5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

動物小説

1 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/18 14:53 ID:BETa5hkX
フィクション・ノンフィクションどちらでも有り。
興味ある人読んでくれ。書いてくれ。

2 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/18 15:02 ID:BETa5hkX
“ランキング第1位はスコティッスフォールドでしたー♪ かわいいですねぇ。”
朝のまどろみの中で目覚まし代わりにタイマーをセットしたテレビが
にぎやかに部屋に響いた。
坂木はベッドから手を伸ばすと机の上のタバコを取った。
(ふぅ・・)
ぼーっとテレビを見ながら会社へ出発するまでの間タバコをふかしながら
コーヒーを飲むのが彼の日課だった。
“こちらは人気急上昇のわんちゃんで〜す!まるでテディベアみたいですよねー”
テレビの人気女子アナが満面の笑顔で小犬をなでている。
「これからまた、お客が増えるんだな・・・」
坂木はそうつぶやくと、タバコをもみ消しジャケットを手に取り部屋を出た。
坂木が勤めている会社は俗に言う保健所で、捨てられた犬や猫、他の動物たちを保護している所だ。
もちろん 保護というのは名ばかりで1週間の保護期間で引き取り手が決まらなかった動物たちは
焼却炉処分になるのだが。
会社に到着すると坂木はいつものように作業着に着替えた。
少し匂うくすんだグレーの作業着は坂木の心を表しているようだった。
朝一番で倉庫に向かうとドッグフードを一袋 押し車に乗せて犬舎へ向かった。
冷たい鉄の犬舎のドアーを開けると鼻をつく悪臭がおしよせてきた。
坂木はもうなれっこだった。
部屋は、1号から7号まである。
1号と2号は他の部屋より少々大きめでいくらか綺麗だ。

3 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/18 15:03 ID:BETa5hkX
収容された犬はこの1号へまず入れられる。
二日目には2号へ、3日目には3号へといったように部屋を移動させられるのだが
7号へうつるまでにほぼ半数の犬は死亡する。
小型犬のポメラニアンから狩猟犬のドーベルマンまで同じ檻にとじこめられれば
体力の無い犬や小型犬は、大型犬の餌食となってしまうのが常だ。
その為、番号が遅い部屋ははじまりの部屋より狭くなっている。
もちろん死んだからといって部屋から取り出すわけもなく
7号へうつるまで糞尿の中にまぎれて放置される。
ここにはいつも死と恐怖と絶望がただよっていた。
坂木がドアーを開ける音で犬たちが興奮しはじめた。
一斉に号の中の空気がゆれる。
必死でシッポをふり助けをもとめてくる犬。
歯をむき出しにして威嚇してくる犬。
微動だにせず、はじでうずくまっている犬。
ただひたすらこちらをみつめている犬。

4 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/18 15:04 ID:BETa5hkX
坂木は無表情のまま 明らかに犬の頭数にいきわたらない量のドッグフードを
檻ごしに 大きく床にばらまいた。
ドッグフードは犬たちの糞尿にまみれながら部屋じゅうにちらばった。
餌にむらがる犬たち。
1日の餌の量が決まっているので、収容される犬が増えても減っても
餌の量は変らない。
床に大きくばらまいたのは 弱い犬たちにも餌を食べるチャンスができるようにと
坂木なりの心遣いだった。
一週間後にはゴミのように消える命だとわかっていても。
坂木がここに就職してから3年の月日がたっていた。
入社当時の坂木の精神はボロボロだった。
信じられないほどの数の犬たちの悲惨な叫びに心をやられてしまったのだ。
夢でもうなされ、幻覚をみるほど病んだ坂木に
同僚の江口が言った。
「同情はしてはいけない。だけど
  たとえほんのわずかな可能性でも、こいつらにとっては生きるか死ぬかの橋を渡る期間なんだ。
  この一週間で死なせるわけにはいかないよな。」
坂木はその言葉でここに残る事を決めた。
が、今でもペットショップには入れないし もちろんペットを飼う事もできない。
犬の目を見て気持ちがシンクロするのが怖くなってしまっていた。

5 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/18 15:05 ID:BETa5hkX
餌は5号までの量しかなかった。
明日明後日死ぬ犬に餌をあげる余裕など、この不景気であるわけもなく世も末なの
だが
ほとんどの保健所はこれが暗黙のルールであり、又、あたりまえになっているの
だ。
たとえ餌をあげても、犬たちにはわかっているのだろう。
ばらまかれた餌W食べずに 恐怖をとおりこした絶望の瞳でただ坂木を見上げる。
ただそれだけだった。
それでも坂木は、1号から4号の部屋分の餌をほんの一握りずつ
のこして6号にばらまいた。
1号に入ってきた時の面影もない犬たちがわずかな餌にむらがった。
坂木はいつもどうり7号へさしかかった。
7号の彼等はあと3時間もない命だった。
坂木が一握りの餌を投げ入れるとその人粒が一番奥にいたシベリアンハスキーの鼻
にあたった。
奥でうずくまっていたハスキーがふっと顔を上げた。
呼ばれたのと勘違いしたのか
そうでないと気付くと、またしずかに顔を巻いたしっぽにうずめた。

6 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/18 15:09 ID:???
ハスキーの搬送はこのごろ減った。
10年ほど前のハスキーブームの時はすごかったものだ。
もともと運動量の多い犬。
日本のような狭い家で飼うものではない。
ブーム。またブーム。
まるで飽きたアクセサリーの様にこの犬たちはいとも簡単に捨てられる。
坂木は首をぶんぶんと横にふった。
(駄目だ駄目だ。余計な事を考えないぞ。)
処分は昼食の前に行なわれる。
処分といっても簡単なもので、ただボタンを押せばいい。
それだけだ。
7号に一酸化炭素が充満してあっというまに犬は死亡する。
運が良いのか悪いのか、気絶したままの犬もそのまま焼却炉行きだ。
生きたまま焼かれる犬の悲鳴を聞いた後の昼食も
この世界ではあたりまえの事である。

7 :名も無き飼い主さん:04/02/18 16:46 ID:???
これは犬猫板向きじゃないかな・・・
まぁスレッドタイトル的にはこっちか?
内容は・・・
犬猫からのコピペ?

