニーもそのアナルダンディズムにひれ伏した。

36 :774RR:04/05/04 04:00 ID:sP22DHUG
「変態はバイクだけじゃないのさ」 レミントン”スズキ”スティールは裸のGUNで風を切って走り去る。2ストの甘い香りが残った。

37 :774RR:04/05/04 18:01 ID:jQQYhdPo
どうにもコメントし難い>>35に対し、エアーウルフの30mmチェーン・ガン&40mmキャノンが炸裂した。しかし

38 :774RR:04/05/04 18:29 ID:1hnN4UYi
そこへ >17 で頼みなおしたカレー蕎麦の出前が届いたのでスプーンでたべた

39 :774RR:04/05/04 19:34 ID:jQQYhdPo
「こ、これは!!」

40 : ◆Y1RZ250a1w :04/05/04 20:13 ID:dx52Q0Hu
ウンコ味のカレー!!!!!!!!

41 :774RR:04/05/04 20:32 ID:ASXlnf3N
金魚もおいしい

42 :774RR:04/05/04 20:39 ID:ASXlnf3N
忍者になることにした。

43 :774RR:04/05/04 20:43 ID:ASXlnf3N
忍法をマスターした俺はスペースがチャピンとの決闘に備え小手調べにダンディを殺した。

44 :774RR:04/05/04 20:46 ID:ASXlnf3N
俺は死闘のすえガチャピンの背中のジッパーを引き裂いた。すると中からそれはやってきた

45 :774RR:04/05/04 20:53 ID:OAWarcHl
スッピンのちゅるぺた(敬称略)

46 :774RR:04/05/04 22:08 ID:ASXlnf3N
から揚げが欲しくなった。

47 :ナニトモ:04/05/04 22:13 ID:4jsIQPmw
ゼンちゃん「からあげ君レッド買うて来てくれや〜>>46

48 :774RR:04/05/04 22:14 ID:ASXlnf3N
お肉がジューシーになってた。デブになった。SSに乗るおれはサーカスの熊。

49 :774RR:04/05/04 22:20 ID:OAWarcHl
と、ちゅるぺた(敬称略)は嘆いた
(ちゅるさん、すまそ 叩くつもりは無いのです あくまでネタとして・・・)

50 :ヘッポコ:04/05/04 22:35 ID:738Mwe1n
そして呟いた。「もう・・・ダメぽ」

51 :774RR:04/05/04 22:46 ID:ASXlnf3N
噂の薬を個人輸入し国内で荒稼ぎをした俺は億万長者になって元気になった

52 :774RR:04/05/04 23:08 ID:OAWarcHl
その噂の薬とは・・・

53 :774RR:04/05/04 23:37 ID:4jsIQPmw
トミーとマツだった。

54 :774RR:04/05/04 23:57 ID:rb0LOx18
リーブ21でも頼んでみるか。

55 :774RR:04/05/05 00:29 ID:0w+Zc/ih
マツは叫んだ「男女のトミコー!!ウォウウォウウォウラーイオーンズ!」

56 :774RR:04/05/05 00:36 ID:tNlkxLa+
ヤバイって、店員サン、恥ずかしい所がふさふさになってるよ。

57 :774RR:04/05/05 00:40 ID:ebYnLH4M
これ見よがしに見せつける店員に触発され購入者続出。億万長者になったのだが、

58 :774RR:04/05/05 03:54 ID:etDOOoMN
巻き具合がソソらない、物足りない、スメルがこもらないとクレーム続出

59 :774RR:04/05/05 04:01 ID:h+SZ3GuS
と言うところで、朝になり目が覚めた。すべては夢だった。

60 :774RR:04/05/05 04:12 ID:aRbwcKL3
第一話完・・・・・・・と、ふぅ、やっと終わったなー。さて、後は編集部に送るだけ・・・ん!?

