5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【サバト】魔女を語るスレ。【秘薬】  

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 22:11 ID:zc7of65f
魔女の知識、考察、分析などを語ってください。
卑弥呼から魔女裁判、サバト、ハーブやパワーストーン、秘薬などなんでもOK!

ルール
其の一 煽り、荒らしはスルー。
其の二 まったり、sage進行でねがいます。
  其の三 秘薬の処方は基本的には読むだけにしてください。
      実際の効果は保障のかぎりではありません。
衛生的に問題があるもの、危険なものもあります。
違法な薬品を使うもの、麻薬常習性の強いものは、危険板へ。
  其の四 魔女の慣習や解釈には、時に性的な話を避けられないこともあります。
大人の理性でまったり進行ねがいます。どうしてもエスカレートする内容は18禁板へ。


2 :飛び入り暇人 ◆245618PRMI :04/07/17 22:13 ID:IziX4C8q
BかC

3 :飛び入り暇人 ◆245618PRMI :04/07/17 22:16 ID:IziX4C8q
BかC


4 :わかんないんです(><) ◆WAkan9Ey1g :04/07/17 22:20 ID:dPgAsKaH
わかんないんです(><)

5 :メギド ◆vVIEvK5lxI :04/07/17 22:20 ID:qUZInvMl
VORSICHT
魔女酋長に自演作戦で狙撃されないように注意

6 :真一 ◆QPqB3yGi7A :04/07/17 22:21 ID:/YAKdACE
昔も現在も女の人は歯が抜けやすいらしい。
年とって歯が全部抜けた女性の容貌はアゴがやせ細って、
人々から忌み嫌われる、いわゆる魔女として僕らがイメージする
輪郭になってしまうらしい。だから歯は大切にしないといけないんだよ
って通ってる歯医者の待合室にある本に書いてあったよ。

7 :マン・オン・ザ・タイトロープ ◆Man/NBzKY6 :04/07/17 22:42 ID:E3EhEC4C
昔も現在も女の人は歯が抜けやすいらしい。
年とって歯が全部抜けた女性の容貌はアゴがやせ細って、
人々から忌み嫌われる、いわゆる魔女として僕らがイメージする
輪郭になってしまうらしい。だから歯は大切にしないといけないんだよ
って通ってる歯医者の待合室にある本に書いてあったよ。
って、どっかのスレに書いてあったよ。

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 22:44 ID:zc7of65f
サバトとは、いわゆる魔女の集会のこと。
魔女裁判の記録によると、幻覚剤などの麻薬性の強い薬物を使ったパーティで
山羊の仮面をかぶった悪魔に扮する男と乱交に及ぶこともあったそう。
しかしながら、今で言うヒーラーとしての役割を担う魔女もいただろうし、
占いや妖術を実際に使っていたものもいたはずで、産婆や薬草の知識に詳しい
人たちも結構多かったらしい。
ただ、そういう社会に貢献する人たちがかならずしも裁判にかけられたかとい
うと、これが違う。
そもそも中世の小さな村落で、特殊な技術を持った人間を犠牲にすること自体
あまり有意義なことではなかったのでしょう。
ただし、産婆でも堕胎に手を貸した場合は罪に問われたでしょうね。
また、娯楽の少ない地方の村落では、ともすると性に関する倫理が乱れがち
になるし、病気の蔓延や中毒による脳障害などもあったのかもしれない。
魔女裁判という形でそのような行為を罰したのかもしれませんね。

>>6
>>7
同一人物?
あごがやせ細ると魔女のような容姿に、というのはなかなか興味深いですね。
南ヨーロッパのおばあちゃんにそんな感じのおばあちゃんをよく見ますけど、
笑うとかわいいんですよねw

魔女=老婆という説もなかなか的をえているのかもしれません。
日本でも、おばあちゃんの智恵、なんて言いますが、そもそも主婦としてキャリア
が長い彼女たちは、いろんな智恵を身につけているはずで、かつ更年期に
よって時に感情が抑制できなくなるようなミステリアスな(?)一面もあった。
それらの要素が魔女っぽく見せたのではないかと思います。