8 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 11:26 ID:???
処分の時間になった。
坂木はいつもの通りただボタンを押すと
江口と一緒に生ゴミとなった犬たちのもとへ向かった。

7号の扉を開けると犬たちが泡をふいて横たわっていた。
ガスがこの部屋に入れられる時
犬たちは生きる希望を捨てずに一斉にドアの場所へ
集まる。
人とて同じだろう。
そこに出口があるのなら 死から逃れようと集まるだろう。

坂木は大きなシャベルで犬たちをステンレス製の大きなゴミ箱へ
流し込んだ。これから焼却処分をする為だ。



9 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 11:27 ID:???
「みゅーみゅー・・・」

どこからともなくか弱い泣き声が坂木の耳へ入った。
坂木の手が止まる。
(小犬か・・?)
今回の7号には小犬はいなかったはずだった。
収容されている犬が この保健所内で出産する事はめずらしく
ないのだが、見渡しても小犬らしき犬はみあたらない。
(気のせいか・・)
坂木は作業を続けた。
ふと見ると あのシベリアンハスキーがうずくまったままの姿で
冷たくなっていた。
坂木の頭にハスキーと目があった瞬間の映像がよぎる。
(なんだ・・俺らしくないな・・。なんでもないじゃないか。)
自分に言い聞かせながら坂木はハスキーの腹の下ににスコップを
滑らせた。

10 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 11:28 ID:???
「あ!」
思わず坂木の口から声がもれた。
作業中の江口が振返った。
「どうした?」
江口は、立ち尽くす坂木のもとへ行くと坂木の目線を追った。
「今産まれたのか・・・?」
冷たくなった母犬の足元に産まれたばかりの小犬が一匹
プルプルと震えながら見えない瞳で必死に母の乳を探していた。
「こいつが守ったのか。。」
母犬を見ながら江口が言った。
どちらにしろ 今から焼却処分なわけであって
この犬も死を覚悟していたのだろう。
それでもなお子供をかばった。

「おい!やめろ!」
江口が叫んだ。
坂木はいつのまにかその小犬を抱き上げていた。
「何のつもりだ!その小犬をどうしようっていうんだよ。」
江口の言葉に坂木は呆然としながら答えた。
「そんなの・・・俺が聞きたいわ。。。。」

11 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 15:34 ID:???
気分が悪いと上司に申告し坂木は会社を早退した。
(本当、何やってんだ俺。)
頭の中にまたあのハスキーの瞳が浮かんだ。

バッグの中に小犬をタオルに包んで入れると
坂木は会社帰りの足でペットショップへ向かった。
犬の世話などした事が無い坂木は この小犬をどう扱っていいものか
わからなかった。
小犬を入れたバックをぶら下げながら坂木はペットショップの前で
右往左往していた。
どうも ペットショップに入る勇気がない。
(こんなちっこい犬は何食うんだ・・?牛乳だけでいいのか・・)
「みゅー・・」
バッグの中の小さな命が鳴いた。
(くそっ!!)
坂木は意を決してペットショップの中へと入った。

12 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 15:35 ID:???
(えっと・・あたためる・・で・・)
小犬と一緒に帰宅した坂木は、あたふたと小犬用ミルクをつくっていた。
店員から聞いた事を書き記したメモを片手になれない作業を不器用に進める。
「ほら!飯だぞ。」
ベッドの上でプルプルしている小犬を抱き上げ
口元に真新しい哺乳ビンを持って行った。
「みゅぐ・・ん・・」
小犬は樹脂製の乳首に必死で食らいつきあふれるほどにミルクを飲みはじめた。
「ははは・・誰も取らねぇからゆっくり飲めよ。」
あっという間にミルクを飲み終わった小犬は
安心したようにそのまま坂木のひざの上で眠りについた。
(うわ・・まいったな・・。)
気持ちよさそうに寝る小犬を見て、坂木は動けなくなってしまった。
テレビのリモコンも遠いしコンポにも手が届かない。
ふと窓の外を見た。
(昼間ってこんなに明るいものだったんだな・・)
静かな春風が部屋にゆっくりと流れ込んだ。



13 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 15:37 ID:???
三ヶ月後

「あ!!こらチビ!!!」
グシャグシャになったティッシュペーパーを持った坂木が
慌てて小犬をつかまえた。
小犬は坂木の世話のおかげで元気すぎるほどに成長していた。
「またスリッパ駄目ししやがって・・」
ゴム底がベロベロになったスリッパを眺めて
坂木はため息をついた。
「わん!」
ちぎれるほどにシッポを振った小犬が坂木に飛び掛かって来た。
「あははは わかったわかった。お前はゴムが好きなのな。」
坂木は小犬がかわいくてしょうがなかった。
あんなに整頓されていた部屋は見る影もなくチビに荒らされ
ゴムがくっついているものは全てチビの歯形でガタガタになっていた。
ただ、坂木をなやませていたものは、このアパートが動物禁止だと
いうことだった。
3回立てのこのアパートの最上階には管理人の家族が住んでいて
いつまでも隠しておけるものじゃないというのはわかっていた。
(散歩にもつれていかないといけないしなー・・)


14 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 15:39 ID:???
名前はチビでもハスキー犬だ。
大きくなるまでここにいるのは無理に決まっていた。
(引越し・・は無理だしな。。)
坂木の頭に自分の貯金通帳が浮かんだ。
「はぁ・・」
ため息がもれる。
ピピピピピピピピピピ・・・
色気もない着信音が部屋に響いた。
「わん!!」
チビは喜んで携帯が入っているバッグをかきむしった。
「おい、やめろって。あー・・江口か。」
電話を取るとご機嫌な江口の声が聞こえてきた。
「今からお前んち行ってもいいか?酒もって!」

15 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/24 15:40 ID:OkCb6wdv
>>7
人のHPに掲載してもらう動物小説を思い付いたままにのっけてます。
自信がないので誰かの感想が聞きたかったりしてスレ立ててみましたが
お目汚しだったら申し訳ない。
コピペではないです。
今回たまたま犬でしたが、これから色んな動物モノをやっていきたいと思ったので
この板を選ばせてもらいました。

16 :名も無き飼い主さん:04/02/24 17:20 ID:???
>>15
続き読みたい

17 :名も無き飼い主さん:04/02/24 21:52 ID:taLPxQNo
>>1
動物小説専用のホームページ?

18 :インプレッサ:04/02/24 23:28 ID:3ekryMBt
>>17に悲しいお知らせです。
貴方は>>1に放置された恐れあり。
黙祷。

19 :大将 ◆ebxmeKufQQ :04/02/25 02:32 ID:???
早く続きが読みたいっす。ガンガレ

子犬の鳴き声萌え。

20 :名も無き飼い主さん:04/02/25 19:20 ID:???
早く続きが読みたいっす。ガンガレ

21 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 11:29 ID:???
ものの30分もしないうちに両手に缶ビールをぶらさげて江口がやってきた。
500ミリの缶が6個入ってるケースを二つも買ってきていた。
「お前買いすぎだろ」
坂木が笑いながら部屋にあげた。
初めての来客に初めはチビも少々困惑気味だったが
あっという間に江口にもなついた。
坂木は冷蔵庫の中にあったツマミを江口の前に出すと
チビ用のジャーキーをチビにあたえながら缶ビールのタブを抜いた。
「めずらしいな。お前がうちに来るなんて。」
軽く乾杯をしながら坂木が言った。
「でっかくなったなー。チビー!」
江口はチビに顔をベロベロ舐められながらモシャモシャとチビの頭をなでた。
しばらく他愛もない話をしていた。