61 :774RR:04/05/05 04:13 ID:KVhaNAFL
ハァ、又バイト行かなきゃ・・・俺はおもむろに愛車のゼルビスに

62 :774RR:04/05/05 04:16 ID:JaU3qc4o
チンコをこすりつけてから通勤用のママチャリに跨った。ふと、前カゴを見ると

63 :774RR:04/05/05 04:21 ID:fbNVGUfH
サバがいっぱい詰まっていた。そこで

64 :774RR:04/05/05 04:25 ID:JaU3qc4o
自宅にあったブリも詰めてみた。そしたらなんと

65 :774RR:04/05/05 04:28 ID:fbNVGUfH
ドラネコがゼルビスのシートに隠れ、殺人鬼サザエが背後に忍び寄る。

66 :774RR:04/05/05 05:04 ID:ebYnLH4M
そこへ禿藁したカツオがもう駄目そうな中島とおいしそうなタラオとまずそうなワカメが

67 :774RR:04/05/05 12:40 ID:etDOOoMN
4p.


68 :774RR:04/05/05 14:09 ID:PGJd6oyZ
嬉しかった

69 : ◆Y1RZ250a1w :04/05/05 21:15 ID:e7zZbzEQ
でも涙が止まらなかった

70 :774RR:04/05/05 21:34 ID:3RIbKNe5
射精も止まらなかった

71 :774RR:04/05/05 21:48 ID:TVleWmXw
ルルルルルー♪

72 :774RR:04/05/05 22:02 ID:kfPBPErC
もうその勢いで長州力を背後から蹴ってみた

73 :774RR:04/05/05 22:21 ID:M1Z7dkFm
プニュ・・・!?


74 :774RR:04/05/05 23:42 ID:kfPBPErC
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・犯された_| ̄|●

75 :774RR:04/05/06 00:01 ID:uZB+o0nt
洗車すれ

76 :774RR:04/05/06 00:10 ID:xEVSXZ7Y
そして、日に10回のオ@ニー絶倫マンは颯爽と走り去った。

77 :774RR:04/05/06 00:27 ID:4ArA+kE+
そして、二度と彼の笑顔を見る事は無かった…

78 : ◆Y1RZ250a1w :04/05/06 01:34 ID:Ga0QJ3KP
そう、僕はは風になったのだ

79 :774RR:04/05/06 01:43 ID:uZB+o0nt
は風はカワサキ乗りと判明しますた!ピコーン ピコーン ピコーン  おっと、もうこんな時間か。


80 :774RR:04/05/06 02:02 ID:3Xey6hvr
今日もアンナミラーズに行かなきゃ!

81 :774RR:04/05/06 02:15 ID:4KYY5qs3
ということになったので、取りあえず長州は寝かしつけ、再びMBXで銀河鉄道沿いを真っ直ぐ…が!!

82 :774RR:04/05/06 13:06 ID:JlQBfLKE
急に目の前を黒猫が横切り、

83 :774RR:04/05/06 18:00 ID:vMCD/9DP
実家に荷物を送らなければならないことを思い出した。

84 :774RR:04/05/06 18:31 ID:QgTfKQNz
そこでオレは巨大ダンボール箱に実家の住所をマジックで書き、オレ自信が入ったが

85 :774RR:04/05/06 21:57 ID:jMp3YHAS
ど〜もしっくりこないので、大和便の前で小人さんたちを呼んで木箱に釘打ちで中に入った。

86 :774RR:04/05/06 23:34 ID:7uiOCe9r
おっと、このままでは焼き場に直行してしまう!

87 :774RR:04/05/06 23:35 ID:vMCD/9DP
ああっ1?・・・箱の中ってなんだか気持ちイイ・・・俺は今まで感じたことのない感覚に

88 :774RR:04/05/06 23:53 ID:yptqGANd
俺はふと我に帰った。バイト忘れてた!!

89 :774RR:04/05/07 00:15 ID:Hxw0xClh
慌てて携帯を引っ張り出そうとしていると、俺は箱の中にもう一人人間が入っていることに気付いた。

90 :774RR:04/05/07 00:19 ID:dl3SPLKP
そいつは俺を指差して「お逝きなさい」  釈由美子キター!!

