5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■モニター・スピーカーの世界2■

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:00:56 ID:7cu2ZwBS

前スレ)
■モニター・スピーカーの世界■
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1086356074/l50

2 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :05/02/02 19:02:43 ID:7roQRktf
そして時は動き出す・・・

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:03:09 ID:MLiPplwT
>>1
アウシュビッツサウンド

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:17:20 ID:skDX6kh2
【レコーディング業界】 GENELEC 【標準】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1105655804/

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:24:23 ID:RN5xkHu2
主なメーカーさん(輸入元)のリンク

ADAM
 ttp://www.cfe.co.jp/adam_pa/
ATC
 ttp://www.electori.co.jp/ATCpro/atcprohome.html
B&W
 ttp://www.marantz.jp/bw-speakers/p-range.html
Dynaudio
 ttp://www.tcelectronic.co.jp/?Id=201&ProductGroupId=22&lProductId=187
EarthWorks
 ttp://earthworksaudio.com/monitors.html
GENELEC
 ttp://www.otaritec.co.jp/products/genelec/genelec_index.htm
Harbeth
 ttp://www.harbeth.co.uk/Professional%20monitors.htm
JBL
 ttp://www.harman-japan.co.jp/products/jbl_cons/jblcindx.htm
M&K
 ttp://www.mkprofessional.jp/html/prod02.html

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:25:03 ID:RN5xkHu2
MEG(musikelectronic geithain)
 ttp://www.me-geithain.de/index2.html?eng
PMC
 ttp://www.heavymoon.co.jp/hifi/pmc/products/index.html
Rey Audio
 ttp://www.reyaudio.com/index.html
TAD
 ttp://www.pioneer.co.jp/catalog/ht/index_5.php
TANNOY
 ttp://www.teac.co.jp/tascam/products/tannoy/index.html
Westlake Audio
 ttp://www.westlakeaudio.com/
YAMAHA
 ttp://proaudio.yamaha.co.jp/products/speaker/index.html


その他のメーカー製品は以下のリンクで
ttp://www.soundhouse.co.jp/
ttp://www.paradiserecords.net/proaudio/top2002.html

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:25:43 ID:nqZgUevQ
GENELECについては>>4の専用スレに


8 :(=゚ω゚)ノぃょぅR ◆iqtHplA1pc :05/02/02 19:29:39 ID:7roQRktf
FOSはどーする?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:31:25 ID:nqZgUevQ
>>8
ここか?

▲▼FOSTEXで楽しもう!!【その5】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1100590703/

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 19:51:19 ID:UykYRft9
乙です。

前スレ994で述べさせていただいた、「オーディオ機材の歴史的背景を考慮した再生」という
観念は、すべて前スレ1さんのお話を聞かせていただいて、私がこうであろうと
解釈したものです。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 20:01:47 ID:KZa3PxhL
お役に立ちそうなリンク

BBCモニター関連の資料
 ttp://www.harbeth.co.uk/LSU10.htm
ランシング関連の資料
 ttp://www.lansingheritage.org/
Stereophile誌のスピーカー測定法
 ttp://stereophile.com/features/103/
録音に関する歴史
 ttp://history.sandiego.edu/gen/recording/notes.html
磁気録音の歴史
 ttp://history.sandiego.edu/gen/recording/mag/p0.html
マイクセッティングに関する資料
 ttp://www.mtsu.edu/~dsmitche/rim456/Materials/456microphone_techniques.html
放送用マイクいろいろ
 ttp://www.coutant.org/contents.html
 ttp://homepage2.nifty.com/miguel/microphone.htm
ラウドネス効果について
 ttp://www.zainea.com/loudness%20related%20to%20mics.htm
NS-10Mのティッシュの謎ついて
 ttp://www.bobhodas.com/tissue.html
PhilipsによるQUAD ESLのモニター方法
 ttp://www.ne.jp/asahi/my/maple/column/column6.htm

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 20:11:30 ID:KZa3PxhL
AR社に関する話題もありましたので追加します。
ttp://history.sandiego.edu/gen/recording/villchur.html

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 20:49:42 ID:UykYRft9
>NS-10Mのティッシュの謎ついて

ワロタw
ティッシュが持つ固有振動数が、こうまでNS-10Mにぴったりだったという事実は、
どう間違っても偶然に違いないですよね。
語りがマジなのかギャグなのかギリギリで、ブラック過ぎます。
(各実験結果でのティッシュの品名がオチっぽいなぁw)

今のYamaha製スピーカーが、「正しい」ティッシュで最適に補正されるような設計になっていれば、
腹がよじれます。実際そうなってそうなところが恐ろしい。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:28:13 ID:OfVeXlWq
>>13
私の予想では10Mを掘り出したボブクリの好みがビンテージJBLに近いものだった
と思ってます。10Mのオリジナルは中高域に膨らみのある特性をもたせてますが
ティッシュを貼ることによりその傾向はさらに強まります。
古い時代のコンシュマーモデルにはラウドネス補正でプレゼンス感を増したものがあり
どうもそれを真似て試聴していたように思ってます。
あまり凡人が真似てはいけないことなのだと思います。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:44:31 ID:OfVeXlWq
ついでですからARの設計者エドガー・ヴィルチュアの伝記的な読み物でもどうぞ。
ttp://www.audiosharing.com/people/segawa/keifu/keifu_55_1.htm
文面は瀬川氏のものです。続けてめくっていくと色々と面白いことが書いてあります。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:47:14 ID:UykYRft9
たとえNS-10Mを手に入れたとしても、ティッシュを貼るのは
見た目が汚らしいので、私はぜったいにやらないでしょうw

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:50:18 ID:OfVeXlWq
でもそういうエンジニアが多くて80年代の録音の質が。。。(ry

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:12:56 ID:KVU4aYxc
話をARに戻すと>>15の瀬川さんの見解が正しいとすると
ブックシェルフとソフトドームはARがオリジネーターであり
その後のBBCやヤマハに大きな影響を残したことになります。
実際にARやそこから派生したKLHはアメリカのラジオ局で良く使われ
イギリスでのBBCモニターのニーズと似ていなくもないです。
FM局の発展はホームオーディオで圧倒的な影響があるので
もうひとつのモニター環境として興味あるものです。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 12:55:04 ID:O3ueKh+L
参考までに1960年代にAR3をラジオブースでの使用した例です。
ニアフィールドでミックスバランスを取る時代ではないのですが
試聴方法がニアフィールドになってます。
ttp://history.sandiego.edu/gen/recording/images3/92368.jpg

BBCでBC1モニターを使用してた頃のラジオブースの写真。
ttp://www.roger.beckwith.btinternet.co.uk/bh/cons/images/dconC_73.jpg
LS3/5aを用いたブースには以下のようになってます。
ttp://www.roger.beckwith.btinternet.co.uk/bh/typea/eg3_2.jpg
コンソールトップにスピーカーを置くニアフィールド試聴の
BBCのスタンスが理解できるかと思います。

モノラル時代は以下のような試聴方法でした。(モニター:LSU10))
ttp://www.roger.beckwith.btinternet.co.uk/bh/cons/images/bcon_bt_to_desk_from_std_1.jpg
この点からもステレオ放送以降にブース内での試聴方法が変化したことが判ります。
同様に横脇にスピーカーを置く試聴はランシングの時代にも見られます。
(Iconicモニターを使用、写真はギターで有名なレス・ポール氏)
ttp://www.audioheritage.org/images/lmco/photos/products/iconic/les-paul-iconic.jpg
これは多分、映画音声の編集ブースでの試聴方法がそのまま用いられたように思われます。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 13:13:52 ID:O3ueKh+L
参考に1963年のアルテックのカタログを載せます。
ttp://www.lansingheritage.org/images/altec/catalogs/1963-pro/page02.jpg
左上はラジオでブース窓を塞がないように横脇に置いてます。
右上は通常のスタジオですが、スピーカーが3本あることに驚く人もあるかもしれません。
実はMGM社が当時押していた映画館用の立体音声システム用に用意されたもので
センターchが既にデフォルトだったことが判ります。(むしろセンター→LRchが普通)
ドルビー・サラウンドは半世紀近く前の業務用規格のコンシュマー化なんです。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 17:11:56 ID:O3ueKh+L
そこで話をFM放送に戻すと、放送プログラムで音楽を流す場合
多くは実況中継もしくは実況録音というケースでした。
BBCなどはレコードを放送で流すことを禁じていたくらいですから
逆にスタジオで造り込まれない生演奏の記録が残っていたりします。

さて実況録音ですが、スタジオのような入念な準備もオーバーダブもなく
ダイレクト・ミキシングでそのままトラックダウンというのが普通です。
もちろんレコーディングでも60年代半ばまではダイレクト・ミキシングが普通で
ポップスで実験的にオーバーダブをしていたというのが実情です。
実況録音ではワンポイントマイクの一発録りということもあり
限られたタイムテーブルでロケーションを効率よくこなすことになります。

こうした放送局の録音はシンプルにまとめられたものが多く
今聞き返すとオーケストラ録音では素直なステレオ・イメージで聞きやすいものがあります。
むしろ古いマルチ録音だと音場のデフォルメが目立って
聴いてて窮屈に感じることもあります。(これはニアフィールドの弱点といわれてます)
これはラージモニターで聴くと反対の印象に感じるので
一種のステレオイメージの変換があったというほうが正しいと思います。

ポップス系だとよりダイレクトな感触でしょうか。
ダイレクトミキシングで録られた演奏はアラも多いですが興味深いものがあります。
こちらは70年代半ばまでがピークで、サウンドステージはほとんどありません。
初期ステレオがクラシック向けのサウンドステージを意識していたのと同様に
FM放送でもポップスのステレオイメージはまだ成熟していないという感じです。

放送ブースでのモニタリング手法については、もう少し情報を集めてみます。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:22:00 ID:dKO31DnO
>1
出遅れました。 スレ建て乙です。
当スレも楽しみにしております。

>前スレ924さん
前スレ901です。 更に遅くなってしまいましたがレスありがとうございます。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:54:26 ID:JMSDY+Dm
>>22
この手のスレにしては1000までちゃんと埋められたのがなによりです。
業務用機器はお世話になってる割にはなかなか扱いが難しいです。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 20:09:17 ID:W3XOnpUz
私も出遅れましたが、>>1 スレたて乙!です。

前スレ >>882 です。

前スレ >>945 さん、>>947 さん、>>226 さん 
CDPやBM5Aに関する貴重な情報をありがとうございます。
とてもも参考になりました。

DSDマスターレコーダーにも使えるTASCAM DV-RA1000 ですか!? すごそうですね。

小生はひよっこコンシューマーなので本スレのメインストリームの議論にはなかなか参加できませんが
本スレも盛り上がりますように!!

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 20:49:26 ID:qASoXRG9
>>21でポップスの放送録音はモノラルっぽいと言いましたが
手持ちのBBCライヴを調べなおしてみると。。。モノラルそのものが多いですね。
大概はBBC1のTop Gearという軽音楽プログラムで収録されたものです。
1967年のクリームの録音が手持ちでは最も古いものでした。

BBCがポップスのスタジオ・ライヴを本格的にステレオ収録したのは
1969年のレッド・ツェッペリンを収録したときからで
このときの録音はサウンド・ステージというものではなく
ステージそのものの収録という感じでとてもビビッドです。
これ自体は全くのテストレコードですが仕上がりは完璧です。
(バンドがほとんど完璧なセッションを叩き出すということもありますが)

逆に1972年までに時折吹き込んでいるデビッド・ボウイは
ほとんどがモノラル収録でのセッションです。
この数年間の間にTop Gearの担当者が一度外されるということがあり
理由が放送以外のセッションでのスタジオの占有時間が長いということでした。

大概スタジオ入りして1時間でセッションをこなすというタイトな情況で
ミュージシャンがアルバムで出す前のアイディアを持ち込むという不思議な収録です。
そういう覇気をバンドが熱情をもって競い合う時代でもあったと思います。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 23:03:01 ID:00pfShI8
マニアックな録音をもってらっしゃるんですねw
てか、すごく面白そうな番組ですよね。

テンプレや、>>15 >>19、その他への返信を色々書き込みたいんですが、
ちょっと眠いのでまた後日。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 07:33:47 ID:RScDUrw3
前スレも勉強になりましたので、またよろしくお願いしますです。
226さんに質問なんですが、MINITRAPSというのは
ttp://www.realtraps.com
のことですか?でもちょっとかっこわるいですね。
どっちにしてもこれは日本では売ってなさそうなので、ほかにもっとご推薦はありませんか。
僕も部屋の音響のことが最近すごく気になりだしてきまして、どうすればいいのか悩んでいます。
それと、マスタリングモニターで、Dunlavy?以外のご推薦はありますか。
実はN800を中古で買おうと思ってるんですがどうなんでしょう。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 07:42:55 ID:nmcC6EDd
226がマスタリング環境を述べるスレをキボンヌ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 08:07:22 ID:ej9sxek9
>>27
個人的には普通の家屋ならN800よりPMCのラージのほうが使いやすいと思うよ。
Dynaudio AIR20のようなミッドモニターでも十分すぎるくらい。
あとMEG 901Kも低音の指向性制御がついてコンパクトなのが魅力。

本格的にリスニングルームをやってるコテはロマンスレにいるしょうちゃんが詳しい。
防音扉付きでドラムを叩けるスタジオ並の設備を持っている。(本人はSRの技師)
1000子chにも居るから見つけて訊いてみるといい。
前スレ226は自分のモニターをはっきりしないとダメだな。(それよりも仕事の成果か)

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 08:18:02 ID:RScDUrw3
それから、防音のことでも情報があったらよろしくお願いします。
スレ違いで済みませんが他にスレがないので。。。。
たしかに226さんには新スレをたてていただくとなにかとよろしいかと。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 08:25:18 ID:RScDUrw3
どうもありがとうございます。PMCは聴いたことがありませんので、ぜひ聴いてみます。
Dynaudioは好きですがフロアスタンディングに憧れていまして。。。。
防音の件はしょうちゃんさんに聞いてみます。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 13:15:36 ID:7SbpZ6jq
>>26
ちょっとミュージシャンのスケッチブックみたいな印象もあるのですが
BBCライヴはミュージシャンの生の声を聴くことのできるドキュメタリーです。
ステレオ録音について述べようと思ったら脱線気味な話題ですみませんでした。

クラシック関連ではBBC Legendシリーズを興味もあるので後日集めてみようと思います。
ドイツ系ではKoch/Schwannに放送局のアルヒーフがありますし
オーストリアのORFも地道にCDを出し続けていますので、比較してみるのも面白いです。
フランス国立放送局もたまに手には入り、ORTFの自家製マイクの音が聞けます。
あと旧ソ連のものは比較できる録音の数が少なく判断が難しいです。
(単純にオケ独特の音色を聞き分けるのも難しい)
NHKもアルヒーフを開放しつつあるので、知ってる会場があれば参考になるでしょう。

これらはあくまでもシンプルなマイキングで収録したステレオ・イメージがどういうものか?
という参考になる録音ということです。録音の質としてはS/N比が全般に低かったり
リミッターが時々掛かったりして興をそがれるものもあるので覚悟は必要です。
逆に良質なものがあれば機器の設定に役立てることが出来ます。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 15:01:32 ID:RScDUrw3
シンプルなマイキングで録音されたCDで、
良質なもののおすすめリストみたいなのはありますか?
個人的には室内楽やピアノ音楽が好きなんですが。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 16:37:45 ID:7SbpZ6jq
>>33
手持ちのもので気に入ってるのは以下のものです。(演奏としても超一流かと)