9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 22:48 ID:zc7of65f
女性は閉経すると、エストロゲンが低下して、カルシウムの蓄積がしにくくなる。
それで歯ももろくなりやすい。
同時に先ほど述べた更年期障害もやってくるので、時にヒステリックになったか
と思えば、失神したりすることも。
これも神がかりや霊の仕業のように昔は見えたのかも。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:21 ID:QklLra4f
10

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:30 ID:zc7of65f
www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/2213/index.html
魔女研究の先生のサイト。「魔女になるには」素敵。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/17 23:35 ID:zc7of65f
もいっちょ。
www.morebeat.co.jp/member.html
まだ間に合うかな?
漏れは湖水地方で羊とピーターラビットに会う約束なんで無理ぽw
ドイツは北西なんで方位もいいぞ。六白金星、四緑木星以外は。
若干スレ違いだが。

13 :凪姫丸 ◆BMD1gjTVFY :04/07/17 23:50 ID:JtVbmZl4
>>1さん乙です。コテスレでも書きましたが、
ヒゲが生えないので、口の周りの、みにくいところが隠れないのですね。


14 :みみた ◆MiMita64co :04/07/18 00:43 ID:MSfH7Uz+
>>1
乙です!
コテハンスレから飛んできました
魔女のこと詳しくないので
みんなのレスを読んで勉強したいと思います

15 :山猫 ◆M/catMhq.. :04/07/18 11:15 ID:ziUWJBXr
こんにちは スレ立て乙です。

サバトと黒ミサの違いって、前から疑問に思って居たんですが、
サバトは、魔法使い又は魔女の集いで、黒ミサは、悪魔崇拝者の集い
って解釈で合ってますか?
その他、集まる人たちの違いだけで、儀式的な違いってあるんでしょうか?

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/18 14:22 ID:k0f9nt0e
ミサに対する黒ミサ、というのと同じく
サバスに対するサバト、ですので
どちらも悪魔崇拝者によるものだと思います。
サバトに集まる魔法使い・魔女=悪魔崇拝者ということになります。
黒ミサは、サバトのなかで行なわれる儀式のひとつ
という解釈でいいんではないかと思います。

自分もそんな詳しいわけでは無いので
間違ってたらどなたか突っ込みお願いします…

17 :紙石鹸 ◆fP8/p/c8pk :04/07/18 22:58 ID:Tn+8baHu
>>1さん
遅ればせながらスレ立てお疲れさまでした。
早速ですがテンプレにある
『 其の三 秘薬の処方は基本的には読むだけにしてください。』
この「秘薬」は魔女集会の時に皆で作るのでしたっけ?
それとも個人で作った後、集会で発表会みたいな感じで皆で試すのでしたっけ。


18 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/07/18 23:06 ID:6z7kDBCe
はじめまして(ではない人のほうが多いか…)
1=チョココロネです。
今日はブルーベリー狩りに行ってきました。
本当ならハーブやベリーの種類は、まだ夜があけきらぬうちに収穫するのが
魔女。
夜露のついた、夜の気を十分に吸ったものほど魔力があり、しかもその姿を誰
にも見られてはいけません。
全裸で行うというルールもあったりなかったり。
夜は植物が地面から水分や養分を最も吸収する時間帯。
それを摘み取るということは、陽の気よりも、土地のパワー、水=陰の気を吸収
したばかりのものを摂りいれる意味なのでしょう。
裸うんぬんというのは、夜の陰の気を全身で吸収するという意味があるのでしょう。
陰陽で言えば、正統宗教が陽、その裏にある魔女の世界が陰、ということでしょうか。
かならずしも「陰」が悪魔崇拝等の「悪」ではなかったとは思いますが、それは
想像なのでお許しを。
もちろん夜の陰の気は風水ではタブーですねw
しかし私は東京に住む日本人。
武蔵野の農家で600g1000円のブルーベリー狩り、母と叔母と、おにぎり持参ですw
農家の女の子がカブトムシを見せてくれました。
そんなまったりした書き込みはさておき。

