5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【プラシーボ】デジタルならケーブルで音は変わらない

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:31:48 ID:mWbFwtfl
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1106793738/

313 名前:Socket774 [sage] 投稿日:05/02/08(火) 13:20:13 ID:VxgVscFI
>>312
それが、アナログ信号を送るケーブルなら意味があるよ。
波形の変化が、もろそのままスピーカのコーンの振動に直結するんだから。

でもデジタル信号には、外部の影響は、プチノイズという形でしか出てこない。
逆に、プチノイズが出ないなら、何を使っても全く同じ。
そのためのデジタルでしょ。

食事の味は、誰と食べているか、どんな会話だったかが、味の6割を決定するそうだ。
根拠は無いが、人間の耳も、感覚器として同じだと思う。
手をかけたり、金をかけたりした後の音は、その人の脳内では素晴らしい音なのだろう。
だがそれは、自分の脳の外では鳴らない音なのだという自覚は、必要だと思う。

http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1087390133/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:33:08 ID:mWbFwtfl
888 名前:Socket774 [sage] 投稿日:05/02/06(日) 09:43:11 ID:Lut54xw8
デジタルデータ 010101 といっても、
キレイな矩形波となれば理想だけれど、んなこたなくて、
デジタルデータを表現している、銅線内の電流の波形は実態アナログだから、
銅線の抵抗によって波形の角がなまる。
なまれば、0 1 の立ち上がりのタイミングが、時間的にどこか不明になってくる。
それがジッタ。

ジッタが大きくなってくると、0 1 の判別がつかなくなってくるから
大問題なんだけど、俺達の使い方(デジタル1本)なら、あまり気にしなくていい。

なぜかというと、デジタルデータは、いくつかにカプセル化されて送られていて、
そのカプセルひとつひとつに、コピー可不可情報だの、pro/consumerビットなど、
付加情報がいちいちついているのだけど、
最後にそれらのデータを、全部足した結果のチェックサム情報がついている。
だから、データがジッタで化ければ、チェックサムの値が不正になり、
そのカプセルのデータ全体がエラーとしてまるごと捨てられる。

結果、どういう風に聴こえるかというと、ブチッ プッ プチッ とはっきりと聴こえるわけで、
逆に、こうした音が聴こえないのであれば、気にすることはないってこと。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:33:51 ID:mWbFwtfl
889 名前:Socket774 [sage] 投稿日:05/02/06(日) 10:02:16 ID:Lut54xw8
>なまれば、0 1 の立ち上がりのタイミングが、時間的にどこか不明になってくる。
>それがジッタ。

あーなんか書いているうちに、嘘連中が、
ジッタでデジタルデータのタイミングがずれると大嘘を言いたい気持ちが
わかってきたよ。あさはか。

ジッタによって波形がなまり、時間的なタイミングがずれても、
それは発音のタイミングがずれることを意味しない。
ってのは、ここまで読んでくださった人のうち、鋭い人ならわかると思うけど…

受け側は、入ってくるアナログの電流データすべてを見張っているわけじゃなくて、
特定のクロックタイミングでの電圧の値「しか」見ないんだからね。
もし、「あ」と「い」の例えのように、
データが遅れて入ってきても、受信部には「遅れてるな」なんて
「わからない」んだよ。

ただ、0/1の判別がずれて、データが変なので、
その部分全体が「壊れている」とみなされるだけなんだ。

あまりに壊れ方がひどいと、受け側のロックがはずれて、再度同期を試みる。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:37:40 ID:j14g+ZHw
>>mWbFwtfl
何が言いたくてスレたてしたんだ?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:40:42 ID:k+0Qrmrn
デジタルならケーブルで音は変わらないし、変えようが無い。
ってことだろ。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:43:21 ID:o3PkRk6G
デジタルでは音質が変わったりせずに、ノイズになってしまうって事じゃない?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:45:21 ID:j14g+ZHw
スレタイ「 【プラシーボ】デジタルならケーブルで音は変わらない 」の通りなら、
デジケーの代わりに、エナメル線でも挿しておけばいいんでないかい?
先端の被覆をペーパーで落として、適当に導通するように差し込めば、
お ・ わ ・ り 。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:50:41 ID:k+0Qrmrn
>>7
良く知らんが、75Ωじゃないと駄目やろ。
インピーダンスマッチングってやつか?


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 14:51:50 ID:JPQw470g
波形が・・・と言ってる人は、本当にSPDIFの同軸の波形を見たことがあるのかな?
PLLが何をしているのか理解しているのかな?

素人を騙す常套手段として、
トスリンクを通る前の波形と、通った後の波形を比較するのがあるけど、
なぜか同軸の波形とは比較しないんだよね。

>>7
エナメル線じゃ、インピーダンス75Ωにできないと思うよ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 18:55:01 ID:vZpLgEWh
http://www.geocities.jp/t21_belltech/kako/today0202.htm
マスターCDをCD-Rへ焼き付けると音質が変わる。これは,「ジッタ」の影響によるものだ,
という結論は前からあった。例えば「01010」というデジタル信号があって,
これが1秒間に流れるとする。マスターではこれを「0.2秒,0.4秒,0.6秒,0.8秒,1.0秒」の
ポイントに記録されているが,デジタル伝送後にはそれぞれ「0.19秒,0.42秒,0.599秒,0.8秒,1.001秒」に記録されてしまったりする。
つまり,同じ情報を全く同一に伝送しているにもかかわらず,「時間軸上の揺らぎ」によって,結果的には異なる状態になってしまうというわけだ。
送り出しの信号がいくら正確でも,その伝送方法によって結果が変わってしまう。また,人間の「耳」はそれを感じ取ってしまうほどセンシティブとも言える。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 19:05:20 ID:jBBRlGMD
http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/MyRoom/Jitter.pdf 東京情報大学研究論集Vol.7 No.2, pp.79-92(2004) 79
DA/AD変換時のサンプリングクロックに生じる時
間ゆらぎ(サンプリング・ジッター)は、録音や再生
時にひずみをもたらす原因のひとつである。ディジタ
ルインタフェース(AES/EBU規格信号)上のジッタ
ーが再生音の音質に影響を与えること[1]、音質の
違いが検知できる音楽再生音の間には、時間ゆらぎの
量に違いが見られる[2]、等の指摘はあるが、それ
らの研究においては、DA変換後のアナログ信号に含
まれるジッターの影響を精密に測定および評価してい
るとは言いがたい。ジッターと音質との関係を調べる。



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 19:33:11 ID:IqJ8rEqK
>>all
一個のCPUが、昔の高額なスパコンやワークステーションを凌駕しているように、
デジタルの高機能が、チップに押し込められて大量生産され、
どんどん低価格帯に下りてきている。

だから、それまで、アナログオーディオに金と手間をかけていたプラシーボ連中は、
手を出す余地がどんどん狭くなっているんだな。
でも、電子工学などの基礎知識があるわけじゃないから、
アナログで培ったDIYを、デジタル機器でもなんとかの一つ覚えでやろうとする。

音質に勝負をかけたいなら、D/A以降。
全資力をスピーカに、スピーカケーブルに、アンプに、D/Aコンバーターに。
ここらへんめがけて片っ端からカネをかけまくる。 こうすれば少ない投資でいい音が出る。
そこまで至るまでは、いくらショボくても全然構わないんだよ。
だいいち、CDに入れる前の音楽製作現場でさえ、
多くがチープなPCやMacで作成してるんだから。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 20:49:24 ID:jwsKmKm7
http://www.national.com/JPN/an/AN/AN-977.pdf
http://www.national.com/JPN/appinfo/lvds/files/lvds_ch7.pdf
http://www.tij.co.jp/jsc/docs/msp/anaapp/pdf/vol4_interface.pdf

http://www.yamaha.co.jp/product/computer/handbook/audiomaster02.html
ジッタが含まれた音楽CDを再生するとき、CDプレーヤー側がこのズレ(ゆらぎ)を正確に補正しようと、
エラー訂正機能やサーボを頻繁に働かせます。このようにしてCD再生の補完回路をフルに働かせることで、
音楽再生時には音がとぎれることなく、再生することができるのです。しかし、補完回路が頻繁に働くことにより生じる
電源変動が最終段のアナログオーディオ出力に次のような影響を与えることがあります。

●音がこもったように聞こえる。   
●低音が聞こえにくい。
●ノイズが入ったような音がする。

http://www3.coara.or.jp/~tomoyaz/higa9906.html
ジッタに由来する回転ムラの輪廻は電流ラインの揺動を発生し、安物CDプレーヤーではまずその殆どが、
上等なCDプレーヤーでも結構ノイズを発生する。またノイズは信号に対して混変調歪みを生じている印象がある。

ヘッドホンで聴くとピアノが僅かに濁り、時にスクラッチっぽく聞こえる気がするが、
これとてカット行為のプラセーボ効果かもしれない。しかし明らかに有害なジッタを増やす意味は無いと考える。

電源のノイズの周波数分布はジッタ信号源とピークがそっくりと言うことだ。つまり信号系のジッタはシステム全体の
電流変動の原因であり結果でもある、

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 20:50:05 ID:jwsKmKm7
>>13
誤爆スマソ^^;

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 20:51:56 ID:jwsKmKm7
>>14
と、思ったら誤爆では無かった^^;

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 20:55:44 ID:0LynX8XY
音が変わらない って言ってる厨に限って


ハァ?ステレオ???左右から音が出てればステレオだろー、、、、だってさ。

空間に音が浮かぶ? なわけねーだろ 、、、だってさ。

ボロイ装置じゃ無理。 理解不能。 そのくせオデオ雑誌は読む。
オマエ馬鹿??????

17 :sage:05/02/08 21:12:17 ID:YVfera7t
結局、デジタルケーブルに因る音質変化は存在するの?
メーター30万もするようなデジタルケーブルの存在意義は?
レコーディングスタジオ等ではそのようなモノは使われてるの?

所詮ケーブルなんて必要悪だと思ってるんだけど、違うかな?
CDPはデジタル信号の伝送経路が最短ですむ一体型が理想ではないの?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 21:13:34 ID:YVfera7t
あげてしまったorz
禿げしくスマソ

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 21:19:20 ID:0LynX8XY
>>17音質は変化する。あとはそれが表現できる装置かどうかだ。

  30万は価値観の問題。スタジオでは信頼性の高い数千円だろ。

  一体型が理想だよ。でも民生機はホビーでもあるし。。。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 21:40:58 ID:mLxrf84U
>>16
そりゃ小学校のお友達にオーディオ語ったって理解してくれないでしょw

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 22:42:58 ID:JPQw470g
音が変わる = 精度が高まる
とは限らないんだよね。
精度が落ちることで音が悪くなってるのに、人によっては音が良くなったと評価することもある。

それはさておき、>>13は怪しい。

エラー訂正回路は常に動きつづけていて、エラーの有無に関係なく、同じくらいの消費電力です。

CDから読んだ信号のジッタの補正はしませんし、できませんし、する必要もありません。
そもそも、ピックアップから読んだ信号のジッタはエラーレートに響いてくるわけですが、
そのエラーレートが一定以下ならば、正しいデータに復号することができるので、問題になりません。

サーボはよほど酷いジッタでない限り、関係ありません。
ディスクの反り、中心のズレ、回転数の調整、そのあたりが支配的です。
ジッタが仮にまったくなくても、サーボはたくさん働いています。



22 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 22:49:52 ID:0LynX8XY
精度上げて不快になることも有るし。
仕事じゃないからね。遊び。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 22:58:51 ID:jwsKmKm7
>>21
>CDから読んだ信号のジッタの補正はしませんし

オマイはhttp://www.teac.co.jp/av/esoteric/g0_g0s.htmlというものを知らないのか?w

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 23:01:19 ID:0LynX8XY
たぶん無縁かと。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/08 23:03:56 ID:jwsKmKm7
>>23
こっちか
http://www.ne.jp/asahi/sound.system/pract/Nagas_HP/reclock.htm

ジッタが付加されていますので、厳密にはLClock2と同じ精度ではありません。
そこで、このデジタル出力をLClock2の原クロック(33.8688MHz)で叩き直してやることで、
内部回路で付加されたジッタ分をキャンセルしてやろうというのがリクロック回路

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 19:53:12 ID:NfTLjWnI
http://adlib.rsch.tuis.ac.jp/~akira/hit/papers/aes-tky.pdf
3.2 ディジタルケーブル
CDプレーヤとDACとの接続において、コン
シューマ市場では同軸ケーブル(S/PDIF) と光
ケーブル接続(TOS-Link) が一般的である。先
に示したFig.3 はCDP2 とDAC1 を光ケーブ
ルで接続した場合の測定結果であり、それらを
同軸ケーブルで接続した場合の測定結果である
Fig.7 と比較すると、ジッタースペクトルには
かなり違いが見られる。これは測定結果の中で
も極端な例ではあるが、接続方式によってジッ
タースペクトルが変化する例は多かった。ただ
し、同軸ディジタルケーブルについて、中級品
と格安品の2 種類を比較したところ、測定結果
に違いは見られなかった。

27 :21:05/02/10 00:00:11 ID:nhsP+a8e
>>23
>>25
それらはDACのクロックのジッタの話でしょ。
CDから読み取った信号のジッタとは、まるっきり別。

そういうこともわからないから、騙されるんですよ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 01:19:18 ID:K4LN3xCf
デジタルケーブルで音が変わることを証明する方法

通常のオーディオ製品を用意。
次に本題の比較サンプルのケーブルを用意。
1:1m数百円の超激安ケーブル
2:1m数万円の超高級ケーブル

まずは1の激安ケーブルで聞く

次に2の超高級ケーブルで聞く

今度は目隠しをして、
1の激安ケーブルを2の超高級ケーブルだとダマして聞かせる。

これで信じ込んだら、>>1のとおり、
「デジタルならケーブルで音は変わらない」になる。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 01:37:40 ID:6OfKtbO3
DENONのSA500なんで1曲目の頭直前で「カチって」でかい音するんだ?
新品だけどみんなそうなの?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 01:54:02 ID:RhmJj9PE
>>28
同じ事をお酒でやったら、
「お酒は銘柄で味は変わらない」って事になる可能性も
ブラインドテストは万能じゃないよ

普通に聞いてみれば、個々の中に結論は自然に出ると思うよ




31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 01:55:56 ID:KOXqyXQd
【主婦は】結婚は公認売春でしょうが【売春婦】
1 :名無しさん 〜君の性差〜:04/10/31 20:49:16 ID:koDju8KH
SEXするために結婚というのがまずあり、女性は体を与える替わりに
安定を得ていた。だから女は男のステイタスを重視する。しかし、自由恋愛
によって男は外でSEX(買春)が容易になり結婚にSEXの価値を昔ほど見いださなくなった。
結婚でしかSEXが存在しなかったのが、自由恋愛により自然と結婚で補えなくなったSEXは
売春婦によって補われること(この場合、厳密に結婚でのSEXは男にとって家庭と外の2足のワラジ)となった。(補完)
この現実は女(妻)にとっては商品価値を下げることとなり、正に売春婦は商売敵。(マイナス)


出会いパーティーなんてでパートナーを得るなんて「お見合い」をトレンド化したものでしょう。
女にとってはよりステイタスのある男選びに、男にとってはより魅力的なSEXパートナーを選べるメリットが「見合い」
よりあるのです。

http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1099223356/l50

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 06:37:35 ID:q4O2/TlL
>>29
それはリレーの動作音。

無音部分でノイズが出るようなDACだと、ノイズが目立つのでリレーでミュートしてる。
なので、音を出す時にミュートを解除するためにリレーが動く音がする。
(無音でノイズ? そんなの安物だけだろ? と思ったら大間違い。方式によっては無音にできない。)

複数のサンプリングレートに対応してる機械の場合、
LPFのカットオフ周波数を変えるためにリレーを使っていることがある。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 10:35:56 ID:CQ2d0EAN
コピペ

419 名前:Socket774[sage] 投稿日:05/02/09(水) 10:24:48 ID:sgcYrwGO
10年位前に、無線と実験っていうオーディオ雑誌で見たんだが、
SONYがマスターCDを作るのに、メモリーに貯めたデータで行うシステムがあった。

ジッターを減らすために、最初は実験的に小規模な装置で
マスターテープのデータをメモリーにバッファしながらマスターCDを作ってみたら、
音のクオリティーがかなり上がったらしい。
その結果を基にして試行錯誤をした結果、バッファーしながらだと、テープを再生する
機器からのノイズ混入によるジッター増が避けられないことがわかった。
最終的には、マスターテープの全データを貯めれるだけのメモリーを備えて、
一旦マスターテープからデータを送った後にテープレコーダーを切り離し、
メモリーのデータだけでマスターCDを焼く大掛かりな装置をつくりあげた。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 10:52:54 ID:Ns7Su52t
>>32
SA500はマルチチャン対応SACDPだからDACの動作が読み込みレイヤーによって変わる。
この切り替えノイズ回避のためと考える方が自然。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 22:35:47 ID:2FOHY+7V
ジッター、ジッターってちゃんと調べたことあるのか?
いいかCDPが44.09kHzでAMPが44.11kHzだとするわな。そうすると確かに時間にゆらぎ
は発生する。しかし、それは1秒間にたかだか460マイクロ秒だ。1万分の4秒だよ。
人間にわかる範囲ではない。しかも、現在のデバイスの精度から考えるとたかだか44.1kHz
程度で10Hzも狂うほど精度の悪い物なんかない!10年前ならわかるが。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 23:25:05 ID:jVM3ab+X
ジッタで盛り上がってるとこ悪いんだが
STってどうなの?いや、最近聞かないからさ
良くないから最近は使われなくなったの?
無難にバランスとか同軸が良いんだろうか
教えてエロイ人

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 12:53:27 ID:z9w/RSZf
オデオ用STケーブルは無駄に高いから安い通信用を試しに買ってみては
デュプレックス(双方向)が一般的なので2本のウチ片方だけ繋げばよろし
頼めば1本のも作ってくれるだろうけど面倒だし予備にとっておくと言うことで
音は好みによるので実際に試してみて。ドブに捨てても惜しくない額でしょうし

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 17:54:21 ID:fdwvQgj6
>>1
理屈は簡単だ。”オーディオ”のディジタル伝送信号は、時間軸(タイミング)情報を(1,0に相当する)振幅の切り替わりから抽出する
アナログ伝送方式だ。だから振幅それ自体に対するノイズの影響はあまり無いが、時間軸情報への影響は大きい。

サンプリング定理の前提条件は、時間軸に誤差が無いことだが、これが成り立たないから音は変わるのが当然。
以下を読んでから出直してくれ。それともデジタルケーブルで音が変らない、というのがプラシーボで正解(音は変る)と言いたいのかな。
ttp://stereophile.com/features/396bits/index.html
Professor Malcolm Omar Hawksford is Director of the Centre for Audio Research and Engineering, Department of Electronic Systems Engineering,
at England's University of Essex. Chris Dunn is a Research Officer at King's College, London. This work was funded by the UK's Science and
Engineering Research Council, and was originally presented as a paper, "Is the AES/EBU S/PDIF digital audio interface flawed?" (Preprint 3360),
at the 93rd Audio Engineering Society Convention, October 1992, in San Francisco. It is reproduced here with the kind permission of the AES.