テレマン/6つの四重奏曲 (DENON)
 フランスのロマネスク聖堂での録音で適切なオフマイク&繊細な音場で収録されてる
 各楽器のプレゼンス感や祭壇背面の反射で音像が膨らまないなどのチェックができる
Magaloff/La Valse-the Waltz (仏Accord)
 マガロフが晩年にいれたAdes原盤の録音でピアノのカラーレーションが綺麗な演奏&録音
 中域でも音色の描き分けが明瞭なので参考になる
聖フローリアンのブルックナー (JVC)
 朝比奈/大阪フィルが聖フローリアン修道院で行ったライヴ録音
 アンサンブルの室内楽的なまとまりとアナログ的な質感が心地よい

あと番外編としては
メシアンとロリオ夫妻が連弾した「アーメンの幻想」(仏Ades)があります。
シャルラン風のダイナミック&ストレートな収録で
装置の良い悪いというのを超えているような感触もあります。
シャルランの録音はワンポイントながら帯域はドンシャリで
機器の調整にはあまり向かない気がします。

参考にしたいものでは英Nimbusの極端なオフマイク録音があります。
ペルルミュシュテールの弾いたラヴェル・ピアノ作品集をもってますが
ここまでオフマイクで録った例はあまり聴きません。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 22:40:25 ID:mIgTESKX
>>33
部屋のCDを家捜ししてみたけど室内楽自体が数が少ないうえに
ウィーン・コンチェルト・ハウスSQとか古いものばかり。
比較的まともなのでは以下のものがありました。(これもマニアックですが。。。)
どうも日本人のエンジニアのもので気になるものが多いようです。

イタリアン・オペラ・ファンタジー/インデアミューレ(Ob) (カメラータ)
 カメラータはドイツ系の管楽器奏者に良いコネクションがあって多く録音を残してます
 ワンポイントをメインに楽器毎とアンビエンス用にマイクを立てたオーソドックスな録音です
 デンオンもワンポイントですが似たようにアンビエンス・マイクを補助に立てます
 録音機材についてもリストされているので音色も確認できます
 デンオンがB&Kなのに対し、Schoepsの艶やかな感じが心地良いです
 カメラータは最近レコ芸で連載されているので興味があれば読むと面白いです

ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ ヘッツェル(Vn) (ポニー・キャニオン)
 少し残響が強いかな?と感じますが、自然なバランスの録音です
 ヘッツェルのヨアヒム直系の奏法が堪能できる唯一の録音でもあります
 シェリングやシュナイダーハンとの聴き比べもオツだと思います

アコーディオン・バッハ 御喜美江 (Aeolus)
 Aeolusは良質なワンポイント録音を出しているレーベル
 アコーディオン編曲版というキワモノだけど録音・演奏ともピカイチです
 先日このレーベルでモーツアルトのピアノ五重奏を聴きましたが
 非常に良い録音でした(クワルテットのワンポイント録音は意外に少ない)

ショパニアーナ/福田進一(G) (DENON)
 タレガ愛用のギターでショパン(タレガ編曲)を弾くという企画物
 強いテンションと繊細さが混在する録音で定位感とのバランスが絶妙です
 帯域にクセがあると途端に音像が膨らみますのでチェックしやすいです

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 05:28:43 ID:CrJxmaLt
いろいろとご推薦ありがとうです。
ここにあるのはマニアックなのか、一枚も持ってませんでした。。。。
何枚か買ってみようと思います。
オフマイク?のものが多いようですが、
もっとオンマイクでワンポイント録音というのはあるのでしょうか?
室内楽やピアノだと、あまりオフマイクのものは好きでないんですけど。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 09:07:50 ID:Lc9YimMB
>>36
もともと室内楽は独奏曲同様にオンマイクで収録するのが普通です。
やはり楽器の質感を最大限に活かしたいということなのでしょう。
この場合の音場感は、ラージモニターの中央に実物大という感じになります。
実は演奏者のすぐ側で聴くというのは文芸サロンでの伝統で
蓄音機の時代からそういうプレゼンス感が中核にありました。

逆に私の勧めたソフトの多くはホールで聴く音の延長線で考えています。
室内楽の場合はホールといっても古いカジノであることも多いのですが
そういう場所は貴族館を模したような天井が高い構造をしています。
響きの強いのはメディチ家の頃からの伝統のようなので
あるいはそっちの伝統のほうがずっと昔からあったのかもしれません。
昔のカザルス・ホールなどはこれに近いと思います。(録音には不向きかも)

ワンポイント録音の場合は前者のプレゼンス感は引っ込みますが
人間の耳を模した収録方法なので、録音会場の状態が観察できます。
クラシックの演奏家の場合、会場のアコースティックとの駆け引きが重要で
アンサンブルでの駆け引き(最近はこれの上手い奏者が減りました)も
実は面白い鑑賞のポイントだと思っています。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 09:57:34 ID:03Uic1Wt
プレゼンス感で思い出したのですが
最近になって周波数特性以外の高調波歪みでのキャラクターについて考えています。
参考までにBBC LS3/5aのものとYAMAHA NS-10M Studioのものを比較します。
ttp://www.harbeth.co.uk/PDF/BBC%20LS35a%20design.pdf の9ページ
ttp://www2.yamaha.co.jp/manual/pdf/pa/english/speakers/NS10MSTUDIOE.pdf の4ページ

LS3/5aと10Mでは周波数特性は共にフラットですがウーハーの高調波歪みに違いがあります。
LS3/5aが2kHzまで引張ってくるのに対し、10Mは1kHzで切ろうと考えています。
これは音の艶やかさというのに影響する領域で、スピーカーの音色の特長がよく判ります。

これは周波数特性以外の過度特性で音のプレゼンス感の変わる典型的な例で
少なくとも70年代初頭まではこうした過度特性によるキャラクターによって
録音のプレゼンスが補完されている例があるということも考慮する必要があります。
古いアナログ録音でのサウンド・ステージについても色々と考えさせられます。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 12:28:40 ID:EG0fwU9d
ネットをうろついていたら面白いサイト/記事を見つけたので貼っておきますね。

ttp://mixonline.com/
ttp://www.crosbycpr.com/content/features/history/iicormn/remastering_IICORMN/iicormnVinyl1.html

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 12:49:32 ID:CrJxmaLt
やっぱりオンマイクでワンポイント録音というのはないんですね。。。。。
それでさらに疑問になってしまったんですが、
オンマイクの場合はどうやって自然なステレオ感をだしているんでしょう。
不思議です、、、、

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 12:53:38 ID:vWqT7wPq


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 13:20:23 ID:wOuDxizu
>>39
ご苦労さまです。
英語のサイトで機器のレビューを参照する場合には
会話のレベルが判らないのでなんともいえないときがあります。
インプレでSound is Goodと言われても2chで音イイよと言ってるのと
どう違うのか。。。orz なわけです。

一番目のサイト内の ttp://mixonline.com/recording/interviews/ では
冒頭にChesky氏が出てくるなど、こっちのほうに惹かれます。

二番目のサイトではよくあるAmpexのカッテイングマシーンを使ったやつですね。
いきなりアトランティック・レコードなのが微笑ましいですが
ファンクやブルース好きにとっては生唾ものです。
Rhinoなどほうぼうでリマスターをしているので興味のある人は集めてるかも。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:39:05 ID:fuRTfUPu
ずっと捜してたTANNOYの70年代のプロユースのカタログが見つかりました。
ttp://www.hilberink.nl/codehans/tannoy76.htm
意外にバリエーションがあったのに少し驚いています。

あとBBCのステレオ音源をひとつ手に入れましたが非常に音が良いです。
マーラーSym.3 バルビローリ/ハレ管の1969年ライヴです。
BBC Legendシリーズのひとつですが
ウォルター・レッグ傘下のアーチストのモノラル録音が珍重がられて多いなか
(レコード会社の専属契約上、当時はレコード化が無理だったもの)
ステレオ期ではバルビローリ、ホーレンシュタイン、ストコフスキー、ケンペなど
ロンドンで活躍した指揮者の至芸が良質な音で聴けるのが嬉しいです。
音の傾向はEMIと似通っていますが、より高域が丸い感じがします。
ステレオ感は広々とした音場でPPに至るまで見渡せる感じもあります。
(ときおり指揮者の唸り声が聞こえるのでそこに近いマイク設置かもしれません)
これは続けて買いたくなるシリーズですね。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 03:05:26 ID:A6xJffT5
あと一緒に購入したのは
ベーム/ロンドン響 ザルツブルク音楽祭 (ORF−米Andante)
ベーム/ウィーン・フィル ザルツブルク音楽祭 (ORF−墺Orfeo)
クーベリック/バイエルン響 (BR−墺Orfeo)
ザンデルリンク/ドレスデン・シュターツカペレo (FM東京−TDK)
という具合です。

ベームで興味深かったのはシューマンSym.4が重なってる点で
ベームにしては珍しいレパートリーであるばかりでなく
非常に精力的に(ある意味狂おしい程に)取り組んでいたことが判ります。
穏和という文字が全く当てはまらず、本当にベームか?と思うくらいです。
ウィーンフィルはステレオ・イメージが少し狭めでXY同軸での収録かもしれません。
ロンドン響のほうは自然なステレオ・イメージで天吊りのラインアレイ方式だと思います。

放送用音源で気を付けなければならないのは、XY同軸方式で簡便に収録されたのもので
明瞭度が高い変わりにステレオ・イメージの狭いのが特長です。
ORTF方式のような準同軸方式もコンパクトな音場を形成しますが
これはスピーカーの設置でかなり改善され、むしろ積極的に合わせるべきだと思います。
これで合わせて置くとラインアレイでの音場はむしろ広がり過ぎる感触もあり
シンフォニーだと聴いてて違和感ないように思います。

BBCでの音場が通常よりかなり広めなので、あるいはブルムライン方式かもしれません。
時折左右の音が被ったりするのでその可能性は高いのですが
初期のステレオ収録で使われただけで、音の明瞭度が悪いためほとんど聴きません。
でも今回の録音の通常のステレオ収録を超える音場の正確さには舌を巻きます。
バルビローリは1969年収録ですが、1959年、1968年、1969年の別のCDも予約しているので
BBC収録のステレオ・イメージの発展についてもう少し判るかもしれません。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 15:46:47 ID:YpJOMCAT
Red monitor や、Gold monitorなど
LDKスタジオに入っているalteclansing604の入った真っ赤な箱のモニターなど
レッドモニターとは何なのか教えていただけませんでしょうか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 16:33:01 ID:mFaMY0DG
>>45
Red Monitor とGold Monitorは英TANNOY社のユニットで
米Altec Lansing社 604はそれとは全く異なるユニットです。
共に戦時中に開発され1970年代まで多くの録音スタジオで使われました。
ウーハーの中央にホーンツイーターを埋め込んだ同軸型フルレンジで
Hi-Fi再生の最初期から仕様を少しずつ変えながら今に至ってます。

TANNOYが英国でEMIやDeccaの標準モニターに使われたのに対し
AltecはアメリカのJAZZやRockの録音で活躍したので
TANNOY=クラシック向け、Altec=JAZZ、Soul向けという風潮はありますが
共に当時としては低歪みで高耐力なので全てのジャンルで使われました。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 18:12:10 ID:CbPgYjoA
>>44に関する記事として以下のものがありました。
ttp://www.ambisonic.net/sfexp.html
内容は1976〜79年にかけて当時流行した4chサラウンドを放送にも使おうと
Ambisonic社がCD-4に換わる新しいフォーマットとしてUD-4をBBCに売り出す苦労話です。

そのなかでBBCのクラシック番組のサウンドはブルムライン方式の同軸マイクを
ベースにしているとコメントしています。さらに放送で流れる録音のステレオ・イメージを
放送による(集団的な)幻想という風に表現しています。

実際には1979年にAmbisonic社のサラウンド・デコーダーの採用を得たときには
ブルムライン以来の発明という風に自画自賛するわけですが
その後Doldyサラウンドに市場を追い越されます。
これは方法の良否ではなく、Dolby側とそれに先行するMGM社に
既に30年近くに渡る商業コンテンツが蓄積されていたからに他なりません。

この記事を読んで考えさせられたことは2点あって
1.イギリスのFM放送の音楽番組では1959年の初期からブルムライン方式の収録が続き
  70年代に至ってもスタンダードなステレオ・イメージとして家庭に定着していた。
2.ワンポイントマイクでのサラウンド収録は70年代から実験的に進められていて
  現在のアメリカ式のスペースド・マイクとは違う伝統のなかで考えられていた。
ということです。もう少し録音の写真とか捜してみると詳しく判るかもしれません。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 20:46:00 ID:tGIjM/Xk
>>44でのBBCに関するもうひとつのリソースです。
ttp://www.vintagebroadcasting.org.uk/stereo.htm

"The first concert to be recorded by the BBC in stereo was Mahler's Eighth Symphony
conducted by Jascha Horenstein from the Royal Albert Hall in 1959. It was an experiment
using just one stereo microphone suspended from the dome a figure of eight array -
sometimes called Blumlein). Of course it wasn't broadcast in stereo at the time as FM
and stereo didn't come in until the middle 1960s ."

この文章でもBBCのマイキングは基本的にブルムライン方式で行ったようですが
一般家庭にステレオ放送が行き渡るのは1960年代後半からになります。
確かにBBC Legendsシリーズでもモノラル収録は1967年にも存在します。
1959年のホーレンシュタインのマーラーSym.8はテストレコーディングだったようです。

あとこの手の話題ではStereophile誌のAtkinson氏が
1991年のRecords2die4でブルムライン方式のダイレクトカットLPを挙げています。
ttp://stereophile.com/records2die4/71/index1.html
ステレオ録音の原点にかえってサウンド・ステージを見直すことはとても面白いことです。
1枚参考に持っておくとモニター環境のチェックに便利かもしれません。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 23:26:20 ID:qHqpeHtp
なかなか消化できず返信してませんが、いつも読んでますよー。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 09:32:54 ID:t9qoPvoz
今のところ、ニアフィールド・モニターとサウンド・ステージの関連について
BBC LS3/5aをひとつの起点と考え、その周辺で起こっていたことを懐述してました。

1.ニアフィールド・モニターは放送ブースの狭い空間での必然性から生まれたもので
  FMステレオ放送の発展と関連性がある。
2.アメリカでは1960年代からAR、KLHのようなブックシェルフ型スピーカーが
  ステレオ用にコンソールトップに配置されブースのモニターに用いられた。
  ttp://history.sandiego.edu/gen/recording/images3/92368.jpg
  それ以前はAltec 604などをモノラル使用でミキシングしていた。
  ttp://www.lansingheritage.org/images/altec/catalogs/1963-pro/page02.jpg
3.イギリスでのステレオ放送は1959年のテストレコード以降ブランクを経て
  1960年代後半から開始された。その頃のマイキングはブルムライン方式である。
  ttp://www.mtsu.edu/~dsmitche/rim456/Materials/Blumlein1.jpg
  BBCがLS3/5aに至るまでのブース内モニターの状況は>>19を参照。
4.BBCでポップスのステレオ収録は1969年にテストレコードが行われたが
  これはクラシック番組と比較して10年遅れている。(>>25参照)
  これ以降も1973年程までモノラル収録が続くのはクラシックの場合と同じである。
5.ブルムライン方式でのステレオ・イメージの定着は1970年代中頃には標準になり
  新しい収録方法の提案にも下位互換ということが常識と考えられていた。(>>47参照)

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 11:04:58 ID:GGN9OBJZ
私にとって大変興味深いスレで勉強させて頂いてます。
私は作曲を勉強中の学生で、製作環境とリスニング環境が同じ中におります。
まあ、要するに一つのシステムでモニタリングも鑑賞もしているわけです。経済的事情が主なわけですが。

現在10帖ほどの部屋が作業部屋となっており、機材やら本やらが詰まっているような部屋でB&W CDM1SEとDENON PMA-2000IIIという、かなり無理のある環境で作業しております。そこで大きくシステムを変えようと計画しております。
現在、SPは机の両サイドにおいてニアフィールドとして使ってます。机の幅は1m強程度で正三角形を描くよう配置しています。また、簡易的ではありますが防音も多少施しております。

そこで相談させて頂きたいのですが

1 モニターとしての基本的な性能を十分に満たし
2 指向性が心持ち広く(というか鋭いと作業的にとても疲れる)
3 観賞用としてはソースの粗も良いところもそのまま出す

といったようなモニタースピーカーをさがしております。

現在私が聴いたことのある中での候補は(月並みな結論になりますが)、部屋の大きさ等も考えまして、

・Genelec 1031Aまたは1032A
・BM6A

というあたりを考えておりました。

聴いたことの無いものではGenelec 1034B(日本だと80万程度でしょうか)、あるいはK+H O400yADAM等も興味あるモデルです。

試聴経験が少ない・投資の掛け具合が少ない・知識も少ない等いろいろな意味で経験が浅いのはでありますが、もしよろしかったら「それよりこういう風にシステムを考えたほうが良い」「その用途なら一般的にはこれがお勧め」等々ご意見いただけませんでしょうか?