19 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/07/18 23:12 ID:6z7kDBCe
>>16 >>15
黒ミサというのは、本来キリスト教のミサを逆に行い、奇跡もまた逆のものを期待
するもので、反キリスト教的な意味合いがありますね。
つまり意味的にも悪魔信仰と定義されてしまうものです。
サバトというもの自体は、本来ははっきりした定義があってないようなものかもしれません。
乱交を主とする、麻薬や幻覚剤を伴う酒宴であったり(そのシンボルとして悪魔の面が
使用された記述があるし、淫行=悪なのでそのような観念ができたようですが)
単に異教徒の集会とする定義もあります。
そして、魔女=妖術を使うものという定義もあります。
はっきりと悪であると定義されたのは魔女弾圧の指南書となった「魔女の槌」
(MALLEUS MALEFICARUM)発行以降。
妖術を使うことは背教と同等に定義され、罰すべき対象として悪であるような解釈がされたそうです。
もちろんサバトの実際は、おかあちゃんたちの井戸端会議による智恵の交換に端を発した
ようなものだったかもしれません。
科学や医学が発展していなかった頃、経験だけに裏打ちされたいろんな生活上の智恵は、
宗教の教義に反するものもあったかもしれませんね。
極端な話、裁判上それが「妖術」として解釈されたとも考えられます。
単にスケープゴートのための口実であったのかもしれません。
大きなものではコペルニクス、ガリレオの地動説だって裁判にかけられました(1616年)。
目立った魔女弾圧はこれとほぼ時を同じくして、1500年から1700年初頭に行われています。
ソースはこちら。
www.tufs.ac.jp/ts/personal/ykawa/3nen2001/groupeA_jp.htm
www.j-coolsite.com/witch/index4.htm
長くなりました。
魔女の美醜の件に関しては、また次回。



20 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/07/18 23:13 ID:6z7kDBCe
>>17
あー、見つかっちゃいましたね〜。
ようこそ(^^;)
秘薬の処方のスタイルはさまざまでしょう。前述のとおり、おかあちゃんたちの井戸端会議
みたいに智恵の交換会があって、用心しながら各自試していたんじゃないかと思います。
皆で作るのもありでしょうね。
ただし、秘薬の中には、材料を調達するところから作っているところまで誰にも見られては
いけないというものも。
効力が落ちるんだそうです。
これも「呪い」の考え方と同じですね。


21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/19 00:11 ID:ECilhNaM
マクベスに作り方載ってなかったっけ?

22 :名無しさん@占い修業中:04/07/19 11:55 ID:STWi0duF
>>21
マクベスはシェイクスピアの創作です。
現実の秘薬レシピじゃないけど、あれでつくったらどうなるんでしょうね…興味深いかも。
四谷怪談のように、上演すると何か災いがあるという伝説の舞台劇なので、
それなりに何かの波動はあるのかも知れません。

秘薬や妖術とされているものの中には、手作りコスメに近いものもあっ
たんじゃないでしょうかね。
極端な話で言えば、ハーブティーなんかもそうですね。
む、これって魔女っぽい!と思うハーブティーや手作りコスメレシピが
あったら、それも大歓迎♪
カモミールを煮出して、洗面器に顔を近づけ、蒸気を顔に当てるというス
チームパックもいかにも昔の「魔女」がやってそう。
糸つむぎやはた織りで疲れた目を癒すために、煮出したカモミールティー
の出しがらを目の上に乗せてアイパック、なんてやってたんだろうか。
パソコンで疲れた目にももちろんOKですね。
秘薬のソースはこちら。ちょっと面白い内容です。
www.hihou.com/kaori/gerina/philtres/love-potion/love-potion.html



