5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

時計雑誌を語れ!リターン

1 :Cal.7743:05/03/01 00:29:13
この雑誌はどうだ?とか、今号の記事はどうよ?とか語るスレ。
時計雑誌全般つーことで。

あとNikaの活躍を生暖かく見守ったり。

過去スレ
時計雑誌について語るスレッド
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/watch/991398469/
時計雑誌について語るスレ 第二号
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/watch/1038658301/
時計雑誌について語るスレ 第3号
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/watch/1062736922/

2 :Cal.7743:05/03/01 00:30:53
2 get

3 :Cal.7743:05/03/01 00:42:07


4 :Cal.7743:05/03/01 01:22:35
直近だと何が発売なんだ?

5 :Cal.7743:05/03/01 12:19:19
週間プレイボーイ

6 :Cal.7743:05/03/01 12:19:34
週間少年ジャンプ

7 :Cal.7743:05/03/01 12:48:06
雑誌はロレックス偏向主義をなんとかしてくれ。

8 :Cal.7743:05/03/01 12:50:19
新刊 http://www2.strangeworld.org/uedakana/sahra6138.jpg

9 :Cal.7743:05/03/01 18:58:49
   〃'´⌒ヽ
  ★( ノノハ))                 ・゚・。  ガッ
  ノハ)、 ゚ ーノ_               。゚・。・。゚・⌒)∧_∧∩
  (ノ)リ   Y   ]つ        ― _ ̄- ━ヽ二二フ) `Д´)/>1
   ~〉.j  : 〈 ̄                       〉     /
   O,ノ_:__|
    ノ ノ| │
   ト、_,)ト、_)

10 :Cal.7743:05/03/01 18:59:17
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   |
     |        | ∧  ∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   |
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |
                        |

11 :Cal.7743:05/03/01 19:00:00
  (  ) ジブンヲ
  (  )
  | |


 ヽ('A`)ノ 
  (  )   トキハナツ!!!
  ノω|


 _[警] 
  (  ) ('A`)
  (  )Vノ )>>1
   | |  | |

12 :Cal.7743:05/03/01 19:00:22
_[警]      ターン
  (  ) ;y=ー            ヽ('A`)・ノ∵.
  (  )V               ( ) >>1
  | |                ノ |

リカイフノウナノデシャサツ

13 :Cal.7743:05/03/01 19:01:24

    ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< >>1は氏ねばいいと思います。
_  / /   /   \  
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\  \_______________
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| 
    .||          || 

14 :Cal.7743:05/03/01 19:39:22
    流石ですなお客様。       なかなか快適ではないか。
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄      ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄
               [(・∀・)]_]
            __|.J-TAXI.|_|________________
           /───────./,────ヽ--─-─-- -─---.ヽ
         ,//■\        //|   ∧_∧ | ∧_∧ ||∧ ∧ ヽヽ
       ,/ (´く_` ) __   ///|.  (´く_` ) |. (´く_` )||(゚Д゚ )  .ヽ|<座り心地いいな。
      _∠_ ⊆⌒⊆ )  |賃走|__//_|ニ)_(____) |_(___..)||___)_|_|
    /     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ //ジ/|/エ//ン//営|団//タ//|ク//シ//ー.|
  //_______  / ノ/ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄⊂⊃|⊂⊃ ̄ ̄/_ロ  .\_|
 / //======//_ / ____|         _|     //_____|
 | ̄ └[ あ7743 ]┘ ̄ ̄  /;;;;;;;ヽ  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄/;;;;;;ヽ     ノ三三三三
 |二|└────┘ |二)_.|_|::(∴)::|_|_____|___|::(∴)::|____ノ三三三
  ̄ ̄ゞゝ;;;;ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞ_ゝ__ノ     ゞ;;;;;;ノ      ゞゝ:_ノ三三三三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

15 :Cal.7743:05/03/01 20:52:46
時計ビギソに新インジュの写真が載ってた。

16 :Cal.7743:05/03/04 23:01:34
ビギソって最低な雑誌だな。公害です

17 :Cal.7743:05/03/05 01:18:41
ビギソ買ってる時点でお前はシロートの負け組だな

18 :Cal.7743:05/03/05 01:22:34
>>7
雑誌だって商売ですので売れる特集を組まねばなりません。
まずはあなた方がロレックスに興味を持つのをやめてくれたら、
偏った特集も減るのではないでしょうか。

19 :Cal.7743:05/03/05 01:54:19
>>18
ここ数年でブラやパネ、インターなんかに各誌力入れてたんだよ。
だけどいかんせんその辺りのネタも飽きられてきつつある
のでBUCK TO THE BASICってのが現状。オレはI.W.Wか世界の〜
しか買わないな〜

20 :Cal.7743:05/03/05 02:02:19
結局バイヤーズガイドにもなりきれないカタログ本ばかりだから飽きられるのでわ?
時計をアカデミックに捉えることができない読者と書けないライターの産物。

21 :Cal.7743:05/03/09 04:28:52
ひどいのになると半分近くが並行の宣伝なんてのもあるし・・・



22 :Cal.7743:05/03/09 08:25:48
軸がブレるニッカのコラムを読まされるよりはマシ。

23 :Cal.7743:05/03/09 15:50:55
アンティーク大特集たのむ。

24 :pamp ◆0K.UaJdCz2 :05/03/09 16:46:06
ヲッチアゴーゴーってもう売ってないの??
 好きだったのに、最近みないけど。。

25 :Cal.7743:05/03/09 16:59:29
懇意にしてるヤー使って聞いてみたら?

26 :Cal.7743:05/03/09 17:00:38
>>21
ほとんどの雑誌がそうですね。

27 :Cal.7743:05/03/09 17:01:48
>>24
まいど!大阪花粉ひどいんちゃうの?GO-GOはもう廃刊やろ〜

28 :Cal.7743:05/03/09 17:04:46
まいど!大阪で場所を無料で提供しようとしてくれた人をシカトしたのは何故ですか?

29 :Cal.7743:05/03/10 18:43:10
今出ている雑誌で買うならどれかな?

30 :Cal.7743:05/03/10 18:45:28
ビギソくらいだろ。

31 :RIP SLIME:05/03/10 18:50:15
RIP SLIMEの DITAの時計してました。東京での取り扱い誰か教えてーーーー!!

32 :Cal.7743:05/03/10 19:26:33
セブンイレブンに置かなくなったね。

33 :Cal.7743:05/03/10 21:32:39
季刊アンティークス買ってる香具師いる?

34 :pamp ◆diEk0iTtGI :05/03/10 21:35:56
あふぉな雑誌に千円出すなら、千円の時計1個買ったほうがまし。。
 雑誌名は出さないが、、

35 :Cal.7743:05/03/12 14:56:57
pampはレスしなくていいYO!

36 :Cal.7743:05/03/12 14:57:29
わかった。。

37 :Cal.7743:05/03/12 14:58:42
ゴーゴーってなくなっちゃったの?

38 :Cal.7743:05/03/12 15:12:39
だいぶ前に廃刊になりますた。

39 :Cal.7743:05/03/13 16:31:13
寂しいね。

40 :Cal.7743:05/03/13 19:17:50
時計板も廃止だな。

41 :Cal.7743:05/03/13 19:25:53
dui

42 :Cal.7743:05/03/14 20:26:41
バーゼルでこれから
一番盛り上がる時期だぞ!

43 :Cal.7743:05/03/14 22:08:56
盛り上がっても雑誌買うようなヤツは実物を買うカネの無いヤツばっかだし

44 :Cal.7743:05/03/14 22:12:12
>>42
最近では時計専門誌じゃなくてファッション系雑誌の方が扱いがでかいよな。

45 :Cal.7743:05/03/15 02:51:10
ロレックスばっかりで楽しめない・・・

46 :Cal.7743:05/03/16 23:24:24
アンティーク専門の雑誌希望。

47 :Cal.7743:05/03/17 00:34:16
時計専門誌の内容
カッコよく決めたいならロレックス
換金率ならロレックス
ステータスもロレックス
もてたいならロレックス
しかし、ロレックス
つまり、ロレックス
やっぱりロレックス
結局ロレックス!