52 :51:05/02/07 11:18:24 ID:GGN9OBJZ
1034Bはニアフィールドとはちがう、ちょっとジャンルの異なるものかもしれませんが、「モニタと鑑賞を両立させる」ことを考えるとこういうのありなのかな…と
また、基本的にSPとアンプのマッチングはかなり私にとっては難しい問題で、それを回避するパワードタイプを選択肢に入れていました。
パッシブならXR50のような安価なデジタルアンプも良いのかな、と思ってはおりますが…

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 12:02:09 ID:t9qoPvoz
>>51
自宅での製作環境を中心に考えればDTMということになるでしょうか?
BM6Aはどちらかというとアコースティック楽器を中心にした試聴では良いですが
DTM環境でいうとGENELECのほうが個々の音のレスポンスが良いと思います。
ただDynaudioも今回のBBC採用でストレートな音になったと云われます。
少なくともパワード&バイアンプにした時点で雲の晴れたようなレスポンスは期待できます。

HipHop系ではTANNOY SGM10が多く使われたことがあり
後継機種のSYSTEM 10で低域のグルーヴを聴きとるには便利そうです。
あとマニアックなものでは富士通テンのTD508やTD512があり
レンジは狭く音色の描き分けも浅いですがサウンドステージの再現は正確です。
人によっては音の造り込み用とミックスバランス用とで分けていることもありますので
オールインワンで不満な部分を補うということも考えてみるといいかもしれません。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 12:41:22 ID:STHlAbWu
>>47

|ブルムライン方式の同軸マイクを

http://homepage.ntlworld.com/chris.burmajster/Coincident.htm
これのこと?


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 13:04:49 ID:t9qoPvoz
>>54
ペアマイクだとそういう配置になります。
あとAKG C24やC426Bのようにオールマイティなステレオマイクもあります。
最初の時期はColes社のリボンマイクを使ってたようです。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 13:33:49 ID:t9qoPvoz
Coles 4038です。
ttp://www.coutant.org/coles.html
ttp://www.wesdooley.com/aea/ds_Coles_4038_mounting_options.html
>>48のStereophile誌のレビューも参考にしてみてください。


57 :51:05/02/07 13:54:47 ID:GGN9OBJZ
>>53

アドバイスありがとうございます。

製作はほぼDTM的ですね。声とギター以外はほぼ全て電子的なプロセスになります。
リスニング的にはジャンルは特定されておらず、クラシックからテクノまで聴きます。

確かにTD508やTD512あたりなんて面白そうですね。私は歴史をあまり知らないのですが、このベクトルはモニタースピーカーがあまり追求してなかった分野なのかな。
こういったもので製作的な欠点をカバーすることを考えるとまるっきり性格の違うものをおいてみるのも良いですね。まあ、10Mのようなものでも良いのかもしれませんが。

BM6Aや1030Aなんかはしょっちゅう聴いてるのですが、好み的にはGenelecのかっちりした感じ(レスポンス?)が好きではあります。
そういう点でGenelecが気になるのですが、聴いたこと無いものも結構あって8000シリーズ等も気にはなってますが情報が少なくて戸惑っているところです。
設計が新しい分、新しい方法等も取り入れられてるんでしょうけども…。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 15:05:04 ID:t9qoPvoz
>>57
最近タンジェリン・ドリームの70年代の録音を興味をもって聴いてます。
アナログ・シンセだけでインストを組んだユニークなバンドですが
彼らは初期のコンサートを聖堂で行いかなり成功したようです。
聖堂の深いエコーとシンセの無段階の音程が瞑想的だといえばそういう感じもします。
もともとシンセサイザーは黒人教会の電子オルガンから発展したのものですが
こうした電子シンセの原風景というのが聖堂での音響に由来しているのは
ステレオ録音のサウンド・ステージを考えるうえで面白いことかもしれません。

あとGENELECが良いというのは電子音は生楽器に比べダイナミック・レンジが平板で
中高域での過度特性が敏感で歪みが少なくないと音のプレゼンスが埋もれてしまいます。
古いスピーカーだと歪みにマスキングされる可能性が高いということもあります。
生楽器が中心で電子音を背景に添える程度ならDynaudioのほうが良いと思います。
(作品全体にアコースティックなテイストを求めるという別の方向性もあります)

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 15:13:47 ID:Qd6mT34P
8000は歪み相当少ないよ
キャラもだいぶ違うけど
出方がカマボコという感じ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 16:46:08 ID:t9qoPvoz
電子音楽についていうと
例えばブライアン・イーノがディスクリート・ミュージックを発表したとき
細野さんだったか、全てがオリジナル音としてパッケージされた初めての音楽
という含みのコメントをしていました。(かなりうる憶えですが)
それまでにもシンセ・ミュージックのLPはあったのですが
環境音楽というジャンル自体がそういう感触を抱かせたのか
シンセサイザーがコンサートでの音響装置を意識した作りなのかは不明です。

例えばコンサートPAの世界でJBLが達成した音響効果は
1970年代のアメリカン・ロックのステレオ・イメージに大きな影響を与えています。
ttp://www.audioheritage.org/images/jbl/photos/pro-speakers/grateful.jpg
先のシンセサイザーの宇宙的なイメージは欧州の聖堂に根を下ろしていることも
なんとなく理解できることです。これに対し環境音楽はどうなのか?という問いなのでしょう。
臨場感という場のない音楽、という意味では新しいアプローチだったかもしれません。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 21:14:00 ID:qa0LRfQD
別の面から考えると演奏の実体感というのはトーンのプレゼンス以上のものがあります。
例えばボブ・ディランの「追憶のハイウェイ61」で伝説となった
ブルームフィールドというブルースギタリストは、どんなに込み入ったセッションでも
周りの情況から自分のギターの音を浮き立たせるテクニックがありました。
最初聴いたときはオーバーダブと思ってたギタープレイはセッション録りの1発勝負でした。
その後一緒に参加してたアル・クーパーと「スーパー・セッション」と称するライヴを展開します。

またモータウンのアレンジも当時の常識を覆すアイディアでいっぱいでした。
大規模なホーンアンサンブルをダンスミュージックに持ち込んだり
ボーカルのミックスで左右を逆相に持ち込んで広がり感を出すなど
実際のステージにはありえないサプライズなサウンドを繰り出しました。
非常にレベルの高いセッションであったにも関わらずバンドマンのクレジットはなく
最近になってそのサウンドを支えていたバンドマンのことが明らかになりました。

もしアレンジを勉強するならば、楽器のダイナミズムを体感することが正解のように思います。
古いJBLやAltecのスピーカーなどは演奏の腕を磨くには多くのヒントをくれます。
ある種のデフォルメは付きまといますが、ダナミックレンジの浅い音は当然のように沈み
生きた音は浮きだって鳴ります。アレンジの音の生死を見極めるのもモニターの役目です。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 22:48:25 ID:oJcEmNyL
うう、目からウロコもののお話ですね。
ダンスミュージックのような、人工的な音の曲の方が、良い再生機材を求めるように思ってます。
低音がボワボワしてもだめ、ドンシャリであって、かつ中域の美味しい部分が埋もれちゃだめ。
条件厳しいです。

ちょっと前に、CDのサンプリングレート(44kHz)で満足できると書き込みましたが、
重要なのは音のコントラストであると思うからです。
上手いこと作られた曲は、パートが他のパートを邪魔せず、むしろ引き立てるようになっていると思います。
人間は相対的にしか対象をとらえられないので、音そのものの解像度よりも
他の音との対比が重要だと考えます。

そのギタリストのお話、とても興味深いです。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 00:34:44 ID:2ses1DWW
マルチウェイのモニターだと、ニアで聴いて決めたBPMがPAで鳴らした時に、しっくりこないときがあって、よく隣りの部屋から部屋の鳴りを聴いて決めてたけど、フルレンジはそういう違和感が少ない。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 00:47:24 ID:Z0kiv7jL
フルレンジ、要チェックですな。

65 :51:05/02/08 08:48:42 ID:vNBEmMNm
レスありがとうございます

>>58,60-61
タンジェリンドリームやシュルツェの試みは今振り返って聴くと色々な示唆がありますね。
英米のシンセが従来のオーケストラの楽音を補完・模倣へと注力していく一方、ドイツではシンセそのものの音の純化というものがメイントピックとして扱われたというような背景が濃くあるかと思います。
Enoは積極的に発言する数多くない音楽家ですが、残念ながら日本語になっていない文献が多くあります。
その中の一つにこのスレと割と関連がある本もあります。

Good Vibrations: A History of Record Production(Sanctuary Pub Ltd,1999)
Mark Cunningham,Alan Parson,Brian Eno

プレーヤー、プロデューサー、エンジニアの立場からレコーディングの歴史を解きほぐす試みですね。

余談として
深いリバーブがなぜ瞑想的なのか、それはやはり教会の音響が与えたイメージが決定的だったのではないでしょうか。
西欧社会いおいて深いリバーブが掛かる人口建造物は教会(城というのもありますが)で、リバーブ=教会のイメージの投射があったのかもしれません。
キリスト教社会においては教会は「天(神)」と「この世」を結びつける媒体で、そこに「宇宙」的なイメージが付随していったのかもしれませんね。

モニタースピーカーとしては、Dynaudioはリスニングと製作をはっきりと峻別しない方向性もあるようですね。
私はオーディオを楽しむ方々の常識はあまり知らないのですが、BM15やBM6などはオーディオとしても使われるものなんですね。
パワードじゃない場合、そういう人達はどういうアンプを使っているのか気になるところです。

>>59
8000の情報ありがとうございます。カマボコだとクロスオーバー帯の差がかなりあるのかな。
8000系なんかだと振動も相当に押さえ込まれて置き場所を選ばないようになっているようですね。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 11:03:53 ID:vpfHHJ4z
ステレオ・イメージひとつ取っても文化的な背景が沢山出てくるもので面白いですね。
それだけステレオ再生というのが汎用性のあるフォーマットだったことにもなるのですが
録音に残されたローカル・ルールに気付くのに経験が必要という別の側面も出てきます。

モニター環境によって試聴感覚の違いが出る原因は以下のようなものです。
1.周波数毎の指向性の違い(定位感、広がり感が異なる)
2.高調波歪みの違い(プレゼンス感が異なる)
3.ネットワークに起因する過度特性の違い(音の吹き上がり感が異なる)

これはどの状況が優れているとか好ましいとかいう問題ではなく
状況に合わせてモニター環境を判断できることが望ましいという感じがします。
伝統的にはラージとスモールという区分で調整してきたものです。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 00:08:35 ID:bf3tuIPg
哀しいのは10年くらい前のCDで某有名日本人クリエータ
(ぷろぢゅ〜さ〜)FHとかの音源が
折角ボ〜カルに大人物をフュ〜チャ〜しておいて、聴いて見ると
その歌声にだらしない空間処理されているとき。
ラージとラジカセの区別がついてないんじゃないかと思う。
まあどこでも同じに鳴るのは凄いがしかし、モノで聴いた方が良いなんて。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 01:25:56 ID:mwn/tdRz
ニアフィールド・リスニングによるサウンド・ステージの発展について懐述するために
BBCにおける音場再生について情報を集めていましたが
LS3/5aが発表された1970年を境に5年間を前後して急激に普及していった感じがします。
1960年代中頃からステレオ放送が本格化し、家庭へのダウンサイズが進行しますが
この頃は中型のブックシェルフが中心でコンソール・トップの配置には無理がありました。
LS5/5の頃は基本的にフロア・スタンディングであったことも伺えます。
ttp://www.harbeth.co.uk/LSU10.htm
小型であるLS3/5aの開発の背景には放送ブースの狭さにも理由があったわけですが
ステレオ・イメージを狭い空間に仮想的に配置する方法についても実験を重ねました。
このサウンド・ステージという疑似音響は、その後のニアフィールド・リスニングの基本に
なりました。この頃のマイキングはブルムライン方式を標準としていました。

一方でスピーカーの小型化に1950年代から取り組んでいたアメリカのAR社は
スピーカーの設置方法については従来のものと大きな違いを見出していませんでしたが
1960年代にウォール・マウントからコンソール・トップに変化し始めていることも伺えます。
ttp://history.sandiego.edu/gen/recording/villchur2.html
ただカタログでの放送用モニターはむしろ例外的なもので、スピーカーのデモンストレーションは
もっぱらステージ上に配置した弦楽四重奏団との音響比較によって行われていました。
つまりマイキングはスペースド・マイクが基本で行われていたことも判ります。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 01:28:37 ID:3UOZqQyp
まあ、それも一つの原音再生の悲しみなのかも。

それはさておき、近頃気になるものにADAMがありますね。
東京で試聴できるところはないですかね。
販売店を知らないから販売価格も分からないんで、候補にあげることも出来ず。。。

ADAMは作成方法からすると結構高そうだなとは思いますが。
Genelecの8000系やDynaのAir系等々の新しい波ってあまり使用例が多くなくて、ついでに聞けるところも少ないっていうかなくって、「この会社のこの製品コンセプトでこういう構造を採用してるなら」というところから想像で補っているじょうたいです。

ちなみに個人的にはミッドフィールドもかなりきにはなるけど、皆さんは気にならない?
ディナのM系とかGeneの1035とか。個人では使わないものなんですかね。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 01:47:43 ID:eNHPtk9g
もうひとつARについて考慮すべきことはクロスオーバーの扱いと東海岸特有の音質です。
ttp://history.sandiego.edu/gen/recording/villchur2.html
まずクロスオーバーですが、ミッドレンジがクリアネスの部分まで受け持ち
ツイーターがブライトネスやアンビエンスを受け持つという設計が打ち出されています。
これはAR2のときにはかなり特異で、ツイーターはミッドレンジと完全に被っていて
今で言うスーパーツイーターの役割を担っていることが判ります。
更にAR3の頃まではブライトネスの部分は基本的に低めに設定されていることも判ります。
さすがにLSTに至ってはアンビエンスの再生を狙ってフラットかつ広指向性を目指しています。

アメリカのステレオ録音を追っていくと、60年代まではサウンド・ステージという概念がなく
もっぱらインストの質感に頼っていたように思います。なので今のようにフラット再生ではなく
サウンド・キャラクターの問題として帯域を分けて調整することが可能だったのです。
通常はブライトネスを抑えるとアンビエンス成分も頭打ちになりサウンド・ステージは減退します。
またAR社がLSTを出した時期はBOSE社も901で台頭していた時期で
室内音響とホール・トーンの疑似再生について様々な理論が生まれていました。
こうした考えはスタジオ・モニターとホーム・オーディオとの分かれ道に至るわけですが
サウンド・ステージを作る側の思惑と再生側でイメージの補完を試みることの境界でもあります。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 01:57:50 ID:8RfToo9M
>狭い放送ブースに置けるスピーカー
なんかうれしいコンセプトですね。すごく本気で小型スピーカー制作に
取り組んでいたことが想像されます。
そのおこぼれとして、自宅に同じものをいただけるわけですから。贅沢だなー。

私はやはり、小型スピーカーがいいですね。
暮らす部屋自体が大きくないですし、設置場所も取らないので魅力的です。
気づいたのですが、私ははじめからスピーカーに完璧を期待していないのかもしれません。
きちんと聴こえるようにするには部屋の問題、コストの問題が大きすぎます。

今この瞬間、部屋の中では音楽CDの音(The Best of Joe Pass)(笑)以外に、
ファンヒーターの音、PCの冷却音、外の音などが、かなり大きいです。
もし「音響設計されたノイズの無い部屋」を持っていれば、音を聴く為の手段は選びません。

実生活ですとそのような部屋は持っていませんし、いろいろ遊んだりくつろいだりする部屋に
スピーカーは置かれるわけで、「邪魔にならない」という条件が大事になりますw

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 02:03:57 ID:8RfToo9M
>70
女性ヴォーカルの声やクラッシュシンバルの音が、
キンキンしていないのに無限に響くように聴こえるものがありますよね。
それがおっしゃっている、ブライトネスを抑えつつもアンビエンス成分がある、
という音なんでしょうか?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 02:26:22 ID:go3g7JvO
>>69
基本的にミッドフィールドはステレオが考案された当初からあったものです。
BBCのLS5/5などはまさしくミッドフィールド・モニターですし
Altec 604をモディファイしたUREI 809もミッドフィールドに数えてもいいと思います。
家庭で使ううえでミッドフィールドは丁度良い大きさで便利です。
以前、友人がTANNOYの12インチを持ってましたが、ほとんどオールマイティーに鳴ります。
70年代に入ってコンプレッサーで潰したドラムやベースが増えますが
ミッドフィールド以上で聴くとブーミーに響くことが多く、むしろ抑える側にまわることになります。
友人はグランジ系の音が好きだったので、その辺は問題にしていませんでした。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 02:37:29 ID:CFk7WjZ5
>>72
ボーカルではクリアネスを確保して上を切ってリバーブを掛けるとそういう音になります。
シンバルはむしろクリアネスは強調せずにブライトネスを膨らまして録るでしょうか。
50年代のシンバルはクリアネスが強いので耳に刺さってきます。(こちらが正解?)