>>35
勘違いしてないか?コード化されたバイナリデータからアナログ波形を構成する際の時間軸の誤差の話だ。
100psのjitterで、16bitシステムのノイズフロアーより上にノイズが出てくる。10psでは埋もれてしまう。
(SN比が96dB以上の機材じゃないと差が分からんともいえる。)
ttp://www.lavryengineering.com/white_papers/jitter.pdf

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 01:11:38 ID:/rTVpK/h
>>38
> 100psのjitterで、16bitシステムのノイズフロアーより上にノイズが出てくる。10psでは埋もれてしまう。
>(SN比が96dB以上の機材じゃないと差が分からんともいえる。)

理屈ではそうだが、実際に100psどころか10nsでも一般家庭で聴くジャンルの音楽では
判別はできないだろう。解るって言うんなら、耳鼻科で精密検査を受けろ。超感度の聴力を
持つ人間として有名になるかもしれん。
それとも、違いが解るヤシってまさか常に聴く音楽が3KHzの正弦波なのか?それならorzだ。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 07:04:35 ID:bi5G5Pu2
何度も言うが、
トスリンクの波形が汚いとかジッタがとかいう奴は、同軸の波形を見てから言え。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 07:08:24 ID:emFdM3tn
>>40

>>26を見ると同軸の方がジッタが少ないが?


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 08:26:37 ID:bi5G5Pu2
>>41
少ないね。
同軸のほうが優れていることは否定しないけど、同軸の波形を見たかどうかが大切なのよ。

トスリンクの鈍った波形を見て実際の違い以上に違いを感じ取ってる人が多い。
そういう人にはぜひ、同軸のエッジがわからないほど鈍った波形を見てもらいたい。

ちなみに光のジッタが多いのは振動による影響を受けるためだと思うよ。
振動はどうにもならないので、同軸を使うのが正解であることには、変わりないけどね。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 13:57:28 ID:qzgWFXIw
否定派は専門の教育を受けてて、更に測定機器等の環境があって、
言葉で語る毎に、いちいち面倒臭いと思うけどデータとか出して欲しいな。

じゃないと否定派の連中は高級ケーブルの経験の無い嫉妬してる貧乏人か、
自分を納得させるために逆にプラシーボに掛かってる奴としか思えんし、
一生懸命否定したところで、別段なんのインパクトも無いし。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 16:19:40 ID:ZOcx9OfH
ジッター、について、もすげぇ簡単に書いて見る。

CDの回転速度を真ん中で5000回転/秒、としますわ。
で、CDの重さが不均等で毎秒5000回サーボに負荷が掛かって電流が増加する
と致します。
このとき、44.1kHzのクロックを出力するバッファに対する供給電流が変動
して、クロックが0Vから2.77Vまで立ち上がる周期が無負荷のときに4.7ns、
負荷掛かったときに4.72ns、だったと致そう。
そうすると5000Hzとその倍倍数の周波数成分が表れて来る。

デジタルケーブルでジッタがどう影響するかは漏れには理解できんので、
誰か分りやすい説明もねがいしたい。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 16:28:56 ID:hxC100pk
>>44
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1106793738/366-387
あたりを嫁

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 16:36:08 ID:9f7p2PXW
毎秒5000回転じゃディスクが一瞬で砕けそう。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 11:13:53 ID:WFsdvtN8
それにしてもケーブルで音が変わらない派の人って、
デジタルなんだから理屈では音が変わるはずないじゃないかって言うだけで、
実際にケーブル変えてみても音が変わらなかったって話を
ほとんど聞かないよね

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 11:18:26 ID:8gwp07W1
昔の雑誌に デジタルだから変わらない って書いてあった。

その活字を10000回位読み返したんだろなー。

自己暗記、自己暗示 ってやつかな。

たしかに装置もボロだから、やつらの自宅では 真実 なんだろなー。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 13:12:21 ID:ZDDQWCtO
しかし「何故」「何処で」音が変わるのかという考察は必要だと思うぞ。
(1)トラポ出力端に及ぼされるケーブルの影響、その原因と結果
(2)SPDIFのバイフェーズエンコード波形とケーブルの関係
(3)DAIにおける復号波形とケーブルの関係
どっかは影響有ると思うんだが、説得力と再現性のある理論が無いといつまで
たっても決着は付かない。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 05:17:54 ID:yjihz5sq
>>49
音の変化を捉えたデータが必要になりますね。
現象を観測出来ないならば、音は変わらないか人間では判別出来ないと結論づけられる。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 06:10:33 ID:EJqlhZNN
>>50
理論的現象ならもう既出
>>13>>45

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 14:22:11 ID:Q2jnypv/
この手のスレはもう飽きた。やめましょうや。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 15:31:37 ID:IgrzmMHZ
>>51
そんなトンデモを・・・

>>47-48
スレタイの通り、プラセボ効果が大きいので、一人では実験できないのですよ。

ちなみに同軸でもケーブルによって音は変わる要素はある。
ケーブルやコネクタのインピーダンスが激しく違ってるとダメだよ。
まぁ、普通にビデオが高画質で見れるケーブルなら問題ないです。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:12:21 ID:L4pP06PH
>>53
(* ̄m ̄)プッ
自分が理解出来ないもの=トンデモですかw

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:13:59 ID:7f/zi41s
ケーブルでオーディオクロックを送らずデータのみを送るなら、
直接的にはケーブルで音は変わらない。
(もちろん伝送エラーが起こらないという前提で)
間接的になら、
「家にある冷蔵庫によって音が変わる」
ということも成り立ってしまうのであまり意味のない議論になる。

ケーブルでオーディオクロックも送るなら、
時間的にはアナログである為、アナログ的要素は発生する。
ただし、低周波のジッタはケーブルでは発生せず、
高周波はPLL等で消えるため、
このアナログ的要素はほとんど消える。
少なくとも、時間的揺らぎをまったく補正できないアナログ信号よりは
ずっと影響は少ない。

理屈はどうであれ、
デジタルケーブルを変えてのブラインドテストや
測定で違いが検出できなければ音は変わらないと言って良い。

まともなブラインドテストでの有意差、
まともな測定(出音の測定であって、デジタル信号の波形の測定ではない)での有意差があるならば、
ぜひ教えていただきたい。


56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:19:53 ID:L4pP06PH
>>55
0と1のデータもアナログ伝送=ジッタの影響は免れない

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:22:32 ID:7f/zi41s
>>56
伝送された信号からクロックを作るならそうだ。
クロックを外からもらわなければ、外から来るデータのジッタは関係ない。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:24:52 ID:L4pP06PH
>>57
(°Д°)ハァ?

>>45が理解出来ない厨房ハケーン!w

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:28:37 ID:7f/zi41s
>>58
(°Д°)ハァ?

>>57が理解出来ない厨房ハケーン!w


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:29:55 ID:RUzpctJE
さぁ盛り上がってまいりますたw

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 20:48:18 ID:xDo7pKdb
これだけは肝に命じろ!
1.聞くならいいもの、悪いものは聞くな。
2.世間でいいと評価があっても、自分の耳を信じろ。
3.いろんな機材を聞き比べる前に、自分の中でひとつの「音」をつくれ。
4.聞き比べても、違いがわからないようなら機材買い替えは不要。
5.有名な機種ほど音が悪いこともある、マイナーを発掘せよ。

6.なによりも音楽を聴いて、好きな曲で楽しめればそれでよし!

7.オーディオやるなら好きなメーカーを決めろ、ポリシーを持って向き合え

8.それができないなら、オーディオなんかするな。悪いことは言わない。
や め と け


62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:41:04 ID:IgrzmMHZ
そういや、ケーブルの長さを気にする香具師はいるのかな。

オーディオにはトンデモ事例が多くて、
「この電源タップは音がいいんだよ」といって、
今使っているタップに繋ぎたして使ってる人とかいるんだよね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:45:07 ID:SFZZj88I
>>62
ケーブルは短いほうがいいのは当たり前だろw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 23:32:08 ID:cko5rK40
リビングと自分の部屋にテレビあるんだけど、分配器で15mくらいケーブルで回してる。
自分の部屋のテレビは、同じメーカーで10年新しくて定価も高いのにリビングより画質悪い。
それ以来ケーブルの短さには命賭けてる。自分の部屋はブレーカーのすぐ近くでちょっとラッキーだったり。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 23:38:25 ID:e5lIFuUc
DAC側のクロックを基準にドライブを制御して
伝送系で生じるジッターから解放される、
というのは昔からあるようだね。
http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/cdp-r1.htm

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 03:39:22 ID:VHz/xMKR
>>63
千円のビデオケーブル 30cmと、
ウン万円のディジタルオーディオ用同軸ケーブル3m、
どっちが音がいい?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 13:22:08 ID:dGwRXLgP
>>55
いいかげん、これ読めよ。英語読めんのか。読んでから議論せい。
http://stereophile.com/features/396bits/index.html
PLLを含めディジタル系の帯域制約によって、jitterが可聴範囲にどう影響するか、理論と実験結果で示してるだろうが。
これは1992年の著名な論文の採録だぞ。最低知っとけよ。

あんた最近のBenchmark DAC1とかLavry EngineeringのDACがどれくらいの性能かしらんだろう。
そしてだからこそレコーディングのプロに使われCD作成にも使われているか知っとくとよいぞ。
最近のHi-end DACは業務用の機器に近づいているのだよ。一度どっかで聞いてみ。
おっとこれらのDACはjitterの影響を抑えてしまうから、(近年やっと実現できたわけだが)、ディジタルだから音が変らんということになってしまうな。ははは。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 13:31:22 ID:Oef1gL+Y
LavryのADCの122/96はMK3になったな

69 :石塚俊:05/02/17 13:32:15 ID:EBwkJYyy
デジタルで音は変わりませぬ。もともとまともな音は出ておりませぬからな。

70 :恐縮:05/02/17 13:48:27 ID:XL/hSdCh
ハァー? って言うと怒るかな。

ファァー?

世界中の音楽はまともじゃなくなってしまいましたか?

残念無念。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 15:18:38 ID:fxH+10Nr
80円/mの75Ωのカナレのアンテナケーブル買ってきました。
そんで無印の金メッキのRCAプラグ使って自作して5mのを作りました。
プラグがあれなんで75Ωになってないとは思いますが、別に悪くないんですけど……
どうしてですかね?それにしても……そもそもXR25自体金メッキでないんですけど、受け側が

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 15:46:30 ID:zO7zV6aR
>>69
コピペでスマヌ

アナログレコードの音を聞いたことの無い世代も多くなってきているようですが、
私も、 生まれた頃から長い間アナログレコードの音を聞いてきた世代の一人として、
冷静に振り返って 考えましょう。


アナログレコードは、非常に原始的な方法で音を再生します。
プラスチックの円盤の上を ダイアモンドの針が溝をこすり、その振動を電力に変え、
フォノアンプに送り込みます。
この時、当然のごとく音楽以外の信号を発生します。
それは、ダイアモンド針がプラスッチック盤 をこする時に発生する音です。
これは、どのような高級なシステムでも必ず生じます。
その信号エネルギーは、フォノアンプを通すと、低いコーと言う音になります。
この音は、 胎児が子宮で聞いている母親の体内の音によく似ています。
ある種の心地良い安心 できるような快音です。
つまり、アナログレコードは誰しも持っている一種の胎児願望を 再起します。
ここに、"聴くならアナログだ"と言い張る人が出てくる所以があると思われます。

 残念ながら、ダイアモンド針で45度にきられたプラスッチック盤の溝をトレースすると
いう原始的な方法では、歪、チャンネルセパレーション、周波数特性、ダイナミックレンジ等、
そのほか全ての面で、12センチデジタルディスクには全く太刀打ちできません。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 15:47:53 ID:zO7zV6aR
アナログ派は、唯一周波数特性だけは、デジタルは20kHzまでだが、
アナログディスクは 50kHzくらいまで出るから、アナログの方が上だと言いますが、
それは間違いで、 アナログディスクで50kHzまで出るのは、最外周をトレースするときだけで、
最内周では10kHzしか出ませんし、CDの場合、現在の最新のデジタル技術で処理すると、
全く自然な音で50kHzくらいまでの倍音を付加して聞くことができ、
それは非常に リアルで素晴らしく心地良い音になります。
(DVDAudioやSACDは、このような処理を しなくとも50kHzから100kHzくらいの特性が、標準で確保されています。)

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 15:50:03 ID:zO7zV6aR
 このように、未だにアナログにこだわる人がいることには、
アナログレコードで 育った世代としては、共感を覚えるところもありますが、
アナログがCDより音が良いと言うのは、 もはや根拠が無く、
DVDAudioやSACDでは、比べるのも愚かというほど歴然と素晴らしい音が
得られているわけですから、温かく見守ってあげるべきと思います。

こういった こだわりの人々も、いずれはDVDAudioやSACDの素晴らしさを知り、
そしてまた、 そのときDVDAudioプレイヤーやSACDプレイヤーでかけたCDの
最新の音の素晴らしさにふれれば、 既に時代は完全にデジタル技術の勝利であることを自然に知るでしょう。
(アナログ派の人が、CDやDVDAudio、SACDの 真の実力を知るためには、セッティングを変更する必要があります。)

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 16:45:31 ID:AmAYY0kD
"God is in the details."(神は細部に宿る)
デジタルの欠点は細部の情報の欠落にある。
アナログの美点は細部の情報の充実にある。
レコードが廃れない理由がここにある。
立ち上がりや余韻という音の旨みがデジタルでは欠落している。

「ディジタルではアナログを超えることのできない領域がある。
それは、弱音時のリニヤリティと弦を擦る音などの瞬時の再現性など」
by 高和元彦(キングレコード)


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 17:37:34 ID:WifE5T41
>立ち上がりや余韻という音の旨み
それは録音の問題と思われ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 17:46:22 ID:AmAYY0kD
CDとSACD、CDとDVDA、同じ曲を比較試聴すればフォーマットの限界は
聞き取れる。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 18:30:54 ID:WifE5T41
CDでもDSDマスタリングのって音良いのか?
変換工程増えて悪くなりそうなイメージがあるけど。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 18:58:24 ID:j6GUleXI
前から疑問なんだけど・・・
CDのエラーだのジッタだのについての解決として、
ドライブから×倍速で読んだ後、メモリにバッファリング(エラーがあればリトライする)
高性能なクロックオシレータを使ってDACと同期させつつメモリから転送、ってシステムに
すれば済むだけの話だと思うんだけど、そういうシステムって無いの?