48 :Cal.7743:05/03/17 00:35:50
>>47
当たり前じゃ。時計雑誌の編集長は日本ロレックスからの出向だもん。

49 :Cal.7743:05/03/19 13:25:12
嘘を書くな嘘を。

50 :Cal.7743:05/03/19 13:42:49
ケアーズのオンリーアンティークスだっけ?
あれって売れたのかな。

51 :Cal.7743:05/03/20 18:15:25
買ったよ

52 :Cal.7743:2005/04/02(土) 13:49:34
どうだった?

53 :Cal.7743:2005/04/21(木) 01:05:25

    DIME 09号 発売中

  綴じ込み別冊 44ページ
  全国正規販売店26店舗ガイド付き
  世界の腕時計2大見本市 バーゼル・ワールド/ジュネーブ・サロン発表
  2005新作腕時計78ブランド・109本 最新図鑑

54 :Cal.7743:2005/04/21(木) 22:39:17
>>53
今んところバーゼル報告は、その雑誌だけかな。

55 :Cal.7743:2005/04/21(木) 22:43:09
69

56 :Cal.7743:2005/04/21(木) 23:12:07
ケアーズ本は今まで日本で発売された本の中で1番と断言できる
俺はクロノ腕時計一本も持っとらんが

57 :Cal.7743:2005/04/25(月) 17:09:01
>>18
DIME 09号の綴じ込み別冊に
載ってたけど、その新作42mm
パシャってのはJL社と共同開発した
オートマが入っているらしい。

58 :Cal.7743:2005/04/25(月) 17:10:04
>>57は誤爆。すまん。

59 :Cal.7743:2005/04/25(月) 18:57:01
http://kur0nek0.web.infoseek.co.jp/obon/04/index.html

60 :Cal.7743:2005/04/25(月) 19:59:10
↑踏むなよ、うるせーぞ。たしか昔オカ板で見かけたような、

61 :Cal.7743:2005/04/26(火) 17:24:33
>>54
今出てるメンズ系のファッション誌に幾つか載ってるけど
DIMEのほうがページ数は多い。

まあ来月に出る雑誌には、それなりに充実した特集を
組むものと思われ。

62 :Cal.7743:2005/05/04(水) 17:38:39
>61
「ラピタ」6月号
http://www.lapita.net/hotline/0506/new.html
スイス時計見本市の動画も期間限定で見ることができる。

63 :Cal.7743:2005/05/08(日) 00:56:09
>61
「月刊ブランドバーゲンMens!」6月号で
31ページに渡るバーゼル特集が載ってるぞ。

64 :Cal.7743:2005/05/11(水) 00:59:49
>61
「MEN'S CLUB」6月号
各メーカー新作を20ページほど特集。そして本年バーゼルフェアを
時計ジャーナリストの渋谷康人が総評。
またF.P.ジュルヌ、アラン・シルベスタイン、ヨルグ・イゼックら
10人の業界人にアンケートを実施。

65 :Cal.7743:2005/05/11(水) 19:54:27
いろんな雑誌で販促活動に必死なセイコーですが
あれがコストを押し上げているんじゃないでしょうか?
それもこの板ではセイコー忠さんが全てブチ壊してしまいますが。

66 :Cal.7743:2005/05/15(日) 20:59:45
http://piv.pivpiv.dk/

67 :Cal.7743:2005/05/16(月) 01:13:12
TIME SCENEの5ってもう出た?

68 :Cal.7743:2005/05/17(火) 12:21:23
「世界の腕時計」No.75発売(¥2100)
特集は3つ。セイコークレドールと、第33回バーゼルワールドと、ハンハルトと
チュチマのドイツ時計レポ。

でもバーゼルのレポが目当ての人は今月下旬発売の「ウオッチデザイン」No.3の
2005バーゼル特集号(¥1600)を期待したほうがいいかもな。
もしくは7月16日発売のNo.76号で。


69 :Cal.7743:2005/05/17(火) 12:23:01
「Watch BEAT」VOL.17発売(¥560)
ロレ特集と、デュフォーのシンプリとハルディマンのH2の現地取材レポが充実している。
バーゼルの最速情報は、最速と謳うだけあって、まあこんなもんか。
7月16日発売のVOL.18号に期待したい。

ところでその成美堂出版から6月16日に「Watch BEAT+PLUS」という新雑誌が
創刊される(¥1200)。
そのVOL.1の特集として「マニュファクチュールブランドの世界と2005年トゥールビヨン
マイスターの競演」とやらが組まれるそうだ。

70 :Cal.7743:2005/05/17(火) 12:24:06
「Begin」7月号の“最強の時計を決める緊急座談会”とかいう企画ページが糞つまらん。
編集部の中村重樹、ライターの吉田巌、時計Beginの植田博之ら三人がその座談会の
メンバーなのだが、話の内容は時計の雰囲気とかデザインとかを語るだけの素人然とした
白痴会話。で、こいつらが一致して決めた最強時計はロレのチェリーニ・ダナオスだと。
しかしそもそもこんな無名の連中が何を言っても説得力ゼロだろ。

71 :Cal.7743:2005/05/17(火) 12:24:38
>>67
それは6月29日に発売 だそうだ。

72 :Cal.7743:2005/05/17(火) 13:14:02
トゥールビヨンいいかげんに飽きた。

73 :Cal.7743:2005/05/17(火) 18:02:56
KENTEX代表の橋本憲治が中国産トゥールビヨンを商品化しますね。
http://www.kentex-jp.com/whats/message/14.html
市場では、この機構がまだ飽きられてないと見込んでのことでしょう。

しかしこういう廉価なタイプのものは、人件費以外にどこをコストカット
しているのか、高額なモノとどう違うのか?そういう深部を時計誌は
レポートして欲しいね。・・・って無理か。

74 :Cal.7743:2005/05/17(火) 21:12:51
ウオッチビート
ロイヤルオークとかのことを書くんなら買ってからかけや
全然面白くない

75 :Cal.7743:2005/05/17(火) 21:20:01
時計雑誌の記事に期待してはいけません。
あれは写真を眺めて楽しむだけが良い。

76 :Cal.7743:2005/05/17(火) 21:22:33
おっさんのヨタ話だけでページが埋まってしまい、
それでも発刊できる時計雑誌。

時計趣味自体がそんなレベルなんだから仕方ない罠。

77 :Cal.7743:2005/05/17(火) 21:38:56
つ ま ら ね え ー

78 :わかば ◆r7Y88Tobf2 :2005/05/19(木) 12:30:28
暇だからバーゼル特集の雑誌でも買ってくるか。

79 :Cal.7743:2005/05/19(木) 16:58:39
「クロノグラフ大全 Chronograph」(カーマガジン7月号増刊 ネコ・パブリッシング)は
これを初心者入門編と見なすと、まずまずの出来。全68ブランド 574本のモデルを
美しい写真と、歯が浮きそうなくらい陶酔に満ちた誉め言葉で収録されている。

でもモントル・ジュルヌ・ジャパン・セールスディレクターの飛田直哉の話だけは、ちと
面白い。値段は¥1800−

80 :Cal.7743:2005/05/19(木) 19:22:59
クロノグラフもいいかげんに飽きた。

81 :ロレジウムしてカップ麺 ◆IFfUBhyMew :2005/05/20(金) 05:05:59
下旬にはいるといろいろ出ますかね

82 :Cal.7743:2005/05/20(金) 07:54:59
ヲチビート巻末の各店の品揃えで自ずとランク付けできるわな
出してないところが大関、横綱か

83 :Cal.7743:2005/05/23(月) 11:45:18
雑誌見ても欲しい時計が全くない。


84 :Cal.7743:2005/05/23(月) 18:45:12
>>74
なぜ?