23 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/07/19 11:56 ID:STWi0duF
さて、魔女の美醜の話ですが、「魔女の槌」以降しばらくして、宗教に反するもの
は美しくあってはならないという解釈がなされるようになりました。
老女などが魔女のイメージで頻繁に描かれることが始まったのはここからです。
それ以前は肉感的な女性像が描かれることもあったようです。
しかし、マリア信仰のポピュラーだったヨーロッパ各地では、母性的で肉感的な
美しいマリアと反宗教的な悪の権化である魔女が同じ姿かたちをしているのは
どうにもおかしい。
そこで、醜い、子供を生まない、かつ性別が女性であるというところから老女の
イメージが解釈されることになります。
そもそもキリスト教で言う魔女->女性に対する悪いイメージは聖母マリアと対を
成す原罪の象徴、イヴから発しているという説もあります。
アダムの肋骨からこの世に命を与えられたものであるはずなのに、戒を破り、
淫行をおかして楽園を追放された原罪の象徴です。
そもそもイヴ自体若い美女であったし、「魔女の槌」にも若い女、敬虔な女などが
疑わしいなんて定義されていたり。
魔女が美しくないのは、必ずしも女性蔑視だけというわけではなく、宗教的な
解釈と、聖母マリアの一般的なイメージが理由となっています。
魔女裁判で罪に問われたものの中には、60くらいの女性が多かったようですが、
若い女性も少なくないし、男性もいたそうです。
男性の場合は、サバトへの参加や妖術使いのみならず、もちろん少年愛も罪の
対象とされました。



24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/20 20:38 ID:npCkWsXx
でもね、少年はギリシア時代から続く由緒正しいものなんだよ。
日本でも、家康とか囲っていたし。

25 :凪姫丸 ◆BMD1gjTVFY :04/07/20 23:26 ID:/16Axbne
サバトに関してはまた後日で・・・
>>23イブですか、わたしはアダムの最初の妻リリスから来ているのかと思いました。
でもイブはアダムの体から作られたのですから、近親相姦ですね。やっぱりこのあたり
矛盾しているんですよね。

26 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/07/25 21:21 ID:/sFwKy2Q
>>25
リリスについてちょっと調べてみましたが、ユダヤ教でアダムの最初の妻
ということになっていますね。
リリスって、占星術のアレかなあと一瞬想像したんですが、そんなにかわいい
もんでもなかったんですね。
旧約聖書では「悪魔」とあり、確かにあたかも後から出てくる「魔女」の
ような行いをしているみたい。
結婚を妨げたり、子供を殺して夜に食したり。
あたかも鬼子母神のようですね。
行いを改める前の鬼子母神は、愛する自分の子供を育てるために、人間の子供
たちを殺してたべていたという話があります。
後に子供の守り神となるわけですが…
西洋だけでなく、日本や中国、イスラムでいう魔女の考察もあればいいですね。

>>24
家康の少年愛が事実かどうかはよく分かりませんが、魔女裁判にかけられた貴族がいたそうです。
彼は、数多くの美しい少年をさらってきてはハーレムで養い、果物や贅沢な食
事で太らせ、アヘン等をあたえることもあったそうです。
最後には美しく化粧を施し、ことにいたった後で殺してしまったというのが
告訴された内容です。

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/07/27 00:42 ID:xfBV3eFl
ギリシア時代では良い師に付くひとつの手段でもあったのです。
大浴場などでも議論をしていたみたいですし。
プラトンだったかな。ヒゲの青い青年がどうとか書き残していますね。

裁判になるのはタブーだからですね。多くはキリスト教からなのですが、
もうひとつは階級です。
貴族は奴隷の前では平気で裸になりましたし、
奴隷や平民は貴族に殺されても、問題にしないことも多かったのです。
問題になったのは、その人を排除したい時だけです。
魔女裁判は都合のいい理由をつけて、ライバルを殺す手段のひとつだったかも・・・


28 :本当にあった怖い名無し:04/07/28 08:38 ID:5OytjbH1
hosu>>1 がんばれ。

29 :本当にあった怖い名無し:04/07/28 09:24 ID:bX3+xOA4
魔女裁判では裁判官が被告人の財産を没収することができたそうです。
また、裁判には地元の有力者がなることが多く、被告人は裕福な家庭の
人が多かったようです。


30 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/07/30 01:18 ID:tUlZCEtM
>>28
んん??
ありがとう〜^^

