5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【(´・ω・`)】お葬式の怖い話【・゚・(ノД`)・゚・】2

1 :1:03/05/23 11:56
どんな人でも最後に訪れる死
そして送り出されるためのお葬式、でも考えれば
死んでまもないだけに本人も死を理解していなくこっそり
家の中をウロウロしてるかも・・・・((((((;゚Д゚))))))
そんなお葬式にまつわる怖いお話募集中ですヽ(´ー`)ノ

前のスレが消えちゃったから、もう一度書き込んでくださいね〜!


606 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 13:59 ID:S11DRVdS
お盆といえば、私が中学1年のころに亡くなったおばあちゃんが
毎年お盆の時期に夢にでてきてカルピスをせがむ。


|∧∧
|・ω・`*)  <カルピス…
|o□o.
|―u'   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

……と、こんなかんじの夢。持っているのは、私が小学校の修学旅行で
買ってきた長寿とか書いてる茶碗。
カルピスはおばあちゃんの好物でした。
ちなみに、毎年普通のカルピスだけど、一度夏みかんカルピスだったか
限定発売のやつを持っていったら、その夜の夢で(´・ω・`) ショボーンとしてた
ので、普通のカルピスが好きらしい。(カルピスソーダはOKのようだ)


607 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 16:55 ID:ka046Qp2
おばあちゃんかわいい・・・・・。



608 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 19:53 ID:L9XHgAgn
>>606
毎年お供え物はカルピスで決まりですな。

609 :本当にあった怖い名無し:04/08/02 20:19 ID:9/BF3mFn
>>606
めっちゃくちゃ和んだ〜(´∀`*)
おばぁちゃんかわいすぎ!
ずっとあなたを見守ってるんだね。

610 :本当にあった怖い名無し:04/08/03 11:28 ID:ihMQg0Yi
カルピスで思い出した。前に何処かに書いたけど。

もう二十年以上前のちょうど今頃、暑い夏、叔父が死んだ。
肉体労働をしていた叔父は帰ってくるなり玄関先で
「あぁ暑い、カルピスをくれ」
彼は酒飲みであり、普段そんな甘いものを飲むことはない。
奥さんは珍しいこともあるもんだと思いつつカルピスを水で割り
玄関先に座ったままの叔父に持って行ってやった。
旨そうに一気にそれを飲み干す叔父だったがその後急に
「なんだか眠いから布団を敷いてくれ」と言って夕飯も食べずに寝てしまった。
翌朝、叔父は布団の中で冷たくなっていた。
カルピスが末期の水になってしまった。

通夜の晩、方々から親戚縁者が集まり卓を囲んで酒を飲んでいた。
その中の一人が「あっ」と声をあげ卓の中央を指差す。
そこにはガラスのコップが幾つか伏せてあったのだが、
中の一つがススッ……スススッ……と勝手に卓の上で動いている。
驚いた皆が見つめる中、コップはゆっくりと蛇行しながら移動して行き、
卓の縁まで来てピタッと止まった。そこは叔父が生前よく座っていた場所だった。
死ぬ前の事情を聞かされていた親戚の一人が
「酒を飲みたがっているんだろう、末期の水がカルピスじゃなぁ」
と、そのコップに酒を注いで仏前に供え線香を灯した。

611 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 00:06 ID:uSAVQw6Q
微妙に葬式ネタからはずれるが…兄たちにまつわる話。

兄(たち)は双子だったが、生後1ヶ月で一人長男が病死。
次男は30の時 交通事故で死亡。
…命日と死亡時刻がほぼ同じだった。
母には絶対言えないが、実は二人とも15年の寿命しかなかったのを、
長兄が早死にすることによって(言い方悪くてすまそ)
次兄に継ぎ足してやってたんだと、漏れは信じている。

ちなみに次兄の49日、読経が終わりかけの時に
仏壇から「ばしーん」と言う音がしたっけな。
漏れは「ああ 兄者が別れを言ったんだな」と思ったが
母は「まだ逝きたくない」と訴えていたのだと意見が分れている。