22 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 11:30 ID:???
「坂木、お前さ、このままここでチビを飼い続けるつもりか?」
突然の確信をつく話に坂木の顔がくぐもった。
「引越しも・・考えてはいるんだ・・・だけど。。」
うつむく坂木のその語尾に続く言葉を江口は理解しているようだった。
「実はな、俺の彼女の親戚なんだけどな。会社の近くに住んでるんだよ。」
江口がマジメな顔をして話出した。
「その親戚の子供が犬を飼いたいって言っててな。
 犬は買うと何十万もするだろ?それでチビの話をしてみたんだ。」
江口は勢いをつけるようにビールを一口飲んだ。
「大きくなったら貰い手がなくなるぞ。このまま生活するのは無理って事ぐらい
 坂木もわかってるんだろ?」
坂木は首を横に振った。
「それは・・・」
わん!わん!!!
チビが坂木のひざの上に飛び乗ってきた。
チビの青い瞳が坂木を無邪気に見上げた。

23 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 11:31 ID:???
「なぁ、坂木。チビの幸せを考えてやれ。今どきハスキーなんか
 金もらってでも飼う人はいないぜ。な。。坂木。」
そういう江口の表情も暗かった。
坂木がどれだけチビを大切にしているのかは江口が一番よく知っていた。
「大切に・・してくれるのか・・・?」
ひざの上のチビの頭をなでながら坂木が苦しそうに言った。
「あぁ。大きな家でな、庭も広いんだよ。チビもいっぱい遊べるよ。」
なぐさめるように江口が言った。
その日、朝が来るまで江口と坂木は飲みつづけた。

24 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 11:32 ID:???
3日後。
坂木はチビを新品のキャリーバッグに入れると おもてに車を止めて待っている
江口のもとへ向かった。
初めての体験にチビは激しく困惑しキャンキャンと不安そうに鳴いていた。
「やっぱり、一緒に行くか?」
江口が運転席から覗き込むようにして言った。
坂木は力ない笑顔で首を横に振った。
「別れられなくなっちまう。ここでさよならだ。」
きゃりーばっぐ越しにチビに手を振った。
キャワン!!ワン!!
鼻先から血が出るほどにチビはプラスチックの入り口に体当たりした。
「行ってくれ! 」
耐え切れなくなった坂木が後部座席にキャリーバッグを載せると
振返らずにドアを閉めた。
「おい・・坂木・・・一生の別れじゃないんだからよ。」
心配そうに言う江口に 背をむけたまま少し肩をふるわせて
坂木が答えた。
「すまん・・・行ってくれ・・・。」


25 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 11:33 ID:???
キャン!キャン!!
チビの泣き声に車のエンジン音がかぶる。
飼い主が二人いちゃいけないと坂木は心に決めていた。
もらわれていくなら、その家で一番かわいがられればいい。チビをかわいがってくれるその家で。
軽いクラクションとともに チビとの一生の別れが坂木の胸をつらぬいた。
(あぁ!!)
坂木は振返らずに部屋に駆け込んだ。
(チビは幸せになれるんだ!なれるんだ!)
ベッドを背もたれにしながら坂木は頭をかかえて自分にいいきかせた。

26 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 11:35 ID:???
ふとスリッパが目についた。
チビのおかげでゴム底がボロボロだ。
今は それでさえ愛しく思えた。
スリッパを拾い上げると 涙がとめどなくあふれた。
ぬぐってもぬぐってもとめどなくあふれた。
チビ、チビ、と何度も小さな声で呼び続けた。
この部屋の全てはチビの思い出でうめつくされていた。
台所を見るとミルクを造ったあの日を思い出す。
ベッドを見ると ヨダレをたらしながら寝ていたチビを思い出す。
つかいきらなかったペットのトイレシートがトイレの前においてあった。
この前買って来た犬用ジャーキーもまだ何本か残っている。
知ってるんだ。ベッドの下には、チビが隠したおやつがほこりまみれであるんだよな。
「ふっ・・」
涙を流しながら坂木は笑った。

27 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 12:02 ID:???
半開きの窓からふわぁっと風が部屋に流れこんだ。
窓を見上げると綺麗な青空が見えた。
(チビがうちに来た日も・・こんな日だったな・・)
坂木は新しい家族の中で幸せそうに走るチビが見えたような気がした。

28 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/02/26 12:03 ID:BsGWfAgd
>>16
ありがとうございます。
そう言ってもらえると励みになります。
>>17
小説は一つも載ってないHPですね。
募集欄に小説書きがあったのでメールをしてみたのです。
中々おもしろいHPでした。
管理者さんに許可を取れたらここにURLを載せたいと思います。
>>18
そんな事はありませんw
>>19
ありがとうございます。
今日は坂木と小犬の別れでした。
次回から全く違う展開になる予定なので
良ければまた読んでください。
>>20
ありがとうございます。
文章力のなさには目をつぶって下さい。。。


29 :(つД`):04/02/26 15:25 ID:???
同じような経験有。
思い出したら泣けてきた(つД`)
続き期待!

30 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/03/02 10:58 ID:???
「お母さんー。あの小犬ちゃん出てこないねー。」
台所の机の下にうずくまったままの小犬を覗き込んで
小さな女の子が言った。
「新しいおうちだから緊張してるのよ。しばらくはそっとしておいて
  あげましょうね。美香ちゃん。」
美香と呼ばれた女の子の頭をなでながら優しそうなお母さんが言った。

チビがもらわれてきた家は、母・恵子と 一人娘の美香、小学1年生。
父親の聡、聡の母親ウメの4人暮らしだった。
もともと農家だった為、土地が広く
農家を辞めて建てた家は人もうらやむほどの大きさだった。


31 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/03/02 11:00 ID:???
家は川沿いにある為 自然もあり、子供を育てるには絶好の場所である。
現在 父聡は単身赴任中で 家に帰ってくるのは月に一度あるかないかだった。
その為、一人娘に寂しい思いをさせているからと 聡は愛娘には甘い。
江口の彼女の親戚なのがこの聡だった。
「わんちゃーん。出ておいでー」
母にばれないように、美香が台所の入り口で小さくチビを呼んだ。
「怖くないよー大丈夫だよー」
美香がまだ見ぬ子犬の為に手作りした骨の形をしたヌイグルミをヒラヒラとさせた。
くぅーん・・
不安げにチビが机の下から顔を出した。
「ほら。これはプレゼントだよ。大切にしてね!」
優しい女の子の笑顔にチビはちょっと安心した。
ちょこんと座った女の子の目の前におかれた いびつなヌイグルミを
チビは鼻先で触ってみた。
「食べちゃ駄目よ。遊ぶものだからね。」
そういって みかはチビの頭を優しくなでた。
きゅぅん・・
隣の部屋から様子をうかがっていた恵子も、安心したようにほほえんだ。
(良かった。ハスキー犬って言ってたから、危険かと思ったけど大丈夫そうね・・)
こうしてチビは、この家の家族の一員になった。


