5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

石川数正が寝返ったらしいけど

1 :無名武将@お腹せっぷく:2005/04/21(木) 02:04:38
本心から裏切ったのでは無く
秀吉を内部から押さえる為というのはホント?

36 :無名武将@お腹せっぷく:2005/06/19(日) 00:06:16
>>35
三河衆は、「おおむね」、戦国武士の中でも特異だったんじゃないの?
三河一向一揆のエピソードはわりと有名だし、対武田戦でも三河武士の働きは異色といってもいい。
姉川の戦いだって、普通は援軍てのは総じて戦意が低いものだが、
わざわざ遠路駆けつけて、朝倉勢を押し返すほどの働きを見せたわけだし。
他国の家臣団と比べると、割と忠義を重んじていたんじゃないかと。

その異色集団三河武士のなかでも、わりと当時としては数少ないまともな戦国武士の感覚の持ち主が、石川数正だったのでは、と。

石川数正が秀吉に好条件で誘われたのは事実だろうけど、
なぜ、その時期に、秀吉の、引き抜きに応じたか、という問題がある。
今川からの独立、織田家への半従属的な同盟関係と過酷な対武田戦。
その苦難の中、三河武士の多くは出奔もせず、引抜にも応じず、それは数正とて例外ではなかった。
それが、小牧長久手の後になって、出奔した、そのタイミングと政情・環境に、大きな意味がある。

陰謀の阻止か、とにかくやってられなかってキレたのか、とにかく数正が出奔した後も、
三河武士は、戦国期としては異常とも言える情熱で、忠義を尽くし続け、
むしろこうした三河武士の在り方が発展したのが、江戸時代以降の武士像ではないかともいえるのでは?
ひょっとすると、徳川幕府が成立していなければ、後世の武士像はまた違ったものになっていたかもしれない。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)