612 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 01:04 ID:/YUbjnp1
リアルに怖い葬式ネタをひとつ

私が子供の頃、田舎で婆ちゃんが死んで急きょ親戚の人たちが集まりました。
普通に葬式、お通夜を行いました。夜遅くなり、みんな寝静まる頃なのに
若い男性たちは寝る気配はありません。むしろ我を忘れるくらい酒を呑んでいます。
まぁ子供だったので、特に気にする事もなくそのまま眠りました。
しかし、夜中の三時頃でしょうか。トイレに行きたくなり、母屋の外にあるトイレに行きました。
そして、縁側で数十分ぼーっとしていると、若い親戚の男性たちがどこかへ行って
戻ってくるではありませんか。

「あれ、みんなどこいってたの?」
と聞くと、みんなさっきまで酔っ払っていたのに意気消沈な感じでこう答えました。
「あぁ、ちょっとな」
みんな(といっても4人)、同じような感じでした。
まぁ、婆ちゃんが死んでしまったしみんなやっぱり悲しいんだなと思って、
その日はまた眠りにつきました。

翌日、目が覚めて昨日の事が気になり聞いて見ました。
すると、「まぁおまえもいずれするようになるかな」と意味不明な切り出しでこう言いました。

「お婆ちゃんを埋める穴を掘ってきたんだよ。素で出来るもんじゃないから、酒飲んでやるんだよ。」
更に続けて
「墓掘り返すと、たまに前に埋めた人が出てきちゃったり、もう水浸しで大変なんだ。匂いもすごいしな。」
と言いました。

へぇ〜とその場は切り抜けましたが、私は絶対に穴掘りなんかしたくないと思いました。

そして、私も今や27.若い男性の仲間入りをしているわけで、誰かが死んだら穴掘りさせられる
恐怖に脅えています。あーやだよぉぉぉぉぉ。

613 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 01:14 ID:nw5lMpFq
土葬(・∀・)イイ

614 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 01:34 ID:rk6QDreD
葬儀屋で働いてたことのある俺からすると葬式そのものより葬儀屋の方が怖い。
もともとなのか長くやるとおかしくなるのか変な奴が多い。

615 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 01:50 ID:/l5kou4X
自宅でねたきりだった祖母が亡くなった日、
家の中で飼っていたシーズーがその2.3時間前に突然誰もいない
玄関先に走っていって、なんとも嫌なうなり声手で吠えた。
後にも先にも聞いたことがない声だった。あのとき、玄関に塩でもぶちまければ
ばあさんももう少し頑張ったかなぁ・・・

616 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 02:37 ID:VVFLesZa
>>150
長さん・・・

617 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 03:24 ID:G244cDye
>451
激しく亀レスですが、漏れも爺ちゃんの火葬の時に聞きましたよ。<チーン
ほんとに電子レンジのあの音で、聞いた時はびっくらしますた。

お葬式の話じゃないのですが、数年前のお盆に、父と一緒に爺ちゃんの骨が収められている納骨堂に線香上げにいきました。
仕事が忙しくて父ともあんまり話をしていなかったし、爺ちゃんの思い出話に長居していっぱい喋りました。
しかし、流石にそろそろ帰るかとなり、二人で位牌に手を合わせて立ち上がった途端。
生けてあった花が、花瓶ごと豪快にぶっ倒れました。
これは重たい金属製で、花も短めに切ってあったのでバランスが悪かった訳でもないのですが。
こぼれた水を拭いて、じゃあと帰ろうとしたら、またがちゃーん。
「爺ちゃん寂しがってるのかも。次も倒れちゃったらもう少し話そうか」
などと言いながら花瓶を直し、帰ろうとしたら。

はい、倒れました。
ちょっとしんみりしつつ(生前の爺ちゃんは無類の話し好きですた)、更に父とお喋りしました。
爺ちゃん、今年もみんなでお喋りしにいくからね。

618 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 04:03 ID:ldIm3WiV
つうか、
今日の夜俺の家で
お通夜がありますが何か?

酒たらふく飲んでやるぜ!