32 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/03/02 11:01 ID:???
「ベン!!散歩行こうー!!」
母に新しく買ってもらった赤い散歩用のリードを握りしめ
小学4年生になった美香が言った。
わん!
新しく、[ベン]と名づけてもらい、すっかり散歩が大好きになったチビは
シッポをちぎれるほどに振りながら美香の元へ走っていった。
「気を付けてねー!道路に出ちゃだめよー!」
後ろから恵子が叫んだ。
わかったよ!というように美香は後ろ手を振った。
ちらっと母親が玄関を閉めたのを確認すると
庭にあるプレハブのドアを美香がたたいた。
「おばあちゃーん!おこずかいちょうだい!」
「おや・・美香ちゃん。ベンのお散歩かい?」
ウメが顔を出す。

33 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/03/02 11:02 ID:???
もともと、恵子とソリがあわなかったウメは大好きなカラオケを思う存分楽しみたいからと
みずから庭のプレハブに部屋をかまえた。
部屋の中にはコタツと冷蔵庫とカラオケの機械とテレビ。
生活に必要なものは適度にそろっている。
「帰りにベンのおやつを買うの!ちょうだい!」
差し出された美香の手のひらにウメは用意していた500円玉をおいた。
「お母さんには内緒だよ。またおばーちゃん怒られちゃうからね」
人差し指を唇にあててウメが言った。
「オッケー!おばーちゃん!約束!」
美香が笑顔で小指を立てた。



34 :名も無き飼い主さん:04/03/10 23:51 ID:???
続き待ち保守

35 :名も無き飼い主さん:04/03/11 02:36 ID:???
チン☆⌒ 凵\(\・∀・)小説の続きまだー?
待ってるぞよ。

36 :名も無き飼い主さん:04/03/12 06:29 ID:???
角川文庫, 「老人と狩をしない猟犬物語」
西村寿行, 初期の作品。紀州犬「隼」は山中を彷徨す
る。ちょっと荒唐無稽のところもあるが面白い。

37 :名も無き飼い主さん:04/04/19 13:46 ID:xVw418HQ
もう終わりなのか?あげ

38 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 10:25 ID:gnI2+Kxw
「ベーーン!!!こっちだよ!!!!」
川辺に到着すると、美香はベンのリードをはずし、フリスビーで遊びはじめた。
ベンの歯形でうまく飛ばなくなったフリスビーは、中途半端に弧を描くと
よろよろしながら地面に着地した。
バフ!!バワウ!!!
シッポをちぎれんばかりに振りながらフリスビーをくわえてベンが美香のもとへ戻ってきた。
「ねぇベン、また来ないかなぁ??ベンも楽しみでしょ?」
美香はベンの大きな頭をなでながらちょっと赤い顔でベンにつぶやいた。

実は、この川辺は美香のクラスの男の子も犬の散歩にやってくるのだ。
偶然にもその男の子の犬もハスキーで、ベンの唯一の友達になってくれた。
そして美香は、もうずいぶん前からその男の子が好きだった。

「ベンのおかげよ!」
そういって美香がもう一度フリスビーを高く飛ばすとベンは砂利を飛ばしながら一目散に取りに行った。



39 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 10:26 ID:???
「あ!美香ちゃん!」
突然の声に真っ赤な顔をしながら美香は振り返った。
「け・・健二君!!! また偶然だね!!!」
もちろん偶然なのではないのだが。
「そうだね。チェリーも喜ぶよ。」
そういって健二が犬(チェリー)のリードを外すと、ベンとチェリーはフリスビーを取り合うように
草むらの中へじゃれながら走って行く。
健二はクスっと笑いながら美香の横に腰をおろした。
「チェリーは臆病な犬なんだけどね。ベン君が遊んでくれて助かるよ。」
年齢よりも少し大人びたしゃべり方をする健二の横顔に、美香はポーっと見とれていた。

(ベンがいなかったらこんなに仲良くなれなかったわ。ベン!感謝!)

40 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 11:45 ID:???
その大人びた性格と成績の良さで、学校でも人気のある健二だが
本人は異性に対する興味がさほど無いようで、浮いた噂などは一切なかった。
他の男子のように、テレビゲームやカードゲームに夢中になる事もなく
小学生特有の、女子いじめのようなものも一切せず、かといって男子からも好かれる存在なのである。
しかし、その近寄りがたい雰囲気で、クラスからはちょっと浮いた存在になっていた。
そんな健二と偶然にも河原で出会ったのが半年前。
それからというもの、美香は毎日のようにベンを連れて散歩に来ているのだが、
当の健二は鈍いもので、美香の気持ちに気付くような気配すら感じられなかった。



41 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 11:45 ID:???
ベンとチェリーが走り回って遊んでいる間、美香は健二の話をひたすら熱心に聞いていた。
健二の将来の夢は獣医になる事らしく、一生懸命勉強をしているのだという。
ハスキーの産地や個性、寒い地方の犬ソリの話など、美香にはチンプンカンプンだったのだが
学校では見せない、キラキラとした笑顔の健二に夢中であった。

「美香ちゃんも、ハスキーが好き??」
ふいに向けられた質問に、走り回るベンを見ると美香はちょっと間をおいて答えた。
「ハスキーじゃなくて、ベンが好きなの。もしベンが雑種の犬でも好きになってたわ。」
びっくりした顔の健二を見て、美香はドキっとした。

(健二君・・ハスキーが好きだからまずかったかな・・・)

すると健二はお日様のような笑顔になって美香の肩を軽くたたいた。
「美香ちゃんみたいな子にもらわれてベン君も幸せだね!美香ちゃんのそういう所、僕好きだよ!」
「え・・・・」
真っ赤になる美香の前にベンがもう突進してきた。

ワン!!!ワワワン!!!

42 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 11:46 ID:???
「きゃっ!!」
川に入ったらしく、ずぶぬれになったベンに飛び掛かられて美香も一緒にずぶぬれになった。
「もーーー!!!ベン!!!」
内心、ちょっと助かった・・と思いながら、真っ赤になった顔を隠す為、美香はベンをぎゅっと抱きしめた。

43 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 14:00 ID:???
そんな毎日が続く中、ちょっとした事故がおきたのはそれから2週間後の事だった。
ベンとチェリーがじゃれて遊んでいる最中に、うっかりベンがチェリーを傷つけてしまったのだった。
傷といっても少々耳から血が出た程度だったので、健二もさほど気にしてはいなかったのだが
美香の心中は穏やかではなかった。
美香だってベンが大好きなのだが、今は健二と一緒にいれる時間が欲しい為に必死だった。

それと同時に運が悪い事に、健二と二人で犬の散歩をしているところをクラスメイトにみつかってしまい
噂が広がってしまったのだ。
それを良く思わない一部の女子たちから 美香が反感をかうのも必然だった。
そして怪我をしてからというもの、チェリーが少々脅えてしまうようになり、健二が散歩に連れ出してくる事が
少なくなったのだ。