PC用のCD−ROMだったら、プログラムも記録されてるんだから、1ビットの間違いも無い
データをCDメディアから読む方法は確立されてるはずなんだけど・・・
まあ、CD−DAとCD−ROMじゃあ、エラー訂正の強度が違うってのはあるだろうけど。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 19:15:44 ID:WifE5T41
>エラー訂正の強度が違う
それでもかなり強力だから、余程深い傷が無ければCUなんて出ないよ。
殆どC1ばっかり。というかC1は普通に秒間0.1〜10個とか出るよ。
要はDACの時点でクロックを整形しなおして再同期させて、
読み出しの部分は別電源でやれば良い訳だよね。

81 :71:05/02/17 21:29:01 ID:fxH+10Nr
>>71です。スルーでしょうか・・・?

82 :恐縮:05/02/17 22:29:35 ID:XL/hSdCh
>>75   中古レコード屋のオヤジさんですか?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 23:59:43 ID:WTd5TSl+
今日ヨドバシで4NのOFC同軸ディジタルケーブル買ってきたよ。
静寂度が増した気がする。
Victorの1000円ケーブルだけどな。w
技術力もなんもない、弱小ハイエンドメーカー製ケーブルなんて信頼してないわけよ。俺は。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 00:34:55 ID:7HIE2NgK
>>83
それでいい。Victorじゃないだろうけどな。
何だか良く分からないケーブルはインピーダンス整合が取れてなかったり、
アホみたいな特性のが多い。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 02:07:53 ID:hvcOfN+0
>>83
コレ?
http://www.victor-service.co.jp/jvc/avcord/Search1.asp?Set=1&Rule=Second&Sort=Sound&SeedNo=1&Cord=C1_P-Hi
オーテクとソニーとじゃ、こっちの方がいい?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 02:44:58 ID:7HIE2NgK
LC-OFCて日立電線かな?
ATでもソニーでも大差ないと思うけど。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 21:57:22 ID:Ks2iBZDe
>>79
普通のCDプレーヤーなら、
最低でも数サンプルはバッファに溜めて、
発振器に合わせて出力されてるよ。
CDの回転はあくまで発振器のスレーブで動いてる。
だからメディアに含まれるジッタは直接的には関係ない。
バッファに溜めるまでのアナログ回路を切り離せば
メディアやピックアップによる音の差は無いと言える。

最近のまともなCDプレーヤーでまともなディスクを再生すれば、
完全にバイナリ一致する。
PC用のなんか40倍でも完全一致。
だから、データ化けするようなトランスポートがあったとしたらゴミ。
ただし、CCCDなら吸い取るたびに変わったりするよ。


88 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 22:00:25 ID:Ks2iBZDe
プロ用なら当然のようにワードクロック端子が付いてるので、
トランスポートじゃ音は変わらない。
クロックジェネレーターからスピーカーまでが音を決める要因。

なんで民生器は何十万もするような機器でもクロックとデータを分けずに
垂れ流し転送するのかねえ。
それでケーブルに何万もかけたりするんだもんなあ。
アホとしか良いようがない。


89 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 22:01:46 ID:Kn2Fppil
レコードが好きな人は、真空管も好きだったりする。
さらに、癖のあるスピーカーを好んだりする。

レーザーピックアップのレコードプレーヤに、
普通のアンプと普通のスピーカを繋いで聞かせると、
レコード派はびっくりするだろうな。
ディジタル処理してるから音が悪いとかファビョる危険性があるが。

レコードってエコーがかかるんだよね。
スピーカからの音が、ピックアップに入り込むからね。

たぶんCDでも、
レコードや真空管アンプの音質劣化をシミュレーションするエフェクタを通せば、
いい音に聞こえるだろうな。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 22:04:28 ID:Kn2Fppil
>>87
エラー訂正はブロック単位で行うので、かなりバッファリングされてる。
サーボも使ってるから、そのためにもバッファリングは必要。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 22:05:14 ID:Kn2Fppil
しかし、なんでレコードのメカニズムでCDを語る老害がなくならないんだろ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 22:27:10 ID:FLhE4yYS
>>87
バイナリが一致してもジッタの増減はまた別

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 23:01:47 ID:nB6nhWR1
なんで、デジタルハイビジョンはアンテナのゲインで映像が変わるの?
「映るか映らないか」じゃないわけ?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 23:16:01 ID:Ks2iBZDe
>>92
日本語読める?
ジッタが影響あるのはクロックジェネレータ以降。
データ経路すべてに影響があるわけじゃない。

>>93
デジタルハイビジョンは、常にある程度の訂正不可なエラーが発生している。
初期の頃の常にC2エラーが発生しているようなCDプレーヤーと同じ。

あと、クロックも非常に長距離を伝送されてくるため、
ジッタもトランスポート=>DAC間より桁違いに多い。


95 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 23:18:54 ID:JCsokjxQ
>>94
データ経路全てにジッタが付加される要素は有るぞ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 23:43:57 ID:Ks2iBZDe
>>95
オーディオクロックとは関係ないクロックにジッタがあっても再生には関係ありません。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 00:03:35 ID:nB6nhWR1
音とは縦波で進行方向と振幅方向が同じで、それを01の1ビット処理し、それを横波のPCM変換しますがその時の音質変化はあると思いますか。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 00:15:33 ID:0JObrR2G
>>97
PCMだとなんで横波になるんだよ?
波形表示で横表示するからか?


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 00:46:22 ID:+RUbVnew
PCMは横軸に時間軸縦方向に振幅をとったものです。
DSDは本来縦波である音波を01のデジタル暗号化したものでしょ。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 01:44:01 ID:5bUHsKad
セットアップ&ホールドタイムの範囲内なら
いくらデータストリームのエッジが揺らいでもエラーにはならんのでは。
重要なのはDACを駆動するクロックを如何に綺麗に出来るかだろ。
S/PDIFの場合抽出したクロックに伝送系のジッターが乗るのが宿命だが
2段PLLとかを使っても人間が知覚できるような影響を及ぼすほどのジッターが残るのだろうか?

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 05:09:32 ID:7tTsykmz
>>96
データ経路でクロックにジッタが付加されるが



102 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 05:10:31 ID:7tTsykmz
>>101
スマン、とんでもカキコした^^;

逝ってくる

103 :そうですね:05/02/19 07:58:48 ID:VikqwFX0
デジタル回路で用いられる、ICのハードとかその中のソフトウエア
で時間軸の問題が発生するでしょう。HTPCの場合だと、CDドライブ
、CPU、メモリ、バスとか色々な所のエラー発生とその処理。
良く解らない回路の長さの問題とか。
大体、CDの傷などでエラー処理とそのリカバリーが行われますが
その際の出力データ間隔は本当にそうでないときと一緒なのでしょうかね。
そのソフトがワイヤードの場合でも、回路の長さが違うでしょうし。
データ自体は間違いませんが時間軸は間違うでしょう。こんな間違いは
クロックの精度を上げても直るわけがないのですよね。もしあれば。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 09:13:14 ID:ozfwqEed
>>103
その話の前半は騙されてるよ。
本当は別の問題(マルチタスク処理における優先度やリアルタイム処理)なんだよ。

途中で処理タイミングが前後しようとも、最後で帳尻が合うようになっているので問題ないです。


105 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 20:52:34 ID:0JObrR2G
>>99
波形表示で横軸時間、縦軸振幅で表示するからPCMが横波?
アホか。

>>100
S/PDIFでもクロックを分けることは可能。
PLLでケーブル伝送によるジッタは人間が知覚できないレベルになると思うよ。
何回か書いてるけど、高周波はPLLで消えるし、低周波はケーブルでは発生しない。

>>103
オーディオクロックを長距離引っ張るとジッタが増えるのは明らかなんだから、
ジッタがいやならDAC側でクロックを発生させればよい。
S/PDIFでクロックを長距離引き回しているのが悪の元凶。

クロックジェネレータからDACまでの距離が短い一体型の方が
ジッタに関して非常に有利ないんだから、
ジッタが気になるなら一体型を買えばいい。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 20:56:11 ID:0JObrR2G
>>103
CDのデータ読み取りが時間的にゆらいでも、
出力タイミングは水晶発振器が握るから関係ない。

日本語が不自由なところから見て、
>>97 と同一人物かな?


107 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:55:02 ID:gBtWWI1w
>>105
まあまあW

>>97
ケーブルを流れる電気信号は横波。
だから音の縦波が横波になるのはPCMのところじゃなくて、
敢えて言えば、マイクロホンの部分で縦波から横波になってるてことかな。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 05:29:04 ID:X41LK2ky
電波は横波だが、数mオーダーの導体に流れる音声信号に波の性質は無に等しい。
時間軸と垂直方向に振幅を表現した線を見て勘違いしてるだけ。
測定位置によって位相の異なる波形が見えるのが波。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 10:43:57 ID:7+4Hacfv
数mオーダーの導体に流れる音声信号は波と見なさなくても、
測定、分析、計算が誤差無くできるってだけのことであって、
波としての性質を失っているわけでは無い。
そこのところ勘違いしないように。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 15:01:59 ID:vSHrju8W
詭弁だなw

>ケーブルを流れる電気信号は横波。

波は流れるんじゃなくて伝播するんだよ。
電波は横波だが、と前置きしたのにまだ電流と電波の振る舞いを混同しているようで。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 18:43:16 ID:7+4Hacfv
電流と電磁波が本質的には同じものであることを理解していない馬鹿発見

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 01:00:20 ID:16tI8o74
電流は空間を電荷が移動するもの。導電率が高くなるほど流れやすく真空中では0
一方、電磁波は電界・磁界の変位が波状に空間を伝播するもの。
真空中で伝播することができ、逆にに導電率が高くなるほど伝播しにくくなる。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 01:03:38 ID:4zC/kiRb
ザオラとwinter全然音が違う
市販スピーカーだろザオラ、自作BKだとwinterの相性がいい

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 01:55:16 ID:j6Mz6QsK
だからな、そういう高校の物理レベルの話じゃなくて、
マックスウェルの電磁方程式を理解しろといってるのだが、無理か…

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 02:36:31 ID:16tI8o74
恥の上塗りだな。
変位電流は電荷の移動を伴わなず実電流とは別物。
コンデンサの電極間等の電界の変化を電流という概念に置き換えたもの。

>ケーブルを流れる電気信号は横波。

一体いつまで勘違いをごまかし続けるつもりかなw


116 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 03:54:06 ID:j6Mz6QsK
スレ違いも甚だしいし、これ以上やると粘着君になってしまうので、
って既に粘着君か?俺(汗
これで最後にします。このスレ見てる人ごめんなさい。

俺が言いたいのは>>114が全て、
後はこのスレ見てる人、一人一人が判断して下さい。
それではさようなら。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 17:55:48 ID:WdGYD5/7
はい、さようなら、シュレーディンガーの波動方程式。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 15:10:07 ID:poD/njnB
個人的にはケ−ブルに限れば、アナログよりもデジタルの方が
音は変わる気がする。理論的には変わるわけないのに・・・。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 15:10:54 ID:AcIE8ZGY
>>118
理論的にジッタで変わると判明している

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 15:27:44 ID:wFeGiQ0D
どうしてアナログに使ったら同じ傾向の変わり方をするのだ?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 22:25:03 ID:mhXXqPC4
かわらんつー奴は駄耳
論より証拠
かわるものはしょうがない
がたがた言うな

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 22:30:08 ID:fy37nGQ5
(><)わかんないです!!


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 22:55:40 ID:szivMP3R
PC自作してるといまいち理解できん
PCでCDやDVDからデータの読み取り行う時100回読み取っても100回同じデータをコピーできるよ
ケーブルが33でも66でも100・133でも同じ
1500円のCDドライブでも3万のプレクスターでも同じ
なんでオーディオ好きの人は変わるなんて平気でいうのかな?
PC持ってないのか?



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 23:39:04 ID:fy37nGQ5
(><)わかんないです!!

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 23:47:18 ID:mhXXqPC4
>123
PCもくそも
言ってる暇があったら音を聴け
一聴瞭然
ガタガタ言うな

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/03 23:51:22 ID:fy37nGQ5
>>123
データエラーじゃなくても、ジッターがうんぬんとか
上で書いてあるじゃなーいかヽ(゚∀、゚)ノ
(><)でも本当の理由はわかんないです!!

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 02:07:20 ID:HjFa1SY2
HTPC界では、
いたるところでエラーが発生しているために、
リトライによって処理が一定でなくなり、
映像に影響が出るとか言ってるらしいぞ。

もうアホかと。
CPUパワーが多少でも余るので間欠処理だし、
DVDからの読み出しだって再生レートよりも速くてバッファリングするのにね・・・。

わかってない人は、それっぽいことを言うと騙されるようですよ。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 06:31:35 ID:30aJsEq9
>>123
バイナリとジッタは全く別物

勉強して出直してこい

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 22:34:05 ID:Fogdxvl4
123ですが
つまりCDは完全に同じデジタルデータであっても出てくる音が違うって事ですか?
CD−DAであっても読み込み後エラー検出は行われるわけでその段階でデータって順番待ち状態で余裕のある状態ですよね
ではエラー検出後のデータ転送中に問題が発生しているというわけですか?
CDってのは正しいデータがあってもウン十万とかけなければ正しいデータを転送できない欠陥商品なのですか?


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 22:36:32 ID:XFNMKu05
>>129
>データ転送中に問題が発生している

そーゆーこと

>CDってのは正しいデータがあってもウン十万とかけなければ正しいデータを転送できない欠陥商品なのですか?

だからバイナリとジッタの違いを勉強して来いって言ってんだろーがw

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 23:22:58 ID:Fogdxvl4
>>130
CD−DA規格であってもPCへデータを転送する迄はデータは完全に一致する
つまりCDプレーヤーに問題があるのではなく、データを音として展開するアンプの問題ではないか?
データを読み開く事がそんな厳しいなんてCD−DAの規格はアフォなんですか?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 23:31:27 ID:ZaS/LJN1
尾魔柄はデータを聴けるんやなあ
たいしたものや
俺は音波を音楽として聴いているんで
話にならんわ

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 23:51:56 ID:TUeUj9Q8
釣りだろ。
バカでも分かるように説明しないと
延々と聞き返してくる。
学生さんは休みが長くていいねぇ。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 07:50:48 ID:9Mppwn17
>>131
だからオマエはバイナリとジッタの違いが全く分かってない厨なんだよ (´∀)ゲラ(´∀`)ゲラ(∀`)

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 08:00:00 ID:9Mppwn17
バイナリとジッタの違いが分かってない厨は>>10-11>>13
http://pc7.2ch.net/test/read.cgi/jisaku/1106793738/366-387
あたりを100回嫁

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 10:14:33 ID:ad6c+jPx
>>135
つまりCD−DAの規格は同じデータを同じように展開することすら難しいおよそデジタルの規格とは呼べないほど稚拙な欠陥規格ということですね
CD−ROM規格ならそんなことはないのに

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 10:24:19 ID:9Mppwn17
>>136
全く理解力無し、だめだコイツwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 10:26:19 ID:9Mppwn17
>>136
>CD−ROM規格ならそんなことはないのに

> http://www.geocities.jp/t21_belltech/kako/today0202.htm
> マスターCDをCD-Rへ焼き付けると音質が変わる。これは,「ジッタ」の影響によるものだ,

CDもCD-Rもかわらんwwwwwwwwwwwwwwwwww

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 10:31:01 ID:9Mppwn17
音楽CDも音楽データが書き込まれたCD-ROMなんだがwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 14:10:43 ID:ad6c+jPx
1981年に設定された音楽再生を前提に開発されたCD−DA規格ではエラー訂正機能が弱い
そのためデータを正確に展開することが困難
1985年に設定されたコンピュータのデータ記録用のCD−ROM規格はエラー訂正機能が強く
データを正確に展開することが容易
規格がアフォなためにウン十、ウン百の機器で時間の同期をとる羽目になったCD−DA規格
規格がよくできているために2000円もしないドライブ、300円のケーブルで正確な展開ができるCD−ROM規格
もちろん高価な機器で時間の同期を取らずとも正確に展開が可能
結局当時のソニーとフィリップスがアフォだったんでしょう


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 14:44:20 ID:mVAl1F6W
目視で無傷ならCD-DAでC2エラーが出ることなどまずないんだけど。
CD-ROMを使ったからといってジッターが無くなるわけではないし。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 15:35:35 ID:9Mppwn17
>>140=ID:ad6c+jPxはhttp://www.teac.co.jp/av/esoteric/g0_g0s.htmlがどういう目的で使われる物かも理解不能だろうなwwwwwwwwwwwww


143 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 15:52:07 ID:tyAj+Mue
一瞬、>>140見て『おぉ、そうなんだ』と思ったけど


違うの?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 15:53:23 ID:9Mppwn17
>>143
>>141
>CD-ROMを使ったからといってジッターが無くなるわけではないし。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 15:55:03 ID:RYsO4GIP
>>140
CD-DAもCD-ROMも物理的には全く同じ、CD-ROM用に強化されたエラー訂正機能は、
CD-DA層のエラー訂正能力が低ければ全く役に立ちません。
また、CD-ROMの同期符号も、CD-DA層のエラー訂正能力が実用に耐えるからこそ
復号できるものです。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 15:57:18 ID:RYsO4GIP
>>143
違います。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:07:36 ID:RYsO4GIP
アナログの場合はノイズレベルといった微小信号び注意すればいいのですが、
デジタルの場合、誤りがどの桁に発生するかは予測不可能です。十進数で
本来32767のところが最下位ビットが誤れば32766と大差ありませんが、
最上位ビットを誤れば16383とほぼ半分の値になり、極めて大きなノイズ
となります。それを防ぐために、CD-DAでも極めて強力な誤り訂正を採用しています。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:16:31 ID:RYsO4GIP
逆に0のところに最下位ビットを誤れば1ですが、15ビット目を彩まで馬、
16384で、とんでもない雑音になります。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:17:38 ID:RYsO4GIP
(誤り)彩まで馬、ー>(訂正)誤れば

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:19:18 ID:9Mppwn17
366 名前:Socket774[sage] 投稿日:05/02/08(火) 22:24:42 ID:OUN9mWl3
つーかさ信号送出のタイミングがずれて

0 0 1 1 0 0 1 0   ってのを
0 0. 1 1 0 0 1. 0   みたいに送ったとしても

それを処理する側は「00110010」としか
処理しないんでしょ?これがどう音に影響するの?