619 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 04:21 ID:VVFLesZa
>>618
葬式の心霊写真うpよろ

620 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 22:57 ID:x9zW4/wd
>>615 俺は霊とか見たことないが、一度似たような経験がある。

お盆の頃、真夜中に突然家の中で飼っている犬が散歩に連れて行けとねだり出した。
深夜放送を聞いていた俺は、仕方なくいつもの土手っぷちを散歩にでた・・
とあるところで、ぞわーっと嫌な気配を感じた。

犬もそうなのか前に行こうとしないし、俺は踵を返して
後ろも見ずに犬を引きずるように家にもどって、大急ぎでドアを閉めた。

ほっとして階段を上がろうとした、その時、
いきなり犬が狂ったようにドアに向かって吠えだした。
尋常な吠え方ではなかった。

びっくりした俺は、部屋に駆け戻り。ガクブル状態で布団に潜り込んだよ。

まぁ結局何か判らなかったが、数少ない不気味な思い出だ。



621 :615:04/08/05 23:56 ID:AQtOCYvJ
>>620レスサンクス

お宅の犬はわさわざ物の怪を確認しに行ったのだろうかw
西洋では死ぬ人の部屋には死に神が待機しているというが、やっぱりそうなのかなぁ
(うちはキリスト教だしw)それにわざわざちゃんと玄関から入ってこようとするみたいだね

622 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:09 ID:8v4gP/45
祖母が倒れた日がちょうど祖父の1周忌だった。
それから1週間ほど入院して祖母は亡くなった。
親戚や親は祖父の遺骨を納骨せず祖母の寝室に置いていたから、
祖父が祖母を連れて行ったと話していた。

623 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:27 ID:faUSNnlv
>>622
家の祖母も祖父の遺骨を納骨せずに居て、
祖父の命日の2日前に亡くなった。

14年後だったけどね。


624 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:36 ID:5b4M60Hc
知り合いの死を知らされなかった。
葬式来いとも声をかけられなかった。
たぶんもう何人か知り合い死んでるのに知らされないんだろう。


625 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:39 ID:LZQqYJWA
葬式の集合写真てあるだろ?
その集合写真に、喪服を着た見知らぬ人が
うつっていて、以前アンビリでやってた。
まったく、誰も知らない他人なんだって。
あまりにはっきり、しかも堂々とまんなかで
うつっていたので、怖いというより気持ち悪かった。

626 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 00:54 ID:4E/+i6AG
俺が消防だった頃、学校で授業(たしか社会)を受けていた11時過ぎ、
突然頭が禿しく痛くなったことがあった。なんか、今まで経験
したことがないような締め付けられるような痛みだった。とにかく、
すげえ痛かった。で、こりゃやばいと思って、保健室に行こうと思った
瞬間、何事も無かったかのように痛みが消えた。大体、30秒ぐらい
痛かった。
その後、家に帰ったらなんかまだ四時なのに父親が帰宅してて、
俺の顔を見ると厳粛な声で「ばあちゃんが氏んだ」と言った。当然、俺は
大ショック。だって、ばあちゃん一人失うとお年玉が一万円減るんだぜ。
それで、車でばあちゃんの家に向かう。親戚が集まってる。
父親「何時ごろ亡くなったの?」
親戚「今朝11時過ぎです。」
えっ!?
(すいません、別に大した事じゃなくて。でも、こういう経験ある人っていない?)

627 :矢野総一○解決志向セラピー:04/08/06 00:57 ID:Qwt0mXc6
葬式中に、となりの奥さんの乳があまりにでかいので、
チンチンが勃起してきましたが、なんとか、となりのばばぁや
炒った人の死顔を思い浮かべて、チンチンの得レクトをしずめますた

628 :本当にあった怖い名無し:04/08/06 03:02 ID:V220HQXP
('A`)ハァ? もう一度お願いします

629 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 13:25 ID:4rsta61Q
> 当然、俺は 大ショック。だって、ばあちゃん一人失うとお年玉が一万円減るんだぜ。
> 当然、俺は 大ショック。だって、ばあちゃん一人失うとお年玉が一万円減るんだぜ。
> 当然、俺は 大ショック。だって、ばあちゃん一人失うとお年玉が一万円減るんだぜ。