85 :Cal.7743:2005/05/23(月) 18:46:45
>>70
禿同
読んでて不愉快になるねー

86 :Cal.7743:2005/05/24(火) 21:01:51
今日は豊作だったね。
でも、つまんね

87 :pamp ◆diEk0iTtGI :2005/05/24(火) 21:36:35
なんか、雑誌ならではの記事って
 見かけ無いよな〜、、もうLEONのがマシ!!
  WEBLOGで充分だわ。。

88 :ロレジウムしてカップ麺 ◆IFfUBhyMew :2005/05/26(木) 05:48:22
時計に関する西原理恵子の漫画の復活をきぼ〜

89 :Cal.7743:2005/05/27(金) 16:15:14

TARGET vol.3で7ページほどの特集。
あんま大したこと無い。カタログにもならない。

Get Navi 7月号は8ページの特集。しかし見るべき物はない。

TITLE 7月号で16ページの特集。さして良くない。カタログにもならない。

HUGE 7月号で14ページほどの特集。
何てことのない中身。写真は大写しが多い。
ピエール・クンツ、オズワルド・パトリッツィ(アンティコルム会長)、
ブルーノ・ベラミッシュ(ベル&ロス)ら三者に小取材。変な人選。

BRIO 7月号で40ページ弱の特集。
まあ普通。写真も文章も普通としか言いようがない。
エルウィン・サトラーとカリテ・フルーリエの小取材も普通。
しかし最悪なのは最後の感想のページ。中途半端な批判をしながら
パテとパルミジャーニを持ち上げる。結局何が言いたかったのか曖昧。

90 :Cal.7743:2005/05/27(金) 16:15:58

UOMO7月号で33ページの特集
UOMO誌ウォッチディレクター伊井正紀×服飾史家の中野香織の対談は
素人臭くて駄目。ゼニス、デュブイ、ピアジェの小レポも駄目。
但し、グラスバックのモデルは可能な限りその写真を載せているのが救いだな。
尚、FPジュルヌのスヴランのグラスバックのそれは迫力ある大写しで良い。

Esquire 7月号は72ページもの別冊特集。これが現在のところ最大分量。
だから掲載されるモデルも一番多い。しかしその中身は小さな写真ばかりで残念。
業界各人のインタビューも内容が乏しい。

Straight 7月号は30ページの特集。まあまあの出来。てか普通。

ENGINE 7月号は時計ジャーナリストの菅原茂と渋谷康人、そして本誌
編集長の鈴木正文で、7ページの鼎談で特集。
あれいい、これいいと、多幸症めいたガキっぽい話に終始する。
三人お勧めの低価格帯モデルも、主にデザインとブランドで語るのみだから
中身スカスカ。それから他に6ページを使って鈴木がバーゼルのルポルタージュ。
いまさらこんなことやってもなあ・・・。

WATCH NAVI  Vol.18
データーが分かる物はきちんと表記されているのがいい。径とか
厚さとか。これって結構重要なんだよな。それから特殊モデルの構造を
図解しているってのは時計誌ならではだな(尤もそこに批評性は無いが)。
しかし徳大寺有恒×磯貝吉秀、桜庭和志×平岡英人の二つの対談は
頂けない。

91 :Cal.7743:2005/05/27(金) 17:05:14
なかなかいいぞ。
その調子で切ってくれ。

92 :Cal.7743:2005/05/27(金) 22:00:33
ウォッチビート
独立時計師(アルデマンだけ)特集だけでも値段の価値あり

93 :Cal.7743:2005/05/28(土) 00:02:45
まだまだ腕時計王、マンスリーmもあるぞ。

94 :Cal.7743:2005/05/28(土) 01:02:19
パワーウオッチもお願いします、

95 :Cal.7743:2005/05/28(土) 03:29:25
タイムシーンは出た?

96 :Cal.7743:2005/05/28(土) 15:47:38
漏れは各メーカーのエクゼクティヴの写真を見てファッションチェックするのが好き

ティエリー・スターンはだいぶマシになってきた
前は酷かったな シャツの袖長すぎたりとか

もう一人のティエリー、ナタフは相変わらず飛ばしてるね
自分を時計のディスプレー台と化してるのは偉い
レポートするなら世襲ボンボンよりこういうCEOのほうがイイ

ビバーとかハイエク翁はもう上がりの人だから何着てても許されてる

97 :Cal.7743:2005/05/29(日) 02:04:20

Best Gear 7月号は3ページの特集。
とりあえず新作時計記事でも載せとけという感じの内容。センス悪い。

MONTHLY m 7月号は35ページの特集。
各モデル紹介そのものは大したことない。ていうか写真大写しと、そうでない
ものとの区別が恣意的っぽいのがちょっとね(しかしその怪我の功名なのか、
IWCポルトギーゼF.A.ジョーンズの裏の写真で、それが18石ということが
判明したことは個人的に良かった。他誌は皆、小さい写真だったからなあ・・・)。
カリテ・フルリエの小レポは駄目(BRIOは2ページ取っていた)。
惜しい!と思ったのはそれとページを分割される扱いを受けていた新ブランド、
クストスのサスーン・シルマケスである。こればっかりはもっと大々的に取り扱う
べきではなかったのか。あの悪名高いヴァルタン・シルマケス(この人物を擁護
するのは松山猛とDr.Kぐらいだろう)の息子にして、まだ21歳なんだから話題性
は十分あったと思う。もう少し突っ込んだ取材をしてほしかった。

ブランドBargain 7月号は4ページの特集。
これは>>63のレディース版。
ここではやはりジュエリー時計が目立つ。しかしその内容は、新作時計の魅力
を十全に伝えているとは思えない。まあ平行品に質流れ品を扱う店を礼賛する
この雑誌においては、新作時計が不憫な扱いをされるのも、むべなるかな。

marie claire 7月号は20ページの綴じ込み付録で特集。
その冒頭に香山知子の雑文。そこで歯の浮きそうなくらいのフェミニンらしさを
全開にしてるけど、これは読者に媚びを売ってるようにも見えるのが可笑しい。
しかし此奴は時計取材を始めて20年も経ってんのか。長いな。もう十分だろ・・・。
そろそろ後進に道を譲って、隠居したらどうだい。
モデル紹介の割付は整然としすぎていて、お洒落ではない。また写真が小さい。
ただ、そこに添えられた説明文は、まあまあ読めるレベル。

98 :Cal.7743:2005/05/29(日) 02:06:49

FIGARO JAPON 6/5号は8ページの特集。
ジュエリーきらきらとパステルカラーに彩られたモデルを魅力的に見せている。
しかもこれ、径の分かる物はちゃんと表記されているから侮れない。
このように使用想定者の立場を思いやる誌面の作りには好感が持てる。
ページのレイアウトはポップであり、お洒落である。

ELLE JAPON 7月号は59ページの別冊(内、特集は29ページ)。
この雑誌は(極一部のモデルを除いて)径の表記をきちんとしているのが素晴らしい。
こういう地味なデーターを抜かりなく載せているのは、時計への敬意が感じられる。
各モデル紹介の割付は余裕を持たせた作りで見やすい。またランゲ1リトルのピンク
MOPダイヤルとかフランクのジャンピングアワー・トゥールビヨンとかに並んで(この種の
海外資本雑誌には珍しく)、セイコーにもページを割いているのは好感が持てる。
女性誌ではこれが一番いいんじゃないのかな。

Gentry 7月号は>>64と寸分違えず同内容で16ページの特集(アシェットは
人材不足なのであろうか?だからといって読者軽視の手抜きはいかんよ)。
モデルの紹介は可もなく不可もなく、といった感じ。渋谷康人のコメントはつまらない。
業界各人十氏へのアンケートの中では、F.P.ジュルヌの回答のみが注目に値する。