44 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 17:25 ID:???
最近散歩に行く回数も減り、笑顔を見せなくなった孫に、祖母のウメは心配そうに聞いた。
「美香ちゃん、最近元気が無いけどどうしたの??ベンの散歩には行かないのかい?」
美香はうつむいて何も答えなかった。
何かあった事はたしかなんだなと、ウメは悟った。
「美香ちゃん。なんでもいいからおばあちゃんに話してごらん。ちょっとは楽になるかな?」
ウメの優しい問いかけに、美香は首を横にふった。
「何かあったわけじゃないの。・・・でも、ベンの散歩、おばあちゃんに頼んでいい?」
犬の習慣というものもあって、ベンは美香が散歩に行こうとするといつものルートをたどろうとするのだ。
美香はできるだけだれにも会いたくなかった。
クラスの女子からは、美香への嫉妬心から美香の犬、ベンへの嫌悪感に話題が変わり、
ずいぶん獰猛な犬だ。という話になっていた。
保健所からもらわれてきたという事にも尾鰭がついてベンの評判はがた落ちだった。
「いいよ。おばあちゃんの運動にもなるからね。だから美香ちゃん、元気を出しておくれ。」
そう言ってウメはベンの赤いリードを引くとプレハブの前の杭にひっかけた。
ベンは、てっきり今から散歩なのだと思い込み、ベロをはぁはぁ出して美香を見上げていた。
「・・・・・。」
美香はベンとは目をあわせずに、駆け足で家へと帰って行った。



45 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/05/17 17:26 ID:???
美香に頼まれた手前、ウメはベンの散歩を承諾したのだが、なんせハスキー犬だ。
ウメが散歩するには無理があった。
元気すぎるベンにリードをひっぱられ、何回も転びそうになった。
そのたびに近所の人に助けられていたウメだったのだが、その噂が又、ひどいものになっていた。
“あそこの家は、あんな大きな犬をおばあちゃんにおしつけて・・・”
もちろん耳に入るのは母の恵子だった。
美香はあの事件以来、登校拒否ぎみになってしまい、母の恵子の心配はベンへの苛立ちへと向かいさえしていた。
何も話そうとしない娘、うまがあわない義母、出張からめったに帰ってこない夫。
恵子がおいつめられるには充分すぎる状況ではあった。



46 :名も無き飼い主さん:04/05/18 14:26 ID:???
あ。増えてる

47 :名も無き飼い主さん:04/05/20 12:25 ID:???
(屮゜Д゜)屮続きマダー?

48 :名も無き飼い主さん:04/06/22 09:25 ID:akkvtBgb
保守

49 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/07/11 11:16 ID:???
独特の匂いがするペットショップ。透明のプラスチックケースの中に、小鳥が三羽いた。
「僕たちはセキセイインコという名前の鳥らしいよ」
「へぇ〜初耳!」
「じゃあ隣にいるのは?」
「あれはコザクラインコというらしい」
「へぇ〜というか何でそんなに詳しいの?」
「店員さんがさ、そう呼んでるんだよ。」
「ふーん。でもセキセイインコじゃ寂しいよね。せめて一羽一羽に名前くらい付けて欲しいよ。」
「禿しく同意!」
ペットショップの店員がプラスチックケースの中を覗き込んだ。セキセイたちはピーピーとやけにうるさい。
「セキセイ同士でおしゃべりしてたりして。…まさかね(笑)さて、餌の時間ですよー」
こう見えてもセキセイ三羽は挿し餌ヒナだ。お腹いっぱい餌をもらって、だんだん眠くなってきた。

50 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/07/11 11:17 ID:???
「私眠くなってきた」
「僕も」
「僕も眠い」
いつの間にか三羽は眠っていて、朝になった。
「仲いいよね僕たち」
「姉弟だもんね」
「ずっと一緒だよね」
「…………」
「どうしたの?」
「私たち姉弟だけど、いつかはバラバラになるんだよ」
一番年上のセキセイにはわかっていた。人間が自分たちを買いに来て、どこか違う世界に連れていくということを。
隣のプラスチックケースの中にいるコザクラインコや、反対のプラスチックケースにいる文鳥も、猫も、犬も、みんな人間に飼われる運命。
私たち三羽を、一緒に買ってくれる人間なんているのかな?
「コザクラインコさんがいなくなってる」
「私たちもそろそろかな」
「え?なにが?」
一番年上のセキセイは答えずに寝てしまった。
「教えてよお姉ちゃん」
「あ、人間が来たよ」
「あ、本当だ」

51 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/07/11 11:19 ID:???
人間の顔はニコニコ笑顔でとても嬉しそうだった。二羽のセキセイはその人間に近づいてピーピーと鳴いた。
「可愛い〜指に興味あるのかな」
人間は嬉しそうだ。まさか二羽が
「(・∀・)カエレ!」
「(・∀・)カエレ!」
と言っているのも知らずに…。
「すみません。これ、買います。」
店員はパッと顔を上げて嬉しそうに客に走り寄った。
「はい、セキセイですね〜。どの子にしましょうか?」



「お姉ちゃん」
「あーよく寝たわー。ピョ?どうしたの弟」
「人間が、人間が…」
「ピョ?」
弟は姉に細かく状況を説明した。
「そう。とうとう人間に…」
「。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!」
「泣かないの!男の子でしょ。私たちはまだここにいる。まだ人間に連れていかれることは無いんだから。」

52 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/07/11 11:20 ID:o++65iYP
よーし父さん上げちゃうぞ

53 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/07/12 06:57 ID:???
店員が二羽のセキセイが入ったプラスチックケースを覗き込んだ。
「なんか落ち着きが無いわ。一羽が減ってから…店長〜」
新米の店員はどうするわけにもいかず、ベテランの店長を呼んだ。少し太った人の良さそうな男性が現れた。
「どうした?」
「セキセイが落ち着きが無くて…さっきからピーピー鳴きわめいてるんです。」
「ふーむ…。じゃあとりあえずこっちのケースに移して置くか。」
「そうですね。」
店長は二羽のセキセイを器用なつかみ、ケースに移した。
「ピーピー!(キャーこの変態!)」
「ぴ〜!(いてぇー!)」
店長と店員はじっと別のケースに移された二羽のセキセイを見る。
「なんとかなりそうだな」
「そうですね」
二羽はケースの隅に素早く移動した。この異様な雰囲気、今までいた部屋と違う匂いに恐怖を感じていた。

54 :名も無き飼い主さん:04/07/20 12:18 ID:IX9UeWzL
続き期待(屮゜Д゜)屮

55 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/09 19:25 ID:???
お久しぶりです
小説少し書いたよ。暇だったら読んでみてね