ここが怖い所かな

630 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 17:08 ID:dFV1i86M
>>629
同意。

631 :本当にあった怖い名無し:04/08/08 23:35 ID:/FSX1ETj
コエー

632 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 00:05 ID:lKBpPH71
爺ちゃんの葬式の後、漏れの弟が、高熱を出して病院へ。即日入院でその晩、医者から弟の瞳孔が開いた状態になったと言われた。
婆ちゃんの葬式の後,従兄弟の中学生が高熱を出して入院。結構ヤバかったらしい。
二人とも今は元気だが,どうも身内に不幸があるとその中の縁者の1人を連れて行きたがるらしい。
あと、母の葬式の当日は台風直撃土砂降りの雨。その後の法要の日は必ず雨。亡くなる前に水を飲むことを制限させられていたので「水をいっぱい飲みたい」と言ってたそうだ。


633 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 01:03 ID:n68RD077
>>203はげしく亀だが、それはずばり「金融業者の督促電話」です。

今月分の遅れをしらせる電話で家族などから債務者死亡をきいたばあい、
あたりさわりのなういことを言って一旦電話をきります。
そして社内の担当に「本人死亡債権」としてまわし、後日保険完済、もしくは債務引受人
などのステップに進みます・・・

会社によってちがうだろうけど、大手消費者金融はだいたいそのようなやりかたです。

634 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 01:09 ID:e8YM3C0m
>633
なんかの業者じゃね?墓石とか何とかの。
そんな半紙がちく裏にあった希ガス

635 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 01:16 ID:EAVe+9Fj
親戚の葬式に呼ばれない。
いつも事後報告だ

636 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 09:59 ID:pXW4/NSG
>>632
瞳孔ひらいちゃったら、普通たすからないのでは、
と、突っ込んで見る。
だって、脳死になってるってことでしょ。


637 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 11:20 ID:wwdH4Jfg
>>636
瞳孔開くのって、目の神経が一時的に異常を起こすことでもなるんだよ。
脳死以外にも瞳孔拡大の理由はいくつか考えられる

638 :636:04/08/09 11:46 ID:pXW4/NSG
脳死→瞳孔開く だけど、
瞳孔開く⊇脳死 ということね。

レスありがとう

639 :あなたの後ろの名無しさん:04/08/09 18:50 ID:SBBDFDEi
ばッちゃんが死んだ。
親父おふくろだけが通夜に行った。俺は仕事が長引いて間に合わなかった。
お前は本葬に出ろ!といわれたので留守番。
暇なんで、オナーヌしてたら階段を上がってくる足音がする。

慌てて身づくろいしてドアを開けると・・・真っ暗。
声をかけても誰も返事をしない。明かりをつけて階段を覗いても
だーれもいない。

気のせいだ!と無理に納得して部屋にこもりテレビの音量を上げる。

ドアの前を通り過ぎていく足音が・・・テレビの音にもかかわらずはっきり聞こえた・・・
ガクブル

親父達が帰ってきたのはそれから一時間もあと。

ばっちゃんにソロプレイしてるのみられた 鬱

640 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 22:16 ID:Pmw7dxG4
ばあちゃんも孫の成長を喜んでるよ、きっと。

641 :本当にあった怖い名無し:04/08/09 23:42 ID:juRjBSvj
>>580
なんで祖父が亡くなったことだけ死の連鎖から外すの?
祖父の死が始まりって考えたほうが妥当だと思うけど。
一族全体になにかが起こったんじゃない?