91 :774RR:04/05/07 00:23 ID:Lu0tTeh8
しかしそれは「釈お酌」と言うツンドラ級に寒いネーミングのロボだった。

92 :774RR:04/05/07 00:24 ID:Hxw0xClh
俺は釈を指差して言った「それを英語で言ってみな!」

93 :774RR:04/05/07 00:26 ID:dl3SPLKP
カムサハムニダ   恥ずかしそうにロボ釈は逝った

94 :774RR:04/05/07 00:29 ID:tnHUX/vO
おれも恥ずかしくなった…ポッ。。♥   そして突如異音と異臭と白煙が上がった

95 :774RR:04/05/07 04:12 ID:ngYp4bCo
ロボが震えている・・・「奴だ、奴が来たんだ!あの白い奴だ!」

96 :774RR:04/05/07 04:19 ID:26OC1KRr
ロボその子登場

97 :774RR:04/05/07 04:47 ID:7/fHAxpx
あぁぁぁぁ!!!その背後にはロボ朝丘雪路も!!

98 :774RR:04/05/07 08:47 ID:Hxw0xClh
「くっ!罠か!」俺はホルスターからベレッタを引き抜くと、ロボその子の眉間に9mmパラを叩き込んだ。

99 :774RR:04/05/07 12:28 ID:m2UuM8cg
しかし、まだロボ達の動きはとまらない。そこであの技を炸裂させることにした。

100 :774RR:04/05/07 13:01 ID:zGUxX0cL
中華キャノンの準備だ

101 :774RR:04/05/07 16:06 ID:Hxw0xClh
股間ビームでロボをなぎ払うがよろし!

102 :774RR:04/05/07 22:54 ID:F8JEFuGp
やった倒した?しかし・・・

103 :774RR:04/05/07 23:01 ID:QQy00IG6
ロボその子は、変形を開始した。その変形した姿は

104 :774RR:04/05/08 00:24 ID:vU6uRj/P
河合その子だった。

105 :774RR:04/05/08 01:22 ID:PxjP0w0N
異音と白煙を上げるその子、サービスマニュアルどこだっけ?

106 :774RR:04/05/08 02:38 ID:95yr+zFD
サービスマニュアルの言葉に反応したロボの口から何やら紙が出てきた。こ、これは

107 :774RR:04/05/08 03:42 ID:BDfraXWB
婚姻届!

108 :774RR:04/05/08 09:02 ID:3vmw/LLz
結婚・・・初夜・・・一瞬そんな想いが俺の脳裏をかすめたが、河合その子型といえば1965年製だ。

109 :774RR:04/05/08 15:14 ID:VyV+PUf4
シリンダー径がでか過ぎて俺のピストンではクリアランスがでか過ぎる

110 :774RR:04/05/08 16:59 ID:rPeRxWk8
困りましたねぇ。そんな時はこれ、ゴアテッスク素材極厚コンドームをお勧めします

111 :774RR:04/05/08 17:24 ID:BDfraXWB
なんてくだらねえ脳内ジョーク飛ばしているのもこれくらいにして、婚姻届には日頃気に入らないあいつの名前を書いておき、メカその子はそのまま放置して、漏れは役所に書類を提出すべくその場を去った。

112 :774RR:04/05/08 17:33 ID:3vmw/LLz
が、俺は大半の読者と同じようにロボ朝丘雪路の存在を忘れていた!立ち去ろうとする俺をロボ雪路は

113 :774RR:04/05/08 17:50 ID:BDfraXWB
「神州不滅の究極合体!」叫ぶが早いか、その子ロボと雪路ロボは、突然光に包まれたかと思うまもなく、虚空に舞い上がった。

114 :774RR:04/05/08 19:03 ID:J/NCZ3Xm
「我が生涯に一片の悔い無し!」って俺が叫んだ。あっ、まだ箱からでてないや。バイトに行かなきゃ!