腕時計王 Vol.25は34ページの特集。
各モデルの割付が狭い。これではまるで、露天商の店先に並べられたガラクタを
見ているようなものである。もうひとつの特集のダイバーズ各モデルの紹介は、
イメージ操作の過剰性が鼻につく。寧ろP130-137のオールドムーブ一覧のほうが
(こういうのはマンネリではあるが何度もやっていいのだ)、好感が持てる。

99 :Cal.7743:2005/05/29(日) 02:07:29

POWER WATCH No.22は20ページの特集。
取り立ててどうとも言えない内容。大したこと無い。例えばスピークマリンに「詳しい
話」を聞いた結果が、たったの一ページのみというのが情けないのだ。ここんちの
編集部員はコミュニケーション能力に欠けているのであろうか?
新旧ウォッチ対決とやらは主に外観の差異を見ただけの、中学生夏休み宿題レベル。
ロシアン時計特集も同様。大安堂、栗ちゃんの文章は、「辛口」どころか無味に近い。
甘栗ですらない。例えば「この構造を参考に現在も販売している会社」名を明らかに
しないのは何故なのか。それがパテックということぐらいは誰でも知っているのに。

100 :Cal.7743:2005/05/29(日) 02:08:36
>>85
遅ればせながら、どうもです。同意して頂けてうれしい。

>>91
ありがとうです。また色々と上記のごとく書いてしまいました。


101 :Cal.7743:2005/05/29(日) 02:10:52
>>95>>71

102 :91:2005/05/29(日) 02:45:42
このレポートをまとめると、
一番いいのが、ウォッチナビか、ブリオということかな。
その次点くらいがマンスリーmか。
女性誌ならエルジャポンのようだな。
明日よく見てみよう。

個人的にはマンスリーmかな。
ブランドを欲張りすぎているが、ポイントをついているとおもう。
ロドルフがフランク・ミュラーグループ入りするとか、
スペックだけでない生きた情報だと思う。

103 :Cal.7743:2005/05/29(日) 18:06:13
>>101

お疲れ。
まあ、今月はだいたい出揃ったみたいだな。
やっぱ広報写真を使ってページを作っているところは
熱意を感じられない。
少々見栄えかっこ悪くても、広報写真とは違う角度から
見せてくれたら、行った価値があると思う。
ただ、わざわざ行ってエスクァイアみたいに
ほとんどが正面切抜きではだめだね。

で、話は変わるが、今年の話題の時計はナンだと思う?
やっぱオーパス5か?


104 :Cal.7743:2005/05/30(月) 13:46:14
レオンは来月に時計特集発売だな。
ゼンマイおやじはどうでるかな?

105 :100:2005/05/31(火) 01:01:08
>>102
そうですね。現時点でデーター重視をするならば、WATCH NAVI  Vol.18が
優れているでしょう。でもビジュアル重視するならばUOMO7月号とかも悪くはない。
しかしお目当てのモデルに特化した記事と写真のみを望むのなら、その選択は
おのずと変わってきますよね。
だからまあ何でもいいんですよ(w
ぼくが思うにフェアの特集記事なんてのは現在、時計専門誌と一般誌のそれを
見比べてみても、その違いは五十歩百歩なんだから、複数誌からの相互補完で
知識欲と好奇心を満たしていけばいいのではないかと。

それにしても不思議なのは、これだけ時計情報が誌面を彩る時代でもあるのに、
どこの出版社も何故、フェア取材だけに特化したムック本を刊行しないのか、
ということです。

106 :100:2005/05/31(火) 01:02:25
>>103
超能力者ですか?実は101もぼくのレスだったんですよ(w
それはともかく、オーパス5ですか。あれは素人目に見ても凝った構造を有して
いますよね。あんなのよく考えるよスゲエ!という感嘆。しかしあのサテライト・
アワーとやらは、F.バウムガルトナーが製作したというだけあって、ウルヴェルクの
面影がそこはかとなく感じられるのが一興ですね。そして複雑さを追求するのは
トゥールビヨン以外にもあるのだという別種の発想をも知らしめてくれる。
個人的に面白そうだと思ったモデルは、T.プレシャーのダブルレトログラードかな。
これは竜頭の凸部を押すと時分針が動き出すオートマトンも兼ねているそうですから、
その無意味で即物的な(そして視覚的に楽しい)動きには笑えると思う。
まあ似たようなものは昔にも複数ありましたが。
それからヴァルカンのキングコングかな。これにトゥールビヨンは余計なものだと正直
思いますが、アラームをワイヤーゴングで鳴らすという小技に興味をそそられます。
音質がそれにより通例のアラーム音と違い、どこまでクリアに変貌しているのかなと。
他に、クリストフ・クラーレは個人的に注目している時計師です。
今年のビ・ザ・トゥールビヨンはデザインが散漫でちょっと残念でしたが、でもシャッター
式のダイヤルを持つミニッツリピーターは独自の美学が貫かれていて、これはいい。

しかし何のかんのと言いつつも、どれもこれも気安く購入できる価格ではありません(w
他にも面白そうなモデルはありますが、キリがないのでこのへんで。

107 :Cal.7743:2005/05/31(火) 14:45:08
ウオモはデザインはまあまあだが、
文章を読んだら、たぶん一番面白くない特集だと思うが。
クラーレは、すごいかもね。
どっかの雑誌に、クラーレは今年ルロックルにトゥールビヨン御殿を作ったという記事が載っていた。あとは上記にも載っているようにドゥ・ラクールのトゥールビヨンも作ったみたいね。でも、現物はどこも写真を押さえていないね。6月に完成するらしいよ。

108 :Cal.7743:2005/05/31(火) 14:46:51
LEON>>>>他の雑誌

109 :Cal.7743:2005/05/31(火) 15:52:16
なにげに良スレで驚いた

110 :Cal.7743:2005/05/31(火) 16:59:38
>>108
レオンはまだ出てないのに、一番上ということはない。
むしろ、一番後に出るんだから、それなりの出来でないと
クライアントが逃げていくぞ。


111 :Cal.7743:2005/06/02(木) 01:52:37
タイムシーン、レオンに期待

112 :Cal.7743:2005/06/02(木) 22:33:31
自分は時計初心者だから腕時計王が解説とかあってなかなか勉強になるんだけど
他にもい雑誌ってあんのかな?

113 :100:2005/06/03(金) 00:20:26
mono モノマガジン 6-16・No.519は25ページの特集、全138本。
各モデル径表記は満遍なくされている。しかし写真は小さいものが殊更目立つ。
グラスバックのそれは数が少ない。5つのキーワードで読む新作時計の傾向と対策
という企画は余計なお世話。面白くもない見方を指示しないでもらいたい。
それから本誌が認定(?)した芸術品として一括されたモデルがたったの六つとは
余りにも寂しい。いくら何でも、もう少しあるだろ。見る目ないね。