642 :本当にあった怖い名無し:04/08/10 02:21 ID:XLTfDicS
親戚の爺さんの見舞いに行った時に聞いた話なんだが

数年前から爺さんの家に野良猫が来るようになって、
爺さんは餌上げたり、猫に話し掛けたりして、可愛がってたらしいんだわ
爺さんは病院で猫にもう一度会いたいとか言ってたんだが、
猫は爺さんが入院した日から全く姿を見せなくなっっちゃたらしい
結局爺さんは猫の姿を見る事無く先日亡くなりました


自宅での葬式の時、爺さんを霊柩車にい乗せて出発しようとしたら
霊柩車の前にその猫が来たんだわ
それで「ニャーオンニャーオン」って泣いてるんだよ
猫と爺さんの関係知ってる人は号泣だったんだが
俺はマジでビビッタ、なんで猫にわかんねんと・・・・
世の中にはわからん事が多いですな


その後その猫を見たものは居ないらしい・・・・

643 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 04:34 ID:CKCJ0Qth
ageニャーオン

644 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 21:55 ID:xPjPpbPf
あんまり思い出したくないけど、1年前に姉が事故で死んだ。
姉はアパートを借りて一人暮らしをしていたので、部屋の引き払う必要があり、
片付けのために俺は週末に会社帰りのままアパートへ直行、両親と合流する予定だった。
しかし、両親は車で来る途中に事故に巻き込まれ、全くの無傷だが事情聴取を受けているとのこと。
俺一人で姉の部屋に入った。ドアを閉める瞬間にものすごい勢いで猫が一匹入り込んできた。
生前に、アパートに遊びに来る猫へエサをあげてるという話をしていたので、おそらくその猫だったと思う。
「もういないんだよ、お別れだよ」と猫へ伝えながら俺は泣いてしまった。

猫はそんなことお構いなしに部屋の中をウロウロウロウロ。
その猫用と思われるキャットフードをあげても興味なし。
で、ベッドの下の引き出し部分をクンクン嗅ぎ出した。嗅いではうろつき嗅いではうろつきを繰り返してる。
なんだろうと思ってその引き出しを開けてみると、香水の香りがフワっと広がって、姉のおパンツがたくさん入っていた。
猫はその中に飛び込んでグシャグシャにしてしまった。
すると気が済んだようで、その場を離れ、先ほど開けたキャットフードを食べ始めている。

なんか俺があさったみたいで嫌なので、きれいに戻そうとすると奥におパンツじゃないものがある。
H系のビデオと本、そして玩具だった。
「んだよこれっ」
見たくない物を見てしまったと思い、引き出しを閉めた。
「アーーーォ」
猫がこっち見ながら鳴いている。

両親の到着遅れ、猫の乱入と不可解な行動でふと考えた。
そうか、オヤジ達には見られたくないだろうからな、だったらまだマシだったのかな。
姉が働きかけたんだろうと、その恥ずかしいセットを自分のカバンに入れた。

数時間後両親と合流し、2日かけて必要なものは運び出して残りは業者に頼んで引き払い完了。
その猫は今はうちの家族の一員になってます。
遺品から回収した恥ずかしいセットはまだ俺が持ってます。
本やビデオはいいんだけど、玩具はちょっとな・・・。
俺に何かあったらまたこの猫が何とかしてくれるといいけど。。。。


645 :本当にあった怖い名無し:04/08/15 08:28 ID:9H+98jpJ
私も玩具持ってるよ
友達と冗談で買ったり、貰ったり
女の人が持ってるの、結構ふつーだと思う
二三個あるけど、みんな一回試して使い心地悪くて、捨てるのに困ってしまったままだけど。

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/08/15 13:10 ID:lQN0SdUF
普通か!?
珍しくもないけど、普通ではないと思う。

647 :644:04/08/15 14:59 ID:O3eFu32T
意外とみんな持ってるみたいだよね。
会社の女の子も持ってるって言ってた。
その後女の子同士で、自分は持ってる、持ってない、○○ちゃんは絶対持ってるとかいう話で
盛り上がって俺は蚊帳の外。

それはいいとして親には知られたくなかったんだと思う。

648 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 00:44 ID:ib075oWR
ageニャーオン