115 :774RR:04/05/08 20:29 ID:wnWf5GZq
でもメンドクセ。サボりのTELをバイト先に掛けると

116 :774RR:04/05/08 20:50 ID:BDfraXWB
店長「おい、なんか、すんげー美人が、お前の事をさっきから待ってるんだがよ。」

117 :774RR:04/05/08 21:04 ID:3vmw/LLz
そうと聞いては行かないわけにはいかない。俺は妄想と股間を膨らましつつ箱から出た。

118 :774RR:04/05/08 21:07 ID:jz4HyW5t
勢い良く愛車に跨ると、肥大したチンチンのタマタマをタンクに打ちつけた。そして、暫し悶絶の後、

119 :774RR:04/05/08 21:33 ID:Z7IleD2V
さらに股間に激痛が走る。俺の脳裏に今芸能人で流行りのあの病ではかと、おろおろしていると

120 :774RR:04/05/08 21:52 ID:BDfraXWB
目の前のDQNワンボックスが、こちらを見ずに強引に右折してきた


121 :774RR:04/05/08 22:13 ID:J/NCZ3Xm
「っ!dqnめが!」私も負けじとあちらを見らずに後方確認する…っと。あっ!?

122 : ◆Y1RZ250a1w :04/05/08 23:45 ID:0UHpbaRj
「私のバイクって、後方排気だったんだ…。」

123 :774RR:04/05/09 04:38 ID:yvpGsFnW

ずん・がしゃん、ズサーッ!

124 :774RR:04/05/09 06:27 ID:IR23/qsw
俺はバイクごと、バナナの木に激突し

125 :774RR:04/05/09 06:46 ID:bkU2vCxn
バナナの木に群がってた黒い虫が俺の体に降ってきた。


126 :774RR:04/05/09 07:42 ID:eJCL/HUM
その頃都立女子高に通う16歳のエリは、半裸の姿で醜悪なデブ男の前にひざまづき、グロテスクな肉棒に愛らしい唇で奉仕していた。眼には涙を浮かべながら…

そう、エリは男に弱みを握られていた…

127 :774RR:04/05/09 09:19 ID:YcD7kVC0
その頃千葉県警交通機動隊所属の白バイ隊員加藤巡査長28歳は、国道に架かる歩道橋の橋脚の陰で違反車両を待ち伏せしながら昨日の奇怪な出来事を思い出していた。

128 :774RR:04/05/09 10:09 ID:n1XsOVuq
その頃草加市のバイク店では店主の林恒夫47歳がオイルで汚れた指先を見つめていた。「くそっ何だったんだ、あれは・・・。」

129 :774RR:04/05/09 15:46 ID:gqUxJPOc
3人に共通するものは?そうか、あの事件か・・・と私は結論付けた。すべての物事はやはり、あの男のMBX80が握っていたんだ・・・

130 :774RR:04/05/09 16:05 ID:4mfswkAE
今回の鍵となるあの男に会いに行こう…。私はコンビニに落ちていたBMWへ颯爽と乗りこんだ。

131 :774RR:04/05/09 16:20 ID:vOeuYu2t
その頃「私」が俺を追っていることも知らず、俺はまだ黒い虫と戦っていた。

132 :774RR:04/05/09 17:38 ID:+5U1pihA
そう…黒い虫の正体は、私の手下であることなど、知るよしもなく…。

133 :774RR:04/05/09 17:43 ID:/e5y/GPK
おっす、おら梧空!

134 :774RR:04/05/09 17:45 ID:/e5y/GPK
ピカチュウ!キミに決めた!俺は自慢のポケットモンスターで梧空を倒した!ヤッタネ

135 :774RR:04/05/09 17:48 ID:yvpGsFnW
とりあえず、体温を超高温かつ、急上昇させて虫を殺す事に決めて、俺は尻のポッケから焼酎の入った瓶を取り出し、一気飲み。

136 :774RR:04/05/09 17:48 ID:lZqgwWN+
一方、カメハウスでは

137 :774RR:04/05/09 17:52 ID:/e5y/GPK
ええのぅー。亀仙人がときめきメモリアルを一生懸命攻略してた。亀仙人様!