56 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/09 19:28 ID:???
「あっセキセイインコか!よろしく!俺はコザクラインコって言うんだ!」
誰?という感じで二羽は振り返った。顔は赤色で体は緑色のきれいな鳥が立っていた。
「オカメも挨拶しなよ。ごめんね。こいつ恥ずかしがり屋だから。」
二羽はあたりを見回してオカメインコを探した。オカメインコはケースのはじっこで丸まっていた。
「おっきいねー」
「うん。おっきい」
オカメインコの大きさはセキセイたちの二倍はある。
「そりゃあオカメインコだから大きいよ。俺なんかよりも(´・ω・`)」
コザクラもオカメと同じふうにケースのはじっこに移動してしまった。
「コザクラインコさんも大きいよ!」
「うん!」
セキセイの姉と弟に言われてコザクラはよちよち歩きでこっちに戻ってきた。
「まじー?」
「うん。私たちよりは大きいよね。」
「そっか。俺オオバタンになるのが将来の夢なんだ。なれるかな。」
「なれるよ!」
弟のセキセイが羽を広げてジャンプした。
「ありがとう。なんか自信が出てきた。がんばるよ。」
コザクラの目はキラキラ輝いていた。今度は姉のセキセイがいじけ始めた。
「ねーねーオカメインコさんともおしゃべりしたいなぁー(>_<)」
「何度も言うけどオカメは恥ずかしがり屋だから…」
コザクラは困ってそうに羽を広げたり閉じたりした。
姉のセキセイはそっかぁと言ってオカメの方を見ていた。オカメは体が白くてほっぺは赤かった。
二羽のセキセイの姉弟はブルーのオパーリン種だった。オカメインコとはふいんきが少し違う。紫も混じった変わった色だった。
もちろん人間に買われていったもう一羽の弟のセキセイもそうだった。

57 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 08:49 ID:???
「こんにちわ」
オカメがしゃべった。コザクラと二羽のセキセイはびっくりして心臓が止まりそうになった。
「しゃべった!」
セキセイの姉はうれしそうにオカメの近くに走っていった。
「オカメインコしゃべれたんだ」
コザクラはびっくりした顔をしている。
「今まで一回もしゃべったことないの?」
セキセイの弟は餌を食べながら聞いた。
「うん。もう一ヶ月くらい同じケースにいるけどずっとはじっこで丸まってたよ。」
「オカメさん。なんで急にしゃべろうと思ったんですか?」
姉はリポーター気分でわくわくで聞いた。
「僕だってしゃべりたいときはしゃべるよ。でももうここを出ていくけどね…」
オカメはさびしそうにケースの天井を見上げた。同じようにセキセイとコザクラも天井を見上げた。
「白い紙が見えるよね?あれは僕が予約されてるっていう意味の紙なんだよ。つまり僕人間に買われたってことなんだ。」
「オカメさんはなんでそんなに詳しいの?」
セキセイの姉は首をかしげた。
「九官鳥さんに教えてもらったんだ。九官鳥さんはなんでも知ってるよ。あと人間の言葉が話せるし理解できる。僕も少し教わったから人間の言葉が話せるよ。」

58 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 08:50 ID:???
ところで>>1さんはどこいっちゃったんだろ?

59 :名も無き飼い主さん:04/08/16 21:03 ID:???
>>58
さー…楽しみにしてたのになぁ。

でもインコたんloveのもおもろいからがんがってねー
ってコテハンやめたんだっけ

お盆中で人少ないからコソーリage

60 :名も無き飼い主さん:04/08/16 21:10 ID:???
>>58
でもインコたんloveのはクソだからがんがってねー
ってコテハンやめて逃げたんだっけ?

荒しやったおかげで インコの人達にも排除されて。プッププップ〜w



61 :名も無き飼い主さん:04/08/16 21:17 ID:???
で、他人のフリしていまだにこそこそペ板に棲息してるんだっけ?

62 :名も無き飼い主さん:04/08/16 21:21 ID:???
自分で削除依頼もだせないセキセイスレのヘタレに比べれば、
コテハンを名乗るインコたんloveのほうがよっぽどまし。
きっかけを作ったのはインコたんloveだけど、戦線を拡大して泥沼化させたのはヘタレどもと荒らし。

63 :名も無き飼い主さん:04/08/16 21:24 ID:???
インコ共がヘタレなのは重々承知。
それに、荒されたら戦って泥沼にしてやるのがイスラームの教えでしてよ。

64 :名も無き飼い主さん:04/08/16 21:25 ID:???
俺はどっちの住人でもないんだけどね。

65 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 21:35 ID:???
   /\___/ヽ  ヽ
  /    :::::::::::::::\ つ
. |  ,,-‐‐   ‐‐-、,:::| わ
 |  、_(o)_,:  _(o)_, ::|ぁぁ
. |    ::<     ::|あぁ
  \  /( [三] )ヽ ::/ああ
  /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

66 :名も無き飼い主さん:04/08/16 21:49 ID:???
        n    人     人     n
       (ヨ )  (_ )   (_ )   ( E)
       / |  (__)   (__)   | ヽ   ウンコー
       \人/( ・∀・)∩(・∀・ )ヽ/  人
   _n    (_ )u    ( ⌒)   uu)∩_  (_ )
  ( l   (__)    ./,. 人     i ,,E)__)
   \ \ (・∀・ )   / /_)   ./ .ノ( ・∀・ )    n
    ヽ___ ̄ ̄  )   / /____) ,/ ./ ̄    \    ( E)
      /    /  / / ・∀・)  / フ     /ヽ ヽ_//
            (       /
             ヽ      |

67 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:12 ID:???
このスレどうやって見つけたの?

68 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:13 ID:???
インコたんのアホ小説を晒しアゲ。

上へまいりまーす

69 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:15 ID:???
>>68
氏ね

70 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:16 ID:???
氏ねってどういう意味?流行ってんの?

71 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:18 ID:???
うるせー馬鹿

72 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:24 ID:???
_| ̄|○

73 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:26 ID:???
_| ̄|○

74 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:27 ID:???
_| ̄|○

75 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:28 ID:???
_| ̄|○

76 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:31 ID:???
_| ̄|○

77 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:36 ID:???
↑インコたんが現在、必死になって最新投稿10から自作小説を消そうと
奮闘中!みんな、すごく良い小説だから頑張って最新50をクリックして

読破しろよな。俺はひとつも読んでないけど。

78 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:38 ID:???
  ||
 ∧||∧

79 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:41 ID:???
ワ━ヽ(=゚ω゚)人(*^ー゚)人(´・ω・`)人( ;´Д`)人(゚∀゚)人(゚д゚)ノイ

80 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:42 ID:???
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノ \ / \

81 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:44 ID:???
甘酸っぱくて香ばしい小説でつねw

82 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:46 ID:???
ヽ( ・∀・)ノ●ウンコー

83 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:47 ID:???
(´・∀・`)

84 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:48 ID:???
。゚・(ノд`)・゚。

85 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:53 ID:???
     ___
    /     \     ________
   /   ∧ ∧ \  /
  |     ・ ・   | <氏ねよおめーら
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ
    \____/

86 :名も無き飼い主さん:04/08/16 22:54 ID:???
照れちゃって、可愛いとこもありますね(アヒャヒャヒャ

87 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:55 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<もう生きてく自信ないし
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

88 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:57 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<ほんとはさー
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

89 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 22:59 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<完結してから
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

90 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:00 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<みんなに見せようと思ってた
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

91 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:01 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<もう
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

92 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:02 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<ふざけんなよって
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

93 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:02 ID:???
俺は応援してるぞ。がんがれ

つーか、先にまとめておいて、コピペで一気に貼れば良かったのに

94 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:03 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<言いたいんですけど
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

95 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:03 ID:???
可哀想な、インコたん。これもオノレの責任だと思え。地の果てまでも粘着
してやるからな。インコたんLove ◆caOq8oz09. この名前では生きてゆけぬと思え