649 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 01:48 ID:i4zssfS6
持ってなくても、興味ある子は多いとおも
買えないから持ってないだけで、買えたら買ってみたい!
と、女同士の興味本位のわきあいあいの話し、大抵普通の人は乗ってくるし。
(ある程度仲良くないと駄目だけど・・・仲良くても、その手の話しとことん嫌がる人は嫌がるが。)

・・・でも親に見られるのは、確かに嫌だ。
どういう感じでもってたのか分からないし、彼氏居なくて一人寂しくこんな物で・・・
と妄想されたら、マジ死にたくなるw
(旦那や彼氏居ても、持ってる人も居るけど)
弟の方がまだ良い。猫、GJ
しかし>>644に今何かあって、男が持ってるのを親に見つかったら、やばいと思う。

650 :本当にあった怖い名無し:04/08/16 11:39 ID:4v1s+4xQ
男で、オナホール持っているやつは気をつけろ!

同性愛系の本やビデオを持っているやつはもっと気をつけろ!



俺はエッチ系パンツを気をつけるからさ!

651 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/08/16 23:19 ID:kJL7wFxA
スマソ、スレ違いも甚だしいんだけど、聞いてくれ。
オレ、ギコナビ使って読んでるんだが、
なんかこのスレ覗いてるとき、気が付くといつも
「 た す け て 」スレってのが
いつの間にかDLされてるんだけど、・・・・・・。

まいっか。

652 :本当にあった怖い名無し:04/08/17 01:10 ID:h05Rc4u1
>651
詳細キボン

653 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 02:08 ID:XPzAXkjF
初盆で集まっているときに、従弟が単独事故で即死。
時期が時期なだけに、きゅうりの馬が邪魔したんじゃないかとか
オカルト好きの従姉妹らが話していた。だからまんざら↓も馬鹿に出来ないと思っている。
ちょっとあのスレ読んで、嫌な気分になったけど。

>青木ヶ原入り口:事故渋滞 渋滞6キロ
>(6人乗りゴーヤの馬と茄子の牛の接触事故 事故処理中)



654 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 11:59 ID:VdFzklBz
3年前うちのおばぁちゃまが亡くなりました。
近所の一人暮らしのおばあちゃまが二人いて、とても仲良しで、よく三人でお茶会をしてました。
お見舞いに行ったら、おばぁちゃまが寝てる肩の上の方も見てニコニコしていて、誰かと会話をしてるような表情で、翌日からおばぁちゃまの意識は無くなりました。
その日に、仲良しおばぁちゃまがお見舞いに来てくれたのですが、意識が無いので帰ったみたいなのですが、帰り道、誰かをおぶってるように肩が重かったらしいのです
次の日、私のおばぁちゃまは亡くなりました。
後から聞いた話ですが、その日、仲良しおばぁちゃまは、二人でお茶会をしていると玄関がガラガラと開く音がしたので、見に行ったら誰もいなかったみたいです。
その時間は、うちのおばぁちゃまが亡くなった時間でした。
最後に逢いにきたのかなぁ。
長々すみません

655 :本当にあった怖い名無し:04/08/19 12:07 ID:VdFzklBz
それと、私のお父さまが亡くなった時の話をしますと、中学の授業中に先生から、『お父さまが危篤だから早く支度しなさい』と呼ばれ、急いでお家に帰り、姉の運転する車で病院へ向かいました。
すると、私と姉の間を白い光のようなものがすり抜けたんです。
その時、なぜか時計をみていて時間を覚えていました。
病院へついた頃には、10分違いで、お父さまを見送る事ができませんでしたが、亡くなった時間が、その光を見た時の時間でした。
それは、おじいちゃまが亡くなった時も、病院へ向かう途中の車の中でも同じように光が抜けてきたのを見ました。
あと、お父さまが外泊で帰ってきた時、夜中に目が開いて部屋の角を見つめ、『俺はまだ行けないんだよ。やる事いっぱいあるから行けないんだよ』と言っていて、電気を付けて、呼んでも、私達の声には反応してくれず、また寝てしまい、次の日、父は覚えていませんでした。
父の仲良しさんが亡くなったばかりだったので、呼ばれて逝ってしまった気がします。

216 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★