31 :本当にあった怖い名無し:04/07/30 23:00 ID:SljhCyB2
             /\_/\           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /  。  。ヽ _/l_  <  あれ?
            |__*_∀__| ヽ   /   |  スレ間違えたかな♪   
           ノ/|( i] リi]`レヾ /,へl     \________     
           `ヽゝ"ワ"ノ   //      
            /^ヽ\ノ/ヽ,  //         アヒャヒャ
          / / `||´ ト、 //    ∧∧  次は悪魔召喚プログラムじゃ。
         〔ァ_》/ノ____l '《’(〕   (*゚∀゚)ノ      _
            rl' i⌒、,⌒l//   〜(   )    /┃三三ミ
     l二二二二二二l  l l '|二二二二二U二二二《  ┃三三ミ
         (`ー-'./|_i i_l             '\┃三三ミ
         `'⌒~' |_| |_|                 ̄
             〈`‐' ノ〈`‐'ヽ

32 :本当にあった怖い名無し:04/08/04 23:42 ID:PacapaDK
あげ、そろそろやっちゃおうかな〜〜〜

33 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 18:44 ID:OPkc6l/X
コピペ

遥か昔、神のお手伝いをしてた天使の中に
アダムとイヴの美しい娘達に篭絡されて世界の秘密や
魔術を教えたが故、堕天した天使達が居たそうです。

秘密や魔術を知った者が、後に魔女と呼ばれる者達の祖先なのかな?

34 :本当にあった怖い名無し:04/08/05 21:13 ID:hcM0DPqe
でも、堕天したものは悪魔になったんじゃなかろうか。

35 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/08/05 23:29 ID:B+Fn3Rc1
>>32
あ、おもしろいIDだ。ぱかぱDK...

>>33
神の領域を越えた知識は、異教徒のもの、また反宗教的ということで
魔術として考えられたのでしょうね。
例えばタロットカードは日本でいう易のようなものですが、これは極端。異教
徒のシンボルがいたるところに見られます。
魔術としてカウントされたのはそのためのようです。
それでタロット+魔女という図式が出来たわけでしょうね。
まあ、そもそも占いなんて反宗教的だし教義にも反する(仏教も非としている)
し、シンボルのうんぬんではないのかもしれません。

36 :チョココロネ ◆jU59Fli6bM :04/08/05 23:31 ID:B+Fn3Rc1
で、そういう論理的に立証できない、反宗教的はものはどこからきたのか
といえば、堕天使が教えた、ということになったのかなー、と。
連投失礼。

37 :ハルシジーニア ◆BMD1gjTVFY :04/08/06 00:31 ID:f+D3LEGv
>>35
神の領域を超えたもの・・・ちょっとちがうかも。
奇跡を起こせるのは神だけなので、その力を神が貸してくれたといえば良いのですが、
自分の力、という者の力は魔術になったのでしょう。

あとは教会(というか、そこにいる僧侶)にたてついた者。

38 :ゲレン ◆gelENE/ofU :04/08/06 14:40 ID:l3PWvTpr
魔女っていうと自然魔術を思い浮かべます
月なんか眺めてるととても不思議になるし月の光浴びると元気になれる気がする
魔女ってそんな力を利用していたんだろうね

39 :本当にあった怖い名無し:04/08/07 11:05 ID:Sqbnx2dw
アヒャ様ハケーン。ヒヒヒ。

40 :ハルシジーニア ◆BMD1gjTVFY :04/08/08 20:17 ID:SqMIkNJr
>>38さま。月にはいろいろうわさがありますね。満月のこと満ち欠けの事。
でもね。やっぱり、月の光を浴びると元気になるというのは「闇の者」の
証拠かもしれません。あ、ゲレンさまのことではないのですよ。

41 :ハルシジーニア ◆zXwdcJt5Ho :04/08/08 20:20 ID:SqMIkNJr
ちょっとキャプ間違えました。

ところで、錬金術には水銀は重要なものですが、魔術にはでてこないのでしょうか?
あまり聞かないのですね。日本ではよく聞きますが。

42 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 02:13 ID:yfVgKrim
魔法使いのおばあさん(魔女)っていうのは、セラピストみたいなもんだって
聞いたことがある。ハーブに詳しかったり、歴史(伝説等)に詳しかったり、
人生相談にのってあげたり…
まず、人生経験が豊かでないとできないことをしていたらしい。
だから“おばあさん”なんだって。

43 :聖魔女宗信条:04/08/13 07:02 ID:UEMt8l9t
夏休みの勉強に:
ttp://www.religioustolerance.org/wic_stat1.htm