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 02:43:36 ID:8RfToo9M
すごいっす。よくご存知ですね。
ああいう音が全然作れなくて、うんざりします。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 02:52:35 ID:8RfToo9M
キンキンした音はものすごく嫌いです。まさに刺さってくるように痛いw
耳が悪くなりそうです。
キンキンしていないのに、シュワーンと響く音は逆に大好きです。たまらない。
この音が聴けるのも、フラットな特性を持つスピーカーが登場したおかげなんですね。
いい時代に生まれましたw

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 09:09:14 ID:AkKl0ub1
>>76
昔のホーンドライバーは高調波歪みが1ケタ〜2ケタ大きくて
基音が鳴ると高次音がパシャーンと響き渡る。これがたまらない人も多いです。
逆にクリアネスをしっかり維持することで打音も明瞭に録れています。
ジャズ・ドラマーは打音のタッチがすごく巧いので
シンバルだけでもこんなに表情があるんだ。。。と驚くこともあります。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 11:17:51 ID:AkKl0ub1
ステレオ・イメージのもうひとつの雄にウォール・オブ・サウンドがあります。
名称自体は後期ビートルズのプロデューサーだったフィル・スペクターによるのですが
1960年代初頭からアメリカのソウル系レーベルを席巻することになります。
こういう音場は映画館での音響が元にあったようにも思いますがいかがでしょうか。
ステージではなくスクリーン一杯に広がる音響です。

よくビンテージ機器を好む人は、音圧で身体全体が満たされる感じを最高と言います。
実際にモノラルでも同じ感想をもつことが多く、プレゼンスが張り出した音には
それでないと得られない魅力があります。
逆に70年代以降に出てくる空間的なサウンド・ステージを再現できないこともあります。
楽器の配置が曖昧なばかりか、遠吠えのように聞こえて全体がショボショボします。
こうなると録音の種類をほぼ半分に分けて選ぶということになります。

今でもJBL 4312がロック好きに根強いのは、こうしたサウンドの継承があるからで
これはこれで認めるべきだと思ったりします。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 18:32:48 ID:K6zv/4MT
大瀧詠一が「日本のフィル・スペクター」を自称していたのを思い出しました。
ロンバケよく聞きました。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 19:16:15 ID:p5mHkzKX
>>79
そういえば大瀧詠一氏は機材マニアという側面もあったらしいですな。側近?にカスタマイズさせた
QuadEightの小型コンソールを使っていらしたようですが。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 00:09:29 ID:bMtljGIA
少し話がポップス寄りになってきたのでアメリカでのボーカル・マイクについてコメントします。
アメリカでHi-Fi用マイクが出てきたのはRCAのType-44Bからです。
アルミのリボン箔を用いたベロシティマイクで特性は以下のとおりです。
ttp://www.coutant.org/2.html
ビング・クロスビーやエルヴィス・プレスリーの録音で知られていますが
ともかくしなやかで高域の抜けが良い音で収録できます。
特性では6kHz付近のクリアネスがあって、中域のふくよかさと絶妙のバランスをもってます。

これに続く影響があったのがShureのSM58です。
ttp://www.coutant.org/sm58/index.html
こちらはムービング・コイル型のダイナミック・マイクで、非常にタフな構造をしています。
面白いのは特性的にRCA Type-44BX同様のクリアネスを模倣しながら
さらに+5dBの膨らみをもたしていることです。
ライヴ・ステージにおけるSM58タイプのマイクの存在感は格別のもので
エレキ・ギターやドラムに囲まれてなお、それを突き抜けるクリアな音で抜け出せます。
最近の録音では、エリック・クランプトンのMTVアンプラグドやMISIAの星空のライヴなどで
そのパフォーマンスぶりが聴けます。コンデンサー型と違い、少しザラつき感がありますが
ブースに引き籠もるような必要もなくクリアに録れていることのほうが傾聴に値するところです。
その意味ではオープンなセッションで録ることの利点を活かした録音の多いことも確かです。

いずれにせよ、この手のマイクには近接効果による中低域の膨れあがりがあり
舞台なれしている歌手は、声の厚みとクリアネスのバランスをコントロールして歌います。
逆に昔のロカビリー風ということで、胸声の被りをわざと模した録音(クィーンなど)もあります。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 02:16:00 ID:QgKc82Pi
楽しいー。
エンジニア達はかなりマニアックな、内輪ウケする類の音作りをしてるんですねぇー。

マイクそれ自体が、美音主義なんですね。よく考えれば普通の流れかもしれません。
ピアニストが好きな音色を持つピアノを選んで弾くのと同じ理由と考えれば、
マイクがプロセッサ・エフェクターの役割を備えていても、違和感はありません。
振動や風などによるノイズの対策も要るようですしね。

歌手やアナウンサーの立場で考えると、べつに自分の声が全く色づけされずに客席に届く事より、
いかに「良い音」として伝わるかが重要ですものね。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 07:59:09 ID:yi+8E+oo
ウォームな中低域と輝くプレゼンス、抜けの良いクリアな音。。。なんていうと
ひと昔前のオーディオの宣伝のように思われますが、実際そういうサウンド傾向はあったのです。
これはスピーカーのサウンド・メイキングの上でもヒントになることで
それぞれの帯域でのおいしいところを狙った70年代のJBLのプロユースなど
超Hi-Fi的な要素も含めてリッチなサウンドを生み出したように思います。

84 :51:05/02/11 14:12:11 ID:nBn/6yXc
>>82
音を作る側の考えでは、おそらくマイクを通した後の音が「原音」となるんでしょうね。
シュアーのSM-57、SM-58、ノイマンU87あたりはあまりにもよく使われてるので、聴く側もこれらのマイクの性格を知っておくのは、「説明的」なリスニングをする場合には無駄ではないかと思います。

私の方はまだ新モニターをどうするか絞りきれてないので偉そうなこといえませんが…w
ちなみにBM6AかADAMのS2Aの二択にまで絞ってます。MEGなんかも非常に面白そうなんですけど、音が聴けないんで…
アンプとのマッチングのことを思い悩むのも楽しいのかもしれませんが、限りある予算(総額50万程度)の中だとパワードが質・コストともに優れているように感じますが…。
それと私の場合、ニアフィールド〜小中規模の部屋なんで、どの程度の大きさのものにするのが適当か…ということでも悩んでいます。
現在6帖程度の部屋ですが、いずれ10帖程度のところに移る予定なんで余計に悩み中…。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 23:09:21 ID:QgKc82Pi
うらやましいです。どちらもよさそうです。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 11:14:29 ID:isjzHLM7
おい、いいかげんなことばかり書くな。素人が信じるだろ。こんな腐った教科書みたいな中途半端なしったかぶりはよせ。お前のようなやつらがいるから、いつまでたっても日本のレコーディングは三流なんだ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 12:21:29 ID:CrwLt1q5
最近になってRCAのリビング・ステレオのSACDが出ましたが
SACDマルチは新しくミキシングしなおしたのかな?と思ったら
スペースド・マイクによるオリジナル収録だったのですね。
スペースド・マイクの配置は以下の通りです。
ttp://www.mtsu.edu/~dsmitche/rim456/Materials/3_Omnis.jpg
これはもともとWEが提案してたステレオ方式で
映画館用設備での再生を目指して考案されたものです。
RCA系ではディズニー映画でFantasoundが使われました。
ttp://www.widescreenmuseum.com/sound/Fantasound1.htm
RCAでは2chによる準同軸方式での収録も提案されてましたが
3chのイメージをパンミックスする方式は以下のような概略です。
ttp://www.mtsu.edu/~dsmitche/rim456/Materials/center_mic.jpg

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 14:54:03 ID:Oh8J/QHN
モノラル→マルチトラック への移行時に、一気に音場のデザインや収録方法を
決めなければいけなかったようですね。それにしても、私から見れば、当時の時点で
すでに基本的なコンセプトや技術は完成しているように思えますw

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 15:13:47 ID:CrwLt1q5
>>87のFantasoundで面白いのは、8ch入力の全てに音声チェックの人員を配置し
最終的には映画館の広さの部屋でミキシングしています。
当時の光学録音機の信頼性もさることながら、実験的なニュアンスが強いことも伺えます。
今でもソニーのようにダビングシアターと称するスタジオを有するところもあり
新しい音響エフェクトへの興味は尽きないということでしょうか。
ある現象を丸ごと実物大で再現してしまうリアリズムというのは
アメリカ的な合理主義(?)のひとつなのかもしれません。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 15:25:49 ID:CrwLt1q5
>>88
当時の規格競争は凄く過度的なもので
戦時中に娯楽産業が凍結(軍需産業への移管)するまでの10年強を
取り戻すかのように一度に吹き出した感じですね。
結局、英国のステレオ方式と米国のサラウンド方式とは平行線を辿って
片やコンシュマー市場、片やショウ・ビジネスの市場へと棲み分けされていきます。
しかし基本的なコンセプトは当時のものが今も生きていて不思議な感じがします。
私個人はその意味でもステレオ・イメージという疑似体験の歴史性が
モニター環境の基本になるようにも思うのです。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 19:55:37 ID:fS+U0fQG
>>86
知識だけじゃ一流になれんわな。
俺は欧米に行くとthの発音が耳についてムカつく時が有る。
シュッシュゆってんじゃねーよ。唾跳ぶだろが、口で効果音出してるんじゃねえって。
駄目かしら?きっと向こうでボ〜カルなんか録れないな。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 22:45:15 ID:dX53Y0fb
もう少し英米のリソースにお付き合い戴いたら日本のオーディオに移りますよ。
コンシュマーでのフラット再生に関しては最も先進的な部分もありましたが
モニター的というときに含まれる語弊には日本的なものが含まれます。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 23:10:54 ID:Oh8J/QHN
よろしくお願いします。
英語はあまり得意じゃないですが、英国のロールプレイングゲームを遊んで
強制的に慣らされましたw

情報劣化・変質がテーマになっているこのスレッドにおいて、
われわれが記述内容を鵜呑みにする、と心配することはナンセンスです。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 00:06:01 ID:FvU5aMDr
>>93
情報劣化・変質がテーマというのは面白い視点ですが
録音のオリジナルなサウンド・デザインに対しては
音源の物質的劣化と技術の継承的な劣化があるように思います。
ほとんどの場合は録音の新旧で全く印象が異なるので
価値観の共有が容易ではありません。これでは忠実再生にはなりません。
そのためには各分岐点に立って順を追って考えるべきで
録音の特徴と位置付けがそれによって明らかになってきます。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 00:21:25 ID:JGMYHulu
すいません、あいまいに書いてしまったかもしれません。
「音源」は、例えば歌なら、歌い手の声そのもののことを意味しているつもりです。
(普通ならば流していた内容ですが、スレッド的にお答えすべきだと思いました。)

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 13:14:49 ID:CZg5+nAu
スレ違いになるかもしれませんが、私はピアノ弾きなのですが、オーディオ的にも使えるモニタを探しています。
自分で録るのはサンプラーから演奏の録音はしています。本当はマイクで録りたいのですが、難しすぎて、、、orz
クラが本業ですが、基本的にはなんでも聴いてしまうので特定用途に向けた、例えばクラだけとかようなものは避けたいです。

このスレは1から全て読ませていただきました。
話題の中心はミキシングモニタとなっているようですが、無理なく低域まで再生させるのはサイズ的に難しくは無いのですか?
サイズ的にはマスタリングモニタがあまり無理はしてなさそうだと思うのですが、マスタリングモニタは一般のホームユースでは考えない方が良いんでしょうか・・・?
ちなみにピアノは6畳の音の出せる部屋に置いてますが、その程度の大きさならミキシングモニターで問題ないのかな?
予算が30万と少ないんでそもそも予算的な問題で無理かもしれませんが。。。
私のような素人が質問するのも場違いで気後れしてしまうのですが、皆様のご意見をお聞かせ願えないでしょうか?


