5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■モニター・スピーカーの世界■

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/05 05:05 ID:E5T/ylnw
まぁ、そういわずに。

昔はノイズ検聴用に高域の辛いものが多かったのは確か。
ローレンツとか三菱のモニターなどはそういう傾向が強かった。
そうした名残はLS3/5のオフセット特性での4kHzのピークにもみられる。
(80年代のAE-1などは互換性を狙ってこの特性をそのままトレースしてる)

一方でフラット再生は録音スタジオから始まった方法論で
1950年代まではほとんどの家庭用SPがラウドネス効果を持たせていた。
例:Robinson&Dadson曲線で110dB→85dBの差分特性
ttp://www.zainea.com/tempo5.gif
エレクトロボイスの家庭用〜モニター用の見解
ttp://www.hifilit.com/hifilit/Electro-Voice/baronet-2.jpg

ミキシングの世界ではこの800〜2000Hzの右肩上がりの特性を「前に出る音」としていて
ユニークなのはヤマハのNS-10(テンモニ)がこの効果をトレースしてる。
ttp://www.tangible-technology.com/monitors/fostex/NF_1A_NS_10cmp_w150.jpg
実際にテンモニは音像の奥行き感を出すのに便利な音であるが
逆に全体の音のバランスはラージモニターで聴き直すという作業が必要になる。

最近はミックス・バランスのみで編集作業を終えてしまうことも多いため
小さくてもラージモニターのように帯域のフラットなものが用いられる傾向がある。
ATC、Dynaudio、GENELECなどが、そうしたモニターの代表格。

480 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★