96 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:03 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<まじで
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

97 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:04 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<反則でしょ
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

98 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:05 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<ってかんじなんですけど
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

99 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:06 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<ほんとまじで
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

100 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:07 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<氏にてー
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

101 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:07 ID:???
このまま1000まで行くか?それとも僕があなたの書いた未完の大作を
まとめて発表いたしましょうか。

握れ、みんなの前でペンを握れ

102 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:09 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<もう勘弁してください
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

103 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:10 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<ありえない
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

104 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:11 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<まじで
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

105 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:11 ID:???
インコたんLoveが恥ずかしがる理由を君達にも教えよう。
>>49 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/07/11 11:16 ID:???
ここから、奴はsage進行でコツコツ小説(メルヘン)を書いてたんだね。
>>55 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/09 19:25 ID:???
お久しぶりです
小説少し書いたよ。暇だったら読んでみてね
まあ、こういうアイドルちっくな発言もあったのだが気にはするな。

しかし>>59がageたおかげで晒しものになってしまったというわけだ。
分かったかな?

106 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:12 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<やめてください
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

107 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:12 ID:???
.   ヾヽ
.  (o;∀;)
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

108 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:19 ID:???
うぜぇ ぶっ殺す

109 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/16 23:21 ID:???
恥かかせやがって

110 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:24 ID:???
怒ってるとこもカワイイでつねw

111 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:24 ID:???
お前、なんか普通に恥ずかしがったりというその反応、ニセモノ臭いな

112 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:25 ID:???
分裂症ですね。

113 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:26 ID:???
情緒不安定

114 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:28 ID:???
        | | | | |.             |.||
       ) .  vヽ.          丿 ソ
        ヽ   ノ__.       _/___/
       ノ____ノ∵∴∵ヽ     /:∴/
      /∴∵/:(・)∴.(・)ヽ   /∵:/
      /∵∴/∵/ ○\:l  ./:∴/  >>インコたんLove
     /∴/:/:./三 | 三|:| /∵:/   そんな気にするなよ。
     /∵/:/∴| __|__ |:| /:∴/    元気出してね。
    /∴/:/ヽ.:|  === .|ノ:∵:/
    /∵/:く∴:ヽ\__/∵∴/
           ━(〒)━

115 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:28 ID:???
よし、インコたんLoveを慰めるオフをやろうぜ!

116 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:35 ID:???
インコたんLoveの小説結構面白いよ。
がんばってね。

117 :名も無き飼い主さん:04/08/16 23:42 ID:???
俺はインコ板の住人だがなんでそんなにインコたんLove擁護派が
多いのかわからんな。下らんものは下らん。

118 :名も無き飼い主さん:04/08/17 00:15 ID:???
素直になれよ。無理するな。

119 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/17 22:55 ID:???
>>1さんには悪いけどこのスレ埋めるから。

120 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/17 23:30 ID:???
なんかみんなありがとう。
>>115
おもしろそうだね

121 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 02:16 ID:???
埋めるぞバカヤロウ・・??!

122 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 02:27 ID:???
殺伐としたスレにバカヤロウが登場!

123 :バカヤロウ:04/08/18 02:27 ID:???
祭りだ・・?!テメーら!

124 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 02:28 ID:???
殺伐としたスレにインプレッサが登場!

125 :インプレッサ:04/08/18 02:34 ID:???
お前まじでうざい。
氏ね。

126 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 02:35 ID:???
殺伐としたスレにアイゴさんが登場!

127 :アイゴ:04/08/18 02:43 ID:???
あらあら。スレッドを無駄にしてはいけませんよ。このスレを立ててくださった
>>1さんに感謝してもっと有効にご利用くださいな。

128 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 02:45 ID:???
殺伐としたスレにインコたんが登場!

129 :インコたん:04/08/18 02:46 ID:???
.   ヾヽ
.  (o・∀・)<言うことは何もない
  ノ" )  )      
  彡ノ,,,,ノ
―〃-〃――――
  レ,,/

130 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 02:54 ID:???
     ___
    /     \     ________
   /   ∧ ∧ \  /
  |     ・ ・   | < 眠い
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ
    \____/

131 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 02:55 ID:???
     ___
    /     \     ________
   /   ∧ ∧ \  /
  |     ・ ・   | < メンヘルサロンは暗すぎなんだよなぁ
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ
    \____/

132 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 03:00 ID:???
     ___
    /     \     ________
   /   ∧ ∧ \  /
  |     ・ ・   | < 私ってどこの板でも嫌われる
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ
    \____/

133 :アソパソマソLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 03:29 ID:???
     ___
    /     \     ________
   /   ∧ ∧ \  /
  |     ・ ・   | <
  |     )●(  |  \________
  \     ー   ノ
    \____/

134 :ぼるじょあLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 03:30 ID:???
(・3・)アルェ〜

135 :モナーLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 03:34 ID:???
    ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ´∀`)< オマエモナー
   (    ) \_______
   | | |
   (__)_)

136 :プーさんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 03:39 ID:???
過疎板のほうが気楽でいいなぁ

137 :名も無き飼い主さん:04/08/18 05:25 ID:???
随分自分勝手だな
セキセイスレに小説貼ったら、そっちも埋め立てるのか?

138 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 06:20 ID:???
むしゃくしゃしていた。
スレなら何でもよかった。
今は反省している。

139 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 06:53 ID:???
他の板に引っ越す

140 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/18 07:19 ID:???
その前に西武で文房具買ってこよう

141 :玉春 ◆TAMA2d6Vzo :04/08/18 20:48 ID:iYZQ6eyQ
(*´д`*)あ・・・久しぶりに見にきたら荒れてる。。
1さん小説完成したらアタイのホムペに小説のっけてくれるってゆってたのに更新とまってるー(つД`)

142 :名も無き飼い主さん:04/08/18 20:57 ID:???
>>141
大丈夫だよ。インコたんLoveのクソ野郎は他の板に引っ越したから。
もう荒れないと思う。>>1さんの小説更新は気長に待とう。

143 :玉春 ◆TAMA2d6Vzo :04/08/19 10:43 ID:IF8JU0ge
(*´д`*)いんこたんさんの小説もオモシロイですよー
1さんにメール発射してみたした!書いてくれるといいな

144 :名も無き飼い主さん:04/08/20 02:25 ID:???
インコたんLoveが恥ずかしがる理由を君達にも教えよう。
>>49 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/07/11 11:16 ID:???
ここから、奴はsage進行でコツコツ小説(メルヘン)を書いてたんだね。
>>55 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/09 19:25 ID:???
お久しぶりです
小説少し書いたよ。暇だったら読んでみてね
まあ、こういうアイドルちっくな発言もあったのだが気にはするな。
しかし>>59がageたおかげで晒しものになってしまったというわけだ。
分かったかな?