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 13:31:39 ID:9/PNU61O
ソナス、ジェネリック、ビクター、エクリプス、
他にも30万出せば良いのは沢山あるけど、
一番ピアノをピアノらしく再生するのは、
ELAC CL330.2JETだよ。


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 14:17:52 ID:CZg5+nAu
作るときはソニーの耳の痛くなるヘッドフォンでほとんど調整しています・・・お金があればピアノを再生させるのも欲しいです。。。
が、予算の関係上、一般的に使えるオールラウンダーをまずは置いておきたいかな…

ジェネの1029AとかFostexのNF-01Aとか聴いたことあるんですが、いかにも「モニターです!」って言う音な気がするんですよね。
単にグレードの低いやつだったからなのかなあ

ともかくELAC、こんど探して聴いてみますね

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 14:39:38 ID:pDNVO1ak
>>96
ピュアオーディオの製品でというのならば
なるべくフラットな特性のものを選ばれるといいと思います。

参考になればいいのですが、家ではヘッドフォンはAKGのK270とK240で
ノイズやイコライズ処理の時に利用して
マスタリングのときのエフェクト処理の確認はB&Wで鳴らしています。
ここでは音の傾向を確認するのではなくて、とにかく定位や音場の確認のみです。

ピュアで使われる音楽的に奏でるスピーカーを使ったことがありましたが、
マスタリングには不向きで、B&Wの「再生装置的な音」が音を観察するのに適していました。

最後に、マスタリングモニタはピュアよりDTM板の方が詳しい人がおおいとおもいますよ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 14:41:36 ID:UlUcKQED
高域が耳につくんなら富士通テンのTD512orTD508なんかもどうだろ。
ピアニストでも使ってる人がいるみたいなのでHPを見てみるといいよ。
ttp://www.eclipse-td.com/j01_top/index.html

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 14:43:06 ID:qCJKF6Qx
いま、レコーディングモニターは密閉型がトレンドって本当?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 15:38:17 ID:CZg5+nAu
皆様レスありがとうございます。
なにぶんオーディオに関しては完全な初心者なもので、是非再生技術に関して造詣の深い皆様のご意見というのもうかがいたいと思いまして、、、

>>99
B&Wは使ってる方多いですね。私の周りにはオーディオに詳しい方が少なくって、気にしない人は中古のラジカセとかいますw
私も知人がシステムを変えたときに譲ってもらったB&WのCDM7NTとPM-17SAを使ってます。

もっとも、きちんと聴くときはHD-580、作るときはCD-900ST、といった感じで、こっちはかなりしっかりした音が出るんですけどヘッドフォンはできれば避けたいので、、、

>>100さん
高音がきついというか、「あれ?確かに全部音はきちんと聞こえるけど、不自然」みたいな感じがしまして。。。
単に耳が悪いだけなのかもしれませんが;
TD512、かたちが素敵ですね。もうちょっと出力が欲しいかな、という感じもしますね。
B&Wは使ってる方多いですね。私の周りにはオーディオに詳しい方が少なくって、気にしない人は中古のラジカセとかいますw

ちなみに自分だけ聴くわけではなくて、人に聴いてもらう機会も多いのでいかにもモニターっぽいのは避けたかったんです。
そういう意味でマスタリングモニタが良いのかな、なんて思っていました。

う〜ん、むずかしい・・・

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 16:26:14 ID:UlUcKQED
>もうちょっと出力が欲しいかな、という感じもしますね。

まぁ、こんな感じなのだけど。。。
ttp://www.eclipse-td.com/report/special/kishino/index.html
小ライヴくらいなら十分な出力をもってるらしい。

ちなみにTD508で十分といってる人もいる。
ttp://www.eclipse-td.com/18a_special/izumi/index.html
こちらはピアノの脇に置くのに丁度いい大きさで選んでいる。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 16:34:38 ID:IokZMg6t
ふん

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 19:44:33 ID:9umNutoO
マスタリング用のモニターというのもザックリした言い方で
30万クラスだとバランス用モニターのほうがクオリティは高くなります。
ただモニターっぽい音が嫌いであればそれは致し方ないと思うので
モニターという枠を外して普通に選べば良いように思います。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 20:15:37 ID:g7Xw5qfy
>>96
サンプラーで演奏&録音したものをデモで試聴したいというなら
むしろPAのような趣向になり、JBLも視野にいれると良いです。
サンプラーの音はメリハリのない音なので普通のスピーカーでは
音は凹んで演奏にダイナミックな感触が得られにくいです。
能率の高いものではTANNOYも同軸型らしい位相の良さがあり
全体感を把握するのが容易です。中古なら予算に収まるでしょう。
できれば普通に録音してモニターできる環境が欲しいところです。


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 00:10:06 ID:Ox4e1c75
SA/F80AMGを2.8Lのバスレフに突っ込んでLR2m離して、
1mチョイ離れて聴いているが
以前サウンド逆チェック用(駄目見本ってこと)に使ってた
トータルコンプでペッタンコのJpopを鳴らしたら
リバーブはやっぱり浅く広がり、各トラックもカサついた音、
ボーカルや音源がポカッと浮いてきたりする感はまったくないが
定位はしっかりしてるんで結構聴けるようになってしまった。
信濃町ってのはこんな感じなのだろうか。
セッティングしなおさないと、だめかもしれん。少し左右寄せるかな。


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 03:03:41 ID:WjabUooE
フルレンジは音声チェックに持ってると録音の見通しがよくて重宝しますよ。
最近はパソコン用のニーズが多く1〜3インチと極小化して
70年代からある4〜5インチが古典的な感じがするくらいです。
FMラジオはさらにコンプを掛けて送信しますから考えさせられますね。
音場は当然アメリカンの平板でマッシヴなものです。
そのうちアルテック製ユニット搭載ラジカセ。。。なんて出るかもしれませんね。

109 :96:05/02/16 17:41:23 ID:/C33Ru9k
たくさんのレスありがとうございます。

サンプリングに関してはまさにそのとおりなのですが、まともに聴けるレベルの録音ってすごく難しくて、自分で録るときはいつもサンプラーでした・・・
例えばゴルドベルクとか長いのやってる最中に家の前車とおったらおしまいですし。
お仕事で利益が出るものならレコーディングスタジオ行ってエンジニアの方にお任せできますけど、お金にならないけどやりたいこともたくさんありますし。
まあ、利便性と音質のトレードオフですね。

今日は楽器屋に行って色々試聴してきました。
BM6Aがかなり良い感じでしたけど、他にもいろいろ聴いてみたいですね。
知り合いにはムジークがイイヨ!って言われたんで都内で置いてるとこさがしてきます。

皆様いろいろありがとうございました!

110 :MONITA-INOTI2:05/02/16 22:53:36 ID:cZazlHkd
そこでやっぱりMEGじゃないっすか。
そろそろサンレコの広告にも載ってきましたね。
参考程度に情報として。
RL906は4帖半に、RL904で6帖といった感じはあります。
モニタサイズは部屋の容積と密接に関係している様です。
僕的にはME100にマッキン&カルダスでモッチリ聴きたい感じはありますが
日本ではまだ販売されていないです。
個人的にはRL904がおすすめです。予算的にはきっと倍になります。w
実像をもとめるリアルな音を求めるならサブウーファをつける事をおすすめ。
別にムジークじゃなくても電源環境の整備とサブウーファを足せば
結構満足しちゃうと思いますよ。
Σ6.2でしたっけ?あれもかなり良かったです。

111 :1000ZXL子 ◆ZXL//XI9GI :05/02/16 22:56:05 ID:XGNYG+GY
::::::::::;、 /!゙、', ! ! ..:;'!:,' |::;'.r''",rl!、゙゙ヽ,l!';:l:::: :;':.::::゙/7'ト、:.::: .    l !
、;;r'",、':::! ,゙、 ';:';:::l l! l:;' ' ./!  j!   ',!::;:/:;/ / .l:::/,'::..:::    !'
  /:::::j ゙ヽ、,ゝ'、| l.  '  lri;、r/     ゙ツ''" ',、"'';':://':;'::: / . j'
/:::::::ツ   { r'、    ,,';;;ン'          / .;! }!'./:/::.,r': .:::/
゙'ヾ;/    ゙、'、ヽ     ゙''''        /'r/ " '/:/::;/,r'  えっ!?
.,/        :ヽ、、,              , l;ツ  ,,',-''":;/'"
"         ::::l:::::::\           ''゙ ` ゙ / ノ‐''"    111ゲットですって?
       ..:::::l:::::::::::/゙' 、     σ       ,''"
   ...::::::::::::::ノ::::::::::/   ゙ヽ、,      ,,.、r'        まぁ・・・
..:::::::::::::::::;.r‐ ''''''''''‐、,     ゙'ァ‐‐ '''"" i'    
:::::::::::::::, '        ヽ,    /:::::::::::: ! { 
;:::::::::::         ゙l'、、  { 、;:::::::::. ゙、.',  

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 04:44:26 ID:TG2kzGdn
>>110-111 宣伝乙

113 :96:05/02/17 16:00:47 ID:Qq0MHOZ2
宣伝でもなんでも良い情報はありがたいです。

今日はMEG置いてるとこ探したけど見つからず…
日本の代理店がそもそもどこなのか、グーグル様に聴いても発見できずで、出来れば貸し出しで試聴させてもらいたいと思ったけど、ちょっと無理かな。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 18:53:40 ID:lLfYIFBn
ここは本物のrecording proのすれですか?

115 :石塚俊:05/02/17 19:02:50 ID:EBwkJYyy
呼びましたかな?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 20:08:46 ID:lLfYIFBn
monita-はいまやGENELECが標準ですか?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 20:55:28 ID:hBsrhiVc
>>116
数年前まではそうだったけどね
今は割と混沌状態

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 22:10:53 ID:KB7mYSPJ
モニターは何が最高か?というよりは、何が適してるか?という感想でしょうね。
むしろ歴史に残るサウンド・デザインを生み出せなかったモニターは忘れ去られていきます。
今の最新のトレンドから挑発的なサウンドは聞こえてきてるでしょうか?

119 :MONITA-INOTI2:05/02/17 22:12:25 ID:eXm8ysIX
結構速く劣化するんですよ。
GENEってココ2年位続いてたマルチバンドリミッティングびちびちの音楽には
ぴったりだったんですけどね。
そうじゃないと本当に音はにじみまくりで低域はゴムっぽくゆるゆるで。

120 :MONITA-INOTI2:05/02/17 22:25:49 ID:eXm8ysIX
最近、半年から1年前から4dBから5dBほどCDのレベルが下がってきています。
コンプレッションされた不自然な音から自然な音へのシフトが起きています。
 実際、深夜のレコード会社のCMの音圧からも実感されている
方もいらっしゃるのではないかと。
有線やCMで、音が大きく(明瞭に聞こえても)売れないので
音圧競争の意味が無くなってきている様です。


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 22:32:11 ID:nxBE+u3d
むしろ低歪みのスピーカーにそういう感想をもつ人は多いですね。
GENELECは音量がハイレベルで競ったとき(ようするにサンプリング音が密集したとき)に
ミックス・バランスを聞き分けられるような利点があります。
逆に生楽器の音はスカーンと切れすぎる感覚がありますね。単純に引っ掛かりがない。
こういうときはエンジニア側でイジリ回すよりも、テイクが巧くいったかどうかをハッキリ出す
モニターのほうが役に立ちます。もちろんトランス系ではゴチャゴチャになるので別ですが。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 22:40:55 ID:qLqXSl4p
>>121>>119へのレスです。

>>120
PMCの音がだいぶん変わりましたね。Dynaudioは相変わらずですが。
ノラ・ジョーンズのグラミー賞あたりからトレンドは変わった感じがします。
でもモニターはむしろ伝統的なアコースティックに戻ってるようにも。
新しいというのは該当しないでしょう。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 23:03:31 ID:4XNpoHss
USのポップスを聴いてて、スピーカーの性能以上の音が
自分のスピーカーから出ているように錯覚することがあります。
彼らは、わざと劣悪なスピーカーを使って、そのスピーカーで気持ちよく聴こえるように
ミックスしているように思えてしょうがないです。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 23:39:36 ID:dgPOiOEM
>>123 ラジカセを部屋の隅に床置きで試聴
ふと思ったのだが、ユーロ圏の放送局あたりで
使われたフルレンジユニットのモニターってあるのだろうか?

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 07:36:46 ID:KLCwUYbN
モニターというよりも規格化されたラジオ用スピーカーならドイツにありましたよ。
テレフンケンがOEMに用いてたSiemens、Isophon、Grundigなどです。
これらは互いにユニットの供給もしてたようで、Siemensの名でもIsophonというのもあります。
日本での情況と同じように音声チェックには小型フルレンジが使われていたと思います。
音調はジャーマン・サウンドの温床になったもので、スピーチ用に開発された一方で
カッチリした感覚がモニター的といえばそのとおりでしょうか。(4kHz付近が過敏)
ノイマン型の大型ダイヤフラムで録られた録音はやはり相性が良いように思います。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 00:30:31 ID:leNx3S9T
>>125 さん レスサンクスです。ラジオ用ドイツ規格フルレンジみたいなのですかね。
UKでは早い時期から2wayモニターがメインなのか、気になったので質問してみました。
BBCでは使ってなかったのかな。


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 06:12:19 ID:PvHo92tf
>>126
イギリスはそれこそ初代Parmekoの頃から2wayだったです。
Parmekoはとても高性能だったにも関わらず戦後まもなく消えたのは
あるいはランシングとの特許に引っ掛かったのかもしれません。
戦後のLSU-10ではTANNOY製ウーハーに独Lorenz製ツイーターという組合せで
このLorenzのツイーターはポリエチレン系の樹脂製でした。
これが後の樹脂コーン愛用への布石になったように思います。

イギリスにもコンシュマーでフルレンジの優秀なものは沢山あり
Goodmans、Lowtherなどは良く知られています。
Deccaのffrrなど広帯域録音が早くから出回ったせいもありレンジも広いです。
実際にはモノラルのラジオ電蓄(結構大きいものもありました)が1960年代前半まで主流で
そこで使われたユニットもあるはずですが情報はほとんどありません。
古いラジオで聴いた感じだと中高域にアクセントのあるバランスでした。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 22:02:13 ID:fT/OZvXc
ここのスレのヒト的にはウエストレイクはどうですか


129 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 22:19:04 ID:pfgIlEgT
高いね、ウエストレイクは。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 22:22:00 ID:iVV7Baqb
今は無き大垣のウエストレイクのマスターは、ウエストレイクの
音に限界を感じてTRIADの3Dシステム(後のリディーマー)
に行ったのだが。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 22:23:17 ID:fIu4cMLo
西湖音響 日本じゃ高杉

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 22:30:35 ID:QoV329CC
同じJBLのユニットでも違うのかな。中国製とメキシコ製。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 23:48:39 ID:leNx3S9T
>>127 明け方の人レスサンクス
UKだと名前が出てこないですよね。ESLくらいしか



134 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 04:11:22 ID:rnGQpghn
>>133
EMIの楕円フルレンジがあるけど、結局ツイーターを足してるとかしてるし。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 21:35:04 ID:hOgMw3Qb
やい、お前ら

モニタースピーカにはどんなプリが選択肢として念頭にありますか?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 21:58:32 ID:fBI862VM
普通はミキサー、DI付プリだろな。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 22:33:25 ID:hOgMw3Qb
まあ、そうなんだけどさ。
ミキサーつってもベリからNEVEまであるからねえ

DI付プリはあんまり知らんなあ。
結構面白い世界なのかもしれない…

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 22:50:57 ID:boO+bB0X
チャンネル素っ裸とも云ふ

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 18:54:12 ID:nMVt6+E1
DTM系の奴だったらマッキーのbigknobくらいがプリアンプって選択肢から始まるんだろうが、
ピュア板的には要求仕様としてどの辺を想定するかね?

>>135
質問内容から相手はパワードっていうことでいいのかな?

俺様仕様だと入力の基準レベルは+4dBuでヘッドルーム20dB、故に最大入力は+24dBuが
必要だけどこのスペックを要求した時点でマッキー脱落。SNは基準レベル比で96dBぐらいで
とりあえずOK。f特は設計者の想定する落とし所に準ずる・・事にしとくか。変に伸ばされても
弊害あるし。歪みは今時のレベルならいわずもがな。

入力、出力とも一個でいいがバランス入出力は相応の石で組んであればいい。トランス
入出力っていうのも趣味ではいいけど一端却下。パッシブは個人の趣味で却下w

見かけはシンプルなボリュームと入出力だけって事になるが、こういう製品は意外に
ないのだ。ガレージメーカーに作らせるっかぁ。

つーのが俺様仕様。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 21:16:31 ID:5c6hAZD+
>>139

レスさんくすです
パワードで考えてます

MackieはOnyxシリーズ投入してちょっと変わったみたいですね。
SoundCraftはヘッドアンプがGhostと同じの積んでるけど、スペックだけならOnyxだけど、まあ実際は音出さないとわからんですね

けど、もっとシンプルにフェーダーボックスとかにした方が良いのかな、とも思ったりなんですけど、ピュア的にはかなりアブノーマルになるのかな〜・・・

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 01:04:21 ID:avFFQO5F
音作りするためならいいけど
ミキサーのモニターアウトって音悪くなるよ。
せめてプリフェーダーで使いたいところ。
でもおいらも興味あるんで
チャンネルストリップのお奨めなんかない?