時計Begin vol.40は107ページもの別冊付録。151ブランド、497本もの収録数を
誇るこれは現在のところ最大分量である。これぞ時計専門誌の面目躍如と言える。
とはいえ各モデルの写真は小さいものが目立つ。グラスバックのそれは更に小さい。
これではその魅力は写らない。分からない。またデータ表記は甚だ官僚的である。
径表記はある程度されているとはいえ、それが角型だと縦サイズが記されてなかっ
たり、レディースモデルに至っては刺身のつまといった扱い。これが専門誌の
やることか。インホルゲンタのページも不十分極まりない。
次に本誌。ダンディーとか硬派とか、その命名が恥ずかしい。
IWCの新旧対決とやらは少量のページなのが残念。ムーブ解説の簡素さも残念。
中野カンフーの漫画は毎回描き込み少ない。ともあれ背景の白っぽさがストーリー
の空疎さにマッチしているのはお似合いだ。小沢コージのF.P.ジュルヌへのインタ
ビューは、聞き手の無教養を晒すだけの酷いもの。しかもこの馬鹿に読者が4ページ
にも渡って付き合うのは、ため息が出る。それにしてもこの企画ばかりは勿体ない。
話し手に敬意を表して、ちゃんとしたインタビュアーを用意しろよ。同じ分野で言えば
福野礼一郎とかさ。山田龍雄のページ数は少ない。そもそも何でこっちがたったの
2ページなんだ?風水狂Dr.Kの病気連載がやっと終了したと思ったら、今月から
松山猛の老いの戯言が始まった。やれやれ。そのGP訪問記は松山の自己陶酔を、
切れの悪いションベンのようにだらだらと書き散らかしただけである。
そんな中にあってP129-138は唯一読める企画ものかもしれん。殊にパネの8デイズ
のグラスバックを大写しで載せたことは評価する。実際、これぐらいのアップでないと
ムーブの善し悪しは伝わらないのだ。

114 :100:2005/06/03(金) 00:22:36

Watch DESIGN No.3 (ワールドフォトプレス)¥1524円
表紙に【特集】バーゼルワールド2005/第15回ジュネーブサロンと
あったので期待したが、その中身は新作時計をデザイン(外観である)の側面から
見て取っただけである。しかしそれも微妙なもので、時計そのものよりはページの
レイアウトの奇抜な作りが非常に目立つ。そしてそのキャプションは陳腐な惹句が
殆どである。時計デザイナーへのインタビューという気の利いたこともしていない。
これは要するに、お洒落なレイアウトで時計をディスプレイすれば、その時計の
品格を引き出し得ると考えた甘っちょろい結果であろう。
とはいえオーパス5とロイヤルトゥールビヨンの歯車の妙が目視できる接写は
感動ものである。しかしそれだけではこのムック本を評価できない。
他が余りにも酷いからである。巻頭で竹田正一郎は「メーカーのデザイナーに才能
が必要」と言うのだが、それはこの雑誌のデザイナーにこそ求められるものである。
「奇抜に過ぎると品格を失う恐れがある」とも述べているのだが、それはそのまま
竹田に突き返したい。

115 :100:2005/06/03(金) 00:23:19

尚、ページのレイアウトが高いデザイン性を獲得しつつ、且つ商品の魅力も醸し
出しているものとしては、下の雑誌に掲載されたそれが最適だろう。

BRUTUS 6/15号
表紙見返し広告に本年度版のタンク・ア・ギシェPGとタンク・サントレPTが
並んでいる。さらにページを開くと、“カルティエ「タンク」の系譜”と題されて、
1917年から2005年までの各種63個のモデルが系統立てて配置されているのは
圧巻。その背景はルージュ地でM.ディートリッヒ、ルノー社タンク、タンクデザイン
原画等が薄く重ね合わされており、そこでタンクのイメージの豊饒と、デザインの
多様が一目で読者に把握できるようになっているのは、この広告デザイナーの
センスの良さを表している。

あるいは、ページのレイアウトなど唾棄してやると言わんばかりに、商品その
ものが持つデザインの力のみを前面に押し出して、その魅力に訴えかけているのは
下の雑誌に掲載されたものだろう。

フランク・ミュラー バイヤーズガイド (バウハウスMOOK)¥780円
これは401本もの各種モデルを、ひたすらこれでもかと並べに並べただけの
安易な作りなのかもしれないが、だから馬鹿でも分かるアウラの不気味な力が
漂っていて、それは購買意欲を煽るこの雑誌の目的に、奇妙に合致していると思う。
実際フランクの量産モデルにおいては、ムーブがどうとか今更言う気にもなれない。
その見てくれだけで市場は評価しているのだから、こういうムック本が出されるのも
ある種の成り行きなのだろう。

116 :100:2005/06/03(金) 00:24:32
>>107
遅ればせながらレスどうも。UOMO7月号については仰る通りですよ。だからぼくは
それをビジュアル重視だと書いたのです。
それからクラーレの貴重な情報をありがとうございました。ていうか、その評価を
ちゃんとご理解されていらっしゃるのは、ご同慶の至り。

117 :Cal.7743:2005/06/04(土) 04:54:08
>>112
自分も初心者なんで、今号の腕時計王のスペック用語辞典は、ためになりましたね。
各機構をトゥールビヨンの特集のモノクロページ分くらいで説明してくれると嬉しかったりして。

118 :Cal.7743:2005/06/04(土) 15:04:56
径だけでなく、できれば重さも記載してほしいな。とくにブレス仕様

119 :Cal.7743:2005/06/04(土) 15:48:46
径とか重さなんかは必要無いだろ。
それは専門誌がやればいいこと。
普通の雑誌は、モデル名と価格と素材とムーブの種類を
大きく見せればいいんじゃない?
そういう本が意外と少ない。


120 :Cal.7743:2005/06/04(土) 18:58:53
ムーブの種類こそ専門誌が詳細を記すべき。

121 :Cal.7743:2005/06/04(土) 19:28:41
>>119 がいいたいのは、クォーツとか自動巻きってことでしょ。
>>200 がいいたいのは、クラーレとかJLCとかってことでしょ。

122 :Cal.7743:2005/06/04(土) 20:37:43
経は自分(と服装)に似合うかどうかをはかる上で
重要な要素だと思います

123 :Cal.7743:2005/06/04(土) 21:29:38
この際、時計の紹介の記事で、
何の情報が知りたいか、もしくは優先順位か決めよう。

まずは
モデル名>値段>ケース径
くらいか。

124 :Cal.7743:2005/06/04(土) 21:33:33
モデル名=値段>時計雑学>ケース径

125 :Cal.7743:2005/06/04(土) 22:45:12
何種類かは原寸大の写真で載せるべきだね
それはかなり分かりやすいと思うぞ

126 :Cal.7743:2005/06/04(土) 23:12:06
原寸大で載せると迫力がなくなるよ。


127 :Cal.7743:2005/06/04(土) 23:39:56
だから原寸大とアップの二つを載せればいいんだよ。

128 :Cal.7743:2005/06/05(日) 14:19:30
で、どの雑誌がよかったですか?
時計初心者ですいません。
上の方に一冊では、どれも不完全だから、
何冊か買って情報を補填するというようなことが書かれていましたが・・・
全部の時計特集を買う余裕も、読む時間もないので、
何がいいかなと思って。


129 :Cal.7743:2005/06/06(月) 00:22:57
>>128
うーん。でも立ち読みするくらいの時間はあるでしょ。
それで目を通してみて気に入ったものを買う以外ないと思うよ。

130 :Cal.7743:2005/06/06(月) 01:20:24
>>128
今号の場合、Begin一冊で我慢するか。

2冊までOKなら、自分的にはWatch Naviと腕時計王を足し込んで重複部を削り込めばほど良い感じかと思うので、その2冊。
基本はWatch Naviで、腕時計王からスペック辞典、トゥールビヨン解説、航空計算尺解説、アンティークのムーブメント特集を持って来るつー感じか。
究極のおこちゃまむけという感じかもしれんが、新作情報+機構系のお勉強できるという感じ。

131 :Cal.7743:2005/06/06(月) 01:32:03
雑誌買う余裕もないのに時計買えるのか?

132 :Cal.7743:2005/06/06(月) 01:39:49
やっぱ専門誌ばかりだな。
つまらん。

133 :Cal.7743:2005/06/06(月) 02:23:01
>>131
時計に興味を持つことがそんなにいけないことか?

134 :Cal.7743:2005/06/06(月) 12:12:47
時計ビギン見たけど、やっぱすごいね。

135 :Cal.7743:2005/06/06(月) 14:01:44
どこもかしこも提灯記事ばっかじゃねーか!