44 :本当にあった怖い名無し:04/08/13 12:30 ID:TrOF2kBr
よく映画の題材にもなってるね>魔女
このあいだ見たスリーピイホロウの魔女は恐かったー。
召喚魔法とか使ってたよ。

45 :ハルシジーニア ◆zXwdcJt5Ho :04/08/13 21:03 ID:lje0D3e5
>>44
最後は首無し騎士さまとごいっしょで「めでたし、めでたし」でした。

46 :本当にあった怖い名無し:04/08/14 12:14 ID:lepSl3RA
あれって召喚の見返りに連れていかれたのかな?
幼女だった時のかわいさと成長した後の変化もなにげに恐かった…
あんなにかわいかったのに……
もう一人の魔女のほうがここに書かれている魔女のイメージに近いですね。
召喚映像もすごかったし、魔女好きでまだ観た事ないならオススメの映画

47 :ゲレン ◆gelENE/ofU :04/08/17 18:47 ID:VinTrv2U
>>40
ハルシジーニア様、そういえば魔女につきもののネコも夜行性ですね
狼なんかも月に吠えるイメージあります

48 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 00:23 ID:qDkqa2WK
こないだ魔術ショップにいったらダチュラの種が
ものすごい高値で売られてた。
園芸屋に行けば捨て値で売ってるのにな。

49 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 19:29 ID:hxPELxw+
 ダチュラ何か雑草並みに生えてるじゃないですか、
あえて買わなきゃいけないほどの物じゃないだろうに、
都会の植え込み等にも結構生えてますよ。

50 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 19:34 ID:ZFXXb3uB
魔女が大がまで薬を作るってイメージを作ったのはシェイクスピア
ってのは既出か。いまでは殆どの人が魔女と聞いて思い浮べるのが
薬草を煎じたりするシーンだと思うけど、ピラミッドの呪いとにて
みんなが知ってる実は間違った常識だよな

51 :ハルシジーニア ◆zXwdcJt5Ho :04/08/18 19:35 ID:pAwMOZva
>>47ゲレンさま。魔女狩りの際、猫もだいぶ標的になったのでは・・・記憶違いだったかしら。

>>48さま。>>49さま。
ダチョウはどのように生えているか、教えてくださいまし。
無知なもので。よろしくおねがいしますね。

52 :ハルシジーニア ◆zXwdcJt5Ho :04/08/18 19:39 ID:pAwMOZva
>>50さま。薬だけでなく、呪術の時も大鍋で煮て呪文を唱えるらしいです。
終わったら、中身は薬にする・・ということではなく、その呪術に必要だから煮る・・・ということです。

53 :本当にあった怖い名無し:04/08/18 19:46 ID:ZFXXb3uB
>>52
わるい、おれの私見が間違ってた。
いいたかったのは、魔女と大釜っていうイメージを人々に植え付けたのがシェイクスピアってこと

54 :ハルシジーニア ◆zXwdcJt5Ho :04/08/18 20:18 ID:pAwMOZva
>>53さま。
あ、なるほど納得しました。

55 :ゲレン ◆gelENE/ofU :04/08/18 22:31 ID:URtbC8uJ
>>51ハルシジーニアさん
ネコも標的になってたのかぁ
ハリーポッターのフクロウもそういえば夜行性だね



56 :ハルシジーニア ◆zXwdcJt5Ho :04/08/19 00:50 ID:XLlBGJsP
>>55ゲレンさま
夜に歩きまわると、なにかと悪魔のほうに誤解されるのでしょう。
ふくろうもギリシア時代は知恵の象徴だったのですがねえ。
今では、魔女の道先案内人みたいに、なっていることもありますね。

57 :◆7okgWAoi7E :04/08/19 10:13 ID:hIHWT5A1
魔女狩りの頃、欧州では猫は魔女の使い魔として大量に殺された記録がありますね
その頃の反省として、どこの国だったか忘れましたが猫の謝肉祭があります

58 :◆7okgWAoi7E :04/08/19 10:19 ID:hIHWT5A1
思い出しましたが
魔女狩りとともに行われた猫狩りで猫がいなくなったのがペストが大流行した一因とも言われています

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)