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 10:54:18 ID:0d+UMneY
>>141

うん、そうなんだけどね。
ミキサー通すとミキサーの味付けが載っちゃうんだけど、適当なのがねえ…
プリアンプはプリで載るし、フェーダーボックスとかカフボックスもいまいち。。。

http://www.tomoca.co.jp/tomoca/feder/feder.html
こーいうのもあるやね

bigknobはスタジオで使ってる人の話だと音質的にはほとんど変わらなくて使い勝手良くてお勧めといわれたなあ

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 16:21:15 ID:RlY4eD33
いまどきのチャンネル・ストリップだと
AVALON、Focusrite ISA、ORAMあたりが癖のないやつだと思う。
少し色付けを許すならTridentやMANLEYとかもあり。

あとは特殊なものとしてNEVEやUREIのように有名な録音で使われてたやつの
リメイク・バージョンなんかもあって、セカンド・チョイスとして悪くない。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 17:23:54 ID:osPjbVA/
・・・なんか話がかみ合ってないように感じるのは俺だけかなぁ。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 07:57:17 ID:N56GHxNw
早い話がほどほどのミキサーでは音質劣化が避けられないので
フェーダーBOXかチャンネル・ストリップにするのがいいということ。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 18:15:14 ID:pcVwS2h9
チャンネルストリップでボリューム2つ同時にいじるのぉ?面倒だな。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 00:00:33 ID:EiwF4abO
やっぱガレージメーカーに作ってもらうのが一番安いんじゃないのかねえ

経験のある職人に作ってもらうのが質も高くて安いと思うが。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 00:56:15 ID:q5+F9x70
>>101
本当。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 01:18:56 ID:DebZIzZr
>>148
 えっ、それってもしや・・・10M

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 03:49:54 ID:bPYTEOk+
ADAM、代理店に音を聞かせてくれといったら断られた。

どうすりゃいいのさ・・・

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 13:57:18 ID:bPYTEOk+
ここはもう収束に向かっているようだね

うーん、興味深いスレなんだけども残念だ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 23:46:21 ID:VXMaFQva
>>150 御茶ノ水ウニヨンで見たけど音は聴かなかった。
ところで
マッキ〜のモニター使用されてる方が居れば聞きたいのだけど
低音ってしまり良すぎる気がするのだけどいかがですか。
GENEと比べて硬いっていうか、レスポンスが良いというか。
あのウーファ〜だけ欲しい。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 00:13:41 ID:bd8a0sRm
>>152
それはパッシブラジエターかバスレフかの差じゃないですかね?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 07:16:18 ID:TKzLnuZm
>>152

マジですか。
早速お茶ユニオン行ってきます。
貴重な情報ありがとう

155 :名無しさん@お腹いっぱい:05/03/07 12:34:28 ID:XLfPLm8g
ONKYOのモニター2000シリーズって
ヤハリモニタースピーカーの世界からは除け者ですか?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 13:11:56 ID:Mf89aata
そう思って聴くひとにはラッキーチャンスがおとずれまふ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 20:41:43 ID:DB0xnGWz
1000Mよりか余程モニターっぽいが

158 :名無しさん@お腹いっぱい:05/03/08 09:26:07 ID:X83nVG+M
いや、
ヤハリ、ウーハーに金属系の振動板を使っている物は
金属臭さが耳に付き
モニターとは呼べない
1000Mのほか
DS−1000・2000シリーズなどがモニターSP

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 09:51:50 ID:htW3eqmP
聴いた事がない香具師は発言するな
ウーハーに金属系って何だ?(W
バインダー材の響きが音を濁すとかいうならまだ解るが
ONKYOは共振分散テクノロジーを採用していたので
チタンやカーボンの癖は他メーカーよりも出にくかった
事実、一番付帯音を感じずに聴けたスピーカーはONKYOだった
1000Mは艶が付き過ぎだし、DS-1000はツララのように耳に刺さった
でもこの中で選ぶとしたら1000Mかな
DS-1000もモニター2000もツマラン音だからな

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 11:27:10 ID:lOxvjCXN
80年代を前後して国産コンシュマーでモニターという名称をつけるのが流行ったけど
実際にスタジオで使われたものはほとんど無かったというのが現実。
名称的にはJBLに倣っているものの、製作方針はARなどを模倣したものだった。
スコーカーの性能で全体の能率が決まっていることが多く
特性は揃っていても音の張り出しが弱く、音抜けの悪いものが多かった。
実際のスタジオモニターはプレゼンス感やクリアネスが強く原色傾向にあるが
録音のプレビューがハッキリ判ることで、本来の目的を果たしている。

161 :名無しさん@お腹いっぱい :05/03/08 11:44:27 ID:X83nVG+M
お〜っと、
出てきましたね、悪名高きモニター2000系
犯罪者の巣窟・金儲け第一主義の寝屋川で
良いスピーカーって出来るのか〜?

162 :にぼし:05/03/09 02:44:48 ID:kPGxXHUP
おっと、ONKYOはぼったくり全般のオーディオ業界においては珍しく、まじめな企業だと
思いますよ。
でもモニターは名前だけですね。完全にコンシュマー用途。
いわゆる、なんちゃってモニター。

163 :にぼし:05/03/09 02:53:40 ID:kPGxXHUP
ところで、フォステクスのスタジオモニターを聞いた人いたら、感想聞かせてください。
四国の松山ではまだ、NHKにも入ってないみたいです。2月にのぞいたらまだ三菱の3003でした。
可搬型はジェネレックでしたね。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 19:03:05 ID:6iYnVJMF
NF-1AとかNF-01Aとかのことかな?

あれは一言で言えばドンシャリだと思うけどねえ。
なんつーかイメージ的には80年代後半の日本みたいな音
つまり、実体が伴わないのに妙に高低を飾ってるけど、良く見るとすかすか、って感じ。

あれ買うなら出来の良いミニコンポの方が価格勝負の世界で戦ってる分良いんじゃないかな。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 20:05:30 ID:eOssKCZ8
NFなんてレベルの低い話じゃない
RS-N2だろ

166 :にぼし:05/03/10 01:28:09 ID:ImbldQcq
NHKがブラインドでコンペを行ったといわれる、ぶっさいくなモニターですよ。
型番忘れた。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 02:40:27 ID:x8qg9k0h
>>165
RS-N2ってウーハ〜がHPだろ、
アンプはちがうけどNFと同族じゃないの?。
あのウ〜ハ〜ってなんか萎える。絶対買う気が起きん。
TD512のユニットだったらいいのに。

168 :にぼし:05/03/11 02:24:23 ID:6ZvV8k88
無線と実験でフォスのエンジニアが、「アンプは、アキュフェーズで開発した。」
といってましたよ。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 01:04:44 ID:yy3WYITq
NS-10M STUDIO というスピーカーがやたら気になってて、
出来れば欲しいんですけどこれってやはり名器なんでしょうか?

自分、中古屋とかよく回りますが殆ど見かけません
10M PRO や 10MX はたまに見ますが・・

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 04:23:04 ID:hYdapzfS
クオードESL63もモニターだが。
ダイナミックSP派の反論は如何に?

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 04:26:24 ID:Y45w3PR1
>>169
もっと音のいいものは他にもあるし今となっては設計が古い。


172 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 05:39:48 ID:GK2VC7gY
ESLでモニタリングするならストリングス主体の小規模編成に限定。
大編成ものやジャズ・ロック等は丸出ダメ夫。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 09:14:49 ID:cHPr7Ox/
>>169 アニソンやJ−POPに良いですよ

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 09:16:47 ID:NOaX/mZp
オクでえらい高値相場だよね >10M Studio

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 15:43:43 ID:5N1pzaSa
フォステクスがNHKに納入したモニタースピーカー聴いてみたいな。
173万円は高いけどそれだけのものはあるんだろうね。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 13:56:12 ID:2OSKodZn



【レコーディング業界】 GENELEC 【標準】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1105655804/




177 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:25:16 ID:4VqL73Xm

ATCのSCM12slに合うアンプを探してます。プリメインで予算60万です。

個人的にはクレル、マランツPM11S1、ブラデリウスが候補ですが
他にお勧め、または試聴している方インプレお願いいたします。



178 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:28:07 ID:0Jmp3Jbr
>>177
アムクロンD-75

179 :178:05/03/17 16:30:54 ID:0Jmp3Jbr
インプレなどはhttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1105159906/

180 :177:05/03/17 16:37:35 ID:4VqL73Xm
即レスどうもです。まとまりのある音調が好みなのでプリメインにこだわってます。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:38:33 ID:rmXq1Si1
>まとまりのある音調が好みなのでプリメインに

( ´,_ゝ`)プッ

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:45:13 ID:i+RbygLA
まとまりのある音=プリメイン

なら この世からセパレートアンプはとっくに無くなってる罠www

#高価格帯にしかセパレートが無いのは何故なんだろうねw
 高い投資までしてわざわざまとまりのない音を出すセパレートを買う人が居るからとでも?

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:46:19 ID:hr0YX2jG
ATCのスピーカーは駆動力のあるアンプが必要
よって、プリメインではきびしいね

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:47:11 ID:qXLSxNl2
オマエら、あまりマルチを甘やかすなよ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:47:17 ID:i+RbygLA
>>183
だから>>178氏はアムクロン薦めているのになw


186 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 17:48:22 ID:agO/qz7b
>>177
60マソあるんだったらアムクロンのスタジオリファレンスとかで十分おつりがくるぞ。
大型SPでも切れよくブン回すことのできる強者アンプ。マランツはやめとけ。

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 18:43:03 ID:yWDd1tHM
ATCは以外とマッキンがいい。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 21:01:50 ID:nvYEOO9u
黒モグラなんかもいいかもね

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 00:34:55 ID:rv2t+io9
ローテルのRB1080なんかどう?パワーアンプだけど

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 11:01:48 ID:kmJNZwBT
漏れ10Mstudio持ってるよ

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 11:53:28 ID:5cf9BvbL
>>177は他スレで煽られて
予算15万をいきなり60万まで上げたから本気かどうか判らんのだが・・・

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 19:01:09 ID:ovFl+A9X
早いはなし好みもカンケーなく中古で買ったものの良さが判らずに焦燥気味ということか

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/19 01:41:19 ID:fD1kJiRF
こないだ店頭でそのATCがブラデリウスで鳴ってたけど、なかなか悪くないと思った。
結構人気あって入荷待ちとかいっとタ

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21 03:39:40(月) ID:ZrLdWuWl
案外デノンの新しいフラッグシップ機はどうよ?昨日秋葉で
コンフィデンス1をブンブン鳴らしてたよ

決してワット数=駆動力とは限らんからね。スタジオユース向けのパワーアンプ
は家庭用には薦めない。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21(月) 03:44:44 ID:+CqqSNRj
>>194
秋葉でコンフィデンス?C1の事?デノンで?何処で鳴らしてた?
たしかヤマギワにはもう無くなってたと思ったんだけど。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21(月) 03:52:15 ID:ZrLdWuWl
ダイナ
他の客が名指しで試聴のために繋がせてたッぽい

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/21(月) 04:29:16 ID:+CqqSNRj
え、ダイナって行ったこと無いけどディナ置いてる所あるんですか〜
ステサン陣営だから、あくまでも扱わない物と思ってました。
>>196 Tnx!今度行ってみます。


198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 20:05:48 ID:DWX6Jcn/
フォステクスNF01に最適なアンプはどこらへんでしょうか?
デノンPMA1500Rはいいですか?

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 01:11:44 ID:HapCO3CG
スチューダーってさ、人気無いけど、良いよね、、、。
結局売る気ないっつか、素直すぎて、アピール無くて。
Σも、聴いたけどいいね、気持ちいい音でした。

両社ともインラインなのに濁りが無くて完成度が非常に高いと思いますた。

200 :1000ZXL子 ◆ZXL//XI9GI :2005/03/29(火) 01:13:19 ID:kUykdILC
::::::::::;、 /!゙、', ! ! ..:;'!:,' |::;'.r''",rl!、゙゙ヽ,l!';:l:::: :;':.::::゙/7'ト、:.::: .    l !
、;;r'",、':::! ,゙、 ';:';:::l l! l:;' ' ./!  j!   ',!::;:/:;/ / .l:::/,'::..:::    !'
  /:::::j ゙ヽ、,ゝ'、| l.  '  lri;、r/     ゙ツ''" ',、"'';':://':;'::: / . j'
/:::::::ツ   { r'、    ,,';;;ン'          / .;! }!'./:/::.,r': .:::/
゙'ヾ;/    ゙、'、ヽ     ゙''''        /'r/ " '/:/::;/,r'  えっ!?
.,/        :ヽ、、,              , l;ツ  ,,',-''":;/'"
"         ::::l:::::::\           ''゙ ` ゙ / ノ‐''"    200ゲットですって?
       ..:::::l:::::::::::/゙' 、     σ       ,''"
   ...::::::::::::::ノ::::::::::/   ゙ヽ、,      ,,.、r'        まぁ・・・
..:::::::::::::::::;.r‐ ''''''''''‐、,     ゙'ァ‐‐ '''"" i'    
:::::::::::::::, '        ヽ,    /:::::::::::: ! { 
;:::::::::::         ゙l'、、  { 、;:::::::::. ゙、.',  

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 23:18:13 ID:OkMkysAG
TD512とBM6Aが楽器屋じゃなくて試聴できるのってオンケンぐらい?
都内には無いんでしょうか?千葉は遠いんだよな。
しかしこの2機種、リヤバスレフで、スタジオで使う人は配置に苦労しないのかな。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 00:02:22 ID:T0N+YUgh
>>200 ヒマ人だねぇ・・・・・・・・・・・

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 05:55:05 ID:JWEpwon7
>>201
オンケンには最近TD512が置いてないから事前に問い合わせるといいかも。
逆にDynaudioのプロ機が全部揃ってるのはあそこくらい。変わった店です。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 16:16:48 ID:XKxXenl6
>>201
      【富士通】ECLIPSE TD【テン】
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1094607481/

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 01:56:27 ID:aHzKlZs1
>>201 
そうかTD置いてないかもですか、恐い店じゃないといいのだけど。
ギターがしっかり聴けるモニター欲しいんですよね。
サンプルディレイが決められるような、しっかりしたモニター。
Σとか云われそうだけど、チト高い。
BM6Aのヲーターフォールとかインパルス応答のグラフってどこか無いでしょうかね。


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 02:24:17 ID:NyWAchYM
>>205
アコギだけだったらTD512がいい。ダイナミックレンジもちょうど良い感じ。
BM6はネットワーク付近の暴れを抑えてるので、歪み感は少ないが音が少々曇る。
他のモニターでも、この領域でのキャラクターはどうしても癖になる。
TD512は他に色々聴くと不満が鬱積してくるけど、アコギだけはクリーンでタイト。
ただサンプル・ディレイの質なんていう感じだと普通のモニターでも十分わかる。
問題にするなら残響を拾うサブマイクの位置とかを詰めようとするとき
TD512のようなモニターのほうが直感的に聞き取れて便利。ただ万能ではない。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 05:50:06 ID:Wb5SgVDA
TD と BMなら
楽器屋でよければ、渋谷のロックオンカンパニーにおいて無かったかな?

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 20:48:30 ID:xCqYPALU
TD512とBM6、ピアノはどんな感じですか?


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 09:49:24 ID:ZEoEvwnd


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 12:56:03 ID:kYM63R+n
ローエンドの30−40Hzあたりを表現できないモニタでは
ホールの残響を表現できる訳が無く。
50−60Hzの再生さえできないモニタで生楽器の存在感がどうのこうの言えないと、私は思うわけで。
まぁ、再生はできるんですけどね、楽しめるだけのスピーカでもいいとおもうし。
多面体スピーカーが本当の方向だって言う人だって出てくるかもしれないし、理解したいと思う。私はそんな人間になりたい。

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 13:37:44 ID:mP7Uj5UR
>>208
ニアフィールドで多くを望むと失望する。ピアノは多くを望む楽器だと思う。
低域が深くてもアンプでしくじる。高域で分割しすぎると位相がちんばになる。
マイクの癖まで考えると更にややこしい。ほどほどにしてるのが平和なもの。

212 :名無しさん@お腹いっぱい:2005/04/05(火) 15:32:10 ID:YGgdFyst
>>210
なればいいじゃん!