136 :Cal.7743:2005/06/06(月) 14:06:52
かっこよくパブリシティと言ってやれよ。同じだけど。

137 :Cal.7743:2005/06/06(月) 15:57:42
>>134
俺もみた。時計にハマってる自分が心底バカに思えた。

138 :Cal.7743:2005/06/06(月) 16:23:53
naviははったりでムーブの図解を載せていてつい買ってしまうが
家に帰ると、細かすぎて積ん読だ

139 :Cal.7743:2005/06/09(木) 23:11:29
UOMOのウォッチディレクター、
伊井正紀氏の書いていることは……

何がなにやらさっぱり意味不明 ヽ(`Д´)ノ

140 :100:2005/06/09(木) 23:43:30

Goods Press 7月号は約21ページの特集といったところか(尤も時計記事その
ものは約38ページある)。
P10で古川直昌は本年のトゥールビヨン百出を「肯定的に受けとめて」いるらしいが、
その特集Part2においては件の見出しとH2の写真以外は皆小さなものばかりだし、
キャプションも簡素であるし、これではその序文を読者は肯定的に共有できないと
思う。変形ケース云々も、さほど大したものではない。IWCの取材も不十分である。
この始末を編集能力が無いものと解釈してしまうのは可哀想だから本誌特集は、
月末に出る雑誌『TIME SCENE』の予告編的扱いである、と思っておこうか・・・。
だからモノマガジンでは普通に記載されていたケース径が、この誌面においては
余り無かったのかもしれないし、グラスバックの写真が全く載って無かったことも
潔く諦めることにする。蛇足ながら巻末の連載コーナー、「今月のTIME SCENE」に
ついて。毎回商品の履歴とそのデザインを、慇懃に誉めそやすことだけに終始する
田中克幸と古川直昌の対談は、まるでデパートの外商部社員のセールストークを
聞かされているに等しい。せめてもう少し工夫して欲しい。例えば『ベスト・カー』で
連載している前澤義雄×清水草一の「デザイン水かけ論」のような切り口で、
商品を見るやり方だってあるはずなのだ・・・。まあ似たような時計対談は、漫才の
ボツ原稿のごとき喋りをする『DIME』の二人にもいえる。

宝島 7月号は4ページの特集。 Lapita 7月号は4ページの特集。
いずれもこの程度の分量と内容では、取り立てて何もいう気になれない。

141 :100:2005/06/09(木) 23:44:25

MEN’S EX 7月号の特集は約75ページといったところか(尤も時計記事そのもの
は約109ページある)。
全体が4章にも分けられているので何だか目移りしてしまうものの、第1、2章は
この種の雑誌の指向を反映した記事が目立ち、内容的には時計に関心を抱き始め
た人へと向けられたものだろう。そして第3章。時計の4大トレンドとやらを新作を肴に
業界各人からのアンケートで検証しているが、そこで面白いのは、松山猛と山田龍雄
のそれの対比である。そこで前者は印象性を、後者は具体性を語るという違いが読み
取れる。続く第4章は松山の監修によるフェア取材だが、ここでの真骨頂は、他誌が
成し得なかったフランクとの単独会見記であろう。とはいえ松山の印象に即した語りは
余計だ。せっかくサシで会っているのだから、フランクとの一問一答からなる具体的な
ロングインタビューを読みたかったと思う。松山の自分語りなんかどうでもいいのだ。
ちなみにW.P.H.H.のプレスカンファレンスの写真があるのに、その詳細が載ってない
のは片手落ち。そしてヴァルタン・シルマケス総帥(!)にも取材を敢行してもらい
たかった。その息子サスーンにしてもたったあれだけの扱いでは・・・。
詰めが甘いと言わざるを得ない。
そしてカルティエのキャロル・フォレスティーユ(ちなみにこの人は第一回ブレゲ賞
受賞者であり、かつてユリス・ナルダンに在籍していたという注釈ぐらい入れても
いいはず)へのインタビューも、もっと具体的な(ルノー・エ・パピとのトゥールビヨン
製作について等)詳細を訊いて欲しい。何にせよ松山の語りの合間に彼女の言葉が
差し込まれる誌面構成は、納得しかねる(とはいえ大抵の時計専門誌もこんな体裁
ではある)。

142 :100:2005/06/09(木) 23:47:44
上述の件は別段、難癖を付けているわけではない。単に普通のインタビューを読みたい
だけなのだ。例えば生前のギュンター・ブリュムラインへロングインタビューを行った
ものなどは『世界の本格腕時計大鑑 2002-2003』で読むことが出来る(尤もそれは
ドイツの時計専門誌からの訳出によるものだが)。ところがこちらは聞き手側の知能に
問題があるせいなのか、そういう綿密なものは実現出来ないらしい。
返す返すも残念なことである。

尚、各モデルの紹介では一般誌ながらもケース径がちゃんと記載されているのは
評価できる。個人的にはP118からのレイアウトが良いと思った。些細なことだが
その各左ページで大写しのモデルの選択は、松山の好みを反映したものであろうか?
そのセンスはちょっと・・・。
蛇足ながら連載コーナー、時計王通信について。時計Beginと同じくここでもGP訪問記。
それは構わない。しかし松山は現地まで赴きながら、何故マカルーソのコメント取り
だけで終わるのだろう。社長の企業哲学なんか読まされても面白くもないのだ。
そこの写真にはコンプリモデル開発主任のデニス・シュネッグも写っているんだから
技術的な話を訊くこともできたはず。要するに、ここでも詰めが甘いということなんだな。
ちゃんとジャーナリスティックな姿勢を徹底してほしい。

143 :Cal.7743:2005/06/12(日) 23:04:36
EX見たよ。
最後発の割には面白くなかったな。
フランク出てたのはすごいが、
ただ会いに行ったというだけ。
上っ面な信頼関係がわかるな

144 :Cal.7743:2005/06/12(日) 23:46:56
うーむ。なんでそうなっちゃうんだろうな。松山猛は。

145 :Cal.7743:2005/06/14(火) 12:40:37
>>144
作家らしく美辞麗句と自分語りは確かに上手いですが、裏を返すとそれだけなんですよ、彼は。
厳しいことを言えば彼は自分の印象をダラダラと書き連ねる事に終始しているのではなく、
客観あるいは俯瞰で物を捕らえて文を書くと言うことが出来ず、主観で物を捉えて文章を書くことしかできないんです。

彼の文章は良くできた感想文ではあっても決して批評ではないのです、
少しばかり美辞麗句を操ることに長けた人間の底の浅い感想文を読まされて面白いわけがありません。

146 :Cal.7743:2005/06/14(火) 16:23:28
松山にパッチギしてやれ。w

147 :Cal.7743:2005/06/14(火) 16:34:23
いんぎんぶれい

148 :Cal.7743:2005/06/14(火) 17:23:19
おまいらオーパス5はどうなのよ
おれは激しく動画みたいぞ

149 :Cal.7743:2005/06/14(火) 19:47:51
>>148
PuristSに行けば動画見られるよ。あれは面白いね。

150 :Cal.7743:2005/06/14(火) 20:28:17
面白いというよりビビッたぞ、おいらは。雑誌の写真見たときはスタホイのパクリと馬鹿にしてたけど。

151 :Cal.7743:2005/06/15(水) 12:03:02
でも、ウルヴェルクとおなじだよね。

152 :Cal.7743:2005/06/15(水) 12:16:01
違う
作者一緒なんだが

153 :Cal.7743:2005/06/15(水) 13:01:38
http://www.albinoblacksheep.com/flash/you.html

154 :Cal.7743:2005/06/15(水) 16:17:29
雑誌をよく読むおまえらは他の新作では
何が良いと思った?