138 :774RR:04/05/09 17:54 ID:/e5y/GPK
ホイポイカプセルを手に入れた。

139 :774RR:04/05/09 17:55 ID:eEXGKJFp
そのカプセルをよく見てみると

140 :774RR:04/05/09 18:03 ID:/e5y/GPK
ブルマさんのカプセル!中身は空を自由に飛べるエアバイク!ヤッタネ

141 :774RR:04/05/09 18:10 ID:/e5y/GPK
一方その頃、黒い虫から人造人間セルが誕生した。

142 :774RR:04/05/09 18:30 ID:/e5y/GPK
シェンロンがすべて解決したから大一部



――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第二部

強襲

143 :774RR:04/05/09 18:32 ID:/e5y/GPK
僕の名前はジャック・バウアー。

144 :774RR:04/05/09 19:07 ID:+5U1pihA
泣く子もだまるモモフェチさ

145 :774RR:04/05/09 19:40 ID:1CtDDxWO
(手羽も捨てがたいってのは秘密だが・・・)

146 :774RR:04/05/09 22:17 ID:yvpGsFnW
終わりの見えない戦いの中で、俺は疲れていた。誰も彼もが疲れていた。みんなみんな疲れていた

147 :774RR:04/05/09 22:50 ID:vOeuYu2t
母国を出たのはいつの事だったろう・・・。そう、みんな思っていたんだ、ただの人道復興支援だと・・・。

148 :774RR:04/05/09 23:28 ID:M8+UqoYV
しかし違っていた。この星の2大民族であるビクスク人も珍走人も民主的な社会など望んでいなかった・・・。

149 :じょん:04/05/09 23:28 ID:tklzpy9h
飛行場に降りたら抗議のプラカードに囲まれた!!仕事を探したが駐車係にもなれなかった!!ウワァァン

150 :774RR:04/05/10 00:14 ID:BmSH7M0o
この星の住人98%は爆音教の信者だった。爆音は偉大なりというわけさ。

151 :774RR:04/05/10 00:26 ID:pBcFSUvx
こんな星にやってきた俺は警官だ、しかし一人で何が出来るというのか。途方にくれるしかなかった。

152 :774RR:04/05/10 01:42 ID:BmSH7M0o
星は独りよがりのハレ海苔国軍に破壊され荒廃していた。自分のことは棚に上げて、というやつさ。

153 :774RR:04/05/10 03:07 ID:pBcFSUvx
とりあえずお腹もすいたし、家庭菜園でも始めよう。何故かポッケにプチトマトの種があったし。

154 :774RR:04/05/10 04:53 ID:wgBbrpLQ
?「もしもしそこのあなた。そのプチトマトの種と、これを交換していただけませんか?」

155 :774RR:04/05/10 09:47 ID:X2dPpIL7
声をかけてきた老婆が指差した先には、どう見ても15歳以上には見えない少女が立っていた。

156 :774RR:04/05/10 14:49 ID:psfJOv67
「おじょうちゃん、こんな所にちっちゃい子一人でいるとあぶないよ。いつビクスク人や珍走人がくるよ。ママはどこ?」


157 :774RR:04/05/10 14:52 ID:psfJOv67
少女「わたし、どうみても10歳くらいに見えますが、18歳です。18でないと今後の展開がイロイロ困ったことになりますよ?」 

158 :774RR:04/05/10 15:37 ID:X2dPpIL7
さすがDQNな星の住人だ、ヘンな事に気が廻りやがる・・・。俺は18歳(自称)の少女を黙って見つめた。

159 :774RR:04/05/10 16:45 ID:psfJOv67
老婆イド「どうじゃ?この子と種を換えるのか、換えないのか。どっちだえ?」

160 :774RR:04/05/10 16:57 ID:X2dPpIL7
そうは言っても俺は警官だ。俺が口を開きかけた瞬間、老婆の後頭部が吹き飛んだ。

161 :774RR:04/05/10 17:10 ID:S1o8AJIm
で、吹き飛ぶ回想シーンがスローモーションで違う角度から、3回脳裏り浮かんだ。

162 :774RR:04/05/10 18:53 ID:psfJOv67
古典な表現だがペキンパーは好きだ!深作欣二だ!バイオレンスだッ!

163 :774RR:04/05/10 18:56 ID:psfJOv67
漏れは自称18歳の幼女を咄嗟に抱えると、物陰目指して飛び、そして思う。幼女は柔らかくて良いニホヒ─!