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 16:20:12 ID:vy46cIDE
BM15とBM6の比較希望。
教えてください。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 17:11:36 ID:h+B2zGJd
>>213
BM5、BM15とBM6では、一昨年まで違うツイーターを使ってました。
BM15のものは高域がより伸びていますが少し音がブライトな感じです。
個人的には大人しいながらもBM6のほうがニュートラルに感じました。
しかしながら2kHz付近の抑え込んだ感じを嫌う人も多いと思います。
昨年のBBC仕様になってからツイーターが統一されあまり違いはなくなりました。
低域の伸びは思ったほど違いはありません。
多分、設置による違いのほうが大きく出るのではないかと思います。
あとは使い道によって評価が変わるでしょうから適当に書き込んでください。

215 :213:2005/04/07(木) 20:36:30 ID:9FVL1Iyd
>>214
どうも有り難う御座います。
都内で聴ける所ありますか。特にBM15の方を聴いてみたいです。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 23:41:50 ID:84NYHjYu
それくらいググればすぐわかると重う

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 01:41:46 ID:t2qipKtQ
TANNOYはどうよ?

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 22:20:20 ID:2ECT4tNZ
保守

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 01:22:15 ID:3QHQDoxu
富士通テンとアースワークス以外で
リニアフェイズ、タイムコヒーレンスに選れたモニターを挙げるならどれですか?
DYNAUDIO?
GENELEC?
B&W?


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/20(水) 08:57:47 ID:L6/0l27V
DYNAUDIO? GENELEC? B&W?
Impulse response ○ 不要振動のシャープさ
Step response × ネットワークの位相歪み

大概のSPはツイーターのマスキング効果で
聴感上の位相歪みは感じないようにできてる。
反対に高域の位相差にサウンドが引き摺られる感じがする。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/21(木) 01:47:58 ID:Oa53tSqQ
DYNAやGENEのユニット配置って一応考えてあるのかな。


222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/21(木) 12:21:04 ID:zd73OYPR
話で聞いて判らないなら試聴では更に判らないことだけは一応考えられる。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 02:34:23 ID:B4yBY8Oc
アースワークスが良く出来てると思うので、アンタがこれ知ってるのなら、
コレ以外で、なぜ他を探す?リストを挙げるのもばかばかしいが、
すごい技術を使った、ていた!風のスピーカが知りたいならば。

mayersound x-10
me-geithain RL901k

2機種は傾向も違うし音も全く違うが、よくできたスピーカだとおもうが。
兎に角正確だ。
低音の無い音源を、生真面目に正確に低音無く再生するのがモニタでしょ。というのが、このスレでは正論?w

しかし、富士通テンの何処がリニアフェイズなのか音を聞いてもさっぱり分からんのだ。つか最大音圧が低すぎる。コーン紙の鳴りが目立ち過ぎ。高域のビームワイズが狭すぎ。つか、他の音域とビームワイズがあまりにも違うだろ。もう少しつないでやれよ。と私はおもうた。

それにくらべれば、me-gのRL922kは、オーディオよりの柔らか音質。
でビームワイズが滑らかに整っててよいぞ。

一応geneもme-gと同じディレクティビティーインデックスホーンをつかい、ディレクティビティーを高めたいつもりだったみたいよ、、、

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 07:29:43 ID:kGydWj4M
タイムコヒレンスとアラインメントは違う概念。
シングルコーンをリニアフェイズという時点で
この手の話題に不向きなコメント。
質問してるほうも判って選ぼうとはしていない。
判らないなら無理して選択肢を狭める必要もない。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 00:21:46 ID:paz9t1Po
FOSTEXのNHK標準モニタって本当に全国の放送局に入ったの?w
いい音するんだろうなぁ〜w

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 00:24:42 ID:fex88su1
NHKなんてもはやオーヲタから見向きもされないんだから
何で音作りしたって良いのでは?

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 00:26:29 ID:S2dRrpFh
一斉に変わるのか?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 00:50:20 ID:9ji9By76
安くてそれなりにマトモなモニターって何?
つまんない音でも何でもいいが、スレ住民のお勧めが知りたい。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/26(火) 22:57:06 ID:72BhlTmI
コストパフォーマンスに優れたモニターといえば
間違いないクME-Geithain!
結局低価格モニター購入した後たどる無駄な労力と時間を
一気に省略してくれるからね。
モニターのリサーチ〜選択。>モニターの調整。>部屋の調整。>モニターへの慣れ。
この辺りをすべてすっ飛ばしてくれる。あ、部屋の調整は無理か。

同軸ならではの、精度の高さ。
定位の良さって良く言うけど、高、中、低域それぞれに、定位の精度がある事に気づかされた。
クロスオーバの帯域では、帯域にかぶるユニットそれぞれの精度、ネットワークの精度が出てくる事が分かる。最大4つのスピーカが離れた位置で鳴るか、同軸の様な近距離で鳴るか。
そりゃ、同軸が精度高くなるよね。

ほかにないっしょ。
ムジーク、ジオン!ムジーク、ジオン!

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 00:35:28 ID:UIap5Vkv
>>229
くだらない宣伝繰り返すならほかでスレ立ててくれない?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 01:15:57 ID:fQ+vr6Gr
同軸ねー
ONKYOのPC用スピーカがあったな…。

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 01:54:38 ID:iMYs6NT1
前スレでもKEFの小型同軸をワッショイしようとしてた香具師がいたね。
タンノイ、アルテックなんて超古典的モニターとの聴き比べもしてなさそう。
リソースの精度が悪いと折角の良いモニターがまがい物に感じるから不思議だ。

>>228
入門用ならDynaudioやYAMAHAのパワードが標準的だと思う。
あまりに癖が抑え込まれているので面白みに欠けるくらい。
これを中心にもう少しスパイスを効かすとか帯域を広げるとかTPOが出てくる。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 02:26:10 ID:Q9tRz1IS
>>225-227
今のNHKの状況だと地方局では予算削減が出てくるだろうから
本格的なアーカイヴを制作する部門にだけ調達されるような気がする。
それでもBGMなどの音素材の造り込みは外注に任せるだろうし
ドラマ制作や舞台演芸のモニターとしてはいまいちピンとこない。
あえていえば古典芸能のアーカイヴ制作ならNHK独自の色が出せそうに思う。
それでも日本コロンビアの音源出版意欲に比べると微々たるもの。
歌舞伎のマルチ収録など誰が考えつくのだろうか。完全に的を外している。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/29(金) 21:31:55 ID:OXO/+1pP
>>233
タリバン後、アフガニスタンの放送局に導入させたモニターNF1Aだったけど、
やっぱ、ンHK関連の、かな

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 20:42:43 ID:jY5DHezo
難しそうだね

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 22:03:42 ID:3cYXCv4P
MEなら、道玄坂のヤマハでみたよ。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 22:19:36 ID:zMCVqIQI
また不要な営業マンがうろつくからやめれ
音響理論を度返しでヨイショされると気味が悪い

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 22:49:29 ID:4UJ/i5xS
>>232
>入門用ならDynaudioやYAMAHAのパワードが標準的だと思う。
>あまりに癖が抑え込まれているので面白みに欠けるくらい。

同意。

>>228
あと、ベリンガーのhttp://www.behringer.com/B2031A/index.cfm?lang=jap も
この値段とは思えないパフォーマンスをしてくれると思った。
「安くてそれなり」という希望にオレ的にはこれが一番適しているような気がする。


239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 23:06:04 ID:qz8b6DSd
BM6A家で使ってるんですけど、ちょっとSNが悪い、
小音量で聴くんでレベルスイッチに+4-10以外にもう2段くらい+10ってなスイッチが欲しい。
こんなことなら、パワードにするんじゃなかった。改造できるもんなのでしょうか?

240 :239239239:2005/05/09(月) 08:02:42 ID:nHKsNY8C
なんか否定的に書いちゃったけど
BM6A、音はいい感じです。
フルレンジ廚なんですが、アコギソロのピッキング、定位も良好。
内蔵アンプの音自体は好きな感じです。
パワードだからなのか、小音量時もf特は良いです。
いままで使ってた機器と較べると演奏がマタ〜リと
聴こえるのですが、
まあ使ってるうちにこなれるとこかと

ただノイズフロアが、
もしピュア廚で買われるんでしたら気に入ったアンプで使える
パッシブがお奨め。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 15:42:48 ID:cZM2fyH6
閉鎖・取り壊しが決まったコロムビア赤坂スタジオのコントロールルームに写ってる
このモニタースピーカーは何だ?
(初期はタンノイの大型スピーカーが設置されていたな)
http://www.imgup.org/file/iup27707.jpg

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 15:47:39 ID:cZM2fyH6
http://www.mizuki-reiji.jp/mizuki-reiji/sokuho_f/sokuho_img_f/studio_img/co3.jpg
http://www.mizuki-reiji.jp/mizuki-reiji/sokuho_f/studio.html
コロムビア赤坂第一スタジオ(通称ひばりスタジオ)、昭和40年、東洋一のスタジオ
十七回忌を前に、名曲630曲誕生のひばりスタジオ閉鎖・取り壊し
ひばりは同時録音ばかりなので、バックのミュージシャンの顔は引きつっていたそうだ

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 16:26:08 ID:uvG+CBSZ
>>241
ブラクラ。精神的にくる

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 20:50:55 ID:oPkwUyCh
第1スタジオの様子が判る記事
ttp://www.okanonet.com/gsblog/index.php

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/13(金) 11:28:56 ID:ZT+9ed99
>>241
クエステッドだな。昔は日本に代理店あったんだが。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 04:03:28 ID:hkQ24LS8
赤坂の一等地のあそこ、公園になるんだよね。
まぁ、そこの土地にとっては良かったよね。
何十年ぶりに、太陽に当たる事が出来る事になったんだから。
と何事も前向きに。

スピーカーなんて何でもいいんだよ、音響設計が良きゃぁ
ちゃんとしたプロ機なら鳴るさ。
ほんとうは。
5年以内にスタジオ設計を日東紡にたのんじゃる!
当然スピーカーは15インチで同軸!ウーファーも並べるぞ!

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 00:59:33 ID:HhqKO7w2
ディナ・ヤマハ・ベリンガーが良いのね。
ミニコン買うよりも、パワードモニタ+CDPって組み合わせも良いなぁ、
なんて思ってたり…。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 02:57:13 ID:JndZ8OR3
>>247
音量調節どうするんだよ

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 10:55:44 ID:HhqKO7w2
可変出力のあるCDP持ってるから大丈夫。

250 :デカマラ課長:2005/05/23(月) 14:43:23 ID:TItIpV5r
モニターじゃないかもしれんが
新宿のクラブOTOに設置されてるスピーカーってスタジオとかでラージで使われてるのだよね?
そっくりなのをあっちこっちの写真で見たんだけど
あれってどこのなんだろう

251 :デカマラ課長:2005/05/23(月) 15:43:44 ID:TItIpV5r
つっかOTOのHPみたらREY AUDIOの社長がセッティングしたって書いてあった
http://www.club-oto.com/about.html
http://www.reyaudio.com/large.html
ジャマイカンDUBとか聞くと最高だったよ

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 01:05:28 ID:c19/km0A
TADだろ、、もう時代遅れの音だよぉ。


253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 02:31:32 ID:KgAtFjNf
>>252
最新が全て高忠実というわけでもない。
レイオーディオは生楽器の再生ではまだまだトップランク。
それとTADとレイ・オーディオは設計者は同じでも別メーカー。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 19:25:05 ID:ptNsapmh
M-AudioのBX5はどうでしょう。
コンパクトなモニターを探しているのですが


255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/02(木) 21:39:58 ID:m6NAn/tC
保守

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/03(金) 21:22:59 ID:6ZixoxYx
タンノイのヌーモデルの話題はないの?

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/04(土) 10:42:56 ID:74e1WcQO
ヌー

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 21:52:46 ID:k676t31W
ロックオン4階に聞きに行ってきたよアレ。
ヤバいだろ
青山のジェネよりイイって、まじ、、 



ちょっとかじった人間なら
意味分かるよね?笑

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 21:55:02 ID:R2ajkzii
ジェネっていいか?

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 23:21:14 ID:3xo9sJNK
>>258
アレって青空の事か?
青空だとすると、俺も間違いなく青空を推す。
ただモニターという事を考えると青空は少し聴こえを良く作ってるようにも思う。
中域も引っ込み気味だし。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 06:37:24 ID:ZPWRqW/f
おいおい
どっちがどうだろうと
試聴で判断するなんてもってのほかだぞ
買って判断してくれ

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/09(木) 04:09:27 ID:+VcmFK5N
>>258
>ジェネっていいか?
青山のって書いてあるじゃん。
あそこのは良いぞ。
MITのも良かったかな。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 01:35:31 ID:l+yz/LZt
SR TECHNOLOGYのLARA60ってどうなんですか?
デザイン良さげなんですが、、、

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 00:36:33 ID:7T+LCJf4
分かんない人の為に、、、(蔑笑)

>青山のジェネ
青山ビクタースタジオのジェネレックのこと。
http://www.jvcmusic.co.jp/studio/
ひとくくりにジェネレック(スタジオモニタ)といっても何処として同じ音はしないモノ、同スタジオも然り。ただ、此処はしっかりと手入れがされていて出音の存在感が違う。
私は同スタジオの301スタの音が好きだ
(けれど録音向け箱。ミックスに使えない訳ではないが機材のそろえが微妙。てか。時間単価が当然高い。)

>MIT
http://www.mit-gathering.co.jp/
大昔前身オーナーがミツトヨ。仏教伝道センタービルなんて場所にある。
音がいいのは、なんてコターない、やっぱりビクターの人間が居た。w

しかし、ビクターのスピーカが良いとは思った事はない。笑
スピーカの音とは部屋。
設計エンジニアも部屋が良くて悪い所が気にならなかったんじゃないか?笑。気がつかなかった訳じゃない。気がついてたけどやる気無くなったんじゃないか?
「いい音だからもういいじゃん。いくら追求してもやっぱ部屋だよ!
 それぞれの部屋に特性を合わせるのは無理。小型しか無理。もぉ〜〜ぅ」とかさ。笑

原音の定義はさておき、やっぱりリアルな再生に低周波の再現は不可欠。
スピーカはフラットで、帯域ごとにおける放射音圧(ディレクティビティーインデックス)や安定度はフラットであるべきで。
あとは、メンテナンスと言うか手入れの度合いだよね。
でも大半の音評価の要因は、やっぱ部屋なのよ。

スピーカの完成度と部屋の完成度は別モノ。
と私は考えた。一応業界人。スタジオに時間3万払ってた時代が懐かしいプロ。

265 :239239:2005/06/11(土) 01:43:07 ID:/KBNlafN
ビンボなおいらはベースの基音が分かるBM6で満足。

関係ないけど、昔のサンレコ読んでたらGeorge.Massenburgの
ミニスタジオのモニター全部、内振りしないで並行だった。
爆音音場派?