155 :Cal.7743:2005/06/15(水) 17:45:47
クラスデイの六本木ヒルズロレックス論はよくまとまっている
初心者はこれで勉強しなさい

156 :Cal.7743:2005/06/15(水) 17:54:12
本人が自画自賛するな

157 :Cal.7743:2005/06/17(金) 16:44:05
Watchbeat plusはどうよ

158 :Cal.7743:2005/06/17(金) 18:47:15
ビートが出したんだから、
だめだろ。

159 :Cal.7743:2005/06/17(金) 20:11:27
ウルブリック、ホウムバルトガードナー、いったい何年同じでつまらんものを
作ってるんだ、アカデミーの資格あるんか?と思っていたが、
今年、ようやくハリウインストンの新作でちょっとはアレンジしたんで、
赦してやる

160 :Cal.7743:2005/06/17(金) 20:54:42
そーいえば、シェルマンはウルベルクが大嫌いだよな。
ボロクソに言っていたよ

161 :Cal.7743:2005/06/17(金) 21:38:28
俺はシェルマンが大嫌いだ。

162 :Cal.7743:2005/06/17(金) 22:01:55
ハゲヅラシェルマン

163 :Cal.7743:2005/06/18(土) 12:09:59
>>149おお、さんきゅー
分針がおちるときがおもろい。これなら分針が60のところで
きっちりジャストしないってことがなさそうだ。

ウルベルクもみてきた。コの字に窓がひらいてないほうが好きだ。
ギミックはわかったら、あんまおもしろくないから普段見られなくてもいいし。
機械式デジタル時計にちょっとにてる気がする。

164 :100:2005/06/18(土) 18:01:35
>>154
そうですね、フォルカー・フィスコシルというドイツ人時計師がハンド
メイドで製作しているモデルが良いのではないかと思う。
それはV30/45-01-Aといいます(ペットネームは無いらしい)。これは
Goods Press 7月号のAHCIの紹介ページで、狭い紙幅に小さな写真が
載っています。そこでは「従来とは異なる歯車形状を採用」とか「独自の
天輪構造を持つ」とか、何のことやらさっぱり分からない簡素な説明文で
済ませていますが、それに注釈しますと、前者はサイクロイド歯車(これは
F.デュフォーのシンプリシティに使われています)よりも、トルクロスが更に
軽減されるといわれる歯型をしたDIN58 425という歯車のことであり、後者
は大型のテンプを用いたために、二番車をオフセンターにしているのです。
ちなみにケース径は38mm、ムーブ径は30mm、ビート数1万9800(5.5)、
そして40時間の巻き上げからなる手巻きです。
その写真をご覧になれば分かるように、こういうオーソドックスなモデルを、
既存ムーブをカスタマイズすることなく、一から丁寧に創造する作家性には
好感が持てます。これと同種のものとしてはF.P.ジュルヌのクロノメーター・
スヴランがありますが、V30/45-01-Aは、それに勝るとも劣らない名品だと
いえるでしょう。今のところこのモデルの内容はGentry 2月号でMasayuki
"Nikator"Hirotaが「たった一人のたたかい」と題した綿密な取材と、小柳
時計店主の小柳和彦が自身のHPで少量の報告をしているのみです。

165 :100:2005/06/18(土) 18:02:39
>>143
同意です。
それにしてもプレスカンファレンスにはフランク本人は姿を見せなかったわけ
ですが(これはヴァルタンとの和解は表面上のことに過ぎないという暗示なの
でしょうね)、松山はそのことを何も触れずに、フランクが画策する会員制スー
スクリプションがどうとかのプロモーションだけは抜かりなく伝えるという・・・。
まあ所詮この人は、フランクと抱き合った写真を誌上公開することで、己の
存在を読者に誇示できると考える矮小な存在なのでしょう。

>>145
あはは。随分と手厳しいご意見ですね。
でも実際、この人の文章は愚鈍なものですから仕方ないですね。
件のレポにしてもあそこまで赴きながら、シルマケスとフランクとプレジウソ
の三人の息子(二世時計師)にインタビューすらしなかったのは、レポーター
としての才覚もないということなのでしょう。それにしても2ページの分量の
中で、新工房と自宅まで案内してもらいながらその新作のことについては
詳しく述べず、フランク本人の発言は三つのみであり、代わりにベントレーの
乗り心地や、ゆで卵の味を語るっていうのも、ほんと馬鹿みたいですね。

166 :100:2005/06/18(土) 18:04:05
それから上のほうで時計専門誌なら載せるべきだと思うデータ云々とありまし
たが・・・Watch Navi vol.18での表記の仕方が一番良心的だと思う。
しかしそこに加えて欲しいこともあって、それはムーブ径とビート数と石数と
姿勢差調整数とCal.ナンバーですね。これら全てを一貫してその都度載せて
くれたらいい。それから汎用ムーブをベースとして使用するモデルは、その
改良の度合いを解説するレポを逐一してくれたら・・・(まあ無理か)。
それで写真について注文すると、ダイヤルの、そしてムーブの微細な肌理を
見たいから、できるだけ表と裏の大写しをして欲しい。尤も紙幅の関係上、
そればっかりでまとめるのは無理でしょうから、編集部が好き勝手に取捨
選択してくれて構わない(そこで彼らのセンスが問われます)。
ただ個人的には時計師や技術者へのインタビューこそ充実して欲しい。
でもこれは難しいかもね。話を聞くことはできても気の利いたことを質問でき
る人材は、そうそういないだろうし、だからインタビューといいつつも聞き書き
でまとめただけのレポが専門誌には氾濫するのでしょう(インターナショナル
リストウオッチは時々インタビューをやっていますが、これは大したことを訊い
てないし、第一その分量が少なすぎる)。

167 :100:2005/06/18(土) 18:07:09

WATCH BEAT+PLUS 01号
「マニュファクチュールのマスターピース」と題した巻頭特集で華々しく創刊。
その内容は順に、デュフォー11ページ、ロート6ページ、プレジウソ6ページ、
オーパス4ページ、ハルター4ページ、グリゴノーゾ・オッキオ4ページ、
グルーベル・フォーシィ4ページ、ハルディマン6ページというもの。
この構成の比率には、シェルマンの息が本誌編集に吹き付けられているが故と
解釈すべきか。尚、それらは鈴木裕之の執筆によるが、現地取材をしたレポは
それでも力が入っていて、多少なりとも読めるレベルに仕上がっていると思う。
それ以外は一次資料からの引用に色を付けて済ませている感はぬぐえない
(あるいは本号はWATCH BEAT vol.17を水増ししただけ、と言うべきか)。
パテ、ランゲ、デュブイ、ロレ、パルミのブガッティ、ブルー、ドゥ・ベトゥーンの
各ページについては、誌面の埋め草のようにも見える(プレシャーについては
もっと長文のレポでまとめることができる存在だろう)。しかしこのての紹介+
解説という文章形態は、余程うまくやらないと読者に飽きられる(そこに批判
的精神が入っていれば、まだ読めると思うが)。要するに、ここでは見せ方に
工夫が足りない。対談やインタビュー等で、誌面に彩りを添えて欲しかった。
ただ写真だけは全般に渡って優れたものだと思う。アングルがどれも秀逸。
全ては撮影者Toshio DEBATA(漢字不明)の功績である。素晴らしい。
次号は今冬だが、さてどうなるか。

168 :100:2005/06/18(土) 18:17:38

Newsweek 日本版 6・22号は8ページの綴じ込み付録。
まあ、こんなもんだろうな、という添え物的な内容。20モデルの紹介のみ。
径表記は殆ど無い。グラスバック写真は皆無。ていうかこの雑誌は昔、
N.G.ハイエックに単独取材をした経緯があるんだから、その経験を踏まえ
て独自の特集をして欲しかった。世界に冠たるニュース雑誌なんだし、
他誌の猿真似をする必要はない。