矩形波の角が多少なまっても0か1の認識には
問題なかんべ?

367 名前:Socket774[sage] 投稿日:05/02/08(火) 22:39:28 ID:e7SRrbjl
>>366
許容範囲内であれば問題ない。
ただし、

0 0 1 1 0 0 1 0   ってのが
0 0 1 1   0 0 1 0   ここまでずれてしまうとバーストエラーという
深刻なエラーになってしまう。

ちなみに矩形波を出せるような余裕があるなら記憶密度を上げるほうに余力を回すので、
実際のディスクで綺麗な矩形派が出ることはまず無い。




151 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:20:00 ID:9Mppwn17
387 名前:Socket774[] 投稿日:05/02/08(火) 23:17:27 ID:WNOrejLu
>>380
> 0 0 1 1 0 0 1 0   ってのを
> 0 0. 1 1 0 0 1. 0   みたいに送った

上段の場合信号は

__↑↑__↑_

下段は

___↑↑__↑__

この2つのデジタル信号をD/A変換すると違った波形のアナログ信号になる。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:35:16 ID:RYsO4GIP
ソニーとフィリップスのパテントなんて、光ディスクに発生しうる
傷や汚れに誤りに対して訂正しやすいようにデータを分散させる
「クロスインターリーブ」だけ。誤り訂正のアルゴリズム自体は
ありふれたリードソロモン符号。
>結局当時のソニーとフィリップスがアフォだったんでしょう
アフォでも独自規格を作れたと思うなんて、すごい過大評価ですね。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:39:14 ID:mVAl1F6W
EFMは?

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 16:47:01 ID:RYsO4GIP
今のところ、EFMは話題になっていないのでご容赦を。
強いて言えば、CD-DAもCD-ROMも全く同じEFMであること。
つまり、EFMから8ビット(CD-DAは2データ使って「2の補数」)のデータ
を復号する上で、CD-DAもCD-ROMも全く同じこと。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 20:39:07 ID:vU/p4YRA
CD-DAの欠点は、シーケンシャルに読み出すことを前提に作られていること。
なので、倍速で読み出すと、継ぎ目の問題が発生してしまう。対策はあるけどね。

で、データのビット単位でジッタが云々と言ってる人がいるけど、
PLLによって平均化されるんだよね・・・。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 22:04:51 ID:sEdUAk5/
http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/31/80440131.html

見ててオモロイけど、ちょっとはググレw

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 22:56:19 ID:wdH1cC64
>>136
CD-ROMも、140(ID:ad6c+jPx)さんが言うソニーとフィリップスが決めたアフォな規格です。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 23:15:28 ID:wdH1cC64
>>88
>プロ用なら当然のようにワードクロック端子が付いてるので、
ワードクロックの精度は? 
その精度が実現可能な温度などの条件は?
また、ワードクロックジェネレーターの価格は?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 08:20:26 ID:gAiPMMEr
ちょっと読んだけど、通信部のジッタとか関係ないんじゃないの?
安物の線で十分だと思うけど。
例えば100base-TXとか、125MHzの100Mbpsで50mとか100mとか届くし。
それとも所詮オーディオ機器だから、通信部が雑な上に線の規格もクソって事?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 09:11:56 ID:DTO/hFzM
>>159
オマエの知識がクソなのは間違い無い罠

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 10:48:30 ID:R3KX+/n7
デジタル->デジタル の伝送(PC内部やLANなど)に置いてはジッターはまぁ問題になることはないですが
デジタル->アナログ変換に置いてはジッターは大変重大な変化を引き起こします(言い過ぎ?w)

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 15:44:53 ID:EQyEgCNP
>>161
>デジタル->デジタル の伝送(PC内部やLANなど)に置いてはジッターはまぁ問題になることはないですが

なる。

>デジタル->アナログ変換に置いてはジッターは大変重大な変化を引き起こします

君がジッタについて根本的に理解してないというのはよくわかったwwwwwwwwwwww

>デジタル->アナログ変換に置いてはジッターは

そんなところでジッタは全然関係しないw

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 21:44:30 ID:encpZKTs
このスレを読んでいたら
昔、ハナオカジッタというキャラがあったのを思い出した。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 06:46:41 ID:iiRUgdp8
HDMIやiLinkならケーブルで音は変わらない!

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 07:07:10 ID:1JJzngoW
>>162
ちょっとまて。俺も161と同じ認識だが、ジッタとは信号の時間軸方向のズレ(というか揺らぎというか)だろ?
だったら、デジ-デジ伝送ではまったく関係ない話だろう。ビット配列が保障されてれば良いんだから。時間軸
の揺らぎは関係ない。PC内部ならパフォーマンスに多少影響があるかも知れないけど、つかっててわかるものではないでしょう。
あまりひどければリトライが多発するとか影響あるだろうけど。
LANにおいてはそもそもCSMA/CDなんて超テキトーな通信方式なんだからジッタとかいう以前の問題だろ?
パフォーマンスにはまったく影響無いと言って良いし、100MのUTPでちゃんと通信できてるんだから、現実に動作にも
問題ない。


どうも俺の認識しているジッタとおまいの言ってるジッタは別物のようだ。
俺にもわかるように、おまいの言ってるジッタを説明してほしいんだが。




166 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 07:14:45 ID:1JJzngoW
>>162
あ、あと、デジ-アナでジッタの問題が発生しないなら、CDP->D/Aの伝送にジッタの影響は無いって事ね。
D/Aからアンプはアナ->アナ伝送なんだし。
その話で行くと、デジタルケーブルの影響で音質が変化というのはありえないんだけど。

連カキすまぬ。


167 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 09:32:45 ID:3YUgnhNc
>デジ-デジ伝送ではまったく関係ない話だろう。

否。
デジタルも時間軸が関係したアナログ的に伝送される。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 09:34:34 ID:3YUgnhNc
>> ID:1JJzngoW

過去レスぐらいちゃんと嫁!
>>10-11>>13>>150


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 09:37:28 ID:3YUgnhNc
>>168


>>151モナー

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 10:04:47 ID:3YUgnhNc
これもケーブルのジッタについて。

http://adlib.rsch.tuis.ac.jp/~akira/hit/papers/aes-tky.pdf
3.2 ディジタルケーブル
CDプレーヤとDACとの接続において、コン
シューマ市場では同軸ケーブル(S/PDIF) と光
ケーブル接続(TOS-Link) が一般的である。先
に示したFig.3 はCDP2 とDAC1 を光ケーブ
ルで接続した場合の測定結果であり、それらを
同軸ケーブルで接続した場合の測定結果である
Fig.7 と比較すると、ジッタースペクトルには
かなり違いが見られる。これは測定結果の中で
も極端な例ではあるが、接続方式によってジッ
タースペクトルが変化する例は多かった。ただ
し、同軸ディジタルケーブルについて、中級品
と格安品の2 種類を比較したところ、測定結果
に違いは見られなかった。


171 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 10:06:20 ID:3YUgnhNc


*ジッタはデジタルデータ伝送時に発生するもの。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 10:18:02 ID:iiRUgdp8
なんか極端な香具師が一人ぃるなぁ。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 10:22:38 ID:HV4USEeH
>>172=>>164
>HDMIやiLinkならケーブルで音は変わらない!

理論的説明きぼんぬ。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 10:51:53 ID:HVmuP/cn
>>168(ID:3YUgnhNc)は>>10に何の疑問も持たないのか。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 22:54:28 ID:k+tvSn2O
168ではないが、デジタルだってコピーで情報が劣化する可能性はある。
ただ、アナログに比べたら、微々たるものであるよ。コンピューターだって、
たまに何とかエラーでブルースクリーンになるだろ。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 23:02:13 ID:VHohqU7e
伝送先でもクロックはおなじだろう
じゃなかったら同期が取れていないことになる

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/08 23:56:04 ID:7o42Ufd1
>>176
>>142


178 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:02:17 ID:yIIMt+q4
伝送路にジッターがあっても、
DACのクォーツが正確に変換するから
No Problem

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:06:04 ID:BkYxmKAZ
>>177←無知w
>>142

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:07:00 ID:BkYxmKAZ
あっ

>>178←無知w
>>142


だorz

逝ってくる。。。


181 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:13:51 ID:o5mGMjyh
あのね、最初のAD時(録音時)のクロックと全く同じ誤差のクロックをどうやって作るんだ?

って話ですな

再生だけ正確にしてもダメなのよ、同じでなきゃ(誤差も含めて)

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:31:28 ID:mJ1k3Ukx
>あのね、最初のAD時(録音時)のクロックと全く同じ誤差のクロックをどうやって作るんだ?
カラービデオ用のクォーツ

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 00:35:51 ID:QnP84r2r
>>182
それとCDとは条件が違う

TV信号には送信時に同期信号も同時に送ってるがCDは送って無いからそういうのは無理

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 01:28:52 ID:PtJ55UEA
>TV信号には送信時に同期信号も同時に送ってるが
無線の電波に? これこそ電波だ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 01:36:23 ID:xE+ywAxc
そんな心配無用。君達の装置では判定不能です。
脳内で心配するなよ

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 01:40:34 ID:/dhypvTV
>TV信号には送信時に同期信号も同時に送ってる
「同時に」というからには、何らかの形で映像信号とは別に送っているのでしょう、
では、同期信号の搬送周波数は? 映像信号とわざわざ別の復調をする根拠は?


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 01:46:18 ID:/dhypvTV
>CDは送って無いからそういうのは無理
ならば、君のPCのリカバリーCD−ROMも何の役にも立たないよ。
PCメーカーを訴えろ。


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 01:52:14 ID:/dhypvTV
CD−ROMにはCD以上の同期信号はないよ。
だから、データー復調に関して同期信号に起因する信頼性は、
CDもCD−ROMも全く同じだからね。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 01:54:33 ID:BkYxmKAZ
>>184
バーカ
VTRも同じだよw

ったくこれだから文系厨はwwwwwwwwwwwwwwww

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 01:57:07 ID:BkYxmKAZ
>>ID:/dhypvTV=文系厨

このくらい勉強してからレスしろwwwwwwwwwwwww
http://www.interq.or.jp/blue/rhf333/TV-FORM.HTM

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:03:46 ID:BkYxmKAZ
TV信号の同期信号についてはここが詳しいな
http://www.nahitech.com/nahitafu/mame/mame6/sync.html
CDやCD-ROM規格にはこういう同期信号は無い

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:04:21 ID:wpsKTXAx
>>10は制御側でどうにでもなる問題で
イメージのレベルでバイナリが完全一致するんだから
いちいち話をするだけ無駄だろ。

それにケーブルと何の関係があるんだ?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:05:40 ID:BkYxmKAZ
>>192
だから何回言えば理解出来るんだ?

バイナリとジッタは全く別物だってばwwwwwwwwwwwwwwwww

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:06:43 ID:BkYxmKAZ
>>192
>それにケーブルと何の関係があるんだ?

>>170


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:07:45 ID:BkYxmKAZ
>>171


196 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:12:01 ID:wpsKTXAx
>>193
漏れ理解出来ないよ。
同じアドレスに同じデータが記録されるのに
なんでジッタとか関係あるの?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:14:16 ID:BkYxmKAZ
>>196
>>150-151

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:21:16 ID:wpsKTXAx
>>197
前提が違う。なんでエラーが出たときの話になるんだ?
イメージのレベルでバイナリが完全一致って書いてるでしょ。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:25:03 ID:BkYxmKAZ
>>198
>>193

送り出しのタイミングがズレて(=ジッタが発生)もバイナリは一致するがそのタイミングのズレ(ジッタ)は>>150-151みたいな歪みの原因になる。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:29:33 ID:BkYxmKAZ
もっとわかりやすく説明すると

AからBへあるものを10個移動する時に10秒かかろうが100秒かかろうが移動を完了すればBのほうの数は
+10となる(バイナリ一致)するが移動させるのにかかった時間(タイミング)は違う。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:34:57 ID:BkYxmKAZ
もっと簡単に言うと
45回転のアナログレコードをタイミングのずれた33 1/3回転で回してもレコードに刻まれている音楽信号のデータ内容(バイナリ)は同じだが
再生音は全く違って聞こえる。

ここまで書いて理解出来ないのなら救いようがない。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:39:30 ID:aXsm18k2
ジッター厨現る、だなぁ。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:40:18 ID:wpsKTXAx
>>199
>>150-151はエラーが起きてるじゃん。
バイナリが完全に一致ってのは
「媒体から読み出してデータ処理される段階」で
データが元データと完全に一致って事でしょ。
それがジッタやケーブルと何の関係があるの?

>>201の例えは不適。
時間軸のデータがずれてるじゃん。
バイナリが完全に一致していない。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:43:16 ID:BkYxmKAZ
>>203

>>200
>>201
読んでもも理解出来ないなら処置無しだコリャw

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 02:48:49 ID:BkYxmKAZ
つか、>>203はバイナリについても間違った解釈してるしw

http://yougo.ascii24.com/gh/65/006574.html
「任意の2進数で表現されたデータをバイナリデータと呼び、これをファイルに収めたものをバイナリファイルと呼ぶ。」

つまりバイナリとはデータの固まりであるから時間は関係無い。
しかし、そのバイナリを転送する時に起こる時間的な揺らぎ(タイミングのズレ)が原因となってジッタが発生する。

ここまで書いてもまだ理解出来ないか?w


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 03:34:17 ID:wpsKTXAx
>>205
「イメージのレベルで」って言葉がスルーされてますね。
>>10の例で言えば「0.2秒,0.4秒,0.6秒,0.8秒,1.0秒」のアドレスに記録されたデータが
正確に「0.2秒,0.4秒,0.6秒,0.8秒,1.0秒」に記録されているという前提です。

読み出してメモリに格納した状態で「"元CD上" と "転送後のCD上"の時間軸と01の並びの対応が全く同一」なのに
なんで転送やらジッタの話が出てくるんですか?

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 09:28:43 ID:hNnOufQR
まぁなんでもいいけど「ww」とか
「>>何々
 >>何々」
とか嫌われるパターンだから、せっかく相手して貰ってるんだから、
もっと自分の思いを切々と訴えなさい。>wの人

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 09:34:05 ID:t1BvbUWw
で結局結論は変わらないってことでいいんかね?

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 11:57:55 ID:ZKK52Fzd
>>206
CDプレーヤにメモリなんぞ付いていません。リアルタイムでデータ処理されます。
転送時にジッタが発生した場合それはそのままデータ処理に影響する。

>>208

アホ

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 12:47:33 ID:L3UbcTIu
結局結論 馬から落馬

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 14:04:35 ID:aMPgV+QZ
>>296
並びが一緒でもD/A時の時間軸の揺らぎ(ジッター)によってアナログ波形にその揺らぎがのり
周波数が微妙に変化します。つまり音が変わります。

212 :211:05/03/09 14:05:59 ID:aMPgV+QZ
ああ〜
打ち間違えた_| ̄|○
296 -> >>206 でした_| ̄|○]

吊ってくる(´Д`;)

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 14:16:08 ID:3rZqCojI
バイナリが転送後全く同じになった場合
そのデータにジッタの記憶はいかにして格納されている?