266 :239239:2005/06/11(土) 02:07:13 ID:/KBNlafN
連続書きしてすまんけど
耳の位置がっちり狙って内振りしてるとトータルコンプ掛け過ぎの
薄っぺらいソースも奥行きや音色の連係感、皆無なのに、
そこそこ聴けちゃうんだよな。
危ない危ない。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 02:57:33 ID:AV6XeJ8b
プロであるかどうかはここではあまり関係ない。
どういう機材を使ってどういう問題と向き合ってるかを語ってほしい。

最近はコンシュマーレベルに合わせてフラット再生よりも
多少プレゼンス感を浮き立たせたモニターの選択も増えている。
時代的には50年代の音響心理学に戻っているわけだが
グローバル・スタンダードを謳歌した頃の録音と緊張関係をもっている。
単純にはマーケティングにシフトしすぎる傾向が見え隠れする一方で
〜年代ブームという抜け殻だけの演奏スタイルが過ぎ去ったあとの
サウンド・デザインの行方は別の方向にあると思う。
何がベストなモニター方法か?という議論はあまり意味がない。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 09:16:16 ID:XN4U1Ux8
BM6は低域の立体感が出難いな。他のスレにもあったが、低域がオダンゴ的
な音になる。モニタスピーカーは、鑑賞用スピーカーに比べると業務目的のた
め、音に面白みがない。BM6もその例だ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 09:41:35 ID:w58YNijZ
面白みってなに?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 10:32:16 ID:wTfRwlzt
というより低域の立体感なんて意味不明なことば使うなよ。
どうせバスレフの高調波ひずみで判断してるんだろ。
マイクの性能として無理なものをいい加減なことばで濁さないこと。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 11:53:49 ID:XN4U1Ux8
アコースティックなコントラバスの音が原音と違って聞こえるということ。
面白みとは、音楽鑑賞向きでないということ。モニタルームで音の調整用に
使うのにはいいが、音楽聞くスピーカーじゃあないよ。BM6は。

272 :239239:2005/06/11(土) 13:08:34 ID:/KBNlafN
>>271 
ひょっとしてどっか店でボフムワってのを聴いたのかな。
原音て奏者と聴者のレベルで意味が違うから分からないけどね。

俺は非常用メガホンでも音楽は聴けると思うのでなんですが
セッティング含めて、部屋とマッチングしてない状態で聴いてるんじゃないかな。
おれは低域の処理は簡単に低域を80hz位から-6dBで聴いてます。
最初は音程が拾えることが必要でしょう。
低域団子なんてルームの問題がほとんどだしね。
飽和してたり、定在波で打ち消しあってたり、店だとそんなとこあるね。

別にデッドな部屋にしなくても良い。
シンメトリーな配置からやってるうちに石井式に近い状態になったけどw
うちではKarinKrogのJOYが素敵ですよ。

弱点もある、
ホーンはよっぽどソースに艶が乗ってるか
部屋に響きがないと大変面白くない。SACDだといいかもしれんけど
時にSTWが欲しいと思う時もある。
ワンポイントのクラは難しいね、うちだと3吋のフルレンジのほうが聴かせるねw。
かなり広い部屋でシンメトリーな配置で聴きたいな。





273 :239239:2005/06/11(土) 13:15:21 ID:/KBNlafN
>>267
おれはDFカーブを無視したSTAXで聴く音こそ苦痛の極み。
ビニールハウスの気密室に入れられたみたいな、
装着するときのルパン3rdが変装とる時みたいな音


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 13:22:35 ID:XN4U1Ux8
BM6は、出たときすぐに買ったので保有期間は結構長いよ。古いコンシューマー
様のモニタはLS3/5A,Studio1,あとはJBLのモニターSPを何
セットか置いてあるが、第一BM6は音楽聴くにはちっちゃ過ぎるし、あの筐体
でマトモな低音が出たら不思議(ちっちゃい割に低音はでるがね)。妥協の産物
としかいいようがない。当然そこそこの音だよね。ツイーターは結構逝けるが、
エージングに時間が掛かるね。狭いところでしょうがなく使うSPだと思う。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 17:51:33 ID:e0IxPlcw
モニターっつったら620でしょ
日本専用ジャズモニターなっ 笑

Ba620ってどうなのよ
今時38一発じゃぁつらいっしょ
ウーファ使ってほしかったけどなぁ

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 18:01:46 ID:4FZlPJBb
>>274の所有リストをみるとDynaudioは絶対むかない。
BBCはおしなべて4kHzあたりに指向性のピークがあるし
JBLはプレゼンス感が普通のモニターより強い。
低音云々の問題ではない。70年代サウンドのマニアだ。
頼むから自分の耳をノーマルにしてから話をしてくれ。

277 :239239:2005/06/11(土) 23:25:32 ID:/KBNlafN
>>267の語れが気になるな〜。どっかの顧問ですか

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 01:29:45 ID:biukF4Es
じゃBM-15はどうよ

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 02:34:39 ID:caERVHx3
>>276
日本人の耳と、英国人の耳と、アメリカ人の耳の特性の違いを言っているようだな。
藻前のノーマルは、日本猿のノーマルであることを認識しているのか?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 06:02:14 ID:aYHdJreD
>>279
LS3/5の指向性は検聴用に4kHzのピークをもってる。
ttp://stereophile.com/loudspeakerreviews/361/index6.html
JBLは1970年代のモニターにラウドネス効果が有効と考えていた。
ttp://www.lansingheritage.org/images/jbl/specs/pro-speakers/1972-4310/page03.jpg

これらはテープ録音にシフトした特性であって、デジタル録音では必要なくなった。
80年代ではDynaudio、ATCなどがピークを抑えたユニットの設計をしていた。
並行して流行したのがトランジェットの早いハードドームを用いることで、AE-1やB&Wなどが代表。
ハードドームには多少のリンギングが残るが、90年代後半にはソフトドームに入れ替わった。

録音が面白いと聞こえるにはそれなりの理由があって
>>274はプレゼンス感の強い音が好みであることは確か。
もっとも80年代にアナログ技術が衰退して詰まらない録音が増えたのも事実。
オーディオファイルでモニタースピーカーへの神話が崩れたのもこの時期だ。
ただサウンドの好みは客観的に知っておいたほうが無駄がなくていい。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 08:09:43 ID:caERVHx3
>>280
Dynaudioが JBやRogersよりフラットだと言いたいのは分かるが、
可聴周波数帯域内で或る程度の指向性を確保しながら±0.5dBのSPなど、
いくらわめいてもないのだから、デジタル録音がどうの、テープ録音が
どうのと言った問題ではなくて、モニタする音圧レベルを想定した特性
にあわせてあると言った方がいいんじゃないか?

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 12:55:12 ID:JRVHZ7BX
>>281
たしかJBL 4343のビームワイズは逆に中高域が狭く造ってあった。
LS3/5とは逆の思想で定位感の確認をする方法を模索していたと思う。

それとフラットなのは軸上特性のことを言っているのではなくて
最近はSPを内振りに置くことが少ないことを念頭に置いている。
軸上をずれると6dBの差は出てくるので、そのままキャラクターが乗る。
LS3/5系列でも最近造られた後継機種はビームワイズをなだらかにしてる。
ttp://www.stereophile.com/loudspeakerreviews/879/index5.html


283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 18:33:01 ID:c4rAzO6H
高調波ひずみが極強く出ている鑑賞用途のモニターを探しています。

パソコンにつなげたいのですが、パソコンのオーディオカードはみんな高調波ひずみ
などの値が良すぎて音の艶や高音の伸びなどが弱いのでアンプ、スピーカーでその辺りを劣化
といったらなんですが、うまく中和させたいんです。
そういう事はむりでしょうか?
他の対策なども含めて何かありましたらよろしくお願いします。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 19:55:45 ID:KunfpqlJ
>>283
かなりスレ違いな質問ですが
スピーカーではビンテージ物になるので小型化は難しいです。
あえていえばAltecの小型フルレンジが古い特性を残しています。
真空管プリとライントランスが倍音を出すのに適しています。
あとエキサイターなども有用ですが使い方には注意してください。

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 20:44:13 ID:vDbO2dhq
>>283
ライントランスを巧く使ったプリアンプが一部で注目されてるからそういった物だろうね。
ただなんだかんだいってトランスがビンテージ物絶賛になっちゃうので金かかるど。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 22:29:46 ID:XwbrTsVu
前スレから熟読させてもらっとります
とにかく勉強になります
ageさせて下さい

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 23:52:32 ID:fWP6VnAk
>>282
しつこいようだが、4343とLS3/5Aを同じ目線で見ること自体間違い
と思っている。モニタする対象も違うと思うし、4343と比べるなら、せめ
てSTUDIO−1位のSPでないと相手にならないし、低域の再生能力も問
題にならない位違う。LS3/5Aは、BM6と同じように、狭いところで
しょうがなく使うスピーカーの部類だよ。ミニコンポと思って正解。

288 :239239:2005/06/15(水) 01:14:26 ID:VeLFsD8i
JBL好きって、音の趣味と同じで、くどいなよね。
それぞれ趣味なんだからいいじゃん。

いまでもビクターかな、マスタリングにJBLでいいのはあるよね、クラ以外。
肝腎なのは素のママ鳴らしてるスタジオはないだろな。
ユニットもクロスもカスタム。
俺はJBLは電気楽器の一種に定義してる、
だから音が出てもいまいちソースが見えない。
演技がハデでたまに遊ぶくらいにしたいタイプ。


289 :239239:2005/06/15(水) 01:35:25 ID:VeLFsD8i
茨木と福島のどちらの方言が優れているかとか、
テキサスとユタのお国自慢とかと同じ次元の話し。


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 04:07:34 ID:wHfTGpwB
たしかにしつこいね。リソースと感想を取り違えてるし。
>>287の逝ってるのは、そもそもBBCモニターの意味を理解してない。
LS3/5は極めて狭い放送ブースでモニターするために開発されたもので
狭い場所で聴くということは悪い意味でのことではない。(>>19参照)
日本の住宅事情では本来こうした方法で聴くケースも少なくないし
BC1の時代のように聴いているほうがしょうがなくそうしてる感じもする。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:55:48 ID:AcbvPp27
JBLは電気楽器の一種って名言だなぁ
まさにズバリ


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 08:58:42 ID:c3YtJB1I
広いスタジオ用のモニタと自動車の中のモニタブースで使うSPは違うから、
4343とLS3/5Aとを比較するのは間違いと言っているんだが菜!

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 09:03:05 ID:c3YtJB1I
BM6とLS3/5Aの比較話なら、話になるが、耳掻きとお玉を比べて
どうこう言ってもしょうがない。狭い空間で正確にモニタしようとして設
計したものと、広い空間で大音量でモニタしようとして設計されたものを
比較することがおかしいんだよ菜。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 09:39:02 ID:AcbvPp27
本当しつこいねJBL厨って
今時スタジオでJBLは使われないよ。なんでかはいわずもだがな


295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 10:12:10 ID:c3YtJB1I
一般のオーディオとカーオーディオをごっちゃに考えるのはおかしいよネ

296 :最強スピーカ作る1:2005/06/15(水) 10:52:31 ID:3RXGhMzu
JBLっていうのはユニットベースであり、

完成品ではシアター用がスタンダードだと考えた方が良いだろう。

だからJBLという場合は最低でも100万円〜と考えた方が良い。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 11:43:14 ID:c3YtJB1I
LS3/5Aは、コンソールにこそ埋め込まないけれど、移動車の中での
モニター用途としても考えられているから、カーオーディオでもある。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 11:44:32 ID:c3YtJB1I
海外のレコーディングスタジオの使用機器をみれば、どんなのが多いか
よくわかる。ヤマハも結構置いてある。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 12:07:59 ID:s1w0488p
では話の種に新旧のBBCモニターについて話を盛り上げるか。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 12:11:55 ID:c3YtJB1I
日本人にはNHKモニターが合っているんじゃないの?

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 12:24:35 ID:s1w0488p
>>300
テレビ&ラジオ用であればそれでヨシ?

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 12:38:44 ID:c3YtJB1I
NHKホールとかサントリーホールのモニタールーム覗いたことあるの?

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 12:46:19 ID:s1w0488p
最近のこと?

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 18:02:34 ID:c3YtJB1I
最近は逝ってないので知らない。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 23:14:58 ID:vNrJ5a8Q
BBCの小型スピーカーについて色々調べていると
そもそもモノラル時代にはコンソールトップというモニター方法がなかったことが判明。
横向きまたは後ろ向きという試聴も当たり前だったようだ。
ttp://www.bakerlite.co.uk/pics/England/London/bush-control.jpg
ttp://www.roger.beckwith.btinternet.co.uk/bh/cons/images/bcon_bt_to_desk_from_std_1.jpg

LS3/5Aに至る道のり)
モニタールームでの試聴について
ttp://www.harbeth.co.uk/PDF/monitoring-a%20BBC%20view.pdf
小型スピーカーの開発について
ttp://www.bbc.co.uk/rd/pubs/reports/1970-13.pdf
LS3/5Aの設計データ
ttp://www.bbc.co.uk/rd/pubs/reports/1976-29.pdf
コンソールでの使用例
ttp://www.roger.beckwith.btinternet.co.uk/bh/locrad/lr4.htm

おまけ)
最も初期の頃にLeak製アンプの内蔵されたLSU10
ttp://home.mira.net/~kiewavly/Leak/BBC_Speaker.gif
最近のBBCラジオの様子
ttp://www.bbcradioresources.com/studios/maidavale/mv3/gallery.html

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 22:01:04 ID:cTOosHAv
キースラーと2人の時計職人によって創業されたムジーク、いろいろ作ってきたんだね。
マイクアンプ等のプロ用機器、カーオーディオ用スピーカー、教会用のエレクトーン。

85年に生産が始まったRL900は国内全ての放送局の他、ゼンパーオーパー、
ゲヴァントハウス、シャウシュピールハウスなどにも納入されたそうな。
すごいな、MEG!

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 12:02:25 ID:sAbmJjVJ
当たり前といえば当たり前だがルームサイズによって使うモニタが違う
ということね。金に関係なく最高のものを揃えるのが国営企業のやり方
だから、小さいモニターでそれにあやかろうという日本人オーオタ精神
がかわゆい。

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 06:02:51 ID:8mjV+UVv
なーんか大きな勘違いがあるような・・
前スレは神がかってたのに・・・


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 08:06:52 ID:+9r+S1ie
前スレだってモニター方法のちゃんとした議論はできていなかった。
ステレオ音場の再生方法に多種多様なアプローチがあるのに
何が最高か?という単細胞の聞きかじりが大半。
そういうオーディオのアプローチが既に行き詰まってることくらい
誰だって判ってるのにやめようとしない。
スピーカーは録音の歴史的な多様性を再生するのに十全ではない。
そこでアプローチの違いをリストアップしても、結局は事実のみに留まり
その後の展開にまで至らないというのが現在の状況とみるべき。

310 :純日本人。p.s. MEG大好きです。:2005/06/21(火) 17:29:15 ID:tQKEZ4EM

BBC-TV で長期アルバイトの募集だって、、、
此処のスレの住人でも働きたい人いるんじゃないの?

http://www.bbc-tv.co.jp/

雇用期間常用長期・・・〜平成18年3月31日まで
        (最長3年間契約更新の可能性あり)
募集職種一般事務(アルバイト)
採用人数1名(年齢 20〜45歳位)
仕事内容経理・庶務、一般事務、電話応対、接客業務など。
必要な経験
・免許資格等・パソコン(ワード、エクセル)技能
・経理の経験をお持ちの方歓迎
就業時間9:00〜17:30(時間変動の場合あり)
 1日あたり60分の休憩(昼食時間)
休日週休二日制(休日出勤の場合あり)
加入保険等雇用・労災・健康・厚生

いい条件だとおもうけどね〜。

311 :純日本人。p.s. MEG大好きです。:2005/06/21(火) 17:30:52 ID:tQKEZ4EM
ありゃ、リンクだけ張るつもりが、、笑
まーいーや。

今のBBCは、なに使ってんでしょうねぇ?

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 21:09:43 ID:onbQOf5h
大きな部屋にはPMCが写っていたが、あれはフィッシュング詐欺かな?

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 21:37:20 ID:onbQOf5h
ウエストレイクなども使っているところが多いと思うが。最近の放送局は
見栄っ張りか、大型のモニターが多いな。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 22:00:22 ID:+Rdz1Dll
co.jpだったからどこかと思ったら・・

315 :純日本人。p.s. MEG大好きです。:2005/06/22(水) 04:18:18 ID:R+grZJpQ
>>311
>あれはフィッシュング詐欺かな?
ごめんなさい意味が分かりません!

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 09:20:02 ID:54JXLXMH
>>315
ttp://www.bbcradioresources.com/studios/maidavale/mv3/gallery.html
のお話です。

126 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)