145 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/08/22 16:04 ID:zhfwNgIu
お久しぶりです。
玉春さんから連絡もらい書き込みしました。
現在仕事が忙しく中々書く事ができませんが、読んで下さる方が一人でもいらっしゃるなら頑張ろうと思います。
有難うございます。

146 :インプレッサ ◆yXtMzlifuU :04/08/22 16:49 ID:98k3DXvg
>>1さん乙です!
おかえりなさいませ!

147 :名も無き飼い主さん:04/08/22 19:11 ID:???
よっしゃ>>1さんキタ━ヽ(=゚ω゚)人(*^ー゚)人(´・ω・`)人( ;´Д`)人(゚∀゚)人(゚д゚)ノ━!!!!

148 :名も無き飼い主さん:04/08/22 20:37 ID:???
インコたんの関係者はまともにスレ進行なぞ、できないと思え。
これも荒された怨み、霊のようにまとわりついて粘着してやるからな。

怨むならインコたんを怨め。フフフ

149 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/23 01:03 ID:???
      __     
    /_ /.| パフ〜ウ   パフ〜ウ
    |___|/    ワショーイ     ワショーイ    
 ♪0>(´∀`  )__
    O┬Oc )|豆腐| 豆腐いかがっすか〜♪
   (*)ι_/(*)

150 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/23 01:05 ID:i/nRxVUQ
私って嫌われてるの?正直にお願いしますm(;_ _)m

151 :名も無き飼い主さん:04/08/23 01:10 ID:???
他は知らないが、別に俺は嫌っちゃいないよ。

152 :インコたんLove ◆caOq8oz09. :04/08/23 01:15 ID:???
そうかそうか!よかった。スレ違いなので今度こそ去ります。

153 :名も無き飼い主さん:04/08/23 01:32 ID:???
>>150
んな事はない。叩いてるのはコテ叩き厨だから気にせず脳内あぼ〜ん汁


154 :名も無き飼い主さん:04/08/23 01:36 ID:???
        /イハ/レ:::/V\∧ド\
       /::^'´::::::::::::i、::::::::::::::::::::::::::::\
     ‐'7::::::::::::::::::::::::ハ:ハ::|ヽ:::;、::::::::::::丶
     /::::::::::::::/!i::/|/  ! ヾ リハ:|;!、:::::::l  
    /´7::::::::::〃|!/_,,、   ''"゛_^`''`‐ly:::ト    
      /|;ィ:::::N,、‐'゛_,,.\   ´''""'ヽ  !;K    
        ! |ハト〈  ,r''"゛  ,       リイ)|   
          `y't     ヽ'         //     
         ! ぃ、     、;:==ヲ   〃      >インコたんLove
         `'' へ、   ` ‐ '゜   .イ       去りますなんて悲しい事言うなよ
              `i;、     / l        また来てくれるよね。
                〉 ` ‐ ´   l`ヽ
            / !        レ' ヽ_
         _,、‐7   i|      i´   l `' ‐ 、_
     ,、-‐''"´  ノ,、-、 / 、,_ ,.、- {,ヘ   '、_    `ヽ、_

155 :名も無き飼い主さん:04/08/24 00:33 ID:???
エヴァヲタってまだ生きてたのかよ。
ここはオマエの居場所じゃない。さっさと巣に帰れよ。

156 :名も無き飼い主さん:04/08/24 00:42 ID:???
>>150
正直お前が事の発端だから、無茶苦茶嫌いだ。インコスレはもとより、ペ板から
去れ。そんで、死ね

157 :名も無き飼い主さん:04/08/24 01:07 ID:???
コテ叩き厨は、いつも同じことしか言えないのね。

158 :名も無き飼い主さん:04/08/24 01:50 ID:???
>>157
それが叩きってもんですから。頑張りますよ〜。
まともに進行できないようにねw

159 :名も無き飼い主さん:04/08/24 08:42 ID:???
煽りもいいけどさ、いつになったら小説はじまるの?

160 :名も無き飼い主さん:04/08/24 18:51 ID:???
はじめてもムダムダ。だってインコたんのお友達ばかりなんでしょ?

161 :名も無き飼い主さん:04/08/25 09:58 ID:???
>>1の小説の続き見たいage

162 :名も無き飼い主さん:04/08/25 10:00 ID:vM3kd34A
ってsageで書き込んじまった orz

163 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/09/17 10:45:18 ID:???
「お義母さん、ベンの散歩は私がしますから。」

恵子の言葉にウメはぶっきらぼうに答えた。
「いいよ。こりゃ私が好きでしてるんだからね。ベンはかわいいさ。」

恵子の言葉が親切心から出ているものではない事はウメにはわかっていた。
ベンの散歩の最中に近所の奥様方に止められて、嫁(恵子)にいじめられている
のかと何度か聞かれたことがあったからだ。
恵子は娘(美香)の登校拒否に気をもんでおり、毎日ぴりぴりとしてベンにあっ
たっていた。
先日の雨の日だってベンを家に入れなかったのをウメは知っていたのだ。

(ベンには何も罪はないのにねぇ。かわいそうに。。)

人間達の心中の闇を察することのないベンは二人の言い争いの真ん中で
無邪気にしっぽをふる。
その姿にさえ恵子は苛立ちをおぼえつつあった。

164 :1 ◆2LEFd5iAoc :04/09/17 10:46:00 ID:???
美香が散歩を拒否し、登校拒否になってから半年がたとうとしていた。
季節は冬になり窓は結露した滴で曇っていた。
何度か美香のクラスメイトがたずねてきた事もあったが、
美香は会う事を拒否しつづけた。半ばやけになっていたのもあった。
美香は明るく人気者だっただけに、クラスメイトから反発がことのほかこたえたの
だ。

美香は生活のほぼ大半を家ですごすようになっていたが、ベンの散歩に行く事は
全くと言っていいほどなくなっていた。
ベンと仲良く散歩に行く祖母のウメとも会話がほとんどなくなっており
ウメとうまのあわない恵子も あえてその状況にあまんじていた。
恵子が唯一ウメと顔を合わせるのは、ウメの洗濯物を離れのプレハブにとりに行く
時ぐらいだった。
毎日のご飯は稽古が昼にプレハブまで届けに行き、
また、恵子と顔をあわせたくないウメは ご飯をここにおいてくれと言わんばかり

プレハブの部屋の入り口に小さな扉を作った。
まるで刑務所の囚人のご飯のように、そこから毎日食べ物が届けられていた。

もとから人付き合いが上手ではなかったウメは 一人になる事がさほど辛くはな
かった。
ただ、最近は足腰が弱くなりベンの散歩も楽ではない。
散歩の距離が縮まれば縮まるほどベンの無駄吠えも多くなり、近所から苦情がこな
いかと
ひやひやすることが多くなった。

165 :名も無き飼い主さん:04/10/20 20:05:49 ID:cBhdgVIV
保守あげ

166 :名も無き飼い主さん:05/01/08 09:52:35 ID:MAfS+KOy
期待保守あげ

167 : ◆2LEFd5iAoc :2005/04/11(月) 18:43:26 ID:???
bu-hi-

168 : ◆2LEFd5iAoc :2005/04/11(月) 18:44:45 ID:???
あげあげ

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)