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 17:49:08 ID:8mFsETyh
コ○ケにならぶ長い行列を思い浮かべてください。
開場になり人(データ)が流れ始めました。
このとき列の動きを観察すると必ずしも等速で人が流れていません。
これがジッタです。
しかし長い時間で見れば一定量で人が流れています。
この流れを一定に保っているのがエスカレータ(クロック)です。

[S/PDIFシステムの場合]
トランスポートからS/PDIFケーブルでDACにつなぐのに置き換えると、
トランスポートの出口には等速のエスカレータがあります。
一方S/PDIFケーブルはただの廊下です。
そしてDAC側には人の流れで可変するエスカレータがあります。

廊下(ケーブル)のつくりによって流れに揺らぎが生じるのは
想像できるかと思います。


215 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 18:40:40 ID:aMPgV+QZ
ま、S/PDIFが糞だと言うことでFA

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 19:30:44 ID:yHGUiWRU
>>201
アナログとデジタルごっちゃにして都合いいようにだけ考えてない?
>45回転のアナログレコードをタイミングのずれた33 1/3回転で回してもレコードに刻まれている音楽信号のデータ内容(バイナリ)は同じだが
再生音は全く違って聞こえる。
完全にD/A段階の話であって記録方式の問題じゃないし、エラー訂正の話でもない
結局デジタルのデータ転送ははCD−DAでもCD−ROMでも目視できるほどの傷でもなければ完全な状態で可能だし、ジッタとジッタと騒いでいるのはアナログへ変換する段階の話って事

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 19:32:49 ID:yHGUiWRU
>>201
俺が書いたのと201が書いたのがわかりづらいんでちょと書き直し
201はアナログとデジタルごっちゃにして都合いいようにだけ考えてない?

201の「>45回転のアナログレコードをタイミングのずれた33 1/3回転で回してもレコードに刻まれている音楽信号のデータ内容(バイナリ)は同じだが再生音は全く違って聞こえる。 」

これって完全にD/A段階の話であって記録方式の問題じゃないし、エラー訂正の話でもない
結局デジタルのデータ転送はCD−DAでもCD−ROMでも目視できるほどの傷でもなければ完全な状態で可能だし、ジッタとジッタと騒いでいるのはアナログへ変換する段階の話って事



218 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 20:26:20 ID:PODMbnHV
>>209
メモリついてるよ。

つーか、メモリがなければ、CDプレーヤのシステムは動きません。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 21:00:43 ID:wpsKTXAx
面倒になってきた。BkYxmKAZは
光ピックアップ信号とそれを処理した後に得られるバイナリを混同してない?

>>209
再生前にバッファに格納されるんじゃないの?

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 22:42:54 ID:mHR2E6ds
>>190, >>191
TVとビデオの区別もつかない消防か?
ま、189を読めば、実は区別がついていると思うが

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 23:52:30 ID:FOIuZxxH
>混同してない?
ただの池沼と思う。

222 :1000ZXL子 ◆ZXL//XI9GI :05/03/09 23:53:09 ID:MSac53gD
::::::::::;、 /!゙、', ! ! ..:;'!:,' |::;'.r''",rl!、゙゙ヽ,l!';:l:::: :;':.::::゙/7'ト、:.::: .    l !
、;;r'",、':::! ,゙、 ';:';:::l l! l:;' ' ./!  j!   ',!::;:/:;/ / .l:::/,'::..:::    !'
  /:::::j ゙ヽ、,ゝ'、| l.  '  lri;、r/     ゙ツ''" ',、"'';':://':;'::: / . j'
/:::::::ツ   { r'、    ,,';;;ン'          / .;! }!'./:/::.,r': .:::/
゙'ヾ;/    ゙、'、ヽ     ゙''''        /'r/ " '/:/::;/,r'  えっ!?
.,/        :ヽ、、,              , l;ツ  ,,',-''":;/'"
"         ::::l:::::::\           ''゙ ` ゙ / ノ‐''"    222ゲットですって?
       ..:::::l:::::::::::/゙' 、     σ       ,''"
   ...::::::::::::::ノ::::::::::/   ゙ヽ、,      ,,.、r'        まぁ・・・
..:::::::::::::::::;.r‐ ''''''''''‐、,     ゙'ァ‐‐ '''"" i'    
:::::::::::::::, '        ヽ,    /:::::::::::: ! { 
;:::::::::::         ゙l'、、  { 、;:::::::::. ゙、.', 

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 23:57:58 ID:be06JW/W
>>220-221
ほう、TVとVTRで同期信号の規格が違うんですかそうですか?w


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:05:20 ID:HwDSuXAE
>>217
なんでDA変換の話になるんだよw

アナログレコードの溝=データ=バイナリ
↑のデータを針を使って読みとって伝送=ケーブルの中のデータの流れ


225 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:11:49 ID:1NN/EaMh
建前としての規格が同じであっても、VTR再生専用ディスプレイと、
受信条件悪条件前提のTVとでは、設計は全く違う。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:13:08 ID:1NN/EaMh
TVとではー>TV用ディスプレイ

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:15:01 ID:HwDSuXAE
>>225
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-01,GGLD:ja&q=%EF%BC%B6%EF%BC%B4%EF%BC%B2%E5%86%8D%E7%94%9F%E5%B0%82%E7%94%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%A4



228 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 00:27:49 ID:DGBYtbQc
ぷ、業界用語を晒したな。失礼。
なんでデジタルオーディオスレで、ビデオで盛り上がっているのかな?

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 01:21:00 ID:DGBYtbQc
>>227
ぐぐってヒットしなければ「藁」なら、
227さんの名前もググッてみたいね。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 01:36:24 ID:7YD+GoZf
>>211
あのー、メモリに格納した状態 って条件がスルーされてませんか?

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 03:43:25 ID:HwDSuXAE
>>230
だからCDPに音楽データ用のメモリなんて無いってばw

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 03:57:55 ID:HwDSuXAE
まぁ、仮にメモリがあっても

メモリ-----→DAC

   この伝送過程でジッタ発生

だがな。



233 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 03:59:06 ID:HwDSuXAE
>>232
ありゃ、ズレた

ようはメモリからDACへの伝送過程でジッタがのるってことだ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 05:35:56 ID:7YD+GoZf
>>233
デジタル信号(アナログ波形)→A/D変換→バッファ→エラー訂正→最終バッファ→D/A変換
じゃないの?
バッファせずにどうやってエラー訂正するんですか?
で、最終バッファ→D/A変換 の経路で、"同一機器内部"でジッタが発生して
バッファの内容が壊れると言ってるの?

ちなみに>>192で"外部"DACに伝送するなんて一言も言ってませんよ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 05:43:48 ID:qCUlKwsl
>>234
バッファから読み出すのも読み出しのタイミング決めるクロックに揺らぎがあるのでジッターが乗ります

>デジタル信号(アナログ波形)→A/D変換→バッファ
ちなみにこれはA/D変換じゃないけどね

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 06:27:02 ID:7YD+GoZf
>バッファから読み出すのも読み出しのタイミング決めるクロックに揺らぎがあるのでジッターが乗ります
そうなんだ、無視できるほどクロックの精度が高いと思ってたけど違うのか。

>ちなみにこれはA/D変換じゃないけどね
ピックアップ信号をきれいなデジタル信号に戻す過程のつもりで書いてた。
この場合はA/D変換って言えるのかな。
なんか分からなくなってきた。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 07:49:23 ID:7YD+GoZf
で、やっと最初の>>192に戻るんですが
>>234で言った最終バッファは、マスターCDとCD-Rの両者で
前段階でジッタがあろうが、エラー訂正で同じデータをメモリ内に得ることが
可能なのに、>>10のように
>「マスターCDをCD-Rへ焼き付けると音質が変わる。これは、「ジッタ」の影響によるものだ。
っていちいち語る事の意義はあるんですか?ないんじゃねーの?

って話なんだけど、これはどうなんですか?

これだけが知りたかったんだけど
話がややこしくなった。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 08:13:24 ID:NeSNEy7P
>>237
ファイル転送とストリーム転送の違いだ。

>>「マスターCDをCD-Rへ焼き付けると音質が変わる。これは、「ジッタ」の影響によるものだ。
>っていちいち語る事の意義はあるんですか?ないんじゃねーの?
これはその通り。ファイル転送で変わるわけない。というかファイル転送では
ジッタが発生してデータが誤りになれば何度も再送できる。

ストリーム転送だと再送はできん。だから理論的には転送中にジッタの影響を
受ける。但し現在の音響機器であれば影響を受けても人間には検知できないレベル。
現在の機器はそれだけ精度と処理に余裕があるからだ。ジッタの論文が発表されて
いた10年くらい前ならわかるが。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 09:49:41 ID:HwDSuXAE
>>238
>但し現在の音響機器であれば影響を受けても人間には検知できないレベル。
>現在の機器はそれだけ精度と処理に余裕があるからだ。

じゃなんでこういうものhttp://www.teac.co.jp/av/esoteric/g0_g0s.htmlが売られている?

240 :214:05/03/10 10:55:47 ID:he9mlEeL
ジッタはハードウェア上必要不可欠なPLL回路によって必ず発生します。
CDは44.1KHzのサンプリングレートなので44100Hzの発振子を使っている
と思いがちですが実際はそうではありません。
システムクロックはこの256倍の周波数を使ったりします。
では例えばこの256倍の11.2896MHzの発振子を使っているのかというと
そうではなかったりします。
http://www.hi-ho.ne.jp/~yanome/pcm-501es/PLL.htm
こんな風にPLLで新たに作り出します。

CDの場合サーボなどの制御系の影響で電圧が変動すれば
PLLの基準電位が影響を受けロックがわずかに外れます。
それに追従しようとするとクロックの位相が変動します。
これはある種の周期的変動となりジッタとなって顕在します。

エラー訂正の影響とはまったくの無関係です。
CDが偏心していればピックアップがふらふらと動くし
読み出し線速度もCDの回転数の周期性を持ちます。
またCDは線速度一定なので外周、内周では回転数が違うため
ジッタの周期も一定ではありません。

http://www.hi-ho.ne.jp/~yanome/pcm-501es/
参考URL


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 12:41:43 ID:gOTLIpaj
つまりはケーブルを通った後にクロックを入れ替えれば
そのケーブルによるジッタの影響は無くなる
「ケーブルを替えても音は変わらない」

ですね

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 13:14:11 ID:he9mlEeL
>>241
想定外の条件をつけて「ケーブルを替えても音は変わらない」という
結論を出すのは正当ではありません。論点がずれています。



243 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 13:15:00 ID:BusYKk1I
>>241
×ケーブルによるジッタの影響は無くなる

○ケーブルによるジッタの影響は少なくなる

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 14:38:19 ID:Sw3pOhYj
漏れが完全に正しい命題を提示してあげやう。
「気にしなければ」デジタルならケーブルで音は変わらない

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 15:14:14 ID:bAxxvpoM
変わるに決まってんでしょ。
変わらなかったらすぐ手放すよ・・・

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 18:09:17 ID:qCUlKwsl
>>244
それをいっちゃぁおしめぇよ〜

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 18:10:30 ID:awbWzvaz
>>240
> PLLの基準電位が影響を受けロックがわずかに外れます。

PLLをわかってない証拠。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 20:13:08 ID:lvaCjz1P
このスレの1です
こんなに荒れるとは思わなかった

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 20:15:34 ID:0pzPsqFn
>>248
まぁ厨な>>1がたてたクソ厨スレだから荒れるのは同然だ罠w

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 20:57:50 ID:ThAFTQD9
読み返してみると>>12が良いこといってる気がする

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 22:25:30 ID:hIGTzprJ
>>241, >>242
通常は242さんの条件でシステムを構成します。
241さんのレスの方が想定外の条件です。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 22:29:05 ID:0RLr4AOD
638 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:05/03/10 19:21:59 ID:lvaCjz1P
このスレの1です
こんなに荒れるとは思わなかった

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 22:30:53 ID:lvaCjz1P
このスレの1です
こんなに荒れるとは思わなかった

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 22:52:47 ID:NeSNEy7P
>>239
そりゃ、ジッタジッタとわけわからず気にしている馬鹿なヤシからもうけるためだよ。
マスタリングの時点でクロックがずれていれば、いくら再生時にクロックの精度あげても意味無し。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 23:26:19 ID:hIGTzprJ
>>239
>じゃなんでこういうもの(中略)が売られている?
セシウム原子時計(約6万ドル)を基準クロックとしたジッター計なら、
測定可能だからでしょう。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 23:28:25 ID:hIGTzprJ
>>254
>マスタリングの時点でクロックがずれていれば、いくら再生時にクロックの精度あげても意味無し。
補正可能な範囲のずれなら、No Problem.

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 01:15:07 ID:a8kMnozf
>>256
A/Dした時のクロックのジッターをどうやって補正するの?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 05:09:35 ID:gIK7J+RW
>>257
>A/Dした時のクロックのジッター
クロックが水晶発信器でしたら、クォーツベースでのジッター測定器では
測定限界以下です。クォーツベースでのジッター測定器で測定可能なLP
とは桁違いに少ないジッターです。



259 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 11:51:11 ID:N4GUxINJ
まぁデジタルケーブルで出てくる音の差なんて、客観的に見て
電源やSPケーブル換えたときの差に比べればかなり微妙な差なのは確か。

システムを突き詰めてより良い物を揃えていくと、その微々たる差がどんどん大きな差となって
分かり易くなっていく感じかな。

変わらないと言う論者は、聴いているシステムの影響で分かり難くなって居るんだと思う。
変わるという論者は、聴いているシステムの影響で分かり易くなって居るんだと思う。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 17:52:36 ID:IVpKgd/z
デジタル盲信者がいるスレ

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 18:45:17 ID:xbi4JHUi
記念カキコ

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 18:59:31 ID:a8kMnozf
>>258
水晶発振器やPLLの精度で足りないから、
ジッターを気にしている人がたくさんいるわけで、
当然、水晶発振器のジッターが測れるような測定器を使うでしょ。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 19:37:30 ID:IVpKgd/z
記念マミコ

264 :恐縮:05/03/11 19:42:29 ID:exiEUhCk
>>259
>システムを突き詰めてより良い物を揃えていくと、その微々たる差がどんどん大きな差となって
>分かり易くなっていく感じかな。

>変わらないと言う論者は、聴いているシステムの影響で分かり難くなって居るんだと思う。
>変わるという論者は、聴いているシステムの影響で分かり易くなって居るんだと思う。

同感でござる。ペタペタハッチャオ。


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 21:33:00 ID:a8kMnozf
困ったことに、
わずかな外的要因に大きく影響されるような、
不安定な糞機器を使っている人が、
変な評価をして情報をバラ撒くんだよね〜。

壁のコンセントの化粧板の材質が音に影響するとか、よっぽど劣悪なものを使ってるらしい。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 21:55:01 ID:l4Jv2LIL
クロックを別に用意すればケーブルによるジッタなんて関係なくなる
んじゃないですか?
だったらバカ高いケーブルなんて必要なくなる

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 22:26:04 ID:ZvOG5hZ/
>当然、水晶発振器のジッターが測れるような測定器を使うでしょ。
はい、6万ドルのセシウム原子時計。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 22:50:35 ID:ZvOG5hZ/
>わずかな外的要因に大きく影響されるような、不安定な糞機器を使っている人が、
そんなにジッターが大問題だったら、アナログのFM放送が成立しないという
ことすら理解できない池沼がわめいているだけ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 22:56:39 ID:ZvOG5hZ/
それに比べたら、アナログのテレコも、レコードのワウフラッターによる
音のにごりは論外です。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 23:07:41 ID:OVYWRpjY
がたがたノーガキ垂れるんじゃね〜つーの!
変わるもんは変わるんだよ!!
テレビでも見てろ 

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 23:12:34 ID:ZvOG5hZ/
>変わるもんは変わるんだよ!!
そのじったーいは?