Pen 7/1 No.155号は20ページ、44ブランド110本の特集。
写真は小さいものが目立つ。径表記は殆ど無い。グラスバック写真は
皆無。各モデルの説明は要点を押さえてはいるもののそれだけであり、
とりたてて魅力的な文章ではない。これはフェアのオフィシャルブックから
引用を無難にまとめた結果なのだろう・・・。尚、全文は並木浩一の手に
よる。こういうの読むと、もろやっつけ仕事だなと思わざるを得ない(蛇足
な がら、この雑誌に幾つか載っているメーカーの広告のほうが、新作を魅力
的に伝えていると思う)。

169 :100:2005/06/18(土) 18:18:22

Begin 8月号は36ページの別冊付録で特集。
「2005年 絶対欲しくなる!リアル時計をセレクト!バーゼル&ジュネーブ
Begin Best20」というタイトルで、今年はそのセレクトに「BB10」方式とやら
を導入してランク付けをしているが・・・こんなの必要ないだろ。ところでその
「BB10」が認定した第一位はパネ、二位はベル&ロス、三位はラドーで・・・
うーん。これだと欲しくならない。各文章は空回り、はしゃぎすぎ、ごちゃ
ごちゃしすぎて、煽りすぎ。ただ1モデルを1ページ一杯に写したモデルの
価格は皆100万円以下というところに、この雑誌独自の見識がある。

BRUTUS 7/1号は22ページの綴じ込み付録で特集。
フェアをA〜Qまでの17項目に分けて、トピックス的に色々と扱っているが、
これが短文を添えての中途半端な新作紹介だったり、IWC+AMGのパー
ティー写真に、J.C.ビバーのハゲ頭に、平塚ユカリ転職情報に、ヴァンクリの
マネキン等々に、どれもこれもどうでもいいことばっか。お洒落に徹したペー
ジを作るってのは大変なのね。しかしこの雑誌、丁度一年前の7/1号では
フランクのお家騒動を堂々と長文レポしていたものだが・・・あの反骨精神は
どこいったの?だからこそV.サスーンの取り上げ方をスキャンダラスに充実
させて欲しかったなあ・・・。それができるのは本誌だけだと思ったのに。残念。

170 :Cal.7743:2005/06/19(日) 12:12:27
>>164
ヴィスコチルの情報はネット上には山ほどありますよね。
http://www.uhrentechnik.de/vv_ger/は勿論ですが
代表的な所で、タイムゾーン・ピュリスト・ドイバカ一代・@UNI

100さんの言うインタビューの充実は私も期待してます。
時計に対するポリシー・開発秘話が設計者などから語られたらモット魅力的な紹介になるハズです。



171 :Cal.7743:2005/06/19(日) 12:39:53
ビートはこんなのを出すなら
本誌を充実させて欲しかったな。
まあ、本誌は半分並行屋の広告だから、
鈴木氏も気合が入ったんだろうな。
でも、シェルマンが後ろに見えるのはナー、どうかな。

ビギンは観点はよかったと思うが、
新作情報の時期としては、適してないと思うよ。
モデルが上陸してボーナス直前の11月くらいが
いいんではないのかな。先走りすぎたな。

上の必要なスペックという話題で、
ムーブ径とビート数と石数もということが出ていたが、
これは必要ないと思うよ。
リリースのスペックを丸写ししただけの本を買う気にはなれんからな。
こんなのを書いて誌面を埋めるより、
もっと書くべき有益な情報があるはずだよ。
したがって、おれはモデル名、値段、ケース径だけで十分だと思う。






172 :Cal.7743:2005/06/19(日) 12:41:34
>>171
>モデル名、値段、ケース径だけで

厚みも欲しい。


173 :145:2005/06/19(日) 13:48:16
>>165
彼の文章の最大の問題点は行間に溢れる嫌みったらしい俗物根性でしょう。
「俺はこんなに沢山時計を持っていて、こんな高い時計も買えて、こんな凄い人ともお付き合いがあるんだぜ!」
と言う下卑た自己顕示で塗り固められた駄文を書き散らし、
それを読者の眼前に晒して平然としていられる厚顔無恥の極みには頭が下がります。

彼は時計について自己の信じる何某かを真摯に伝える気がないのでしょう、
あるいは伝えるほどの物など彼は何も持ち合わせていないのかも知れません。
そうでなければ偉大な時計士の二世達がどう感じているかという大変興味深い事項を聞き出す
千載一遇の機会をみすみす逃した自己の無能さを明け透けにさらけ出し、
ゆで卵の味だのベントレーの乗り心地だのを書いて平然としているハズがありませんから。

174 :Cal.7743:2005/06/19(日) 22:16:11
石数と振動数と機械径はいる。
石が増えていたら改造の際によく手が入っているという目安になるし
振動数はロービートをありがたがる人間にとってはトッテモ重要。
機械径はケース径との対比に必要。
「ガワが40mmもある時計の裏蓋あけたら
 テントウムシサイズの機械が入ってたよパパー!」
そんなのショッキングじゃない。
と、雑誌を読まない人間が言ってみる。

175 :Cal.7743:2005/06/19(日) 22:36:23
>>174
機械好きには確かにショッキング(w

176 :Cal.7743:2005/06/19(日) 22:54:16
>>174
今のゼニスなんかは開けなくてもショッキングw

177 :Cal.7743:2005/06/20(月) 22:43:32
ビート+いいやないけ
速攻買ったで
よく普通の時計好きの気持ちを分かってる

178 :Cal.7743:2005/06/20(月) 23:17:58
>>177
プラス、前半はいいと思うけど、ビーバレルの広告から後ろはいらない。

つーかさ、あの手の宣伝ページがあるせいで本全体の品位が著しく低下していることに
気づけ、ての>時計雑誌屋ども

179 :Cal.7743:2005/06/20(月) 23:39:00
だけどショップの在庫はお決まりだし、それほど気にならないけどなぁ

180 :Cal.7743:2005/06/20(月) 23:44:24
ビート+
焼き直しばかりで何だこれだった
写真だけは良かったがorz

181 :Cal.7743:2005/06/20(月) 23:50:05
写真だけでもいいじゃん
プレッシャーの連続写真は手間のかかる作業している
だけどあれだとただの2次元だな
なんでトリプルなのかさっぱりわからん
だいたいワッカが正面向かないでいいのかよ


182 :Cal.7743:2005/06/21(火) 08:16:12
IWWって雑誌まだあります?すごい好きだったんですけど・・・・・。

183 :Cal.7743:2005/06/21(火) 12:42:18
>>182
http://www.nigensha.co.jp/auto/bk_list.html?1007

184 :Cal.7743:2005/06/21(火) 22:03:09
タイムシーンが楽しみだね

185 :Cal.7743:2005/06/21(火) 23:15:49
>>181
写真よくみてみ

186 :Cal.7743:2005/06/21(火) 23:26:09
イラストじゃ解からんな
雑誌のいい加減さが出ちゃったね
http://www.prescher.ch/
の動画見るのが吉

187 :Cal.7743:2005/06/22(水) 00:22:10
やっぱりわからん

188 :Cal.7743:2005/06/22(水) 00:29:19
えーそれはちょっとどうしようもないね

189 :Cal.7743:2005/06/22(水) 00:49:46
トリプルは連続写真見ても2軸運動だけじゃん

190 :Cal.7743:2005/06/22(水) 00:53:30
連続写真てどこ見たの?

191 :Cal.7743:2005/06/22(水) 00:54:27
どこ見てんのよ〜

192 :Cal.7743:2005/06/22(水) 01:28:13
>プレッシャーの連続写真は手間のかかる作業している
アホいうでね〜だ


193 :Cal.7743:2005/06/23(木) 03:13:51
>>164
ヴィスコツィル師自身がその長ったらしい正式名称を略して"VA"と呼んでいます。
激しい中抜きw

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)