164 :774RR:04/05/10 19:50 ID:X2dPpIL7
くそっ、やっぱりpsfJOv67は炉だったかと思いながら、俺は政府支給のSIG P220を構えた。

165 :774RR:04/05/10 20:40 ID:psfJOv67
「そのおじょうちゃん(18)をよこしな!犬のお前にゃ用のネェもんだァ!で、言っとくが漏れは炉じゃねえぞ!炉だから幼女(18)をよこせと言ってるワケじゃねえからな!いいか俺は炉じゃねえ!」 灰塵舞う大通りに、下卑たダミ声が響く。

166 :774RR:04/05/10 21:07 ID:X2dPpIL7
「ちっ!」声の主は爆音教スパトラ派の武装グループ「TW愛国戦線」のリーダーだった。

167 :774RR:04/05/11 01:24 ID:QYAGLIX8
説明しよう! ・・・「TW愛国戦線」それは、「マジェ乱舞連合」と現在双璧を成す炉のグループだ!

168 :774RR:04/05/11 05:15 ID:na76DphY
それにしても、この子に秘密があると言うんだ?その震える横顔からは、その秘密の片鱗など窺う事すらできないが。

169 :774RR:04/05/11 05:20 ID:na76DphY
「TW愛国戦線」に「マジェ乱舞連合」ああ、「空波派聖職者組合」に「銀翼烈士団」と、ビグスクだけでも大小合わせて50のグループがあると言うのに、この上、ハレ乗り国軍が現れたら・・・・。

170 :774RR:04/05/11 08:52 ID:gOlYATUV
敵は7〜8人。こいつらの中に腹の座った奴は少ないが、ガキだけに何をするかわからない。「どうする・・・」

171 :774RR:04/05/11 09:14 ID:gOlYATUV
「やめんか!」突然物陰から一人の老人が進み出てきた。ローブの音叉の刺繍からそれが爆音教SR派の聖職者であることが分かった。

172 :774RR:04/05/11 12:24 ID:gOlYATUV
「恥を知れ!」と一喝され、ガキ共は耳障りな爆音を残し走り去った。俺には彼らが恥を知っているようには見えなかったが。

173 :774RR:04/05/11 13:45 ID:jBLzejkJ
と、とりあえず老人に礼を...「ふざけるな〜!!!そしてありがとう。」

174 :774RR:04/05/11 13:46 ID:jBLzejkJ
極度の緊張から解き放たれた開放感からか?とんでもないことを言ってしまった...老人は


175 :774RR:04/05/11 16:21 ID:gOlYATUV
「今のは聞かなかったことにしておこう。」と笑ったが、一瞬その目に浮かんだ光で老人が只者でないことは十分理解できた。

176 :774RR:04/05/11 16:29 ID:gOlYATUV
SR派もTW派も、もとはと言えば爆音教ヤマ派の一分派に過ぎない。SR派は穏健派と言うことになってはいたが、最近はスパトラ師に傾倒している者も多いらしい。


177 :774RR:04/05/12 00:52 ID:uZRPb2uE
難しいことはおいといて、さっきの婆を蘇らせないと....ナメック星の

178 :774RR:04/05/12 01:21 ID:Tq6eGFvv
いやまて、ババアの死体がない。 ひきずった血痕がある所を見ると、どちらかの派閥が連れ去ったのか・・・。まあ、プチトマト種を渡さずに済んでよかった、かな?


179 :774RR:04/05/12 15:48 ID:Fuf9pXwr
「ワシの名はキャプトン。その娘はワシらの身内のものじゃ、渡してもらおうか。」老人は言った。

180 :774RR:04/05/12 15:53 ID:T1hxB7RW
俺はしょうがないのでその老人にプチトマトの種をくれてやった。

181 :774RR:04/05/12 18:28 ID:zf4L/gBR
老人「よしよし、この娘はかわいいなあ、ってかコレは種やないけ!!」ちょっとボケてる

182 :774RR:04/05/12 19:20 ID:Kf2jdo//
し、その老人自体は既に種無しだしえらいこっちゃ。そこで西川きよし師匠が

183 :774RR:04/05/12 21:17 ID:qTNaY7v6
全裸で羞恥プレイを強要。これに腹を立てた老人は

184 :774RR:04/05/12 22:03 ID:zf4L/gBR
気をため始めた!!「ヤバイ!この星ごと破壊するつもりだ!!!」

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)