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 23:18:26 ID:OVYWRpjY
聴くしかないでしょ 聴くしか!!
考えたって 書き込んだって 一生判らん!!
聴きなさ〜い

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 23:22:41 ID:ZvOG5hZ/
デジタルだって完璧じゃない。
だが、アナログよりはるかにまし。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 23:28:28 ID:OVYWRpjY
だいたいアナログってなによ
カートリッジで再生する円盤のことか
あんなものマスターテープに比べたら数ランク純度が劣るもの。
私はCD愛好家だけど
スタジオで再生するマスターテープになら潔く白旗あげますわ

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 00:04:36 ID:3VPMSIFt
>>274
2トラ38が最強

とか?w

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 00:13:43 ID:vmn7fz1g
いやそうじゃなくて
ものほんのマスターテープのことです
まあこれは夢物語だから
私はCDで行くとしましょう

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 00:44:42 ID:zLZLpRsf
マスターも、今はディジタルだよね。

アナログマスターよりも音質がいいことを売りにした、ディジタルマスターのCDがあるじゃない。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 01:37:32 ID:GLo6m/Ix
最近はどれもDDDだしな。ADDの新譜なんて見たことないや

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 03:30:35 ID:fgP056f+
Studer の A827 というアナログマルチトラックレコーダーが現行商品だから、
アナログマスターの CD があるはず。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 04:14:30 ID:zLZLpRsf
アナログテープの特性って、かなりエグいよ。


281 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 09:23:35 ID:ChPvATfQ
リニアリティが周波数によって違うからな。
ラウドネス的な味付けになってしまっている。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:24:24 ID:vmn7fz1g
276です
アナログテープの特性が善くてもエグくても
私の好む50年代の音源は全てアナログテープマスターなので
それがリファレンスになります。
針でトレースする円盤も(しかもRIAAの洗礼を2回も受けて)
AD DA変換を余儀なくされるCDも
アナログマスターより鮮度が落ちるのは自明の理です

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:37:28 ID:GK2VC7gY
鮮度というか情報モレで分解能が低下するな。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 20:49:45 ID:vmn7fz1g
>283
そうでしょう
だからCDがいいたら、アナログディスクがいいたら・・
目くそが鼻くそを笑うようなもので、50歩100歩・・。
私は利便性からCDを選びました
スレちがいスマソ

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:08:53 ID:uLjzSh/L
>私の好む50年代の音源
化石

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:08:54 ID:zLZLpRsf
>>282
CDでも、アナログテープの悪い癖を後から付けてやれば、心地よく聞こえるわけね。

レコードをレーザーピックアップで再生したら、こんなのレコードの音じゃない、という評価がされましたな。
たぶん、CDにレコードの悪い癖を後から付けてやれば、レコードの音だと思われるんだろうな。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:17:21 ID:vmn7fz1g
CDにスクラッチノイズを添加したらCDファンが激増・・。
今年の初夢でした。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:18:20 ID:vmn7fz1g
PS >285
おまえはJポップでも聴いてろ

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:31:05 ID:s7fVoVBu
>>288
Jポップはアナログ的で聞く気がしない。


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 21:33:04 ID:s7fVoVBu
事実を指摘されたら、捨て台詞がアナログ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 22:52:41 ID:vmn7fz1g
アナログ的ってわからない。
イコライザーを二度も通った音的・・というのなら
なんとなくわかるが。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 23:05:48 ID:D9bEB5jx
>イコライザーを二度も通った音的・・というのなら
何だ、在宅か?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 23:08:25 ID:vmn7fz1g
RIAA

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 23:16:23 ID:D9bEB5jx
>イコライザー
振幅軸を何度通ったとしても大した問題じゃない。
時間軸の揺らぎによる音に濁りが取れない系を、
何段階も通る(複製する)こと問題なのである。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 23:19:07 ID:D9bEB5jx
デジタルは、時間軸の揺らぎを限度内に収めれば吸収できるのに、
アナログでは全く不可能。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 23:31:20 ID:vmn7fz1g
カートリッジやアーム 及びフォノイコなどなどの
不確定要素に支配された音が好みなのならしょうがない・・。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 00:54:24 ID:z7OgyqB0
>>294
すべてが線形なわけじゃない。


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 01:05:44 ID:GAnluAMr
線形なものはほとんどないよ。
フックの法則とは、線形のものがあるのではなく、線形近似の見方なの。

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 03:20:29 ID:z7OgyqB0
アナログに比べたら、ディジタルは恐ろしく線形だね。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 10:17:42 ID:/JOkqVI3
フォーマットはデジタルであっても、基板上を含めて記録伝送路はアナログ
である。その、アナログ部分を通る電気信号でデジタル動作させるかが、
しかもコストの安い粗悪な伝送路であっても問題なく動作させるかが
エンジニアの腕の見せ所である。
イエローケーブル時代、ターミネータ付け忘れによりネットワークが動作
しないのを現場で見破るのは、アナログ技術者であったこと。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 12:47:05 ID:3mwdpWM+
余談ですが、昔(7,8年前)WordClockを使った場合のトラブルでも
ケーブル・ターミネートが原因で不具合を起こすケースが多々ありました。
各デジタル機器が定期的にclock外れを起こすんですよね。

あと数年前から割と増えているのが電圧降下に伴うトラブルです。
117VAC系の機器で割と起こります。特にハイサンプリングを扱うと
この問題は顕著に起こる様です。

ケーブルは機器の音を良くする、と言うよりも本来のポテンシャルを
引き上げてやる、って言うのが本来の目的と言う気がしています。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 20:22:23 ID:mNR0sRtn
デジタル処理だって音質は劣化する
これ常識

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 20:54:46 ID:h1pR+mTY
>デジタル処理だって音質は劣化する
圧縮とかいろいろあらーね。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 20:55:38 ID:UHI9v47I
>デジタル処理だって音質は劣化する これ常識
それあたりまえ

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 20:58:17 ID:mNR0sRtn
デジタルボリュームでも劣化する

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 21:01:13 ID:mNR0sRtn
これ常識

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 21:31:59 ID:UHI9v47I
そりゃそうだけど意味がちがうわ

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 22:33:45 ID:T8BEr0eB
言ってることが頓珍漢でお前等見てて萎えるわ。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:00:23 ID:UHI9v47I
遊んでるんでしょ

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:04:53 ID:mNR0sRtn
デジタルといえどもトラポやケーブルで音変わる
電源ケーブルでもな
これ常識

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:06:13 ID:UHI9v47I
そうそう
それ あたりまえ(だのクラッカー)

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:23:09 ID:mNR0sRtn
デジタルなのにね、何でだろーねー

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:27:01 ID:Kllj16xI
そしてまた話はループ(ry

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:29:21 ID:mNR0sRtn
歩み寄りがゼロだから無駄だ

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:29:47 ID:/aFxMoHq
オーディオデジタル伝送高額は有線伝送工学、デジタルデータ伝送工学
とは別の理論である。目覚めろ。


316 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/13 23:36:53 ID:PSSZzCBK
違いは妥協条件だけさ。


317 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 01:09:02 ID:qD5g3ci1
>>315
おまえが一番わかってねぇ。信号とデータをごっちゃにすんじゃねぇ。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 16:13:04 ID:kbKvNCJh
で、ケーブルで音が変わるの?
決着キボン

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 16:19:28 ID:YpBp6hFr
>>318
>>313


320 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 16:24:33 ID:yxf1aIf/
実際に聞いて見て変わらなければそれまで
変わったと思ったら、ようこそ出口の無い迷宮へw

AES/EBUとS/PDIFとST-Link
接続方での違いも試してみるよろし

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/14 22:58:26 ID:QM8lEP6x
>>88, >>320
http://www.teac.co.jp/tascam/download/doc/dm24/dm24jp.pdf
88が言うプロ用機器のワードクロックて、
S/PDIFからも生成できるって書いてあるよ。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 10:40:13 ID:dN6ZrT4a
>>321
掲載ページぐらいちゃんと明示しろや

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 17:25:51 ID:flP8KzF+
321に同感。読む人の身になれ。

324 :323:05/03/15 17:26:40 ID:flP8KzF+
訂正)
321に同感⇒322に同感

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 22:28:45 ID:B2MomU+n
>>322-324
Acrobat Reader で検索できない池沼だったか?
道理で訳の判らんこと言うと思った。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 23:28:03 ID:flP8KzF+
>>325
ツールバーの検索を使うことなど常識だわさ。
しかし、今時、Acrobat Reader とは、古いバージョン使ってる人いるんだな。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 23:40:26 ID:Zx3JdmW0
新しい物好きは必要最低限という言葉を知らないのか。
俺にいわせりゃ Adobe Reader7.0 よりも Acrobat Reader5.0
のほうが軽くていいんだがな。

いずれにせよそんなことぐらいでガタガタ言うような奴は
池沼ってこった。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 23:45:47 ID:8m3Vwuyx
>>326>>327
で、検索できたの? 検索できたなら、掲載ページなんて自分で判るよね。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 23:47:55 ID:Zx3JdmW0
>>328
俺は関係ないよ。ID見てから物言え馬鹿

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 01:45:36 ID:bWpueEgA
ま、それ以前に、作れるからどうした?って話だな

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 02:55:13 ID:BoDZaDEw
>>321
プロ用機器は3個以上のデジタル機器を同期する場合が多いから
S/PDIFのクロックは使えない、クロック精度以前の問題
たとえ1対1であってもワードクロック端子があるのに S/PDIFのクロックを使う意味はない

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 12:17:57 ID:lGcDIiWD
あと、無音のS/PDIF信号を流用するのは単に面倒って話もあります。
デジタル卓からの生成Wordを各卓とDTRSとかに分配機を使って分ける方が楽。

そう言う点ではRosendahlとかの機器は分配数が多くて助かりました。
音は割と固めになっちゃいましたけどね。

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 21:49:16 ID:Ld7W7IBu
>>331
S/PDIFが、プロ用機器のワードクロック生成用に充分な精度が
あることには同意ですよね。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 22:48:58 ID:R4XDIEKV
>>333
プロ機の同期がなぜ必要か全く理解していないな。
デジタル回路の基礎のクロック同期を勉強しなさい。

解りやすく例えるとだな。
ここに月差±1秒の3つのクオーツ腕時計がある。
ある日時報を元に3つの時計の時間を正確に合わせた。
そして新たに時刻あわせをせずそのまま放置した。
さて1年後に最大何秒差が出るでしょう。
答えは24秒。

まったく独立した系では同期を取ることは不可能。
ではどうするか?
各時計が電波時計に同期すればよい。(ワードクロックを使う)

この電波時計が仮に狂っていたとしても(S/PDIF)各腕時計の秒差は
1秒を超えることはない。
したがって待ち合わせは正確にできる。


335 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/16 23:17:08 ID:zAOtEUfZ
>>334
>さて1年後に最大何秒差が出るでしょう。
1年後に24秒の誤差(確度)でも、ジッター(精度)は全く問題ない


336 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 02:10:15 ID:5p4KnAfp
>>335
クロックの外れたデジタル音声を聴いた事ある?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 23:02:43 ID:uJ6JMT3l
>クロックの外れたデジタル音声を聴いた事ある?
幸か不幸か、そのような故障は経験していない。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 11:17:00 ID:YVjvN4/u
思いっきりクロックが外れてしまうと、デジタルノイズがザーーーッ!!と盛大に出るパターンが一つ。
微妙なズレだと、フォーカスが甘くなる感じで定位が薄れます。

帯域別に偏る様な症状はclock原因のトラブルでは経験していません。
PA板の方々が言う所の症状は、フォーカスと定位、それと実在感に起因するところが多い気がします。

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 19:23:50 ID:FFgJavBb
別に故障じゃなくてもマスタースレーブの設定ミスればクロック外れるでしょ
沢山カスケードしてたりしても不安定になるし

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 22:19:18 ID:0QWJ8mbC
>>339
>マスタースレーブの設定ミスればクロック外れるでしょ
使用ミスまでは、責任もてません。
包丁の刃を上にして手を乗せて力を入れれば手が切れるのと同じです。

>沢山カスケードしてたりしても不安定になるし
それも使用ミスですね。以下同文。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 22:23:29 ID:0QWJ8mbC
USBもハブを介した場合の動作保証しているメーカーは、
私の知る範囲では存在しません。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/18 22:24:52 ID:h4feD0wx
マスタースレーブの設定ミスでも内蔵PLLが働くから音は出るでしょう

343 :335:05/03/18 22:29:12 ID:0QWJ8mbC
ところで339さんは、何を多段カスケード接続したのですか?
セシウム原子時計だって、接続方法によっては不安定になると思いますよ。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 00:12:16 ID:9LmmiJkf
 

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 00:25:48 ID:qQQyErQY
持ち込みの機材の分までクロッック用意できない事ってあるんじゃない?
そういう場合に限って設定が分かりにくかったりするし
クロック回りのトラブルは一応音が出たりする分かえって厄介

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 00:41:18 ID:K+e2Lp6W
>>345
妄想。

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 00:47:58 ID:K+e2Lp6W
>クロッック
は全く用意できないよ。
いつもケーブルは余裕を持って用意しているから、
心配しなくていいよ。
>>345
こんな当たり前のリスクヘッジに何か言うなんて?

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 14:18:58 ID:XneAasCR
>>347
なるほどだからJPOPが腐っているのか。


349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/23(水) 22:50:11 ID:1az+V9Mk
クロックに
>クロッック
が一番腐ってる。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 04:33:45 ID:W0wHD9q0
>>349
お前が一番腐ってる。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 22:46:08 ID:zncsHbpC
腐った香具師によるクロックの腐らせ方のネタも尽きたようだ。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 01:19:11 ID:YPO8D7Pq
積み木崩しみたいなクロック崩しだったな

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 04:21:56 ID:mfUNo9dr
てすと

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 04:26:20 ID:mfUNo9dr
 

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 22:15:27 ID:VKngUEFd
春休みage

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/02(土) 00:36:13 ID:LHSfxUie
ワードクロック崩しage

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/02(土) 10:00:01 ID:ZEoEvwnd


358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 08:31:27 ID:rCO2Opq7
既に枯れかけているので、敢えてageでカキコします。
自分情報系なんですが、オーディオ専門じゃないので、機器や規格のコトはわからないのですが・・・
たぶんエラー補正フラグ付いてデータ転送されてると思うので、
外部DACにバッファ、つまり一時的にデータを格納するメモリが有るなら、
そこでエラーチェックしますんで、ケーブルでは事実上音質が変らないことになります。
2ケタ以上データに変化が生じることはごく稀なので。
逆に外部DACにバッファが存在しない場合、ケーブルは音質の大きなファクターと言えるでしょうが・・・

まさかPCM規格やSPDIFを通るデータって、フラグ付いてないの(;´д`)???

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 09:38:39 ID:c8tZ0PH3
↑アチャー

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 12:08:59 ID:4fHQzI3G
↑オチャー

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 12:28:51 ID:95jvqEBM
↑玄米茶

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 13:51:06 ID:37TD9mof
>>358
門外漢なら黙ってろよ。
恥ずかしい妄想を垂れ流すのはよくないぞ。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 15:03:10 ID:i4QquKjx
>>358
DAI(S/PDIF)にエラー訂正符号情報はない。(訂正不可能フラグはある)
これでは復元できない。(補完はできるが)
ttp://www4.org1.com/~kitt/craft/audio/er_count/
ここ読んで理解できなければ情報系なんて騙るなよ。


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 21:47:27 ID:V6tWMfG/
>>363
だったらS/PDIFでどれだけエラーが発生するのか言ってみろ。
現実にエラーが起きないのならば理論値に拘るのは意味ないぞ。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 21:47:49 ID:rCO2Opq7
>>363
ソースども。

>「P」はパリティビットです
ココのことですよ、エラーチェックのフラグって。
フラグという言葉は語弊かもしれませんが。

2ケタ以上データに変化が生じることはごく稀なので。
というのは、一応パリティチェックを想定してたのですが(´・ω・`)

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 22:26:16 ID:8Ku9u03z
ケーブル内で新たにエラーが発生するなんて事が普通にあるんですか?
ジッターとかは別として
よっぽどひどい使用状況でもないかぎり無さそうな

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 22:35:56 ID:OD4+hMBJ
>>363
最後のPの「パリティ」の意味が理解できない池沼であることを証明しただけだよ。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 22:39:40 ID:OD4+hMBJ
>>365
363は、ミキサーになりたくて音響専門学校に通っているが、
レコード会社からは相手にされない典型だ。


369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:12:35 ID:rCO2Opq7
>>366
とりあえず・・・>>363に叩かれた私の見解でよければ
だいたいの場合デジタルデータのパケットにはパリティ値というものが
どこか1bit、つまりどこかの0 or 1の場所に当てはめられます。
これは、0と1の個数をカウントとして、たとえば1の数が奇数なら1を、
偶数なら0を入れることで、値が適性かどうかを判別します。
0と1がどっちがどっちだっかの詳細は忘れましたが・・・

具体的には00100というデータならば、1の数は奇数ですので、
パリティ値1を付け加えて001001というデータを送ります。
これが何かの問題で、001101となってしまった場合、一番後ろの1にもかかわらず、
前の00110、つまり1の数が偶数と言う状態になっているので、これをエラーとして認識します。
この状態になった時、データをもう一度送りなおしてくれと要求します。

もちろん、001001が000000となってしまった場合、つまり二個所同時に情報が変ってしまった場合、
それをエラーとして判別はできませんが、たとえばインターネット等で、
まともに情報が見れているという現実を考慮すると、パリティチェックは非常に優秀に働いていると言えます。

仮に、ケーブルが大きく音質を左右する事例を考えるとするなら・・・
多分無いとは思うのですが、ケーブルから転送されたデータを一時保管するメモリ(バッファ)が存在せず、
さらにDAC側にもパリティ値を判定する機構が存在しない場合です。
ケーブルでの情報劣化がダイレクトに反映されますので、
ケーブルが原因で上で議論されている様な音質劣化を招くと考えて良いでしょう。

とは言えども、やはり不純物などが多い安いケーブルの場合、非常に微小な可能性であれ、
このようなデータ劣化の可能性は、高価なケーブルに比べて大きいと思われます。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:24:35 ID:hSB7A+NA
>363のリンク読んでないのかな…それとも読んで理解できなかったのかな…

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:31:33 ID:zCWES/x8
>>370
Pが理解できないのはもまいだろう。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:34:48 ID:zCWES/x8
S/PDIFにパリティーがあることは363にリンクに明記されている。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:36:56 ID:qfC6vzsS
読んでないだろ。S/PDIFはデータ流しっぱなしだよ。再送なんてしない。
1980年頃の音楽データ用の伝送規格だから今みると化石に思われるかも。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:37:14 ID:8Ku9u03z
>>369
なるほど
デジタル伝送である以上エラー補正が必須だと思ってたんですが
そうでない機器もあるのなら
その場合は、ケーブルにも気を使った方が良いという事ですね

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:42:10 ID:zCWES/x8
>そうでない機器もあるのなら
具体的にありますか?

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:48:22 ID:8Ku9u03z
>>375
あるとしたらっていう仮定ですよ
知らないです

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 23:51:22 ID:8Ku9u03z
>>373
AES/EBUだったらどうなんでしょう?
こっちは信頼性ありそうですが

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 01:30:45 ID:l24eNQ2J
>>377
AES/EBUも、プロトコルはS/PDIFとよく似ていて誤り訂正情報は無い。
データは一方通行で受信側は何も応答出来ない。ただ受けるだけ。
信号の信頼性はS/PDIFと変わらない。バランス伝送方式は有利だが、
光配線でも不安は無い。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 05:41:59 ID:kMnxgMAE
>>376
皆無でしょう。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 05:47:42 ID:kMnxgMAE
>>373
これ以上S/PDIFのパリティーの意味がわからないと、
自分で池沼だと言いふらしているだけだが

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 09:50:01 ID:/b0BKddq
PCとかの情報系では、エラーがあったら再送する。
S/PDIFはエラーがあったら受けた方でなんとかしろ。
こういう認識でよいですか?

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 11:43:56 ID:TArsTIgf
あとIEEE1394の様なバイフェーズ転送との違いも認識していた方が良いと思います。
要はLAN転送みたいな物なので、S/PDIFよりはケーブルによる影響は"少ない"と思われます。
※データ面での信頼性は高いが、アナログ回路等への輻射ノイズの影響が懸念される為。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 12:11:11 ID:Fvq1zX94
>>380
パリティでデータが変だと分かったら受けてるDACは補完するの?

384 :363:2005/04/06(水) 14:47:26 ID:BpT9vV0V
>>365
1ビットパリーティじゃエラー訂正できないのは常識だろ。
ちなみに訂正とは情報系では完全復元を意味する。
補完というのは単なる予測。(正解とはいえない)

>>369
>それをエラーとして判別はできませんが、たとえばインターネット等で、
>まともに情報が見れているという現実を考慮すると、パリティチェックは非常に優秀に働いていると言えます。
イーサネットフレームはパリティじゃなくCRCだしエラー訂正はしていない。
ちなみにCRCエラーだった場合データそのもは無意味になるので経路で捨てられる。
それでも正しくデータが送られるのはソフトによるフロー制御(再送要求)のおかげだ(TCP/IP)


385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/06(水) 22:11:45 ID:SVZzixD7
>>383
再送要求する場合と自分で補間する場合とがある。
「データ無効フラグ」とは、トランスポートでの誤り訂正し切れなかった
場合に、受け側に処理を任せるためのフラグ。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 14:35:53 ID:l1o1Emcm
保守

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 15:39:36 ID:2V8xVpi1
名張毒ぶどう酒事件再審決定

名古屋高裁 死刑確定囚で5人目
発生から44年「自白信用性に疑問」
 三重県名張市で昭和三十六年、農薬入りぶどう酒を飲んだ五人が死亡した
「名張毒ぶどう酒事件」をめぐり獄中から死刑確定後も含め四十年余、
無実を訴えてきた死刑囚の奥西勝元被告(79)=名古屋拘置所=の第七次
再審請求審で、名古屋高裁刑事一部(小出●(●=金へんに淳のつくり)一
裁判長)は五日、「自白の信用性には重大な疑問があり、確定判決の有罪
認定は合理的な疑いが生じている」として再審を開始し、死刑執行を停止
する決定をした。死刑判決が事件発生から四十四年を経て、裁判のやり直し
で取り消される可能性が出てきた。
 国内で死刑囚の再審が決定されたのは財田川、免田、松山、島田事件に
続き五人目で十九年ぶり。過去の四人は再審で冤罪(えんざい)と認められ
て無罪判決を受けている。


388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 02:13:50 ID:RsBHTVqw
× デジタルならケーブルで音は変わらない
○ デジタルならケーブルでデータは変わらない

データどおりの音を出すのは大変だよ
耳にデータを流して音として感じられれば苦労しないのにね


389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 02:50:06 ID:MaqXEVA7
デジタルケーブル内を信号と共にクロック信号を流してると
タイミングがちょっとでもズレると時間芸術が台無し。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 03:07:03 ID:GGL1V6I7
285 名前:天野寛悟[.] 投稿日:02/10/30 22:59 ID:???
何も知らない。何も判らない。何も出来ない。何も作れない。何も言えない筈の私が天野。

ところが私はSPDIFデータ送信と共に、クロック同期用信号が送信されていることを指摘した。
TransmitJitterとIntrinsicJitterの話はこれからだ。
使用された同軸ケーブルのインピーダンスの乱れ、その帯域での減衰・・・クロック同期用信号破波形は使用ケーブルによる特色がアリアリとしている。
しかし、ちょっと待ってくれ。ここの投稿板で勘違いされているように、この波形が矩形波に近く、限りなく立ち上がりが急峻でカッキリクッキリしているほどジッターが低い訳ではないのだ。
反射ということを知っているか?無闇に帯域を延ばしても、郡遅延特性がメチャクチャな伝送系だとすると、そのクッキリ波形はどうなると思う?
それから、そもそも時間軸の揺れの「量」が問題ではないのだ。揺れの「質」が問題なのだ。

最初に、SPDIFはデータと共にクロック同期用信号を送信している・・・と言った。
送信するデータが、このクロック同期用信号を揺さぶったら、どうなるか判るか?データの信号成分でクロック同期用信号が揺さぶられて、PLLで叩かれた256fsの信号の裾野に、送信データの信号が見えたりする。つまり変調だ。IMDだ。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 03:35:16 ID:RGTkm+S0
>>390
それでお勧めの同軸や光のケーブルは何よ?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 10:19:30 ID:SRZTDxj7
>>389
実際は、DACのクォーツが補正するから、No Problem.


393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 10:25:22 ID:SRZTDxj7
>最初に、SPDIFはデータと共にクロック同期用信号を。。。つまり変調だ。IMDだ。
SPDIFのアナログ面の素性ね。でも、途中経過は省略するが、最終的にはDACのクォーツ
でNo Problem.

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 10:59:05 ID:xc+8wEWm
>使用された同軸ケーブルのインピーダンスの乱れ、・
SPDIFは物理的には家庭用ビデオケーブルですから、
そのような問題が実際に発生していたら、家庭用ビデオで
「絵が揺れる」という苦情の山になりますが、実際には発生していません。
390は脳内妄想と言うことです。


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 11:35:27 ID:xc+8wEWm
しかし面白いですね。SPDIFは物理的には家庭用ビデオケーブル・
コネクターです。ケーブルやコネクターを内製化していないSやPが、
ケーブル、コネクターメーカーに、390に書いてあるようなことが起こりうる
独自規格を要求できると考えること自体、SやPに対する過大評価です。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 11:56:07 ID:kWdAkXQO
>>394
馬鹿か?
極小レベルでは揺れてるんだよ

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 12:08:14 ID:xc+8wEWm
>>396
苦情が出ない程度にね。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 12:11:27 ID:xc+8wEWm
セシウム原子時計を基準にしたら卒倒する程揺れているが、
モーターの揺れに比べたら、微々たる程度にね。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 12:18:19 ID:MaqXEVA7
"何故 光ケーブルは音が悪いと言う人が多いのか"
http://www.multicpu.jp/audio/audio-4.html


400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 12:33:36 ID:xc+8wEWm
>>399
>私は 光ケーブルと同軸など様々な物を試しましたが 無加工ソースを
>使い 本物の演奏に一番近くなるようなものを選んだ場合には 
>光ケーブルが優秀だと判断しました。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 12:44:41 ID:+XSKrFJs
例えばさ、デジタル伝送前後の極少なエラーが音質に影響を及ぼしてて、その違いを
知覚できる人って、部屋の湿度、温度、今日の気分w、スピーカーからの距離(ミリ単位ね)、
耳垢等の要因で音が変わるってことは考えないの?
D/A変換時の10psぐらいの時間軸の揺らぎより、スピーカーから出た音波が人間の耳に
届くプロセスのほうがよっぽど不安定だと思うんだけど。


402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:05:55 ID:xc+8wEWm
>>401
悪口中毒でしょう。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:09:54 ID:QEAIi164
>>401
そういう人は、私の見解ではですね、
オーディオシステムがいい音を鳴らしているという感覚が絶対的なステータスというか
もっとも重大な事象であって、実際にシステム以外の要因(耳垢、部屋の環境)で
音が多少悪くなろうともどうでもいいんですよ。
オーディオシステムそれ自体がいかにすばらしいスペックであるかが問題なんでしょう。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:11:09 ID:BRkoyMOx
あのねアナログ再生波形の時間タイミングが10psずれるんじゃないのよ。
サンプリング定理の前提が崩れて、元信号が再生できず余計なノイズが乗るという話。
jitterをキーワードにして、検索してよ。10年以上前から論文でてるじゃん。


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:15:10 ID:xc+8wEWm
>>404
一般人が音の変化として検知できる限度未満

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:17:54 ID:BRkoyMOx
といってみるのは簡単。データはあるのかなあ?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:24:54 ID:MaqXEVA7
ぶつ切りされた時間をはり合わせるタイミングがちょっとでもズレたら
元の波形とは似ても似つかない化け物や幽霊が出てきてそりゃあホラーですよ。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:30:04 ID:MaqXEVA7
これなんか興味をそそります
http://www.phase-tech.com/Japa/column/colum_rd01.html

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:37:40 ID:MaqXEVA7
どっかにこんな説明が載ってますた
「何故同期が必要なのか?(その1)
 これは複数のデジタルオーディオ機器が使用される環境において、
各デジタル機器に搭載されているクロックモジュール(水晶発振器であることが多い)の確度が
まちまちであると、これらの機器間でデジタルデータの受け渡しを行なう際に正確なデータの
やり取り(正しくは再生)を行なうことができなくなるのが原因です。
理想的には各々の機器のクロックモジュールが誤差0%であればこのような問題は発生しないのですが、
そのようなことは不可能です。
しかし、一つのクロックモジュールから出力されるクロック信号を全ての機器に分配するようにし、
そのクロックに基づいて各機器が動作を行なうとすれば、このような問題は発生しなくなります」

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:40:58 ID:+XSKrFJs
>>404さん
そういうツッコミが来るだろう事は恐れてました。
自分は情報系ではないので、正直チンプンカンプンでしてw

理論(つーかリクツ?)で「音が変わる!」と言ってる人らって、「自分で試したら変わったと
感じるから変わったんだ」って主張にある種の権威付けをしたいだけのように見えるんすよ。
論文もいくつか読みましたけど、そこで展開されている論旨から、「音質の違いを人間の
耳で判別できる」って結論に行くのは飛躍してません?
だって本当に極少のレベルでいえば、同一性の保持なんてほぼ不可能じゃないですか?
だもんで、最後は禅問答みたくなっちゃう。「理論上は変わる」みたいな。
でもブラインドテストは>>30みたく否定するし。こんなんじゃオカルトっていわれるのも
無理ないんじゃないかって思います。

>>403さん
なんつーか、「デジタル伝送時の微細なエラー(?)による音の聞こえ方の変化」と
「自分の髪の毛が伸びた事による音の聞こえ方の変化(一ヶ月に10mmぐらいは伸びるはず)」
の区別ってつくのか?って思いますがw

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 14:01:12 ID:287A7hXQ
>>404
余計なノイズなど無い。誇張された表現。
そんな現象が発生したならば歪みが観測される。
デジタルケーブルの違いを判別出来たデータも無い。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 16:07:48 ID:BRkoyMOx
うだうだ言う前に、これ読んだ?
"Is the AES/EBU S/PDIF digital audio interface flawed?"
at the 93rd Audio Engineering Society Convention, October 1992, in San Francisco.
採録はここ
ttp://stereophile.com/features/396bits/index.html


413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 18:09:13 ID:+XSKrFJs
それもオーディオ雑誌じゃん(汗)>>412

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 18:22:08 ID:H70tw5Xk
>>412
http://stereophile.com/features/396bits/index.html
の2ページ目、Bi-Phase Mark 波形がそのようになるは、
ケーブルを何百メータ伸ばせば実際に発生するのかい?

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 18:25:00 ID:H70tw5Xk
百歩譲ってそのような波形になったとしても、振幅リミッターをで
対応できるだろう。現にFM放送受信機で使われるテクニックだから。
まさか412はFM受信機の原理すら知らない消防か?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 18:31:50 ID:H70tw5Xk
FM受信機といったが、アナログTV音声だってFMだ。
まさか、FM放送も聴かない、TVも見ない香具師か?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:45:17 ID:hcZnwV+U
SPDIFはクロック同期用信号とデータとを同時送信してる
ということがポイント。
FM受信機とかそういう問題じゃないの。
わかる?爺さん

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:46:40 ID:l0/tQtKZ
>>417
>SPDIFはクロック同期用信号とデータとを同時送信してる
ビデオ信号(それをAM変調しているTVも)同じですが何か?

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 19:50:51 ID:l0/tQtKZ
>>417
仮にSPDIF上で多少の揺らぎがあっても、DACのバッファーとクォーツで
対応可能ですが何か?

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 20:02:12 ID:l0/tQtKZ
>DACのバッファーとクォーツで
消防には理解できないかな?

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 20:38:46 ID:l0/tQtKZ
>クロック同期用信号とデータとを同時送信してる
それが本質的な問題だったら、
携帯電話が繋がることさえありえない。

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 21:25:42 ID:T9MV6mWZ
>>418-421
もう一回テチャーソのレス読み返せ。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 21:54:48 ID:dfb6EXa9
最近になってようやくパソコン覚えた爺さんのために貼ってやるからよく読んでおけよw


17名前:名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/12 16:57
あのー外野の意見なんですけどおー
確かに、一体型CDでデジフィルをマスターにして、その384fsをDACとCD信号処理に分配し
た方がPLLで抽出したクロックよりもクロック純度面で有利ですけど、多くの一体型CDプレ
ーヤーの回路を見ると、発振器の電源はCDメカニズムの駆動用電源と共通になっている場
合が多く、ピックアップがCD盤上のピットに追従してゆく過程で生じるグランドレベルの
揺れが、水晶発振子のGNDを揺すってしまうようなのも多い訳です。
米ステレオファイル誌では、ウルトラアナログ社の協力のもと、1993年からCDトランスポ
ートのジッタのスペクトルを実測していますが、当時、最も優秀とされたトランスポート
は、普通のトレータイプのメカが載った機種でした。しかし、このモデルでは各回路がロ
ーカルレギュレータで定電圧化され、3端子レギュレータのテンコ盛りという手法がと
られていました。最近話題の、水晶発振回路を別基板化する一体型CDプレーヤーの場合の
ポイントは、アナログ回路のグランドと、デジタル(特にクロック及びメカ)のグランド
のアイソレーションな訳です。D/A変換回路でアナログ信号になった成分は、その音響成
分でグランドを揺すります。その揺れで水晶発振回路を揺すぶるので、クロックの純度を
観測してみるとクロックに音楽の音響成分が乗っているのが判ります。つまり、ここでは
混変調ひずみが生じている訳でひずみの大きさは少なくとも、音質的に大きな問題となり
ます。この揺れは音楽信号そのものですから、強い相関性があることが問題であるわけで
す。
一方、CDトランスポートから出力したSPDIF信号を、DACユニット内のPLL内蔵のインター
フェースレシーバICでプリアンブルを叩いて得たクロックも・上記と同様に送信データに
相関したクロックの揺れこの場合も、単なるクロックの純度や偏差よりも、クロックに乗
っているひずみの成分が問題になります。


424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 21:55:37 ID:dfb6EXa9
18:名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/1216:58

これを「ジッタ」という訳ですが、DACユニット内のPLLを、引き込み幅・保持幅ともに
狭帯域のPLL(例えば水晶発振子を用いたので、±50ppm程度のクロック偏差しか引き込ま
ないような回路)だと±1000PPm程度の偏差があっても引き込んでロックして外れないよ
うなPLLよりも、ジッタは少なくなります。
しかし、この方法であるとCDトランスポートからのクロック周波数が温度や経年変化によ
ってずれた場合、ロックが一時的に外れてしまう場合があります。また、周波数偏差の大
きなCDトランスはDAC側でロックしない、ということになってしまいます。

そこで、放送業務用機器などの場合は、送信側機器と受信側機器を同じクロックで動作さ
せることによって、同期ハズレに対処しているわけです。
この場合、同時に音質悪化の問題に対処できています。それは、送信データと無関係な
1fsクロック(ワードクロック)を発振器から送信し、そのクロックでCDメカ側もDAC側も
動いているので、クロックそのものには音楽成分は重畳していないのでジッタの極少な状
態での再生が可能になるわけです。
ワードクロックそのものは1fsですから、この信号がPLL回路で256倍に逓倍されて源クロ
ックになります。

この256fsクロックは1fs信号をPLLで256倍にしたクロックなので、256fsで発振す
る水晶そのものと比較すれば、その純度・周波数偏差ともに悪いです。
しかし、ここで重要なのは送信されている音響成分とクロックのモジられかたが何らかの
相関性があるのか無いのか?ということなのです。以上の説明で判るように、同期を取る
理由は2つある、ということです。外れないことと・クロックに送信データの音響成分が
乗らないようにするということです。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 21:57:06 ID:dfb6EXa9
しかし、ワードシンクをとった機器で、使用する同軸ケーブルの銘柄を変えると音質が変
化する場合も多いのです。この理由はグランドループによってDACのアナログ音響成分が
グランドを揺すってしまうということが問題になっています。
なぜ、そのようになるか?というと、多くの業務用機器ではグランドがアイソレーション
されていなかったり、
インピーダンスの不整合によってワードシンクから得たクロックに音響成分が飛びついて
重畳してしまっているという問題もありました。GENEX社のMoレコーダーなどは、この代
表的な例です。

以上、説明が長くなりましたがお分かりになりましたでしょうか?
クロック偏差には、それほど気を配らなくとも良いから、とにかくグランドアイソレーシ
ョンに気を配りましょうということです。                      

ジッタの量よりも性質を吟味すべし!

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 22:11:25 ID:8izd8rJY
>>423-425
なんだか、
>クロック同期用信号とデータとを同時送信してる
がいつの間にか
>グランドアイソレーション
に話がすり変わっている。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 22:23:13 ID:8izd8rJY
>しかし、この方法であるとCDトランスポートからのクロック周波数が温度や経年変化によ
>ってずれた場合、ロックが一時的に外れてしまう場合があります。また、周波数偏差の大
>きなCDトランスはDAC側でロックしない、ということになってしまいます。
これは「故障」と言って、SPDIFの規格とは無関係ですが。。。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 22:32:25 ID:8izd8rJY
>ここでは混変調ひずみが生じている訳でひずみの大きさは少なくとも、
>音質的に大きな問題となります。
ですから、音質にこだわる人とは、プリメインアンプではなく、
セパレートアンプを使います。SPDIFとは無関係です。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 23:24:55 ID:LaG+lbqn
SPDIFの欠点を克服する方法としてのワードシンクを用いる場合の話に
発展してるの読めないか?
その場合でもケーブルで音が変わってしまう場合があるって話。
グランドループがその要因の一つであるって話。
>>426-428と、揚げ足取りしたい気持ちもワカランでもないが、
良く読んでから的を射た反論をしないと恥かくだけだぞw

430 :321:2005/04/17(日) 23:27:17 ID:NZ5hdid5
S/PDIFはプロ用デジタルレコーダーのワードクロックのマスターとして
十分な精度があることは321に書いたとおりです。


431 :321:2005/04/17(日) 23:44:29 ID:NZ5hdid5
>SPDIFの欠点を克服する方法
家庭内でデジタルオーディオ機器をワードシンクかけるなんて、
海賊版でも作っているのですか?

432 :321:2005/04/17(日) 23:45:21 ID:NZ5hdid5
正確には海賊版をパラレルに多数複製する場合ですね。

433 :321:2005/04/17(日) 23:47:50 ID:NZ5hdid5
家庭内でトランスポーターとDACを分離する程度なら、
充分な能力を持っています。光ファイバー接続すれば、
グランドアイソレーションも完璧です。

434 :321:2005/04/17(日) 23:55:54 ID:NZ5hdid5
SPDIFが正確なデータ伝送が不可能なら、Dolby digitalや、DTSといった
圧縮音声を伝送できません。データに誤りがあった場合、非圧縮なら補間
と言う手段がありますが、圧縮では補間は出来ません。実際はDolbyもDTSも
SPDIFを経由してAVアンプで伸張して問題なく再生できています。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 00:02:56 ID:kzkVSwrR
ワードシンク装備のトラポとDACを知らないの?
なんで>>433みたいなこと書く人がこの板にいるの?

オーディオもずいぶん衰退したもんだ

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 00:28:34 ID:86HUn3sO
>ワードシンク装備のトラポとDACを知らないの?
それってグランドアイソレーションしていますか?

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 00:37:42 ID:86HUn3sO
>ワードシンク装備のトラポとDACを知らないの?
一体型でしたら、当然同期が取られています。
トラポとDACに分かれているのを使わなければ良いだけの問題です。
あなたは自分が選んだことの責任を他人に押し付けるのですか?

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 00:49:51 ID:cw/zD58f
>>428でいきなりアンプの話を出してみたり
>>436-437でトンチンカンな質問してみたり

たぶん同一人物なんだろうけど、
ワケの分からん絡み方で粘着しないでくれ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 00:57:08 ID:nZ+Erg3w
ID:86HUn3sOみたいなのにはこれでも貼っておけば満足なんじゃね?

995 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[age] 投稿日:02/09/09 11:23 ID:???
次スレたててもまた繰りかえし。
典型的パターン
・デジタル系の機器と初歩的な仕組みを理解した糞耳の厨現る
・厨がデジタルだから変らんと主張する
・ベテランが諭す
・自分が糞耳と理解できない厨がしばらく騒ぎまくる。
・話題が尽きて大きく脱線、飽きられてしばらくスレが沈む
・別の厨が発生し、頭に戻る
もう、秋田ポ(w

996 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:02/09/09 11:30 ID:???
>>995
隔離スレとしての機能を果たしてくれれば問題ないです(藁

997 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:02/09/09 11:36 ID:???
早くしないと1000ゲトーしちゃうよー

998 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[age] 投稿日:02/09/09 11:40 ID:???

けけけっ、でじたるで音が変わるわけないだろ(大爆笑)

999 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[age] 投稿日:02/09/09 11:40 ID:???

けけけっ、でじたるで音が変わるわけないだろ(大爆笑)


1000 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:02/09/09 11:41 ID:OkBzPjiz

けけけっ、でじたるで音が変わるわけないだろ(大爆笑)

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 00:57:51 ID:gSBpqTW/
家庭内のトラポとDAC程度の伝送なら、ワードシンクもグランドアイソレーション
も不要と言う結論ですね。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 01:00:53 ID:I/wudpZO
そう。>>440のような糞耳の厨には不要。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 01:08:09 ID:gSBpqTW/
ワードクロックは、グランドアイソレーションしていない

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 03:31:35 ID:wIZ3rTY1
>>434
誰もデジタル値が変わるほど伝送に問題があるなんて言ってないが?
あくまでデータと一緒に送られるクロックのタイミングにジッターが乗って
時間軸方向で音が変わると言っているのだが?

後、S/PDIFで非圧縮なら補完できて圧縮だと補完できないと言うソースヨロw
(ないとおもうがw)

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 06:01:02 ID:xGl+OeED
>非圧縮なら補間できて圧縮だと補間できないと言うソース
補間できないのがデジタルデータの常識。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 11:26:36 ID:ZbJogIDS
i.LINKのフロー制御方式が民生ではベストです。(pioneer,SONY)
ジッターレスにできるのは仕様的にもこれだけです。
ただしDENONのi.LINKはフロー制御に対応していないので注意してください。

いいかげんS/PDIFにこだわるのはアホだと気づいてほしい。


446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 13:10:01 ID:sAHNfdh6
dCSのi-Linkはどうなのかしら?

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 18:36:31 ID:S6ULhjEP
>>1
>デジタルならケーブルで音は変わらない

ボケ!
それは絶対0度の世界での話だろ〜?

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 20:02:52 ID:d0miw/Bx

暗示にかかりやすいタイプ。


449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 22:15:39 ID:wNi8EAzw
>>445
ジッターとフロー制御とは、何の関係もありません。
強いて言えば、フロー制御すればクロックの周波数偏差の大きい機器同士で
も接続可能と言う程度です。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 03:45:54 ID:hnx7UQFR
>>449
>ジッターとフロー制御とは、何の関係もありません。
どこをどう解釈したらそう読み取れるのか不思議です。

>強いて言えば、フロー制御すればクロックの周波数偏差の大きい機器同士で
>も接続可能と言う程度です。
そのおかげで再生機(接続ケーブルも含む)に無駄な投資をする必要が
なくなります。
ぶっちゃけPC用ドライブ(読み出し可変)とi.LINKコントローラと
多少のバッファメモリがあれば
ジッターレスシステムができてしまうのですから。

http://www.pioneer.co.jp/crdl/rd/pdf/14-2-4.pdf
フロー制御の資料張っておきます。


451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 22:41:23 ID:SgCnl9t0
>>450
私のジッターの概念が狭かったのは認めるし謝る。だが、
http://www.pioneer.co.jp/crdl/rd/pdf/14-2-4.pdf
の26ページ、DACの変換クロックが省略されていることに揚げ足取りする
つもりはないが、「推奨で読みだす」部分が不安定であれば、i.LINKの
部分でフロー制御しても無意味だよ。
>そのおかげで再生機(接続ケーブルも含む)に無駄な投資をする必要が
>なくなります。
そのとおり、トラポ側に粗悪なクロックと接続ケーブルに非同軸のケーブル
が使えるのだから。 その分DACにセシウムかクロックが使えれば、最高。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 23:29:48 ID:nZfR5mRl
i.LINKは原理的には良さそうだけど、ほんとにジッターレスシステムなんてできるのかな?
落とし穴どこかにない?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 23:49:58 ID:SgCnl9t0
>>452
だから、DACのクロックだって。
途中の伝送系より、最終変換が本質さ。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 23:23:45 ID:ansIybaL
不変

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 02:38:47 ID:4gMqjyny
霊が見える人と見えない人がいるように、

デジタルケーブルで音の違いが
判る人と判らない人がいるだけ。

判らなくても劣等感を持つ必要はない。



456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 02:58:10 ID:xu+H8ctB
霊が見えるって公言しないほうがいいよね

あとは言わないでも分かるよね

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 09:02:02 ID:0rFOqI7A
頭だけで判断して、そこでシャットアウトって行為は愚行。
ガリレイは殺されちゃったけど、それでも地球は回ってたんだよ。

それらしい権威からデジタルケーブルで音が変わると、
非の打ち所のない理論と一緒に発表されれば、
その時は試したくなるだろう?
それとも試すことなくいきなり納得しちゃうの?


458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 09:15:16 ID:xu+H8ctB
なるね

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 19:33:51 ID:1wVlojs2
まぁボロイ商売だということはわかったな。


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/29(金) 13:16:52 ID:E3B3bIZA
>非の打ち所のない理論

これがまず怪しすぎだろw
ポパー先生が泣くぞ。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/29(金) 13:19:57 ID:E3B3bIZA
なんか誤解招きそうだから補足

自分だったら試すことなくいきなり否定すると思う(理論がアレだったら、ね)
その理論に納得すりゃあ、そりゃ試すさ。そんな理論ありえないと思うが。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 00:52:36 ID:UYPywQo9
DAI側でリクロックしていてTOS-Linkなり、パルストランスなり、フォトカプラなりでトラポ、DAI間は電気的に
絶縁されていてバイナリも一致する場合でもデジタルケーブルで音って変わるの?

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 01:37:28 ID:XrqYJwMy
バイナリ一致だけでは、音の変化なしとはならない。
ということは見えてきたと言えるかなぁ。(変な日本語ですまん)

現在、ケーブルの影響をシャットアウトできる技術があるのかどうかは知らない。
とりあえず出会ったことはない。

デジタルケーブルがもたらす音の変化はこれまた多様で、
何がどうなってそうなるかは自分にはまったく分からない。

が、その変化は無視できない。

そんなことがあっていいのかわからんが、
NBSのステートメントなんかは、変化というより表現が変わったとまで言いたくなる変わりようだった。
普通に聴いていた音が、嫌いな音にまでなってしまった。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/30(土) 03:50:27 ID:0xW1sBEX
>>457
ガリレオは殺されてないだろ。火あぶりの刑になったのは確か弟子であ
ったブルーノ。ガリレオは高齢のため宗教裁判で仕方なく自説が誤りだ
と認めた。そのときに「それでも地球は回っている。」
それはともかくデジケーで音が変わるか知りたいヤシは実験したら。
安い同軸2本と光を2本買えばいい。総額6000円だ。アンプにデジタル入力
がないと駄目か。そりゃそうだ。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 22:38:52 ID:jY5DHezo
そうか

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/07(土) 22:13:57 ID:jXCFB0fp
>>464
それって同軸と光では、エラーレートが違うってこと???

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 19:17:29 ID:jFlZAuhm
DAC1を買え。デジケーなんか何でもよくなってくる。
音は全く変わらん。

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 19:25:02 ID:jFlZAuhm
という折はDAC1を飼うまでにデジケーを10本ほど集めた。
どの一本として同じ音がしなかった。
しかし、今はどれでもよい。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/09(月) 21:05:22 ID:LCqkSryZ
age

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 19:33:53 ID:ZNTykPZ/
ところで、i.LINKって同軸でツカ?

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 21:31:44 ID:S48Zp3/L
1394
FireWire
iLINK

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 22:10:05 ID:MJVP0DJs
>>470
同軸じゃないよツイストペア線


473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 22:22:41 ID:5Xx2M0OF
同軸でなければ、
http://stereophile.com/features/396bits/index1.html
に書いてあることがSPDIFより激しく起こるはず。
i.LINK派の人は気にならないの?

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 22:24:22 ID:mvkynAac
どうせ なんにも知らない文系ヴァカが使うんだから難しいことはどうでもいいんだろう

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 22:28:23 ID:5Xx2M0OF
同軸のSPDIFでこれが本質なら、ツイストペア線のi.LINKでのフロー制御なんて2ちゃんネラーの妄想の域を出ないのだが

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 01:45:02 ID:OFoehsE0
>>475
だからケーブルの影響を原理的に受けないようにするのがフロー制御なの。
ttp://kanaimaru.fc2web.com/da7000es/d110.htm

原理の違うもの比較してどうするのかね。バカか?
それこそ妄想なのだが。


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/11(水) 15:28:28 ID:ZrVh0I7y
現在フロー制御が出来るオーディオI/Fって有る?
IEEE1394は自作DAC使いたくてもレシーバチップ売っていないし…

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/12(木) 00:17:16 ID:s0WrRrQJ
>>476
http://www.pioneer.co.jp/crdl/rd/pdf/14-2-4.pdf

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 14:40:50 ID:KM3AwWPp
>>468
いいこと言うなあ。
デジケー交換してあら探しする時間があるならマターリと音楽を聴いた
ほうがいいよな。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 23:03:52 ID:lw0zLG43
http://www.pioneer.co.jp/crdl/rd/pdf/14-2-4.pdf
に書いてあることは、i.Linkのフロー制御はデジタルデータを正しく復調
できた上でデーター量を見ながら転送速度を指示する規格だ。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/07(火) 23:19:39 ID:pzlySSP+
CD聴いてる方に朗報!!原音を復活させる!
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/pav/1118153545/
なんと!!失われた音質を復活させる方法が見つかりますた!!
リアルなスタジオの音復活です!!凄いです!!一度試して下さい!

アップサンプリングすると極上のサウンドになる、超高音質
さすがDVD-Aクオリティー!
音像は安定し高音は出るし、低音はすこぶる良好
さすがアップサンプリング!高精度な補間処理によって失われた音を復活させ
より原音に近い音を実現!!ジェイソンも驚き!!ゾンビパウダー!!
蘇る蘇るザオリク高音!!スタジオクオリティー!
この音を是非あなたに!!

詳細はこの↓スレにあります!
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/av/1079277109/
是非!死んだ音質を復活させてやってください!!!

482 :sage:2005/06/07(火) 23:56:23 ID:LbhXe6Ea
まともなDACと電源、トラポを用意すれば、アップサンプリングで音が変らないことが理解できるよ。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 00:05:55 ID:DUT+6zFd
http://www.pioneer.co.jp/crdl/rd/pdf/14-2-4.pdf
は、トラポは少々デタラメでも、フロー制御で救済できると言っている。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 13:16:33 ID:EdfQbJwX
てすと

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 23:06:43 ID:zGZElIgs
てすと

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 02:57:44 ID:zdADNTBv
てすと

148 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)